川西 澄Kiyoshi Kawanishi

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院工学研究科 環境工学講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
kiyosihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番1号工学部A2棟423
TEL:0824-24-7817 FAX:0824-24-7817

基本情報

学位

  • 工学博士 (広島大学)
  • 工学修士 (広島大学)

教育担当

  • 工学部:第四類(建設・環境系), 工学研究科:社会基盤環境工学専攻, 工学研究科:社会基盤環境工学専攻

担当主専攻プログラム

  • 社会基盤環境工学プログラム

研究分野

  • 工学 / 土木工学 / 水工学

研究キーワード

  • 河口域
  • 感潮河川
  • 音響トモグラフィー
  • 河川流量
  • 堆積物輸送
  • 乱流
  • 浮遊土砂
  • 浮遊粒子
  • 濁度

所属学会

  • 土木学会, 1999年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 水理学
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 海岸工学
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 社会基盤環境工学実験
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 沿岸環境工学特論
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Advanced Environmental Coastal Engineering
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Management of Natural Disasters
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究I
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 社会基盤環境工学講究I
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究II
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 社会基盤環境工学講究III
  11. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 社会基盤環境工学講究V
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーI
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 社会基盤環境工学セミナーI
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーII

教育に関する受賞

  • 1999年11月29日, 教育顕彰, 広島大学工学部

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Acoustic investigations of tidal bores in Qiantang River, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 71巻, 4号, pp.139-pp.144, 20150220
  2. Tide-driven controls on maximum near-bed floc size in a tidal estuary, Journal of Hydro-environment Research, 9巻, 3号, pp.465-pp.471, 20150901
  3. Acoustic investigations of unsteady salinity intrusion in a diversion channel, Proc. 2nd International Conference and Exhibition on Underwater Acoustics (UA2014), 1巻, pp.101-pp.108, 2014622
  4. ★, Long-term measurement of stream flow and salinity in a tidal river by the use of the fluvial acoustic tomography system, JOURNAL OF HYDROLOGY, 380巻, 1-2号, pp.74-pp.81, JAN 15 2010
  5. Signal post-processing for acoustic velocimeters: detecting and replacing spikes, MEASUREMENT SCIENCE & TECHNOLOGY, 22巻, 12号, DEC 2011
  6. ★, Continuous measurements of flow rate in a shallow gravel-bed river by a new acoustic system, WATER RESOURCES RESEARCH, 48巻, MAY 24 2012
  7. Turbulence characteristics in the bottom layer of a shallow tidal channel, JOURNAL OF TURBULENCE, 13巻, 52号, pp.1-pp.22, 2012
  8. Continuous monitoring of a dam flush in a shallow river using two crossing ultrasonic transmission lines, MEASUREMENT SCIENCE & TECHNOLOGY, 24巻, 5号, MAY 2013
  9. An acoustic travel time method for continuous velocity monitoring in shallow tidal streams, WATER RESOURCES RESEARCH, 49巻, 8号, pp.4885-pp.4899, 201308
  10. Settling and rising velocity of a spherical particle in homogeneous turbulence, 水工学論文集, 43巻, pp.779-pp.784, 19990401
  11. 河川音響トモグラフィーによる銭塘江のタイダルボア観測, 土木学会論文集B1(水工学), 70巻, 4号, pp.601-pp.606, 201402
  12. 秋季の広島湾北部域における音響散乱と底層濁度の変動特性, 土木学会論文集, 691号, pp.143-pp.151, 20011101
  13. 広島湾北部海域における吹送流の鉛直構造と水質の変動特性, 海岸工学論文集, 48巻, pp.396-pp.400, 20011101
  14. 1.5MHz超音波ドップラー分布計を用いた感潮域における懸濁粒子の動態観測, 海岸工学論文集, 48巻, pp.1096-pp.1100, 20011101
  15. 浅水感潮域における水中音響散乱体の変動特性, 水工学論文集, 45巻, pp.1045-pp.1050, 20010201
  16. カキ養殖場における乱流の3次元数値シミュレーション, 沿岸海洋研究, 37巻, 2号, pp.119-pp.126, 20000401
  17. 広島湾北部海域の流動構造と海水交換特性, 海岸工学論文集, 46巻, pp.1041-pp.1045, 19991101
  18. Settling and rising velocityof a spherical particle in homogeneous turbulenc, Ann. J. Hydraul. Engneering= JSCE, 43巻, pp.779-pp.784, 19990201
