高野 幹久Mikihisa Takano

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 教授
メールアドレス
takanomhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 薬学部研究棟402
TEL:082-257-5315 FAX:082-257-5319
自己紹介
薬剤学は薬学独自の学問領域であり、製剤の設計、投与された薬物の体内での動き(体内動態)を司る仕組み、薬物体内動態の速度論的解析による薬物動態制御(投与設計)、薬物体内動態と薬効・毒性(副作用)の関係などを扱う学問領域であり、創薬から臨床での医薬品適正使用に至る幅広い分野で重要な役割を担っています。私たちの研究室では、薬物体内動態の支配因子である薬物トランスポーターについて、遺伝子レベル、タンパク質レベルでの解析から全身での薬物動態解析に至る一連の基礎研究を行っています。また薬物による組織・細胞毒性発現の分子機構やその制御方法についても興味を持って研究を進めています。将来的には、これら研究で得られた知見を、創薬や臨床にフィードバックできればと考えています。

基本情報

主な職歴

  • 2002年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授
  • 1995年02月16日, 1996年05月31日, 京都大学, 医学部附属病院, 助教授
  • 1991年03月01日, 1995年02月15日, 京都大学, 医学部附属病院, 講師
  • 1988年10月01日, 1991年02月28日, 京都大学, 医学部附属病院, 助手
  • 1996年06月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 医学部, 教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授

学歴

  • 京都大学, 薬学研究科, 薬学, 日本, 1982年04月, 1985年03月
  • 京都大学, 薬学部, 製薬化学科, 日本, 1976年04月, 1980年03月

学位

  • 薬学博士 (京都大学)
  • 薬学修士 (京都大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科 : 薬学プログラム
  • 【学士課程】 薬学部 : 薬科学科 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム
  • 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 医療系薬学

研究キーワード

  • 生物薬剤学
  • 薬物動態学
  • 生体膜輸送
  • トランスポーター
  • エンドサイトーシス
  • 薬物の臓器/細胞毒性

所属学会

  • 日本薬学会, 1980年
  • 日本薬物動態学会, 1997年
  • 日本薬剤学会, 2000年
  • 日本膜学会, 1981年
  • 日本医療薬学会, 1999年
  • 国際薬物動態学会 (ISSX), 1990年

