岡本祐子YUKOOKAMOTO

Last Updated :2019/10/01

所属・職名
大学院教育学研究科心理学講座教授
ホームページ
メールアドレス
yokamotohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-1-1 教育学研究科A棟A704号室
TEL:082-424-6775 FAX:082-424-3481
自己紹介
岡本祐子,広島大学大学院教育学研究科教授, 教育学博士,臨床心理士. 専門分野: 発達臨床心理学. 研究テーマ: 成人期のアイデンティティ危機と発達, 人生 の危機の心理臨床, プロフェッションの生成と世代継承性, 力動的心理療法.  Erikson Scholar at Austen Riggs Center, USA

基本情報

主な職歴

  • 2013年04月01日, 附属心理臨床教育研究センター, センター長
  • 2004年04月01日, 広島大学, 大学院教育学研究科, 教授
  • 1991年10月01日, 広島大学, 教育学部, 助教授

学歴

  • 広島大学, 大学院教育学研究科 博士課程後期, 教育・臨床心理学専攻, 日本, 1980年04月, 1983年03月
  • 広島大学, 大学院教育学研究科 博士課程前期, 教育・臨床心理学専攻, 日本, 1978年04月, 1980年03月
  • 広島大学, 教育学部, 心理学科, 日本, 1973年04月, 1978年03月

学位

  • 教育学博士(広島大学)
  • 文学修士(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 教育学部 : 第五類(人間形成基礎系)
  • 【博士課程前期】 教育学研究科 : 心理学専攻
  • 【博士課程後期】 教育学研究科 : 教育学習科学専攻

担当主専攻プログラム

  • 心理学プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 臨床心理学
  • 社会科学 / 心理学 / 教育心理学

研究キーワード

  • 心理臨床
  • アイデンティティ
  • 発達的危機
  • 世代継承性
  • 発達
  • 成人期・老年期
  • 専門職

所属学会

  • 日本心理臨床学会, 1982年
  • 日本発達心理学会, 1997年
  • 日本教育心理学会, 1978年
  • 日本質的心理学会, 2004年
  • 日本青年心理学会, 1996年
  • 日本心理学会, 1978年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学研究法(H29以前生用)
  2. 2019年, 学部専門, 1ターム, 臨床心理学概論
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 臨床心理学課題研究I
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 臨床心理学課題研究II
  5. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, 公認心理師の職責
  7. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 心理学講究
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心理学特別研究
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教職授業プラクティカムI
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 心理学講究
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心理学特別研究
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教職教授学講究
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教職授業プラクティカムII
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 臨床心理学特別研究
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習II
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 心理実践実習III
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 心理実践実習IV(臨床心理実習I)
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習V
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習A
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習B
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習D
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理学特別研究
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理実習II
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 心の健康教育に関する理論と実践

