小川 恒男Tsuneo Ogawa

Last Updated :2019/07/01

所属・職名
大学院文学研究科 日本・中国文学語学講座 教授
メールアドレス
tsuogawahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目2番3号文学部A463
TEL:(082)424-6672 FAX:(082)424-6677
自己紹介
中国の古い詩を読んでいる。語彙・語法に着目し、詩的言語が生み出されるメカニズムについて考えている。

基本情報

主な職歴

  • 1995年04月01日, 1998年03月31日, 四国大学, 助教授
  • 1989年04月01日, 1995年03月31日, 四国大学, 講師
  • 1986年04月01日, 1989年03月31日, 山陽女子短期大学, 講師
  • 1998年04月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 文学部, 助教授
  • 2001年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院文学研究科, 助教授
  • 2008年04月01日, 広島大学, 大学院文学研究科, 准教授

学歴

  • 広島大学, 文学研究科, 中国語学 中国文学, 日本, 1985年04月, 1986年03月
  • 広島大学, 文学部, 文学科 中国語学 中国文学専攻, 日本, 1978年04月, 1982年03月

学位

  • 博士(文学) (広島大学)
  • 文学修士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 文学部 : 人文学科
  • 【博士課程前期】 文学研究科 : 人文学専攻
  • 【博士課程後期】 文学研究科 : 人文学専攻