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生物薬剤学
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 薬剤動態制御学演習
  3. 2022年, 学部専門, 1ターム, 薬物動態解析学
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 薬物動態解析学
  5. 2022年, 学部専門, 4ターム, 製剤設計学
  6. 2022年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 薬剤学実習
  8. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  9. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  10. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  11. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  12. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  13. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬科学特論
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬科学特講
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 薬物動態解析・制御科学特論
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬物動態解析・制御科学特論演習
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 薬物動態解析・制御科学特論演習
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬物動態解析・制御科学特別研究
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 薬物動態解析・制御科学特別研究
  21. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬物動態解析・制御科学特別演習
  22. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬物動態解析・制御科学特別演習
  23. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬物動態解析・制御科学特別研究
  24. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬物動態解析・制御科学特別研究
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医薬品創剤科学特論演習
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医薬品創剤科学特論演習
  27. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬物動態解析・制御科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A Liquid Chromatography-Mass Spectrometry Method to Study the Interaction between Membrane Proteins and Low-Molecular-Weight Compound Mixtures, MOLECULES, 27巻, 15号, 202208
  2. Preventive approach against drug-induced pulmonary fibrosis through the suppression of epithelial-mesenchymal transition, BIOCELL, 46巻, 8号, pp. 1861-1865, 2022
  3. Effect of Corticosteroids on Peptide Transporter 2 Function and Induction of Innate Immune Response by Bacterial Peptides in Alveolar Epithelial Cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 45巻, 2号, pp. 213-219, 202202
  4. Investigation of the role and quantitative impact of breast cancer resistance protein on drug distribution into brain and CSF in rats, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 42巻, 202202
  5. Direct N-1-Selective Alkylation of Hydantoins Using Potassium Bases, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 69巻, 4号, pp. 407-410, 20210401
  6. Differential mechanisms underlying methotrexate-induced cell death and epithelial-mesenchymal transition in A549 cells, TOXICOLOGICAL RESEARCH, 37巻, 3号, pp. 293-300, 202107
  7. Functional expression of equilibrative and concentrative nucleoside transporters in alveolar epithelial cells, PHARMAZIE, 76巻, 9号, pp. 416-421, 202109
  8. Evaluation on epithelial-mesenchymal state and microRNAs focusing on isolated alveolar epithelial cells from bleomycin injured rat lung, TOXICOLOGY, 461巻, 202109
  9. Characterization of miR-34a-Induced Epithelial-Mesenchymal Transition in Non-Small Lung Cancer Cells Focusing on p53, BIOMOLECULES, 11巻, 12号, 202112
  10. Effect of transforming growth factor-beta 1 on functional expression of monocarboxylate transporter 1 in alveolar epithelial A549 cells, NAUNYN-SCHMIEDEBERGS ARCHIVES OF PHARMACOLOGY, 393巻, 5号, pp. 889-896, 202005
  11. Suppression of P-glycoprotein by cigarette smoke extract in human lung-derived A549/P-gp cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 35巻, 2号, pp. 214-219, 202004
  12. Role of plasminogen activator inhibitor-1 in methotrexate-induced epithelial-mesenchymal transition in alveolar epithelial A549 cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 525巻, 3号, pp. 543-548, 20200507
  13. Transport of ribavirin in human myelogenous leukemia cell line K562, PHARMAZIE, 75巻, 7号, pp. 329-334, 202007
  14. Suppressive effect of quercetin against bleomycin-induced epithelial-mesenchymal transition in alveolar epithelial cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 35巻, 6号, pp. 522-526, 202012
  15. miR-484: A Possible Indicator of Drug-Induced Pulmonary Fibrosis, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES, 23巻, pp. 486-495, 20201128
  16. Reduced folate carrier-mediated methotrexate transport in human distal lung epithelial NCl-H441 cells, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY, 71巻, 2号, pp. 167-175, 201902
  17. Role of peptide transporter 2 and MAPK signaling pathways in the innate immune response induced by bacterial peptides in alveolar epithelial cells, LIFE SCIENCES, 229巻, pp. 173-179, 20190715
  18. Association of cell cycle arrest with anticancer drug-induced epithelial-mesenchymal transition in alveolar epithelial cells, TOXICOLOGY, 424巻, 20190801
  19. Anticancer Drug-Induced Epithelial-Mesenchymal Transition via p53/miR-34a axis in A549/ABCA3 Cells, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES, 22巻, pp. 516-524, 20191007
  20. Investigation on inhibitory effect of folic acid on methotrexate-induced epithelial-mesenchymal transition focusing on dihydrofolate reductase, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 34巻, 6号, pp. 396-399, 201912
  21. Folic acid prevents methotrexate-induced epithelial-mesenchymal transition via suppression of secreted factors from the human alveolar epithelial cell line A549, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 497巻, 1号, pp. 457-463, 2018
  22. Transport of AOPP-Albumin into Human Alveolar Epithelial A549 Cells, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES, 21巻, pp. 247-255, 2018
  23. P-gp modulating effect of Azadirachta indica extract in multidrug-resistant cancer cell lines, PHARMAZIE, 73巻, 2号, pp. 104-109, 2018
  24. Reduced folate carrier-mediated methotrexate transport in human distal lung epithelial NCl-H441 cells, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY, in press巻, 2018
  25. Functional expression of breast cancer resistance protein and cholesterol effect in human erythrocyte membranes, PHARMAZIE, in press巻, 2018
  26. Functional expression of breast cancer resistance protein and cholesterol effect in human erythrocyte membranes, PHARMAZIE, 73巻, 12号, pp. 700-705, 201812
  27. Cobalt Chloride Induces Expression and Function of Breast Cancer Resistance Protein (BCRP/ABCG2) in Human Renal Proximal Tubular Epithelial Cell Line HK-2, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 1号, pp. 82-87, 2017
  28. Effect of Curcuma comosa extracts on the functions of peptide transporter and P-glycoprotein in intestinal epithelial cells, PHARMAZIE, 72巻, 2号, pp. 123-127, 2017
  29. Effect of COA-Cl on transforming growth factor-beta 1-induced epithelialemesenchymal transition in RLE/Abca3 cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 32巻, 4号, pp. 224-227, 2017
  30. Nicotine transport in lung and non-lung epithelial cells, LIFE SCIENCES, 188巻, pp. 76-82, 2017
  31. Current Progress Toward a Better Understanding of Drug Disposition Within the Lungs: Summary Proceedings of the First Workshop on Drug Transporters in the Lungs, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 106巻, 9号, pp. 2234-2244, 2017
  32. Role of miR-34a in TGF-beta 1-and Drug-Induced Epithelial-Mesenchymal Transition in Alveolar Type II Epithelial Cells, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 106巻, 9号, pp. 2868-2872, 2017
  33. Transport Mechanism of Nicotine in Primary Cultured Alveolar Epithelial Cells, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 105巻, 2号, pp. 982-988, 2016
  34. Methotrexate-Induced Epithelial-Mesenchymal Transition in the Alveolar Epithelial Cell Line A549, LUNG, 194巻, 6号, pp. 923-930, 2016
  35. Effect of cigarette smoke extract on P-glycoprotein function in primary cultured and newly developed alveolar epithelial cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 31巻, 6号, pp. 417-424, 2016
  36. Receptor-mediated endocytosis of macromolecules and strategy to enhance their transport in alveolar epithelial cells, EXPERT OPINION ON DRUG DELIVERY, 12巻, 5号, pp. 813-825, 2015
  37. Cisplatin resistance in human lung cancer cells is linked with dysregulation of cell cycle associated proteins, LIFE SCIENCES, 124巻, pp. 31-40, 2015
  38. 細胞膜を介したトランスポーター介在性輸送と小胞輸送によるその制御 (特集 細胞内小胞輸送), 膜 = Membrane, 40巻, 1号, pp. 21-28, 2015
  39. Analysis of TGF-beta 1-and drug-induced epithelial-mesenchymal transition in cultured alveolar epithelial cell line RLE/Abca3, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 30巻, 1号, pp. 111-118, 2015
  40. Methotrexate influx via folate transporters into alveolar epithelial cell line A549, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 30巻, 4号, pp. 276-281, 2015
  41. Phase I dose-finding and pharmacokinetic study of docetaxel and gefitinib in patients with advanced or metastatic non-small cell lung cancer: Evaluation of drug-drug interaction, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 76巻, 4号, pp. 713-721, 2015
  42. Functional expression of PEPT2 in the human distal lung epithelial cell line NCl-H441, PHARMACEUTICAL RESEARCH, 32巻, 12号, pp. 3916-3926, 2015
  43. Development of a novel stop solution for membrane transport study, MEMBRANE, 40巻, 5号, pp. 296-303, 2015
  44. Phase I dose-finding and pharmacokinetic study of docetaxel and gefitinib in patients with advanced or metastatic non-small-cell lung cancer: evaluation of drug-drug interaction, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 76巻, 4号, pp. 713-721, 2015
  45. Functional Expression of PEPT2 in the Human Distal Lung Epithelial Cell Line NCl-H441, PHARMACEUTICAL RESEARCH, 32巻, 12号, pp. 3916-3926, 2015
  46. Entry of aminoglycosides into renal tubular epithelial cells via endocytosis-dependent and endocytosis-independent pathways, BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 90巻, 4号, pp. 331-337, 2014
  47. Folic acid-modified methotrexate-conjugated PEGylated poly(epsilon-caprolactone) nanoparticles for targeted delivery, JOURNAL OF NANOPARTICLE RESEARCH, 16巻, 2号, 2014
  48. 28-A-S23-4 英語論文の作成 : 大学の立場から(Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences(JPHCS)の発刊:投稿ノススメ,シンポジウム23,新時代を拓く医療薬学フロンティア), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24巻, 20140825
  49. Modulation of P-glycoprotein function and multidrug resistance in cancer cells by Thai plant extracts, PHARMAZIE, 69巻, 11号, pp. 823-828, 2014
  50. DSE-FRET: A new anticancer drug screening assay for DNA binding proteins, CANCER SCIENCE, 105巻, 7号, pp. 870-874, 2014
  51. Fatty acid-bearing albumin but not fatty acid-depleted albumin induces HIF-1 activation in human renal proximal tubular epithelial cell line HK-2, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 450巻, 1号, pp. 476-481, 2014
  52. 生体膜研究と人工膜研究の相互作用による膜科学の発展, 膜, 38巻, 4号, 20130701
  53. Population Pharmacokinetic/Pharmacodynamic Analysis of the DPP-4 Inhibitor Linagliptin in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES, 16巻, 5号, pp. 708-721, 2013
  54. 薬物の組織細胞動態の解明と制御を目指して, 薬剤学 = The archives of practical pharmacy, 73巻, 4号, pp. 223-228, 20130701
  55. Introduction of a Single Transporter Gene ABCA3 Directs RLE-6TN to More Type Ⅱ-like Alveolar Epithelial Cells, 膜 = Membrane, 38巻, 5号, pp. 246-253, 201309
  56. Albumin overload induces expression of hypoxia-inducible factor 1 alpha and its target genes in HK-2 human renal proximal tubular cell line, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 434巻, 3号, pp. 670-675, 2013
  57. Characterization of Protamine Uptake by Opossum Kidney Epithelial Cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 36巻, 12号, pp. 1942-1949, 2013
  58. Effect of protamine on the accumulation of gentamicin in opossum kidney epithelial cells, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY, 65巻, 3号, pp. 441-446, 2013
  59. Enhancing Effect of Poly(amino acid)s on Albumin Uptake in Human Lung Epithelial A549 Cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 28巻, 6号, pp. 497-503, 2013
  60. Expression and function of PEPT2 during transdifferentiation of alveolar epithelial cells, LIFE SCIENCES, 93巻, 17号, pp. 630-636, 2013
  61. Flow Cytometry Analysis of Cancer Cell Death Induced by the Extract of Thai Plant Ellipeiopsis cherrevensis, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 28巻, 2号, pp. 159-163, 2013
  62. Transport of biguanides by human organic cation transporter OCT2, BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY, 67巻, 5号, pp. 425-430, 2013
  63. 臨床の"困った"に応える病院薬局製剤(第7回)慢性感染性耳疾患に対するネオ・ブロー氏液, 月刊薬事, 54巻, 7号, pp. 1199-1202, 201207
  64. Drug metabolite heterogeneity in cultured single cells profiled by pico-trapping direct mass spectrometry, NANOMEDICINE, 7巻, 9号, pp. 1365-1374, 2012
  65. Effect of Cigarette Smoke Extract on Insulin Transport in Alveolar Epithelial Cell Line A549, LUNG, 190巻, 6号, pp. 651-659, 2012
  66. Endocytic Uptake of FITC-albumin by Human Alveolar Epithelial Cell Line A549, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 27巻, 3号, pp. 336-343, 2012
  67. Enhancement Effect of Poly(amino acid)s on Insulin Uptake in Alveolar Epithelial Cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 27巻, 6号, pp. 570-578, 2012
  68. Gadolinium modulates gentamicin uptake via an endocytosis-independent pathway in HK-2 human renal proximal tubular cell line, European Journal of Pharmacology, 684巻, 1号, pp. 146-153, 2012
  69. Nanoparticulation of probucol, a poorly water-soluble drug, using a novel wet-milling process to improve in vitro dissolution and in vivo oral absorption, DRUG DEVELOPMENT AND INDUSTRIAL PHARMACY, 38巻, 8号, pp. 1015-1023, 2012
  70. PHENOTYPICAL CHANGES OF RLE-6TN ALVEOLAR EPITHELIAL CELL LINE BY TRANSFECTION WITH ABCA3 GENE, DRUG METABOLISM REVIEWS, 44巻, pp. 90-90, 2012
  71. Megalin/Cubilin-mediated Uptake of FITC-labeled IgG by OK Kidney Epithelial Cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 26巻, 5号, pp. 474-485, 2011
  72. 肺胞上皮細胞におけるタンパク質・ペプチドの輸送とその制御, 膜, 36巻, 4号, pp. 145-153, 20110701
  73. 膜研究のボーダーレス化とブレークスルー, 膜, 36巻, 4号, 20110701
  74. Accumulation and Photodynamic Activity of Chlorin e6 in Cisplatin-Resistant Human Lung Cancer Cells, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 100巻, 7号, pp. 3010-3017, 2011
  75. Mechanism underlying insulin uptake in alveolar epithelial cell line RLE-6TN, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 672巻, 1-3号, pp. 62-69, 2011
  76. Effect of Thai Plant Extracts on P-glycoprotein Function and Viability in Paclitaxel-Resistant HepG2 Cells, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 25巻, 2号, pp. 155-162, 2010
  77. Transport Characteristics of Ribavirin in Human Erythrocyte Membrane Vesicles, 膜, 35巻, 6号, pp. 297-304, 20101101
  78. S16-3 アミノグリコシド系抗生物質の腎移行メカニズムとそれに基づく腎毒性防御(シンポジウムS16 薬物有害反応の発現機構と予測の新展開,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 20巻, 20101025
  79. Human Erythrocyte Nucleoside Transporter ENT1 Functions at Ice-cold Temperatures, Drug metabolism and pharmacokinetics, 25巻, 4号, pp. 351-360, 20100825
  80. Evaluation of In Vitro Dissolution and In Vivo Oral Absorption of Drug Nanopowders Prepared by Novel Wet-Milling Equipment, CURRENT NANOSCIENCE, 6巻, 6号, pp. 571-576, 2010
  81. Function and Expression of ATP-Binding Cassette Transporters in Cultured Human Y79 Retinoblastoma Cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33巻, 3号, pp. 504-511, 2010
  82. Human transporters that function at ice-cold temperature - Important notice for transporter research -, DRUG METABOLISM REVIEWS, 42巻, pp. 294-295, 2010
  83. Molecular-targeted approaches to reduce renal accumulation of nephrotoxic drugs, EXPERT OPINION ON DRUG METABOLISM & TOXICOLOGY, 6巻, 9号, pp. 1125-1138, 2010
  84. Pharmacokinetic/Pharmacodynamic Modeling and Simulation to Determine Effective Dosage Regimens for Doripenem, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 99巻, 5号, pp. 2483-2491, 2010
  85. がん細胞に対するタイ国産植物抽出物の抗がん作用およびP-gp阻害作用, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 25巻, pp. 146-146, 2010
  86. 培養腎上皮細胞におけるIgG輸送機構の解析, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 25巻, 0号, pp. 82-82, 2010
  87. Effect of ursodeoxycholic acid treatment on the expression and function of multidrug resistance-associated protein 2 in rat intestine., J. Pharm. Sci., 98巻, 8号, pp. 2822-2831, 20090801
  88. Paclitaxel-resistance Conferred by Altered Expression of Efflux and Influx Transporters for Paclitaxel in the Human Hepatoma Cell Line, HepG2, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 24巻, 5号, pp. 418-427, 2009
  89. Effects of endocytosis inhibitors on internalization of human IgG by Caco-2 human intestinal epithelial cells, Life Sciences, 85巻, 23号, pp. 800-807, 20091216
  90. パクリタキセル耐性 HepG2 細胞の樹立と耐性化メカニズムの解析, Drug metabolism and pharmacokinetics, 24巻, 5号, pp. 418-427, 20091025
  91. Transport Characteristics of Multidrug Resistance-associated Protein 5 in Human Erythrocyte Membranes, 膜, 34巻, 3号, pp. 152-158, 20090501
  92. Effect of PEGylation of N-WASP181-200 on the Inhibitory Potency for Renal Aminoglycoside Accumulation, BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 20巻, 8号, pp. 1553-1558, 2009
  93. Effect of Thai Plant Extracts on P-Glycoprotein Function and Cell Viability in HepG2 and Paclitaxel-Resistant HepG2 Cells, DRUG METABOLISM REVIEWS, 41巻, pp. 62-62, 2009
  94. Mechanism of Insulin Uptake in Rat Alveolar Type II and Type I-Like Epithelial Cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 32巻, 10号, pp. 1765-1769, 2009
  95. Nanoparticulation of Poorly Water Soluble Drugs Using a Wet-Mill Process and Physicochemical Properties of the Nanopowders, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 57巻, 10号, pp. 1050-1057, 2009
  96. アミノグリコシド系抗生物質の腎蓄積に及ぼすPEG化N-WASP181-200の影響, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 24巻, pp. 158-158, 2009
  97. ヒト腸由来培養細胞Caco-2におけるヒトIgGの細胞内移行機構の解析, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 24巻, pp. 164-164, 2009
  98. 湿式粉砕機を用いたプロブコールの溶解性・消化管吸収性の改善, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 24巻, pp. 249-249, 2009
  99. Live single-cell video-mass spectrometry for cellular and subcellular molecular detection and cell classification, JOURNAL OF MASS SPECTROMETRY, 43巻, 12号, pp. 1692-1700, 2008
  100. Clinical effects of Neo-Burow’s solution and important points in its preparation., Jpn. J. Health Care Sci., 34巻, pp. 951-955, 20081001
  101. Novel polymyxin derivatives carrying only three positive charges are effective antibacterial agents., Antimicrob. Agents Chemother., 52巻, 9号, pp. 3229-3236, 20080901
  102. Transport of prostaglandin E1 across rat erythrocyte membrane., Biol Pharm Bull, 31巻, 6号, pp. 1288-1291, 20080601
  103. Comparison of albumin uptake in rat alveolar type II and type I-like epithelial cells in primary culture., Pharm. Res., 25巻, 4号, pp. 913-922, 20080401
  104. 新規院内製剤ネオ・ブロー氏液の臨床効果および調製上の留意点, 医療薬学, 34巻, 10号, pp. 951-955, 20081010
  105. 20-P3-473 ヒト赤血球膜小胞を用いたリバビリンの輸送特性解析において観察された特異な輸送促進現象(薬物動態(基礎),来るべき時代への道を拓く), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 18巻, 20080901
  106. Transport of Prostaglandin E_1 across Rat Erythrocyte Membrane(Biopharmacy), Biological & pharmaceutical bulletin, 31巻, 6号, pp. 1288-1291, 20080601
  107. 特集「膜トランスポーターを分子標的とした治療薬・診断薬」によせ, 膜, 33巻, 3号, 20080501
  108. Pharmacokinetics and Pharmacodynamics : Where are they going?, Drug metabolism and pharmacokinetics, 23巻, 2号, pp. 85-86, 20080425
  109. トランスポーターによる消化管吸収・排出機構 (特集 消化管研究の最前線), 細胞工学, 27巻, 8号, pp. 790-795, 200808
  110. Intestinal efflux transporters and drug absorption, EXPERT OPINION ON DRUG METABOLISM & TOXICOLOGY, 4巻, 7号, pp. 923-939, 2008
  111. Low-Affinity Transport of FITC-Albumin in Alveolar Type II Epithelial Cell Line RLE-6TN, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 23巻, 5号, pp. 318-327, 2008
  112. Pharmacokinetic-pharmacodynamic modeling and simulation for bactericidal effect in an in vitro dynamic model, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 97巻, 9号, pp. 4108-4117, 2008
  113. Prediction of human antimicrobial effective target by in vitro pharmacokinetic/pharmacodynamic modeling for bactericidal effect, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 128巻, pp. 78-78, 2008
  114. Transport of ribavirin and uridine in human erythrocytes and erythrocyte membrane vesicles, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 128巻, pp. 79-79, 2008
  115. ラット初代培養肺胞上皮細胞におけるインスリンの輸送機構, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 23巻, pp. 128-128, 2008
  116. 動物において認められた非線形体内動態機構の解明およびヒトへの外挿, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 23巻, pp. 212-212, 2008
  117. 肺胞II型上皮細胞RLE-6TNにおけるインスリンの輸送特性及びポリアミノ酸の影響, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 23巻, pp. 182-182, 2008
  118. 網膜芽細胞腫由来Y79細胞におけるP-糖タンパク質および多剤耐性関連タンパク質の発現と機能, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 23巻, pp. 113-113, 2008
  119. Role of intestinal efflux transporters in the intestinal absorption of methotrexate in rats., J Pharm Pharmacol, 59巻, 9号, pp. 1263-1270, 20070901
  120. Modulation of function of multidrug resistance associated-proteins by Kaempferia parviflora extracts and their components., Eur J Pharmacol, 566巻, 1-3号, pp. 67-74, 20070701
  121. Site-specific bidirectional efflux of 2,4-dinitrophenyl-S-glutathione, a substrate of multidrug resistance-associated proteins, in rat intestine and Caco-2 cells., J Pharm Pharmacol, 59巻, 4号, pp. 513-520, 20070401
  122. Effects of Kaempferia parviflora extracts and their flavone constituents on P-glycoprotein function., J Pharm Sci, 96巻, 1号, pp. 223-233, 20070101
  123. 30-A2-14-1 ヒト赤血球膜におけるMRP介在性輸送とバルプロ酸およびカルバペネム系抗生物質の相互作用(薬物動態(基礎と臨床),社会の期待に応える医療薬学を), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 17巻, 20070901
  124. ラット肺胞上皮細胞のII型-I型形態転換と両細胞におけるアルブミン輸送の比較解析, 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 67巻, 20070510
  125. 塩基性ペプチド、低分子量タンパク質及びそれらのコンジュゲートによるアミノグリコシド系抗生物質の腎移行阻害効果の比較解析, 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 67巻, 20070510
  126. ENDOCYTOSIS OF ALBUMIN AND INSULIN IN ALVEOLAR TYPE II EPITHELIAL CELL LINE RLE-6TN, DRUG METABOLISM REVIEWS, 39巻, pp. 162-163, 2007
  127. Transcytosis of IgG in human intestinal epithelial Caco-2 cells, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 127巻, pp. 165-166, 2007
  128. 培養肺胞II型上皮細胞RLE-6TNにおけるFITC-アルブミンのクラスリン介在型エンドサイトーシス(発表論文抄録(2006)), 福山大学薬学部研究年報, 25巻, pp. 93-94, 2007
  129. Function of multidrug resistance-associated protein 2 in acute hepatic failure rats., Eur J Pharmacol, 546巻, 1-3号, pp. 152-160, 20060901
  130. Interaction of valproic acid and carbapenem antibiotics with multidrug resistance-associated proteins in rat erythrocyte membranes., Epilepsy Res, 71巻, 1号, pp. 76-87, 20060901
  131. Characterization of prostaglandin E1 transport in rat renal brush-border membrane., Drug Metab Pharmacokinet, 21巻, 3号, pp. 186-193, 20060601
  132. Clathrin-mediated endocytosis of FITC-albumin in alveolar type II epithelial cell line RLE-6TN, AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LUNG CELLULAR AND MOLECULAR PHYSIOLOGY, 290巻, 5号, pp. L946-L955, 20060501
  133. Inhibition of gentamicin binding to rat renal brush-border membrane by megalin ligands and basic peptides., J Control Release, 112巻, 1号, pp. 43-50, 20060501
  134. Inhibitory effect of Thai plant extracts on P-glycoprotein mediated efflux, Phytother Res., 20巻, pp. 79-81, 20060401
  135. 01P1-045 がん化学療法副作用対策におけるセルフマネージメントの支援(癌薬物療法(外来化学療法、緩和ケア等),医療薬学の扉は開かれた), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16巻, 20060901
  136. 01P3-022 新規院内製剤ネオ・ブロー氏液に関するQ & Aと臨床効果(院内製剤(薬局製剤),医療薬学の扉は開かれた), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16巻, 20060901
  137. プロスタグランジンE_1の腎刷子縁膜輸送系は膜電位感受性であるが, パラアミノ馬尿酸輸送系とは異なる可能性がある, Drug metabolism and pharmacokinetics, 21巻, 3号, pp. 186-193, 20060630
  138. ゲンタマイシンの腎移行阻害能を有する塩基性ペプチド N-WASP181-200 の細胞内取り込み機構解析, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 21巻, pp. 208-208, 2006
  139. 消化管の異物排出トランスポーターおよび CYP3A の機能に及ぼすウルソデオキシコール酸処置の影響, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 21巻, pp. 210-210, 2006
