肥後 靖Yasushi Higo

Last Updated :2017/09/22

所属・職名
大学院国際協力研究科 開発技術講座 教授
メールアドレス
yhigohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1982年04月01日, 1988年04月30日, 広島大学, 工学部, 助手
  • 1988年05月01日, 2001年09月30日, 広島大学, 工学部, 助教授
  • 2003年10月01日, 広島大学, 大学院国際協力研究科, 教授

学歴

  • 大阪大学, 工学部, 造船学科, 日本, 1973年04月, 1977年03月
  • 大阪大学, 工学研究科, 造船学, 日本, 1977年04月, 1979年03月

学位

  • 工学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (大阪大学)

教育担当

  • 国際協力研究科:開発科学専攻, 国際協力研究科:開発科学専攻

担当主専攻プログラム

  • 輸送機器環境工学プログラム

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学

研究キーワード

  • 波浪中流体力
  • 海震荷重
  • 音響伝搬

所属学会

  • 日本船舶海洋工学会, 2005年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 科学技術英語演習
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 音環境工学
  3. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 計算海洋流体力学特論
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Computed Marine Hydrodynamics
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 開発技術論
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 海洋流体学
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 技術開発論演習
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 国際公務員実務演習II
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用海洋流体力学
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 技術開発論演習I
  11. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 技術開発論演習II
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 技術開発論演習
  13. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 技術開発論演習I
  14. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 技術開発論演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Wave responses of a coastal cargo ship consisting of unit modules, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 11巻, 4号, pp.260-pp.269, 2006
  2. 没水柱体の上下揺れ付加質量計算に及ぼす要素分割の影響について, J. of The Soc. of Naval Architects of Japan, 162号, pp.243-pp.250, 19871201
  3. Eigenfunction Expansions in the Theory of Radiation Problems in Finite Water Depth, Proc. Korea-Japan Workshop on Hydrodynarics in Ship Design, pp.366-pp.376, 19910601
  4. Non-Linear Hydrodynamic Forces Acting on Two-Dimensional Bodies Oscillating with a Large-Amplitude, Proceedings of the Fourth International Workshop on Water Waves and Floating Bodies, pp.43-pp.46, 19850401
  5. A Study on the Effect of Seaquakes on a Floating Body, Proceedings of Thind Korea-Japan Joint Workshop on Ship&Marine Hydrodynamics, pp.269-pp.276, 19960401
  6. Effects of Connecting Condition on Motions of Huge Floating Structures, Proc. of Int. Workshop on Floating Structures in Coastal Zone, pp.1-pp.12, 19940401
  7. A Theoretical Study on the Effect of Seaquakes on a Three-Dimensional Floating Body, Proc. of ISOPE'98, 1巻, pp.298-pp.302, 19980401
  8. 時間領域数値解法による海震特性に関する研究, 第14回海洋工学シンポジウム, pp.167-pp.174, 19980401
  9. 翼付半没型高速船の鉛直面内3自由度運動と波浪中運動性能について, 西部造船会会報, 80号, pp.105-pp.116, 19900801
  10. A Control of An Unstable Motion of A Semisubmersible Platform with A Large List Angle, Proc. of STAB'90= Vol.I, II巻, pp.239-pp.246, 19900901
