山下 英尚Hidehisa Yamashita

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)精神神経医科学准教授
メールアドレス
hidehisahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 精神神経科学

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学II
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2019年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 精神科学
  5. 2019年, 学部専門, 1ターム, 精神科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Neuroanatomic pathways associated with monoaminergic dysregulation after stroke., Int J Geriatr Psychiatry, 20160601
  2. Association of thalamic hyperactivity with treatment-resistant depression and poor response in early treatment for major depression: a resting-state fMRI study using fractional amplitude of low-frequency fluctuations., Transl Psychiatry., 20160308
  3. レストレス・レッグス症候群の日中の抑うつ,不安・焦燥,無気力に関する検討, 精神医学, 57巻, 9号, pp. 753-759, 201509
  4. 睡眠習慣と骨量との関連性について, Osteoporosis Japan, 23巻, 1号, pp. 274-274, 201508
  5. 高齢者の睡眠薬は控えるべき?, 循環器内科, 78巻, 6号, pp. 591-596, 201512
  6. 高齢者睡眠障害の治療 薬物療法 代替補完的薬物(, 日本臨床, 73巻, 6号, pp. 1031-1035, 201506
  7. 血管障害とうつ病・アパシー, 老年精神医学雑誌, 26巻, 1号, pp. 19-25, 201501
  8. Predictors of negative symptoms in the chronic phase of schizophrenia: A cross-sectional study., Psychiatry Res., 2017
  9. Changes in resting-state brain networks after cognitive-behavioral therapy for chronic pain., Psychol Med., 201709
  10. 臨床に役立つQ&A 高齢者でよくみられるアパシーとうつ病の違いについて教えてください, Geriatric Medicine, 57巻, 3号, pp. 263-265, 201903
  11. 意識障害と脱力発作を繰り返し、てんかんが疑われた周期性過眠症の一例, てんかん研究, 36巻, 1号, pp. 78-79, 201806
  12. 互いの顔が見える地域診療連携のためのてんかん診療ネットワークの構築, てんかん研究, 36巻, 2号, pp. 345-345, 201809
  13. 内科疾患とうつ病up-to-date:心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、透析に焦点をあてて 脳血管障害とうつ病up-to-date, 精神神経学雑誌, 2018特別号巻, pp. S231-S231, 201806
  14. 広島大学病院てんかんセンターの取り組み, 広島医学, 71巻, 2号, pp. 116-116, 201802

著書等出版物

  1. 2015年, 情動の仕組みとその異常、臨床編, 摂食障害, 朝倉書店, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 三宅典恵、山下英尚
  2. 2015年, 神経疾患 最新の治療2015-2017, 内科関連の神経疾患 うつ状態, 南江堂, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 山下英尚・山脇成人

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Vascular neuropathology and neurotransmitter abnormality in late-life depression, Hidehisa Yamashita, Seiji Hama, Taro Murakami, Shigeto Yamawaki, International College of Geriatric Psychoneuropharmacology, 2016年, 招待, 英語, アテネ、ギリシャ
  2. Complementary and alternative medicine for insomnia in Japan, Hidehisa Yamashita, Shigeto Yamawaki, Asian College of Neuropsychopharmacology, 2017年, 通常, 英語, Bali, Indonesia
  3. うつ病患者における残遺性不眠と灰白質体積との関連性, 山下英尚、山脇成人、岡本泰昌、町野彰彦、岡田剛、志々田一宏、撰尚之、淵上学, 日本睡眠学会, 2017年06月, 通常, 日本語, 日本睡眠学会, 横浜市
  4. 睡眠と認知症, 山下英尚, 第18回日本PSG研究会 中四国支部例会, 2019年01月27日, 招待, 日本語, 日本PSG研究会 中四国支部, 広島市
  5. ウェアラブルデバイスを併用することにより不眠に対する認知行動療法が奏功した一例, 山下英尚、熊谷元、撰尚之、藤田洋輔 大賀健市、吉野敦雄、岡本泰昌, 第44回日本睡眠学会学術集会, 2019年06月, 通常, 日本語, 日本睡眠学会, 名古屋

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, 睡眠医療, その他, 査読者, 1
  2. 2017年, 総合保健科学, その他, 査読者, 3
  3. 2018年, 総合保健科学, その他, 査読者, 4
  4. 2018年, 睡眠医療, その他, 査読者, 1