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 自己の多面性とアイデンティティ研究に対する今後の課題, 青年心理学研究, 30巻, 2号, pp. 174-178, 20190320
  2. 社会活動を行う犯罪被害者遺族のレジリエンスの検討, 心理臨床学研究, 36巻, 3号, pp. 274-286, 20180831
  3. 自己の多面性とアイデンティティの関連:多元的アイデンティティに注目して, 青年心理学研究, 29巻, 2号, pp. 91-106, 20180302
  4. レジリエンスに関する研究の動向と展望, 広島大学心理学研究, 17巻, pp. 15-24, 20180331
  5. 視覚障害のある芸術家アイデンティティに関する研究の動向と展望, 広島大学大学院教育学研究科紀要, 66巻, pp. 133-142, 20171222
  6. ★, アイデンティティ論から見たプロフェッションの生成と深化―「人」と「専門性」が育つ基盤―  , ヒューマン・ケア研究, 17巻, 2号, pp. 69-80, 20170308
  7. 境界性人格構造の治療抵抗と力動的治療., 広島大学心理臨床教育研究センター紀要, 15巻, pp. 3-19, 20170321
  8. 青年期の同性愛者・両性愛者の性的目覚めから性的指向の開示に至るプロセス , 心理臨床学研究, 35巻, 3号, pp. 297-303, 20170831
  9. 被害的な認知特性と出来事の外傷性が外傷後反応と解離性体験に及ぼす影響, パーソナリティ研究, 25巻, 2号, pp. 166-170, 20160915
  10. メタ分析による解離と外傷体験における関連性の再検討―解離を引き起こしやすい外傷体験とは何か― , トラウマティック・ストレス, 13巻, pp. 171-188, 20151201
  11. 自己概念の多面性と心理的well-beingの関連, 青年心理学研究, 27巻, 2号, pp. 119-127, 20160127
  12. 青年期における多元的な自己とアイデンティティ形成に関する研究の動向と展望, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第3部(教育人間科学関連領域), 64巻, pp. 113-120, 2015.12.18.
  13. 小中学校教員の子どもの親の職業に起因する心理的経験の検討―母親/母親の教職に対するとらえ方の差異の発生要因―, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 15巻, pp. 41-55, 20170321
  14. 青年期女性の対象関係とアイデンティティ,および境界例心性との関連, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 14巻, 14号, pp. 58-79, 2015.3.20.
  15. 比較的軽度なストレッサーと解離性体験の関連: ポジティブな対人認知の影響について, パーソナリティ研究, 24巻, 1号, pp. 91-93, 20150701
  16. 青年期の自己愛的脆弱性と親との自己対象体験との関連, 心理臨床学研究, 31巻, 6号, pp. 881-892, 20140228
  17. 青年期の自我機能と夢への態度及び夢体験の関連, 心理臨床学研究, 32巻, 1号, pp. 4-15, 20140430
  18. 重度障害者家族のきょうだい・母親・障害者の関係性の類型化:きょうだいから見た母子関係・同胞関係に着目して, 家族心理学研究, 29巻, 1号, pp. 19-33, 20150630
  19. アイデンティティにおける「個」と「関係性」をとらえる尺度作成とその短縮版の検討, 青年心理学研究, 25巻, 1号, pp. 13-27, 20130830
  20. Austen Riggs Centerの臨床活動と世代継承性, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 285-304, 20130301
  21. 大学生の自己愛的脆弱性による類型化と愛着スタイルの特徴, 学校メンタルヘルス, 16巻, 1号, pp. 27-34, 20131130
  22. 自然体験活動に参加した不登校児童・生徒の内的変容過程―継続参加児のバウムテストの分析―, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 71-84, 20130301
  23. ★, The lifelong development of identity and psychotherapy o the basis of developmental crises, Hiroshima Psychological Research, 11巻, pp. 117-136, 20120301
  24. 高齢者の語りに基づく母親的人物との相互性の変容 , 発達心理学研究, 23巻, pp. 55-65, 20121001
  25. ★, Achievement and succession of professional identity in potters Ⅱ: A microanalysis of generativity through examination of the master-student relationship at Tsunehide Shimabukuro Studio., Hiroshima Psychological Research, 11巻, pp. 157-172, 20120301
  26. ★, Achievement and succession of professional identity in potters Ⅰ: An analysis and some considerations of Prof. Tsunehide Shimabukuro's life and professional work, Hiroshima Psychological Research, 11巻, pp. 137-156, 20120301
  27. 青年期の自己愛的脆弱性と心理社会的課題の達成感覚との関連, 心理臨床学研究, 30巻, 4号, pp. 571-576, 20121001
  28. 陶器職人における専門家アイデンティティの生成と継承Ⅰ: 島袋常秀氏の人と仕事をめぐって, 広島大学心理学研究, 10巻, pp. 121-146, 20110301
  29. 陶器職人における専門家アイデンティティの生成と継承Ⅱ: 島袋常秀工房の師弟関係から見た世代継承性のミクロな分析., 広島大学心理学研究, 11巻, pp. 173-188, 20120301
  30. 摂食障害傾向のある青年の拒食と過食の心理的意味と変容プロセス, 質的心理学研究, 8巻, pp. 76-95, 20090301
  31. 高齢者のソーシャル・サポート授受と幸福感の関連: 家族内のジェンダーによる検討, 家族心理学研究, 23巻, 2号, pp. 122-130, 20091001
  32. 中年期の時間的展望と精神的健康との関連: 40歳代、50歳代、60歳代の年代別による検討, 発達心理学研究, 19巻, 2号, pp. 144-156, 20080401
  33. 重症心身障害児の母親における障害受容過程と子どもの死に対するとらえ方との関連, 心理臨床学研究, 26巻, 2号, pp. 171-183, 20080601
  34. 重要な他者との関係を通して構築された関係性様態の特徴, 教育心理学研究, 56巻, 2号, pp. 149-159, 20080401
  35. 「個」と「関係性」からみた青年期におけるアイデンティティ: 対人関係の特徴の分析, 発達心理学研究, 19巻, 2号, pp. 108-120, 20080401
  36. 身近な他者との死別を通した人格的発達--がんで近親者を亡くされた方への面接調査から--, 質的心理学研究, 5巻, pp. 99-120, 20060301
  37. 発達臨床心理学から見た「親になれない親」の理解と援助, 母性衛生, 46巻, 4号, pp. 480-483, 20060101
  38. 重要な他者との関係を通して構築される関係性発達の検討, 教育心理学研究, 53巻, 3号, pp. 331-343, 20050901
  39. アイデンティティの発達をとらえる際の「個」と「関係性」の概念の検討 : 「個」尺度と「関係性」尺度作成の試み, 青年心理学研究, 17号, pp. 27-42, 20060228
  40. 家庭における過去の食事場面と大学生の父親および母親との心理的結合性の関連, 日本家政学会誌, 57巻, 2号, pp. 71-79, 20060201
  41. 死別経験による人格的発達とケア体験との関連, 発達心理学研究, 16巻, 3号, pp. 247-256, 20051220
  42. 青年の家族に対する関与と家族アイデンティティ発達の関連, 家族心理学研究, 19巻, 1号, pp. 13-29, 20050501
  43. 女性の生涯発達から見た「親になれない親」の理解と援助 -子どもをはぐくみ育てる力とは何か-, 母性衛生, 46巻, 3号, pp. 44, 20050901
  44. 食事場面の家族画から見た子どもの心理的特徴: 小学生・高校生の親との心理的結合性の視点から, 家族心理学研究, 19巻, 2号, pp. 77-90, 20051101
  45. 小学生の父親および母親との心理的結合性と家庭における食事場面の諸要因の関連, 日本家政学会誌, 56巻, 4号, pp. 273-282, 20050401
  46. 成人期・老年期における発達的研究の動向と展望, 教育心理学年報, 43巻, pp. 58-67, 20040301
  47. 臨床心理学から見た更年期女性の危機と発達, 日本更年期医学会雑誌, 12巻, 増刊号, pp. 48-49, 20041001
  48. ガンに直面した患者がたどる受容プロセスに関する研究:ケアの視点から, 家族心理学研究, 17巻, pp. 83-95, 20031201
  49. 青年の家族行事体験が家族アイデンティティ形成に及ぼす影響, 青年心理学研究, pp. 17-31, 20031201
  50. 食事場面の会話と親子の心理的結合性の関連, 青年心理学研究, pp. 33-49, 20031201
  51. 成人女性のアイデンティティおよび子育て意識に関する日中比較研究, 日本家政学会誌, pp. 193-198, 20020201
  52. 食事中の会話に見る家族内コミュニケーションと家族の健康性および心理的結合性の関連の検討, 家族心理学研究, pp. 125-139, 20011101
  53. アイデンティティ論から見た生涯発達とキャリア形成, 日本組織学会誌 組織科学, pp. 4-13, 19991201
  54. アイデンティティ, 児童心理学の進歩 1999年版, pp. 187-211, 19990601
  55. ★, 中年期のアイデンティティ危機と発達: 中年の危機をキャリア発達にどう生かすか, 現代経営学研究学会誌 ビジネスインサイト, pp. 20-33, 19970301