  140. Pharmacokinetic interaction on valproic acid and recurrence of epileptic seizures during chemotherapy in an epileptic patient, BRITISH JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY, 59巻, 5号, pp. 593-597, 2005
  141. Characterization of prostaglandin E1 transport by rat renal cortical slices, Eur. J. Pharmacol., 525巻, 1-3号, pp. 128-134, 20051101
  142. Increased erythrocyte distribution of valproic acid in pharmacokinetic interaction with carbapenem antibiotics in rat and human, J. Pharm. Sci., 94巻, 8号, pp. 1685-1693, 20050801
  143. アミノグリコシド系抗生物質の体内動態特性とそれに基づく薬効・毒性の制御, 第10回中四TDM研究会記録集, pp. 8-16, 20050801
  144. Modulation of intestinal transport of 2,4-dinitrophenyl-S-glutathione, a multidrug resistance-associated protein 2 substrate, by bilirubin treatment in rats, JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY, 57巻, 5号, pp. 579-585, 20050501
  145. Expression and function of efflux drug transporters in the intestine, Pharmacology and Therapeutics, 109巻, pp. 137-161, 20050401
  146. ネオ・ブロー氏液の推奨調製法について, 日本医療薬学会会報, 9巻, 4号, pp. 21-22, 20050401
  147. 我が国および欧米におけるブロー氏液 (酢酸アルミニウム溶液) の処方に関する比較検討と提言, 医療薬学, 31巻, 9号, pp. 749-754, 20050401
  148. Role of organic anion transporting polypeptide 2 in pharmacokinetics of digoxin and beta-methyldigoxin in rats., J Pharm Sci, 94巻, 6号, pp. 1196-1203, 20050101
  149. Transport of prostaglandin E1 across the blood-brain barrier in rats, J. Pharm. Pharmacol., 57巻, 1号, pp. 61-66, 20050101
  150. Molecular mechanism for the inhibitory effect of basic peptides on aminoglycoside binding to renal brush-border membrane and cellular uptake, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 125巻, pp. 42-43, 2005
  151. わが国および欧米におけるブロー氏液(酢酸アルミニウム溶液)の処方に関する比較検討と提言, 医療薬学, 31巻, 9号, pp. 749-754, 20050910
  152. P-235 院内製剤ブロー氏液およびその関連溶液の抗真菌作用(11.院内製剤(薬局製剤)1,医療薬学の未来へ翔(はばた)く-薬剤師の薬剤業務・教育・研究への能動的関わり-), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 15巻, 20050901
  153. 院内製剤ブロー氏液 (酢酸アルミニウム溶液) の製剤学的・薬理学的評価と迅速調製法の開発, Yakugaku Zasshi, 124巻, 11号, pp. 833-840, 20041101
  154. C型慢性肝炎患者の腎機能に基づくリバビリンの投与設計, 医療薬学, 30巻, 9号, pp. 567-573, 20040901
  155. Effect of Neonatal Exposure of 17beta-Estradiol and Tamoxifen on Hepatic CYP3A Activity at Developmental Periods, Drug Metab Pharmacokin, 19巻, 2号, pp. 96-102, 20040401
  156. Employing renal function in determining rivabirin dosages for chronic hepatitis C patients to help ensure safer treatment, 医療薬学, 30巻, 9号, pp. 567-573, 20040401
  157. Pharmaceutical and pharmacological evaluation of Burowユs solution (aluminum acetate solution), a hospital preparation, and development of its rapid preparation method, Yakugaku Zasshi, 124巻, 11号, pp. 833-840, 20040401
  158. Segment-selective absorption of lysozyme in the intestine, Eur. J. Pharmacol., 502巻, pp. 149-155, 20040401
  159. 消化管におけるCYP3AとP-糖タンパク質の機能協関, Drug Metab Pharmacokin, 19巻, 1号, pp. 21-24, 20040401
  160. 薬物体内動態支配因子とその理解・制御による薬物療法の適正化, 岡山県病院薬剤師会会報, 45巻, 1号, pp. 16-20, 20040401
  161. Targeted prevention of renal accumulation and toxicity of gentamicin by aminoglycoside binding receptor antagonists, J. Contl. Rel., 95巻, 3号, pp. 423-433, 20040301
  162. Dosage Adjustment of Ribavirin based on Renal Function in Japanese Patients with Chronic Hepatitis C, Therap Drug Monit, 26巻, 1号, pp. 9-15, 20040101
  163. Molecular aspects of renal handling of aminoglycosides and strategies for preventing the nephrotoxicity, Drug Metab Pharmacokin, 19巻, 3号, pp. 159-170, 20040101
  164. P-111 C型慢性肝炎におけるインターフェロン治療の副作用モニタリング : ペグインターフェロンを含めた検討(5.薬剤服用歴管理・服薬指導(入院患者服薬指導),"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 14巻, 20040901
  165. P-124 R-CHOP療法における化学療法ワークシートの活用(5.薬剤服用歴管理・服薬指導(入院患者服薬指導),"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 14巻, 20040901
  166. P-498 バルプロ酸ナトリウムとカルバペネム系抗生物質の相互作用機構解析 : バルプロ酸の血球分布の変動(7.薬物相互作用・(基礎と臨床),"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-), 日本医療薬学会年会講演要旨集, 14巻, 20040901
  167. Effect of Neonatal Exposure of 17β-Estradiol and Tamoxifen on Hepatic CYP3A Activity at Developmental Periods in Rats, Drug metabolism and pharmacokinetics, 19巻, 2号, pp. 96-102, 20040426
  168. Molecular Aspects of Renal Handling of Aminoglycosides and Strategies for Preventing the Nephrotoxicity, Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 19巻, 3号, pp. 159-170, 2004
  169. ゲンタマイシンの腎移行に及ぼすN-WASP181-200とその変異ペプチドの影響, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 19巻, pp. 171-171, 2004
  170. パーキンソン病関連低分子神経毒の脳からの排泄におけるP糖タンパク質の関与, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 19巻, pp. 175-175, 2004
  171. 消化管における部位選択的なリゾチームの吸収, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 19巻, pp. 53-53, 2004
  172. Differential effect of acute hepatic failure on in-vivo and in-vitro P-glycoprotein functions in the intestine, Pharm. Res., 20巻, 5号, pp. 765-771, 20030401
  173. Role of P-glycoprotein in pharmacokinetics and drug interactions of digoxin and beta-methyldigoxin in rats, J. Pharm. Sci., 92巻, 7号, pp. 1455-1463, 20030401
  174. 特集「DDSと膜輸送ATPase研究の最前線」によせて, 膜, 28巻, 6号, 20031101
  175. P-49 バルプロ酸ナトリウムとカルバペネム系抗生物質の相互作用の機構解析, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 13巻, 20030901
  176. アミノグリコシド系抗生物質の腎移行・毒性防御のためのDDSの開発 : エンドサイト-シスレセプター・メガリンを分子標的として, Drug delivery system, 18巻, 3号, 20030510
  177. 薬物トランスポーター研究の将来像(ベランダ,<特集>薬物トランスポーター), ファルマシア, 39巻, 5号, pp. 411-416, 20030501
  178. In vitro および in vivo P-糖蛋白質機能に及ぼすゲニステインの影響解析, 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 63巻, 20030305
  179. プロスタグランジンE_1の血液脳関門透過機構の解析, 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 63巻, 20030305
  180. 培養腎上皮細胞におけるメガリンの発現とビタミンD結合タンパク質のエンドサイトーシス特性の解析, 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 63巻, 20030305
  181. Cisplatin-induced inhibition of receptor-mediated endocytosis of protein in the kidney., Kidney Int., 62巻, 5号, pp. 1707-1717, 20021101
  182. Effect of gentamicin on pharmacokinetics of lysozyme in rat: interaction between megalin substrates in the kidney., J. Pharm. Pharmacol., 54巻, 11号, pp. 1491-1496, 20021101
  183. メガリン介在性エンドサイトーシスを利用した脳指向性薬物送達法の開発研究, 上原記念生命科学財団研究報告集, 16巻, pp. 33-35, 20021001
  184. Possible mechanism for pharmacokinetic interaction between lidocaine and mexiletine, Clin. Pharmacol. Ther, 71巻, 5号, pp. 389-397, 20020501
  185. Interaction of endogenous compounds in human and rat urine with P-glycoprotein, Drug Metabol. Pharmacokin., 17巻, 3号, pp. 245-252, 20020401
  186. Renal disposition of a furan dicarboxylic acid and other uremic toxins in the rat, J. Pharmacol. Exp. Ther., 303巻, 2号, pp. 880-887, 20020401
  187. Factors affecting the expression and function of P-glycoprotein in rats: drug treatments and disease states., Pharmazie, 57巻, pp. 102-107, 20020201
  188. 薬系大学と病院薬剤部・保険薬局の連携による医療薬学研究推進について : 現状およびニーズに関する調査研究, 医療薬学, 28巻, 5号, pp. 484-488, 20021010
  189. P-201 薬系大学と病院薬剤部・保険薬局の連携による医療薬学研究推進について : 現状およびニーズに関する調査研究, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 12巻, 20020924
  190. アミノグリコシド系抗生物質(AGs)の腎移行制御法の開発に関する研究(1) : AGsの腎移行におけるエンドサイトーシスレセプター・メガリンの関与, 薬剤学, 62巻, 20020305
  191. アミノグリコシド系抗生物質(AGs)の腎移行制御法の開発に関する研究(2) : メガリン基質併用投与によるAGs誘発腎毒性の軽減効果, 薬剤学, 62巻, 20020305
  192. ゲニステインの体内動態とCYP3A, P-糖蛋白質への影響解析, 薬剤学, 62巻, 20020305
  193. ラット肝P-glycoproteinおよびCYP3Aに対するエストラジオール, タモキシフェン暴露の影響, 薬剤学, 62巻, 20020305
  194. ジゴキシンとメチルジゴキシンの体内動態と P-糖タンパク質の関与, 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 17巻, pp. 98-98, 2002
  195. Role of megalin in renal handling of aminoglycosides, AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 281巻, 2号, pp. F337-F344, 20010801
  196. Expression and function of P-glycoprotein in rats with carbon tetrachloride-induced acute hepatic failure, J. Pharm. Pharmacol., 53巻, 6号, pp. 873-881, 20010601
  197. 医薬品適正使用における薬剤師の役割-薬物体内動態とその制御の重要性について, 島根病薬雑誌, 50巻, pp. 32-38, 20010601
  198. Expression of chloride channel, ClC-5, and its role in receptor-mediated endocytosis of albumin in OK cells, Biochem. Biophys. Res. Commun., 282巻, 1号, pp. 212-218, 20010301
  199. アミノ配糖体による腎毒性, 月刊薬事, 43巻, pp. 135-140, 20010301
  200. 薬物動態の解析の基礎, TDM研究, 18巻, 3号, pp. 217-222, 20010301
  201. Pharmacokinetic interaction of cytochrome P450 3A-related compounds with rhodamine 123, a P-glycoprotein substrate, in rats pretreated with dexamethasone, Drug Metab. Dispos., 29巻, 2号, pp. 145-151, 20010201
  202. P-Glycoprotein・CYP3Aに及ぼすエストラジオール, タモキシフェンの影響:新生児期ラットへの暴露, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 16巻, 20010917
  203. アミノグリコシド系抗生物質の腎移行制御法の開発:エンドサイトーシスレセプター・メガリン基質併用投与の影響, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 16巻, 20010917
  204. シスプラチンによる腎尿細管受容体介在性エンドサイトーシス活性の変動とカルシウム代謝への影響, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 16巻, 20010917
  205. O-91 肝移植患者におけるタクロリムスの中枢神経系障害発現症例とその原因解明のための基礎的検討, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 11巻, 20010901
  206. 肝CYP3A活性に及ぼす内分泌撹乱物質の影響 : エストラジオール、タモキシフェン、トリブチルスズを用いて, 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 61巻, 20010305
  207. 腎におけるメガリン介在性エンドサイトーシスの機能特性及び生理学的・病態生理学的意義に関する分子・細胞生物学的解析, 三共生命科学研究振興財団研究報告集, 17巻, pp. 103-114, 2001
  208. 腎尿細管におけるレセプター介在性エンドサイトーシスと薬剤性機能障害:平成12年度日本薬物動態学会年会シンポジウムより, 薬物動態, 16巻, 1号, pp. 38-44, 2001
  209. Effect of cisplatin on H+ transport by H+-ATPase and Na+/H+ exchanger in rat renal brush-border membrane, Life Sci., 67巻, 9号, pp. 1047-1058, 20000701
  210. Role of P-glycoprotein in ocular clearance of rhodamine 123 in rabbits, Pharm. Res., 17巻, 4号, pp. 479-481, 20000401
  211. 生体組織におけるP-糖蛋白質の発現と薬物動態学的観点から見た機能, 広島県病院薬剤師会雑誌, 33巻, 3号, pp. 25-31, 20000301
  212. 薬物の腎移行動態と腎毒性, 月刊薬事, 42巻, 4号, pp. 565-571, 20000301
  213. Expression and function of P-glycoprotein in rats with glycerol-induced acute renal failure, Eur. J. Pharmacol., 406巻, 3号, pp. 453-460, 20000101
  214. O-120 腎疾患時における P- 糖蛋白質基質の体内動態変化とその要因解析, 日本病院薬学会年会講演要旨集, 10巻, 20000901
  215. P-306 臨床薬学系大学院生の病棟実習における評価(第 3 報) : 学生の立場から, 日本病院薬学会年会講演要旨集, 10巻, 20000901
  216. 6.薬物の腎移行動態と腎毒性 (医薬品適正使用のための臨床薬物動態--医療現場での適正な処方設計支援,処方鑑査と服薬指導をめさして) -- (第2章 ヒトにおける薬物動態と作用(治療効果と有害作用)の関係), 月刊薬事, 42巻, 4号, pp. 1205-1211, 200003
  217. MECHANISMS UNDERLYING RENAL TUBULAR ACIDOSIS AND ALBUMINURIA INDUCED BY CISPLATIN, 薬物動態, 15巻, 0号, pp. 124-125, 2000
  218. Enhancement of topical delivery of a lipophilic drug from charged multilamellar liposomes, J.Drug Target., 6巻, 6号, pp. 405-414, 19990401
  219. Hepatic Metabolic clearance of midazolam, a cytochrome P450 3A substrate, in the presence of ketoconazole in rats, Pharm. Pharmacol. Commun., 5巻, pp. 529-536, 19990401
  220. In-vivo and in-vitro metabolic clearance of midazolam, a cytochrome P450 3A substrate, by the liver under normal and increased enzyme activity in rats, J. Pharm. Pharmacol., 51巻, 4号, pp. 405-410, 19990401
  221. Role of P-glycoprotein in distribution of rhodamine 123 into aqueous humor in rabbits (共著), Curr. Eye Res., 18巻, 3号, pp. 240-246, 19990401
  222. Transport of rhodamine 123, a P-glycoprotein substrate, across rat intestine and Caco-2 cell monolayers in the presence of cytochrome P-450 3A-related compounds, J. Pharmacol. Exp. Ther., 289巻, 1号, pp. 149-155, 19990401
  223. Dose-dependent intestinal and hepatic first-pass metabolism of midazolam, a cytochrome P450 3A substrate with differently modified enzyme activity in rats, J. Pharm. Pharmacol., 51巻, 1号, pp. 67-72, 19990101
  224. Neurotoxic effects of phenytoin on postnatal mouse brain development following neonetal administration, Neurotoxicol. Teratol., 21巻, 1号, pp. 21-28, 19990101
  225. Soft X-ray magnetic circular dichroism in La_1-x_Sr_x_MnO_3_ and SrFe_1-x_Co_x_O_3_, Journal of Magnetic Society of Japan, 23巻, pp. 341-345, 19990101
  226. Interaction with P-glycoprotein and transport of erythromycin, midazolam and ketoconazole in Caco-2 cells, Eur. J. Pharmacol., 358巻, 3号, pp. 289-294, 19981001
  227. Renal excretion of rhodamine 123, a P-glycoprotein, in rats with glycerol -induced acute renal failure, J. Pharm. Pharmacol., 50巻, 10号, pp. 1161-1165, 19981001
  228. In-vitro calibration of microdialysis probe by use of endogenous glucose as an internal recovery marker: Measurement of skin distribution of tranilast in rats., J. Pharm. Pharmacol., 50巻, 6号, pp. 621-626, 19980601
  229. Efflux of intracellular alpha-ketoglutarate via p-aminohippurate/dicarboxylate exchange in OK kidney epithelial cells., J Pharmacol Exp Ther, 285巻, 2号, pp. 422-427, 19980501
  230. Photoemission magnetic circular dichroism study of the ferromagnetic transition-metal oxide SrRuO_3_, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, 92巻, 1-3号, pp. 41-44, 19980501
  231. Distinct characteristics of transcellular transport nicotine and tetraethylammonium in LLC-PK1 cells (共著), J. Pharmacol. Exp. Ther., 286巻, 2号, pp. 676-680, 19980401
  232. Hepatic clearance of a novel neutrophil elastase inhibitor, ONO-5046, in rats and in the perfused rat liver, J. Pharm. Pharmacol., 50巻, 4号, pp. 425-430, 19980401
  233. Hepatic clearance of ONO-5046, a novel neutrophil elastase inhibitor, in rats and in the rat perfused liver., Journal of Pharmacy and Pharmacology, 50巻, 4号, pp. 425-430, 19980401
  234. In-vivo calibration of microdialysis probe by use of endogenous glucose as an internal recovery marker : measurement of skin distribution of tranilast in rats(共著), J. Pharm. Pharmacol., 50巻, pp. 621-626, 19980401
  235. Pharmacokinetics and pharmacodynamics of acetazolamide in patients with transient intraocular pressure elevation(共著), Eur. J. Clin. Pharmacol., 54巻, pp. 63-68, 19980401
  236. Renal organic anion secretion and alpha-ketoglutarate level in rats with chronic metabolic acidosis, Pharm. Pharmacol. Commun., 4巻, pp. 301-304, 19980401
  237. 薬物相互作用の基礎:4)薬物腎排泄における相互作用, 治療学, 32巻, 3号, pp. 37-40, 19980401
  238. Influences of Dosage Regimen and coadministration of low-molecular weight proteins and basic peptides on renal accumulation of arbekacin in mice., J. Antimicrob. Chemother., 61巻, 3号, pp. 658-664, 19980301
  239. Inhibition of PAH transport by parathyroid hormone in OK cells: involvement of protein kinase C pathway., Am J Physiol, 273巻, 5 PT 2号, pp. F674-F679, 19971101
  240. Evaluation of renal tubular secretion and reabsorption of levofloxacin in rats(共著), Pharm. Res., 14巻, 4号, pp. 508-511, 19970401
  241. Relationship between expression level of p-glycoprotein and daunorubicin transport in LLC-PK1 cells transfected with human MDR1 gene(共著), Biochem. Pharmacol., 53巻, pp. 741-746, 19970401
  242. Renal excretion of vancomycin in rats with acute renal failure(共著), J. Pharm. Pharmacol., 49巻, pp. 154-157, 19970401
  243. ケロイド肥厚性瘢痕治療の現状とトラニラストを使用したイオン導入法による治療経験(共著), Drug Delivery System, 12巻, 2号, pp. 115-120, 19970401
  244. マイクロダイアリシスによる薬物動態・薬効の解析, 医学のあゆみ, 182巻, 8号, pp. 478-479, 19970401
  245. マイクロダイアリシスによる薬物動態・薬効の解析-体液中溶存物質の定量的評価の試み(共著), 医学のあゆみ, 182巻, pp. 2374-2375, 19970401
  246. Caco-2細胞およびラット消化管におけるP-糖蛋白質介在性輸送に及ぼすケトコナゾールの影響, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 12巻, pp. 197-197, 19971009
  247. ミダゾラムおよびエリスロマイシンのラット消化管吸収動態の解析, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 12巻, pp. 197-197, 19971009
  248. 抗アレルギー薬の皮膚組織内移行動態と投与法の影響 - マイクロダイアリシスによる検討 -, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 12巻, pp. 170-170, 19971009
  249. 薬物の皮膚内滞留性に及ぼすリポソーム電荷の影響, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 12巻, pp. 168-168, 19971009
  250. Regulation of p-aminohippurate transport by protein kinase C in OK kidney epithelial cells., Am J Physiol, 271巻, 2 PT 2号, pp. F469-F475, 19960801
  251. cDNA cloning and functional expression of a novel rat kidney organic cation transporter, OCT2(共著), Biochem. Biophys. Res. Commun., 224巻, pp. 500-507, 19960401
  252. Cholesterol modulates organic cation transport activity and lipid fluidity in rat renal brush-border membranes(共著), Biochim= Biophys. Acta, 1283巻, pp. 232-236, 19960401
  253. Developmental maturation of organic cation transport in rat renal brush-border membranes(共著), Pharm. Sci, 2巻, pp. 423-425, 19960401
  254. Effect of CYP2C polymorphisms on the pharmacokinetics of phenytoin in Japanese patients with epilepsy(共著), Biol. Pharm. Bull., 19巻, 8号, pp. 1103-1105, 19960401
  255. Effects of benzyl alcohol on organic ion transport in rat renal basolateral membranes(共著), Pharm. Sci, 2巻, pp. 415-417, 19960401
  256. In-vivo clearance study of vancomycin in rats(共著), J. Pharm. Pharmacol., 48巻, pp. 1197-1200, 19960401
  257. Modulation of organic cation transport and lipid fluidity by benzyl alcohol in rat renal brush-border membranes(共著), Pharm. Res., 13巻, 7号, pp. 1077-1080, 19960401
  258. Population pharmacokinetics of phenytoin in Japanese patients with epilepsy : Analysis with a dose-dependent clearance model(共著), Biol. Pharm. Bull., 19巻, 3号, pp. 444-448, 19960401
  259. 薬物の腎排泄に関する相互作用の基礎知識, 月刊薬事(11月臨時増刊号), 38巻, 3号, pp. 499-508, 19960401
  260. 医薬品の腎排泄機構, ファルマシア, 32巻, 4号, pp. 400-405, 19960401
  261. Specificity of p-aminohippurate transport system in the OK kidney epithelial cell line., J Pharmacol Exp Ther, 274巻, 3号, pp. 1161-1166, 19950901
  262. Identification of organic cation transporter in rat renal brush-border membrane by photoaffinity labeling(共著), Biol. Pharm. Bull., 18巻, pp. 288-395, 19950401
  263. Transport of oral cephalosporins by the H┣D1+┫D1/dipeptide cotransporter and distribution of the transport activity in isolated rabbit intestinal epithelial cells (共著), J. Pharmacol. Exp. Ther., 272巻, 1号, pp. 63-69, 19950401
  264. 腎尿細管上皮細胞におけるイオン性薬物の輸送機構に関する研究, 膜, 20巻, 6号, pp. 416-422, 19951101
  265. HPLC-EIA法によるタクロリムスの血中濃度測定と肝初回通過効果の評価, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 10巻, 19951018
  266. VmaxおよびKmの推定偏差:シミュレーションによる母集団解析モデルの評価, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 10巻, 19951018
  267. 急性腎障害ラットにおけるバンコマイシンの排泄挙動, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 10巻, 19951018
  268. 培養腎上皮細胞LLC-PK_1の薬剤性障害に対するulinastatinの防御効果, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 10巻, 19951018
  269. 灌流腎を用いたナトリウム利尿ペプチドの腎作用・代謝機構の解析, 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 10巻, 19951018
  270. 22B-08 フェニトインのベイジアン個別投与設計に対する母集団パラメータの影響, 日本病院薬学会年会講演要旨集, 5巻, pp. 92-93, 19950630
  271. Identification of Organic Cation Transporter in Rat Renal Brush-Border Membrane by Photoaffinity Labeling, Biological & pharmaceutical bulletin, 18巻, 3号, pp. 388-395, 19950315
  272. 腎尿細管上皮細胞における薬物輸送機構の解析, 薬物動態, 10巻, 4号, pp. 556-565, 1995
  273. Properties of M33 X-8, the nuclear source in the nearby spiral galaxy, Astrophysical Journal Letters, 436巻, 1号, pp. L47-L50, 19940601
  274. Bestatin transport in rabbit intestinal brush-border membrane vesicles (共著), Biochem. Pharmacol., 47巻, 6号, pp. 1089-1090, 19940401
  275. Cellular toxicity of aminoglycoside antibiotics in G418-sensitive and -resistant LLC-PK1 cells (共著), Pharm. Res., 11巻, 5号, pp. 609-615, 19940401
  276. p-Aminohippurate transport in apical and basolateral membranes of the OK kidney epithelial cells (共著), J. Pharmacol. Exp. Ther., 269巻, 3号, pp. 970-975, 19940401
  277. Transport of gentamicin and fluid-phase endocytosis markers in the LLC-PK1 kidney epithelial cell line (共著), J. Pharmacol. Exp. Ther., 268巻, 2号, pp. 669-674, 19940401
  278. 直接型障害(共著), 腎と透析, 36巻, 1号, pp. 33-38, 19940401
  279. 副作用・毒性回避のためのスクリーニング法の開発(共著), 月刊薬事(11月臨時増刊号), 36巻, 12号, pp. 2997-3005, 19940401
  280. Differential sensitivity of organic anion transporters in rat renal brush-border membrane to diethyl pyrocarbonate., Biochim Biophys Acta, 1192巻, 2号, pp. 190-196, 19940101
  281. Transport mechanisms of choline in rat renal brush-border membrane (共著), Biol. Pharm. Bull., 16巻, 9号, pp. 889-894, 19930401
  282. Characteristics of organic cation transporter in rat renal basolateral membrane (共著), Biochim= Biophys. Acta, 1146巻, 2号, pp. 197-202, 19930401
  283. Decreased cellular toxicity of neomycin in a clonal cell line isolated from LLC-PK1 (共著), Pharm. Res., 10巻, 4号, pp. 573-576, 19930401
  284. p-Aminohippurate transport in rat renal brush-border membranes : A potential-sensitive transport system and an anion exchanger (共著), Biol. Pharm. Bull., 16巻, 4号, pp. 395-401, 19930401
  285. Photoemission and X-ray absorption study of La/sub 1-x/Sr/sub x/MnO/sub3/, Jpn. J. Appl. Phys. Suppl. (Japan), 32巻, suppl.32-3号, pp. 258-260, 19930401
  286. Transport of bestatin in rat renal brush-border membrane vesicles (共著), Biochem. Pharmacol., 45巻, 9号, pp. 1763-1768, 19930401
  287. Transport of organic anion in a kidney epithelial cell line (OK) (共著), Am. J. Physiol., 264巻, 6号, pp. F975-F980, 19930401
  288. Transport of organic cation in renal brush-border membrane from rats with renal ischemic injury (共著), Biochim= Biophys. Acta, 1150巻, 2号, pp. 103-110, 19930401
  289. 薬剤による腎障害, Pharma. Medica., 11巻, 7号, pp. 63-67, 19930401
  290. Transport Mechanism of Choline in Rat Renal Brush-Border Membrane, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 16巻, 9号, pp. 889-894, 19930915
  291. TRANSCELLULAR TRANSPORT OF p-AMINOHIPPURATE, AN ORGANIC ANION, IN CULTURED KIDNEY EPITHELIAL CELLS, 薬物動態, 8巻, 0号, pp. 715-718, 1993
  292. Expression of renal organic cation transporter in Xenopus laevis oocytes(共著), Biochem. J., 283巻, pp. 409-411, 19920401
  293. H+ coupled active transport of bestatin via the dipeptide transport system in rabbit intestinal brush-border membranes(共著), J. Pharmacol. Exp. Ther., 260巻, 2号, pp. 482-486, 19920401
  294. Inhibition of apical enzyme activities and protein synthesis by gentamicin in a kidney epithelial cell line LLC-PK1 (共著), Chem. Pharm. Bull., 40巻, 12号, pp. 3307-3310, 19920401
  295. Surface binding and intracellular uptake of gentamicin in the cultured epithelial cell line (LLC-PK1)(共著), J. Pharmacol. Exp. Ther., 261巻, 3号, pp. 1200-1205, 19920401
  296. Transport of procainamide in a kidney epithelial cell line LLC-PK┣D21┫D2(共著), Biochim= Biophys. Acta, 1108巻, 2号, pp. 133-139, 19920401
  297. 薬物の生体膜輸送, 膜, 17巻, 3号, pp. 142-152, 19920401
  298. 特集 細胞膜輸送 薬物の生体膜輸送, 膜, 17巻, 3号, pp. 142-152, 1992
  299. Organic cation transport in the renal brush-border and basolateral membranes, Nephrology, 19910401
  300. Transport of cyclosporin A in kidney epithelial cell line (LLC-PK1)(共著), J. Pharmacol. Exp. Ther., 257巻, 1号, pp. 200-204, 19910401
  301. Trans-stimulation effect on H┣D1+┫D1-organic cation antiport system in rat renal brush-border membranes(共著), Am. J. Physiol., 261巻, 5号, pp. F774-F778, 19910401
  302. TRANSPORT MECHANISMS OF BESTATIN IN INTESTINAL AND RENAL BRUSH-BORDER MEMBRANES, Journal of pharmacobio-dynamics, 14巻, 3号, pp. 55-60, 199103
  303. TRANSPORT CHARACTERISTICS AND CYTOTOXICITY OF CYCLOSPORIN A IN CULTURED KIDNEY EPITHELIAL CELL LINE (LLC-PK_1), Journal of pharmacobio-dynamics, 13巻, 5号, pp. 111-115, 199005
  304. Decreased transport of p-aminohippurate in renal basolateral membranes isolated from rats with acute renal failure(共著), Pharm. Res., 6巻, 11号, pp. 954-957, 19890401
  305. Transport of cephalosporin antibiotics in rat renal basolateral membranes(共著), J. Pharm. Pharmacol., 41巻, 11号, 19890401
  306. 多剤耐性遺伝子の発現とP糖蛋白質の機能, ファルマシア, 25巻, 5号, pp. 460-461, 19890501
  307. Evidence for expression of the facilitated glucose transporter in rat hepatocytes(共著), Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 85巻, 23号, pp. 9042-9046, 19880401
  308. H+ Coupled transport of p.o. cephalosporins via dipeptide carriers in rabbit intestinal brush-border membranes: Difference of transport characteristics between cefixime and cephradine, J. Pharmacol. Exp. Ther., 247巻, 1号, pp. 235-241, 19880401
  309. Sodium butyrate increases glucose transporter expression in LLC-PK1 cells(共著), Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 85巻, 21号, pp. 8072-8075, 19880401
  310. Enhancing mechanism of decanoic acid for the permeation of water-soluble compounds through Caco-2 cell monolayers, Pharm. Sci, 3巻, pp. 175-178, 19870401
  311. TRANSPORT MECHANISMS OF β-LACTAM ANTIBIOTICS IN INTESTINAL BRUSH-BORDER MEMBRANES, Journal of pharmacobio-dynamics, 10巻, 5号, pp. 136-141, 198705
  312. TRANSPORT MECHANISMS OF CATIONIC DRUGS IN RAT RENAL BRUSH-BORDER AND BASOLATERAL MEMBRANES, Journal of pharmacobio-dynamics, 8巻, 5号, pp. 110-115, 198505
  313. TRANSPORT OF DRUGS BY PLASMA MEMBRANE VESICLES ISOLATED FROM RAT KIDNEY CORTEX, Journal of pharmacobio-dynamics, 4巻, 2号, pp. 15-20, 198102

