遠藤 加菜KANA ENDO

Last Updated :2020/01/07

所属・職名
大学院医系科学研究科(保)(保健学)生理機能情報科学助教
メールアドレス
kanaendohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院博士課程前期 保健学研究科, 生理機能情報科学, 日本, 2007年04月, 2009年03月
  • 広島大学, 医学部, 保健学科作業療法学専攻, 日本, 2005年04月, 2007年03月

学位

  • 修士(保健学)(広島大学)
  • 博士(保健学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 保健学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 作業療法学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

  • 脳血流動態
  • 認知機能
  • 感情、感性
  • 動的運動
  • 筋血流
  • 上肢機能
  • 近赤外分光法
  • 筋機械受容器反射
  • 利き手

所属学会

  • 日本味と匂い学会, 2017年
  • 日本生理学会
  • 日本ハンドセラピィ学会
  • 広島県作業療法士会
  • 日本作業療法士協会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生理機能学I
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生理機能学I
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 生理機能学特論
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生理機能学実習
  5. 2019年, 学部専門, 4ターム, 地域作業療法学演習
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 作業技術学演習
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 作業技術学実習
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生理機能学I
  9. 2019年, 学部専門, 1ターム, 生理機能学特論
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生理機能学実習
  11. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 身体障害作業療法学実習III(上肢機能介入法実習)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Incremental rate of prefrontal oxygenation determines performance speed during cognitive Stroop test: the effect of ageing., JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, FEB 2018
  2. An increase in prefrontal oxygenation at the start of voluntary cycling exercise was observed independently of exercise effort and muscle mass, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 118巻, 8号, pp. 1689-1702, AUG 2018
  3. Facial skin blood flow responses during exposures to emotionally charged movies, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 68巻, 2号, pp. 175-190, MAR 2018
  4. Facial skin blood flow responses during exposures to emotionally charged movies, J Physiol Sci
  5. Prefrontal oxygenation correlates to the responses in facial skin blood flows during exposure to pleasantly charged movie, PHYSIOLOGICAL REPORTS, 5巻, 21号, NOV 2017
  6. Central command increases muscular oxygenation of the non-exercising arm at the early period of voluntary one-armed cranking, PHYSIOLOGICAL REPORTS, 5巻, 7号, APR 2017
  7. The prefrontal oxygenation and ventilatory responses at start of one-legged cycling exercise have relation to central command, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 121巻, 5号, pp. 1115-1126, NOV 1 2016
  8. The prefrontal oxygenation and ventilatory responses at start of one-legged cycling exercise have relation to central command., JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 121巻, 5号, pp. 1115-1126, Sep 29 2016
  9. Central command generated prior to arbitrary motor execution induces muscle vasodilatation at the beginning of dynamic exercise, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 120巻, 12号, pp. 1424-1433, JUN 15 2016
  10. Increased oxygenation of the cerebral prefrontal cortex prior to the onset of voluntary exercise in humans, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 119巻, 5号, pp. 452-462, SEP 1 2015
  11. Differential contribution of Ach-muscarinic and β-adrenergic receptors to vasodilatation in noncontracting muscle during voluntary one-legged exercise., Physiol Rep 2: e12202, 2014., 2014
  12. Changes in prefrontal oxygenation associated with the Stroop interference task in elderly subjects., The Journal of Physiological Sciences 64 suppl., S128, 2014., 64 suppl.巻, S128号, 2014
  13. ★, Dynamic exercise improves cognitive function in association with increased prefrontal oxygenation, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 63巻, 4号, pp. 287-298, JUL 2013
  14. Differential effects of one-legged cycling on blood flows in proximal and distal muscles of the non-contracting leg in humans., The Journal of Physiological Sciences 63 suppl., S234, 2013., 2013
  15. Have we missed that neural vasodilator mechanisms may contribute to exercise hyperemia at onset of voluntary exercise?, FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 4巻, 2013
  16. Evidence for centrally-induced cholinergic vasodilatation in skeletal muscle during voluntary one-legged cycling and motor imagery in humans, Physiol Rep, 1巻, 4号, 20130901
  17. Central command differentially affects aertic and carotid sinus baroreflexes at the onset of spontaneous motor activity, AUTONOMIC NEUROSCIENCE-BASIC & CLINICAL, 179巻, 1-2号, pp. 75-83, DEC 2013
  18. Development of a Clinical Model for Upper Extremity Motion Analysis-Comparison with Manual Measurement, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 24巻, 11号, pp. 1149-1152, DEC 2012
  19. The influences of plasma glucose level on cognitive function and cardiovascular responses, J Health Sci, Hiroshima University, 9巻, 2号, pp. 31-37, 20110301
  20. Motor somatotopy of extensor indicis proprius and extensor pollicis longus, NEUROREPORT, 22巻, 11号, pp. 559-564, AUG 3 2011
  21. Motor somatotopy of extensor indicis proprius and extensor pollicis longus., Neuroreport, 22巻, 11号, pp. 559-64, 20110801
  22. The influences of plasma glucose level on cognitive function and cardiovascular responses (血中グルコース濃度の認知機能および心血管系応答への影響について)., J Health Sci, Hiroshima University 9 (2): 31-37, 2011 (Japanese)., 9巻, 2号, pp. 31-37, 2011
  23. The enhancing effect of propofol anesthesia on skeletal muscle mechanoreflex in conscious cats, AUTONOMIC NEUROSCIENCE-BASIC & CLINICAL, 151巻, 2号, pp. 111-116, DEC 3 2009
  24. Deactivation of the prefrontal cortex during exposure to pleasantly-charged emotional challenge, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, SEP 28 2018
  25. Incremental rate of prefrontal oxygenation determines performance speed during cognitive Stroop test: the effect of ageing, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 68巻, 6号, pp. 807-824, 201811