  56. 定年退職とストレス -アイデンティティ危機論の立場から-, ストレス科学, pp. 44-48, 19960801
  57. ★, 中年期の職場不適応事例に見られたアイデンティティ危機とその再体制化, 心理臨床学研究, 3号, pp. 321-332, 19951201
  58. 育児期における女性のアイデンティティ様態と家族関係に関する研究, 日本家政学会誌, pp. 849-860, 19960901
  59. 高齢期における精神的充足感形成に関する研究(第1報):高齢者の精神的充足感獲得と生活の満足度および主体的欲求との関連性, 日本家政学会誌, 10号, pp. 923-932, 19951001
  60. 高齢期における精神的充足感形成に関する研究(第2報):家族役割の検討, 日本家政学会誌, 10号, pp. 933-940, 19951001
  61. 生涯発達心理学の動向と展望ー成人発達研究を中心としてー, 教育心理学年報, pp. 132-143, 19940301
  62. ★, 成人期における自我同一性ステイタスの発達経路の分析, 教育心理学研究, 4号, pp. 352-358, 19861201
  63. 5人の自分をもつ分裂病女性の面接過程, 季刊精神療法, 11巻, pp. 375-384, 19851201
  64. ★, 中年期の自我同一性に関する研究, 教育心理学研究, 4号, pp. 295-306, 19851201
  65. ★, 定年退職期の自我同一性に関する研究, 教育心理学研究, 33巻, pp. 184-195, 19850901
  66. 「ケア」論から成人期の発達をとらえる試み:アイデンティティ生涯発達論を中心として, 広島大学大学院教育学研究科紀要第3部(教育人間科学関連領域), 52巻, pp. 205-213, 20031201
  67. 育児による親の発達とそれを支える家族要因に関する研究, 広島大学大学院教育学研究科紀要第2部, pp. 333-339, 20020301
  68. 女子青年のライフコースとアイデンティティ発達に関する日中比較研究, 広島大学教育学部紀要Ⅰ, 3号, pp. 315-323, 20010301
  69. Construction and some consideration on the Spiral Model of identity Development in adulthood., 広島大学教育学部紀要第2部, 48巻, pp. 169-175, 20000301
  70. 定年退職危機から見た老年期のアイデンティティ様態と心理社会的課題達成の特徴, 広島大学教育学部紀要第2部, pp. 141-148, 19990301
  71. ケアすることによるアイデンティティ発達に関する研究1.: 高齢者介護体験による成長・発達感とその関連要因の分析, 広島大学教育学部紀要第2部, pp. 111-117, 19980301
  72. 女性の発達と職業を持つこと---アイデンティティ論の視点から---, 現代のエスプリ別冊 産業カウンセリングの理論的な展開 至文堂, pp. 191-201, 20011201
  73. 成人期の「自分」探し--ケアすることを通じての<他者>育てと<自分>育て--, 発達= ミネルヴァ書房, pp. 56-63, 20000401
  74. 私の中の「もう一人の私」, 発達= ミネルヴァ書房, pp. 21-27, 19960101
  75. 成人期のアイデンティティ発達における「関係性」の側面について: 理論的展望と生活レベルに見られる2,3の問題, 広島大学教育学部紀要第2部, pp. 145-154, 19950301
  76. アイデンティティ論から見た中年期の危機と発達, 発達= ミネルヴァ書房, pp. 29-36, 19930401
  77. アイデンティティ論から見た心理臨床, 心理教育相談研究, pp. 1-12, 19911201
  78. 母親探しの2年間--勉強嫌いの女児との遊戯療法--, 心理教育相談研究, 1巻, pp. 13-21, 19841101
  79. 高齢化社会に関する家庭科授業の実践的研究3. --総合的課題研究活動を導入した授業実践の効果--, 広島大学教育学部学部附属共同研究体制研究紀要, 23巻, pp. 113-121, 19950301
  80. 高齢化社会に関する家庭科授業の実践的研究2. --発展学習に見られる福祉思想と共感的理解--, 広島大学教育学部学部附属共同研究体制紀要, 22巻, pp. 137-146, 19940301
  81. 高齢化社会に関する家庭科授業の実践的研究1. --高齢化社会に関する小・中・高校生の意識調査の分析--, 広島大学教育学部学部附属共同研究体制紀要, 21巻, pp. 145-155, 19930301
  82. 成人発達研究の動向と展望, 広島大学教育学部紀要第2部, 41巻, pp. 207-216, 19930301
  83. エリクソンの人生から学ぶもの、そして今世紀に継承されるもの -書評 フリードマン著 やまだようこ・西平直訳「エリクソンの人生」-, 質的心理学研究, 3巻, pp. 199-201, 20040301
  84. 論文評 杉村和美「関係性の観点から見た女子青年のアイデンティティ探求-2年間の縦断研究-」, 学生相談研究, 24巻, pp. 100-104, 20031001
  85. 中年期女性における自己発見:アイデンティティの深化, 教育と医学, 50巻, pp. 309-314, 20020401
  86. 中年のアイデンティティ危機をキャリア発達に生かす:個としての自分・かかわりの中での自分, フィナンシュアランス, 40巻, pp. 15-24, 20020401
  87. 人生半ばの危機と自己の再生:中年期, AERA-MOOK「新・心理学がわかる:現場から」, pp. 22-25, 20000401
  88. ミドルになっても「自分探し」はつづく, 別冊宝島, 400巻, pp. 195-203, 19980401
  89. 働く女性の心の健康, 教育と医学, 46巻, pp. 715-721, 19980401
  90. 中年期とアイデンティティ:アイデンティティの再確立と安定へのプロセス, こころの科学, 53巻, pp. 56-60, 19940401
  91. 生涯発達から見た中年期の意味, 教育と医学, 39巻, pp. 841-847, 19910401
  92. 危機としてのおとなになるとき, 青年心理, 59巻, pp. 541-549, 19860401
  93. 高校生の家族内コミュニケーションと居間の機能の関連性, 広島大学心理学研究, 3巻, pp. 157-168, 20040301
  94. 「青年の家族行事体験が家族アイデンティティ形成に及ぼす影響」へのコメントに対するリプライ, 青年心理学研究, 16巻, pp. 63-68, 20041201
  95. ライフスタイルとケア役割から見た成人女性のアイデンティティ発達過程に関する研究, 平成11年度?平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(c)(2))研究成果報告書(広島大学教育学部), 20020301
  96. 成人女性のアイデンティティ発達過程と危機様態に関する研究, 平成11年度?平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(c)(2))研究成果報告書(広島大学教育学部), 19980301
  97. ライフサイクルにおけるアイデンティティの再編過程に関する研究, 平成5・6・7年度文部省科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書, 19960301
  98. 高齢期の精神的充足感の形成と家族関係, 平成5年度文部省科学研究「高齢期生活論の構築のための基礎的研究」報告書, pp. 21-31, 19940301
  99. 育児期の母親の母親役割受容と家族関係に関する研究-アイデンティティ葛藤と統合の視点から-, 平成10年度厚生科学研究「子ども家庭総合事業報告書」, pp. 111-117, 19990301
  100. 育児への積極的関与に影響する家族要因に関する研究, 平成10年度厚生科学研究「子ども家庭総合事業報告書」, pp. 129-134, 20000301
  101. 発達臨床心理学から見たキャリア・アイデンティティの開発, 経営研究所紀要「マネジメント・トレンド」, 9巻, 3号, pp. 10-18, 20050201
  102. 生活の質と精神的充足感から見た生涯学習ニーズ -成人期の「アイデンティティ探求」ニーズの分析-, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部, 53巻, pp. 175-183, 20050301
  103. 不妊の女性を対象とした臨床心理学的研究の動向と展望, 広島大学心理学研究, 4巻, pp. 173-183, 20050301
  104. 音楽のリズム即興における表現特徴と性格特性との関連性について, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 3巻, pp. 66-77, 20050301
  105. 願望成就の想定が不安軽減に及ぼす影響, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 3巻, pp. 78-88, 20050301
  106. 「意味ある他者」の存在と大学生の未来展望との関連, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 4巻, pp. 78-89, 20060301
  107. 子どもを亡くした母親のモーニング・ワーク・プロセス, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 4巻, pp. 100-109, 20060301
  108. 大学生における子どもの価値,個人化志向とライフスタイル, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 4巻, pp. 130-145, 20060301
  109. 大学生の意欲低下傾向とアイデンティティ発達,家族機能の関連性, 青年心理学研究, 17巻, pp. 1-13, 20060201
  110. 摂食障害に関する研究の動向と展望, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第3部, 54巻, pp. 319-327, 20060301
  111. 中年期夫婦における夫婦関係満足度と妻理解・平等主義的性役割観の関連, 広島大学心理学研究, 5巻, pp. 195-209, 20060301
  112. 中年期女性のアイデンティティ--中年期という危機、女性であるがゆえの揺れ--, 現代のエスプリ別冊「ジェンダー・アイデンティティ」, pp. 64-73, 20060601
