林堂安貴YasutakaHayashidou

Last Updated :2019/10/01

所属・職名
病院(歯)口腔再建外科講師
メールアドレス
hayashiyhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(歯学)(大阪大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 外科系歯学

研究キーワード

  • 蛋白分解酵素, 浸潤・転移, 細胞運動,細胞接着,細胞接着分子
  • 浸潤
  • 腫瘍生物学

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 3ターム, 顎口腔医療学基礎実習III
  2. 2019年, 学部専門, 4ターム, 顎口腔医療学基礎実習IV
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 分子口腔医学・顎顔面外科学演習・実習
  4. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(口腔外科学I)
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子口腔医学・顎顔面外科学特別演習
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子口腔医学・顎顔面外科学特別演習
  7. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子口腔医学・顎顔面外科学特別研究
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子口腔医学・顎顔面外科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 口腔扁平上皮癌細胞の浸潤増延における上皮成長因子(EGF)線維芽細胞の関与, 大阪大学歯学雑誌, 36巻, pp. 2, 19910401
  2. Immunohistochemical hocalization of Epidevmal Growth Factor (EGF) and EGF Receptor in Human Oral Mucosa and Its Malignancy, Virchows Archiv A pathol. Anat. Histopathol., pp. 418, 19910401
  3. Effect of Epidermal Growth Factor on Invasion of Human Squamous Cell Carcinona Cells into Collagen Gel, The Cancer Journal, pp. 4, 19910401
  4. Abnormal Cellalar PRoperty of Fibroblasts from Congenital Gingival Fibromatosis, J. Oral Pathol., pp. 7, 19890401
  5. 両側性斜顔面裂の1例, 日本口腔外科雑誌, 35巻, pp. 5, 19890401
  6. Extracellular Matrix Production and Degradation by Ademoid Cystic Carcinoma Cells : Participation of Plasminogen Activator and Its Inhibitor in Matrix Degradation, Cancer Research, 53号, pp. 147-152, 19930401
  7. Effect of dexamethasone on invasion of human squamous cell carcinoma cells into collagen gel, Cancer Letters, 108号, pp. 81-86, 19960401
  8. Effect of human fibroblasts on invasiveness of oval cancer cells in vitro : Isolation of a chemotactic factor from human fibroblasts, Int J Cancer, 68号, pp. 774-781, 19960401
  9. Estradiol and Fibulin-1 Inhibit Motility of Human Ovarian-and Breast-Cancer Cells induced by Fibronectin., Int J Cancer, 19980401
  10. Induction Chemotherapy is Associated with An Increased in the Incidence of Locoregional Recurrence in Patients with Carcinoma of the Oral Cavity, Cancer, 19980401
  11. 口腔扁平上皮癌細胞のマトリックスメタロプロテアーゼ2(MMP-2)活性化機構における線維芽細胞の関与, 口腔組織培養研究会誌, 7巻, 1号, pp. 25-32, 19980401
  12. 口腔扁平上皮癌の浸潤におけるトロンボスポンジン(TSP)の関与, 口腔組織培養研究会誌, 7巻, 1号, pp. 15-23, 19980401
  13. Isolation and serum-free culture of epithelial cells derived from epithelial rests of Malassez in human periodontal ligament, In Vitro Cell Dev-An, 36巻, 1号, pp. 548-553, 20001201