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 嗅覚刺激による快・不快の情動変化が顔面皮膚血流量および前頭葉ヘモグロビン動態に与える影響., 遠藤 加菜,吉川 美穂,松川 寛二,中村 明朗,中村 哲也. , 遠藤 加菜,吉川 美穂,松川 寛二,中村 明朗,中村 哲也. , 第51回日本味と匂学会, 2017年09月25日, 通常, 英語, 日本味と匂学会, 神戸
  2. 自発運動開始時における前頭前野の酸素化ヘモグロビン濃度の増加は運動強度と比例しない, 浅原亮太、松川寛二、梁楠、遠藤加菜, 浅原亮太、松川寛二、梁楠、遠藤加菜, 第72回 日本体力医学会大会, 1709年16月, 通常, 日本語, 日本体力医学会, 愛媛
  3. Reduction in prefrontal oxygenation during exposure o positively-charged emotional movie in humans., Endo K, Yoshikawa M, Kusunoki S, Asahara R, Matsukawa K., Endo K, Yoshikawa M, Kusunoki S, Asahara R, Matsukawa K., 国際自律神経学会 2017, 1708年30月, 通常, 英語, 自律神経学会, 名古屋
  4. Facial skin blood flow decreases during exposure to pleasantly charged movie in humans., Asahara R, Endo K, Yoshikawa M, Kusunoki S, Matsukawa K., Asahara R, Endo K, Yoshikawa M, Kusunoki S, Matsukawa K., 1708年30月, 通常, 英語, 自律神経学会, 名古屋
  5. Effect of motor imagery on blood flow in leg skeletal muscle in elderly subjects, Endo K, Ishii K, Asahara R, Doi S, Liang N, Matsukawa K, Endo K, Ishii K, Asahara R, Doi S, Liang N, Matsukawa K, 第94回日本生理学会大会, 2017年03月28日, 通常, 英語
  6. The cerebral prefrontal oxygenation during first and third person imagery of cycling exercise, Liang N, Arikawa M, Satake Y, Endo K, Asahara R, Matsukawa K, Liang N, Arikawa M, Satake Y, Endo K, Asahara R, Matsukawa K, 第94回日本生理学学会大会, 2017年03月28日, 通常, 英語
  7. 静止画像視覚刺激に伴う快・不快の情緒反応と顔面皮膚血流量, 遠藤加菜,松川寛二,川原舞., 遠藤加菜,松川寛二,川原舞., H28年度 感性COI拠点公開シンポジウム広島, 1701年31月, 通常, 日本語, 文部科学省および独立行政法人科学技術振興機構 革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM) 精神的価値が成長する感性イノベーション拠点, 広島
  8. 静止画像視覚刺激による快・不快の情緒反応が顔面皮膚血流量に与える影響, 遠藤 加菜、松川 寛二、川原 舞, 2016年度 夏の研究会 第3回感性脳工学研究会, 2016年08月30日, 通常, 日本語
  9. 平地とトレッドミル歩行時の大脳皮質興奮性の変化について-ポータブルfNIRSを用いた解析, Liang N, Asahara R, Ishii K, Endo K, Matsukawa K, Liang N, Asahara R, Ishii K, Endo K, Matsukawa K, the 93th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, 2016年03月22日, 通常, 日本語
  10. Activation of the cardiovascular and respiratory systems by motor imagery, Ishii K, Matsukawa K, Liang N, Endo K, Asahara R, Idesako M, Ishii K, Matsukawa K, Liang N, Endo K, Asahara R, Idesako M, the 93th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, 2016年03月22日, 通常, 日本語, Sapporo
