中山 富廣Tomihiro Nakayama

Last Updated :2017/09/01

所属・職名
大学院文学研究科 歴史文化学講座 教授
メールアドレス
tomihirohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(文学) (広島大学)
  • 文学修士 (広島大学)

研究分野

  • 人文学 / 史学 / 日本史

研究キーワード

  • 開墾
  • 土地制度
  • 民間社会
  • たたら
  • 経済社会
  • 開墾

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 2ターム, 平和を考える
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 研究指導IB
  3. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 教養ゼミ
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 日本史学入門
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 日本近世研究A
  6. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 日本近世研究B
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 日本近世研究C
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 日本近世研究D
  9. 2017年, 学部専門, ターム外(前期), 日本史実習A
  10. 2017年, 学部専門, ターム外(前期), 日本史実習B
  11. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 文字資料解析学A
  12. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 文字資料解析学B
  13. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文指導A
  14. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文指導B
  15. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  16. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 日本近世資料解析論B
  17. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 日本近世社会文化研究A
  18. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究指導 I (歴史文化学)
  19. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究指導 I (歴史文化学)
  20. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究指導 II (歴史文化学)
  21. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究指導 II (歴史文化学)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 近世初期の尾道における商品流通, 日本研究, 3号, pp.16-pp.40, 19871001
  2. 尾道における商人仲間の成立と展開, 『瀬戸内海地域史研究』第3輯(文献出版), pp.283-pp.315, 19910501
  3. 近世初頭における芸北山村の基礎構造―藤田五郎氏の「農奴主的地主関係」をめぐって―, 『瀬戸内海地域史研究』第3輯(文献出版), pp.195-pp.219, 19920401
  4. 近世の鞆の町並み, 『鞆の浦の歴史』(福山市教育委員会), pp.225-pp.316, 19990301
  5. 近世後期における豪農商の経済倫理と地域社会認識(上), 『芸備地方史研究』, 243号, pp.1-pp.17, 20041001
  6. 近世後期地域市場の一断面, 『近世近代の地域社会と文化』(清文堂), pp.144-pp.163, 20040301
  7. 広島県深沼漁業組合の朝鮮海出漁, 岸田裕之編『中国地域と対外関係』(山川出版社), pp.267-pp.288, 20031001
  8. 広村古文書からみた近世村落像, 『芸備地方史研究』, 235・236号, pp.24-pp.36, 20030401
  9. 近世の港と町並み, 『芸備地方史研究』, 222・223号, pp.11-pp.20, 20001001
  10. 近世後期における豪農商層の経済倫理と地域社会認識(中), 『芸備地方史研究』, 249号, pp.1-pp.19, 20060201
  11. 近世における山腹と干潟に関する覚書―旧呉市域沿岸部を中心として―, 『日本研究』, 特集号3号, pp.33-pp.40, 20051001
  12. 幕末期における農閑余業の展開―小作貧農層を中心にして―, 『芸備地方史研究』, 124号, pp.10-pp.20, 19791201
  13. 慶応三年備後国恵蘇郡百姓一揆の基礎的研究, 『史学研究』, 156号, pp.1-pp.27, 19820701
  14. 幕藩制解体期における農村支配と豪農, 『史学研究』, 165号, pp.1-pp.21, 19840901
  15. 郡市別小作地率の史的分析, 『広島大学文学部紀要』, 44巻, 特輯号2号, pp.1-pp.191, 19841201
  16. 近世後期在町における豪商の形成と発展過程―備後府中・延藤家の分析―, 『社会経済史学』, 51巻, 3号, pp.82-pp.107, 19850901
