都築政起MasaokiTsudzuki

Last Updated :2019/10/11

所属・職名
大学院統合生命科学研究科生生・家畜生産機能学(生生支援室)教授
メールアドレス
tsudzukihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番4号 大学院生物圏科学研究科(生物生産学部)B棟416号室
TEL:082-424-7950 FAX:082-424-7950

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 広島大学, 大学院国際協力研究科, 教授(併任)
  • 2004年10月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 教授
  • 2002年04月01日, 2004年09月30日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教授
  • 1996年04月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 生物生産学部生物生産学科, 助教授
  • 1990年04月01日, 1996年03月31日, 大阪府立大学, 農学部獣医学科実験動物学講座, 助手
  • 1989年04月01日, 1990年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員

学歴

  • 名古屋大学, 農学研究科(博士課程後期), 畜産学, 日本, 1985年04月, 1988年03月
  • 名古屋大学, 農学研究科(博士課程前期), 畜産学, 日本, 1983年.4月, 1985年.3月
  • 名古屋大学, 農学部, 畜産学科, 日本, 1977年04月, 1983年03月

学位

  • 農学博士(名古屋大学)
  • 農学修士(名古屋大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物資源科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物資源科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 動物生産科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 動物生産科学

研究キーワード

  • 突然変異
  • QTL解析
  • 遺伝的類縁関係
  • ニワトリ
  • 経済形質
  • 品種
  • ウズラ
  • ニワトリ

所属学会

  • 日本家禽学会, 1983年
  • 世界家禽学会, 1983年
  • 日本動物遺伝育種学会, 2001年11月
  • 日本畜産学会, 1996年
  • 日本実験動物学会, 1983年
  • 関西畜産学会, 1996年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験II
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 遺伝学
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 動物生産サイエンス入門
  4. 2019年, 学部専門, 4ターム, 動物遺伝育種学
  5. 2019年, 学部専門, 集中, 動物遺伝育種学実験実習
  6. 2019年, 学部専門, 集中, 酪農フィールド科学演習
  7. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  8. 2019年, 学部専門, 集中, 動物生産学特論I
  9. 2019年, 学部専門, 集中, 動物生産学特論II
  10. 2019年, 学部専門, 集中, 動物生産学特論III
  11. 2019年, 学部専門, 3ターム, 実験動物学
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 共同セミナー(A)
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 共同セミナー(A)
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 共同セミナー(B)
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 共同セミナー(B)
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 家畜育種学
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 申請書・論文作成技術演習
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 統合生命科学特別講義
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 陸域動物生産学演習(B)
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 陸域動物生産学演習(B)
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, ターム外(前期), 陸域動物生産学実験実習
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 実験技術習得実習(A)
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 院生主催セミナー(A)
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), プレゼンテーション(A)
  27. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), テクニカルライティング(A)
  28. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), テクニカルライティング(A)
  29. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 国内インターンシップ(A)
  30. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 海外インターンシップ(A)
  31. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 実験技術習得実習(B)
  32. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 実験技術習得実習(B)
  33. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 院生主催セミナー(B)
  34. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 院生主催セミナー(B)
  35. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), プレゼンテーション(B)
  36. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), プレゼンテーション(B)
  37. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 国内インターンシップ(B)
  38. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 国内インターンシップ(B)
  39. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 海外インターンシップ(B)
  40. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 海外インターンシップ(B)
  41. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物資源科学特別演習A
  42. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物資源科学特別演習A
  43. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物資源科学特別演習B
  44. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物資源科学特別演習B
  45. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 家畜生産機能学Ⅰ
  46. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 家畜生産機能学Ⅱ
  47. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生物圏多文化セミナーB
  48. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  49. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 疾患モデル生物概論
  50. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  51. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 資源動物学
  52. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 動物資源開発論演習