  11. 視覚刺激による快・不快の情動変化が顔面皮膚血流量に与える影響, Kana ENDO, Momoka ITO, Mai KAWAHARA, Nao KOBATA, Kei ISHII, Nan LIANG, Ryota ASAHARA, Kanji MATSUKAWA, Kana ENDO, Momoka ITO, Mai KAWAHARA, Nao KOBATA, Kei ISHII, Nan LIANG, Ryota ASAHARA, Kanji MATSUKAWA, the 93th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 22-24 March 2016, Sapporo, 2016年03月22日, 通常, 日本語, 日本生理学会, Sapporo
  12. Increased prefrontal oxygenation at the early phase of voluntary exercise is not derived from transient changes in end-tidal CO2, Asahara R, Matsukawa K, Ishii K, Liang N, Endo K, Asahara R, Matsukawa K, Ishii K, Liang N, Endo K, the 93th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, 2016年03月22日, 通常, 日本語
  13. 視聴覚刺激による快・不快の情動反応が顔面皮膚血流量に及ぼす影響, 遠藤 加菜、伊藤 百花、石井 圭、梁 楠、松川 寛二, 遠藤 加菜、伊藤 百花、石井 圭、梁 楠、松川 寛二, 第67回日本生理学会中国四国地方会, 2015年10月24日, 通常, 日本語
  14. 無拘束状態での床歩行時とトレッドミル歩行時にみられる大脳皮質運動野活動, 浅原 亮太、石井 圭、遠藤 加菜、梁 楠、松川 寛二, 浅原 亮太、石井 圭、遠藤 加菜、梁 楠、松川 寛二, 第67回日本生理学会大会中国四国地方会, 2015年10月24日, 通常, 日本語
  15. 手指筋力発揮速度の違いは同側運動野の興奮性に異なる影響を及ぼす, 梁楠、有澤利顕、橘高照人、高橋真、石井圭、遠藤加菜、松川寛二, 梁楠、有澤利顕、橘高照人、高橋真、石井圭、遠藤加菜、松川寛二, 第70回日本体力医学会大会, 2015年09月18日, 通常, 日本語
  16. 随意運動に先行する前頭前野の酸素化ヘモグロビン濃度増加:Central commandとの関連, 松川寛二、石井圭、梁楠、遠藤加菜、小峰秀彦, 松川寛二、石井圭、梁楠、遠藤加菜、小峰秀彦, 第70回日本体力医学会大会, 2015年09月18日, 通常, 日本語
  17. Facial skin blood flow response during exposure to emotionally-charged movie., Ishii K, Ito M, Endo K, Liang N, Idesako M, Matsukawa K., Ishii K, Ito M, Endo K, Liang N, Idesako M, Matsukawa K., Experimental Biology 2015, 2015年03月28日, 通常, 英語, Boston, MA, USA.
  18. ストループ課題における前頭前野の酸素動態に加齢が与える影響., 遠藤 加菜,梁 楠,石井 圭,井手迫 光弘,松川 寛二., 遠藤 加菜,梁 楠,石井 圭,井手迫 光弘,松川 寛二., 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会/第92回日本生理学会大会合同大会,2015年3月21-23日,神戸., 2015年03月21日, 通常, 英語, 日本解剖学会、日本生理学会, 神戸
  19. 麻酔下ラットにおける島皮質の電気刺激は中脳腹側被蓋野の局所血流量を増加させる., 梁 楠,松川 寛二,石井 圭,井手迫 光弘,遠藤 加菜., 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会/第92回日本生理学会大会合同大会,2015年3月21-23日,神戸., 2015年03月21日, 通常, 英語
  20. ヒト片腕運動時にみられる骨格筋コリンおよびβアドレナリン作動性血管拡張., 石井 圭,松川 寛二,梁 楠,遠藤 加菜,井手迫 光弘,濱田 泰伸,片岡 健,山下 かおり,渡邊 多恵., 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会/第92回日本生理学会大会合同大会,2015年3月21-23日,神戸., 2015年03月21日, 通常, 日本語