  17. 近世後期における貸付資本の存在形態―備後府中・延藤家の事例―, 『史学研究』, 172号, pp.1-pp.20, 19860701
  18. 近世後期における商人地主の存在形態―備後府中・延藤家の事例―, 有元正雄編『近世瀬戸内農村の研究』(渓水社), pp.383-pp.407, 19880201
  19. 幕末維新期における「経済的集中」と地域商業資本, 『史学研究』, 187・188号, pp.1-pp.15, 19900501
  20. 近世都市加工業に関する一考察―備後尾道の鍛冶屋と幕藩制市場―, 『近世近代の社会と民衆』(清文堂), pp.177-pp.199, 19930301
  21. 近世初期尾道の都市空間と町, 広島大学教育学部紀要Ⅰ, 45号, pp.65-pp.74, 19970301
  22. 近世瀬戸内農村の景観と構造, 白幡洋三郎編『瀬戸内海の文化と環境』(瀬戸内海環境保全協会), pp.122-pp.137, 19990301
  23. 近世の経済発展と民富の形成(博士論文), 広島大学, pp.1-pp.353, 20031101
  24. 慶応三年恵蘇郡百姓一揆の史料について, 『芸備地方史研究』, 137号, pp.16-pp.25, 19820601
  25. 江戸時代の村のくらし, 『呉の歩み』(呉市役所), pp.186-pp.189, 19890301
  26. 「広島独案内」について, 「地方社会の自己証明」(科研報告書), pp.103-pp.136, 19920301
  27. 寛永期尾道の宗門改帳, 『瀬戸内海地域史研究』第4輯(文献出版), pp.249-pp.317, 19941201
  28. 脇坂昭夫論文集『瀬戸内港町と商品流通』の解説, 『瀬戸内海地域史研究』第4輯(文献出版), pp.229-pp.243, 19941201
  29. 水野家牢人と村落社会, 「文献学・歴史学の方法を活用した森鷗外『北條霞亭』の総合的研究」(科研報告書), pp.49-pp.63, 19970301
  30. 近世瀬戸内における都市空間と都市商業, 「瀬戸内海地域における市と町の成立と展開」(科研報告書), pp.1-pp.77, 19980301
  31. 近世瀬戸内海地域の経済発展と他国稼ぎ, 『地方史研究』, 292号, pp.46-pp.49, 20010801
  32. 足利角蔵『神川平助事蹟録』について, 「近代社会の形成と時間・空間・生活, pp.53-pp.84, 20020201
  33. 近世宿駅の構造―四日市駅の機能と構造―, 『近世宿駅の景観と流通』(東広島市教育委員会), pp.23-pp.40, 20050301
  34. 近世後期備後地域の商業資本家の経済活動と社会事業, 「近世、西国における在郷商人に関する総合的研究」(科研報告書), pp.56-pp.79, 20050301
  35. 近世後期における豪農商層の経済倫理と地域社会認識(下), 『芸備地方史研究』, 252号, pp.1-pp.18, 20060601
  36. 近世日本の公儀領主制と封建・郡県制論, 張翔・園田英弘編『「封建」・「郡県」再考』(思文閣出版), pp.307-pp.325, 20060701
  37. 義倉の救恤活動と米穀調達, 広島大学大学院文学研究科論集, 66巻, pp.35-pp.46, 20061201
  38. 幕末期の狂歌にみる庶民の庄屋観―山県郡の「庄屋評」落書の紹介―, 「近世後期『地方文化人』情報伝達網の研究」(科研報告書), pp.55-pp.80, 20060501
  39. 名勝の発見と在村知識人―近世後期の安芸国沿岸島嶼部を事例として―, 『内海文化研究紀要』, 35号, pp.55-pp.67, 20070301
  40. 明治前期中国山地農村における土地売買と小作契約―40町歩地主栗本家の事例から―, 広島大学大学院文学研究科論集, 67巻, 39-53号, 20071230
  41. ★, 近世厳島研究序説―その経済的基盤と観光産業―, 厳島研究, 4号, 20080331
  42. 近世安芸国における山稼ぎ業と城下町, 内海文化研究紀要, 36号, 20080331
  43. ★, 明治前期における中国山地の地主小作関係, 『近世近代の中国地方―たたら製鉄・石見銀山と地域社会』, 20080225
  44. 近世後期中国山地地域の農民経済, 広島大学大学院文学研究科論集, 68巻, pp.15-pp.35, 20081201
  45. ★, 地租改正における地価決定と収穫高―広島県恵蘇郡奥門田村を事例として―, 地方史研究, 336号, pp.1-pp.14, 20081201
  46. 天保期における安芸国野路山開発, 内海文化紀要, 37号, pp.17-pp.35, 20090301
  47. 慶応3年備後国恵蘇郡百姓一揆の諸要求, 広島大学大学院文学研究科論集, 69巻巻, pp.29~46, 20091201
  48. 近世中後期における中国地方の開墾について―地租改正前後の統計資料を素材として―, 内海文化研究紀要, 第38号号, pp.13~37, 20100301
  49. 在来産業たたら製鉄の衰退とその歴史的意義―出雲・田部家「鉄業創始以来営業状態概略」を手がかりとして―, 『近代東アジアにおける外来と在来』清文堂, pp.5~24, 20110301
  50. 近世厳島神社の財政について, 内海文化研究紀要, 39号, pp.1~10, 20110301
  51. 田部家家史編纂と「鉄業営業状態概略」, 田部家のたたら研究と文書目録〔上〕, pp.278~297, 20120301
  52. ★, 近世たたら製鉄業と労働者飯米―出雲国田部家の「養米」を中心に―, 『広島大学大学院文学研究科論集』72, 72巻, pp.35-pp.53, 201212
  53. 呉軍港の創設と近世呉の消滅, 河西英通編『軍港都市史研究Ⅲ呉編』, pp.9-pp.36, 201404
  54. 広島藩の山林資源と山稼ぎの展開, 『内海文化研究紀要』第43号, pp.1-pp.18
  55. ★, 近世出雲における大鉄師成立の再検討 ― 飯石郡吉田村・田部家を事例として ―, 『中国四国歴史学地理学協会年報』第12号, pp.13-pp.26, 201603