  113. コラージュ継続制作における内的体験過程の検討, 心理臨床学研究, 24巻, 5号, pp. 548-558, 20061201
  114. 現代青年の自己受容-自己による自己受容と他者を通しての自己受容の観点から-, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第3部, 55巻, pp. 339-348, 20070301
  115. 「個」と「関係性」からアイデンティティをとらえる方法論に関する検討-TAT(Thematic Apperception Test)を導入する試み-, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 5巻, pp. 68-83, 20070301
  116. 青年期における摂食障害傾向の心理的特徴-拒食と過食の心理的意味の観点から-, 広島大学心理学研究, 6巻, pp. 183-199, 20070301
  117. 「個」と「関係性」からみたアイデンティティ研究の動向と展望-発達早期における「個」と「関係性」の起源に着目して-, 広島大学心理学研究, 6巻, pp. 223-242, 20070301
  118. 育児期の女性における「母親としての自己」「個人としての自己」の葛藤と統合-育児困難との関連-, 広島大学心理学研究, 6巻, pp. 201-222, 20070301
  119. 葛藤場面における他者との関わりとアイデンテイティの関連, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 2巻, pp. 58-68, 20040320
  120. ストレス脆弱性克服に挑む教育科学と脳科学─うつ病のストレス対策に関する脳科学的実証研究─, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 5巻, pp. 88-91, 20070320
  121. 摂食障害及び摂食障害傾向における家族関係研究の動向と展望, 広島大学心理学研究, 8巻, pp. 77-87, 20080301
  122. 「個』と「関係性」概念からのアイデンティティ尺度の作成, 広島大学心理学研究, 8巻, pp. 89-98, 20080301
  123. 「個と関係性からみた青年後期・成人期のアイデンティティに関する研究1: 「関係性」の次元に着目して, 広島大学大学院教育学研究科紀要・第三部(教育人間科学関連領域), 57巻, pp. 195-204, 20080301
  124. 大学生の「よい子」傾向と心理社会的発達段階の関連, 広島大学心理学研究, 8巻, pp. 99-106, 20080301
  125. 老年期の心理社会的課題に関する研究の動向と展望, 広島大学大学院教育学研究科紀要・第三部(教育人間科学関連領域), 58巻, pp. 207-213, 20100301
  126. 障害者のきょうだいの情緒的特徴に関する研究: きょうだいの意識と欲求不満の視点から, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 8巻, pp. 94-106, 20090301
  127. 青年期における時間的展望とレジリエンスとの関連, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 8巻, pp. 43-53, 20090301
  128. 青年期における母娘関係とアイデンティティとの関連, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 8巻, pp. 121-132, 20090301
  129. 青年期における親の「死」に関わる危機のとらえ方とその過程に関する研究, 広島大学心理学研究, 9巻, pp. 229-245, 20100301
  130. 自然体験活動が不登校経験者の発達に及ぼす影響と意味づけ, 広島大学心理学研究, 11巻, pp. 189-200, 20120301
  131. 障害者の高齢化によりきょうだいが直面する危機とその克服および心理臨床的支援の可能性: 高齢者きょうだいの1事例分析  , 広島大学大学院教育学研究科紀要, 61巻, pp. 169-178, 20110301
  132. 心理臨床家のプロフェッションの生成と継承Ⅰ―理想の心理臨床家の追求―  , 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 103-115, 20130301
  133. 心理臨床家のプロフェッションの生成と継承Ⅱ ―唯一無二の人生・体験への尊び―, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 117-126, 20130301
  134. 青年期における死の不安と「死」・「生」・「自己」のイメージ, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 137-154, 20130301
  135. 大学生の自己愛的甘えと誇大型・過敏型自己愛傾向との関連, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 127-136, 20130301
  136. 自我境界概念から見た自我機能概念の再検討, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 169-177, 20130301
  137. 重要な他者との関係性からみる高齢者の死のイメージ, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 235-248, 20130301
  138. 依存性と自意識の二面性との関連―青年期における二者関係に焦点を当てて―, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 11巻, pp. 109-124, 20130301
  139. 過剰適応傾向が心理社会的課題に及ぼす影響―心理社会的課題の親密性に注目して―, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 11巻, pp. 149-162, 20130301
  140. ある登校拒否児との遊戯療法 --ドラスケの反乱--, 心理教育相談研究, 2巻, pp. 1-14, 19850301
  141. あるいじめられっ子の母親との面接過程 --分離-個体化による母子の成長といじめの克服--, 心理教育相談研究, 3巻, pp. 57-69, 19860301
  142. 分裂病患者の心理療法過程に見られる樹木画の変化, 東広島医師会誌, 10巻, pp. 27-34, 19870301
  143. 異性恐怖を中核とした対人恐怖症の心理療法過程, 心理教育相談研究, 4巻, pp. 119-130, 19870301
  144. 2つの宗教へ傾倒した境界例青年の心理療法過程, 心理教育相談研究, 5巻, pp. 67-80, 19880301
  145. 統合失調症者の親におけるケア役割受容過程の検討, 広島大学心理学研究, 9巻, pp. 217-227, 20100301
  146. 教員からみた大学生の不登校リスク要因の同定, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 98-101, 20130301
  147. 不登校大学生に対する大学教員の視点と支援, 広島大学心理学研究, 11巻, pp. 339-347, 20120301
  148. ストレス脆弱性克服に挑む教育科学: ストレス状況において大学生が求める大学教員からの支援, 広島大学大学院教育学研究科心理臨床教育研究センター紀要, 8巻, pp. 170-187, 20100301
  149. 平成20年度 文部科学省委託事業「青少年体験活動総合プラン」青少年の課題に対応した体験活動推進プロジェクト :悩みを抱える青少年の体験活動, 平成20年度 意欲を育む自然体験推進事業報告書, pp. 1-62, 20090301
  150. Analysis of the development of relatedness, constructed through relationships with significant others, JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY, 53巻, 3号, pp. 331-343, SEP 2005
  151. Relatedness constructed through relations with significant others : Trust and identity, JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY, 56巻, 2号, pp. 149-159, JUN 2008
  152. 祈りと祈りの主体者の精神的健康との関連の検討 <研究論文>, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 13巻, pp. 103-113, 20150320
  153. 信頼感を基盤とした青年の未来展望形成プロセス, 広島大学心理学研究, 7号, pp. 227-243, 2007
  154. 「関係性にもとづくアイデンティティ」の構造に関する青年後期と成人期の相違, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 6号, pp. 75-89, 2007
  155. 平成18年度共同研究プロジェクト研究概要 ストレス脆弱性克服に挑む教育科学と脳科学--うつ病のストレス対策に関する脳科学的実証研究, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 5号, pp. 88-91, 2006
  156. 中年期から老年期に至る世代継承性の変容, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域, 59号, pp. 145-152, 20101224
  157. 時間的連関性と時間的展望体験が抑うつに及ぼす影響, 広島大学心理学研究, 12号, pp. 61-70, 2012
  158. 死別体験の有無および死に対する態度と「死」のイメージとの関連, 広島大学心理学研究, 12号, pp. 155-168, 2012
  159. 大学生の特性としての許しと公正感の関連 : 道徳性の発達の観点から <研究論文>, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 13巻, pp. 51-64, 20150320
  160. 障害者のきょうだいに関する心理学的研究の動向と展望, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域, 60号, pp. 205-214, 2011
