横山 仁史SATOSHI YOKOYAMA

Last Updated :2021/10/19

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
ホームページ
メールアドレス
sts-w-ykymhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
うつ病や認知行動療法に関する脳画像研究(主にfMRI)を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2013年06月01日, 2013年10月31日, 国立精神・神経医療研究センター, 病院, 事務助手
  • 2013年11月01日, 2014年12月31日, 国立精神・神経医療研究センター, 病院, 研究助手
  • 2014年04月01日, 2015年03月31日, 京都大学大学院医学研究科, 健康増進・行動学分野, 教務補佐員
  • 2015年04月01日, 2018年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員(DC1)
  • 2014年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院, 精神神経医科学, 研究員
  • 2017年04月01日, 2020年03月31日, 広島大学大学院医系科学研究科, 精神神経科学, 研究員
  • 2018年04月01日, 2020年03月31日, アマノリハビリテーション病院, 臨床心理士
  • 2019年04月01日, 大手前大学現代社会学部, 非常勤講師
  • 2020年04月01日, 広島大学大学院医系科学研究科(医), 助教

学歴

  • 早稲田大学大学院, 人間科学研究科, 人間科学(修士課程), 日本, 2011年03月15日
  • 広島大学大学院, 医系科学研究科, 医学(博士課程), 日本, 2018年02月23日

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 臨床心理学
  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 精神神経科学
  • 複合領域 / 脳科学 / 脳計測科学

研究キーワード

  • 認知行動療法
  • 脳画像研究

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 1ターム, 精神科学
  2. 2021年, 学部専門, 1ターム, 精神科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Effects of behavioral activation on default mode network connectivity in subthreshold depression: a preliminary resting-state fMRI study., Journal of Affective Disorders, 227巻, pp. 156-163, 201802
  2. Behavioral activation for late adolescents with subthreshold depression: a randomized controlled trial., European Child & Adolescent Psychiatry, 25巻, 11号, pp. 1171-1182, 2016
  3. Mechanisms of behavioral activation for late adolescents: Positive reinforcement mediate the relationship between activation and depressive symptoms from pre-treatment to post-treatment., Journal of Affective Disorders, 204巻, pp. 70-73, 2016
  4. Effects of behavioral activation on the neural basis of other perspective self-referential processing in subthreshold depression: a functional magnetic resonance imaging study., Psychological Medicine, 49巻, 5号, pp. 877-888, 201704
  5. The neural correlates of the metacognitive function of other perspective: a multiple regression analysis study., NeuroReport, 28巻, 11号, pp. 671-676, 2017
  6. Regional brain functions in the resting state indicative of potential differences between depression and chronic pain., Scientific Reports, 7巻, pp. 3003, 2017
  7. Changes in resting-state brain networks after cognitive-behavioral therapy for chronic pain., Psychological Medicine, 48巻, 7号, pp. 1148-1156, 201805
  8. Effects of behavioral activation on the neural circuit related to intrinsic motivation., BJPsych Open, 4巻, 5号, pp. 317-323, 20180802
  9. Enduring effects of a five-week behavioral activation program for subthreshold depression among late adolescents: an exploratory randomized controlled trial., Neuropsychiatric Disease and Treatment, 14巻, pp. 2633-2641, 20181009
  10. Effects of behavioral activation program without psychotropic medication treatment for depression in late adolescence: case report., Neuropsychiatric Disease and Treatment, 14巻, pp. 2159-2164, 20180827
  11. 閾値下うつを有する大学生の行動パターンと報酬知覚の関連性, 総合保健科学: 広島大学保健管理センター研究論文集, 35巻, pp. 35-41, 20190301
  12. Predicting Ventral Striatal Activation During Reward Anticipation From Functional Connectivity at Rest., Frontiers in Human Neuroscience, 13巻, pp. 289, 20190827
  13. Interaction Effects of Behavioral Inhibition System/Behavioral Activation System and Cost/Probability Biases on Social Anxiety., Frontiers in psychology, 10巻, pp. 2536, 20191115
  14. 大学生の閾値下うつとうつ病に対する広島大学での取り組み(広島大学元気プロジェクト), 心と社会, 50巻, 3号, pp. 82-88, 201909
  15. ★, うつ病とdefault mode network, Clinical Neuroscience, 37巻, 2号, pp. 207-209, 20190201
  16. 単一恐怖症状の高い大学生における,エクスポージャー中の安全確保行動の効果, 行動療法研究, 42巻, 2号, pp. 237-246, 2016
  17. 重症社交不安障害患者における拒絶に対する過敏性とうつ症状が社交不安症状に与える影響性の検討, 不安症研究, 6巻, 1号, pp. 7-16, 2014
  18. 本邦における拒絶に対する過敏性の特徴の検討-非定型うつ病における所見-, 心身医学, 54巻, 5号, pp. 422-430, 2014
  19. The relationship between positive and negative automatic thought and activity in the prefrontal and temporal cortices: A multi-channel near-infrared spectroscopy (NIRS) study., Journal of Affective Disorders, 151巻, 1号, pp. 352-359, 2013
  20. 社交不安に対するビデオフィードバックの効果―解釈バイアスの観点から―, 行動療法研究, 38巻, 1号, pp. 35-45, 2012
  21. Importance of the Habenula for Avoidance Learning Including Contextual Cues in the Human Brain: A Preliminary fMRI Study, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 14巻, 20200512
  22. White matter abnormalities and cognitive function in euthymic patients with bipolar disorder and major depressive disorder, BRAIN AND BEHAVIOR, 10巻, 12号, pp. e01868, 20201219
  23. カウンセリングを受けていない大学生のストレッサーと抑うつ症状, 総合保健科学, 36巻, pp. 9-17, 20200803
  24. Age-related white matter changes revealed by a whole-brain fiber-tracking method in bipolar disorder compared to major depressive disorder and healthy controls, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 75巻, 2号, pp. 46-56, 20210205
  25. Relations Among Clinical Factors After Behavioral Activation for Subthreshold Depression, International Journal of Cognitive Therapy, 14巻, pp. 612-622, 20210420
  26. ★, 動的トピックモデルを用いた心理療法における会話プロセスの量的推定, 認知行動療法研究, in press巻, 2021
  27. Do self-compassion factors affect value-based behavior promotion for adolescents? The context of behavioral activation, Frontiers in Psychology, inpress巻, 2021