  21. 随意運動時にみられる非活動筋血流量の増加と神経調節メカニズム., 松川 寛二,石井 圭,梁 楠,遠藤 加菜, 松川 寛二,石井 圭,梁 楠,遠藤 加菜, 第92回日本生理学会大会合同大会, 2015年03月21日, 通常, 英語
  22. The sensitivity of cardiac baroreflex is decreased at the onset of and during the later period of treadmill exercise at a higher intensity in conscious cats., Matsukawa K, Ishii K, Idesako M, Liang N, Endo K., International Symposium on Human Adaptation to Environment and Whole-body Coordination, 14-16 March, 2015, Kobe, Japan., 2015年03月14日, 招待, 英語
  23. Effect of acute dynamic exercise on cognitive function in elderly subjects., Endo K, Liang N, Ishii K, Idesako M, Matsukawa K., Endo K, Liang N, Ishii K, Idesako M, Matsukawa K., The 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 18-21 June, 2014, 2014年06月18日, 通常, 英語, WFOT, Yokohama, Japan.
  24. ストループ課題における前頭前野の酸素動態は加齢によって変化する, 遠藤 加菜,梁 楠,石井 圭,井手迫 光弘,松川 寛二., 第91回日本生理学会大会, 2014年03月16日, 通常, 日本語
  25. βアドレナリン作動性血管拡張は自発運動および運動イメージに伴う中枢性筋血流量増加に寄与しない., 石井 圭,松川 寛二,梁 楠,遠藤 加菜,井手迫 光弘,濱田 泰伸,片岡 健,上野 和美,渡邊 多恵., 第91回日本生理学会大会,2014年3月16-18日,鹿児島., 2014年03月16日, 通常, 英語
  26. 運動時にみられるヒト骨格筋のコリン作動性血管拡張., 松川 寛二,石井 圭,梁 楠,遠藤 加菜,井手迫 光弘,濱田 泰伸,片岡 健,渡邊 多恵., 第91回日本生理学会大会,2014年3月16-18日,鹿児島., 2014年03月16日, 通常, 英語
  27. 大動脈弓血圧受容器反射による心拍数調節ゲインはトレッドミル運動の強度に依存して低下する., 井手迫 光弘,松川 寛二,石井 圭,梁 楠,遠藤 加菜., 第66回日本生理学会・中国四国地方会,2014年11月1-2日,香川., 2014年11月01日, 通常, 日本語
  28. 中脳腹側被蓋野の電気刺激による動脈圧受容器反射感受性の変化., 梁 楠,松川 寛二,遠藤 加菜,石井 圭,井手迫 光弘., 第91回日本生理学会大会,2014年3月16-18日,鹿児島., 2014年03月16日, 通常, 英語
  29. 心拍数・動脈血圧よりも筋組織血流量の変化は運動イメージの抽出に有効である., 松川 寛二,石井 圭,遠藤 加菜,梁 楠,井手迫 光弘,土井 詩織,崎田 有紀., 第69回日本体力医学会大会,2014年9月19-21日,長崎., 2014年09月19日, 通常, 日本語
  30. 血圧反射性心拍数調節には大動脈弓血圧受容器が頸動脈洞血圧受容器より大きな影響を持つ., 井手迫 光弘,松川 寛二,石井 圭,遠藤 加菜,梁 楠., 第91回日本生理学会大会,2014年3月16-18日,鹿児島., 2014年03月16日, 通常, 英語
  31. ストループ認知課題と前頭前野酸素化ヘモグロビン動態:高齢者と若年者の比較, 遠藤 加菜,梁 楠,井手迫 光弘,石井 圭,松川 寛二, 第65回日本生理学会・中四国地方会,2013年11月2-3日,倉敷., 2013年11月02日, 通常, 日本語
  32. Evidence for centrally-induced cholinergic vasodilatation in skeletal muscle at the start of voluntary one-legged cycling and during motor imagery in humans., Ishii K, Matsukawa K, Liang N, Endo K, Idesako M, Hamada H, Ueno K, Kataoka T., The 37th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS), 21-26 July, 2013, Birmingham, UK., 2013年, 通常, 英語