  14. Expression of fibroblast growth factor (FGF) receptor genes in human hepatoma-derived cell lines., In vitro Cellular Developmental Biology, 39巻, 7号, pp. 321-328, 20031101
  15. ヒト唾液腺由来上皮細胞におけるアンジポエチンとその受容体Tie-2の発現, 口腔組織培養学会誌, 11巻, 1号, pp. 47-48, 20020301
  16. 静脈奇形におけるEndothelial cell specific tyrosine kinase receptor Tie-2の機能解析, 口腔組織培養学会誌, 10巻, 1号, pp. 47-48, 20010301
  17. EGFRをターゲットとした扁平上皮癌の分子標的治療, 口腔組織培養学会誌, 11巻, 1号, pp. 67-68, 20020301
  18. Constitutive activation mutation of the FGFR3b in oal squamous cell carcinomas, Int J Cancer, 117巻, pp. 166-168, 20050401
  19. 顎顔面口腔疾患と遺伝子, 広島歯誌, 31巻, pp. 1-10, 20030401
  20. 上顎歯肉に転移した大腸癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 50巻, 6号, pp. 396-399, 20040401
  21. Development Signaling Disorders in Craniofacial Anomalies and Cancers., Oral Science International, 3巻, 2号, pp. 53-63, 20060401
  22. 連通気孔構造を有する新規ハイドロキシアパタイトセラミックスの顎骨欠損部への応用, 日本口腔科学会雑誌, 56巻, 4号, pp. 400-404, 20070901
  23. 嚢胞様病態を呈したWarthin腫瘍の一例, 広島大学歯学会雑誌, 31巻, 2号, pp. 215-219, 19991201
  24. Isolation and serum-free culture of epithelial cells derived from epithelial rests of Malassez in human periodonatal ligament, In vitro Cellular Developmental Biology, 36巻, 8号, pp. 548-553, 20000324
  25. Mutation in the human homologue of the Drosophila segument polarity gene patched in oral squamous cell carcinoma cell lines, In vitro Cellular Developmental Biology, 39巻, 7号, pp. 459-464, 20010701
  26. Induction of alpha2-antiplasmin inhibits E-cadherin processing mediated by the plasminogen activator/plasmin system, leading to suppression of progression of oral squamous cell carcinoma via upregulation of cell-cell adhesion., Oncol Rep., 17巻, 2号, pp. 417-423, 20070201
  27. Primary intraosseous carcinoma of mandible associated with elevation of serum carcinoembryonic antigen level, Oral Oncology Extra, 41巻, 10号, pp. 267-271, 20051101
  28. 下顎骨に転移した腎細胞癌の一例, 日本口腔外科学会雑誌, 53巻, 7号, pp. 444-448, 20070701
  29. 偽悪性変化を伴った下顎歯肉腫瘤の1例, 日本口腔科学会雑誌, 59巻, 2号, pp. 63-67, 20100201
  30. オトガイ部知覚異常を初発症状とした側頭部に進展した筋肉内脂肪腫の1例., 日口外誌, 55巻, pp. 580-584, 20091101
  31. 著明な脂肪化を伴った頬部血管平滑筋腫の1例., 日口外誌, 54巻, pp. 621-625, 20081201
  32. Plasminogen activator/plasmin system suppresses cell-cell adhesion of oral squamous cell carcinoma cells via proteolysis of E-cadherin, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 27巻, 3号, pp. 693-698, 200509
  33. Constitutive activating mutation of the FGFR3b in oral squamous cell carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 117巻, 1号, pp. 166-168, 20051020