著書等出版物

  1. 1993年10月, 戸河内町史資料編(下) , 市町村史, 戸河内町役場, 1993年, 10, 編著, 向井義郎 高橋衛 , 758
  2. 1986年03月, 府中市史史料編Ⅳ , 市町村史, 府中市役所, 1986年, 03, 編著, 有元正雄 , 864
  3. 2001年03月, 戸河内町史通史編(下)第1章、第2章 , 市町村史, 戸河内町役場, 2001年, 03, 共編著
  4. 2001年10月, 筒賀村史資料編第2巻 第1章?第3章 , 市町村史, 筒賀村役場, 2001年, 10, 編著, 1362
  5. 2005年06月, ★近世の経済発展と地方社会, 清文堂, 2005年, 06, 単行本(学術書), 単著, 390
  6. 2002年10月, 呉市制百周年記念版呉の歴史第3章 , 呉市役所, 2002年, 10, 単行本(一般書), 共編著
  7. 2005年03月, 音戸町誌第3章 , 市町村史, 音戸町役場, 2005年, 03, 共編著
  8. 2004年09月, 筒賀村史通史編 第Ⅰ編第2章?第4章、第Ⅱ編第1章 , 市町村史, 筒賀村役場, 2004年, 09, 編著
  9. 2004年09月, 下蒲刈町史資料編「近世編」 , 市町村史, 呉市役所, 2004年, 09, 編著
  10. 2002年03月, 千代田町史通史編(上)近世Ⅱ , 市町村史, 千代田町役場, 2002年, 03, 共編著
  11. 2002年03月, 戸河内町史通史編(上)第3章、第4章、第7章 , 市町村史, 戸河内町役場, 2002年, 03, 共編著
  12. 2006年03月, 『三原市史』第2巻、第5編第2章三4、第3章三・四 , 市町村史, 三原市役所, 2006年, 03, 共編著
  13. 2006年08月, 街道の日本史41広島・福山と山陽道Ⅱ二 , 吉川弘文館, 2006年, 08, 単行本(一般書), 共編著, 260
  14. 1999年03月, 筒賀村史資料編第1巻第1篇「近世資料」 , 市町村史, 筒賀村役場, 1999年, 03, 編著
  15. 1999年03月, 呉市史資料編近世Ⅱ , 市町村史, 呉市役所, 1999年, 03, 編著, 608
  16. 1999年11月, 広島県の歴史 6章、7章 , 山川出版社, 1999年, 11, 単行本(一般書), 共編著
  17. 2007年03月, 下蒲刈町史図説通史編 , 市町村史, 2007年, 03, 編著, 松井輝昭 千田武志 , 477
  18. 1995年09月, 戸河内町史資料編(上) , 市町村史, 戸河内町, 1995年, 09, 編著, 向井義郎 , 781
  19. 1986年09月, 海田町史通史編 第6章第2節・第3節 , 市町村史, 海田町役場, 1986年, 09, 共編著
  20. 1988年03月, 府中市史史料編Ⅱ , 市町村史, 府中市役所, 1988年, 03, 編著, 谷山正道 , 739
  21. 1988年03月, 府中市史史料編Ⅲ , 市町村史, 府中市役所, 1988年, 03, 編著, 谷山正道 , 634
  22. 1990年08月, 千代田町史近世資料編(上)Ⅱ「政治」 , 市町村史, 千代田町役場, 1990年, 08, 編著
  23. 1986年09月, 海田町史通史編 , 海田町, 1986年, 09, 単行本(学術書), 共著, 北川 建次 河瀬 正利 佐竹 昭 河合正治 中山 富廣 , 869
  24. 1986年09月, 海田町史・通史編 , 市町村史, 広島県安芸郡海田町, 1986年, 09, 共著, 北川健次 河瀬 正利 佐竹 昭 市田弘昭 河合正治 三宅 紹宣 山中寿夫 中山 富廣 , 865
