宮本 達雄TATSUO MIYAMOTO

Last Updated :2020/08/03

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 准教授
ホームページ
メールアドレス
t-miyamotohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2018年08月01日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 准教授
  • 2013年12月01日, 2018年07月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 講師
  • 2008年08月01日, 2013年11月30日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助教
  • 2008年04月01日, 2008年07月31日, 日本学術振興会, 特別研究員PD
  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 広島大学, 特別研究員

学歴

  • 京都大学, 医学研究科, 分子医学系専攻, 日本, 2003年04月, 2007年03月

学位

  • 博士(医学) (京都大学)
  • 修士(医科学) (京都大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学

研究キーワード

  • 中心体
  • ゲノム不安定性
  • 細胞骨格
  • 繊毛病

所属学会

  • 日本人類遺伝学会
  • 日本癌学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本ゲノム編集学会
  • 米国人類遺伝学会
  • 日本放射線影響学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護
  2. 2020年, 修士課程・博士課程前期, ターム外(前期), ゲノム編集基礎演習
  3. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, ゲノム編集先端研究特論B

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Genome-wide association meta-analysis identifies GP2 gene risk variants for pancreatic cancer, Nature Communications, 11巻, 1号, pp. 3175, 20200624
  2. ★, Insufficiency of ciliary cholesterol in hereditary Zellweger syndrome, EMBO JOURNAL, 39巻, 12号, pp. e103499, 2020
  3. A novel CDK-independent function of p27(Kip1) in preciliary vesicle trafficking during ciliogenesis, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 527巻, 3号, pp. 716-722, 2020
  4. Space Radiation Biology for "Living in Space", BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2020巻, 20200408
  5. Applications of Genome Editing Technology in Research on Chromosome Aneuploidy Disorders, CELLS, 9巻, 1号, 202001
  6. Familial Rhabdomyosarcoma Due to Germline Bi-allelic Variants of BUB1B, PEDIATRIC BLOOD & CANCER, 66巻, pp. S69-S69, 2019
  7. Characterization of Functional Primary Cilia in Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Neurons, Neurochemical Research, 44巻, 7号, pp. 1736-1744, 2019
  8. Albatross/FBF1 contributes to both centriole duplication and centrosome separation, GENES TO CELLS, 23巻, 12号, pp. 1023-1042, 2018
  9. Updated summary of genome editing technology in human cultured cells linked to human genetics studies, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 63巻, 2号, pp. 133-143, FEB 2018
  10. Exploration of genetic basis underlying individual differences in radiosensitivity within human populations using genome editing technology, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 59巻, 2018
  11. Coordinated regulation of the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of Xenopus embryos by the BTB/POZ zinc finger protein Zbtb14, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 60巻, 3号, pp. 158-173, APR 2018
  12. PLK1-mediated phosphorylation of WDR62/MCPH2 is required for proper mitotic spindle orientation, CANCER SCIENCE, 109巻, pp. 984-984, 2018
  13. ★, PLK1-mediated phosphorylation of WDR62/MCPH2 ensures proper mitotic spindle orientation, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 26巻, 22号, pp. 4429-4440, 20171115
  14. Cytoskeleton-related regulation of primary cilia shortening mediated by melanin-concentrating hormone receptor 1., General and comparative endocrinology, 2017
  15. ★, Evaluation of ATM heterozygous mutations underlying individual differences in radiosensitivity using genome editing in human cultured cells., Scientific reports, 7巻, 1号, 2017
  16. Functional consequence of fibulin-4 missense mutations associated with vascular and skeletal abnormalities and cutis laxa, MATRIX BIOLOGY, 56巻, pp. 132-149, 201612
  17. Analysis of individual differences in radiosensitivity using genome editing., Ann ICRP, pp. in press-in press, 2016