  34. Induction of alpha 2-antiplasmin inhibits E-cadherin processing mediated by the plasminogen activator/plasmin system, leading to suppression of progression of oral squamous cell carcinoma via upregulation of cell-cell adhesion, ONCOLOGY REPORTS, 17巻, 2号, pp. 417-423, 200702
  35. Ectomesenchymal chondromyxoid tumor of the tongue: insights on histogenesis, ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY, 115巻, 2号, pp. 233-240, 201302
  36. 1 alpha,25(OH)2D3 down-regulates HBp17/FGFBP-1 expression via NF-kappa B pathway, JOURNAL OF STEROID BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 136巻, pp. 98-101, 201307
  37. Overexpression of integrin alpha v facilitates proliferation and invasion of oral squamous cell carcinoma cells via MEK/ERK signaling pathway that is activated by interaction of integrin alpha v beta 8 with type I collagen, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 45巻, 5号, pp. 1875-1882, 201411
  38. Comparison of the prognosis of bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw caused by oral and intravenous bisphosphonates, INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 44巻, 7号, pp. 840-844, 201507
  39. Weekly paclitaxel plus cetuximab reduces the lung metastasis of adenoid cystic carcinoma arising from the salivary gland, Oral Sci Int, 12巻, 2号, pp. 67-71, 2015
  40. Eldecalcitol (ED-71), an analog of 1α, 25-dihydroxyvitamin D3 as a potential anti-cancer agent for oral squamous cell carcinomas., J Steroid Biochem Mol Biol, 164巻, pp. 79-84, 2016
  41. Eldecalcitol (ED-71), an analog of 1 alpha,25(OH)(2)D-3, inhibits the growth of squamous cell carcinoma (SCC) cells in vitro and in vivo by down-regulating expression of heparin-binding protein 17/fibroblast growth factor-binding protein-1 (HBp17/FGFBP-1) and FGF-2, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 53巻, 9号, pp. 810-817, 201710
  42. Weekly paclitaxel plus cetuximab reduces the lung metastasis of adenoid cystic carcinoma arising from the salivary gland, ORAL SCIENCE INTERNATIONAL, 12巻, 2号, pp. 67-71, 201505
  43. 広島大学病院顎・口腔外科における過去10年間の顎顔面骨骨折の臨床統計的検討, 広島大学歯学雑誌, 43巻, 1号, pp. 20-26
  44. 下顎の偏位と顎関節疼痛を伴った下顎頭骨軟骨腫の1例, 日本口腔科学会雑誌, 61巻, 3号, pp. 283-290, 2012
  45. 多科連携により初期治療と欠損部の再建を行った重症口腔顎顔面外傷の一例, 口腔顎顔面外傷, 12巻, 1号, pp. 37-43, 2013
  46. 口腔癌治療後の生活の質に関する研究, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 2号, pp. 97-110, 201512
  47. 異常な口腔内血腫を契機として診断された播種性血管内凝固症候群(DIC)と特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の2例, 日本口腔内科学会雑誌, 23巻, 1号, pp. 28-33, 201706
  48. 摘出開窓後20年で再発を認めたエナメル上皮腫の1例, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 1号, pp. 53-58, 2017

