有賀 敦紀ATSUNORI ARIGA

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院総合科学研究科 行動科学講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
arigahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
認知行動科学(Cognitive and Behavioral Sciences)を専門としています。

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月, 日本学術振興会, 特別研究員 (DC1)
  • 2009年04月, 日本学術振興会, 海外特別研究員
  • 2009年04月, イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校, 客員研究員
  • 2011年04月, 立正大学, 心理学部, 専任講師
  • 2014年04月, 立正大学, 心理学部, 准教授
  • 2016年04月, 広島大学, 総合科学研究科, 准教授

学位

  • 修士(心理学) (東京大学)
  • 博士(心理学) (東京大学)

担当主専攻プログラム

  • 行動科学プログラム

研究分野

  • 情報学 / 人間情報学 / 認知科学
  • 社会科学 / 心理学 / 実験心理学

研究キーワード

  • 視覚的注意
  • 対象認知
  • 社会的認知
  • 消費者心理

所属学会

  • 日本心理学会
  • 日本基礎心理学会
  • 日本認知心理学会
  • Psychonomic Society

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 教養教育, 2ターム, 認知と学習
  2. 2018年, 教養教育, 1ターム, 行動の科学
  3. 2018年, 教養教育, 3ターム, 心理学概論A
  4. 2018年, 教養教育, 2ターム, 心理学概論B
  5. 2018年, 学部専門, 1ターム, 研究指導IIB
  6. 2018年, 学部専門, 1ターム, 応用行動科学
  7. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験
  8. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験法
  9. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実習
  10. 2018年, 学部専門, 3ターム, 行動科学外書演習
  11. 2018年, 学部専門, 集中, 行動科学外書特別演習
  12. 2018年, 学部専門, 3ターム, 認知行動科学
  13. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学統計法
  14. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験A
  15. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験法A
  16. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験法C
  17. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験法D
  18. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験C
  19. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験D
  20. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  21. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  22. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究(人間行動研究)
  23. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 認知行動論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The gaze-cueing effect in the United States and Japan: Influence of cultural differences in cognitive strategies on control of attention, Frontiers in Psychology, 2018
  2. Is choice overload replicable?, Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 2018
  3. Attentional capture by spatiotemporally task-irrelvant faces: Supportive evidence for Sato and Kawahara (2015), Psychological Research, 2017
  4. Does decision-making speed depend on non-interactive others?, Management Studies, 2017
  5. Visual attention is captured by task-irrelevant faces, but not by pareidolia faces, Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 2017
  6. Early visual perception potentiated by object affordances: Evidence from a temporal order judgment task, i-Perception, 2016
  7. ★, 拡張的パーソナルスペース:所持品間の距離に反映される所有者の対人距離, 心理学研究, 2016
  8. 商品価格に基づく購入の確実性が値引き獲得行動に与える影響, 心理学研究, 2016
  9. Do you trust one’s gaze?: Commonalities and differences in gaze-cueing effect between American and Japanese, Lecture Notes in Computer Science, 2016
  10. Object affordances potentiate responses but do not guide attentional prioritization, Frontiers in Integrative Neuroscience, 2016
  11. Elimination of the back-view bias in attractiveness judgement with short-term exposure, Proceedings of Kansei Engineering and Emotion Research, 2016
  12. General trust is correlated with attentional orientation triggered by gaze direction, Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 2016
  13. How scarce objects attract people: Distinguishing the effects of temporal and social contexts on the scarcity principle, Journal of Marketing Trends, 2015
  14. The social-devaluation effect: Interactive evaluation deteriorates likeability of objects based on daily relationship, Frontiers in Psychology, 2015
  15. Insightful problem solving can be manipulated by social reality, Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 2015
  16. 絶対評価時におけるユニフォームの色の印象, 立正大学心理学研究所紀要, 2015
  17. パーソナルスペースのモノへの転移, 信学技報, 2015
  18. ★, 商品の減少による希少性の操作が消費者の選好に与える影響, 消費者行動研究, 2013
  19. 社会的比較に基づく洞察の促進・抑制, 心理学研究, 2013
  20. パロディ商品に対する消費者の認知, 立正大学心理学研究所紀要, 2013
  21. Interaction between viewpoint and exposure angle in perception of Buddha statues, Proceedings of Kansei Engineering and Emotion Research, 2012
  22. Object-based maintenance of temporal attention in rapid serial visual presentation, Visual Cognition, 2011
  23. ★, Brief and rare mental "breaks" keep you focused: Deactivation and reactivation of task goals preempt vigilance decrements, Cognition, 2011
  24. 指差し刺激による左右反応への手,指,空間対応の影響, Technical Report on Attention & Cognition, 2011
  25. Erroneous selection of an irrelevant item improves subsequent target identification in rapid serial visual presentation, Advances in Cognitive Psychology, 2010
  26. Perceiving the faces of Buddha statues: On the relation with viewpoint and affective evaluation, Proceedings of Kansei Engineering and Emotion Research, 2010
  27. Temporal dissociation between category-based and item-based processes in rejecting distractors, Psychological Research, 2009
  28. What is special about the index finger?: Index-finger advantage in manipulating reflexive attentional shift, Japanese Psychological Research, 2009
  29. 視覚における刺激出現タイミングの自動的予測:空間的・時間的特性の検討, 信学技報, 2009
  30. Contingent attentional capture occurs by activated target congruence, Perception & Psychophysics, 2008
  31. ★, Attentional awakening: Gradual modulation of temporal attention in rapid serial visual presentation, Psychological Research, 2008
  32. Maintenance of temporal attention in rapid serial visual presentation, Japanese Journal of Psychonomic Science, 2008
  33. 視覚的注意の時間的限界, 心理学評論, 2008
  34. How an expected distractor is rejected in rapid serial visual presentation, Proceedings of International Workshop on Kansei, 2008
  35. Inter-trial inhibition of focused attention in pop-out search, Perception & Psychophysics, 2008
  36. 反応競合履歴による時間知覚への影響, Technical Report on Attention & Cognition, 2008
  37. Semantic activation of target congruence contingently captures attention, Japanese Journal of Psychonomic Science, 2007
  38. Object-based attentional selection and awareness of objects, Visual Cognition, 2007
  39. 同オブジェクト効果とオブジェクトに対する気づきの関係, Technical Report on Attention & Cognition, 2006
  40. The transitions of time-dependent performance in a task, Japanese Journal of Psychonomic Science, 2005
  41. RSVP課題における注意の時間的調節過程の検討, Technical Report on Attention & Cognition, 2005
  42. ★, The perceptual and cognitive distractor-previewing effect, Journal of Vision, 2004