  19. 停滞性沿岸域における海底境界層の乱流特性と懸濁粒子の挙動, 海岸工学論文集, 45巻, pp.956-pp.960, 19981101
  20. Monitoring suspended particulate matter with acoustic Doppler velocimeter and profiler in nearshore waters, 3rd ICHD, pp.303-pp.308, 19981001
  21. カキ養殖漁場における流動と水質, 沿岸海洋研究, 36巻, 1号, pp.69-pp.75, 19980801
  22. 超音波流速計と散乱光式濁度計を用いた懸濁粒子の濃度,粒径,フラックスの測定, 水工学論文集, 42巻, pp.559-pp.564, 19980201
  23. 浅海域におけるADCPを用いた濁度分布の観測, 沿岸海洋研究, 35巻, 2号, pp.203-pp.210, 19980201
  24. ★, Characteristics of suspended sediment and turbulence in a tidal boundary layer, Continental Shelf Res., 17巻, 8号, pp.859-pp.875, 19970201
  25. 超音波ドップラー流速計を用いた感潮域の流動と懸濁物質濃度の現地観測, 海岸工学論文集, 43巻, pp.1081-pp.1090, 19961101
  26. 変分法を用いた潮流観測データの同化, 海岸工学論文集, 43巻, pp.351-pp.355, 19961101
  27. Vertical structures of tidal flow in shallow coastal seas, 2nd ICHD, pp.603-pp.611, 19961001
  28. 浅水感潮域における非定常密度流, 水工学論文集, 40巻, pp.151-pp.156, 19960201
  29. Determination of the Light Sheet Thickness in PIV, J. Flow Visual. and Image, 2巻, pp.259-pp.266, 19950301
  30. 河口内における往復流の鉛直構造, 海岸工学論文集, 42巻, pp.416-pp.420, 19951101
  31. DETERMINATION OF LIGHT SHEET THICKNESS IN PIV, Journal of Flow Visualizaion and Image Processing, 2巻, 3号, pp.259-pp.266, 19950401
  32. Mean and turbulent flows in a single-flood plain open channel, Ann. J. Hydraul. Engneering= JSCE, 39巻, pp.753-pp.760, 19950201
  33. On the behaviour of vortical structures in a single-flood plain open channel, J. Visual. Soc. Japan, 14巻, 55号, pp.47-pp.57, 19941001
  34. Turbulent Flow in a Single-Flood Plain Open Channel, 1st ICHD, pp.603-pp.611, 19941001
  35. The Mechanism of Flow Interaction in a Single-Flood Plain Open Channel, 1st ICFI, pp.266-pp.269, 19940901
  36. Instantaneous Characteristics of Separated Flow in a Sudden Expanded Open Channel, 1st ICFI, pp.192-pp.195, 19940901
  37. ★, Mean and turbulence characteristics in a tidal river, Estuar.= Coast. Shelf Sci., 38巻, 5号, pp.447-pp.469, 19940401
  38. 開水路急拡部における剥離流の3次元測定, 水工学論文集, 38巻, pp.151-pp.156, 19940201
  39. ★, Measurements of turbulence and suspended sediment in tidal river, J. Hydraul. Engrg.= ASCE, 119巻, 6号, pp.704-pp.724, 19930601
  40. ★, An instantaneous 3-D analysis of turbulent flow in the wake of a hemisphere, Boundary-Layer Meteorol., 64巻, 1/2号, pp.1-pp.14, 19930401
  41. 開水路床上半球後流組織渦の可視化像からの定量的3次元測定, 日本流体力学会誌 ながれ, 11巻, 1号, pp.36-pp.44, 19920301
  42. 開水路床上の半球後流における3次元渦構造, 水工学論文集, 36巻, pp.151-pp.156, 19920201
  43. The unsteady flow structure behind a back-facing step in an open channel, J. Hydrosci. and Hydraul. Engineering, 9巻, 2号, pp.27-pp.35, 19920101
  44. 段落ち剥離剪断層の非定常特性, 水工学論文集, 34巻, pp.271-pp.276, 19900201
  45. 太田川感潮部の非定常乱流, 土木学会論文集, 405巻, pp.119-pp.128, 19890501
  46. 段落ち流れの組織構造, 水理講演会論文集, 33巻, pp.463-pp.468, 19890201
  47. 太田川感潮部における浮遊砂泥と組織乱流, 水理講演会論文集, 32巻, pp.215-pp.220, 19880201
  48. 河川感潮部のバースティング特性, 水理講演会論文集, 30巻, pp.655-pp.660, 19860201
  49. 太田川河口部の非定常乱流構造, 水理講演会論文集, 29巻, pp.845-pp.850, 19850201
  50. 広島湾カキ養殖場における水理特性, 瀬戸内海区水産研究所研究報告, 1号, pp.39-pp.43, 19990401
  51. 開水路段落ち流れの非定常特性, 広島大学工学部研究報告, 38巻, 1号, pp.117-pp.126, 19890401
  52. 河川感潮域における懸濁粒子の航走観測, 土木学会・水工学論文集, 47巻, pp.967-pp.972, 20030201
  53. 広島湾北部域における底層懸濁粒子からの音響散乱特性―超音波ドップラー分布計による底層濁度と体積濃度の測定可能性について―, 海の研究, 11巻, 2号, pp.285-pp.293, 20020401
  54. 内湾域に存在する海中懸濁粒子からの音響散乱, 海岸工学論文集, 49巻, pp.991-pp.995, 20020401
  55. 広島湾北部域における残差流の鉛直構造の季節変動, 海岸工学論文集, 49巻, pp.391-pp.395, 20020401
  56. 河川感潮域における乱流と水質の鉛直構造の, 海岸工学論文集, 49巻, pp.346-pp.350, 20020401
  57. Evaluation of M-Y closure model in tidal estuary with turbulence data from high-resolution current profiler, WITpress, 6巻, pp.101-pp.110, 20030601
  58. High resolution measurements of mean and turbulent velocity in tidal boundary-layer, ICHD2002, pp.459-pp.464, 20020401