著書等出版物

  1. 2010年, 口腔外科学 第3版(白砂兼光,古郷幹彦編), 良性上皮性腫瘍,良性非上皮性腫瘍(第7章口腔腫瘍), 医歯薬出版, 2010年, 単行本(学術書), その他, 日本語

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 広島大学病院顎・口腔外科における後期高齢口腔がん患者に関する臨床的検討, 檜垣 美雷, 伊藤 翼, 石田 康隆, 山崎 佐知子, 浜名 智昭, 角 健作, 神田 拓, 小泉 浩一, 吉岡 幸男, 谷 亮治, 林堂 安貴,虎谷 茂昭, 岡本 哲治, 第98回広島大学歯学会, 通常, 日本語, 広島大学歯学会
  2. 通常, 英語
  3. 血管柄付遊離皮弁を用いて再建した当科顎顔面手術の手術部位感染についての解析, 大林史誠, 石田康隆, 末松美玲, 小泉浩一, 吉岡幸男, 谷 亮治, 林堂安貴, 虎谷茂昭, 横田和典, 岡本哲治, 第68回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2014年05月07日, 通常, 日本語, 日本大学歯学部, 東京
  4. 扁平上皮癌細胞でのオートファジーによるインテグリンαvのプロセシング, 末松美玲, 林堂安貴, 坂上泰士, 藤井隆彦, 岡本哲治, 第68回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2014年05月07日, 通常, 日本語, 日本大学歯学部, 東京
  5. 広島大学病院顎・口腔外科における後期高齢口腔がん患者に関する臨床的検討, 伊藤 翼,檜垣美雷, 石田康隆, 浜名智昭, 角 健作, 神田 拓, 岡本康正, 小泉浩一, 吉岡幸男, 谷 亮治, 林堂安貴, 虎谷茂昭, 岡本 哲治, 第62回日本口腔科学会中四国地方会, 2014年10月25日, 通常, 日本語, 徳島大学, 徳島
  6. 扁平上皮癌細胞におけるsequestosome 1を介した選択的オートファジーによるインテグリンαvの蛋白翻訳後修飾, 末松美玲, 林堂 安貴, 坂上泰士, 藤井隆彦, 岡本哲治, 第51回日本口腔組織培養学会学術大会, 2014年11月15日, 通常, 日本語, 九州歯科大学, 北九州市
  7. Integrin-mediated cellular growth, invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma cells., Hayashido Y, The 14th International Conference on Cellular Endocrinology, 2016年11月13日, 招待, 英語, Okamoto, T, 広島
  8. 口腔扁平上皮癌組織におけるインテグリンαvおよびβ8発現の免疫組織学的解析, 櫻井 繁, 林堂 安貴, 吉岡 幸男, 浜名 智昭, 坂上 泰士, 末松 美玲, 岡本 哲治, 第70 回NPO 法人日本口腔科学会学術集会, 通常, 日本語, NPO法人日本口腔科学会
  9. 超高齢口腔がん患者の臨床病態の検討, 松岡 美玲, 浜名 智明, 神田 拓, 角 健作, 小泉 浩一, 谷 亮二, 林堂 安貴, 虎谷 成昭, 岡本 哲治, 第 64 回 NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2016年10月29日, 通常, 日本語, 第64回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会事務局, 山口
  10. Processing of integrin αv subunit by autophagy in squamous cell carcinoma cells,, Taishi Sakaue, Yasutaka Hayashido, Mirei Matsuoka, Takahiko Fujii, Sigeru Sakurai, Kougi Tushima, Tetsuji Okamoto,, The 14th International Conference on cellular endocrinology, 2016年11月13日, 通常, 英語
  11. 当科における原発性顎骨中心性扁平上皮癌の臨床的検討, 佐藤成紀, 浜名智昭, 坂上泰士, 山崎佐知子, 角健作, 神田拓,小泉浩一, 吉岡幸男, 谷亮治, 林堂安貴, 虎谷茂昭, 岡本哲治, 第 64 回 NPO 法人日本口腔科学会 中国・四国地方部会, 2016年10月29日, 通常, 日本語
  12. 2014年02月15日, 通常, 英語
  13. The 2nd International Symposium Suggestion for
the Renaissance from Radiation Disaster, 2013年02月11日, 通常, 英語
  14. 2013年02月11日, 通常, 英語
  15. 2013年01月11日, 通常, 英語
  16. 2012年06月20日, 通常, 英語
  17. 口腔扁平上皮癌におけるfocal adhesion kinase(FAK)及びリン酸化FAKの発現と臨床病態に関する研究, 櫻井 繁, 林堂 安貴, 吉岡 幸男, 浜名 智昭,坂上 泰士, 松岡 美玲, 岡本 哲治, 第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, 愛媛県松山市
  18. 口腔扁平上皮癌の浸潤におけるHDM2の機能解析, 津島 康司, 林堂 安貴, 坂上 泰士, 松岡 美玲,櫻井 繁, 岡本 哲治, 第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, NPO法人日本口腔科学会, 愛媛県松山市
  19. 超高齢口腔がん患者の臨床病態の検討, 松岡 美玲, 吉岡 幸男, 鷹津 冬良, 廣田 傑,坂上 泰士, 山崎 佐知子, 浜名 智明, 神田 拓,角 健作2, 小泉 浩一, 谷 亮二, 林堂 安貴, 虎谷 成昭, 岡本 哲治, 2017年04月27日, 通常, 日本語, NPO法人日本口腔科学会, 愛媛県松山市