  11. 波浪中を低速航行する鉛直円柱に働く流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 214号, pp.81-pp.87, 19900901
  12. 半没球による水中音響の散乱問題に関する研究, 日本造船学会論文集, 166号, pp.477-pp.483, 19891201
  13. 大振幅上下揺する軸対称体に働く非線形流体力に関する研究, 西部造船会会報, 77号, pp.105-pp.116, 19890301
  14. 動揺問題における変位影響に関する摂動論的考察, 日本造船学会論文集, 164号, pp.105-pp.110, 19881201
  15. 波浪中を低速航行する鉛直円柱に働く抵抗増加に関する研究, 日本造船学会論文集, 163号, pp.205-pp.213, 19880601
  16. 大傾斜したセミサブリグの不安定運動に関する研究, 日本造船学会論文集, 163号, pp.194-pp.204, 19880601
  17. 没水柱体の上下揺れ付加質量計算に及ぼす要素分割の影響について, 日本造船学会論文集, 162号, pp.230-pp.237, 19871201
  18. 波浪中において大傾斜したセミサブリグの安定性に関する研究, 関西造船協会誌, 204号, pp.1-pp.10, 19870301
  19. 大振幅上下揺する矩形柱に働く非線形流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 199号, pp.1-pp.10, 19851201
  20. 大振幅動揺する2次元浮体に働く非線形流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 196号, pp.71-pp.78, 19850301
  21. 箱型船の波浪中抵抗増加に関する研究, 関西造船協会誌, 174号, pp.45-pp.56, 19790901
  22. 抵抗増加に関するGerritsma公式のエネルギー論的考察, 関西造船協会誌, 170号, pp.59-pp.64, 19780901
  23. A Study on Seaquakes Acting on a Floating Body Taken into Consideration with the Free-Surface Wave Elevation, 西部造船会会報, 103号, pp.239-pp.244, 20020301
  24. 没水平板型浮消波堤に働く流体力と動揺特性に関する研究, 関西造船協会誌, 237号, pp.119-pp.126, 20020301
  25. A New Type VLFS Using Submerged Plates : SUB-PLATE VLFS -Part1 Basic Concept of Systems-, Proc. of OMAE2001, pp.CD-Rom, 20010501
  26. A New Type VLFS Using Submerged Plates : SUB-PLATE VLFS -Part2 Motion and Mooring of Floating Breakwater-, Proc. of OMAE2001, pp.CD-Rom, 20010601
  27. Free-Surface Wave Elevation Interacted with Compression Waves in Seawater Caused by Earthquake, 日本造船学会論文集, 190号, pp.81-pp.85, 20010901
  28. 波による海浜浸透現象に関する研究, 日本造船学会論文集, 189号, pp.33-pp.39, 20010301
  29. Model Experiment of Underwater Sound Radiated from VLFS, Proc. of OMAE2000, pp.CD-Rom, 20000601
  30. 重力を考慮した水中音伝播の基礎方程式に関する一考察, 関西造船協会誌, 233号, pp.161-pp.165, 20000301
  31. 海震問題における自由表面影響に関する一考察, 関西造船協会誌, 233号, pp.157-pp.160, 20000301
  32. A Study on Compressional Wave Field in Seawater Caused by Vibrated Floating Body, Proc. of ISOPE'99, II巻, pp.65-pp.69, 19990601
  33. 地盤の変化が海震荷重に及ぼす影響に関する理論的研究, 関西造船協会誌, 229号, pp.197-pp.203, 19980301
  34. 海震によって三次元浮体に働く荷重に関する研究, 日本造船学会論文集, 182号, pp.375-pp.380, 19980601
  35. ★, A Theoretical Study on the Effect of Seaquakes on a Floating Body, Proc. of ISOPE'97, IV巻, pp.480-pp.484, 19970501
  36. 二次元浮体に働く海震荷重に関する理論的研究, 西部造船会会報, 93号, pp.111-pp.119, 19970301
  37. 浅海域における二次元物体の音響反射散乱問題に関する研究, 関西造船協会誌, 224号, pp.131-pp.137, 19950601
  38. A Study of the TWO-Dimensional Underwater Sound Field Radiated from Vibrating Bodies in Shallow Water, Proc. of ISOPE'94, IV巻, pp.628-pp.635, 19940501
  39. ★, 浅海域における二次元音源による音響放射問題に関する研究, 日本造船学会論文集, 172号, pp.539-pp.549, 19920601
  40. ★, 波浪中を拘束されて前進する物体に働く抵抗増加に関する研究, 日本造船学会論文集, 169号, pp.75-pp.83, 19910601
  41. ★, 前進速度を有する物体の動揺問題における線積分に関する一考察, 関西造船協会誌, 215号, pp.89-pp.95, 19910301
  42. 波による海浜浸透現象に関する研究, 日本造船学会論文集, 188巻, pp.33-pp.39, 20001201