著書等出版物

  1. 2021年02月, 認知行動療法がdefault mode networkに与える効果, 科学評論社, 2021年, 02, 単行本(学術書), 共著, 横山仁史・岡本泰昌・光山裕生・山脇成人, 2434-3285, 225-229
  2. 2020年09月18日, 行動を手がかりに――認知行動療法と行動活性化, 人生行動科学としての思春期学, 東京大学出版会, 2020年, 09, 単行本(一般書), 共著, 横山仁史・岡本泰昌, 978-4-13-011148-5
  3. 2020年08月05日, 認知行動療法の脳科学的基盤, 脳科学と精神療法, 金剛出版, 2020年, 08, 単行本(学術書), 共著, 横山仁史・岡本泰昌, 9784772417792
  4. 2020年06月20日, 大学生の抑うつに対する行動活性化の取り組み, 疾患・領域別最新認知行動療法活用術, 金剛出版, 2020年, 06, 単行本(学術書), 共著, 神人蘭・高垣耕企・横山仁史・岡本泰昌, 9784772417662, 220, 201-206
  5. 2020年01月20日, 精神療法の脳科学的盤―脳科学は、精神療法のメカニズムにも迫ろうとしている―, 精神医学の科学的盤 4 システム神経科学からみた精神医学の基盤, 学樹書院, 2020年, 01, 単行本(学術書), 共著, 横山仁史・岡本泰昌, 4906502539, 96-106
  6. 2019年08月, 臨床試験登録, 認知行動療法事典, 丸善出版, 2019年, 08, 事典・辞書, 共著, 日本認知・行動療法学会 (編), 978-4-621-30382-5, 828, 662-663
  7. 2019年08月, データシェアリング, 認知行動療法事典, 2019年, 08, 事典・辞書, 978-4-621-30382-5, 664-665
  8. 2017年07月22日, 一般化線形モデルの概略, ベイズ統計モデリング : R, JAGS, Stanによるチュートリアル, 共立出版, 2017年, 07, John K.Kruschke著 ; 前田和寛 [ほか] 訳, 9784320113169

