礒本 良則Yoshinori Isomoto

Last Updated :2017/09/20

所属・職名
大学院工学研究科 化学工学講座 准教授
メールアドレス
iyoshihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
長年にわたり、エロージョンに関する研究を行っている。

基本情報

学位

  • 工学博士 (東京工業大学)

研究分野

  • 工学 / 材料工学 / 複合材料・表界面工学

研究キーワード

  • 金属
  • フーリエスペクトル
  • 推算式
  • へこみ
  • 材料欠陥
  • エロージョン
  • 高歪み速度
  • 評価
  • 工業材料

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 化学工学実験
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 材料力学
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 材料科学
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 腐食防食
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 化学プロセスと工学倫理
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学セミナーIA
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 化学工学セミナーIB
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学セミナーII
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学講究I
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学講究II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 固体粒子衝突エロージョンの材料硬度依存性, 防食技術, 39巻, pp.11, 19900401
  2. Mechanism of Inhibitory Effect on Cavitation Erosion-Corrsion for Iron in a 3% Sodium Chloride Solution, Corrosion, 46巻, pp.8, 19900401
  3. エロージョンとコロージョンの相互作用機構, 防食技術, 35巻, pp.6, 19860401
  4. エロージョンとコロージョンの相乗効果量の粒子衝突角度依存性, 防食技術, 35巻, pp.5, 19860401
  5. 磁歪振動法試験装置における工業用純鉄のスラリーエロージョン・コロージョン, 防食技術, 35巻, pp.4, 19860401
  6. キャビテーション浸食量の推算式, 防食技術, 34巻, pp.4, 19850401
  7. 磁歪振動法サンドエロージョン試験装置における粒子の衝突条件, 防食技術, 33巻, pp.5, 19840401
  8. 工業用純鉄およびアルミニウムのスラリーエロージョンに及ぼすインヒビターの影響(共著), Zairyo-to-Kankyo, 41巻, 12号, pp.796-pp.802, 19920401
  9. オーステナイト系ステンレス鋼のスラリーエロージョン・コロージョン抑制における不働態皮膜の役割, ISIJ International, 31巻, 2号, pp.170-pp.178, 19910401
  10. キャビテーション攻撃を受ける金属材料の寿命予測(共著), 防食技術, 39巻, 10号, pp.550-pp.555, 19900401
  11. PVD窒化チタン被覆材の耐キャビテーション・エロージョン性の評価(共著), 日本金属学会誌, 51巻, 5号, pp.419-pp.424, 19870401
  12. 銅合金のエロージョン・コロージョン機構(共著), 防食技術, 35巻, 12号, pp.706-pp.711, 19860401
  13. 腐食に及ぼすエロージョンの影響(共著), 防食技術, 31巻, 2号, pp.67-pp.72, 19820401
  14. すき間噴流法サンドエロージョン試験装置(共著), 防食技術, 30巻, 10号, pp.574-pp.579, 19810401
  15. エロージョン・コロージョン試験法(共著), 防食技術, 29巻, 2号, pp.65-pp.69, 19800401
  16. 磁歪振動法サンドエロージョン試験装置, 防食技術, 29巻, 1号, pp.13-pp.18, 19800401
