小藤智史SATOSHIKOFUJI

Last Updated :2019/09/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬)(薬学)創薬標的分子科学助教
メールアドレス
sakofujihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(薬学)(東京大学)
  • 博士(薬学)(東京大学)

所属学会

  • 日本分子生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 2ターム, 生理化学
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生物化学実習
  3. 2019年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  4. 2019年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  5. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  6. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  7. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  8. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. In-vitro evaluation of MPA-loaded electrospun coaxial fiber membranes for local treatment of glioblastoma tumor cells., J Drug Delivery Science Technology, 40巻, pp. 45-50, 2017
  2. Pharmacologic Targeting of S6K1 in PTEN-Deficient Neoplasia., Cell Report, 18巻, 9号, pp. 2088-2095, 2017
  3. microRNA-210-3p depletion by CRISPR/Cas9 promoted tumorigenesis through revival of TWIST1 in renal cell carcinoma., Oncotarget, 8巻, 13号, pp. 20881-20894, 2017
  4. Targeting cancer metabolism by simultaneously disrupting parallel nutrient access pathways., J Clin Invest., 126巻, 11号, pp. 4088-4102, 2016
  5. Structural reverse genetics study of the PI5P4Kbeta-nucleotide complexes reveals the presence of the GTP bioenergetic system in mammalian cells., FEBS J, 283巻, 19号, pp. 3556-3562, 2016
  6. The lipid kinase PI5P4Kbeta is an intracellular GTP sensor for metabolism and tumorigenesis., Molecular Cell, 61巻, 2号, pp. 187-198, 2016
  7. ★, INPP4B Is a PtdIns(3,4,5)P3 Phosphatase That Can Act as a Tumor Suppressor., Cancer Discovery, 5巻, 7号, pp. 730-739, 2015
  8. Loss of INPP4B causes a DNA repair defect through loss of BRCA1, ATM and ATR and can be targeted with PARP inhibitor treatment., Oncotarget, 6巻, 12号, pp. 10548-10562, 2015
  9. A Review of the Potential Utility of Mycophenolate Mofetil as a Cancer Therapeutic., Journal of Cancer Research, 423401巻, 2014
  10. Critical roles of type III phosphatidylinositol phosphate kinase in murine embryonic visceral endoderm and adult intestine., Proc Natl Acad Sci U S A., 110巻, 5号, pp. 1726-1731, 2013
  11. The PtdIns(3,4)P2 phosphatase INPP4A is a suppressor of excitotoxic neuronal death., Nature, 465巻, 7297号, pp. 497-501, 2010
  12. Mammalian phosphoinositide kinases and phosphatases., Prog Lipid Res., 48巻, 6号, pp. 307-343, 2009
  13. The decapping enzyme Dcp1 participates in translation termination through its interaction with the release factor eRF3 in budding yeast., Biochemical and Biophysical Research Communications, 344巻, 2号, pp. 547-553, 2006
  14. Decapping reaction of mRNA requires Dcp1 in fission yeast: its characterization in different species from yeast to human., Journal of Biochemistry, 136巻, 6号, pp. 805-812, 2004
  15. GTP代謝, 実験医学増刊, 35巻, 10号, pp. 1633-1641, 20170605
  16. INPP4BはPTEN欠損による発がんへのフェイルセーフ機構を担う, 実験医学, 34巻, 3号, pp. 450-453, 2016
  17. イノシトールリン脂質とイノシトールリン脂質代謝酵素, 遺伝子医学MOOK, 24巻, pp. 218-231, 2013
  18. ホスホイノシタイドホスファターゼの異常と病態, 実験医学, 28巻, 20号, pp. 3358-3363, 2010
  19. PHGDH as a Key Enzyme for Serine Biosynthesis in HIF2 alpha-Targeting Therapy for Renal Cell Carcinoma, CANCER RESEARCH, 77巻, 22号, pp. 6321-6329, 20171115
  20. TMEM55a localizes to macrophage phagosomes to downregulate phagocytosis, JOURNAL OF CELL SCIENCE, 131巻, 5号, 201803
  21. PIKfyve accelerates phagosome acidification through activation of TRPML1 while arrests aberrant vacuolation independent of the Ca2+ channel., Journal of Biochemistry, 2018
  22. Lysophosphatidylinositol-acyltransferase-1 is involved in cytosolic Ca2+ oscillations in macrophages., Genes to Cells, 2019
  23. Lysophosphatidylinositol-acyltransferase-1 is involved in cytosolic Ca2+ oscillations in macrophages, GENES TO CELLS, 24巻, 5号, pp. 366-376, 201905
  24. Sac1 Phosphoinositide Phosphatase Regulates Foam Cell Formation by Modulating SR-A Expression in Macrophages, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 6号, pp. 923-928, 201906
  25. ★, IMP dehydrogenase-2 drives aberrant nucleolar activity and promotes tumorigenesis in glioblastoma., Nature Cell Biology, 21巻, 8号, pp. 1003-1014, 201908
  26. Dynamic compartmentalization of purine nucleotide metabolic enzymes at leading edge in highly motile renal cell carcinoma., Biochem Biophys Res Commun, 516巻, 1号, pp. 50-56, 201908
  27. Phosphorylation of TMEM55B by Erk/MAPK regulates lysosomal positioning., J Biochem, 166巻, 2号, pp. 175-185, 201908