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌細胞自身が発現するVEGF受容体シグナルを標的とした新しい治療法の開発研究, 2012年, 2014年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B), E-カドヘリンのプロセシング抑制による口腔癌の浸潤・転移阻止療法に関する研究, 2012年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 口腔癌幹細胞ニッチにおけるサイトカインネットワークの解明とその診断・治療への応用, 2012年, 2014年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 海洋生物由来生理活性物質の探索と口腔癌幹細胞をターゲットとした分子標的薬への応用, 2011年, 2013年
  5. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 口腔癌転移を制御する細胞接着因子を標的にした核酸医薬のデリバリーシステムの開発, 2011年, 2013年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 間質細胞が産生するがん浸潤・転移を制御する分子群の探索とその診断・治療への応用, 2009年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 口腔癌における癌幹細胞およびニッチ機構の同定とそれを標的とした診断・治療法の開発, 2009年, 2011年
  8. 科学研究費助成事業(萌芽研究), E-カドヘリンプロセス分子のNaked DNAを用いた口腔癌の遺伝子治療法の開発, 2008年, 2009年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 口腔癌における癌幹細胞の分離・同定と同細胞を標的とした新しい診断・治療法の開発, 2007年, 2008年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), E-カドヘリンのプロセシング抑制による口腔癌の浸潤・転移阻止に関する基礎的研究, 2005年, 2006年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), RNAi法を用いた口腔癌に対するVEGF・同受容体を分子標的とした治療法の開発, 2005年, 2006年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), プロテオーム解析を用いた口腔癌の分子標的の探索とそのオーダーメード医療への応用, 2005年, 2006年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), プロテオーム解析による口腔癌の分子標的の探索とそのオーダーメード医療への展開, 2003年, 2004年
  14. 科学研究費助成事業(特定領域研究), FGF,FGF結合蛋白およびFGF受容体を標的とした扁平上皮癌の分子標的治療, 2002年, 2002年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), シクロオキシゲナーゼ(COX)-2阻害剤による口腔癌の血管新生抑制療法の開発, 2002年, 2003年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), がん転移を制御する細胞接着因子を標的にした口腔癌の遺伝子治療の開発に関する研究, 2002年, 2003年
  17. 科学研究費助成事業(特定領域研究(C)), FGF、FGF結合蛋白およびFGF受容体を標的とした扁平上皮癌の分子標的治療, 2001年, 2001年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 口腔癌の進展における癌間質の影響に関する研究―特に間質細胞の再生するがん浸潤を制御する分子群の探索―, 2000年, 2001年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), イチイ科由来アルカロイド・タキソールによる多剤耐性口腔癌細胞のアポトーシス誘導, 2000年, 2001年
  20. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), セリンプロテアーゼ阻害剤を用いた口腔癌転移に対する薬物療法, 1999年, 2000年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 口腔癌の自己増殖促進因子及び血管新生因子遺伝子を標的とした遺伝子診断・治療の研究, 1999年, 2000年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), FGF受容体遺伝子を標的としたヒト唾液腺腫瘍の遺伝子診断・治療法の開発研究, 1999年, 2000年
  23. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), FGF結合蛋白(FGFBP/HBp17)を標的とした扁平上皮癌の分子標的治療, 1999年, 1999年
  24. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ヒト線維芽細胞由来がん細胞遊走促進因子の同定とそれに対する抗体作製, 1994年, 1994年
  25. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ヒト線維芽細胞からの癌浸潤促進因子の分離, 1993年, 1993年
  26. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), HBp17/FGFBP蛋白を標的とした口腔癌の分子標的診断・治療法の開発研究, 2013年, 2015年
  27. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 口腔癌幹細胞ニッチにおけるサイトカインネットワーク維持機構とその診断治療への応用, 2015年, 2018年
  28. 基盤研究(B), E-カドヘリンのプロセシング抑制による口腔癌の浸潤・転移阻止療法に関する研究, 2012年, 2014年
  29. 挑戦的萌芽研究, 口腔癌転移を制御する細胞接着因子を標的にした核酸医薬のデリバリーシステムの開発, 2011年, 2013年
  30. 基盤研究(C), HBp17/FGFBP蛋白を標的とした口腔癌の分子標的診断・治療法の開発研究
  31. 基盤研究(C), 骨粗鬆症治療薬であるビタミンD誘導体(ED-71)を用いた口腔癌治療の開発研究, 2016年, 2018年
  32. 基盤研究(C), α2-アンチプラスミンのNaked DNA直接注入法による口腔癌遺伝子治療の開発, 2014年, 2017年