宮本 達雄TATSUO MIYAMOTO

Last Updated :2018/09/03

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 ゲノム障害医学研究センター 准教授
ホームページ
メールアドレス
t-miyamotohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 広島大学, 特別研究員
  • 2008年04月01日, 2008年07月31日, 日本学術振興会, 特別研究員PD
  • 2008年08月01日, 2013年11月30日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助教
  • 2013年12月01日, 2018年07月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 講師
  • 2018年08月01日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 准教授

学歴

  • 京都大学, 医学研究科, 分子医学系専攻, 日本, 2003年04月, 2007年03月

学位

  • 博士(医学) (京都大学)
  • 修士(医科学) (京都大学)

教育担当

  • 医学部:医学科, 医歯薬保健学研究科:医歯科学専攻, 医歯薬保健学研究科:医歯薬学専攻

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学

研究キーワード

  • 中心体
  • ゲノム不安定性
  • 細胞骨格
  • 繊毛病

所属学会

  • 日本人類遺伝学会
  • 日本癌学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本ゲノム編集学会
  • 米国人類遺伝学会
  • 日本放射線影響学会

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  2. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  3. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  4. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  5. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, PLK1-mediated phosphorylation of WDR62/MCPH2 ensures proper mitotic spindle orientation, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 26巻, 22号, pp.4429-pp.4440, NOV 15 2017
  2. Cytoskeleton-related regulation of primary cilia shortening mediated by melanin-concentrating hormone receptor 1., General and comparative endocrinology, 2017
  3. ★, Evaluation of ATM heterozygous mutations underlying individual differences in radiosensitivity using genome editing in human cultured cells., Scientific reports, 7巻, 1号, 2017
  4. Functional consequence of fibulin-4 missense mutations associated with vascular and skeletal abnormalities and cutis laxa, MATRIX BIOLOGY, 56巻, pp.132-pp.149, DEC 2016
  5. Analysis of individual differences in radiosensitivity using genome editing., Ann ICRP, pp.in press-pp.in press
  6. Cilia play a role in breaking left-right symmetry of the sea urchin embryo, GENES TO CELLS, 21巻, 6号, pp.568-pp.578, JUN 2016
  7. Ciliopathy in PCS (MVA) syndrome., Oncotarget, 6巻, 28号, 2015
  8. ★, YAP is essential for tissue tension to ensure vertebrate 3D body shape, NATURE, 521巻, 7551号, pp.217-pp.+, MAY 14 2015
  9. ★, The Microtubule-Depolymerizing Activity of a Mitotic Kinesin Protein KIF2A Drives Primary Cilia Disassembly Coupled with Cell Proliferation, CELL REPORTS, 10巻, 5号, pp.664-pp.673, FEB 10 2015
  10. ★, TALEN-mediated single-base-pair editing identification of an intergenic mutation upstream of BUB1B as causative of PCS ( MVA) syndrome, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 111巻, 4号, pp.1461-pp.1466, JAN 28 2014
  11. Zinc-finger nuclease-mediated targeted insertion of reporter genes for quantitative imaging of gene expression in sea urchin embryos, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109巻, 27号, pp.10915-pp.10920, JUL 3 2012
  12. Insufficiency of BUBR1, a mitotic spindle checkpoint regulator, causes impaired ciliogenesis in vertebrates, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 20巻, 10号, pp.2058-pp.2070, MAY 15 2011
  13. Efficient TALEN construction and evaluation methods for human cell and animal applications, GENES TO CELLS, 18巻, 4号, pp.315-pp.326, APR 2013
  14. Repeating pattern of non-RVD variations in DNA-binding modules enhances TALEN activity, SCIENTIFIC REPORTS, 3巻, NOV 29 2013
  15. Two unrelated patients with MRE1 1A mutations and Nijmegen breakage syndrome-like severe microcephaly, DNA REPAIR, 10巻, 3号, pp.314-pp.321, MAR 7 2011
  16. In vivo imaging of tight junctions using claudin-EGFP transgenic medaka., Methods in Molecular Biology, 20110901
  17. HpSulf, a heparan sulfate 6-O-endosulfatase, is involved in the regulation of VEGF signaling during sea urchin development, MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 127巻, 3-4号, pp.235-pp.245, MAR-APR 2010
  18. Generation of transgenic medaka expressing claudin7-EGFP for imaging of tight junctions in living medaka embryos., Cell Tissue Res., 335巻, 2号, pp.465-pp.471, 20090201
  19. ★, Tight junctions in Schwann cells of peripheral myelinated axons: a lesson from claudin-19-deficient mice., J Cell Biol., 169巻, 3号, pp.527-pp.538
  20. ★, Compartmentalization established by claudin-11-based tight junctions in stria vascularis is required for hearing through generation of endocochlear potential., J Cell Sci, 117巻, pp.5087-pp.5096
  21. ヒト培養細胞における1本鎖DNAを用いた簡便な放射線感受性候補SNP導入法の開発, 広島医学, 69巻, 4号, pp.273-pp.276
  22. Seckel症候群, 小児科診療, 79巻, pp.61-pp.61
  23. PCS(MVA)症候群, 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ, 29巻, pp.411-pp.414
  24. DNA修復障害概論, 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ, 28巻, pp.617-pp.620
  25. 放射線感受性SNPの定量的評価系構築のためのヒト培養細胞における一塩基編集法の確立, 長崎医学会雑誌, pp.58-pp.62, 20140925
  26. 細胞増殖に連動した分裂期キネシン分子KIF2Aによる繊毛退縮機構, 広島医学, 67巻, 4号, pp.320-pp.323, 20140401
  27. ゲノム安定性を司る紡錘体チェックポイント因子BUBR1の間期中心体機能, 長崎医学会雑誌, 20120901
  28. 分裂期チェックポイント分子BUBR1欠損による高発がん性と繊毛病, 広島医学, 20120401
  29. Pericentrin変異を原因とする遺伝性小頭症の患者細胞はG2/M期とG1期の細胞周期制御に異常を示す, 広島医学, 20100401
  30. 遺伝性小頭症におけるDNA損傷シグナル経路の破綻, 放射線生物研究, 20090901

著書等出版物

  1. 2016年12月10日, ゲノム編集入門, 裳華房, 2016年, 12, 単行本(学術書), 共著, 第10章 医学分野でのゲノム編集の利用

受賞

  1. 2015年11月13日, 広島大学 学長表彰, 広島大学

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島市国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」, 広島市 市民局国際平和推進部平和推進課, 2016年/07月/31日, 広島大学原医研, 講師, 講演会, メディア
  2. 広島市国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」, 広島市 市民局国際平和推進部平和推進課, 2017年/07月/31日, 2017年/07月/31日, 講師, セミナー・ワークショップ, 行政機関