  43. 翼付半没型高速船の鉛直面内3自由度運動と波浪中運動性能について, 西部造船会会報, 80号, pp.105-pp.116, 19900801
  44. High Speed Semi-Submersible Vehicle with Wings, 4th International Symposium on Marine Engineering, pp.A-1-1, 19900501
  45. 没水平板型浮消波堤に働く流体力と動揺特性に関する研究, 237号, 20011101
  46. 没水平板を利用した波エネルギー吸収型メガフロートに関する研究, 20010701
  47. 翼付半没高速船の沿直面内3自由度運動と波浪中運動性能について, 80号, pp.105-pp.116, 19900801
  48. High Speed Semi-Submersible Vehicle with Wings, Proc. of 4th International Symposium on Marine Engineering, pp.AI1-AI8, 99990101
  49. A New Type VLFS Using Submerged Plates: Sub-Plate VLFS - Part 1: Basic Concept of System -, Proc. of the 20th OMAE, pp.CD-ROM, 20010601
  50. Advanced Numerical Procedure, Proc. of ITTC.SKC-KFR OSAKA MEETING, pp.181-pp.196, 19920601
  51. 耐航性における非線形問題-設計時衝撃圧推定法-, pp.31-pp.36, 19980401
  52. Accumulation of Hydroxy Lipids in Live Fish Infected with Fish Diseases., Aquaculture= 211 (1/4)= 341-351 (2002), 211巻, 1/4号, pp.341-pp.351, 20020801
  53. 大振幅上下揺する2次元浮体に働く非線形流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 194号, pp.85-pp.94, 19840401
  54. A Control Device for Stabilizing A Semisubmersible Platform with A Large List Angle in Waves, Proc. of MARIN Workshop on Floating Systems and Offshore Operations, pp.25-pp.34, 19870401
  55. A Study on Characteristic of Compression Waves in Seaquake Generation Tank, 関西造船協会誌, 238号, pp.225-pp.230, 20020401
  56. A Study on Characteristic of Compression Waves due to Seaquake in Three Dimensional Time Domain, 西部造船会会報, 105号, pp.159-pp.164, 20030301
  57. A Study on Characteristics of Compression Waves in Seaquake Generation Tank with Consideration of Transmission on Walls, 西部造船会会報, 106号, 20030401
  58. 衝突水塊による衝撃力と衝撃音に関する研究, 西部造船会会報, 106号, 20030401
  59. 浮体に働く非線形流体力とその応答, 日本造船学会誌, 699号, pp.4-pp.38, 19870401
  60. 衝突水塊による衝撃圧力と衝撃音の相関に関する研究ー被衝突平板寸法の影響ー, 日本船舶海洋工学会論文集, 3巻, 13-18号, 20060501
  61. ユニット連結式内航貨物船の開発に関する研究ー斜波中におけるユニットの上下運動と連結力ー, 日本船舶海洋工学会論文集, 3巻, 167-175号, 20060501
  62. Wave Responses of Coastal Cargo Consisting of Unit Modules, Journal of Marine Science and Technology, 11巻, 4号, pp.260-pp.269, 20060501
  63. 抵抗増加に関するGerritsma公式のエネルギー論的考察, 関西造船協会誌, 170号, pp.59-pp.64, 1978
  64. 箱型船の波浪中抵抗増加に関する研究, 関西造船協会誌, 174号, pp.45-pp.56, 1979
  65. 大振幅上下揺する2次元浮体に働く非線形流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 194号, pp.85-pp.94, 1984
  66. 大振幅動揺する2次元浮体に働く非線形流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 196号, pp.71-pp.78, 1985
  67. 大振幅上下揺する矩形柱に働く非線形流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 199号, pp.1-pp.10, 1985
  68. 波浪中において大傾斜したセミサブリグの安定性に関する研究, 関西造船協会誌, 204号, pp.1-pp.10, 1987
  69. 没水柱体の上下揺れ付加質量計算に及ぼす要素分割の影響について, 日本造船学会論文集, 162号, pp.230-pp.237, 1987
  70. 大傾斜したセミサブリグの不安定運動に関する研究, 日本造船学会論文集, 163号, pp.194-pp.204, 1988
  71. 波浪中を低速航行する鉛直円柱に働く抵抗増加に関する研究, 日本造船学会論文集, 163号, pp.205-pp.213, 1988
  72. 動揺問題における変位影響に関する摂動論的考察, 日本造船学会論文集, 164号, pp.105-pp.110, 1988
  73. 大振幅上下揺する軸対称体に働く非線形流体力に関する研究, 西部造船会会報, 77号, pp.105-pp.116, 1989
  74. 半没球による水中音響の散乱問題に関する研究, 日本造船学会論文集, 166号, pp.477-pp.483, 1989