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 神経膠芽腫と GTP 代謝, 小藤智史, 第1回 HiHA&HIRAKU 若手研究者 Workshop, 2018年08月31日, 通常, 日本語
  2. 神経膠芽腫における GTP 代謝の役割, 小藤 智史, 第 17 回生命科学研究会, 2018年06月, 通常, 日本語
  3. グリオブラストーマにおける同化的増殖のためのGTP代謝変換, 小藤智史、佐々木敦朗, 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 日本語
  4. 時系列マルチオミクス解析によるGTP代謝とがん化をつなぐ制御メカニズムの解明, 河口 理紗、デホーン ミヒル、池田 幸樹、小藤 智史、平山 明由、森 大、曽我 朋義、竹内 恒、千田 俊哉、佐々木 敦朗、木立 尚孝, 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 日本語
  5. GTP結合タンパク質 PIP4 Kβによって制御され る、PI(5)Pの標的タンパク質の網羅的探索系の構築, 高橋 宏隆、壽美田 一貴、河口 理紗、小藤 智史、笠原 亜希子、井上 竜也、櫻井 秀敬、和田 直也、久保田 一石、佐々木 敦朗、澤崎 達也, 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 日本語
  6. IMPDH阻害剤による新規白血病治療法の開発, 劉 瀟瀟、合山 進、四方 紫織、林 康貴、岩村 浩幸、齊藤 基輝、杉浦 悠毅、滝澤 仁、小藤 智 史、壽美田 一貴、佐々木 敦朗、Janet Schibler、James C. Mulloy、北村 俊雄, 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 日本語
  7. GTP metabolic switch leads to nucleolar transformation and malignant growth of glioblastoma, 2017年11月, 通常, 英語
  8. ホ ス フ ァ チ ジ ル イ ノ シト ー ル4- リ ン 酸 に よ る S R - A の 細 胞 表 面 発 現 制 御, 坂本 裕美、濁川 清美、小藤 智史、櫨木 薫, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  9. イ ノ シト ー ル リ ン 脂 質 4 位 脱 リ ン 酸 化 酵 素 T M E M 5 5 a は マ ク ロ フ ァ ー ジ 食 胞 内 の 酸 性 化 を促進する, 瀬川 智裕、濁川 清美、小藤 智史、岡田 恵梨、櫨木 薫, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  10. クラスII型PI3キナーゼによるマクロファージの貪食制御, 野々村 朋哉、濁川 清美、小藤 智史、川波 知裕、櫨木 薫, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  11. グリオブラストーマにおける de novo GTP 経路の意義, 小藤智史, 第 16 回生命科学研究会, 2017年06月, 通常, 日本語
  12. イノシトールリン脂質 5 位リン酸化酵素 PIKfyve のエンドソームの酸性化と空胞化における役割, 礒部 百合、濁川 清美、小藤 智史、櫨木 薫, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  13. De novo GTP pathway is required for the proliferation of glioblastoma, 小藤智史, Akiyoshi Hirayama, Mikako Warren, Kazutaka Sumita, Hirofumi Yoshino, Koichi Okumura, Akshiv Malhotra, Annmarie Ramkissoon, Lionel Chow, Hiroaki Wakimoto, Paul Mischel, Craig Horbinski, Tomoyoshi Soga, Atsuo T. Sasaki, 第 39 回日本分子生物学会, 2016年11月, 通常, 日本語
  14. The mechanism of the switch of GTP energy metabolism in Cancer, 小藤智史, UJA Midwest, Conference, 2016年10月, 通常, 日本語