  53. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 動物資源開発論演習I
  54. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 動物資源開発論演習II
  55. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 動物資源開発論演習
  56. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 動物資源開発論演習I
  57. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 動物資源開発論演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Fawn-2: a dominant plumage color mutation in Japanese quail, J Hered, 87巻, pp. 248-252, 19960401
  2. Brown: a plumage color mutation in Chinese painted quail (Excalfactoria chinensis), J Hered, 86巻, pp. 307-309, 19950401
  3. Light down lethal: a new autosomal recessive down color mutation of Japanese quail, J Hered, 86巻, pp. 305-307, 19950401
  4. Light gray: a plumage color mutation of Chinese painted quail (Excalfactoria chinensis), J Hered, 86巻, pp. 68-70, 19950401
  5. New findings in the stumpy-limb mutation of Japanese quail, J Hered, 86巻, pp. 66-68, 19950401
  6. ★, Excalfactoria quail as a new laboratory research animal, Poultry Sci., 73巻, pp. 763-768, 19940401
  7. Orange: a plumage color mutation accompanied by semi-lethality in Japanese quail, J Hered, 85巻, pp. 54-56, 19940401
  8. Allelism of panda and dotted white plumage genes in Japanese quail, J Hered, 84巻, pp. 225-229, 19930401
  9. Light down: dominant plumage color mutation with homozygous lethality in Japanese quail, J Hered, 84巻, pp. 222-225, 19930401
  10. Celadon: an eggshell color mutation in Japanese quail, J Hered, 84巻, pp. 145-147, 19930401
  11. Dotted white- a plumage color mutant in Japanese quail (Coturnix coturnix japonica), Exp Anim, 41巻, pp. 25-31, 19920401
  12. Stumpy limb - an embryonic lethal mutation in Japanese quail (Coturnix coturnix japonica), Exp Anim, 40巻, pp. 529-536, 19910401
  13. External and internal abnormalities exhibited by the crossbreds between the ear-tuft (hfd) and throat-tuft (hfdTt) mutants of Japanese quail (Coturnix coturnix japonica), Jpn. Poult. Sci., 28巻, pp. 131-141, 19910401
  14. A nucleotide substitution responsible for the tawny coat color mutation carried by the MSKR inbred strain of mice., J Hered, 96巻, 1号, pp. 145-149, 20050401
  15. Characteristics of Egg-related Traits in the Onagadori (Japanese Extremely Long Tail) Breed of Chickens, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 52巻, 2号, pp. 81-87, 2015
  16. Genetic Differentiation among Populations of the Kurokashiwa Breed of Indigenous Japanese Chickens Assessed by Microsatellite DNA Polymorphisms, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 52巻, 2号, pp. 88-93, 2015
  17. Endothelin Receptor B2 (EDNRB2) Is Responsible for the Tyrosinase-Independent Recessive White (mo(w)) and Mottled (mo) Plumage Phenotypes in the Chicken, PLOS ONE, 9巻, 1号, 20140123
  18. Quantitative Trait Loci Mapping for External Egg Traits in F-2 Chickens, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 51巻, 2号, pp. 118-129, 2014
  19. Comparison of microsatellite variations between Red Junglefowl and a commercial chicken gene pool, POULTRY SCIENCE, 93巻, 2号, pp. 318-325, 2014
  20. Chromosome size-correlated and chromosome size-uncorrelated homogenization of centromeric repetitive sequences in New World quails, CHROMOSOME RESEARCH, 22巻, 1号, pp. 15-34, 2014
  21. Identification of a feather beta-keratin gene exclusively expressed in pennaceous barbule cells of contour feathers in chicken, GENE, 542巻, 1号, pp. 23-28, 20140525
  22. Mapping of Main-Effect and Epistatic Quantitative Trait Loci for Internal Egg Traits in an F-2 Resource Population of Chickens, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 51巻, 4号, pp. 375-386, 2014
  23. Genetic Diversity and Structure of the Ryujin-Jidori, a Critically Endangered Native Japanese Chicken Breed, Based on Microsatellite DNA Analysis, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 51巻, 4号, pp. 387-391, 2014
  24. Time-dependent changes in the genetic diversity and structure of the Onagadori breed of chickens based on microsatellite DNA polymorphisms, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 51巻, 3号, pp. 262-269, 2014
  25. Dominant viable dilution - A novel plumage color mutation in Japanese quail, Proceedings of the 10th Asian Pacific Poultry Conference, CD VERSION巻, 2014
  26. A genetically female brain is required for a regular reproductive cycle in chicken brain chimeras, NATURE COMMUNICATIONS, 4巻, 42748