著書等出版物

  1. 2018年12月, 美と魅力の心理学, ミネルヴァ書房, 2018年, 12, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  2. 2018年06月, 基礎心理学ハンドブック, 朝倉書店, 2018年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  3. 2017年10月, 日常と非日常からみるこころと脳の科学, コロナ社, 2017年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  4. 2016年07月, Rediscovering the Essentiality of Marketing, Springer, 2016年, 7, 調査報告書, 共著, English
  5. 2012年10月, 実験心理学:なぜ心理学者は人の心がわかるのか?, ナツメ社, 2012年, 10, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 音は本当に”高い”のか, 立正大学学術講演会, 2018年08月10日, 招待, 日本語, 立正大学
  2. 人と物のパーソナルスペース, 第17回KG-RCSPセミナー, 2017年11月08日, 招待, 日本語, 関西学院大学
  3. 消費者行動から消費者心理へ, 立正大学学術講演会, 2017年08月03日, 招待, 日本語, 立正大学
  4. 洞察問題解決の社会的促進・抑制, 立正大学学術講演会, 2016年08月03日, 招待, 日本語, 立正大学
  5. 希少性の原理に関わる潜在的な認知プロセスの解明, 心理科学研究会, 2015年, 招待, 日本語, 東京女子大学
  6. 実験心理学とマーケティング, 2015年, 招待, 日本語, 東京理科大学
  7. 消費者の感性に対する認知心理学的アプローチ, 感性学研究会, 2015年, 招待, 日本語, 九州大学
  8. How scarce objects attract people: The effects of temporal and social contexts of the scarcity on object value (Presented in the plenary meeting), International Marketing Trends Conference, 2015年, 通常, 英語, Paris, France
  9. Consumer preference finically depends on the scarcity of goods, Taiwan Institute of Kansei, 2013年, 招待, 英語, Tainan, Taiwan
  10. 洞察問題解決における社会的影響, 学術講演会, 2013年, 招待, 日本語, 中京大学
  11. Socially interactive evaluation degrades the likeability of objects, Special International Seminar for Time Study, 2012年, 招待, 英語, Yamaguchi, Japan
  12. ヴィジランス課題に対する認知システムの馴化と脱馴化, 感性学研究会, 2012年, 招待, 日本語, 九州大学
  13. ヴィジランスの低下を説明するための馴化モデルの提案, 認知・学習心理学研究会, 2012年, 招待, 日本語, 広島大学
  14. Goal habituation model of vigilance decrements, Knowledge for All Lecture at University of Illinois at Urbana-Champaign, 2011年, 招待, 英語, Champaign, IL

受賞

  1. 優秀発表賞(発表力評価部門), 日本認知心理学会
  2. 優秀発表賞(新規性評価部門), 日本認知心理学会
  3. 蘊奥奨励賞, 立正大学
  4. 研究奨励賞(青木幸弘賞), 日本消費者行動研究学会
  5. 特別優秀発表賞, 日本心理学会
  6. 優秀発表賞(総合性評価部門), 日本認知心理学会
  7. 優秀発表賞, 日本基礎心理学会
  8. 優秀発表賞, 日本基礎心理学会
  9. 優秀発表賞, 日本基礎心理学会

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 消費者生活相談員研修 専門・事例講座(若者が遭いやすい消費者トラブル), 若者が消費者被害に遭う心理的要因について, 国民生活センター, 2018年/09月/27日, 2018年/09月/27日, 国民生活センター相模原事務所研修施設, 講師, セミナー・ワークショップ, 行政機関
  2. 立正大学心理学部公開講座, 生活の場での消費者心理学:だまされない消費者になるために, 立正大学心理学部,東京都品川区, 2015年/10月/23日, 2015年/10月/23日, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般