  33. 運動時にみられる筋血流量の増加応答:セントラルコマンドの関与, 松川寛二、石井圭、道岡健祐、佐々木優、遠藤加菜、井手迫光弘、梁楠, 松川寛二、石井圭、道岡健祐、佐々木優、遠藤加菜、井手迫光弘、梁楠, 第68回日本体力医学会大会, 2013年09月21日, 通常, 日本語
  34. Evidence of centrally-induced cholinergic vasodilatation in skeletal muscle during voluntary one-legged cycliing and motor imagery., Ishii K, Matsukawa K, Liang N, Endo K, Idesako M, Kataoka T, Ueno K, Hamada H., Experimental Biology 2013, 20 - 24 April, 2013, Boston, MA, USA, 2013年, 通常, 英語
  35. 片脚運動時の対側非活動肢における筋血流応答, 遠藤 加菜, 第90回日本生理学会大会, 2013年, 通常, 日本語
  36. 運動時にみられる筋血流量の増加応答:セントラルコマンドの関与., 松川 寛二,石井 圭,道岡 健祐,佐々木 優,遠藤 加菜,井手迫 光弘,梁 楠., 第68回日本体力医学会大会,2013年9月21-23日,東京., 2013年, 通常, 日本語
  37. Regional blood flow of the mesencephalic ventral tegmental area increases during spontaneous fictive motor activity in decerebrate cats and rats., Liang N, Matsukawa K, Ishii K, Endo K., Experimental Biology 2013, 20 - 24 April, 2013, Boston, MA, USA., 2013年, 通常, 英語, Boston, MA, USA.
  38. タッチパネルゲームを用いた運動イメージが脳活動に与える影響, 遠藤 加菜, 第46回日本作業療法学会, 2012年, 通常, 日本語
  39. Effect of handedness on brain function during golf ball handling, 遠藤 加菜, 5th Asia Pacific Occupational Therapy Congress, 2011年, 通常, 日本語
  40. 利き手の違いが手運動時の脳活動に及ぼす影響, 遠藤 加菜, 第45回日本作業療法学会, 2011年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2016年09月30日, 平成28年度 広島大学女性研究者奨励賞, 広島大学, 大脳皮質活動計測を応用した運動イメージ評価法の確立

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), 快感情調整による認知機能向上効果の解明-顔面皮膚血流計測を用いて, 2018年
  2. 挑戦的萌芽研究, あるがままの無拘束歩行運動時にみられる大脳皮質脳活動を可視化する, 1604年01月, 1903年31月
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 高齢者における筋血流量を用いた新しい運動イメージ評価法の確立, 2014年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 筋血流量を用いた運動イメージの可視化とBiofeedbackによる運動機能の改善, 2013年, 2014年
  5. H26年度産学連携若手研究者支援プログラム, 骨格筋血流量計測を利用した運動イメージ定量的フィードバック法の開発, 2014年, 2015年
  6. 平成23年度 広島大学大学院保健学研究科研究支援プログラム, 中枢神経刺激による上肢機能障害に対する新しいリハビリテーション法の開発, 2011年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 運動イメージによる運動機能改善効果-大脳皮質脳活動バイオフィードバックの応用, 2010年, 2012年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究), 快感情調整による認知機能向上効果の解明-顔面皮膚血流計測を用いて, 2018年, 2019年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第20回広島県作業療法学会, 実行委員, 2014年11月, 2014年11月