  161. 社会的文脈における自尊感情の変動因に関する研究 : 状態・特性自尊感情の連関メカニズムの理解, 広島大学心理学研究 = Hiroshima psychological research, 14号, pp. 85-97, 2014
  162. 自己愛的脆弱性,自我脅威状況に対する認知的評価,対処方略,ストレス反応との関連, 広島大学心理学研究 = Hiroshima psychological research, 14号, pp. 99-127, 2014
  163. 「成人期における自我同一性の発達過程とその要因に関する研究」(博士論文要旨・修士論文題目), 教育心理学年報, 31巻, pp. 161-162, 19920330
  164. 高校生段階にある青年のアイデンティティはどのような生活感情とともに発達するのか : 落合良行・佐藤有耕論文へのコメント, 青年心理学研究, 8号, pp. 41-43, 19970224
  165. 心理学研究における「問い」の深さと普遍性について : 西平直喜「青年心理学研究における〈問い〉の構造」に対する若干の意見, 青年心理学研究, 10号, pp. 97-100, 19981018
  166. 青年期のアイデンティティ発達と家族機能の関連性, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 5号, pp. 52-66, 2006
  167. 青年の「親準備性」概念の再検討とその発達に関連する要因の分析, 広島大学心理学研究, 4号, pp. 159-172, 2004
  168. 現役引退危機から見た老年期のアイデンティティ様態と心理社会的課題達成の特徴, 広島大学教育学部紀要 第二部, 47号, pp. 141-148, 1998
  169. 中年期女性の危機と発達--アイデンティティの揺らぎと再確立 (特集 中年期との出会い--心・身体・性), 教育と医学, 44巻, 10号, pp. 901-907, 199610
  170. 中高年の心の危機とジェンダー (特集 ジェンダーと現代社会), 教育と医学, 48巻, 3号, pp. 236-241, 200003
  171. 集中特集「アイデンティティ」女性の危機と成熟:ライフサイクルから見る, 青年心理, pp. 74, 19890401
  172. 過去のライフイベントの捉え方と生活満足度・将来展望・死に対する態度の関連, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 5号, pp. 16-27, 2006
  173. 結婚を機に障害者の同胞となった女性の介入による障害者家族レジリアンスの回復過程, 広島大学心理学研究 = Hiroshima psychological research, 14号, pp. 27-37, 2014
  174. 青年期における愛着と親以外への依存性 ―愛着は対人関係の鋳型なのか―  , 広島大学心理学研究, 15巻, 15号, pp. 1-16, 2015.3.28.
  175. 青年期における死の不安と精神的健康の関連―死の不安の対処法に焦点をあてて― , 広島大学心理学研究, 15巻, 15号, pp. 109-128, 2015.3.28.
  176. 箱庭の砂の色が箱庭制作に与える影響について, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 14巻, 14号, pp. 48-57, 2015.3.20.
  177. メタ分析による解離と外傷体験における関連性の再検討:解離を引き起こしやすい外傷体験とは何か, トラウマティック・ストレス, 13巻, pp. 171-188, 201512
  178. 青年期の死に対する態度と生きがい感の関連., 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター紀要, 13巻, pp. 95-102, 2015.3.20
  179. 大学生の特性としての許しと公正感の関連-道徳性発達の観点から-  , 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター紀要, 13巻, pp. 51-64, 2015.3.20.
  180. 社会的文脈における自尊感情の変動因に関する研究-状態・特性自尊感情の連関メカニズムの理解- , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 85-98, 2015.3.20.
  181. 自己愛的脆弱性,自我脅威状況に関する認知的評価,対処方略,ストレ ス反応との関連. , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 99-128, 2015.3.20.
  182. 自我機能類型と夢内容の探索的検討. , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 39-58, 2015.3.20.
  183. 解離性体験尺度の因子構造の検討-解離の下位機能をめぐって- , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 59-70, 2015.3.20.
  184. 結婚を機に障害者の同胞となった女 性の介入による障害者家族レジリエンスの回復過程. , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 27-38, 2015.3.20.
  185. 大学生の特性としての許しと公正感の関連-道徳性発達の観点から-, 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター紀要, 13巻, pp. 51-64, 2015.3.20
  186. 青年期の死に対する態度と生きがい感の関連., 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター紀要, 13巻, pp. 95-102, 20150320
  187. 社会的文脈における自尊感情の変動因に関する研究-状態・特性自尊感情の連関メカニズムの理解- , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 85-98, 20150320
  188. 自己愛的脆弱性,自我脅威状況に関する認知的評価,対処方略,ストレス反応との関連. , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 99-128, 20150320
  189. 自我機能類型と夢内容の探索的検討. , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 39-58, 20150320
  190. 解離性体験尺度の因子構造の検討-解離の下位機能をめぐって- , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 59-70, 20150320
  191. 結婚を機に障害者の同胞となった女性の介入による障害者家族レジリエンスの回復過程. , 広島大学心理学研究, 14巻, pp. 27-38, 20150320
  192. 封印してきた「自分に向き合うとまどいと辛さを支える-藤田啓子さんの事例報 告へのコメント-, 東洋英和女学院大学心理相談室紀要, 18巻, pp. 198-201, 2015
  193. 青年期における多元的な自己とアイデンティティ形成に関する研究の動向と展望, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域), 64巻, pp. 113-120, 2016
  194. 心理臨床家のアイデンティティ発達に関する研究の動向と展望, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域), 65巻, pp. 139-147, 2016.12.25.
  195. 視覚障害のある芸術家アイデンティティに関する研究の動向と展望., 広島大学大学院教育学研究科紀要第三部(教育人間科学関連領域), 66巻, pp. 133-142, 20171222
  196. 小中学校教員の子供の親の職業に起因する心理的経験の検討―母親/母親の教職に対する捉え方の差異の発生要因―  , 広島大学心理臨床教育研究センター紀要, 15巻, pp. 41-55, 20170321
  197. 中年後期の節目における人生の振り返りと「自己感覚」の獲得, 文教学院大学臨床心理相談センター紀要, 16巻, pp. 32-36, 201803
  198. 母親が「先生」であることによる母子関係への影響:小中学校教員の子どもに着目して, 広島大学心理学研究, 17巻, pp. 1-14, 20180331
  199. 同性愛者のアイデンティティ発達に関する研究の動向と展望, 広島大学心理学研究, 17巻, pp. 47-60, 20180331
  200. 愛着型の相違が青年の失恋体験における意味付に及ぼす影響, 広島大学大学院教育学研究科心理臨床センター紀要, 16巻, pp. 73-88, 20180331
  201. 組織のリーダー経験が個人の多水準自己概念にもたらす影響, 広島大学大学院教育学研究科心理臨床センター紀要, 16巻, pp. 25-40, 20180331
  202. 自己志向的完全主義の発達に影響を与える要因の検討―社会的期待モデルに着目して―, 広島大学大学院教育学研究科心理臨床センター紀要, 16巻, pp. 57-72, 20180331
  203. 児童期の異文化接触に伴う民族アイデンティティの発達:サードカルチャーキッズの日本人青年の分析, 広島大学心理学研究, 18巻, 18号, pp. 1-20, 20190321
  204. 児童期の異文化接触に伴う日本人サードカルチャーキッズの民族アイデンティティの発達プロセス, 広島大学心理学研究, 18巻, 18号, pp. 21-44, 20190321
  205. 青年における境界例心性と母子イメージ及び内的対象像との関連, 広島大学心理学研究, 18巻, 18号, pp. 67-90, 20190321
  206. 大学生の仮想的有能巻が援助要請スタイルに与える影響, 広島大学心理学研究, 18巻, 18号, pp. 55-66, 20190321
  207. 男性同性愛者の同性愛嫌悪の内在化とその変容の検討, 心理臨床学研究, 37巻
  208. 生成要因とクライエントの影響からとらえた心理臨床家の臨床的価値観の検討, 心理臨床学研究, 37巻
  209. 青年期における"キャラ"を介した友人関係と承認欲求・評価懸念との関連, 発達心理学研究, 30巻
  210. 中年期の不安と心理臨床―「中年期の危機」再考―, 精神療法, 45巻, 5号, 2019
  211. 公認心理師養成へ向けて―実習のあり方を考える―, こころの科学, Human Mind Special Issue 2019号, pp. 6-37, 20190725
  212. 「心理実践実習の手引き」「実習記録ノート」の作り方(大学院), こころの科学, Human Mind Special Issue 2019巻, pp. 80-93, 20190725