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 脳画像から見るうつ病の回復過程:認知行動療法 合同企画シンポジウム「脳画像から見るうつ病の回復過程」, 横山仁史, 第18回日本うつ病学会総会/第21回日本認知療法・認知行動療法学会, 2021年07月08日, 招待, 日本語
  2. うつ病の病態に基づくニューロフィードバック治療開発におけるfNIRSの有用性について, 横山仁史, 山脇成人・岡田剛・岡本泰昌, 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会, 2021年06月17日, 招待, 日本語, オンライン
  3. 脳画像研究手法を用いた認知行動モデルについてのプロセス理解と治療応用:公募シンポジウム「認知神経科学に基づく新たな介入法を探る」, 横山仁史, 日本認知・行動療法学会第46回大会, 2020年09月11日, 通常, 日本語
  4. 脳科学はうつ病認知行動療法に何をもたらしたのかー臨床応用の視点からー:大会企画シンポジウム「抑うつ研究の最前線」, 横山仁史, 日本認知・行動療法学会第46回大会, 2020年09月11日, 招待, 日本語, 東京
  5. 臨床心理学におけるベイズ統計モデリングの活用と有用性:公募シンポジウム「心理学の諸領域におけるベイズ統計モデリングの実践」, 横山仁史, 日本心理学会第46回大会, 2020年09月08日, 通常, 日本語, 東京
  6. Subthreshold depression study for Adolescence., Yokoyama S., AMED European joint workshops: Overcoming health challenges at different life stages, using big data, biobank and cohort approaches, 2019年02月25日, 招待, 英語, 日本医療研究開発機構, オランダ・イギリス
  7. 神経心理学的側面からみえた思春期後期への行動活性化の発達的意義:公募シンポジウム「認知行動療法がもつ社会・認知・神経心理学側面を再考する」, 横山仁史, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月25日, 通常, 日本語
  8. ブレインデコーディングを用いた心理指標予測に対する機械学習アプローチ:公募シンポジウム「心理学における機械学習アプローチの可能性」, 横山仁史, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月25日, 通常, 日本語
  9. Development of behavioral modification program based on personalized value for late adolescents with depression., Takagaki, K., Yokoyama, S., Okamoto, Y., International Symposium on Adolescent Health and Personalized Value, 2018年11月18日, 招待, 英語
  10. 脳画像手法を用いて認知行動療法の”作用”のエビデンスを得る:大会企画シンポジウム「精神療法の論文がアクセプトされるために~研究のまとめ方と論文投稿のポイント~」, 横山仁史・岡本泰昌, 第18回日本認知療法・認知行動療法学会大会, 2018年11月24日, 招待, 日本語
  11. ウェルビーングに対する行動活性化の効果 RCTからの二次的解析, 髙垣耕企, 神人蘭・横山仁史・森麻子・神原広平・岡本百合・三宅典恵・香川芙美・岡本泰昌, 全国大学保健管理研究集会, 2019年10月09日, 通常, 日本語
  12. 単語埋め込みをもちいた意味性言語流暢性課題データの解析, 高村真広, 藤川真子・市川奈穂・横山仁史・加藤美幸・吉野敦雄・板井江梨・岡田剛・岡本泰昌・山脇成人, 日本心理学会第85回大会, 2021年09月01日, 通常, 日本語
  13. Abnormal brain interoception network structures linked with loss of cardiac autonomic regulation in major depressive disorder, Fermin A, Chan HL, Ichikawa N, Takamura M, Kiyonari T, Matsumoto Y, Takagishi H, Li Y, Kanai R, Sakagami M, Yokoyama S, Machizawa MG, Yoshino A, Matani A, Yamawaki S, Okada G, Yamagishi T, Okamoto Y, The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2021年07月31日, 通常, 英語
  14. Prediction of Left DLPFC Activity Using Resting State fMRI Data as an Assessment Tool for Neurofeedback Treatment Adaptation, Takamura M, Okamoto Y, Ichikawa N, Okada G, Itai E, Mori A, Yokoyama S, Kato M, Yamawaki S, CINP 2021 virtual world congress, 2021年02月26日, 通常, 英語
  15. Bayesian estimation of personalized values from narratives during an autobiographical memory task., Yokoyama S., Takagaki K, Okamoto Y., Personalized Value: Interdisciplinary Approach, 2019年11月16日, 通常, 英語
  16. Predicting progressive neuroanatomical changes in major depressive disorder, Fermin A, Ichikawa N, Takamura M, Yoshino A, Yokoyama S, Kato M, Okada G, Okamoto Y, Yamawaki S, 3rd Japanese Meeting for Human Brain Imaging, 2019年09月06日, 通常, 英語
  17. fMRI情報に基づいた背外側前頭前野のNIRSニューロフィードバック法の開発, 横山仁史, 東田太一・岡田剛・市川奈穂・高村真広・柴崎千代・吉野敦雄・山脇成人・岡本泰昌, 第16回日本うつ病学会, 2019年07月05日, 通常, 日本語
  18. うつ病の安静時脳機能結合の抗うつ薬治療による変化, 市川奈穂, 岡田剛・高村真広・吉野敦雄・柴崎千代・増田慶一・横山 仁史・加藤美幸・山脇成人・岡本泰昌, 第16回日本うつ病学会, 2019年07月05日, 通常, 日本語
  19. 行動活性化パラダイムに基づいた行動選択に対する脳機能予測モデル, 横山仁史, 高垣耕企・岡田剛・高村真広・市川奈穂・香川芙美・森麻子・神人蘭・岡本泰昌, 第44回日本認知・行動療法学会, 2018年10月27日, 通常, 日本語
  20. 5cmルールでのrTMSの施行は適切か?-Resting fMRIの知見から-, 横山仁史, 岡本泰昌・岡田剛・高村真広・市川奈穂・柴崎千代・吉野敦雄・山脇成人, 第14回日本うつ病学会, 2017年07月21日, 通常, 日本語
  21. 閾値下うつの報酬知覚に関する安静時脳ネットワーク間のダイナミクス, 横山仁史, 岡本泰昌・高垣耕企・岡田剛・高村真広・森麻子・塩田翔一・市川奈穂・神人蘭・山脇成人, 第42回日本認知・行動療法学会, 2016年10月09日, 通常, 日本語
  22. 閾値化うつの安静時デフォルトモードネットワークに対する行動活性化の効果, 横山仁史, 岡本泰昌・高垣耕企・森麻子・塩田翔一・岡田剛・高村真広・市川奈穂・神人蘭・山脇成人, 第13回日本うつ病学会, 2016年08月05日, 通常, 日本語
  23. The relationship between behavioral characteristics and resting-state brain functional connectivity in subthreshold depression, Yokoyama S., Okamoto Y., Takagaki K., Mori A., Shiota S., Okada G., Takamura M., Ichikawa N., Jinnin R., and Yamawaki S., 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2016, 2016年06月25日, 通常, 英語