  18. Cilia play a role in breaking left-right symmetry of the sea urchin embryo, GENES TO CELLS, 21巻, 6号, pp. 568-578, 201606
  19. Ciliopathy in PCS (MVA) syndrome., Oncotarget, 6巻, 28号, 2015
  20. ★, YAP is essential for tissue tension to ensure vertebrate 3D body shape, NATURE, 521巻, 7551号, pp. 217-+, 20150514
  21. ★, The Microtubule-Depolymerizing Activity of a Mitotic Kinesin Protein KIF2A Drives Primary Cilia Disassembly Coupled with Cell Proliferation, CELL REPORTS, 10巻, 5号, pp. 664-673, 20150210
  22. ★, TALEN-mediated single-base-pair editing identification of an intergenic mutation upstream of BUB1B as causative of PCS ( MVA) syndrome, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 111巻, 4号, pp. 1461-1466, 20140128
  23. Zinc-finger nuclease-mediated targeted insertion of reporter genes for quantitative imaging of gene expression in sea urchin embryos, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109巻, 27号, pp. 10915-10920, 20120703
  24. Insufficiency of BUBR1, a mitotic spindle checkpoint regulator, causes impaired ciliogenesis in vertebrates, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 20巻, 10号, pp. 2058-2070, 20110515
  25. Efficient TALEN construction and evaluation methods for human cell and animal applications, GENES TO CELLS, 18巻, 4号, pp. 315-326, 201304
  26. Repeating pattern of non-RVD variations in DNA-binding modules enhances TALEN activity, SCIENTIFIC REPORTS, 3巻, 20131129
  27. Two unrelated patients with MRE1 1A mutations and Nijmegen breakage syndrome-like severe microcephaly, DNA REPAIR, 10巻, 3号, pp. 314-321, 20110307
  28. In vivo imaging of tight junctions using claudin-EGFP transgenic medaka., Methods in Molecular Biology, 20110901
  29. HpSulf, a heparan sulfate 6-O-endosulfatase, is involved in the regulation of VEGF signaling during sea urchin development, MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 127巻, 3-4号, pp. 235-245, 2010
  30. Generation of transgenic medaka expressing claudin7-EGFP for imaging of tight junctions in living medaka embryos., Cell Tissue Res., 335巻, 2号, pp. 465-471, 20090201
  31. ★, Tight junctions in Schwann cells of peripheral myelinated axons: a lesson from claudin-19-deficient mice., J Cell Biol., 169巻, 3号, pp. 527-538, 2005
  32. ★, Compartmentalization established by claudin-11-based tight junctions in stria vascularis is required for hearing through generation of endocochlear potential., J Cell Sci, 117巻, pp. 5087-5096, 2004
  33. ゲノム編集技術を用いた培養細胞における疾患モデリング, 医学のあゆみ, 273巻, 9号, pp. 768-773, 20200530
  34. Experimental trials for the chromosome aneuploidy correction in Down Syndrome cell lines, 長崎医学会雑誌, 93巻, pp. 302-306, 2018
  35. ゲノム編集を用いた遺伝性疾患の治療, 生物の科学 遺伝, 72巻, 6号, pp. 599-605, 2018
  36. ヒト培養細胞における1本鎖DNAを用いた簡便な放射線感受性候補SNP導入法の開発, 広島医学, 69巻, 4号, pp. 273-276, 2016
  37. Seckel症候群, 小児科診療, 79巻, pp. 61-61, 2016
  38. PCS(MVA)症候群, 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ, 29巻, pp. 411-414, 2014
  39. DNA修復障害概論, 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ, 28巻, pp. 617-620, 2014
  40. 放射線感受性SNPの定量的評価系構築のためのヒト培養細胞における一塩基編集法の確立, 長崎医学会雑誌, pp. 58-62, 20140925
  41. 細胞増殖に連動した分裂期キネシン分子KIF2Aによる繊毛退縮機構, 広島医学, 67巻, 4号, pp. 320-323, 20140401
  42. ゲノム安定性を司る紡錘体チェックポイント因子BUBR1の間期中心体機能, 長崎医学会雑誌, 20120901
  43. 分裂期チェックポイント分子BUBR1欠損による高発がん性と繊毛病, 広島医学, 20120401
  44. Pericentrin変異を原因とする遺伝性小頭症の患者細胞はG2/M期とG1期の細胞周期制御に異常を示す, 広島医学, 20100401
  45. 遺伝性小頭症におけるDNA損傷シグナル経路の破綻, 放射線生物研究, 20090901
  46. 放射線感受性個人差を規定する遺伝素因の定量的評価としてのヒト培養細胞株におけるゲノム編集, 広島医学, 71巻, pp. 364-367, 2018

著書等出版物

  1. 2019年12月15日, 実験医学別冊 ゲノム編集実験スタンダード, 培養細胞でのゲノム編集, 羊土社, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 宮本達雄, 藤田和将, 阿久津シルビア夏子, 松浦伸也, ISBN978-4-7581-2244-3
  2. 2016年12月10日, ゲノム編集入門, 裳華房, 2016年, 12, 単行本(学術書), 共著, 第10章 医学分野でのゲノム編集の利用