著書等出版物

  1. 2018年10月10日, 世代継承性研究の展望―アイデンティティから世代継承性へ―, ナカニシヤ出版, 2018年, 201810, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 岡本祐子・上手由香・高野恵代・M.Gerard Fromm, ISBN978-4-7795-1308-4, 503, 503
  2. 2016年09月10日, 境界を生きた心理臨床家の足跡: 鑪幹八郎からの口伝と継承, 境界を生きた心理臨床家の足跡: 鑪幹八郎からの口伝と継承, 心理臨床家 オーラル・ヒストリー プロフェッション 世代継承性, ナカニシヤ出版, 2016年, 9, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 岡本祐子・鑪幹八郎・山本力, 978-4-7795-1093-9, 350, 350
  3. 2016年08月25日, 現代社会の中の自己・アイデンティティ, 現代社会の中の自己・アイデンティティ, 自己, アイデンティティ, 社会の変動, 金子書房, 2016年, 8, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 梶田叡一・中間玲子・佐藤徳・岡本祐子, 978-4-7608-2406-9, 206, 16
  4. 2016年05月10日, 夫と妻の生涯発達心理学: 関係性の危機と成熟, 福村出版, 2016年, 5, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 岡本祐子・宇都宮博・神谷哲司, ISBN978-4-571-23055-4, 311, 12
  5. 2014年08月, プロフェッションの生成と世代継承:中年期の実りと次世代の育成, ナカニシヤ出版, 2014年, 08, 単行本(学術書), 編著, 9784779508622, 234
  6. 2014年03月, こころが育つ環境をつくる―発達心理学からの提言―, 新曜社, 2014年, 03, 単行本(一般書), 共著, 270
  7. 2014年03月, 教師教育講座 第11巻 教育相談 , 共同出版, 2014年, 03, 教科書, 共著, 200
  8. 2014年01月, 新・青年心理学ハンドブック  , 福村出版, 2014年, 01, 単行本(学術書), 共著, 720
  9. 2013年09月20日, 人間関係を支える心理学: 心の理解と援助, 北大路書房, 2013年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 上野徳美・岡本祐子・相川充, 246
  10. 2013年09月, 発達心理学Ⅱ , 東京大学出版会, 2013年, 09, 単行本(学術書), 共著, 250
  11. 2013年04月, エピソードでつかむ生涯発達心理学, ミネルヴァ書房, 2013年, 04, 教科書, 編著, 280
  12. 2013年05月, 発達心理学事典 , 丸善出版(株), 2013年, 05, 事典・辞書, 共編著, 700
  13. 2013年03月, 多文化横断ナラティヴ: 臨床支援と多声教育, 編集工房レイヴン, 2013年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 300
  14. 2012年03月, 心理学研究の新世紀 第4巻 臨床心理学. . , ミネルヴァ書房, 2012年, 03, 単行本(学術書), 編著, 600
  15. 2011年08月, 心理臨床学事典, 丸善出版(株), 2011年, 08, 事典・辞書, 共編著, 745
  16. 2010年04月, 成人発達臨床心理学ハンドブック: 個と関係性からライフサイクルを見る, ナカニシヤ出版, 2010年, 04, 単行本(学術書), 編著, 399
  17. 2010年11月, 社会化の心理学/ハンドブック: 人間形成への多様な接近, 川島書店, 2010年, 11, 単行本(学術書), 共著, 455
  18. 2008年11月, アイゼンク教授の心理学ハンドブック, 翻訳, ナカニシヤ出版, 2008年, 11, 共訳, 1366
  19. 2008年04月, 家族のライフサイクルと心理臨床, 金子書房, 2008年, 04, 単行本(学術書), 共著, 143
  20. 2008年05月, 人生と病いの語り, 東京大学出版会, 2008年, 05, 単行本(学術書), 共著, 282
  21. 2007年04月, アイデンティティ生涯発達論の展開-中年期の危機と心の深化- , ミネルヴァ書房, 2007年, 04, 単行本(学術書), 単著, 岡本 祐子 , 210
  22. 2006年01月, 中年の光と影-うつを生きる- , 至文堂, 2006年, 01, 単行本(一般書), 編著, 岡本 祐子, 264
  23. 2005年12月, 成人期の危機と心理臨床-壮年期に灯る危険信号とその援助- , ゆまに書房, 2005年, 12, 単行本(学術書), 編著, 岡本 祐子 島津 明人 , 245
  24. 2005年08月, メンタルヘルス事典 増補新訂版 , 同朋舎メディアプラン, 2005年, 08, 単行本(学術書), 共著, 上里一郎 岡本 祐子 , 995
  25. 2004年09月, 傷つけ傷つく青少年の心 --発達臨床心理学的考察-- , 北大路書房, 2004年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 伊藤美奈子 宮下一博 岡本 祐子 , 145
  26. 2004年08月, よくわかる発達心理学 , ミネルヴァ書房, 2004年, 08, 単行本(一般書), 編著, 無藤隆 岡本 祐子 , 280
  27. 2004年03月, キーワード・コレクション 発達心理学 改訂版 , 新曜社, 2004年, 03, 単行本(学術書), 共著, 岡本 祐子 無籐隆 子安増生 二宮克美 , 350
  28. 2004年03月, いじめ・いじめられる青少年の心:発達臨床心理学的考察 , 北大路書房, 2004年, 03, 単行本(学術書), 編著, 坂西友秀 岡本 祐子 , 155
  29. 2003年03月, ひきこもる青少年のこころ--発達臨床心理学的考察-- , 北大路書房, 2003年, 03, 単行本(学術書), 編著, 岡本 祐子 宮下一博 , 132
  30. 2003年08月, 会社と個人を元気にするキャリア・カウンセリング , 日本経済新聞社, 2003年, 08, 単行本(一般書), 共編著, 岡本 祐子 金井壽宏 倉光修 , 293
  31. 2002年12月, アイデンティティ生涯発達論の射程 , ミネルヴァ書房, 2002年, 12, 単行本(学術書), 編著, 岡本 祐子 , 310
  32. 2002年08月, キレる青少年のこころ--発達臨床心理学的考察-- , 北大路書房, 2002年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 宮下一博 大野久 岡本 祐子 , 132
  33. 2002年03月, 新女性のためのライフサイクル心理学 , 福村出版, 2002年, 03, 単行本(学術書), 編著, 岡本 祐子 松下美知子 , 250
  34. 2002年11月, アイデンティティ研究の展望6巻 , ナカニシヤ出版, 2002年, 11, 単行本(学術書), 編著, 鑪幹八郎 岡本 祐子 宮下一博, 425
  35. 2001年11月, 講座 臨床心理学 5巻 発達臨床心理学 , 東京大学出版会, 2001年, 11, 共編著, 岡本 祐子
  36. 2001年03月, 発達心理学(下) , ナカニシヤ出版, 2001年, 03, 単行本(一般書), 共編著, 岡本 祐子
  37. 2000年11月, 青年心理学事典 , 福村出版, 2000年, 11, 共編著, 岡本 祐子
  38. 1999年08月, 女性の生涯発達とアイデンティティ , 北大路書房, 1999年, 08, 単行本(学術書), 編著, 岡本 祐子 , 265
  39. 1999年06月, アイデンティティ研究の展望5-2 , ナカニシヤ出版, 1999年, 06, 単行本(学術書), 編著, 鑪幹八郎 宮下一博 岡本 祐子, 442
  40. 1998年10月, アイデンティティ研究の展望 第5-1巻 , ナカニシヤ出版, 1998年, 10, 単行本(学術書), 編著, 鑪幹八郎 宮下一博 岡本 祐子, 520
  41. 1997年06月, 中年からのアイデンティティ発達の心理学 , ナカニシヤ出版, 1997年, 06, 単行本(学術書), 単著, 岡本 祐子 , 235
  42. 1997年07月, アイデンティティ研究の展望4 , ナカニシヤ出版, 1997年, 07, 単行本(学術書), 編著, 鑪幹八郎 宮下一博 岡本 祐子, 542
  43. 1995年11月, アイデンティティ研究の展望3 , ナカニシヤ出版, 1995年, 11, 単行本(学術書), 編著, 鑪幹八郎 宮下一博 岡本 祐子, 320
  44. 1995年03月, アイデンティティ研究の展望2 , ナカニシヤ出版, 1995年, 03, 単行本(学術書), 編著, 鑪幹八郎 宮下一博 岡本 祐子, 360
  45. 1995年03月, アイデンティティ研究の展望1 , ナカニシヤ出版, 1995年, 03, 単行本(学術書), 編著, 鑪幹八郎 山本力 宮下一博 岡本 祐子, 372
  46. 1994年02月, 成人期における自我同一性の発達過程とその要因に関する研究 , 風間書房, 1994年, 02, 単行本(学術書), 単著, 岡本 祐子 , 320
  47. 1994年04月, 女性のためのライフサイクル心理学 , 福村出版, 1994年, 04, 単行本(学術書), 編著, 岡本 祐子 松下美知子 , 230
  48. 2000年08月, シリーズ 人間と性格 第2巻 性格の発達 , ブレーン出版, 2000年, 08, 共編著, 岡本 祐子
  49. 1999年05月, アイデンティティ , 日本評論社, 1999年, 05, 共編著, 岡本 祐子
  50. 1998年01月, 精神分析的心理療法の手引き , 誠信書房, 1998年, 01, 共編著, 岡本 祐子
  51. 2000年01月, メンタルヘルス事典 , 同朋社, 2000年, 01, 共編著, 岡本 祐子
  52. 2000年09月, 家庭・技術科 重要用語300の基礎知識 , 明治図書出版, 2000年, 09, 編著, 岡本 祐子
  53. 1999年12月, カウンセリング事典 , ミネルヴァ書房, 1999年, 12, 共編著, 岡本 祐子
  54. 1999年06月, 家族心理学事典 , 金子書房, 1999年, 06, 共編著, 岡本 祐子
  55. 1999年08月, 教育相談 重要用語300の基礎知識 , 明治図書出版, 1999年, 08, 共編著, 岡本 祐子
  56. 1998年01月, 性格心理学ハンドブック , 福村出版, 1998年, 01, 共編著, 岡本 祐子
  57. 1998年05月, 教育心理学: 発達と臨床援助の心理学 , 東京大学出版会, 1998年, 05, 共編著, 岡本 祐子
  58. 1998年01月, 家庭科教育実践講座 第1巻 新しい時代の家庭科教育 , 日本教文社, 1998年, 01, 共編著, 岡本 祐子
  59. 1997年05月, 高齢者教育論 , 東信堂, 1997年, 05, 共編著, 岡本 祐子
  60. 1996年01月, 心理学者 教育評価を語る , 北大路書房, 1996年, 01, 共編著, 岡本 祐子
  61. 1995年10月, 講座生涯発達心理学 第4巻 自己への問い直し:青年期 , 金子書房, 1995年, 10, 共著, 岡本 祐子
  62. 1995年11月, 講座生涯発達心理学 第5巻 老いることの意味:中年・老年期 , 金子書房, 1995年, 11, 共著, 岡本 祐子
  63. 1991年12月, 人生移行の発達心理学 , 北大路書房, 1991年, 12, 共編著, 岡本 祐子
  64. 1991年03月, 発達心理学用語辞典 , 北大路書房, 1991年, 03, 共編著, 岡本 祐子
  65. 1990年12月, 臨床心理学体系 第3巻 ライフサイクル , 金子書房, 1990年, 12, 共編著, 岡本 祐子
  66. 1986年03月, 学校心理学 , 東信堂, 1986年, 03, 共編著, 岡本 祐子
  67. 1984年08月, 自我同一性研究の展望 , ナカニシヤ出版, 1984年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 岡本 祐子
  68. 1983年08月, 恥とアイデンティティ , 北大路書房, 1983年, 08, 共訳, 岡本 祐子
  69. 1981年06月, ブレイクダウン―ある心理学者の入院体験― , 北大路書房, 1981年, 06, 岡本 祐子
  70. 1980年03月, 教育・臨床心理学辞典 , 北大路書房, 1980年, 03, 共編著, 岡本 祐子
  71. 1999年06月, まちづくり曼荼羅-ボランティアからNPOへのひろがり- , 大学教育出版, 1999年, 06, 単行本(学術書), 共編著, 岡本 祐子
  72. 1998年04月, 人間生活学-生活における共生の理念と実践- , 北大路書房, 1998年, 04, 単行本(一般書), 編著, 岡本 祐子
  73. 1991年04月, 心理学概説 , ナカニシヤ出版, 1991年, 04, 単行本(一般書), 共編著, 岡本 祐子
  74. 1989年05月, 青年心理学要論 , 北大路書房, 1989年, 05, 単行本(一般書), 共編著, 岡本 祐子
  75. 2002年10月, 現代人の心と支援シリーズ 4巻:成人期・老年期 健康と生き方を考える , 慶応大学出版会, 2002年, 10, 単行本(一般書), 共編著, 教育と医学の会 岡本 祐子 , 350
  76. 2005年09月, 心理療法ハンドブック , 創元社, 2005年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 乾吉佑 岡本 祐子 , 606
  77. 2012年09月, 高齢者心のケアの実践(下): 認知症ケアのためのリハビリテーション, 創元社, 2012年, 09, 単行本(一般書), 共編著, 148
  78. 2016年10月03日, はじめての死生心理学, はじめての死生心理学, 新曜社, 2016年, 201610, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 川島大輔・近藤恵・岡本祐子・浦田悠, 306
  79. 2018年11月15日, 教師教育講座 教育相談 改訂版, 共同出版, 2018年11月15日, 教科書, 共著, 日本語, 石田弓,岡本祐子,児玉憲一, ISBN978-4-319-10680-6, 222, 15
  80. 2018年11月30日, 質的心理学辞典, 新曜社, 2018年, 201811, 事典・辞書, 共著, 日本語, 能智正博,岡本祐子, ISBN978-4-7885-1601-4, 419, 31, 124
  81. 2018年11月30日, 質的心理学辞典, 新曜社, 2018年11月30日, 事典・辞書, 共著, 日本語, 能智正博・川島大輔・サトウタツヤ・岡本祐子他, 417, 3