  75. 波浪中を低速航行する鉛直円柱に働く流体力に関する研究, 関西造船協会誌, 214号, pp.81-pp.87, 1990
  76. 翼付半没型高速船の鉛直面内3自由度運動と波浪中運動性能について, 西部造船会会報, 80号, pp.105-pp.116, 1990
  77. 前進速度を有する物体の動揺問題における線積分に関する一考察, 関西造船協会誌, 215号, pp.89-pp.95, 1991
  78. 波浪中を拘束されて前進する物体に働く抵抗増加に関する研究, 日本造船学会論文集, 169号, pp.75-pp.83, 1991
  79. 浅海域における二次元音源による音響放射問題に関する研究, 日本造船学会論文集, 172号, pp.539-pp.549, 1992
  80. 浅海域における二次元物体の音響反射散乱問題に関する研究, 関西造船協会誌, 224号, pp.131-pp.137, 1995
  81. 二次元浮体に働く海震荷重に関する理論的研究, 西部造船会会報, 93号, pp.111-pp.119, 1997
  82. 海震によって三次元浮体に働く荷重に関する研究, 日本造船学会論文集, 182号, pp.375-pp.380, 1997
  83. 地盤の変化が海震荷重に及ぼす影響に関する理論的研究, 関西造船協会誌, 229号, pp.197-pp.203, 1998
  84. 海震問題における自由表面影響に関する一考察, 関西造船協会誌, 233号, pp.157-pp.160, 2000
  85. 重力を考慮した水中音伝播の基礎方程式に関する一考察, 関西造船協会誌, 233号, pp.161-pp.165, 2000
  86. 波による海浜浸透現象に関する研究, 日本造船学会論文集, 189号, pp.33-pp.39, 2001
  87. Free-Surface Wave Elevation Interacted with Compression Waves in Seawater Caused by Earthquake, Journal of The Society of Naval Architects of Japan, No.190号, pp.81-pp.85, 2001
  88. 没水平板型浮消波堤に働く流体力と動揺特性に関する研究, 関西造船協会誌, 237号, pp.119-pp.126, 2002
  89. A Study on Seaquakes Acting on a Floating Body Taken into Consideration with the Free-Surface Wave Elevation, Transactions of The West-Japan Society of Naval Architects, No.103号, pp.239-pp.244, 2002
  90. A Study on Characteristic of Compression Waves in Seaquake Generation, Journal of the Kansai Society of Naval Architects, No.238号, pp.225-pp.230, 2002
  91. A Study on Characteristic of Compression Waves due to Seaquake in Three Dimensional Time Domain, Transactions of The West-Japan Society of Naval Architects, No.105号, pp.159-pp.164, 2003
  92. A Study on Characteristic of Compression Waves in Seaquake Generation Tank with Consideration of Transmission on, Transactions of The West-Japan Society of Naval Architects, No.106号, pp.33-pp.38, 2003
  93. 衝突水塊による衝撃力と衝撃音に関する研究, 西部造船会会報, 106号, pp.211-pp.216, 2003
  94. Deflection of Linkage Barge, Journal of Institute for Science and Technology Studies, Vol.VII巻, pp.47-pp.56, 2005
  95. 衝突水塊による衝撃圧力と衝撃音の相関に関する研究ー被衝突平板寸法の影響ー, 日本船舶海洋工学会論文集, 3号, pp.13-pp.18, 2006
  96. ユニット連結式内航貨物船の開発に関する研究ー斜波中におけるユニットの上下運動と連結力ー, 日本船舶海洋工学会論文集, 3号, pp.167-pp.175, 2006
  97. Wave Responses of Coastal Cargo Consisting of Unit Modules, Journal of Marine Science and Technology (JMST), Vol.11巻, No.4号, pp.260-pp.269, 2006
  98. Motion Characteristics in Waves of a Floating Platform of Complex Geometry for Renewable Energy Utilization, Proceedings of the International Symposium on Marine and Offshore Renewable Energy, pp.CD-ROM, 2013
  99. 衝突水塊による衝撃力と衝撃音に関する研究ー被衝突平板寸法の影響ー, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 1号, pp.387-pp.390, 2005
  100. Elastic Responses in Waves of Coastal Cargo Ship with Flexible Joints, Conference Proceeding of The Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, Hakata-Japan, Vol.1巻, pp.187-pp.190, 2005
  101. 洋上風力発電のための複雑形状浮体に働く流体力と波浪中動揺, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2013