  27. QTL Mapping for Meat Color Traits Using the F-2 Intercross between the Oh-Shamo (Japanese Large Game) and White Leghorn Chickens, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 50巻, 3号, pp. 198-205, 42929
  28. Age-Dependent Change of Tonic Immobility Response in Chicks of a Native Japanese Chicken breed, Tosa-Jidori, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 50巻, 4号, pp. 321-325, 43021
  29. Genetic characterization and conservation priorities of chicken lines, POULTRY SCIENCE, 92巻, 11号, pp. 2860-2865, 43052
  30. 絶滅危惧日本鶏品種「龍神地鶏」の飼育状況およびその形態学的・繁殖学的特徴, 日本家禽学会誌, 50巻, J2号, pp. J45-J50, 201310
  31. Genetic structure and differentiation of the Japanese extremely long-tailed chicken breed (Onagadori), associated with plumage colour variation: suggestions for its management and conservation, ANIMAL GENETICS, 40巻, 6号, pp. 989-992, 2009
  32. Mutations of Japanese quail (Coturnix japonica) and recent advances of molecular genetics for this species, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 45巻, 3号, pp. 159-179, 2008
  33. ウズラ(Coturnix japonica)の突然変異研究70年, 動物遺伝育種研究, 36巻, 2号, pp. 137-155, 20081201
  34. Evaluation of a reduction in the effective population size for a rare Japanese native chicken breed, the Kurekodori, ANIMAL GENETICS, 39巻, 4号, pp. 457-458, 2008
  35. High accuracy of genetic discrimination among chicken lines obtained through an individual assignment test, ANIMAL GENETICS, 39巻, 5号, pp. 567-571, 2008
  36. Identification of quantitative trait loci affecting shank length, body weight and carcass weight from the Japanese cockfighting chicken breed, Oh-Shamo (Japanese Large Game), CYTOGENETIC AND GENOME RESEARCH, 117巻, 42739号, pp. 288-295, 2007
  37. Assessing genetic diversity and population structure for commercial chicken lines based on forty Microsatellite analyses, POULTRY SCIENCE, 86巻, 11号, pp. 2301-2308, 2007
  38. Microsatellite marker analysis for the genetic relationships among Japanese long-tailed chicken breeds., Poultry Science, 86巻, 3号, pp. 460-469, 20070301
  39. Assessing genetic diversity and population structure for commercial chicken lines based on 40 microsatellite analysis, Poultry Science, 86巻, 11号, pp. 2301-2308, 20071101
  40. Microsatellite marker analysis for the genetic relationships among Japanese long-tailed chicken breeds, Poultry Science, 86巻, 3号, pp. 460-469, 20070201
  41. Identification of quantitative trait loci affecting shank length, body weight and carcass weight from the Japanese cockfighting chicken breed, Oh-Shamo (Japanese Large Game), Cytogenetic and Genome Research, 117巻, pp. 288-295, 20071015
  42. High genetic divergence in miniature variants of Japanese native chickens by comparison with Red Junglefowl revealed by microsatellite analysis, Animal Genetics, IN PRESS巻, 20071201
  43. Genetic analyses for the white-tailed character of the Chabo (Japanese Bantam)., J Poult Sci, 43巻, pp. 104-108, 20060401
  44. 土佐はニワトリ王国ー土佐で作られたニワトリ達, 土佐史談, 233巻, pp. 1-25, 20061201
  45. Molecular cytogenetic analysis of repetitive DNA sequences constituting centromeric heterochromatin in Old World quails and New World quails, GENES & GENETIC SYSTEMS, 88巻, 6号, pp. 389-389, 2013
  46. An ELISA for quantifying quail IgY and characterizing maternal IgY transfer to egg yolk in several quail strains, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 175巻, pp. 16-23, 2016
  47. ★, Genetic Mapping of Quantitative Trait Loci for Egg Production and Egg Quality Traits in Chickens: a Review, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 54巻, 1号, pp. 1-12, 2017
  48. Inactivation of sonic headgehog signaling and polydactyly in limbs of Hereditary Multiple Malformation, a novel type of Talpid mutant, Frontiers in Cell and Developmental Biology, 4巻, 2016
  49. Identification of TENP as the gene encoding chicken egg white ovoglobulin G2 and demonstration of its high genetic variability in chickens, PLOS ONE, 11巻, 7号, 2016
  50. Screening of the Behavioral Tests for Monitoring Agonistic Behavior of Layer Chicks, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 54巻, 4号, pp. 296-302, 201710
  51. Endogenous viral gene ev21 is not responsible for the expression of late feathering in chickens, POULTRY SCIENCE, 97巻, 2号, pp. 403-411, 201802
  52. Female Japanese quail visually differentiate testosterone-dependent male attractiveness for mating preferences, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20180703