  17. 表面硬さと固体粒子衝突エロージョン量の相関, Wear, 162号, pp.688-pp.695, 19930401
  18. 金属材料に生ずるキャビテーション損傷の指標-キャビテーション・エロージョン国際比較試験-(共著), Zairyo-to-Kankyo, 43巻, 2号, pp.76-pp.81, 19940401
  19. エロージョンに及ぼす腐食性環境液の影響, 防食技術, 31巻, 4号, pp.247-pp.253, 19820401
  20. 引張応力のキャビテ-ション・エロ-ジョン遅延効果, 材料と環境, 40巻, 12号, pp.821, 19910401
  21. 金属材料における固体粒子衝突エロージョン量の衝突角度依存性, Zairyo-to-Kankyo, 48巻, 6号, pp.355-pp.361, 19990601
  22. 噴流型サンドエロージョン試験装置における粒子衝突条件の検討, Zairyo-to-Kankyo, 48巻, 6号, pp.349-pp.354, 19990601
  23. ★, 音響衝撃法による材料欠陥評価技術の検討, 46巻, 7号, pp.436-pp.442, 19970701
  24. 金属材料に生ずるキャビテーション損傷の指標, 43巻, pp.76-pp.81, 19940201
  25. 球形粒子の準静的および動的押し込みによる材料の変形挙動ー固体粒子衝突エロージョンの基礎的解析I-, 材料と環境, 51巻, 5号, 20020501
  26. 単一粒子の衝突によるへこみ周りの塑性ひずみ測定とエロージョンの起点-固体粒子衝突エロージョンの基礎的解析IIー, 材料と環境, 51巻, 5号, pp.215-pp.220, 20020501
  27. 音響衝撃法による材料欠陥の非破壊検査技術に関する研究 -振動モードと音響応答-, Zairyo-to-Kankyo, 51巻, 9号, pp.418-pp.422, 20020901
  28. 低速から超音速の固体粒子衝突による材料の変形挙動-超音速固体粒子衝突エロージョンへの展開-, Zairyo-to-Kankyo, 52巻, 7号, pp.371-pp.377, 20030701
  29. 音響衝撃法によるコンクリート材料の欠陥評価技術の検討, 材料と環境, 52巻, 12号, pp.656-pp.661, 20031201
  30. 高温腐食環境における炭素鋼酸化皮膜の機械的性質の検討, 材料と環境, 53巻, 2号, pp.76-pp.93, 20040201
  31. 炭素鋼の高温酸化モニタリングに関する基礎的研究, 材料と環境, 53巻, 12号, pp.576-pp.582, 20041201
  32. 液滴衝突による表面改質技術の検討, 日本金属学会誌, 69巻, 8号, pp.703-pp.706, 20050801
  33. 高温腐食環境で純チタン表面に形成される酸化皮膜の機械的特性および密着性, 材料と環境, 55巻, 1号, pp.25-pp.31, 20060101
  34. 723 Kにおけるセラミック被覆材の機械的性質の評価, 材料と環境, 55巻, 3号, pp.112-pp.118, 20060301
  35. 高温環境における炭素鋼酸化皮膜の機械的特性と高温エロージョン・コロージョン現象の推察, 日本金属学会誌, 71巻, 1号, pp.61-pp.67, 20070101
  36. 液滴衝突エロージョン現象と実用材料の寿命予測 第1報-液滴の攻撃因子とエロージョン再現試験法の検討-, 材料と環境, 57巻, 3号, pp.138-pp.145, 20080301
  37. 液滴衝突エロージョン現象と実用材料の寿命予測 第2報-推算式の確立と材料評価法-, 材料と環境, 57巻, 3号, pp.146-pp.152, 20080301
  38. 高温水中における炭素鋼の腐食に関する基礎的研究, 材料と環境, 59巻, 7号, pp.265-pp.271, 20100701
  39. Analogies and differences between erosion and wear phenomena, JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS, 55巻, 3号, pp.160-pp.165, 2010
  40. 自溶合金皮膜のサンドエロージョン特性と損傷機構, 日本金属学会誌, 77巻, 6号, pp.231-pp.236, 2013
  41. 自溶合金皮膜の高温機械的性質と靱性測定法, 日本金属学会誌, 77巻, 6号, pp.225-pp.230, 2013

著書等出版物

  1. 2005年03月, 流れがもたらす材料劣化現象 エロージョン‐コロージョン入門 , 日本工業出版, 2005年, 03, 単行本(学術書), 共著, 松村 昌信 礒本 良則 矢吹 彰広 , 221
  2. 2000年, 腐食・防食ハンドブック , 丸善, 2000年, 単行本(学術書), 共編著, 腐食防食協会編 礒本 良則