  59. 高解像度ドップラー流速分布計による感潮河川における乱流境界層の観測, 土木学会・水工学論文集, 46巻, pp.815-pp.820, 20020201
  60. 高解像度ドップラー流速分布計を用いた内湾表層における鉛直混合パラメーターの測定, 土木学会・海岸工学論文集, 50巻, pp.356-pp.359, 20031101
  61. 河川感潮域における流動と懸濁粒子の動態, 土木学会・海岸工学論文集, 50巻, pp.411-pp.415, 20031101
  62. 内湾の海底境界層に存在するフロック沈降速度の現地測定, 土木学会・海岸工学論文集, 50巻, pp.956-pp.960, 20031101
  63. 浅水感潮域における密度成層の変動特性, 土木学会・水工学論文集, 48巻, pp.781-pp.786, 20040201
  64. 太田川感潮域における浮遊砂泥の輸送特性, 土木学会・海岸工学論文集, 51巻, pp.546-pp.550, 20041001
  65. CDVPによる感潮域における懸濁粒子の現地観測, 土木学会・海岸工学論文集, 51巻, pp.961-pp.965, 20041001
  66. ★, Structure of Turbulent Flow in a Shallow Tidal Estuary, Journal of Hydraulic Engineering= ASCE, 130巻, 4号, pp.360-pp.370, 20040401
  67. Behaviour of suspended sediment in a shallow tidal estuary, Sixth International Conference on Hydrodynamics, pp.213-pp.218, 20041101
  68. Sediment transport in a shallow tidal estuary, Proceedings of International Conference on Civil and Environmental Engineering 2004, pp.269-pp.274, 20040701
  69. 広島湾北部海域における土砂輸送解析, 水工学論文集, 49巻, pp.1369-pp.1374, 20050201
  70. 太田川放水路における潮汐流と底面剪断応力の変動特性, 水工学論文集, 49巻, pp.655-pp.660, 20050201
  71. 太田川放水路における河川流量と潮差変動に伴う浮遊砂泥の輸送特性, 水工学論文集, 49巻, pp.649-pp.654, 20050201
  72. 乱流境界層における固体粒子の沈降速度, 土木学会・海岸工学論文集, 52巻, 1号, pp.371-pp.375, 20051001
  73. 太田川放水路における土砂動態と底質変動, 土木学会・海岸工学論文集, 52巻, 2号, pp.906-pp.910, 20051001
  74. 感潮域における潮汐流と土砂輸送の数値解析, 土木学会・水工学論文集, 50巻, pp.943-pp.948, 20060201
  75. Influence of tidal range and river discharge on transport of suspended sediment in the Ohta flood-way, J. Hydroscience and Hydraulic Engineering, 24巻, 1号, pp.1-pp.9, 20060201
  76. 3次元乱流場における固体粒子の沈降速度, 土木学会・海岸工学論文集, 53巻, pp.391-pp.395, 20061101
  77. 潮差と河川流量が河口域の成層強度と浮遊砂泥輸送量に与える影響, 土木学会・海岸工学論文集, 53巻, pp.321-pp.325, 20061101
  78. 超音波流速計による浮遊粒子の粒径を考慮した浮遊砂濃度の測定法, 土木学会・海岸工学論文集, 53巻, pp.1401-pp.1405, 20061101
  79. Variability of tidal current, density stratification and tidal flat sediment in a tidal river, Environmental Problems in Coastal Regions VI= WIT Press, 6巻, pp.129-pp.138, 20060601
  80. Measurement of settling velocity of heavy particles in open channel flows using an acoustic doppler velocimeter, XXXI IAHR CONGRESS, 2巻, pp.5444-pp.5453, 20050901
  81. 河川感潮域における浮遊土砂の輸送過程, 日本海洋学会・沿岸海洋研究, 200702
  82. ★, Turbulent effects on the settling velocity of suspended sediment, Journal of Hydraulic Engineering-ASCE, 134巻, 2号, pp.261-pp.266, 20080201
  83. 感潮河川における音波の横断伝播特性と次世代超音波流速計による横断平均流速の測定, 水工学論文集, 52巻, pp.937-pp.942, 20080201
  84. 太田川放水路における塩水遡上と懸濁粒子の輸送特性, 水工学論文集, 52巻, pp.1321-pp.1326, 20080201
  85. 超音波ドップラー流速分布計による干潟上の浮遊堆積物の観測, 水工学論文集, 52巻, pp.949-pp.954, 20080201
  86. 太田川河口域における風が浮遊土砂輸送に及ぼす影響の現地観測, 海岸工学論文集, 55巻, pp.386-pp.390, 20081101
  87. 音響トモグラフィー法による河口域における淡水流量の測定, 海岸工学論文集, 55巻, pp.1466-pp.1470, 20081101
  88. Transport characteristics of suspended sediment on mud flat in a tidal channel, 16th Congress of IAHR-APD, 3巻, pp.810-pp.814, 20081020
  89. Measurement of cross-sectional average velocity in a shallow tidal river with a next-generation acoustic velocity meter, 16th Congress of IAHR-ISHS, 5巻, pp.1973-pp.1977, 20081020
  90. 風が太田川河口域の塩水遡上と土砂輸送に与える影響, 海岸工学論文集, 54巻, pp.401-pp.405, 20071101
  91. 乱流場における浮上粒子の上昇速度に関する研究, 海岸工学論文集, 54巻, pp.396-pp.400, 20071101
  92. Measurement of concentration and size of suspended sediment using an acoustic Doppler velocimeter, 32nd Congress of IAHR, pp.No.378 CD-ROM, 20070601
  93. The motion of suspended particles in cellular flow, 32nd Congress of IAHR, pp.No.482 CD-ROM, 20070601
  94. Discharge estimation in tidal rivers with partially reverse flow, 32nd Congress of IAHR, pp.No.491 CD-ROM, 20070601
  95. Flow and sediment transport on a tidal flat in a tidal river, ICCEE 2007, pp.07P21 CD-ROM, 20071011