著書等出版物

  1. 2021年05月01日, 「スタンダード薬学シリーズII 6 医療薬学 V. 薬物治療に役立つ情報」補訂版, 東京化学同人, 2021年, 5, 教科書, 共著
  2. 2018年11月, 次世代吸入製剤とデバイスの開発, 薬剤の経肺吸収機序・体内動態, シーエムシー出版, 2018年, 11, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  3. 2017年04月, 「製剤学 改訂第7版」, 腎臓の構造、腎排泄, 南江堂, 2017年, 教科書, 日本語
  4. 2017年10月27日, スタンダード薬学シリーズII 6 医療薬学 V. 薬物治療に役立つ情報 SBO51 腎疾患・腎機能低下時における薬物動態と、薬物治療・投与設計において注意すべき点を説明できる, 東京化学同人, 2017年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 日本薬学会編, ISBN987-4-8079-1716-7, 289, 237-241, SBO51
  5. 2016年01月, MEMBRANE, 年頭所感「新たな膜学の覚醒」, 2016年
  6. 2016年, スタンダード薬学シリーズII6, 薬の生体内運命, 東京化学同人, 2016年, 12, 教科書, 共著
  7. 2015年05月, 「薬剤学概史」 薬剤学・医療薬学との35年, じほう, 2015年, 共著
  8. 2015年, 生物薬剤学改訂第3版, 排泄(総論・腎排泄), 南江堂, 2015年, 共著
  9. 2014年07月, 「注射剤・経口投与製剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発」 肺胞上皮細胞におけるタンパク質・ペプチドの輸送とポリアミノ酸による輸送制御, 技術情報協会, 2014年, 共著
  10. 2013年04月, 「HUMAN SERUM ALBUMIN」 Gp60-mediated transport of albumin in endothelial and non-endothelial cells, Sojo University, 2013年
  11. 2013年03月, 「薬剤学実験法必携マニュアル」 薬物排泄実験・腎排泄, 日本薬剤学会, 2013年
  12. 2012年11月, 「スタンダード薬学シリーズ6 薬と疾病 III. 薬物治療(2)および薬物治療に役立つ情報 第2版」 SBO47 腎臓疾患を伴った患者における薬物治療で注意すべき点を説明できる, 東京化学同人, 2012年
  13. 2012年04月, 「最新薬剤学 第10版」 薬物相互作用, 廣川書店, 2012年
  14. 2012年02月, 「製剤学 改訂第6版」 腎臓の構造、腎排泄, 南江堂, 2012年
  15. 2011年04月, 「遺伝子医学MOOK別冊 ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用」 肺胞上皮細胞におけるアルブミンおよびインスリンの輸送機構の解析, メディカルドウ, 2011年
  16. 2009年10月, 「薬物トランスポーター活用ライブラリー」 薬物トランスポーターの重要性と研究の歴史, 羊土社, 2009年
  17. 2008年04月, 「分子薬物動態学」 生体膜透過、代謝、蛋白結合の基礎, 南山堂, 2008年, 04, 共編著, 9784525723712
  18. 2007年03月, 「製剤学 改訂第5版」 腎臓の構造、腎排泄 , 南江堂, 2007年, 03, 教科書, 共編著
  19. 2007年02月, 「生物薬剤学 改定第2版」 薬物の腎排泄 , 南江堂, 2007年, 02, 教科書, 共編著
  20. 2006年11月, 「創薬動態:医薬品創製のための考え方と最新情報」 消化管におけるCYP3AとP-糖タンパク質の機能協関 , 日本薬物動態学会, 2006年, 11, 単行本(学術書), 共編著
  21. 2006年08月, 「最新薬剤学 第9版」 薬物相互作用 , 廣川書店, 2006年, 08, 教科書, 共編著
  22. 2005年11月, 「スタンダード薬学シリーズ6 薬と疾病 III」 SBO47 腎臓疾患を伴った患者における薬物治療で注意すべき点を説明できる, 東京化学同人, 2005年, 11, 教科書, 共編著, 316
  23. 2005年08月, スタンダード薬学シリーズ6 薬と疾病 I. 薬の効くプロセス、SBO82-84 排泄 , 東京化学同人, 2005年, 08, 教科書, 共編著
  24. 2005年05月, 「医療薬学 第4版」 薬物相互作用, 廣川書店, 2005年, 05, 教科書, 共編著, 419
  25. 2002年04月, 「製剤学 改訂第4版」 腎臓の構造、腎排泄, 南江堂, 2002年, 04, 教科書, 共編著, 高野 幹久 , 398
  26. 2002年03月, 「最新薬剤学 第8版」 薬物相互作用, 廣川書店, 2002年, 03, 教科書, 共編著, 高野 幹久 , 507
  27. 2001年03月, 「生物薬剤学」 薬物の腎排泄, 南江堂, 2001年, 03, 教科書, 共編著, 高野 幹久
  28. 1996年01月, 「生物薬科科学実験講座 9巻I ホルモン・生理活性物質」 腎臓細胞の培養と薬物評価, 広川書店, 1995年, 高野 幹久
  29. 1991年01月, 「Nephrology」Organic cation transport in the renal brush-border and basolateral membranes, Springer-Verlag, 1991年, 高野 幹久
  30. 1989年01月, 「生物薬剤学−最近の進歩」 腎尿細管における薬物輸送 , 薬業時報社, 1989年, 教科書, 共編著, 高野 幹久

