佐藤 万知MACHI SATOU

Last Updated :2020/01/07

所属・職名
高等教育研究開発センター高等教育研究開発センター准教授
メールアドレス
machihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2010年12月01日, 2014年03月31日, 東北大学高等教育開発推進センター大学教育支援センター, 講師

学歴

  • オックスフォード大学教育学部, 教育研究科, 英国, 2007年10月, 2013年01月
  • オックスフォード大学教育学部, 教育学研究科, 高等教育, 英国, 2006年10月, 2007年09月
  • オーストラリア国立大学東南アジア研究科, 地域研究研究科, 東南アジア研究, オーストラリア, 2001年07月, 2003年11月
  • 東京外国語大学, 日本, 1996年04月, 2001年03月

学位

  • DPhil(Doctor of Philosophy 教育学)(オックスフォード大学)
  • MSc(Mascter of Science 高等教育研究)(オックスフォード大学)
  • MA(東南アジア研究)(オーストラリア国立大学)

教育担当

  • 【博士課程前期】 教育学研究科 : 高等教育学専攻
  • 【博士課程後期】 教育学研究科 : 教育学習科学専攻

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 教育学

研究キーワード

  • 高等教育論,大学教育論,アカデミック・アイデンティティ,専門性開発,マレーシア校等教育政策

所属学会

  • 大学教育学会
  • 教育工学会
  • 日本高等教育学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 高等教育学講究
  2. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 高等教育学講究
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 高等教育開発論特別研究
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 高等教育開発論課題研究
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 高等教育基礎論I(理論・手法)
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 大学教育論特講
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Higher Education in Japan
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 大学教員養成講座
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 大学教員養成講座
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 高等教育開発論特別研究
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 高等教育開発論課題研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Difficulties of Public University Reform in Malaysia, Bulletin of Higher Education Research, 3巻, pp. 8-10, 20040201
  2. Education, Ethnicity and Economics: Higher Education Reform in Malaysia 1957-2003, NUCB Journal of Language, Culture and Communication, 7巻, 1号, pp. 73-88, 20050301
  3. FD担当者の専門性,役割,アイデンティティに関する知見の考察~英語圏FD担当者による研究論文のレビューを通して~, 国立教育政策研究所紀要, 139巻, pp. 63-72, 20100301
  4. ★, Unpacking Faculty Development in Japan: an ethnography of faculty development practitioners, 2013
  5. FD専門職団体による倫理規定の基礎調査-PODとSEDAを事例として-, 大学論集, 49巻, pp. 101-114
  6. 大学教員への道のり-博士課程後期在籍の院生によるライフストーリー-, 東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要, 1巻, pp. 97-108, 2015
  7. マレーシアにおける大学の機能別文化政策について, 戦略的研究プロジェクトシリーズ9『大学の機能別分化の現状と課題』広島大学高等教育研究開発センター, 9巻, pp. 51-64, 2015
  8. FD専門職団体による倫理規定の基礎調査:PODとSEDAを事例として, 大学論集, 49巻, pp. 101-114

著書等出版物

  1. 2014年01月, Bloomsbury Publishing, 2014年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 9781441185341, 12
  2. 2014年02月, FDガイドブック 大学教員の能力開発, 翻訳, 玉川大学出版部, 2014年, 02, 338
  3. 2007年05月, Monash University Press, 2007年, 05, 単行本(学術書), 単著, 9781876924416, 98
  4. 2017年, Envisioning the Asian New Flagship University: Its Past and Vital Future, The New Flagship Model and Two Universities in Japan, Berkeley Public Policy Press, 2017年, 単行本(学術書), 共著, English, Satoshi Watanabe, Machi Sato, 17

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 国家主導型アカデミック・リーダー育成の取り組みーマレーシアAKEPTを事例にー, 日本高等教育学会第20回全国大会, 2017年05月28日, 通常, 日本語, 日本高等教育学会, 仙台
  2. TA制度改革と大学・大学院教育改善:広島大学を事例として, 佐藤万知, 九州大学FD講演会, 2017年07月26日, 招待, 日本語, 九州大学基幹教育院次世代型大学教育開発センター, 九州大学
  3. Lost in the third space of the university: impact of lived experiences on decision-making and formation of professional identity, Machi Sato, 15th EAJS International Conference 2017, 2017年08月31日, 通常, 英語, European Association for Japanese Studies
  4. Roles of academic identity in understanding changing academic profession, Machi Sato, Australian Association for Research in Education (AARE) Conference 2017, 2017年11月29日, 通常, 英語
  5. Bansosha (guide runner) as a metaphor to suggest a professional development model for 'third space professionals', Machi Sato, Kiiko Katsuno, 21st Annual SEDA Conference, 2016年11月04日, 通常, 英語, Staff and Educational Development Association, Hilton Hotel Metropole, Brighton
  6. 大学教員養成機関としての大学院教育に関する課題:教育学系大学院博士課程後期在籍の学生によるライフストーリー・インタビューをもとに, 佐藤万知, 日本高等教育学会第18回大会, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 日本高等教育学会
  7. Understanding the construction of the frame for professional identity: a case study of Japanese academics in early career stage., Machi Sato, Academic Identity Conference 2014, 2014年07月09日, 通常, 英語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), FD担当者に対する「伴走者型支援」の開発, 2012年, 2014年
  2. 科学研究費補助金基盤研究(C), 大学教授職の専門職らしさの探求ーアカデミックネスの構築と検証, 2017年, 2019年
  3. 科学研究費補助金基盤研究(A), 海外専門家団体との共同開発・共同実施によるグローバルなFDプログラムの開発と実践, 2014年, 2017年

社会活動

委員会等委員歴

  1. AP(大学教育再生加速プログラム)評価委員, 2015年01月, 2016年03月, 県立広島大学
  2. チューニングによる大学教育のグローバル質保証-テスト問題バンクの取組-に係る委員, 2016年02月, 2016年03月, 国立教育政策研究所
  3. 山形大学教育開発連携支援センター教育関係共同利用拠点運営委員会委員, 2017年10月, 2019年03月, 山形大学
  4. カンボジア教員養成大学設立のための基盤構築プロジェクト研修講師, 2017年12月, 2017年12月, (株)インテムコンサルティング
  5. 高等教育学会国際委員会, 日本高等教育学会