著書等出版物

  1. 2004年03月, ニワトリ. In: 暮らしの中にみるヒトと動物との関わり, 広大生物圏出版会, 2004年, 3, 単行本(一般書), 共編著, 4925221124, 163
  2. 2007年11月, 日本のニワトリ品種ならびにその遺伝的多様性. In: 動物遺伝資源管理に関する日韓共同シンポジウム記念冊子, 韓国農村振興庁, 2007年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 191
  3. 2000年04月, QTL解析を経済形質遺伝子同定に利用する (家畜ゲノム解析と新たな家畜育種戦略), シュプリンガー・フェアラーク東京, 2000年, 4, 単行本(学術書), 共編著, 山本 義雄, 542
  4. 2000年04月, 遺伝性疾患をDNA上での変異として捉える(家畜ゲノム解析と新たな家畜育種戦略), シュプリンガー・フェアラーク東京, 2000年, 4, 単行本(学術書), 共編著, 542
  5. 2007年07月, 家畜の過去・現在・未来. In: 動物とのふれあいを通じて学ぶアニマルサイエンス, 広大生物圏出版会, 2007年, 7, 単行本(一般書), 共編著, 9.78E+12, 133
  6. 2006年09月, ニワトリ・ウズラ. In: 新編畜産ハンドブック, 講談社サイエンティフィック, 2006年, 9, 事典・辞書, 共編著, 4061537245, 648
  7. 2004年11月, 鶏の育種改良におけるDNA解析の現状と応用. In: 平成16年度種鶏孵卵衛生管理研修会テキスト, 日本種鶏孵卵協会, 2004年, 11, 単行本(一般書), 共編著
  8. 2004年09月, 家禽写真集. In: 家禽学と家禽産業の原点から将来を展望する(日本家禽学会創立50周年記念シンポジウム冊子), 日本家禽学会, 2004年, 9, 単行本(学術書), 共編著
  9. 2003年04月, Japanese Native Chickens. In: The relationship between indigenous animals and humans in APEC region., The Chinese Society of Animal Science, 2003年, 4, 単行本(学術書), 共編著, 9573020726, 186
  10. 2001年04月, ミクロ染色体(動物遺伝育種学事典), 朝倉書店, 2001年, 4, 事典・辞書, 共編著, 636
  11. 2001年04月, マクロ染色体(動物遺伝育種学事典), 朝倉書店, 2001年, 4, 事典・辞書, 共編著, 636
  12. 2001年04月, ZFY(動物遺伝育種学事典), 朝倉書店, 2001年, 4, 事典・辞書, 共編著, 636
  13. 2001年04月, ウズラの遺伝形質(動物遺伝育種学事典), 朝倉書店, 2001年, 4, 事典・辞書, 共編著, 636
  14. 2001年03月, 動物との出会いと利用(海と大地の恵みのサイエンス), 共立出版, 2001年, 3, 教科書, 共編著, 4320055691, 201
  15. 2003年, 家禽の飼育管理のためのガイドライン(家畜の福祉15), 翻訳, 畜産の研究, 2003年, 調査報告書, 単訳, 都築 政起
  16. 2003年, 家禽の飼育管理のためのガイドライン(家畜の福祉16), 翻訳, 畜産の研究, 2003年, 調査報告書, 単訳, 都築 政起
  17. 2003年, 家禽の飼育管理のためのガイドライン(家畜の福祉17), 翻訳, 畜産の研究, 2003年, 調査報告書, 単訳, 都築 政起
  18. 2014年, ニワトリの科学, ニワトリの品種と分化, ニワトリ 品種, 朝倉書店, 2014年, 単行本(学術書), 共著, J, 都築政起
  19. 2014年, ニワトリの科学, ゲノム, ニワトリ ゲノム, 朝倉書店, 2014年, 単行本(学術書), 共著, J, 都築政起
  20. 2014年, 最新畜産ハンドブック, ニワトリ・ウズラ, 家畜 家禽 ニワトリ ウズラ, 講談社サイエンティフィック, 2014年, 事典・辞書, 共著, J, 都築政起
  21. 27 O年ct月. 日, 養鶏に新時代が来た, 日本鶏、国産鶏の解説, ニワトリ、日本鶏、品種, 一粒書房, 2016年, October, 単行本(一般書), 共著, J, 都築政起, ISBN978-4-86431-555-5 C0045, 210, 1-5
  22. 2016年10月27日, 養鶏に新時代が来た, 日本鶏資源保存・発掘, ニワトリ、日本鶏、品種, 一粒書房, 2016年, 10, 単行本(一般書), 共著, J, 都築政起, ISBN978-4-86431-555-5 C0045, 210, 89-154