  96. Experimental investigations on bottom racks’ discharge diversion, ICCEE 2007, pp.07P09 CD-ROM, 20071011
  97. Variability characteristics of physical properties in a tidal flat in the Ota River, ICCEE 2007, pp.07P21 CD-ROM, 20071011
  98. Application of the isovel contours in discharge estimation of a V-shaped open channel, ICCEE 2006, pp.161-pp.172, 20060928
  99. Suspended Sediment Transport During a Winter in Ohta Floodway, ICCEE 2008, pp.08F17 CD-ROM, 20081009
  100. 潮差と河川流量が河口域の成層強度と浮遊砂泥輸送量に与える影響, 海岸工学論文集, 53巻, pp.321-pp.325, 20061101
  101. 超音波流速計による浮遊粒子の粒径を考慮した浮遊砂濃度の測定法, 海岸工学論文集, 53巻, pp.1401-pp.1405, 20061101
  102. Characteristics of suspended sediment transport and variability of tidal flat sediment in a tidal river, International Conference on Coastal Engineering 2006, 3巻, pp.2945-pp.2955, 20060901
  103. 河川音響トモグラフィーシステムによる河川流量の自動計測, 河川流量観測の新時代, pp.66-pp.72, 20100901
  104. 乱流場における浮遊粒子の沈降・浮上速度に関する実験的研究, 応用力学論文集, 13巻, pp.821-pp.828, 20100801
  105. 河川音響トモグラフィーによる太田川放水路の洪水流量と断面平均塩分の連続測定, 水工学論文集, 54巻, pp.1081-pp.1086, 20100201
  106. Observation of turbulence characteristics in the Ōta river using ADV and HRCP, Annual Journal of Hydraulic Engineering, 54巻, pp.211-pp.216, 20100201
  107. New acoustic system for continuous measurement of river discharge and water temperature, Water Science and Engineering, 3巻, 1号, pp.47-pp.55, 20100301
  108. Continuous monitoring of water discharge, temperature, and salinity in a tidal spillway using fluvial acoustic tomography system, Journal of Hydrology New Zealand, 49巻, 2号, pp.61-pp.68, 20101201
  109. Observation of water discharge in a tidal river using an innovative methodology/technology, The 9th International Conference on Civil and Environmental Engineering, pp.3.8, 20101101
  110. Preliminary findings of SPM size in the Ota Floodway, The 9th International Conference on Civil and Environmental Engineering, pp.3.18, 20101101
  111. Turbulence structure in bottom layer of a tidal estuary, 5th International Conference on Fluvial Hydraulics, pp.99-pp.104, 20100901
  112. Observation of suspended sediment and turbulence characteristics in a tidal estuary, 17th Congress of the Asia and Pacific Division of the International Association of Hydro-Environment Engineering and Research, pp.4a011, 20100201
  113. An innovative methodology/technology for streamflow observation, 5th International Conference on Fluvial Hydraulics, pp.1741-pp.1748, 20100901
  114. Continuous monitoring of water discharge, temperature, and salinity in a tidal river with a new acoustic tomography system, 17th Congress of the Asia and Pacific Division of the International Association of Hydro-Environment Engineering and Research, pp.1a030, 20100201
  115. Mean and variance of suspended particles vertical velocity in turbulent flow, 17th Congress of the Asia and Pacific Division of the International Association of Hydro-Environment Engineering and Research, pp.3a027, 20100201
  116. ADCPによる干潟上の浮遊土砂動態の観測, 超音波テクノ, 23巻, 2号, pp.28-pp.33, 20110401
  117. ★, Structure of turbulent flow in a shallow tidal estuary, JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING-ASCE, 130巻, 4号, pp.360-pp.370, APR 2004
  118. 乱流場における浮遊粒子の沈降・浮上速度に関する実験的研究, 応用力学論文集, 13巻, pp.821-pp.828, 201008
  119. ★, Turbulent effects on the settling velocity of suspended sediment, JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING-ASCE, 134巻, 2号, pp.261-pp.266, FEB 2008
  120. Discharge Estimation by the Aid of Isovel Contours in a Tidal River with Partially Reverse Flow, INTERNATIONAL JOURNAL OF CIVIL ENGINEERING, 7巻, 2号, pp.99-pp.108, JUN 2009
  121. Acoustic measurements of streamflow and water temperature in a mountain river,, ISEH 2014, pp.29-pp.32, 20140107