  15. GTP metabolic switch drives cellular mass anabolism for glioblastomagenesis, 小藤智史, Akiyoshi Hirayama, Mikako Warren, Kazutaka Sumita, Hirofumi Yoshino, Koichi Okumura, Akshiv Malhotra, Annmarie Ramkissoon, Lionel Chow, Hiroaki Wakimoto, Paul Mischel, Craig Horbinski, Tomoyoshi Soga, Atsuo T. Sasaki, Jensen Symposium on Breast Cancer, 2016年11月, 通常, 英語
  16. Dynamic role of GTP metabolism in cancers, 小藤智史, Akiyoshi Hirayama, Mikako Warren, Kazutaka Sumita, Hirofumi Yoshino, Koichi Okumura, Akshiv Malhotra, Annmarie Ramkissoon, Lionel Chow, Hiroaki Wakimoto, Paul Mischel, Craig Horbinski, Tomoyoshi Soga, Atsuo T. Sasaki, Cancer Metabolism Symposium, 2016年05月, 通常, 英語
  17. GTP metabolic switch promotes malignant growth of brain tumors, 小藤智史, Mikako Warren, Kazutaka Sumita, Annmarie Ramkissoon, Mika Sasaki, Naz Majd, Hirofumi Yoshino, Kaori Kofuji, Koichi Okumura, Yoshiki Ikeda, Lionel Chow and Atsuo Sasaki, American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting, 2015年12月, 通常, 英語
  18. Dynamic Role of GTP-Metabolism in Glioblastoma, 小藤智史, Mikako Warren, Kazutaka Sumita, Akiyoshi Hirayama, Annmarie Ramkissoon, Akshiv Malhotra, Hirofumi Yoshino, Luke Pater, Yair Gozal, Ady Kendler, Trisha Wise, Ronald Warnick, Richard Curry, Biplab DasGupta, Lionel Chow, Hiroaki Wakimoto, Tomoyoshi Soga, Craig Horbinski, Atsuo T. Sasaki, Cancer Biology & Hematology/Oncology Joint Retreat, 2015年11月, 通常, 英語
  19. The novel mechanism of tumor suppression by inositol polyphosphate 4-phosphatase type II (INPP4B), 小藤智史, Junko Sasaki, Hiroki Nakanishi, Takehiko Sasaki, 第 36 回日本分子生物学会, 2013年12月, 通常, 日本語
  20. The novel mechanism of tumor suppression by inositol polyphosphate 4-phosphatase type II, 小藤智史, Junko Sasaki, Hiroki Nakanishi, Takehiko Sasaki, The 8th Japan-Korea conference on cellular signaling for young scientists, 2013年11月, 通常, 英語
  21. The novel mechanism of tumor suppression by inositol polyphosphate 4-phosphatase type II (INPP4B), 小藤智史, Junko Sasaki, Hiroki Nakanishi, Takehiko Sasaki, 第 12 回生命科学研究会, 2013年06月, 通常, 日本語
  22. Regulation of T cells by the novel lipid-metabolizing enzyme, 小藤智史, 第 8 回北東北血液研究会, 2010年05月, 通常, 日本語
  23. Inositol polyphosphate phosphatase 4B and PTEN cooperatively suppresses thyroid tumorigenesis, 小藤智史, Junko Sasaki, Takehiko Sasaki, 第 32 回日本分子生物学会, 2009年12月, 通常, 日本語