担当主専攻プログラム

  • 日本・中国文学語学プログラム

研究分野

  • 人文学 / 文学 / 中国文学

研究キーワード

  • 黄遵憲
  • 楽府
  • 清末
  • 六朝

所属学会

  • 中国中世文学会, 1999年
  • 全国漢文教育学会
  • 六朝学術学会
  • 広島中国学会, 1999年
  • 日本中国学会
  • 日本中国語学会
  • 東方学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 3ターム, 中国文学語学入門
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 中国語学研究
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 中国文学史
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 中国古代中世漢語講読
  5. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 中国中世文学演習A
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 中国中世文学演習B
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 中国文学特別演習C
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 中国文学特別演習D
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文指導A
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文指導B
  11. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  12. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 中国文字学研究A
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 中国文字学研究B
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 中国語学演習A
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 中国語学演習B
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 中国語学演習C
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 中国語学演習D
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究指導I(日本・中国文学語学)
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究指導I(日本・中国文学語学)
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 日中言語文化交流論A
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究指導II(日本・中国文学語学)
  23. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究指導II(日本・中国文学語学)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, (]J7760[)自珍「漫感」詩の解釈について, 四国女子大学紀要, 10巻, 2号, pp.299-pp.309, 19910401
  2. 何遜詩の色彩表現について, 四国大学紀要A 人文・社会科学編, 9号, pp.171-pp.179, 19980301
  3. 厳復『天演論』の文体について, 広島大学文学部紀要, 58巻, pp.116-pp.133, 19981201
  4. 唐詩中の「好十動詞」について, 中国中世文学研究, 35号, pp.88-pp.104, 19990101
  5. 詩語研究のための漢字情報処理(2) ―表計算ソフトによる文字列操作とその教授法試案(1)―, 中国学研究論集, 5号, pp.164-pp.180, 20000401
  6. 『人境廬詩草』中の「新名詞」, 中国古典文学研究, 1号, pp.149-pp.168, 20031201
  7. ★, 黄遵憲詩の物語性について, 新しい漢字漢文教育, 37号, pp.21-pp.29, 20031201
  8. ★, 黄遵憲詩の「饒舌」について―類型化と叙述性―, 日本中国学会報, 55巻, pp.181-pp.195, 20031001
  9. ★, 家族の物語―黄遵憲の家族を描いた詩―, 中国中世文学研究, 44号, pp.82-pp.93, 20030701
  10. 中国詩に於ける「桃」のイメージ, 山陽女子短期大学研究紀要, 13号, pp.1-pp.10, 19870301
  11. 茅盾『論無産階級芸術』について, 山陽女子短期大学研究紀要, 14号, pp.51-pp.61, 19880301
  12. 茅盾の『魯迅論』について, 四国女子大学紀要, 9巻, 2号, pp.137-pp.144, 19900301
  13. 黄遵憲「日本雑事詩」について, 漢文教育, 21号, pp.21-pp.29, 19960901
  14. 黄遵憲の「詩境」と梁啓超の「詩界革命」, 渓水社・『藤原尚教授広島大学定年祝賀記念中国論集』, pp.381-pp.394, 19970301
  15. 杜甫「満目悲生事 因人作遠遊」について, 中国学論集, 17号, pp.21-pp.30, 19970801
  16. 魯迅『吶喊』覚書(1)―「狂人日記」前書きの戦略性―, 中国学論集, 18号, pp.23-pp.33, 19971201
  17. 六朝詩中の「色」について―「事物名+色」を中心に―, 中国学論集, 20号, pp.39-pp.49, 19980701
  18. 六朝詩における色彩対比表現について―紫を中心に―, 中国学研究論集, 創刊号, pp.61-pp.74, 19981001
  19. 詩語研究のための漢字情報処理(1)―電子化テキスト作成―, 中国学研究論集, 3号, pp.164-pp.180, 19990401
  20. 黄遵憲「日本雑事詩」中の語彙について, 『岡村貞雄博士古稀記念中国学論集』, pp.637-pp.654, 19990801
  21. 「明月」と「名月」, 漢文教育, 23号, pp.68-pp.78, 19991101
  22. 黄遵憲「致厳復書」について, 『山本昭教授退休記念中国学論集』, pp.339-pp.352, 20000301
  23. 来日以前の黄遵憲について, 中国中世文学研究, 38号, pp.79-pp.88, 20000401
  24. 宮島誠一郎と清国駐日公使団との筆談について, 中国中世文学研究四十周年記念論文集, pp.411-pp.420, 20011001
  25. 黄遵憲「香港感懐」について, 中国中世文学研究, 40号, pp.99-pp.110, 20011201
  26. ★, 黄遵憲「遊豊湖」について, 中国中世文学研究, 45・46号, pp.353-pp.369, 20041001
  27. ★, 3年ごとの豊湖―黄遵憲「遊豊湖」「庚午六月重到豊湖誌感」―, 中国古典文学研究, 2号, pp.311-pp.321, 20041201
  28. 黄遵憲「人境廬雑詩」について(上), 中国古典文学研究, 3号, pp.153-pp.164, 20051201