  122. An application of a shallow acoustic tomography: Continuous monitoring of streamflow and water temperature in a mountain river, UA 2013, 1巻, pp.539-pp.546, 20130626
  123. Continuous velocity measurement with travel-time method in stratified shallow flows, UA 2013, 1巻, pp.555-pp.562, 20130626
  124. Variability in salt flux and water circulation in the Ota Estuary, Meas. Sci. Technol., 6巻, 3号, pp.283-pp.295, 20130327
  125. 音響トモグラフィー法による河川モニタリング, 騒音制御. 日本騒音制御工学会, 38巻, 1号, pp.34-pp.37, 201402
  126. 河川音響トモグラフィーシステムを用いたダムフラッシュにおける流量と水温の連続計測, 日本実験力学会講演論文集, pp.21-pp.24, 20130820
  127. Monitoring flow rate and salinity intrusion in a tidal floodway using fluvial acoustic tomography, Proc.The 36th IAHR World Congress, 20150628
  128. Energy flux measurement of tidal stream in a strait using two crossing ultrasonic transmission lines, Proc. The 36th IAHR World Congress, 2015628
  129. 広島湾カキ養殖場における水理特性, 瀬戸内海区水産研究所研究報告, 1号, pp.39-pp.43, 19990401
  130. ★, Application of acoustic tomography to reconstruct the horizontal flow velocity field in a shallow river, Water Resources Research, 51巻, 12号, pp.9665-pp.9678, 20151217
  131. Gauging River Discharge with an Emerging Hydroacoustic Equipment, Proc. ICCEE 2015, pp.79-pp.80, 20151108
  132. ★, High-frequency streamflow acquisition and bed level/flow angle estimates in a mountainous river using shallow-water acoustic tomography, Hydrological Processes, 30巻, 13号, pp.2247-pp.2254, 20160223
  133. Depth-Averaged Flow Reconstruction in an Extremely Shallow Estuary, Proc. 6th International Conference on the Application of Physical Modelling in Coastal and Port Engineering and Science, 20160310
  134. Preliminary results of applying a shallow acoustic tomography system to monitor tidal currents in Grand Passage, Nova Scotia, Proc. 50th CMOS Congress & joint CGU Annual Meeting Monitoring of and Adapting to Extreme Events and Long-Term Variations, 20160529
  135. Application of an Innovative Acoustic Tomography System in Shallow Waters, The 2015 IEEE/OES Eleventh Current, Waves and Turbulence Measurement Workshop (CWTM 2015), pp.141024-019, 20150305
  136. Application of shallow-water acoustic tomography to measure flow direction and river discharge, Flow Measurement and Instrumentation, 51巻, pp.30-pp.39, 2016, 08, 24
  137. Multipath propagation of sound in a shallow tidal channel and its implications on tomographic current measurements, 5th joint ASA/ASJ meeting, 104巻, 4号, pp.3184-pp.3184, 2016, 11, 28
  138. Monitoring Tidal Bores using Acoustic Tomography System, JOURNAL OF COASTAL RESEARCH, 33巻, 1号, pp.96-pp.104, 2017, 01, 17
  139. Investigation of flow velocity and salinity behaviour in ota river estuary using acoustic tomography method and numerical modeling, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 73巻, 4号, pp.1033-pp.1038, 2017, 02, 20
  140. A mountainous river flow fluctuation analysis using shallow-water acoustic tomography system, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 73巻, 4号, pp.19-pp.24, 2017, 02, 20
  141. Estimation of suspended sediment concentration by acoustic tomography system, Proc.20th Congress of the Asia Pacific Division of the International Association for Hydro Environment Engineering & Research, 2016, 08, 29
  142. Gauging river discharge with acoustic tomography system, Proc. 20th Congress of the Asia Pacific Division of the International Association for Hydro Environment Engineering & Research, 2016, 08, 29
  143. Scaling characteristics of mountainous river flow fluctuations determined using a shallow-water acoustic tomography system, Physica A: Statistical Mechanics and its Applications, 484巻, pp.11-pp.20, 2017, 10, 15