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 21世紀のアイデンティティと世代継承性―現代社会におけるアイデンティティの根・幹と枝の伸びる先-, 岡本祐子, 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月26日, 招待, 日本語, 日本発達心理学会第28回大会, 広島市
  2. ライフサイクルの「はめば歯車」とトラウマの世代継承: Eriksonの人生と仕事の省察, M. Gerard Fromm, 岡本祐子, 日本発達心理学会28回大会, 2017年03月26日, 招待, 英語, 日本発達心理学会28回大会, 広島市
  3. Examining the continuing bonds between deceased crime victims and their bereaved who conduct a social movement., 太田美里・岡本祐子, The 15th European Cogress of Psychology, 2017年07月15日, 通常, 英語, Amsterdam, Nerderland
  4. How case experience affects clinical psychologists' professional identity formation, Manabe, I. & Okamoto, Y., The 15th European Congress of Psychology, 2017年07月13日, 通常, 英語, European Congress of Psychology, Amsterdam, Netherlands
  5. 意味付けに影響を与えるソーシャル・サポート機能の検討―性差に着目して―, 太田美里・岡本祐子, 神戸国際会議場, 2018年09月02日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 神戸市
  6. "もの忘れ"の背景にあるもの―高齢者に対する精神分析的理論に基づく心理療法―, 植田裕吾, 岡本祐子(指定討論), 神戸国際会議場, 2018年09月01日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 神戸市
  7. アイデンティティ論から見たプロフェッションの生成と深化―「人」と「専門性」を育てる基盤―, 岡本祐子, 日本ヒューマン・ケア心理学会第18回大会, 2016年09月24日, 招待, 日本語, 埼玉県立大学
  8. 境界性人格障害と治療抵抗: 生物-心理-社会モデルの再発見, エリック M. プレイカン, 岡本祐子(企画・司会), 国際心理学会第31回大会, 2016年07月28日, 招待, 英語, 国際心理学会, 横浜
  9. Achievement and succession of professional identity: The cases of ceramic artist and psychotherapist., 岡本祐子, Erikson Scholar Seminar in Austen Riggs Center, 2012年09月17日, 招待, 英語, Austen Riggs Center
  10. Psychodynamic understanding and psychotherapy of middle age crisis: The meaning of re-writing and re-creating the life stories., 岡本祐子, Erikson Scholar Seminar in Austen Riggs Center, 2012年09月11日, 招待, 英語, Austen Riggs Center
  11. Identity crises and development in middle age., 岡本 祐子, Erikson Scholar Seminar in Austen Riggs Center, 2012年09月03日, 招待, 英語, Austen Riggs Center
  12. 危機を迎える前に30代でやるべきこと: 「健康な自我」と「柔軟性」がキーワード. ., 岡本祐子, 2014年07月07日, 招待, 日本語, 日経ウーマン・オンライン, 日経オンライン, その他
  13. 女性が持つ男らしさ,女らしさを使いこなす: ミッドライフ・クライシスは男性性と女性性の均衡が入れ替わるタイミング., 岡本祐子, 2014年06月30日, 招待, 日本語, 日経ウーマン・オンライン,日経オンライン, その他
  14. 「自分らしさ」を見直して危機を脱出しよう: 「でもまあいい人生だった」と思えれば脱出できる., 岡本祐子, 2014年06月23日, 招待, 日本語, 日経ウーマン・オンライン, 日経オンライン, その他
  15. 複雑な女性の「ミッドライフ・クライシス」: キャリア女性は「仕事だけ」に,主婦は「キャリアのなさ」に悩む., 岡本祐子, 20141002, 2014年06月16日, 招待, 日本語, 日経ウーマン・オンライン, 日経オンライン,, その他
  16. 30代から知りたい「中年の危機」: 「大人の心の危機」の乗り越え方とは., 岡本祐子, 2014年06月09日, 招待, 日本語, 日経ウーマン・オンライン,日経オンライン, その他
  17. 師弟関係を通じたProfessionの生成と継承: Generativity(世代継承性)のミクロとマクロな視点, 岡本 祐子, 第8回日本質的心理学会, 2011年11月, 招待, 日本語
  18. 職人のProfessional Work を支える「神話」の風土, 岡本 祐子, 第3回ミソドラマ・コングレス, 2011年11月, 招待, 日本語
  19. 働く人のアイデンティティの確立と再構築: 中年期・現役引退期の壁を越える, 岡本 祐子, 日本産業カウンセリング学会, 2011年02月, 招待, 日本語
  20. 高齢期における心の居場所と心理臨床: ライフサイクルのテーマと他者とのつながりを支える「場」, 岡本 祐子, 第20回心の健康会議「安心・完全のまちづくりと臨床心理士」(日本臨床心理士資格認定協会 主催), 2010年03月, 招待, 日本語
  21. 高齢者の就労の心理的意義と課題: 高齢期の心理社会的課題の達成における働くことの意味, 岡本 祐子, 日本労務学会第31回大会, 2009年08月, 招待, 日本語
  22. 質的研究法から見た事例研究の可能性-アイデンティティ生涯発達研究と中年期心理臨床実践から-, 岡本 祐子, 日本質的心理学会, 2005年01月, 招待, 日本語
  23. 臨床心理学から見た更年期女性の危機と発達, 岡本 祐子, 日本更年期医学会, 2004年10月, 招待, 日本語
  24. ケア論から成人期の発達をとらえる試み, 岡本 祐子, 日本教育心理学会, 2003年08月, 招待, 日本語
  25. アイデンティティ生涯発達論から見た中年期, 岡本 祐子, 日本認定心理士会中国四国心理学会, 2002年11月, 招待, 日本語
  26. アイデンティティ生涯発達論から見た青年期, 岡本 祐子, 日本青年心理学会, 2001年10月, 招待, 日本語
  27. 現代女性のライフサイクルと心の危機, 岡本 祐子, 日本女性会議全国大会, 2000年11月, 招待, 日本語
  28. アイデンティティ論から見た生涯発達とキャリア形成, 岡本 祐子, 日本能率協会キャリア研究会議, 2000年08月, 招待, 日本語
  29. アイデンティティ論から見た女性の生涯発達, 岡本 祐子, 資生堂ビューティサイエンス研究所講演会, 2000年06月, 招待, 日本語
  30. アイデンティティ理論の再考と生涯発達研究への応用可能性, 岡本 祐子, 日本発達心理学会, 2000年03月, 招待, 日本語
  31. 共生時代における心の発達とボランティア活動, 岡本 祐子, ボランティア・パワーアップ講座 公開講演会, 2000年03月, 招待, 日本語
  32. カウンセラーの見る心の風景, 岡本 祐子, 広島大学放送公開講座, 1999年11月, 招待, 日本語
  33. 青年心理学の将来と可能性, 岡本 祐子, 日本青年心理学会, 1999年10月, 招待, 日本語
  34. 中年期・老年期の心の危機と援助, 岡本 祐子, 広島高等裁判所, 1999年10月, 招待, 日本語
  35. 高齢少子化社会における自分らしい生き方の創造, 岡本 祐子, ウィメンズ広島カレッジ 基調講演公開シンポジウム, 1999年09月, 招待, 日本語
  36. アイデンティティ論から見た女性の生涯発達, 岡本 祐子, 日本教育心理学会, 1999年08月, 招待, 日本語
  37. Reconsideration on the spiral model of identity development in adulthood., 岡本 祐子, 日本発達心理学会, 1999年07月, 招待, 英語
  38. 高齢少子化社会における女性の生きがいと心の発達, 岡本 祐子, 日本発達心理学会, 1998年11月, 招待, 日本語
  39. 高齢期の精神的健康と家族の役割, 岡本 祐子, 広島県高齢者健康福祉大学校講座, 1997年07月, 招待, 日本語
  40. 現代ボランティア論, 岡本 祐子, 中国地区大学放送講座, 1996年11月, 招待, 日本語
  41. 中年期の危機とカウンセリング, 岡本 祐子, 日本産業カウンセラー協会研修会, 1996年11月, 招待, 日本語
  42. もうひとつの心理学をめざして: 心理学とフェミニズムの視点, 岡本 祐子, 日本教育心理学会, 1996年11月, 招待, 日本語
  43. 子供・親・教師 -学校は今!!-, 岡本 祐子, 広島大学公開講座, 1996年10月, 招待, 日本語
  44. 高齢期の精神的健康と家族の役割, 岡本 祐子, 広島県高齢者健康福祉大学校講座, 1996年07月, 招待, 日本語
  45. 特異なバウム事例に見られる夢体験とアイデンティティの特徴., 森田修平・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月20日, 通常, 日本語, 東京
  46. 虐待と解離における関連性の再検討-メタ分析による専攻研究の統合を 踏まえて-, 池田龍也・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月21日, 通常, 日本語, 東京
  47. 多元的アイデンティティにおけるアイデンティティ形成., 木谷智子・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 東京
  48. 自己愛的脆弱性,自我脅威状況に対する認知的評価,対処方略,ストレス反応の関連., 中嶋夕湖・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 東京
  49. 現役引退期のアイデンティティ再体制化プロセスと類型の検討., 下田千尋・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 東京
  50. 青年期における境界例申請と対象関係,およびアイデンティティとの関連., 山崎恵莉菜・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月20日, 通常, 日本語, 東京
  51. 特異なバウム事例に見られる夢体験とアイデンティティの特徴., 森田修平・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月20日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 東京大学
  52. 多元的アイデンティティにおけるアイデンティティ形成, 木谷智子・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 東京大学
  53. 自己愛的脆弱性,自我脅威状況に対する認知的評価,対処方略,スト レス反応の関連, 中嶋夕湖・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 東京大学
  54. 現役引退期のアイデンティティ再体制化プロセスと類型の検討, 下田千尋・岡本祐子, 日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 東京大学
  55. 援助者のアイデンティティ形成に寄与する援助の受けての貴重性-援助場面の"関係性”の構成要素から- , 眞鍋一水・内田利広・岡本祐子, 日本心理臨床学会第34回大会, 2015年09月20日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 神戸国際会議場
  56. 出来事の属性と外傷後ストレス反応および解離の関連:アソシエーション分析による探索的検討, 池田龍也・岡本祐子, 日本心理臨床学会第34回大会, 2015年09月20日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 神戸国際会議場
  57. アイデンティティタイプにおける活動の取り組み方の検討, 木谷智子・岡本祐子, 日本心理臨床学会第34回大会, 2015年09月20日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 神戸国際会議場
  58. 通常, 日本語
  59. 自己志向的完全主義の発展に影響を与える要因の検討―社会的期待モデルに着目して―, 杉山瑞歩・岡本祐子, 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月25日, 通常, 日本語
  60. 青年期の男性同性愛者・両性愛者の性的目覚めから性的指向の開示に至るプロセス, 高藤真作・岡本祐子, 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 広島
  61. 犯罪被害者遺族の回復プロセスの検討―なぜ遺族は社会活動を行うのか―, 太田美里・岡本祐子・野仲真理子, 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 広島市
  62. セクシュアル・アイデンティティ発達とカミングアウトの関連, 野仲真理子・岡本祐子・太田美里, 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月27日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 広島市
  63. 葛藤の対象に怒りを向けることと予期悲嘆, 飯塚暁子・岡本祐子, 日本心理臨床学会第36回大会, 2017年11月20日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 横浜
  64. 男性同性愛者の内在化された同性愛嫌悪の変容課程の検討, 高藤真作・岡本祐子, 神戸国際会議場, 2018年09月02日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 神戸市
  65. 男性同性愛者の同性愛嫌悪の内在化の検討, 高藤真作・岡本祐子, 日本心理臨床学会第36回大会, 2017年11月19日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 横浜市
  66. 自己の多面性がアイデンティティを介して抑うつに与える影響の検討, 木谷智子・岡本祐子, 中国四国心理学会, 2017年, 通常, 日本語, 中国四国心理学会
  67. 重度障碍者きょうだいの家族サブシステム―きょうだいから見たサブシステムと母親から見たサブシステムは異なるのか―, 髙野恵代・岡本祐子, 髙野恵代・岡本祐子, 日本発達心理学会第30回大会, 2019年03月17日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 東京, プレプリント
  68. キャラを介した友人関係とセルフ・モニタリング特性との関連―中学生と大学生の比較―, 村井史香・岡本祐子・太田正義・加藤弘通, 村井史香・岡本祐子・太田正義・加藤弘通, 日本発達心理学会第30回大会, 2019年03月18日, 通常, 日本語, 日本発達心理学会, 東京
  69. 大学・大学院における公認心理師教育への対応と工夫, 岡本祐子・宮崎昭・藤城有美子・野島一彦, パシフィコ横浜(横浜市), 2019年06月09日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 横浜市
  70. 心理臨床をテーマに質的研究を学ぶ, 能智正博・青木紀久代・岡本祐子, 日本心理臨床学会第38回大会, 2019年06月07日, 通常, 日本語, 日本心理臨床学会, 横浜市