  25. 2005年03月, 『音戸町誌』第2章「古代の音戸」第3章「中世の音戸」 , 市町村史, 広島県音戸町, 2005年, 03, 共著, 古瀬 清秀 中山 富廣 千田武志 , 302
  26. 2003年10月, 中国地域と対外関係 , 山川出版社, 2003年, 10, 単行本(学術書), 共著, 岡元司 佐竹 昭 中山 富廣 三宅 紹宣 河瀬 正利 頼 祺一 長谷川博史 岸田 裕之 赤坂正秀 西別府 元日 勝部 眞人 秋山伸隆 , 463452290, 307
  27. 2011年03月, 福山市史近世資料編Ⅰ, 市町村史, 福山市, 2011年, 03, 編著
  28. 2007年03月, 川尻町誌資料編, 市町村史, 2007年, 03, 編著, 696
  29. 2008年03月, 川尻町誌通史編, 市町村史, 2008年, 03, 共編著, 652
  30. 2012年03月, 『福山市史』近世資料編Ⅱ, その他, 共著
  31. 2013年03月, 『豊浜町史』資料編
  32. 2015年03月, 『豊浜町史』通史編
  33. 2015年, 『義倉二百年史』史料編Ⅰ(近世), 編著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 近世の港と町並み, 中山 富廣, 芸備地方史研究会, 2000年03月, 招待, 日本語
  2. 近世宿駅の構造, 中山 富廣, 安芸のまほろばフォーラム, 2003年11月, 招待, 日本語
  3. 広村古文書からみた近世村落像, 中山 富廣, 芸備地方史研究会, 2002年07月, 招待, 日本語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 共同研究員, 2013年04月, 2014年03月, 総合地球環境学研究所
  2. 呉市文化財保護委員会委員, 2012年04月, 2014年04月, 呉市教育委員会文化振興課
  3. 福山市史刊行委員会刊行委員, 2013年04月, 2014年03月, 福山市秘書広報課
  4. 理事, 2012年02月, 2013年06月, 尚志会
  5. 理事, 2013年07月, 2015年06月, 尚志会
  6. 共同研究員, 2014年04月, 2015年03月, 総合地球環境学研究所
  7. 福山市史刊行委員会刊行委員, 2014年04月, 2015年03月, 福山市
  8. 福山市史刊行委員会刊行委員, 2015年04月, 2016年03月, 福山市
  9. 共同研究員, 2015年04月, 2016年03月, 総合地球環境学研究所
  10. 共同研究員, 2016年04月, 2017年03月, 総合地球環境学研究所

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 日本史教科書に見られる『韓国』―近世編, 韓国学中央研究院韓国文化交流センター, 2006年度日韓教科書セミナー, 2006年/04月/01日, 2007年/03月/31日, 講師
  2. 広島城下町の歴史と町人, 広島市東区役所, 広島郷土史十講, 2006年/04月/01日, 2007年/03月/31日, 講師
  3. 名勝の発見と風流の時代, 呉市, 講座「呉の歴史」, 2006年/04月/01日, 2007年/03月/31日, 講師
  4. 年貢を通してみた広島藩社会, 可部郷土史研究会, 月例会, 2006年/04月/01日, 2007年/03月/31日, 編集