著書等出版物

  1. 2009年11月, 乱流工学ハンドブック, 株式会社 朝倉書店, 2009年, 11, 事典・辞書, 共編著, 9784254231229 C 3053, 606

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Acoustic investigations of unsteady salinity intrusion in a diversion channel, Kiyosi Kawanisi, Mahdi Razaz, 2nd International Conference and Exhibition on Underwater Acoustics (UA2014), 2014年62月, 招待, 英語, Foundation for Research & Technology-Hellas Institute of Applied & Compitational Mathematics, Rhodes, Greece
  2. An application of a shallow acoustic tomography: Continuous monitoring of streamflow and water temperature in a mountain river, Kiyosi Kawanisi, Kazuhiko Ishikawa, Mahdi Razaz, Junki Yano, 1st International Conference and Exhibition on Underwater Acoustics (UA 2013), 2013年62月, 招待, 英語, Foundation for Research & Technology-Hellas Institute of Applied & Compitational Mathematics, Corfu, Greece
  3. Monitoring flow rate and salinity intrusion in a tidal floodway using fluvial acoustic tomography, Kiyosi Kawanisi, Mahdi Razaz Masoud BahrainiMotlagh, The 36th IAHR World Congress, 2015年07月02日, 通常, 英語, IAHR, The Hague, the Netherlands
  4. Acoustic investigations of tidal bores in Qiantang River, Masoud BahreiniMotlagh, Kiyosi Kawanisi Xiao-Hua Zhu, 59回水工学講演会, 2015年03月11日, 通常, 英語, 土木学会, 早稲田大学西早稲田キャンパス
  5. 河川音響トモグラフィーによる銭塘江のタイダルボア観測, 川西 澄, Xiao-Hua Zhu 久徳大貴 石川和彦 池田優雄 宮本則幸, 第58回水工学講演会, 2014年34月, 通常, 日本語, 土木学会, 神戸市
  6. Acoustic measurements of streamflow and water temperature in a mountain river, Kiyosi Kawanisi, Kazuhiko Ishikawa Mahdi Razaz, 7th International Symposium on Environmental Hydraulics (ISEH 2014), 2014年01月07日, 通常, 英語, 2014 ISEH VII Organisers, Singapore
  7. 河川音響トモグラフィーシステムを用いたダムフラッシュにおける流量と水温の連続計測, 池田優雄, 川西澄 石川和彦 岡本卓慈 宮本則幸, 日本実験力学会講演会, 2013年08月21日, 通常, 日本語, 日本実験力学会, 秋田県由利本荘市
  8. Continuous velocity measurement with travel-time method in stratified shallow flows, Mahdi Razaz, Kiyosi Kawanisi Ioan Nistor Collin Rennie, 1st International Conference and Exhibition on Underwater Acoustics (UA 2013), 2013年06月26日, 招待, 英語, Foundation for Research & Technology-Hellas Institute of Applied & Compitational Mathematics, Corfu, Greece
  9. FATSによる浅い礫床河川の流量と断面平均水温の連続モニタリング, 石川和彦, 川西澄 Mahdi Razaz 矢野順貴 Mohammad Soltaniasl, 第56回水工学講演会, 2012年03月07日, 通常, 日本語, 土木学会, 愛媛
  10. 2012年10月09日, 通常, 英語
  11. 2012年08月21日, 通常, 英語
  12. 2012年08月22日, 通常, 英語, IAHR-APD
  13. 2012年03月08日, 通常, 英語
  14. 2012年08月22日, 通常, 英語
  15. 56回水工学講演会, 2012年03月07日, 通常, 英語
  16. 2012年10月09日, 通常, 英語
  17. 2012年08月21日, 通常, 英語
  18. 2012年10月10日, 通常, 英語
  19. 亜熱帯感潮河川における堆積泥に及ぼす有機性状と水理条件の影響, 駒井克昭, 渡辺聡 中下慎也 川西澄 Peter Nielsen, 海岸工学講演会, 2011年11月10日, 通常, 日本語, 土木学会, 岩手県盛岡市
  20. 第55回水工学講演会, 2011年03月09日, 通常, 英語, 土木学会
  21. 2009年06月20日, 招待, 英語
  22. 大野瀬戸の海水流動とカキ養殖, 川西 澄, 第3回 瀬戸内海資源海洋研究会, 1997年12月, 招待, 日本語
  23. 2010年09月09日, 通常, 英語
  24. 2010年09月09日, 通常, 英語
  25. 河川音響トモグラフィーによる太田川放水路の洪水流量と断面平均塩分の連続測定, 川西 澄, Mahdi Razaz 渡辺聡 金子新 阿部徹, 第54回水工学講演会, 2010年03月04日, 通常, 日本語, 土木学会, 札幌市
  26. 2010年03月04日, 通常, 英語, 土木学会, 札幌市
  27. 2010年02月22日, 通常, 英語
  28. 2010年02月23日, 通常, 英語
  29. 2010年02月23日, 通常, 英語
  30. 感潮河道に形成された干潟上の流動と浮遊土砂輸送, 横山智弥, 川西澄 Mahdi Razaz 阿部徹 福岡捷二, 第53回 水工学講演会, 2009年03月06日, 通常, 日本語, 土木学会, 東京都
  31. 次世代超音波流速計による感潮域の流量と水温・塩分の連続モニタリング, 川西澄, Mahdi Razaz 渡辺聡 金子新, 第53回 水工学講演会, 2009年03月04日, 通常, 日本語, 土木学会, 東京都
  32. 2009年03月04日, 通常, 英語
  33. Energy flux measurement of tidal stream in a strait using two crossing ultrasonic transmission lines, Kiyosi Kawanisi, Masoud BahrainiMotlagh Mahdi Razaz, The 36th IAHR World Congress, 2015年06月30日, 通常, 英語, IAHR, The Hague, the Netherlands
  34. Gauging River Discharge with an Emerging Hydroacoustic Equipment, Kagami, J., Kawanisi, K., Bahreinimotlagh, M., International Conference on Civil and Environmental Engineering 2015, 2015年11月10日, 通常, 英語, ICCEE, Taiwan
  35. Application of an Innovative Acoustic Tomography System in Shallow Waters, 2015年03月05日, 通常, 英語