受賞

  1. 2015年11月13日, 広島大学 学長表彰, 広島大学
  2. 2019年01月28日, 広島大学 Distinguished Researcher, 広島大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 創薬支援推進事業 , ペルオキシソーム形成遺伝子変異による繊毛病治療剤の検証, 2019年01月01日, 2019年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), DNA二重鎖切断応答シグナルに応じた神経病態の決定機構の解明, 2018年, 2020年
  3. 科学研究費助成事業(新学術領域研究), より安全な宇宙放射線被ばく管理に向けた放射線感受性個人差の遺伝基盤の解明, 2018年, 2019年
  4. 革新的先端研究開発支援事業, コレステロールが制御する繊毛機能とその破綻, 2015年12月01日, 2019年03月31日
  5. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 13トリソミー症候群における繊毛病発症機構の解明, 2015年, 2017年
  6. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), コレステロール生合成経路異常による繊毛病発症機構の解明, 2015年, 2016年
  7. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), 放射線による染色体断片化を防ぐDNA tether構造の動態と分子構築, 2014年, 2016年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), DNA損傷修復異常による遺伝性小頭症発症の分子機構, 2011年, 2013年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(スタートアップ)), 新奇RNA結合タンパク質・Wnterによる体軸形成とWntシグナル伝達の制御機構, 2007年, 2008年
  10. 広島大学基金のぞみH基金 がん医療研究推進助成金, 放射線発がんリスクの個人差を規定する遺伝素因の同定, 2017年, 2019年
  11. 武田科学振興財団 医学系研究奨励継続助成, ヒト培養細胞における簡便な一塩基編集技術の開発, 2017年, 2019年
  12. 小野医学研究財団第25回研究奨励助成, 繊毛を介したコレステロール排出機構の解明, 2016年
  13. 内藤記念科学奨励金・研究助成, 一塩基編集技術による繊毛病モデル動物の作製と病態解明, 2015年
  14. 持田記念研究助成金, 分裂期キネシンKIF2Aの恒常活性化による繊毛病発症機構の解明, 2015年
  15. 武田科学振興財団 医学系研究奨励, ヒト培養細胞における簡便な一塩基編集技術の確立, 2014年
  16. 広島大学 産学連携若手研究者支援プログラム, 微小管作動性抗がん剤副作用の遺伝学的リスク予測診断法の確立, 2012年
  17. 日本科学協会 海外発表促進助成金, Identification of an extragenic mutation of BUB1B gene of PCS(MVA) syndrome using TAL effector nucleases, 2013年
  18. 土谷記念医学振興基金, 染色分体早期解離(PCS)症候群の発症機構と微小管作動性抗がん剤感受性診断マーカーの確立, 2012年
  19. 笹川科学研究助成, 分裂期チェックポイント分子装置による一次繊毛形成と細胞分化シグナル制御機構, 2011年
  20. 広島大学 藤井研究助成基金, 紡錘体チェックポイント分子・BubR1による上皮チューブサイズ制御と一次繊毛形成を介した多細胞体構築の分子基盤, 2010年, 2011年
  21. サタケ教育研究助成, 細胞「増殖」と「分化」をつなぐ分子機構とその破綻としてのPCS症候群, 2010年
  22. 平成21年度 がん特定領域研究 若手共同研究, 紡錘体チェックポイントと Wntシグナル経路の細胞周期に応じたクロストーク, 2010年, 2011年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 分裂期チェックポイントを利用した21トリソミー治療法の確立, 2015年, 2017年
  24. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 分裂期チェックポイント異常による早老症発症におけるテロメア不安定性の関与, 2015年, 2017年
  25. 「国家課題対応型研究開発推進事業」原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ, ゲノム編集法を用いた放射線感受性の個人差を規定する遺伝的素因の同定, 2014年, 2016年
  26. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 革新的両方向性遺伝学的アプローチによる重度小頭症の病態解明, 2012年, 2014年
  27. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 放射線感受性の個人差を規定する遺伝子の探索と同定, 2012年, 2014年
  28. 科学研究費助成事業(特定領域研究), M期紡錘体チェックポイント分子BUBR1による紡錘体軸形成機構, 2010年, 2011年
  29. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), エピジェネティックスの視点から見たATRシグナル欠損症の病態解明, 2010年, 2011年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島市国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」, 原爆放射線による健康障害, 広島市 市民局国際平和推進部平和推進課 20160731, 2016年/07月/31日, 広島大学原医研, 講師, 講演会, メディア
  2. 広島市国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」, 原爆放射線による健康障害, 広島市 市民局国際平和推進部平和推進課, 2017年/07月/31日, 2017年/07月/31日, 講師, セミナー・ワークショップ, 行政機関
  3. 科学道100冊・サイエンスカフェ(東広島市産業振興課), 「マンモスを再生せよ」に見るゲノム編集, 2019年/12月/07日, 2019年/12月/07日, 東広島市ミライノ, 講師, サイエンスカフェ, その他