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 肺胞上皮細胞A549を用いたアベマシクリブによる抗がん効果と上皮間葉転換の関連解析, 吉盛智世、二木空人、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 日本薬剤学会第37年会, 2022年05月26日, 通常, 日本語, Web開催
  2. miR-34aによる非小細胞肺がん細胞の上皮間葉転換におけるp53の役割, 川見昌史、赤井美月、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第37年会, 2022年05月26日, 通常, 日本語, Web開催
  3. 吸入ステロイド薬によるヒト肺胞上皮細胞のペプチドトランスポーターPEPT2機能に対する影響解析, 亀田菜々子、松岡美空、栗山志織、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第44年会, 2022年06月09日, 通常, 日本語, 早稲田大学121号館/オンライン
  4. p53に着目した非小細胞肺がん細胞株におけるmiR-34a誘発性上皮間葉転換, 赤井美月、竹中慎之介、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第142年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, Web開催
  5. 肺胞上皮細胞の形質に及ぼす高濃度グルコースの影響解析, 竹内裕孝、泉美穂、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第142年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, Web開催
  6. 抗がん剤による抗がん効果および上皮間葉転換におけるp53の役割解析, 川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第142年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, Web開催
  7. Mechanism of the inhibitory effect of inhaled corticosteroids on peptide transporter 2 function in human alveolar epithelial cells, Nanako Kameda, Shiori Kuriyama, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第36年会, 2021年11月17日, 通常, 日本語, Web開催
  8. In vitro and in vivo studies on involvement of miR-222 in epithelial-mesenchymal transition in alveolar epithelial cells, Yuri Kadekaru, Takashi Konaka, Shinnosule Takenaka, Mizuki Akai, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第36年会, 2022年11月17日, 通常, 日本語, Web開催
  9. Effect of 2-deoxy-D-glucose on transforming growth factor-β1-induced epithelialmesenchymal transition in alveolar epithelium, Masashi Kawami, Kohei Kawabata, Ryoko Yumoto, Hiroyuki Nishi, Akira Tokumura, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第36年会, 2022年11月17日, 通常, 日本語, Web開催
  10. 肺胞上皮細胞における高分子および低分子物質の輸送とその制御, 高野幹久, 第12回粉末吸入剤研究会シンポジウム, 2021年11月15日, 招待, 日本語, Web開催
  11. ヒト肺胞上皮細胞の上皮間葉転換に対する終末糖化産物および高濃度グルコースの影響, 竹内裕孝、泉美穂、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第60回日本薬学会・日本薬剤師学会・日本病院薬剤師学会 中国四国学術大会, 2022年10月23日, 通常, 日本語, Web開催
  12. ヒト肺胞上皮A549/ABCA3細胞におけるmiR-34aによる上皮間葉転換機構の解明, 赤井美月、竹中慎之介、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第60回日本薬学会・日本薬剤師学会・日本病院薬剤師学会 中国四国学術大会, 2022年10月23日, 通常, 日本語, Web開催
  13. 肺胞上皮細胞A549におけるアベマシクリブ誘発性上皮間葉転換機構の解明, 吉盛智世、二木空人、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第60回日本薬学会・日本薬剤師学会・日本病院薬剤師学会 中国四国学術大会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  14. ラット初代培養肺胞上皮細胞におけるヌクレオシドトランスポーターの発現・機能解析, 福島愛梨、馬場しずく、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第43年会, 2021年06月04日, 通常, 日本語, WEB開催
  15. 薬剤性肺障害に対するバイオマーカーの探索を指向した肺障害モデルラットにおけるmiRNAの変動解析, 嘉手苅佑吏、小中崇史、竹中慎之介、赤井美月、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第37年会  , 2021年05月13日, 通常, 日本語, WEB開催
  16. 肺胞上皮細胞の上皮系および間葉系形質に及ぼすNrf2の影響解析, 本多未来一、原拓也、湯元良子、川見昌史、 高野幹久, 日本薬剤学会第37年会  , 2021年05月13日, 通常, 日本語, WEB開催
  17. 肺胞上皮におけるTGF-β1誘発性上皮間葉転換と糖代謝の関連解析, 川見昌史、湯元良子、高野幹久, 2021年05月13日, 通常, 日本語, WEB開催
  18. ヒト肺胞上皮細胞におけるペプチドトランスポーターPEPT2の発現・機能と自然免疫応答に対する吸入ステロイド薬の影響, 亀田菜々子、栗山志織、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月26日, 通常, 日本語, WEB開催および広島市
  19. 肺胞上皮におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換とNrf2の関連解析, 本多未来一、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月26日, 通常, 日本語, WEB開催および広島市
  20. ヒト肺胞上皮におけるmiR-34aによる上皮間葉転換誘発機構の解明, 竹中慎之介、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月26日, 通常, 日本語, WEB開催および広島市
  21. 肺胞上皮におけるオーファントランスポーターRhCGと上皮間葉転換の関連解析, 川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第141年会(広島), 2021年03月26日, 通常, 日本語, WEB開催および広島市
  22. メトトレキサート誘発性上皮間葉転換におけるITGA2の関与, 普久原梨沙、小島崇路、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第59回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語
  23. 乳腺上皮細胞におけるニコチン輸送機構の解明, 小丸 彩菜、渡邉 光登、川見 昌史、湯元 良子、高野 幹久, 第59回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語, WEB開催
  24. A549細胞におけるアベマシクリブ誘発性の細胞毒性と上皮間葉転換の関連解析, 二木空人、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第35回日本薬物動態学会年会, 2020年12月01日, 通常, 英語, WEB開催
  25. 肺胞上⽪細胞の上⽪間葉転換の誘発における⾼濃度グルコースおよび終末糖化産物の役割, 泉美穂、妹尾俊祐、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第35回日本薬物動態学会年会, 2020年12月01日, 通常, 英語
  26. ヒト血球系細胞K562におけるリバビリンの細胞毒性と膜輸送特性の解析, 馬場しずく、東 真琴、湯元良子、高野幹久, 膜シンポジウム2021, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  27. ヒト肺胞上皮細胞A549/P-gpにおけるP-glycoprotein発現および機能に対するタバコ煙抽出物の阻害機構, 古市悠真、比嘉秀併、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第42年会 , 2020年06月, 通常, 日本語, 誌上開催
  28. ヒト骨髄性白血病細胞K562を用いたribavirinの輸送特性の解析, 馬場 しずく、東 真琴、湯元 良子、高野 幹久, 日本膜学会第42年会, 2020年06月, 通常, 日本語, 誌上開催
  29. 高濃度グルコースおよび終末糖化産物による肺胞上皮細胞の上皮間葉転換の誘発, 泉美穂、妹尾俊祐、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 通常, 日本語, 誌上開催
  30. 肺胞上皮細胞 A549 におけるオーファントランスポーターRhCG(SLC42A3)の輸送機構に 関する研究, 川見昌史、渡邉光登、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 通常, 日本語, 誌上開催
  31. ヒト骨髄性白血病細胞K562を用いたribavirinの輸送特性の解析, 馬場しずく、東真琴、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第42年会, 2020年05月, 通常, 日本語, 誌上開催
  32. ヒト肺胞上皮細胞A549/P-gpにおけるP-glycoprotein発現および機能に対するタバコ煙抽出物の阻害機構, 古市悠真、比嘉秀併、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第42年会, 2020年05月, 通常, 日本語, 誌上開催
  33. 肺胞上皮におけるオーファントランスポーターRhCG(SLC42A3)の特性解析, 川見昌史、渡邊光登、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常, 日本語, 誌上開催
  34. ヒト乳腺上皮細胞におけるニコチン輸送特性の解析, 渡邉光登、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常, 日本語, 誌上開催
  35. A549細胞におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換とアポトーシスの関連解析, 小島崇路、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 日本薬物動態学会第34回年会, 2019年12月10日, 通常, 日本語, A549細胞におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換とアポトーシスの関連解析
  36. 肺における自然免疫応答とペプチドトランスポーター2および細胞内シグナル経路の関連解析, 栗山志織、竹内智哉、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会第34回年会, 2019年12月10日, 通常, 日本語, つくば国際会議場
  37. ヒト由来培養肺胞上皮細胞A549におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換に対するNrf2の影響解析, 原拓也、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 日本薬物動態学会第34回年会, 2019年12月10日, 通常, 日本語, つくば国際会議場
  38. Suppressive effect of vandetanib on drug-induced epithelial-mesenchymal transition via inhibition of p53 pathway, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第34回年会, 2019年12月10日, 通常, 英語, つくば国際会議場
  39. 肺胞上皮細胞におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換に対するSrc阻害剤の影響解析, 二木空人、山上洋平、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第58回日本薬学会・日本薬剤師学会・日本病院薬剤師学会 中国四国学術大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, サンポート高松・かがわ国際会議場
  40. 新規肺胞上皮細胞モデルを用いた肺障害性薬物による上皮間葉転換とmiR-34aの関連解析, 竹中慎之介、山本彩乃、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第58回日本薬学会・日本薬剤師学会・日本病院薬剤師学会 中国四国学術大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, サンポート高松・かがわ国際会議場
  41. Potent inhibitory effect of vandetanib on methotrexate-induced epithelial-mesenchymal transition (EMT) in alveolar epithelial A549 cells, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 2019AAPS PharmSci360, 2019年11月04日, 通常, 英語, Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, TX, USA
  42. Relationship between TGF-β1-induced EMT and monocarboxylate transporter 1 (MCT1) in alveolar epithelial A549 cells, Mohi Uddin, Ryoko Yumoto, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, 2019AAPS PharmSci360, 2019年11月04日, 通常, 英語, Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, TX, USA
  43. 肺胞上皮細胞におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換とPAI-1の関連解析, 山上洋平、二木空人、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第13回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 岐阜薬科大学 本部・大学院
  44. 薬剤性肺障害における肺胞上皮細胞の上皮間葉転換(EMT)に対するmiR-34a/p53経路の関連解析, 山本彩乃、川見昌史、小中崇史、竹中慎之介、湯元良子、高野幹久, 第13回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 岐阜薬科大学 本部・大学院
  45. ヒト肺由来A549/P-gp細胞におけるP-glycoprotein機能に対するタバコ煙抽出物の阻害機構の解析, 比嘉秀併、古市悠真、仲亮輔、湯元良子、高野幹久, 第13回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 岐阜薬科大学 本部・大学院
  46. 薬剤誘発性上皮間葉転換におけるmiR-484の機能解析, 小中崇史、山本彩乃、竹中慎之介、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第13回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 岐阜薬科大学 本部・大学院
  47. Effect of cigarette smoke extract on the functional expression of P-glycoprotein in human lung-derived A549/P-gp cells, Mikihisa Takano, Shuhei Higa, Yuma Furuichi, Ryoko Yumoto, Eurotox 2019, 2019年09月10日, 通常, 英語, FINLANDIA HALL, HELSINKI, FINLAND
  48. メトトレキサート誘発性上皮間葉転換に及ぼすPAI-1の影響解析, 川見昌史、山上洋平、湯元良子、高野幹久, 第11回日本RNAi研究会, 2019年08月30日, 通常, 日本語, 広島グランドプリンスホテル
  49. ROLE OF MICRORNAS IN DRUG-INDUCED EPITHELIAL-MESENCHYMAL TRANSITION IN HUMAN LUNG-DERIVED ALVEOLAR TYPE II EPITHELIAL CELL MODEL A549/ABCA3, Ryoko Yumoto, Ayano Yamamoto, Takashi Konaka, Shinnosuke Takenaka, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, ISSX2019: The 12th International ISSX Meeting, 2019年07月30日, 通常, 英語, The Oregon Convention Center in Portland, Oregon, USA
  50. 肺胞上皮細胞における薬物誘発性上皮間葉転換を抑制する化合物の探索とその特性解析, 川見昌史、妹尾俊祐、山上洋平、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第34年会, 2019年05月18日, 通常, 日本語, 富山国際会議場、富山国際プラザ
  51. 肺障害性薬物によるヒト肺胞上皮II型細胞モデルA549/ABCA3の上皮間葉転換とmiRNAの関連解析, 小中崇史、山本彩乃、竹中慎之介、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第34年会, 2019年05月16日, 通常, 日本語, 富山国際会議場、富山国際プラザ
  52. ヒト肺胞上皮細胞モデルH441における自然免疫応とペプチドトランスポーターPEPT2との関連解析, 栗山志織、竹内智哉、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第41年会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 早稲田大学西早稲田キャンパス63号館
  53. ニコチンの生体膜輸送におけるアンモニアトランスポーターの関与, 渡邉光登、亀井秀隆、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第41年会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 早稲田大学西早稲田キャンパス63号館
  54. 肺胞上皮細胞に対するメトトレキサートの抗がん効果と上皮間葉転換誘発作用の関連解析, 川見昌史、原田梨紗子、小島崇路、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第139年会, 2019年03月22日, 通常, 日本語, 幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張
  55. In vitro study on secreted factors associated with drug-induced epithelial-mesenchymal transition in A549 cells, Masashi Kawami, Yohei Yamagami, Risako Harada, Takamichi Ojima, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, The 1st Workshop of The Research Center for Drug Development and Biomarker Discovery, 2019年03月02日, 通常, 英語, 広島プリンスホテル
  56. 肺胞上皮細胞におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換に対する葉酸代謝機構の影響解析, 原拓也、本田奈津子、湯本良子、川見昌史、高野幹久, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 米子コンベンションセンター BIG SHIP・米子市文化ホール
  57. 肺胞上皮細胞における薬物誘発性上皮間葉転換と細胞周期の関連解析, 小島崇路、原田梨紗子、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 米子コンベンションセンターBIG SHIP、米子市文化ホール
  58. Role of transporters related to metabolic changes during epithelial-mesenchymal transition in human alveolar epithelial cell line A549, Mohi Uddin, Ryoko Yumoto, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月04日, 通常, 英語, Ishikawa Ongakudo Hall
  59. Role of plasminogen activator inhibitor-1 in methotrexate-induced epithelial-mesenchymal transition in cultured human alveolar epithelial A549 cells, Yohei Yamagami, Ryoko Yumoto, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月04日, 通常, 英語, Ishikawa Ongakudo Hall
  60. Search for the compound preventing drug-induced epithelial-mesenchymal transition and its mechanism in alveolar epithelial RLE/Abca3 cells, Shunsuke Senoh, Junya Deguchi, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月04日, 通常, 英語, Ishikawa Ongakudo Hall
  61. Role of membrane cholesterol in the functions of influx and efflux transporters in human erythrocytes, Makoto Higashi, Hiroki Ito, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月04日, 通常, 英語, Ishikawa Ongakudo Hall
  62. Study on association of drug-induced cell cycle arrest with epithelial-mesenchymal transition in A549 cells, Masashi Kawami, Risako Harada, Takamichi Ojima, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月02日, 通常, 英語, Ishikawa Ongakudo Hall
  63. Role of miR-34a and p53 pathway in drug-induced epithelial-mesenchymal transition in alveolar epithelial cells, Ayano Yamamoto, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月02日, 通常, 英語, Ishikawa Ongakudo Hall
  64. Effect of cigarette smoke extract on the function and expression of P-glycoprotein in human lung-derived A549/P-gp cells and its mechanism, Shuhei Higa, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018年10月02日, 通常, 英語, Ishikawa Ongakudo Hall
  65. 肺障害性薬物による肺胞上皮細胞の上皮間葉転換とmiRNAの関連解析, 川見昌史、山本彩乃、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第33年会, 2018年05月30日, 通常, 日本語, 静岡コンベンションセンターグランシップ
  66. ヒト赤血球膜の取り込み・排出トランスポーターに対する膜コレステロールの影響, 東真琴、伊藤拓樹、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第40年会, 2018年05月09日, 通常, 日本語, 早稲田大学(西早稲田キャンパス63号館)
  67. Effect of cigarette smoke extract on the function and expression of membrane transporters in alveolar epithelial cells, Mikihisa Takano, The 8th Annual Meet the Experts Transporter conference, 2018年04月26日, 招待, 英語, Budapest, Hungary
  68. A novel concept of nicotine transport across the cell membranes in human lung- and non-lung-derived culture cells, Ryoko Yumoto, Hidetaka Kamei, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, The 8th Annual Meet the Experts Transporter conference, 2018年04月26日, 通常, 英語, Budapest, Hungary
  69. Quercetinによる肺胞上皮II型細胞の薬剤性上皮間葉転換抑制効果とその機構解析, 妹尾俊祐,出口純也,小中崇史,川見昌史,湯元良子,高野幹久, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 通常, 日本語, 石川県立音楽堂、金沢市アートホール、ANAクラウンプラザホテル金沢など
  70. 肺胞上皮細胞におけるペプチドトランスポーター PEPT2 の発現・機能に及ぼす喫煙関連物質の影響, 比嘉秀併、仲亮輔、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 通常, 日本語, 石川県立音楽堂、金沢市アートホール、ANAクラウンプラザホテル金沢など
  71. 抗がん剤耐性細胞におけるAzadirachta indicaのP-glycoprotein阻害活性と耐性克服効果に関する研究, 川見昌史、山田行徳、Issarachot Ousanee、Junyaprasert Varaporn、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 通常, 日本語, 石川県立音楽堂、金沢市アートホール、ANAクラウンプラザホテル金沢など
  72. Role of activating transcription factor 3 in drug-induced epithelial-mesenchymal transition in cultured human alveolar epithelial cells, Rika Harabayashi, Risako Harada, Yohei Yamagami, Ryoko Yumoto, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 英語, タワーホール船堀
  73. Development of a novel alveolar epithelial cell model and its application to the study on drug-induced epithelial-mesenchymal transition, Junya Deguchi, Shunsuke Senoh, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  74. Effect of folic acid and tetrahydrofolic acid on MTX-induced epithelial-mesenchymal transition in A549 cells, Natsuko Honda, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  75. Association of cell cycle arrest with drug-induced epithelial-mesenchymal transition in A549 cells, Risako Harada, Rika Harabayashi, Yohei Yamagami, Ryoko Yumoto, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  76. Transport mechanism of nicotine in various types of human-derived cell lines, Hidetaka Kamei, Masashi Kawami, Machi Nagahiro, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  77. ヒト肺由来H441細胞におけるペプチドトランスポーターPEPT2の機能と自然免疫応答の関連解析, 竹内智哉、杉本奈津美、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 膜シンポジウム2017, 2017年11月13日, 通常, 日本語, 富山大学五福キャンパス 黒田講堂
  78. 肺胞上皮II型モデル細胞RLE/Abca3におけるTGF-β1誘発性上皮間葉転換に及ぼす新規アデノシン類似化合物COA-Clの影響解析, 川見昌史、出口純也、湯元良子、榊原紀和、塚本郁子、小西良二、高野幹久, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島大学蔵本キャンパス
  79. 肺胞上皮細胞におけるメトトレキサート誘発性上皮間葉転換と細胞外分泌因子の関連解析, 山上洋平、原林六華、原田梨紗子、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島大学蔵本キャンパス
  80. 肺胞上皮細胞における薬物誘発性上皮間葉転換に及ぼすmiR-34aの影響解析, 山本彩乃、猫本千波、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島大学蔵本キャンパス
  81. Endocytic uptake of advanced oxidation protein products-albumin in human alveolar epithelial cell line A549, Tadashi Shimonakamura, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 京都薬科大学 本校地 躬行館3階
  82. Effect of cholesterol on BCRP function in human erythrocyte membrane, Makoto Higashi, Hiroki Ito, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 京都薬科大学 本校地 躬行館3階
  83. 薬物の生体膜輸送と細胞毒性研究, 高野幹久, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2017年10月21日, 招待, 日本語, 京都薬科大学 本校地 躬行館3階
  84. 各種培養細胞におけるニコチン輸送特性の解析, 亀井秀隆、川見昌史、長弘真知、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第39年会, 2017年05月26日, 通常, 日本語, 早稲田大学(西早稲田キャンパス64 号館)
  85. ヒト赤血球膜におけるABCトランスポーターの輸送機能に及ぼすキノリン系抗マラリア薬の影響解析, 湯元良子、豊田彩貴、伊藤拓樹、高野幹久, 日本膜学会第39年会, 2017年05月26日, 通常, 日本語, 早稲田大学(西早稲田キャンパス63 号館)