  36. Depth-Averaged Flow Reconstruction in an Extremely Shallow Estuary, Mahdi Razaz, Mahdi Razaz Kiyosi Kawanisi Ioan Nistor Len Zedel, 6th International Conference on the Application of Physical Modelling in Coastal and Port Engineering and Science (Coastlab'16), 2016年03月11日, 通常, 英語, Hydro-Environment Engineering and Research (IAHR), Ottawa, Canada, Tomographic techniques have been used to probe ocean currents and temperature for nearly six decades. However, application of such techniques is strongly restricted in the acoustically shallow waters mainly due to the interaction of sound with the stochastic boundaries. The acoustic tomography technique relies on stringent measurements of the time it takes sound pulses to propagate from transmitter to a receiver. To fulfill this requirement in rivers and estuaries, high sound frequencies – above 10 kHz – along with an accurate clock must be used to indicate, keep, and co-ordinate time. Fluvial Acoustic Tomography (FAT) system is a technique/instrument that is able to emit pulses with central frequencies up to 57 kHz and its 10 MHz accurate GPS clock allows accurate measurements of time and frequency. One fascinating application of FAT is 2D flow pattern visualization in shallow waters. Herein, we present an example application of an array of FAT in an extremely shallow tidal channel in conjunction with numerical inversion schemes. Although the salt-wedge intrusion had strong effect on sound propagation patterns which led to a multitude of arrival times, reconstructed flow patterns compared favorably with underway moving-boat ADCP data.
  37. Gauging river discharge with acoustic tomography system, Mohamad Basel AlSawaf Junya Kagami Masoud Bahrainimotlagh Kiyosi Kawanisi, 20th Congress of the Asia Pacific Division of the International Association for Hydro Environment Engineering & Research, 2016年08月29日, 通常, 英語, IAHR-APD, Colombo, Sri Lanka
  38. Estimation of suspended sediment concentration by acoustic tomography system, Masoud Bahrainimotlagh Junya Kagami Kiyosi Kawanisi, 20th Congress of the Asia Pacific Division of the International Association for Hydro Environment Engineering & Research, 2016年08月29日, 通常, 英語, IAHR-APD, Colombo, Sri Lanka
  39. A novel hydro-acoustic system for automated streamflow acquisition with high temporal resolution, Kiyosi Kawanisi Mohamad Basel AlSawaf Junya Kagami Mochammad Meddy Danial Shinji Okuda, HydroSenSoft, International Symposium and Exhibition on Hydro-Environment Sensors and Software, 2017年03月01日, 通常, 英語, IAHR, Madrid, Spain
  40. Preliminary results of applying a shallow acoustic tomography system to monitor tidal currents in Grand Passage, Nova Scotia, Mahdi Razaz Alex Hay Len Zedel Kiyosi Kawanisi, 50th CMOS Congress & joint CGU Annual Meeting Monitoring of and Adapting to Extreme Events and Long-Term Variations, 2016年05月29日, 通常, 英語, CMOS, Fredericton, NB, Canada
  41. Depth-Averaged Flow Reconstruction in an Extremely Shallow Estuary, Mahdi Razaz Kiyosi Kawanisi Ioan Nistor Len Zedel, 6th International Conference on the Application of Physical Modelling in Coastal and Port Engineering and Science (Coastlab'16), 2016年03月11日, 通常, 英語, Ottawa, Canada
  42. Multipath propagation of sound in a shallow tidal channel and its implications on tomographic current measurements, Mahdi Razaz Len Zedel Alex E. Hay Kiyosi Kawanisi, 5th joint ASA/ASJ meeting, 2016年11月30日, 通常, 英語, Acoustical Society of America, Honolulu, Hawaii
  43. A mountainous river flow fluctuation analysis using shallow-water acoustic tomography system, Mohamad Basel AlSawaf Kiyosi Kawanisi, The 61th Conference on Hydraulic Engineering, JSCE, 2017年03月15日, 通常, 英語, 土木学会水工学委員会, 九州大学伊都キャンパス
  44. Investigation of flow velocity and salinity behaviour in ota river estuary using acoustic tomography method and numerical modeling, Mochammad Meddy Danial Kiyosi Kawanisi Masoud Bahrainimotlagh Mohamad Basel AlSawaf Takayuki Wakabayashi, 土木学会水工学委員会, 2017年03月16日, 通常, 英語, 九州大学伊都キャンパス