  24. Analysis of the localization mechanism of the drug transporter, P-glycoprotein, at the apical membranes, 小藤智史, Noriko Yokota, Kenji Kontani, Toshiaki Katada, 第 5 回ファーマバイオフォーラム, 2006年12月, 通常, 日本語
  25. Genetic Screening for genes involved in apical trafficking using C. elegans, 小藤智史, Noriko Yokota, Joel H. Rothman, Kenji Kontani, Toshiaki Katada, The 20th International Union of Biochemistry and Molecular Biology (IUBMB), 2006年06月, 通常, 英語
  26. The decapping enzyme Dcp1 plays a role in the translation termination reaction in addition to mRNA decay, 小藤智史, Takeshi Sakuno, Yasuhiro Araki, Toshiaki Katada, 第 27 回日本分子生物学会, 2004年12月, 通常, 日本語
  27. Checkpoint regulation of DNA damage and replication through mRNA decay, 小藤智史, Yasuhiro Araki, Toshiaki Katada, 第 26 回日本分子生物学会, 2003年12月, 通常, 日本語
  28. ファゴソームの成熟におけるホスファチジルイノシトール4-リン酸の役割, 山本 花怜、濁川 清美 、小藤 智史、櫨木 薫, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  29. リゾホスファチジルイノシトールアシル基転移酵素 ( LPIAT1 ) は G タンパク質依存性 Ca2+ 流入に寄与する, 竹増真也、濁川清美、小藤智史、櫨木薫, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 米子コンベンションセンター BIG SHIP、米子市文化ホール
  30. イノシトールリン脂質5位リン酸化酵素 PIKfyve の食胞成熟における役割, 鶴海剛、濁川清美、小藤智史、櫨木薫, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 米子コンベンションセンター BIG SHIP、米子市文化ホール
  31. クラス II 型 PI3 キナーゼによるファゴサイトーシスの制御, 川波知裕、濁川清美、小藤智史、櫨木薫, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 米子コンベンションセンター BIG SHIP、米子市文化ホール
  32. TMEM55 によるマクロファージスカベンジャー受容体の発現制御, 春名勇希、濁川清美、小藤智史、櫨木薫, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 米子コンベンションセンター BIG SHIP、米子市文化ホール
  33. 神経膠芽腫における GTP 代謝亢進の意義, 小藤智史、佐々木敦朗, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, パシフィコ横浜
  34. 神経膠芽腫における de novo GTP 合成経路の意義, 小藤智史, 第 18 回生命科学研究会, 2019年06月28日, 通常, 日本語, 東京大学山上会館

受賞

  1. 2016年11月05日, UJA Midwest Conference 2016, Presentation Award, UJA, The mechanism of the switch of GTP energy metabolism in Cancer

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 基盤研究(C), 脳腫瘍における GTP 代謝スイッチの分子機構と意義の解明, 2018年, 2021年
  2. 若手研究 (B), 甲状腺濾胞癌の発症におけるリン脂質代謝酵素の機能解析, 2011年, 2012年
  3. 新学術領域研究(研究課題提案型), イノシトールリン脂質研究に新展開をもたらすパラダイムの構築, 2009年, 2011年
  4. 挑戦的萌芽研究, 脂質脱リン酸化酵素阻害によるリソソーム機能賦活・長寿モデルマウスの開発, 2009年, 2010年
  5. 特別研究員奨励費, 真核生物におけるmRNA分解の負の制御とその抑制解除の分子機構の解明, 2005年, 2007年
  6. 海外留学助成金, GTPエネルギー代謝に着目した癌検査及び治療技術の開発, 2015年, 2016年