  86. Modulation of P-glycoprotein function and sensitivity to anticancer drug by Azadirachta indica extract in multidrug resistant cell lines, Masashi Kawami, Yukinori Yamada, Ousanee Issarachot, Varaporn Junyaprasert, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 6th Pharmaceutical Sciences World Congress, 2017年05月22日, 通常, 英語, Stockholmsmassan, Stockholm, Sweden
  87. メトトレキサート誘発性肺障害に対する葉酸の防御メカニズムの解析, 原田梨紗子、原林六華、山上洋平、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 日本薬剤学会第32年会, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 大宮ソニックシティビル
  88. 肺胞上皮における免疫応答とペプチドトランスポーターPEPT2の関係, 肺胞上皮における免疫応答とペプチドトランスポーターPEPT2の関係, 日本薬剤学会第32年会, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 大宮ソニックシティビル
  89. メトトレキサートによる肺胞上皮細胞の上皮間葉転換に及ぼす葉酸の影響解析, 川見昌史、原林六華、原田梨沙子、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第137年会, 2017年03月26日, 通常, 日本語, 仙台国際センター、東北大学川内地区
  90. 肺胞上皮Ⅱ型細胞RLE/Abca3における薬剤性障害発症機構の解明とその防御法の開発, 出口純也、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第137年会, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 仙台国際センター、東北大学川内地区
  91. ヒト赤血球膜のトランスポーター機能に対するコレステロールの影響解析, 伊藤 拓樹、豊田 彩貴、湯元 良子、高野 幹久, 膜シンポジウム2016, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 関西大学100周年記念会館
  92. 肺胞上皮細胞における異物排出ポンプP-glycoproteinの発現と機能に及ぼすタバコ煙抽出物の影響, 仲 亮輔、湯元良子、高野幹久, 膜シンポジウム2016, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 関西大学100周年記念会館
  93. ヒト肺由来H441細胞における葉酸トランスポーターRFCの発現とメトトレキサート輸送, 本田菜津子、宮本未緒花、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 就実大学
  94. メトトレキサート誘発性肺障害に対する葉酸の抑制効果のメカニズム解析, 原田梨紗子、原林六華、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 就実大学
  95. Effect of cigarette smoke extract on P-glycoprotein function in alveolar epithelial cells, 仲亮輔、西本沙央理、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016年10月13日, 通常, 日本語, キッセイ文化ホール/松本市総合体育館
  96. Development of strategy to protect TGF-β1- and drug-induced epithelial-mesenchymal transition in alveolar epithelial RLE/Abca3 cells, 出口純也、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016年10月13日, 通常, 日本語, キッセイ文化ホール/松本市総合体育館
  97. Transport mechanism of methotrexate in human alveolar epithelial cell lines, 宮本未緒花、本田奈津子、湯元良子、川見昌史、高野幹久, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016年10月13日, 通常, 日本語, キッセイ文化ホール/松本市総合体育館
  98. Interaction of antimalarial drugs with ABC transporters in human erythrocyte membrane, 豊田彩貴、伊藤拓樹、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016年10月13日, 通常, 日本語, キッセイ文化ホール/松本市総合体育館
  99. Effect of cholesterol on transporter function in human erythrocyte membrane, 伊藤拓樹、豊田彩貴、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会第31回年会, 2016年10月13日, 通常, 日本語, キッセイ文化ホール/松本市総合体育館
  100. Functional expression of PEPT2 and its regulation in alveolar epithelial cells, Mikihisa Takano, Workshop on Drug Transporters in the Lungs, 2016年09月22日, 招待, 英語, Trinity College Dublin
  101. ヒト赤血球膜のABCトランスポーターと抗マラリア薬との相互作用, 湯元良子、豊田彩貴、伊藤拓樹、高野幹久, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年09月17日, 通常, 日本語, 京都国際会議場
  102. メトトレキサートによる肺胞上皮細胞の上皮間葉転換に対する葉酸の抑制効果, 原林六華、川見昌史、宮本未緒花、原田梨紗子、湯元良子、高野幹久, 医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2016年06月25日, 通常, 日本語, 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 他
  103. 抗がん剤耐性克服剤開発に向けたタイ国産植物のP-glycoprotein阻害活性の解析, 川見昌史、山田行徳、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第31年会, 2016年05月19日, 通常, 日本語, 長良川国際会議場、岐阜都ホテル
  104. 学術シンポジウム5「くすりを使う・くすりを創る‐患者治療に向けた医療現場での取り組み‐」, 高野幹久, 日本薬剤学会第31年会, 2016年05月19日, 招待, 日本語, 長良川国際会議場、岐阜都ホテル
  105. 初代培養肺胞上皮細胞およびクローン化A549細胞におけるP-glycoproteinの発現・機能とタバコ煙抽出物の影響, 仲亮輔、西本沙央理、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会38年会, 2016年05月10日, 通常, 日本語, 早稲田大学 西早稲田キャンパス63号館
  106. ヒト肺胞上皮細胞におけるニコチンの輸送特性の解析, 湯元 良子、長弘 真知、高野 幹久, 日本膜学会38年会, 2016年05月10日, 通常, 日本語, 早稲田大学 西早稲田キャンパス63号館
  107. 葉酸トランスポーターRFCによるメトトレキサートの取り込みと肺障害誘発との関連解析, 川見昌史、原林六華、宮本未緒花、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第136年会, 2016年03月27日, 通常, 日本語, パシフィコ横浜
  108. 薬剤による肺胞上皮細胞RLE/Abca3細胞の上皮間葉転換とその防御, 出口純也、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第136年会, 2016年03月27日, 通常, 日本語, パシフィコ横浜
  109. 肺胞上皮細胞における異物排出ポンプP-glycoproteinの発現・機能と喫煙関連物質の影響解析, 仲 亮輔、西本沙央里、佐々木佳寛、青木彩子、湯元良子、高野幹久, 膜シンポジウム2015, 2015年11月25日, 通常, 日本語, 神戸大学
  110. ヒト肺上皮由来H441細胞におけるペプチドトランスポーターPEPT2の発現・機能解析, 杉本 奈津美、湯元良子、EHRHARDT Carsten、高野幹久, 膜シンポジウム2015, 2015年11月25日, 通常, 日本語, 神戸大学
  111. メトトレキサートによる上皮間葉転換誘発機構の解析とそれに基づく薬剤性肺障害の防御標的の探索, 原林六華、宮本未緒花、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月21日, 通常, 日本語, パシフィコ横浜
  112. 肺胞上皮における異物排出ポンプP-gpの発現・機能とその解析のための新たな培養細胞系の開発, 西本沙央里、佐々木佳寛、仲 亮輔、青木彩子、湯元良子、高野幹久, 第25回日本医療薬学会年会 , 2015年11月21日, 通常, 日本語, パシフィコ横浜
  113. Transport and toxicity of the drug and its regulation in the kidney and lung, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会 学会賞 受賞講演, 2015年11月13日, 招待, 英語, タワーホール船堀
  114. Effect of extracts from Thai plant Curcuma comosa on the function of P-glycoprotein and peptide transporter 1, 山田行徳、歳森ふくこ、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会 第30回年会, 2015年11月12日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  115. Role of miRNAs in TGF-β1- and drug-induced epithelial mesenchymal transition in alveolar type II epithelial cells, 猫本千波、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会 第30回年会 東京, 2015年11月12日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  116. Studies on the possible receptor for of albumin uptake endocytosis in human alveolar epithelial cell line A549, Tadashi Shimonakamura, Ayako Aoki, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 第9回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2015年11月07日, 通常, 日本語, 千葉大学
  117. ヒト赤血球膜に存在する異物排出トランスポーターの機能解析, 伊藤拓樹、豊田彩貴、湯元良子、高野幹久 , 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 高知
  118. 肺胞上皮における薬物輸送・毒性解析のためのII型細胞形質維持法の開発, 岸本海、湯元良子、高野幹久, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 高知
  119. 抗がん薬による肺胞上皮間葉転換の誘発とそれに伴うmiRNAおよび標的遺伝子の発現変化, 猫本千波、湯元良子、高野幹久, 第7回日本RNAi研究会・第2回細胞外小胞学会, 2015年08月26日, 通常, 日本語, グランドプリンスホテル広島
  120. 肺胞上皮細胞におけるメトトレキサートの輸送機構の解明, 宮本未緒花、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2015年07月04日, 通常, 日本語, 名古屋
  121. 肺胞腔内からのアルブミンクリアランスの分子機構解析, 青木彩子、谷口栞里、下中村雅、湯元良子、高野幹久, クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2015, 2015年07月04日, 通常, 日本語, 名古屋国際会議場
  122. 肺胞上皮細胞における葉酸トランスポーターを介したメトトレキサートの輸送, 川見昌史、宮本未緒花、湯元良子、高野幹久, 第10回トランスポーター研究会, 2015年06月20日, 通常, 日本語, 慶應義塾大学薬学部 芝共立キャンパス
  123. TGF-β1および肺障害性薬物による肺胞上皮II型細胞の上皮間葉転換とmiRNA発現との関連解析, 猫本千波、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会創立30周年記念シンポジウムおよび第30年会, 2015年05月20日, 通常, 日本語, 長崎ブリックホール
  124. 肺胞上皮細胞に対するメトトレキサートの障害性と上皮間葉転換の関連解析, 川見 昌史、宮本 未緒花、原林 六華、湯元 良子、高野 幹久, 日本薬剤学会創立30周年記念シンポジウムおよび第30年会, 2015年05月20日, 通常, 日本語, 長崎ブリックホール
  125. ヒト赤血球膜におけるABCトランスポーターBCRPの機能解析, 豊田 彩貴、平林  悠、伊藤 拓樹、湯元 良子、高野 幹久, 日本膜学会第37年会, 2015年05月14日, 通常, 日本語, 早稲田大学
  126. 異物排出トランスポーターP-glycoproteinの機能に及ぼす タイ国産植物Curucma Comosa抽出物の影響解析, 山田行徳、歳森ふくこ、川見昌史、Denpong Patanasethanont、Bung-orn Sripanidkulchai、 湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第37年会, 2015年05月14日, 通常, 日本語, 早稲田大学
  127. 新たなマイクロアレイを用いた薬剤性肺障害予測システムの開発, 青木彩子、山口晃輝、山本千恵子、湯元良子、大島宏之、高野幹久, 日本薬学会 第135年会 , 2015年03月26日, 通常, 日本語, 神戸学院大学・兵庫医療大学
  128. ヒト肺上皮由来H441細胞におけるペプチドトランスポーターPEPT2の発現と機能の解析, 杉本奈津美、湯元良子、EHRHARDT Carsten、高野幹久, 日本薬学会 第135年会 , 2015年03月26日, 通常, 日本語, 神戸学院大学、兵庫医療大学
  129. 肺胞上皮細胞における物質輸送とその制御および新たな肺胞上皮Ⅱ型細胞モデルの開発と薬物毒性研究への応用, 高野幹久, 熊本大学先端医療学特論, 2014年12月12日, 招待, 日本語, 熊本大学
  130. Evaluation of epithelial-mesenchymal transition associated with methotrexate-induced injury in cultured human alveolar epithelial cell line, Kawami, M., Miyamoto, M., Yumoto, R., Takano, M., 第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2014年11月15日, 通常, 日本語, 熊本大学
  131. 消化管上皮細胞のトランスポーター機能に及ぼすタイ国産ショウガ科植物抽出物の影響解析, 歳森ふくこ、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 広島
  132. 培養肺胞上皮細胞A549におけるメトトレキサートの輸送特性解析, 宮本未緒花、川見昌史、湯元良子、高野幹久, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 広島
  133. TGF-および肺障害性薬物による肺胞上皮Ⅱ型細胞の上皮間葉転換とmiRNAの発現変動, 猫本千波、山口晃輝、湯元良子、高野幹久, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 広島
  134. 培養肺胞上皮細胞RLE/Abca3を用いた薬剤誘発性上皮間葉転換の解析, 山口晃輝、湯元良子、高野幹久 , 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 広島
  135. Activation of HIF-1 by albumin overload in renal proximal tubular epithelial cells, Nagai, J., Takano, M., 上皮バリア・輸送に関するシンポジウム, 2014年11月01日, 通常, 日本語, 立命館大学
  136. Transport of nicotine, an organic cation, in alveolar epithelial cells, Nagahiro, M., Sasaki, Y., Yumoto, R., Takano, M, 19th North American Regional ISSX Meeting and 29th JSSX Annual Meeting, 2014年10月18日, 通常, 英語, the Hilton San Francisco Union Square Hotel
  137. Development of a novel stop solution for membrane transport study, Hirabayashi, Y., Yumoto, R., Takano, M, 19th North American Regional ISSX Meeting and 29th JSSX Annual Meeting, 2014年10月18日, 通常, 英語, the Hilton San Francisco Union Square Hotel
  138. Comparison of epithelial-mesenchymal transition induced by TGF-β1 and methotrexate in human alveolar epithelial cell line A549, Kawami, M., Miyamoto, M., Yumoto, R., Takano, M, 19th North American Regional ISSX Meeting and 29th JSSX Annual Meeting, 2014年10月18日, 通常, 英語, the Hilton San Francisco Union Square Hotel
  139. Effect of cigarette smoke extract on PEPT2 function in alveolar epithelial cells, Yumoto, R., Sasaki, Y., Takano, M, 19th North American Regional ISSX Meeting and 29th JSSX Annual Meeting, 2014年10月18日, 通常, 英語, the Hilton San Francisco Union Square Hotel
  140. 英語論文の作成:大学の立場から, 高野 幹久, 第24回日本医療薬学会年会, 2014年09月27日, 通常, 日本語, 名古屋
  141. 肺胞上皮細胞の分化転換に伴うペプチドトランスポーターの発現・機能変化と喫煙関連物質の影響, 湯元良子、佐々木佳寛、岸本海、永井純也、高野幹久, 医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2014年06月28日, 通常, 日本語, ビッグサイトTFTホール
  142. 肺胞上皮細胞の分化転換と薬物輸送機能, 高野幹久、湯元良子, 日本薬剤学会第29年会, 2014年05月20日, 通常, 日本語, 大宮ソニックシティビル
  143. 肺障害性薬物によるヒト由来培養肺胞上皮細胞A549の上皮間葉転換の解析, 川見昌史、山本千恵子、山口晃輝、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第29年会, 2014年05月20日, 通常, 日本語, 大宮ソニックシティビル
  144. 生体膜トランスポーターの低温忍容性とそれを考慮した新たな輸送反応停止液の開発, 平林 悠、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第29年会, 2014年05月20日, 通常, 日本語, 大宮ソニックシティビル
  145. 肺胞上皮細胞におけるPeptide Transporter 2の発現・機能と喫煙関連物質の影響, 佐々木佳寛、岸本海、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本膜学会第36年会, 2014年05月12日, 通常, 日本語, 早稲田大学
  146. Expression and function of a peptide transporter PEPT2 in alveolar epithelial cells in culture, Ryoko Yumoto, Natsumi Sugimoto, Yoshihiro Sasaki, Chieko Yamamoto, Junya Nagai, Carsten Ehrhardt, Mikihisa Takano, The 5th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2014, 2014年04月13日, 通常, 日本語, Melbourne Convention and Exhibition Centre
  147. 培養ヒト腎近位尿細管上皮細胞におけるMRP2 mRNAのcAMP依存性発現誘導の機構解明, 長弘真知、永井純也、松崎翔太、田邊敬明、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会 第134年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 熊本大学
  148. ヒト肺上皮由来H441細胞の基本特性とペプチドトランスポーターPEPT2の発現・機能, 杉本奈津美、湯元良子、山本千恵子、永井純也、Carsten Ehrhardt、高野幹久, 日本薬学会 第134年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 熊本大学
  149. 喫煙による肺胞上皮II型細胞のペプチドトランスポーターPept2の機能変動, 佐々木佳宏、岸本 海、湯元良子、高野幹久, 膜シンポジウム2014 , 2014年03月26日, 通常, 日本語, 神戸学院大学、兵庫医療大学
  150. Multidrug-resistance modulating effects of Thai plant extracts in cancer cells, Saki Kakizoe, Ryoko Yumoto, Junya Nagai, Denpong Patanasethanont, Bung-orn Sripanidkulchai, Mikihisa Takano, 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2013年11月23日, 通常, 日本語, 東北大学
  151. 生体膜輸送研究のための新たな輸送反応停止液の探索・開発, 平林 悠、今岡大明、永井純也、湯元良子、高野幹久, 膜シンポジウム2013, 2013年11月07日, 通常, 日本語, 京都府立医科大学付属図書館ホール
  152. 培養腎尿細管上皮細胞におけるアルブミン負荷に伴うHIF-1-alpha 発現誘導とグルコーストランスポーターの発現・機能変動の解析, 片桐祐希、永井純也、山本彩加、湯元良子、高野幹久, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月26日, 通常, 日本語, 松山
  153. 薬剤毒性評価用フォーカストアレイの開発, 高野幹久、大島宏之, 三菱レイヨン中間報告会, 2013年10月23日, 招待, 日本語, 三菱レイヨン大竹研究所
  154. Analysis of drug-induced epithelial mesenchymal transition in cultured alveolar epithelial cell line RLE/Abca3, Yamamoto C, Yamaguchi K, Nagai J, Yumoto R and Takano M, 日本薬物動態学会 第28回年会 東京, 2013年10月09日, 通常, 英語, タワーホール船堀
  155. Effect of albumin-bound fatty acids on the expression of HIF-1-alpha and its target genes in the human renal tubular epithelial cell line HK-2, 山本彩加、永井純也、歳森ふくこ、片桐祐希、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会 第28回年会, 2013年10月09日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  156. Expression and function of P-glycoprotein in alveolar epithelial cells and its modulation by cigarette smoke extract, Ryoko Yumoto, Yoshihiro Sasaki, Taishi Horiuchi, Yuki Kato, Umi Kishimoto, Junya Nagai, Mikihisa Takano, 73th FIP World Congress, Dublin 2013 in Ireland, 2013年08月31日, 通常, 英語, Convention Centre Dublin
  157. 糖尿病患者における経肺投与インスリンのバイオアベイラビリティ上昇の機構解明, 西本沙央里、小田啓祐、永井純也、湯元良子、高野幹久, 医療薬学フォーラム2013/第21回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2013年07月20日, 通常, 日本語, 金沢
  158. 喫煙者における経肺投与インスリンのバイオアベイラビリティ上昇機構の解明, 岸本 海、佐々木佳寛、山本千恵子、堀内大士、永井純也、湯元良子、高野幹久, 医療薬学フォーラム2013/第21回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2013年07月20日, 通常, 日本語, 金沢
  159. 医療協働における薬剤師の役割とそれを支える学術・研究活動, 高野幹久, 医療薬学フォーラム2013/第21回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2013年07月20日, 通常, 日本語, 金沢
  160. 培養腎上皮細胞におけるゲンタマイシン取り込みに及ぼすガドリニウムの影響, 田邊敬明、永井純也、澤田健史、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第28年会, 2013年05月23日, 通常, 日本語, 名古屋
  161. 肺胞上皮細胞の上皮間葉転換と薬剤性肺傷害予測法の構築, 山口晃輝、三分一圭祐、山本千恵子、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第28年会, 2013年05月23日, 通常, 日本語, 名古屋
  162. D-グルコースによるインスリンの肺胞上皮細胞輸送の制御, 小田啓祐、湯元良子、永井純也、高野幹久, 第35回日本膜学会年会, 2013年05月20日, 通常, 日本語, 早稲田大学
  163. 人工膜研究者のための生体膜輸送の基礎講座, 高野幹久, 第35回日本膜学会年会, 2013年05月20日, 通常, 日本語, 早稲田大学
  164. 氷冷下におけるグルコーストランスポーターの機能, 平林悠、今岡大明、永井純也、湯元良子、高野幹久, 第35回日本膜学会年会, 2013年05月20日, 通常, 日本語, 早稲田大学
  165. 腎尿細管上皮細胞におけるHIF-1発現に及ぼす血清アルブミン処理の影響, 永井純也、山本彩加、歳森ふくこ、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 通常, 日本語
  166. 肺胞上皮細胞のII型-I型分化転換に伴うペプチドトランスポーターPept2の発現・機能変動, 佐々木佳寛、堀内大士、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 通常, 日本語, 横浜
  167. D-Glucose stimulates insulin uptake in cultured human alveolar epithelial cells, 小田啓祐、湯元良子、永井純也、高野幹久, 第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2012年11月23日, 通常, 英語, 京都大学
  168. Characterization of protamine uptake in the OK kidney epithelial cell line, 米田卓司、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会第27年会, 2012年11月20日, 通常, 英語, タワーホール船堀
  169. A549細胞におけるインスリン取り込みに及ぼすD-グルコースの影響, 小田啓祐、湯元良子、永井純也、高野幹久, 日本薬物動態学会第27年会, 2012年11月20日, 通常, 英語, タワーホール船堀
  170. Induction of phonotypical changes by transfection of a transporter gene Abca3 in cultured alveolar epithelial cell line RLE-6TN, 山本千恵子、湯元良子、三分一圭祐、小田啓祐、永井純也、高野幹久, 日本薬物動態学会第27年会, 2012年11月20日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  171. 哺乳類トランスポーターの低温忍容性の解明, 今岡大明、平林悠、永井純也、湯元良子、高野幹久, 第34回生体膜と薬物の相互作用ジンポジウム, 2012年11月15日, 通常, 日本語, 京都大学
  172. ヒト肺がん由来A549細胞における細胞周期調節因子に及ぼすシスプラチン耐性化の影響, 高橋恭平、堀部紗世、前田祐作、松田 明、湯元良子、永井純也、高野幹久、児玉頼光, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語, 島根
  173. 培養ヒト腎近位尿細管上皮細胞HK-2におけるABCトランスポーターの発現・機能に及ぼすdibutyryl cAMPの影響, 松崎翔太、永井純也、湯元良子、高野幹久, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語, 島根
  174. ヒト腎近位尿細管由来培養細胞におけるエンドサイトーシスに及ぼすガドリニウムの影響, 木村愛、永井純也、湯元良子、高野幹久, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語, 島根
  175. アルブミン負荷によるHIF-1αおよびその標的遺伝子の発現変動の解析 ~ヒト腎近位尿細管上皮細胞株HK-2を用いて~, 山本彩加、永井純也、湯元良子、高野幹久, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語
  176. 肺胞上皮細胞におけるアルブミンの輸送とその制御, 湯元良子、鈴鹿小百合、永井純也、高野幹久, 膜シンポジウム2012 , 2012年11月06日, 通常, 日本語, 神戸大学
  177. Effect of transfection of a transporter gene Abca3 on the phenotype of cultured alveolar epithelial cells, Mikihisa Takano, Keisuke Sambuichi, Chieko Yamamoto, Keisuke Oda, Junya Nagai, and Ryoko Yumoto, 18th North American Regional ISSX Meeting, 2012年10月14日, 通常, 日本語, Hilton Anatol Hotel in Dallas
  178. Mechanism underlying cytotoxic effect of the extract of Thai plant ellipeiopsis cherrevensis in cancer cells, Ryoko Yumoto1, Saki Kakizoe1, Junya Nagai1, Denpong Patanasethanont2, Bung-orn Sripanidkulchai2, Mikihisa Takano1, 18th North American Regional ISSX Meeting, 2012年10月14日, 通常, 日本語, Hilton Anatol Hotel in Dallas
  179. Transdifferentiation and transport function of alveolar epithelial cells, 高野幹久, International Symposium on Epithelial Barrier and Transport 2012, 2012年09月15日, 招待, 英語, 滋賀、立命館大学
  180. 肺胞上皮細胞の分化転換と輸送機能 , 高野 幹久, International Symposium on Epithelial Barrier and Transport 2012, 2012年09月15日, 通常, 英語, 立命館大学薬学部