取得

  1. 特許権, 特許5555904, 2014年06月13日, 音響トモグラフィー計測システム及び音響トモグラフィー計測方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 革新的な水中音響技術を用いた河川流量観測法の高度化, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 河川音響トモグラフィー法によるウォッシュロードの自動連続計測技術の開発, 2012年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 音響トモグラフィー法による新しい河川流量観測技術の検証と確立, 2011年, 2013年
  4. 研究成果展開事業(A-STEP シーズ顕在化タイプ), 革新的な音響技術を用いた河川津波モニタリングシステムの開発, 2013年01月01日, 2013年12月31日
  5. 研究成果展開事業(A-STEP シーズ顕在化タイプ), 革新的な音響技術を用いた河川津波モニタリングシステムの開発, 2012年08月, 2012年12月
  6. 研究成果展開事業(A-STEP探索タイプ), 潮流エネルギーフラックス計測システムの開発, 2013年08月01日, 2014年03月31日
  7. 研究成果展開事業(A-STEP 探索タイプ), 音響トモグラフィー法を利用した河川流量の自動計測システムの開発, 2011年08月, 2012年03月
  8. 河川環境管理財団 河川整備基金助成事業, 三角州を流れる感潮河川の分派流量と水温・塩分のネットワーク計測法の検証と確立, 2010年, 2011年
  9. 社団法人中国建設弘済会 技術開発支援制度, 音響トモグラフィー法を利用した洪水流量観測システムの開発, 2009年
  10. 建設技術研究開発助成制度, 革新的音響モニタリング技術を用いた次世代河川流量測定システムの開発, 2008年
  11. 河川整備基金助成制度, 次世代超音波流速計の開発と感潮河川の流量観測に関する研究, 2007年, 2007年
  12. 河川整備基金助成制度, 河川感潮域における河岸干潟の地形と土砂環境動態に関する研究, 2006年, 2006年
  13. 試験研究助成, 超音波ドップラー流速計を用いた土砂輸送量の測定法の開発, 2006年, 2006年
  14. 中国建設弘済会 技術開発支援制度, 河口感潮域における浮遊土砂の濃度と輸送量の測定技術の開発, 2005年, 2005年
  15. 民間からの助成金, 高炉水砕スラグを用いた干潟造成のための波と流れによるスラグ移動特性の評価, 2004年, 2004年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 河川感潮域の土砂動態と河岸干潟の底質変動, 2006年, 2009年
  17. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 水害防備林の水理機能・環境機能に関する研究, 1995年, 1996年
  18. 国土交通省建設技術研究開発助成制度, 革新的音響モニタリング技術を用いた次世代河川流量測定システムの開発, 2007年04月, 2008年03月
  19. 特別研究員奨励費(外国人特別研究員), 河川音響トモグラフィー法による河川流速場と塩分場の同時連続的可視化, 2012年10月, 2014年09月
  20. 河川整備基金助成制度, 次世代超音波流速計を用いた広幅感潮河川における流量の長期連続モニタリングに関する研究, 2009年, 2009年
  21. 受託研究, 河川感潮域の土砂動態と河岸干潟の底質変動, 2007年, 2007年
  22. 河川情報センター 研究助成, 河川音響トモグラフィー法による流速・流量のリアルタイム自動観測システムの構築, 2015年10月, 2016年10月
  23. 大学との包括的連携・協力に基づく受託研究, 自動観測装置を用いた流速・流量のリアルタイム観測システムの構築に関する研究, 2015年08月25日, 2016年02月29日

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2013年, その他, 1
  2. 2013年, その他, 1
  3. 2012年, その他, 2
  4. 2012年, その他, 1
  5. 2012年, その他, 1
  6. 2012年, その他, 1
  7. 2011年, その他, 1
  8. 2011年, その他, 1
  9. 2010年, その他, 2
  10. 2010年, その他, 1
  11. 2010年, その他, 1
  12. 2010年, その他, 1
  13. 2008年, その他, 1
  14. 2007年, その他, 1
  15. 2007年, その他, 1
  16. 2007年, その他, 1
  17. 2006年, その他
  18. 2014年, 土木学会論文集, その他, 査読, 1
  19. 2005年, 水工学論文集, 編集員
  20. 2006年, 水工学論文集, 編集員
  21. 2007年, 水工学論文集, 編集員
  22. 2006年, 水工学論文集, 編集員
  23. 2007年, 水工学論文集, 編集員
  24. 2004年, 水工学論文集, その他
  25. 2005年, 水工学論文集, その他
  26. 2006年, 水工学論文集, その他
  27. 2007年, 水工学論文集, その他
  28. 2007年, 土木学会論文集, その他