  102. 洋上風力発電用セミサブ型三角形浮体の水槽実験, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2013
  103. A Control Device for Stabilizing A Semisubmersible Platform with A Large List Angle in Waves, Proc. of MARIN Workshop on Floating Systems and Offshore Operations, pp.25-pp.34, 1987
  104. Non-Linear Hydrodynamic Forces Acting on Two-Dimensional Bodies Oscillating with a Large-Amplitude, Proc. of 2nd International Workshop on Water Waves and Floating Bodies, pp.43-pp.46, 1987
  105. A Control of An Unstable Motion of A Semisubmersible Platform with A Large List Angle, Proc. of STAB'90, Vol.I巻, pp.239-pp.246, 1990
  106. Effects of Connecting Condition on Motions of Huge Floating Structures, Proc. of International Workshop on Floating Structures in Coastal Zone, 18-1-18-12, 1994
  107. A Study of the TWO-Dimensional Underwater Sound Field Radiated from Vibrating Bodies in Shallow Water, Proc. of ISOPE'94, Vol.IV巻, pp.628-pp.635, 1994
  108. A Study on the Effect of Seaquakes on a Floating Body, Proc. of 3rd Korea-Japan Joint Workshop on Ship & Marine Hydrodynamics, pp.269-pp.276, 1996
  109. A Theoretical Study on the Effect of Seaquakes on a Three-Dimensional Floating Body, Proc. of ISOPE'98, Vol.I巻, pp.298-pp.302, 1998
  110. A Theoretical Study on the Effect of Seaquakes on a Two-Dimensional Floating Body, Proc. of ISOPE'97, Vol.IV巻, pp.480-pp.484, 1997
  111. A Study on Compressional Wave Field in Seawater Caused by Vibrated Floating Body, Proc. of ISOPE'99, Vol.I巻, pp.65-pp.69, 1999
  112. Model Experiment of Underwater Sound Radiated from VLFS, Proc. of OMAE2000, pp.CD-ROM, 2000
  113. A New Type VLFS Using Submerged Plates SUB-PLATE VLFS -Part1 Basic Concept of Systems-, Proc. of OMAE2001, pp.CD-ROM, 2001
  114. A New Type VLFS Using Submerged Plates SUB-PLATE VLFS -Part2 Motion and Mooring of Floating Breakwater-, Proc. of OMAE2001, pp.CD-ROM, 2001
  115. Wave Energy Resource in the Western Part of Japan, Proc. Of 4th International Conference on Ocean Energy, Dublin, pp.CD-ROM, 2012
  116. A VERY SIMPLE INDEX TO DETERMINE DESIGN PARAMETERS OF WAVE ENERGY CONVERTER FOR WAVE FARM COST OPTIMIZATION, Proc. Of OMAE2014, pp.CD-ROM, 2014
  117. VALIDATION OF THE INDEX TO DETERMINE DESIGN PARAMETERS OF A WEC FOR THE COST OPTIMIZATION OF A WAVE FARM, Proc. Of OMAE2015, pp.CD-ROM, 2015
  118. 時間領域数値解法による海震特性に関する研究, 第14回海洋工学シンポジウム, pp.167-pp.174, 1998
  119. Effect of Waves on Percolation In Surf Zone, Proc. of 6th Symposium on Nonlinear and Free-Surface Flows, pp.67-pp.70, 1998
  120. Wave Induced Percolation in Surf Zone, Proc. of 7th Symposium on Nonlinear and Free-Surface Flows, pp.53-pp.56, 1999
  121. 衝突水塊による衝撃力と衝撃音の相関に関する研究, 第18回海洋工学シンポジウム, pp.CD-ROM, 2005
  122. 浮体に働く非線形流体力とその応答, 日本造船学会誌, 699号, pp.4-pp.38, 1987
  123. Advanced Numerical Procedure, Proc. of ITTC.SKC, KFR OSAKA MEETING, pp.181-pp.196, 1992
  124. 耐航性における非線形問題-設計時衝撃圧推定法-, 日本造船学会誌,Techno Marine, 829号, pp.31-pp.36, 1998
  125. 沿岸海域の自然環境と構造物, 日本造船学会海洋工学委員会性能部会編, pp.192-pp.200, 1992