  181. 薬物代謝酵素の遺伝子多型 ~CYP2C9, 2C19, 2D6 および MTHFR~, 高野幹久, EBS講演会, 2012年08月21日, 招待, 日本語, 広島
  182. 薬物体内動態およびその支配因子としての薬物代謝酵素の基礎 ~薬物相互作用、代謝酵素の遺伝子多型~, 高野幹久, EBS講演会, 2012年07月31日, 招待, 日本語, 広島
  183. ABCトランスポーターによるがん細胞の抗がん剤耐性化とその攻略, 高野幹久, 広島高等学校 「プロフェッショナル探究」講義, 2012年07月23日, 招待, 日本語, 広島大学
  184. 肺胞上皮細胞の形質転換と物質輸送機能に及ぼす喫煙関連物質の影響解析, 高野幹久, 喫煙科学研究財団 平成22年度助成研究発表会, 2012年07月18日, 通常, 日本語, 東京
  185. タイ国産植物抽出物KP018によって誘発されるがん細胞死のメカニズム解析, 柿添早紀、湯元良子、永井純也、Denpong Patanasethanont、Bung-orn Sripanidkulchai、高野幹久, 医療薬学フォーラム2012, 2012年07月14日, 通常, 日本語, 福岡
  186. ヒト腎近位尿細管由来細胞HK-2におけるメガリン非依存性のゲンタマイシン輸送特性, 永井純也、澤田健史、田邊敬明、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第27年会, 2012年05月24日, 通常, 日本語, 神戸
  187. 肺胞上皮細胞のII型-I型分化転換とオリゴペプチドトランスポーターPEPTの発現・機能, 堀内大士、湯元良子、佐々木佳寛、永井純也、高野幹久, 日本薬剤学会第27年会, 2012年05月24日, 通常, 日本語, 神戸
  188. シンポジウム開催にあたって, 高野幹久, 薬剤学会第27年会, 2012年05月24日, 招待, 日本語, 神戸
  189. 肺胞上皮細胞のⅡ型‐Ⅰ型分化転換と生体膜トランスポーターの発現・機能, 湯元良子、堀内大士、加藤祐貴、永井純也、高野幹久, 日本膜学会第34年会, 2012年05月08日, 通常, 日本語, 早稲田大学
  190. ヒト腎近位尿細管上皮細胞由来HK-2におけるアルブミンとゲンタマイシンの取り込み特性, 永井純也、岡田結実、澤田健史、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会第132年会, 2012年03月29日, 通常, 日本語, 北海道大学
  191. 培養肺胞上皮細胞におけるインスリン輸送に及ぼすタバコ煙抽出物の影響, 湯元良子、堀内大士、小田啓祐、永井純也、高野幹久, 日本薬学会第132年会, 2012年03月29日, 通常, 日本語, 北海道大学
  192. ヒト肺がん由来細胞における5-aminolevurinic acid由来protoporphyrin IXの光毒性効果とそれに及ぼすシスプラチン耐性化の影響, 堀部紗世、永井純也、湯元良子、田和理市、高野幹久, 日本薬学会第132年会, 2012年03月29日, 通常, 日本語, 北海道大学
  193. Population pharmacokinetic/pharmacodynamic analysis of linagliptin, a DPP-4 inhibitor, in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus, Yusuke Tadayasu, Akiko Sarashina, Yasuhiro Tsuda, Shinji Tatami, Christian Friedrich, Silke Retlich, Alexander Staab, Mikihisa Takano, 第5回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2011年11月26日, 通常, 日本語, 名古屋
  194. 氷冷下におけるヒトのトランスポーター機能, 高野幹久、鈴木 聡、今岡大明、永井純也、湯元良子, 膜シンポジウム2011, 2011年11月18日, 通常, 日本語, 沖縄
  195. Effect of cigarette smoke extract (CSE) on insulin uptake in human alveolar epithelial cell line A549, Taishi Horiuchi, Keisuke Oda, Junya Nagai, Ryoko Yumoto, Mikihisa Takano, 第26回日本薬物動態学会年会, 2011年11月16日, 通常, 英語, 広島
  196. Population pharmacokinetic/pharmacodynamic analysis of DPP-4 inhibitor linagliptin in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus, Yusuke Tadayasu, Akiko Sarashina, Yasuhiro Tsuda, Shinji Tatami, Christian Friedrich, Silke Retlich, Alexander Staab, Mikihisa Takano, 第26回日本薬物動態学会年会, 2011年11月16日, 通常, 日本語, 広島
  197. Effects of TRPV cation channel modulators in gentamicin uptake in the human kidney epithelial cell line HK-2, 澤田健史、永井純也、湯元良子、高野幹久, 第26回日本薬物動態学会年会, 2011年11月16日, 通常, 英語, 広島
  198. 腎におけるmRNAおよびmicroRNA発現に及ぼすゲンタマイシン投与の影響, 永井純也、三牧沙織、湯元良子、高野幹久, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月12日, 通常, 日本語, 高松
  199. 肺胞上皮細胞の形質転換と物質輸送機能に及ぼす喫煙関連物質の影響解析, 高野幹久, 喫煙科学研究財団 平成22年度助成研究発表会, 2011年07月22日, 通常, 日本語, 東京
  200. 日本薬学会医療薬科学部会の活動について, 高野幹久, 医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム 部会長講演, 2011年07月09日, 招待, 日本語, 旭川
  201. 肺胞および腎尿細管上皮細胞における物質輸送とその制御, 高野幹久, 金沢大学大学院(薬学)特別講義, 2011年06月10日, 招待, 日本語, 金沢
  202. Receptor-targeted prevention of aminoglycoside accumulation and toxicity in the kidney, Junya Nagai, Mikihisa Takano, 日本薬剤学会第26年会, 2011年05月31日, 通常, 英語, タワーホール船堀
  203. ゲンタマイシンの腎尿細管刷子縁膜結合および細胞内取り込みに及ぼすプロタミンの影響, 米田卓司、澤田健史、湯元良子、永井純也、高野幹久, 日本薬剤学会第26年会, 2011年05月31日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  204. 哺乳類トランスポーターの低温忍容性とその普遍性に関する検討, 今岡大明、鈴木 聡、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第26年会, 2011年05月29日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  205. 肺胞上皮細胞におけるalbumin取り込みの分子機構の解明, 小田啓祐、鈴鹿小百合、湯元良子、永井純也、高野幹久, 日本薬剤学会第26年会, 2011年05月29日, 通常, 日本語, タワーホール船堀
  206. 肺胞上皮細胞におけるタンパク質・ペプチドの輸送とその制御, 高野幹久、湯元良子, 日本膜学会第33年会, 2011年05月12日, 通常, 日本語, 産業技術総合研究所臨海副都心センター
  207. ヒト赤血球膜トランスポーターの低温忍容性, 湯元良子、鈴木 聡、今岡大明、永井純也、高野幹久, 日本膜学会第33年会, 2011年05月12日, 通常, 日本語, 産業技術総合研究所臨海副都心センター
  208. ラットおよびヒト由来培養肺胞上皮細胞におけるalbumin取り込み機構の解析, 小田啓祐、湯元良子、鈴鹿小百合、永井純也、高野幹久, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  209. ヒト肺がん由来細胞におけるchlorin e6の細胞内蓄積と光感受性におよぼすシスプラチン耐性化の影響, 堀部紗世、永井純也、湯元良子、田和理市、高野幹久, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  210. ヒト腎近位尿細管上皮細胞由来HK-2におけるアルブミン取り込み特性の解析, 岡田結実、永井純也、佐藤公也、湯元良子、高野幹久, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  211. 抗がん剤の体内動態と薬効・毒性(PK/PD), 高野幹久, 広島大学がんプロ専門医取得コース「がんと放射線」講義, 2010年12月22日, 招待, 日本語, 広島
  212. 腎障害性薬物シスプラチン投与時におけるIgG動態の変動解析, 永井純也、三牧沙織、佐藤公也、湯元良子、高野幹久, 第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2010年11月29日, 通常, 日本語
  213. Cytotoxic and multidrug-resistance modulating effects of Thai plant extracts in cancer cells, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Sayuri Suzuka, Junya Nagai, Varaporn Buraphacheep Junyaprasert, Noppamas Soonthornchareonnon, Denpong Patanasethanont, Bung-orn Sripanidkulchai, Mikihisa Takano, 第4回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2010年11月27日, 通常, 英語
  214. アミノグリコシド系抗生物質の腎移行メカニズムとそれに基づく腎毒性防御(シンポジウムテーマ:S16 薬物有害反応の発現機構と予測の新展開), 永井純也、高野幹久, 第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月13日, 通常, 日本語, 千葉
  215. 培養腎上皮OK細胞におけるアミノグリコシド系抗生物質の取り込みに及ぼすプロタミンの影響, 米田卓司、永井純也、澤田健史、湯元良子、高野幹久, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  216. ヒト網膜芽細胞腫由来Y79細胞におけるABCトランスポーターMRPsの発 現および機能に及ぼすレチノイドの影響, 松崎翔太、永井純也、岡田結実、湯元良子、高野幹久, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  217. ヒト肺胞上皮由来A549細胞の形態・機能に及ぼす喫煙関連物質の影響解析, 堀内大士、湯元良子、加藤祐貴、永井純也、高野幹久, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  218. ヒト肺胞上皮由来A549細胞におけるアルブミン取り込みの特性解析, 鈴鹿小百合、湯元良子、小田啓祐、永井純也、高野幹久, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  219. 薬物トランスポーターの基礎と創薬・臨床における重要性, 高野幹久, 大阪府病院薬剤師会第15支部(堺・狭山市)学術講演会, 2010年10月14日, 招待, 日本語, 大阪
  220. TRANSPORT OF IMMUNOGLOBULIN G IN CULTURED KIDNEY EPITHELIAL CELLS, 佐藤公也、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬物動態学会 第25回年会, 2010年10月07日, 通常, 英語
  221. CYTOTOXIC AND P-GLYCOPROTEIN MODULATING EFFECTS OF THAI PLANT EXTRACTS IN CANCER CELLS, Masashi Kawami, Ryoko Yumoto, Sayuri Suzuka, Junya Nagai, Varaporn Buraphacheep Junyaprasert, Noppamas Soonthornchareonnon, Denpong Patanasethanont, Bung-orn          Sripanidkulchai, Mikihisa Takano, 日本薬物動態学会 第25回年会, 2010年10月07日, 通常, 英語
  222. Human transporters that function at ice-cold temperature - Important notice for transporter research, Mikihisa Takano, Satoshi Suzuki, Hiroaki Imaoka, Junya Nagai, and Ryoko Yumoto, ISSX 9TH INTERNATIONAL MEETING ISTANBUL 2010, 2010年09月04日, 通常, 英語, İstanbul, Turkey
  223. ABCトランスポーターによるがん細胞の抗がん剤耐性化とその攻略, 高野幹久, 広島大学高大連携公開講座, 2010年08月04日, 招待, 日本語, 広島
  224. 肺胞上皮細胞の形質転換と物質輸送機能に及ぼす喫煙関連物質の影響解析, 高野幹久, 喫煙科学研究財団 平成21年度助成研究発表会, 2010年07月22日, 招待, 日本語, 東京
  225. 日本薬学会医療薬科学部会の活動について, 高野幹久, 医療薬学フォーラム2010/第18回クリニカルファーマシーシンポジウム 部会長講演, 2010年07月10日, 招待, 日本語, 広島
  226. ヒト赤血球膜の促進拡散トランスポーターは氷冷下でも機能する ~薬物相互作用研究上の留意点~, 鈴木聡、湯元良子、今岡大明、永井純也、高野幹久, 医療薬学フォーラム2010, 2010年07月10日, 通常, 日本語, 広島
  227. 広島大学薬学部における薬剤学関連授業の現状と展望, 高野幹久, 日本薬剤学会第25年会, 2010年05月12日, 通常, 日本語, 徳島
  228. トランスポーターの低温忍容性とトランスポーター阻害薬探索研究上の留意点に関する考察, 高野幹久、鈴木 聰、木村衣里、今岡大明、永井純也、湯元良子, 日本薬剤学会第25年会, 2010年05月12日, 通常, 日本語, 徳島
  229. 肺胞上皮由来RLE-6TN細胞の形質制御に関する検討, 三分一圭祐、湯元良子、堀内大士、永井純也、高野幹久, 日本薬剤学会第25年会, 2010年05月12日, 通常, 日本語, 徳島
  230. アミノグリコシド腎移行阻害能を有するペプチドの動態制御, 澤田健史、永井純也、湯元良子、高野幹久, 日本薬剤学会第25年会, 2010年05月12日, 通常, 日本語, 徳島
  231. 抗がん剤の体内動態と薬効・毒性, 高野幹久, 広島大学がんプロ専門医取得コース「がんと放射線」講義, 2009年12月04日, 招待, 日本語, 広島
  232. 体の中での薬の動き(体内動態)とそのコントロール, 高野幹久, 広島大学模擬授業 安古市高校, 2009年10月07日, 招待, 日本語, 広島
  233. 肺胞上皮細胞におけるタンパク質・ペプチドの輸送とその制御, 高野幹久, 大塚製薬講演会, 2009年09月18日, 招待, 日本語, 徳島
  234. 日本薬学会医療薬科学部会の活動について, 高野幹久, 医療薬学フォーラム2009/第17回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2009年07月11日, 招待, 日本語, 京都
  235. 肺胞上皮における物質輸送とその制御, 高野幹久, 京都大学大学院(薬学)特別講義, 2009年06月10日, 招待, 日本語, 京都
  236. 薬物動態学的・生理学的観点から見た肺胞上皮細胞における物質輸送, 高野幹久, 富山大学大学院(薬学)特別講義, 2009年04月28日, 招待, 日本語, 富山大学
  237. 抗がん剤のPK/PD・臨床薬理, 高野幹久, 平成20年度がん専門薬剤師 講義研修, 2008年09月17日, 招待, 日本語, 広島
  238. 抗がん剤のPK/PD・臨床薬理, 高野幹久, 平成20年度がん専門薬剤師 講義研修, 2008年05月29日, 招待, 日本語, 広島
  239. 抗がん剤のPK/PD・臨床薬理, 高野幹久, 平成20年度がん専門薬剤師 講義研修, 2008年02月03日, 招待, 日本語, 広島
  240. 薬物療法の適正化に向けて:薬物体内動態の理解とその制御の重要性, 高野幹久, 高知大学医学部 臨床薬理学講義, 2008年01月14日, 招待, 日本語, 高知大学
  241. 薬物療法の適正化に向けて:薬物体内動態の理解とその制御の重要性, 高野幹久, 高知大学医学部 臨床薬理学講義, 2008年01月07日, 招待, 日本語, 高知大学
  242. 抗がん剤のPK/PD・臨床薬理, 高野幹久, 平成19年度がん専門薬剤師 講義研修, 2007年09月14日, 招待, 日本語, 広島
  243. 抗がん剤のPK/PD・臨床薬理, 高野幹久, 平成19年度がん専門薬剤師 講義研修, 2007年05月28日, 招待, 日本語, 広島
  244. アミノグリコシド腎蓄積の分子機構解明とそれに基づく腎毒性軽減法の開発, 高野幹久, 明治薬科大学大学院特別講義, 2007年05月21日, 招待, 日本語, 明治薬科大学
  245. 抗がん剤のPK/PD・臨床薬理, 高野幹久, 平成19年度がん専門薬剤師 講義研修, 2007年01月30日, 招待, 日本語, 広島
  246. 薬物療法の適正化に向けて:薬物体内動態の理解とその制御の重要性, 高野幹久, 高知大学医学部 臨床薬理学講義, 2007年01月23日, 招待, 日本語, 高知大学
  247. 薬物療法の適正化に向けて:薬物体内動態の理解とその制御の重要性, 高野幹久, 高知大学医学部 臨床薬理学講義, 2007年01月16日, 招待, 日本語, 高知大学
  248. 臨床で必要な薬物動態学の基礎, 高野幹久, 名古屋大学医学部 臨床薬理学講義, 2006年12月07日, 招待, 日本語, 名古屋大学
  249. 抗がん剤のPK/PD・臨床薬理, 高野幹久, 平成18年度がん専門薬剤師 講義研修, 2006年02月05日, 招待, 日本語, 広島
  250. 薬物療法の適正化に向けて:薬物体内動態の理解とその制御の重要性, 高野幹久, 高知大学医学部 臨床薬理学講義, 2006年01月17日, 招待, 日本語, 高知大学
  251. 肺胞上皮細胞におけるタンパク質の輸送機構, 高野幹久, 山水会学術研究会, 2006年01月14日, 招待, 日本語, 京都
  252. 薬物体内動態の個体間変動と薬物相互作用, 高野 幹久, 福岡地区勤務薬剤師会学術例会, 2004年10月, 招待, 日本語
  253. Function of drug transporters in relation to metabolizing enzymes in intestine, 高野 幹久, Pharmaceutical Sciences World Congress 2004, 2004年06月, 招待, 日本語
  254. 薬物体内動態における個体間変動の支配要因と薬物相互作用, 高野 幹久, 第110回西京病薬研究会, 2003年10月, 招待, 日本語
  255. 薬物体内動態支配因子とその理解・制御による薬物療法の適正化, 高野 幹久, 平成15年度「薬剤師のための医療薬科学研修会」, 2003年09月, 招待, 日本語
  256. 薬物体内動態の個体間変動・相互作用と薬物代謝, 高野 幹久, 広島県病院薬剤師会呉支部講演会, 2003年09月, 招待, 日本語
  257. 小腸・肝におけるCYP3AおよびP-糖タンパク質のin vivo機能解析, 高野 幹久, 第40回薬剤学懇談会研究討論会, 2003年06月, 招待, 日本語
  258. 薬物体内動態支配因子とその理解・制御による薬物療法の適正化, 高野 幹久, 平成15年度岡山県病院薬剤師会学術講演会, 2003年06月, 招待, 日本語
  259. 薬剤学 最近の進歩:トランスポーターと薬物動態・薬物療法, 高野 幹久, 平成15年度国公私立大学病院薬剤部職員研修会, 2003年05月, 招待, 日本語
  260. DDSの最近の進歩:医薬品の有効性・安全性とDDS, 高野 幹久, 日本膜学会第25年会, 2003年05月, 招待, 日本語
  261. 薬物血中濃度モニタリング(TDM)の意義とその理論的背景, 高野 幹久, 広島県病院薬剤師会北支部TDM研修会, 2003年05月, 招待, 日本語
  262. 薬物体内動態とその制御による治療の適正化 -個体間変動・相互作用と代謝-, 高野 幹久, 広島県病院薬剤師会東支部学術講演会, 2003年03月, 招待, 日本語
  263. Megalin-mediated endocytosis of aminoglycoside in the kidney - Strategy for preventing accumulation and toxicity of aminoglycoside, 高野 幹久, Molecular Biopharmaceutics:A New Era in Drug Absorption Transport and Delivery, 2003年01月, 招待, 日本語
  264. 薬物の体内動態・相互作用と薬物代謝酵素, 高野 幹久, 広島県薬剤師会安芸地区特別講演会, 2002年10月, 招待, 日本語
  265. 薬物血中濃度モニタリング(TDM)の意義とその理論的背景, 高野 幹久, 周薬会TDM研修会, 2002年07月, 招待, 日本語
  266. 薬物体内動態とその制御による治療の適正化 -個体間変動・相互作用と代謝-, 高野 幹久, 広島県病院薬剤師会東支部学術講演会, 2002年03月, 招待, 日本語
  267. 薬物血中濃度モニタリング(TDM)の意義と理論的背景, 高野 幹久, 周薬会TDM研修会, 2001年07月, 招待, 日本語
  268. Factors affecting the function of P-glycoprotein expression in the intestine, 高野 幹久, 生物薬剤学研究会, 2001年06月, 招待, 日本語
  269. 薬物トランスポーターP-糖蛋白質の発現と機能, 高野 幹久, 広島大学医学部医学科小児科学講座セミナー, 2001年05月, 招待, 日本語
  270. 医薬品適正使用における薬剤師の役割:薬物体内動態とその制御の重要性について, 高野 幹久, 島根県病院薬剤師会学術研修会, 2001年02月, 招待, 日本語
  271. 腎尿細管上皮細胞における受容体介在性エンドサイトーシスと薬剤性機能障害, 高野 幹久, 日本薬学会北海道支部共催特別講演会, 2001年01月, 招待, 日本語
  272. 薬物動態の解析の基礎, 高野 幹久, 日本TDM学会セミナー, 2001年01月, 招待, 日本語
  273. 医療薬学実習(卒前)の充実に向けて 大学側の立場から, 高野 幹久, クリニカルファーマーシーシンポジウム, 2000年07月, 招待, 日本語
  274. 薬物血中濃度モニタリング(TDM)の意義と理論的背景, 高野 幹久, 広島TDM研究会, 2000年07月, 招待, 日本語
  275. 薬物血中濃度モニタリング(TDM)の意義と理論的背景, 高野 幹久, 広島TDM研究会, 2000年01月, 招待, 日本語
  276. 薬物による有害反応とその発生機序, 高野 幹久, 医薬品のより良い使用推進共同研修会広島地区シンポジウム, 1999年11月, 招待, 日本語
  277. Renal transport of drugs in normal and disease states, 高野 幹久, Drug development through biopharamceutical sciences, 1998年11月, 招待, 日本語
  278. 薬物有害反応・相互作用の基礎と臨床, 高野 幹久, 大分県病院薬剤師会 例会, 1998年01月, 招待, 日本語
  279. 薬物の体内動態と生体膜輸送, 高野 幹久, 西日本薬剤学研究会, 1997年07月, 招待, 日本語
  280. 生体防御・異物処理機構としての薬物輸送系とその活性調節因子, 高野 幹久, 大分医科大学薬理関連セミナー, 1997年03月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2021年01月23日, 第59回日本薬学会中国四国支部 学生発表奨励賞, 公益社団法人日本薬学会中国四国支部支部長, メトトレキサート誘発性上皮間葉転換における ITGA2 の関与
  2. 2021年01月23日, 第59回日本薬学会中国四国支部 学生発表奨励賞, 公益社団法人日本薬学会中国四国支部支部長, 乳腺上皮細胞におけるニコチン輸送機構の解明
  3. 2019年05月10日, 日本膜学会第41年会 学生賞, 日本膜学会会長, ニコチンの生体膜輸送におけるアンモニアトランスポーターの関与
  4. 2015年11月13日, 日本薬物動態学会 学会賞, 日本薬物動態学会
  5. 2011年05月21日, 広島県薬剤師会賞, 広島県薬剤師会 会長, 広島県薬剤師会の活動への多年にわたる貢献が認定
  6. 2009年11月28日, JSSX Fellow(日本薬物動態学会フェロー称号), 日本薬物動態学会会長
  7. 2008年10月, 日本薬物動態学会2008年度DMPKベストサイテーション論文賞(総説の部), 日本薬物動態学会会長, 日本薬物動態学会の学会誌Drug Metabolism and Pharmacokinetics (DMPK)に発表した当研究室の総説論文が、2004年に掲載されたDMPKの総説論文の中で、最も多くの被引用回数取得
  8. 2006年10月, 第16回日本医療薬学会ベストポスター賞, 第16回日本医療薬学会年会 年会長, 新規院内製剤ネオ・ブロー氏液に関するQ & Aと臨床効果
  9. 2005年10月, 平成17年度日本医療薬学会論文賞, 日本医療薬学会会頭, C型慢性肝炎患者の腎機能に基づくリバビリンの投与設計
  10. 1995年, 日本膜学会研究奨励賞
  11. 1994年, 日本薬物動態学会奨励賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 薬剤性肺線維症の原因、バイオマーカーおよび治療標的としてのマイクロRNA, 2018年, 2021年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 薬物の肺挙動・肺毒性研究のための肺胞上皮I型細胞モデルの開発, 2014年, 2016年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 薬剤性肺線維症の分子機構解明とその予測法・防御法の開発, 2014年, 2017年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), トランスポーターの低温忍容性解析と汎トランスポーター阻害剤の探索開発, 2011年, 2013年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 抗がん剤・耐性克服剤開発のためのタイ国産植物の調査・試料収集と薬効の科学的検証, 2011年, 2014年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 遺伝子導入による新規肺胞上皮細胞モデルの作出と薬物の肺移行・肺毒性研究への応用, 2010年, 2013年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト赤血球膜におけるリバビリン輸送のトランスポートソーム解析, 2009年, 2011年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ビタミン結合タンパク質の動態解析とその特性を利用した薬物送達ベクターへの応用, 2007年, 2008年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト赤血球膜における薬物輸送と薬物相互作用・有害反応の場としての赤血球, 2007年, 2008年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 経肺投与DDSの基盤確立に向けた肺胞I型/II型上皮細胞のタンパク質輸送機構解明, 2007年, 2009年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), タイ国伝承医薬の現地調査と薬効に関する科学的根拠の検証, 2007年, 2009年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), レセプターのリガンド認識機構に基づくタンパク質性医薬品の経肺投与システムの開発, 2005年, 2006年
  13. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), 植物エストロゲンの体内動態と生体防御・解毒機構に及ぼす影響解析, 2001年, 2001年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), デント病原因遺伝子CLCN5の発現・機能不全による腎尿細管障害発症機構の解明, 2001年, 2002年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 抗癌剤多剤耐性克服活性を有する新規生体内物質の探索・同定と癌化学療法への応用, 1999年, 2000年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 外因性内分泌かく乱物質による輸送・代謝を中心とする生体防御系(解毒機構)への影響, 1999年, 2001年
  17. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), メガリン(gp330)の分子・細胞生物学的解析と新規薬物送達システム開発への応用, 1997年, 1998年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 発育に伴う薬物腎排泄能変化の分子機構に関する研究, 1996年, 1996年
  19. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 腎尿細管薬物輸送担体のストレス応答, 1994年, 1994年
  20. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 小腸上皮細胞におけるプロトン勾配駆動型薬物能動輸送活性の発現とその制御, 1994年, 1994年
  21. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 小腸及び腎尿細管における薬物輸送体の構造と機能に関する分子・細胞生物学的研究, 1994年, 1995年
  22. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 腎尿細管上皮細胞膜における有機カチオン輸送の分子機構, 1993年, 1993年
  23. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 分子生物学的手法を用いたアミノグリコシド系抗生物質の腎毒性発現機構の解折, 1993年, 1993年
  24. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 腎尿細管上皮細胞膜における有機カチオン輸送の分子機構, 1992年, 1992年
  25. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 薬物腎挙動の制御機構解明と合理的投与設計の確立, 1991年, 1992年
  26. 科学研究費助成事業(試験研究), 細胞膜小胞系を用いた薬物吸収・分泌のin vitro 新評価法, 1989年, 1990年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 支部長, 2019年02月01日, 日本薬学会中国四国支部
  2. 副支部長, 2018年04月, 2019年03月, 日本薬学会中国四国支部
  3. 日本学術会議連携会員, 2017年10月, 2023年03月, 日本学術会議
  4. 非常勤講師, 2017年04月, 2017年09月, 富山大学
  5. 全国薬科大学長・薬学部長会議理事会, 2017年04月, 2018年03月, 全国薬科大学長・薬学部長会議
  6. 理事、常任理事, 2016年06月, 2020年06月, 全国薬科大学長・薬学部長会議
  7. 国公立大学薬学部長会議, 2016年04月, 2018年03月
  8. 国公立大学薬学部長会議, 2016年04月, 2018年03月
  9. 全国薬科大学長・薬学部長会議&薬学教育協議会, 2016年04月, 2018年03月
  10. 薬学教育評価機構&薬学共用試験センター, 2016年04月, 2018年03月
  11. 日本膜学会会長, 2015年05月
  12. 日本医療薬学会代議員, 2015年04月, 2019年03月, 日本医療薬学会
  13. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年09月, 富山大学
  14. 理事, 2014年06月, 2016年06月, (社)広島県薬剤師会
  15. 日本薬剤学会評議員, 2014年05月, 2018年05月, 日本薬剤学会
  16. 日本薬物動態学会理事, 2014年01月, 2017年12月, 日本薬物動態学会
  17. 広島県薬事審議会委員, 2013年02月, 2015年02月, 広島県
  18. 理事, 2012年04月, 2014年03月, (社)広島県薬剤師会
  19. 非常勤講師, 2011年04月, 2011年09月, 金沢大学大学院薬学系
  20. Scientific Affairs Committee Member (Asia Pacific Region), 2010年03月, 2013年12月, International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX)
  21. 部会長, 2009年04月01日, 2012年03月31日, 日本薬学会医療薬科学部会