受賞

  1. 2011年, Best Poster Award, 3rd Asian Cognitive Behavioral Therapy Conference 2011, The relationship between frontal and temporal activation and automatic thoughts: Multi-channel near-infrared spectroscopy(NIRS) study.
  2. 2015年, 日本うつ病学会学会奨励賞<医療保健分野>(共同), 日本うつ病学会, 青年期閾値化うつを対象とした短期行動活性化の効果:無作為化比較試験
  3. 2016年, 日本うつ病学会学会奨励賞<医療保健分野>(筆頭), 日本うつ病学会, 閾値化うつの安静時デフォルトモードネットワークに対する行動活性化の効果
  4. 2016年, 日本うつ病学会学会奨励賞<医学分野>, 日本うつ病学会, 行動活性化の抑うつのメタ認知機能への効果-fMRI研究-

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業, 慢性痛に対する認知行動療法の無作為化比較試験による効果検証とその普及に関する研究, 2018年04月01日, 2023年03月31日
  2. 若手研究, ニューロフィードバックを用いた認知行動療法の補強効果, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  3. 特別研究員研究奨励費, うつ病患者の自伝的記憶の概括化に対する治療法の検討, 2015年04月24日, 2018年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 業務上疾病に関する医学的知見の収集に関する調査研究(ストレス評価に関する調査研究)検討委員会, 2020年07月01日, 2021年03月31日, 日本産業精神保健学会
  2. 編集委員, 2019年02月02日, 日本総合病院精神医学会
  3. 非常勤講師, 2020年04月, 2021年03月, 大手前大学

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 「世界脳週間2021(広島会場イベント) 脳とこころの科学はおもしろい!」, 楽しい生活は脳を変える!?, 広島大学高大接続・入学センター, 医学部公開講座「先端医療は今ー広島から世界へ2021ー」, 2021年/08月/07日, 広島大学, 講師, 講演会, 高校生

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, その他
  2. 2021年, 総合病院精神医学, 編集員
  3. 2020年, 総合病院精神医学, 編集員
  4. 2019年, 総合病院精神医学, 編集員