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. QTL affecting egg production, 都築 政起, The 29th International Conference on Animal Genetics, 2004年09月, 招待, 日本語
  2. Genetic variability of Japanese native chickens assessed by means of microsatellite DNA polymorphisms, 都築 政起, The 29th International Conference on Animal Genetics, 2004年09月, 招待, 日本語
  3. 生物学的モデルとしてのウズラ突然変異, 都築 政起, 第29回日本畜産学会関西支部会山陽談話会, 1997年01月, 招待, 日本語
  4. 日本のニワトリ品種ならびにその遺伝的多様性, 都築 政起, 動物遺伝資源管理に関する日韓共同シンポジウム, 2007年11月, 招待, 日本語
  5. 特別天然記念物ー土佐のオナガドリ, 都築 政起, 2005年日本国際博覧会「愛・地球博」市民パビリオン企画, 2005年05月, 招待, 日本語
  6. ニワトリの育種改良へのDNA解析の応用~マーカーアシスト育種による新たな優良国産鶏の効率的創出をめざして, 都築 政起, 国産鶏普及協議会第20回通常総会記念講演, 2006年06月, 招待, 日本語
  7. 特別天然記念物・土佐のオナガドリー愛玩から遺伝資源まで, 都築 政起, 名古屋大学博物館第47回企画展関連講演会, 2005年12月, 招待, 日本語
  8. ニワトリおよびウズラの遺伝子資源の評価に関する研究, 都築 政起, 日本家禽学会2006年度秋季大会, 2006年09月, 招待, 日本語

受賞

  1. 1991年02月, 第7回井上学術奨励賞, 井上学術振興財団, Studies on morphogenetic and behavioral abnormalities and a plumage color mutant in Japanese quail
  2. 2006年09月, 日本家禽学会賞, 日本家禽学会, ニワトリおよびウズラの遺伝子資源の評価に関する研究
  3. 2007年04月, 平成18年度(第43回)後藤養鶏学術奨励賞, 財団法人後藤学術報恩会, ニワトリの経済形質を支配している遺伝子座の同定ー我が国独自の原々種鶏の樹立を目指してー
  4. 2014年09月28日, The Journal of Poultry Science 優秀論文賞, 日本家禽学会会長