学術会議等の主催

  1. 日本薬学会第141年会, 日本薬学会第141年会組織委員会, 2021年03月, 2021年03月
  2. 日本薬学会中国四国支部学術大会, 副実行委員長, 2019年11月, 2019年11月
  3. 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月, 2017年12月
  4. 膜シンポジウム2016, 日本膜学会会長, 2016年12月, 2016年12月
  5. 2016年09月, 2016年09月
  6. 日本膜学会第38年会, 日本膜学会会長, 2016年05月, 2016年05月
  7. 膜シンポジウム2015, 日本膜学会会長, 2015年11月, 2015年11月
  8. 日本膜学会第27年会, 日本膜学会会長, 2015年05月, 2015年05月
  9. 日本膜学会第35年会, 大会実行委員長, 2013年05月
  10. 膜シンポジウム2009, 大会実行委員長, 2009年11月
  11. 第2回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 大会実行委員長, 2008年12月
  12. 医療薬学フォーラム2003/第11回クリニカルファーマシーシンポジウム, 大会実行委員長, 2003年07月
  13. 第16回生物薬剤学研究会, 大会実行委員長, 1998年06月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 平成31年度ヒロシマ薬剤師研修会, 広島大学薬学部, 2019年/07月/21日
  2. 平成30年度ヒロシマ薬剤師研修会, 広島大学薬学部, 2018年/07月/22日
  3. 平成29年度ヒロシマ薬剤師研修会, 広島大学薬学部, 2017年/07月/09日, 2017年/07月/09日
  4. マレーシア大学との学生受け入れに関する取り決め, 2016年/12月/06日, 2016年/12月/06日
  5. 平成28年度ヒロシマ薬剤師研修会, 2016年/07月/17日, 2016年/07月/17日, 運営参加・支援
  6. コンケン大学との大学間協定, 2016年/07月/15日, 2016年/07月/15日
  7. 第2回薬学部インターナショナルセミナー, 2016年/05月/31日, 2016年/05月/31日, セミナー・ワークショップ
  8. 第1回薬学部インターナショナルセミナー, 2016年/05月/23日, 2016年/05月/23日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ
  9. 平成27年度ヒロシマ薬剤師研修会, 2015年/07月/26日, 2015年/07月/26日, 企画, その他, その他
  10. 高校生出張講義, ABCトランスポーターによるがん細胞の抗がん剤耐性化とその攻略, 2014年/07月/09日, 2014年/07月/09日, 広島県立舟入高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  11. 薬と飲食物の飲みあわせ・食べあわせ, 広島テレビ, 広島テレビ「テレビ宣言にゅー」, 2003年/11月, 2003年/11月
  12. 消化管におけるP-糖タンパク質の発現と薬物動態学的観点から見た機能, 武田薬品工業, 武田薬品工業株式会社 講演会, 2003年/08月, 2003年/08月, 企業
  13. 今が知り時「薬と食べ物の組み合わせ」, 広島テレビ, 広島テレビ「テレビ宣言にゅ?」, 2002年/01月, 2002年/01月, 社会人・一般
  14. 薬物血中濃度モニタリング(TDM)の意義と理論的背景, 周薬会, 周薬会TDM研修会, 2001年/07月, 2001年/07月, その他
  15. 我々が開発したネオ・ブロー氏液の調製法に関する相談・指導, 情報提供

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, その他, 査読者, 1
  2. 2021年, European Journal of Pharmaceutical Sciences, その他, 査読者, 1
  3. 2021年, Journal of Controlled Release, その他, 査読者, 1
  4. 2021年, Pharmacology & Therapeutics, その他, 査読者, 1
  5. 2020年, Journal of Nutritional Biochemistry, その他, 査読者, 1
  6. 2020年, Experimental Lung Research, その他, 査読者, 1
  7. 2020年, European Journal of Pharmacology, その他, 査読者, 1
  8. 2020年, Pharmacology & Therapeutics, その他, 査読者, 1
  9. 2019年, Journal of Pharmaceutical Sciences, その他, 査読者, 1
  10. 2019年, Journal of Nutritional Biochemistry, その他, 査読者, 1
  11. 2019年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, その他, 査読者, 1
  12. 2019年, Pharmaceutical Research, その他, 査読者, 1
  13. 2019年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  14. 2018年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  15. 2017年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  16. 2016年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  17. 2016年, MEMBRANE, 編集長, MEMBRANE編集委員長
  18. 2015年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  19. 2015年, MEMBRANE, 編集長, MEMBRANE編集委員長
  20. 2014年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  21. 2013年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  22. 2012年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  23. 2011年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  24. 2010年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  25. 2009年, The Journal of Pharmaceutical Sciences, 編集員, Editorial Advisory Board
  26. 2007年, 薬学雑誌, 編集員, 編集委員
  27. 2007年, Drug Metabol. Pharmacokin., その他, 査読委員
  28. 2007年, 薬学雑誌, 編集員, 編集委員
  29. 2007年, Drug Metab Pharmacokinet, 編集員, 編集委員
  30. 2007年, Drug Metabol. Pharmacokin., その他, 査読委員
  31. 2007年, 薬学雑誌, 編集員, 編集委員
  32. 2007年, Drug Metabol. Pharmacokin., その他, 査読委員