  29. 黄遵憲「人境廬雑詩」について(下), 中国中世文学研究, 49号, pp.67-pp.83, 20060301
  30. ★, 六朝詩に見える「楼蘭」―楽府「白馬篇」を中心に―, 中国中世文学研究, 52号, pp.15-pp.40, 20070901
  31. 六朝楽府訳注(六)-「芳樹」(上)二首-, 中国学研究論集, 19号, pp.100-pp.112, 20071201
  32. 新学習指導要領に向けての授業実践Ⅰ ―近現代の文学作品を入り口にした親しみやすい漢詩・漢文の学習―, 学部・附属学校共同研究紀要(広島大学), 37号, pp.401-pp.406, 20090301
  33. ★, 明治の東京を描いた詩(一) ―郁曼陀「東京雑事詩」―, 中国中世文学研究, 55号, pp.47-pp.56, 20090301
  34. 黄遵憲「不忍池晩遊詩」訳注(一), 中国古典文学研究, 5号, pp.84-pp.92, 20071201
  35. 六朝楽府訳注(七) ―「芳樹」(中)四首―, 中国学研究論集, 20号, pp.98-pp.108, 20080401
  36. 郁曼陀「東京雑事詩」訳注(一), 中国古典文学研究, 7号, pp.145-pp.155, 20091201
  37. 六朝楽府訳注(十) ―「有所思」(中)三首―, 中国学研究論集, 24号, pp.73-pp.81, 20100401
  38. 詩語研究のための漢字情報処理(3) ―表計算ソフトによる文字列操作とその教授法試案(2)―, 中国学研究論集, 8号, pp.83-pp.96, 20011201
  39. 黄遵憲「日本雑事詩」訳注(一), 四国女子大学紀要, 10巻, 1号, pp.103-pp.121, 19901201
  40. 黄遵憲「日本雑事詩」訳注(二), 四国女子大学紀要, 11巻, 2号, pp.265-pp.275, 19920301
  41. 黄遵憲「日本雑事詩」訳注(三), 四国大学紀要A 人文・社会科学編, 2号, pp.249-pp.257, 19940301
  42. 黄遵憲「日本雑事詩」訳注(四), 四国大学紀要A 人文・社会科学編, 4号, pp.153-pp.170, 19951201
  43. 黄遵憲「日本雑事詩」訳注(五), 四国大学紀要A 人文・社会科学編, 8号, pp.123-pp.137, 19971201
  44. 「宮島家文書・駐日公使等筆談」訳注(一), 中国学論集, 23号, pp.27-pp.39, 19990901
  45. 「宮島家文書・駐日公使等筆談」訳注(二), 中国学論集, 25号, pp.45-pp.53, 20000301
  46. 「宮島家文書・駐日公使等筆談」訳注(三), 中国学論集, 26号, pp.55-pp.69, 20000801
  47. 「宮島家文書・駐日公使等筆談」訳注(四), 中国学論集, 27号, pp.75-pp.83, 20001201
  48. 六朝楽府訳注(四) ―「君馬黄」(上)一首―, 中国学研究論集, 17号, pp.78-pp.85, 20061201
  49. 六朝楽府訳注(五) ―「君馬黄」(下)二首―, 中国学研究論集, 18号, pp.29-pp.36, 20071201
  50. 六朝楽府解釈鑑賞総覧(初稿), 中国古典文学研究, 4号, pp.167-pp.293, 20061201
  51. 詩語研究のための漢字情報処理 ver.2 ―表計算ソフトによる文字列操作とその教授法試案―, 中国古典文学研究, 6号, pp.137-pp.163, 20081201
  52. 郁曼陀の「東京雑事詩」について, 比較日本文化学研究, 3号, pp.174-pp.185, 20100201
  53. 六朝楽府訳注(八) ―「芳樹」(下)四首―, 中国学研究論集, 21号, pp.30-pp.40, 20081201
  54. 六朝楽府訳注(九) ―「有所思」(上)三首―, 中国学研究論集, 23号, pp.1-pp.14, 20091201
  55. 六朝楽府訳注(十一)―「有所思」(下之上)三首―, 中国学研究論集, 25号, pp.p1~p9, 20101201
  56. 郁曼陀「東京雑事詩」訳注(二), 中国古典文学研究, 8号, pp.p85~p93, 20101201
  57. 六朝楽府訳注(十二)―「有所思」(下之中)四首―, 中国学研究論集, 26号, pp.p93~p92, 20110401
  58. 郁曼陀「東京雑事詩」訳注(三), 中国古典文学研究, 9号, pp.p12~p30, 20111201
  59. 郁曼陀「東京雑事詩」訳注(四), 中国古典文学研究, 10号, pp.p8~95, 20121201
  60. 黄遵憲「不忍池晩遊詩」訳注(三), 中国古典文学研究, 11号, pp.60-pp.67, 20131226
  61. 六朝楽府訳注(十三)―「有所思」(下之下)八首―, 中国中世文学研究, 62号, pp.57-pp.76, 20130920
  62. 六朝楽府訳注(十四)―「雉子斑」六首―, 中国学研究論集, 31号, pp.30-pp.44, 20131224
  63. 六朝楽府訳注(十五)―「臨高台」九首―, 中国学研究論集, 32号, pp.62-pp.82, 20140424
  64. 六朝楽府訳注(十六)―「遠期」二首・「玄雲」一首・「隴頭」一首―, 中国学研究論集, 33号, pp.48-pp.57, 20141224
  65. 六朝楽府訳注(十七)―「隴頭水」七首―, 中国中世文学研究, 65号, pp.86-pp.105, 20150320
  66. 六朝楽府訳注(十八)―「釣竿」三首・「釣竿篇」三首・「隴頭水」五首―, 中国中世文学研究, 66号, pp.62-pp.90, 20150928
  67. 六朝楽府訳注(十九)―「入関」一首・「出塞」四首―, 中国中世文学研究, 67号, pp.62-pp.79, 20160325
  68. 杜甫「返照開巫峡」について, 中国中世文学研究, 63/64号, pp.145-pp.156, 20140920
  69. 郁曼陀「東京雑事詩」と竹枝詞, 中国古典テキストとの対話, pp.371-pp.392, 20151008
  70. 何遜詩訳注(一), 中国学研究論集, 34号, pp.41-pp.54, 20160430
  71. 六朝楽府訳注(二十)―「出塞」三首―, 中国中世文学研究, 68号, pp.42-pp.67, 20160925
  72. 六朝楽府訳注(二十一)―「出塞」二首・「入塞」二首・「折楊柳」一首―, 中国中世文学研究, 69号, pp.94-pp.114, 20170325
  73. 黄遵憲「遊豊湖」について(<特集>小尾郊一博士追悼特集), 中国中世文学研究, 45号, pp.353-pp.369, 20041023
  74. 何遜詩訳注(二), 中国学研究論集, 35号, pp.11-pp.36, 201704
  75. 漱石「題自画(唐詩読罷倚闌干)」について, 漢文教育, 41号, pp.37-pp.47, 20161211
  76. 六朝楽府訳注(二十二)―「折楊柳」七首―, 中国中世文学研究, 70号, pp.97-pp.117, 20170925
  77. 六朝楽府訳注(二十三)―「折楊柳」二首・「関山月」四首―, 中国中世文学研究, 71号, pp.78-pp.95, 20180325
  78. 何遜詩訳注(三), 中国学研究論集, 36号, pp.1-pp.24, 20180425

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本中国学会評議員, 2017年04月, 2019年03月, 日本中国学会
  2. 地区委員(中国), 2015年04月, 東方学会
  3. 2015年10月, 中国中世文学会