受賞

  1. 2012年08月, Erikson Scholar, Austen Riggs Center, The lifelong development of identity annd psychotherapy on the basis of developmental crises

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 心理臨床家と工芸職人の専門家アイデンティティの世代継承性:継承プロセスと心理力動, 2018年, 2020年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 心理臨床家と伝統工芸職人の専門的経験の世代継承性に関する発達臨床心理学的研究, 2013年, 2016年
  3. 海外からの助成金 Erikson Scholar at Austen Riggs Center, USA., Generativity on Professional Identity, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 3専門職種における生成継承性の心理的特質と発達過程に関する研究, 2009年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 多文化横断ナラティヴ・フィールドワークによる臨床支援と対話教育法の開発, 2008年, 2012年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 中年期のアイデンティティ危機様態の発達臨床的理解と援助に関する研究, 2006年, 2008年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 「個」と「関係性」から見た成人期のアイデンティティ発達・変容過程に関する研究, 2003年, 2005年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ライフスタイルとケア役割から見た成人女性のアイデンティティ発達過程に関する研究, 1999年, 2001年
  9. 科学研究費助成事業(国際学術研究), 女性のライフサイクルから見た教育課題に関する日中共同研究:少子化・高齢化への対応, 1997年, 1999年
  10. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 成人女性のアイデンティティ発達過程と危機様態に関する研究, 1995年, 1997年
  11. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), ライフサイクルにおけるアイデンティティの再編過程に関する研究, 1993年, 1995年
  12. 研究助成金, 中年企業人を支える教育プログラムの開発, 2014年, 2016年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本心理学会 理事, 2017年06月, 2020年06月, 日本心理学会
  2. 日本心理臨床学会 理事, 2016年05月, 2019年04月, 日本心理臨床学会
  3. 公認心理師養成機関連盟 理事, 2018年06月, 公認心理師養成機関連盟
  4. 日本心理臨床学会カリキュラム委員会委員, 2018年05月, 2020年05月, 日本心理臨床学会
  5. 日本心理臨床学会国際交流委員会委員, 2018年05月, 2020年05月, 日本心理臨床学会
  6. 日本心理臨床学会研究推進事業委員会委員, 2018年05月, 2020年05月, 日本心理臨床学会
  7. 広島県臨床心理士会 副会長・理事, 2018年04月, 2021年03月, 広島県臨床心理士会
  8. 広島少年院・木船原少女苑視察委員会委員, 2018年04月, 2019年03月
  9. 日本心理臨床学会カリキュラム委員会委員, 2016年05月
  10. 日本心理臨床学会学会賞・奨励賞選考委員, 2016年05月, 2019年05月
  11. 日本心理臨床学会 国際交流助成選考委員会, 2016年05月, 2019年05月, 日本心理臨床学会
  12. 日本学術振興会科学研究費審査委員会 委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本学術振興会
  13. 日本学術会議連携会員, 2008年10月, 2014年09月, 日本学術会議
  14. 日本心理臨床学会代議員会, 2017年05月, 2020年05月, 日本心理臨床学会
  15. 日本発達心理学会編集委員, 1997年04月, 2020年03月, 日本発達心理学会
  16. 日本青年心理学会編集委員, 1996年04月, 2019年03月, 日本青年心理学会
  17. 日本学術振興会科学研究費審査委員会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本学術振興会
  18. 日本心理臨床学会代議員, 2012年05月, 2020年05月, 日本心理臨床学会
  19. 日本心理学会代議員, 2003年06月, 2020年06月, 日本心理学会
  20. 文部科学省委託事業「青少年体験活動推進プロジェクト」委員長, 2008年04月, 2011年03月, 文部科学省・広島県教育委員会
  21. 文部科学省委託事業「青少年の自立支援プロジェクト」委員長, 2005年04月, 2008年03月, 文部科学省・広島県教育委員会
  22. 職員研修会指導講師, 2013年04月, 2014年03月, (医)社団靜寿会 介護老人保健施設靜寿苑
  23. 博士論文予備審査委員, 2013年02月, 2013年06月, 青山学院大学大学院社会情報学研究科
  24. 職員研修会指導講師, 2014年04月, 2015年03月, (医)社団靜寿会 介護老人保健施設靜寿苑
  25. 職員研修会指導講師, 2016年04月, 2017年03月, (医)社団靜寿会 介護老人保健施設靜寿苑
  26. 日本心理臨床学会代議員, 2014年, 2016年, 日本心理臨床学会
  27. 日本心理臨床学会学会誌編集協力委員, 2003年, 日本心理臨床学会
  28. 客員教授, 2017年06月, 2018年03月, 放送大学学園
  29. 広島少年院・貴船原少女苑視察委員会, 2017年04月, 2018年03月, 広島少年院
  30. 日本臨床心理士会 代議員, 2019年04月

学術会議等の主催

  1. 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月, 2017年03月
  2. 第24回広島大学心理臨床セミナー「体験の語りを聴く―ナラティブ・アプローチは心理臨床にどのように用いられるのか―」, 2017年12月, 2017年12月
  3. 広島大学心理臨床センター国際セミナー, 2016年08月, 2016年08月
  4. 第31回国際心理学会, プログラム委員, 2016年07月, 2016年08月
  5. Austen Riggs Center・ 広島大学心理臨床教育研究センター国際セミナー, 2009年03月, 2009年03月
  6. 日本青年心理学会第15回大会, 大会実行委員長, 2007年11月, 2007年11月
  7. 日本質的心理学会第8回大会, 大会実行委員長, 2011年11月, 2011年11月
  8. 日本公認心理師養成機関連盟 第2回研修会, 2019年02月, 2019年02月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 高校生のための心理学講座, 臨床心理学から心をみ(見・観・看・覧・診)る, 高大連携公開講座・広島大学, 2019年/09月/21日, 講師, 講演会, 高校生
  2. 第1回ファミリーソーシャルワーク研修会, 親子共依存の理解と支援―「見えにくい」子ども虐待―, (一般社団法人)山口県社会福祉士会, 2017年/07月/09日, 山口県身体障碍者福祉センター, 講師, 講演会, 学術団体
  3. 第23回心理臨床セミナー「心の傷とその癒し」, 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 2016年/11月/20日, 2016年/11月/20日, 広島市, 出演, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  4. 第22回広島大学心理臨床セミナー, 「現場に実践可能なストレスマネジメント技法: 主体性を活かす身体へのアプローチ」, 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 2015年/10月/24日, 2015年/11月/22日, 広島県社会福祉会館, 出演, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  5. 奈良女子大学男女共同参画推進機構講演会, 女性の生涯発達とアイデンティティ: 現代の「個」と「関係性」をめぐって, 奈良女子大学男女共同参画推進機構, 2015年/10月/30日, 奈良女子大学, 講師, 講演会, 教育関係者
  6. 岡山大学大学院教育学研究科教育臨床学コース記念講演会, アイデンティティ論から見た中年期の危機と発達, 岡山大学大学院教育学研究科教育臨床学コース, 2015年/08月/23日, 2015年/08月/23日, 岡山大学, 講師, 講演会, 教育関係者
  7. 第21回心理臨床セミナー「発達障害の理解と支援」, 教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 2014年/11月/22日, 出演, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  8. 高校生のための心理学講座, 日本心理学会・広島大学教育学研究科(共催), 2014年/09月/14日, 広島大学, 講師, 講演会, 高校生
  9. 高等学校教員のための指導力向上セミナー「高校生のためのキャリア教育のヴィジョン」, 広島大学教育学研究科, 2014年/03月/21日, 名古屋市, 講師, 講演会, 教育関係者
  10. 中国地区附属学校園校長会「心理臨床からみた児童・生徒の保護者に対する理解」, 広島大学教育学部附属三原中学校, 2014年/08月/07日, 講師, 講演会, 教育関係者
  11. 第20回心理臨床セミナー「高齢者の心の理解と支援: 認知症をめぐって」, 教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 2013年/10月/26日, 出演, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  12. 第19回広島大学心理臨床セミナー「子どもの鬱と不安へのエビデンスベイストアプローチ」, 教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 2012年/10月/27日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, 研究者
  13. 第18回広島大学心理臨床セミナー「職場のメンタルヘルス」, 教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 2011年/11月/27日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  14. 発達臨床心理学から見たキャリア・アイデンティティの開発, 経営研究所, 経営研究所キャリア開発・人事戦略研究会, 2004年/02月, 研究者
  15. 教師の人生とアイデンティティ, 岡山大学教育実践総合センター, 岡山大学教育実践総合センター教員研修会, 2003年/08月, 教育関係者
  16. 素敵に老いるために-中高年を科学する-, 広島大学, 広島大学放送公開講座, 2002年/09月/01日, 2002年/11月/20日, 講師
  17. アイデンティティ論から見たキャリア形成, 日本産業カウンセラー協会, 平成14年度総会, 2002年/06月, その他
  18. アイデンティティ論から見た中年期のキャリア発達, 日本能率協会マネジメント・センター, 日本能率協会研究会議, 2000年/08月, 2004年/01月, 社会人・一般
  19. (株)リクルート・ワークス研究所, 女性企業人のキャリア・アイデンティティの達成についての研究支援, 助言・指導
  20. "素敵に老いるために 「新しい自分の発見」他", 広島大学, 広島大学テレビセミナー, 2003年/10月/01日, 2003年/10月/01日, 講師
  21. アイデンティティ生涯発達論の射程と展開, 京都ノートルダム女子大学, 自己意識研究会, 2003年/12月, 研究者
  22. 浅口市公立小・中学校校長会・教育委員会研修会, 教師の人生とアイデンティティ, 浅口市公立小・中学校校長会・教育委員会, 2015年/11月/16日, 寄島中学校, 講師, 講演会, 教育関係者
  23. 高校生のための心理学講座, 臨床心理学からこころを見る, (公)日本心理学会, 2015年/09月/12日, 広島大学, 講師, 講演会, 高校生
  24. 広島心理臨床大学院合同研究会第9会大会, 広島大学大学院教育学研究科心理臨床学コース, 2015年/09月/13日, 広島大学, 企画, セミナー・ワークショップ, 大学院生
  25. 社会教育主事講習, ライフサイクルと生涯学習, 広島大学, 2018年/08月/23日, 広島大学教育学研究科, 講師, 資格認定講習, 教育関係者
  26. 広島カウンセリング・スクール研修会, 中年期の危機と心理臨床, 広島カウンセリング・スクール, 2018年/06月/02日, 中国新聞社, 講師, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, Online Journal of Japanese Clinical Psychology, 編集員, 査読委員, 1
  2. 2018年, 産業・組織心理学研究, 編集員, 査読委員, 1
  3. 2017年, 心理臨床学研究, 編集員, 編集協力委員, 5
  4. 2017年, 発達心理学研究, 編集員, 編集委員, 5
  5. 2017年, 青年心理学研究, 編集員, 編集委員, 8
  6. 2016年, 心理臨床学研究, 編集員, 3
  7. 2016年, 発達心理学研究, 編集員, 8
  8. 2016年, 青年心理学研究, 編集員, 4
  9. 2015年, 心理臨床学研究, 編集員, 4
  10. 2015年, 発達心理学研究, 編集員, 5
  11. 2015年, 青年心理学研究, 編集員, 6
  12. 2014年, 心理臨床学研究, 編集員, 3
  13. 2014年, 発達心理学研究, 編集員, 5
  14. 2014年, 青年心理学研究, 編集員, 3