小田 康祐KOUSUKE ODA

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
メールアドレス
kosuke-81hiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2009年05月01日, 2010年04月30日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助手
  • 2010年05月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助教
  • 2012年05月01日, 2014年12月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 特任助教
  • 2015年01月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教

学歴

  • 京都薬科大学, 薬学部, 日本, 2001年04月, 2005年03月
  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 日本, 2007年04月, 2010年03月

学位

  • 博士(医薬学) (広島大学)
  • 修士(薬学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / ウイルス学

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 生体反応学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A novel transformation system using a bleomycin resistance marker with chemosensitizers for Aspergillus oryzae, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 383巻, 1号, pp. 42-47, 20090522
  2. ★, Catalytic Mechanism of Bleomycin N-Acetyltransferase Proposed on the Basis of Its Crystal Structure, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 2号, pp. 1446-1456, 20100108
  3. Molecular Cloning and Heterologous Expression of a Biosynthetic Gene Cluster for the Antitubercular Agent D-Cycloserine Produced by Streptomyces lavendulae, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 54巻, 3号, pp. 1132-1139, 20100119
  4. A Molecular Mechanism for Copper Transportation to Tyrosinase That Is Assisted by a Metallochaperone, Caddie Protein, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286巻, 34号, pp. 30219-30231, 20110826
  5. Structural evidence that puromycin hydrolase is a new type of aminopeptidase with a prolyl oligopeptidase family fold, PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND BIOINFORMATICS, 79巻, 10号, pp. 2999-3005, 20110802
  6. Heme Protein and Hydroxyarginase Necessary for Biosynthesis of D-Cycloserine, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 56巻, 7号, pp. 3682-3689, 20120430
  7. Establishment of an In Vitro D-Cycloserine-Synthesizing System by Using O-Ureido-L-Serine Synthase and D-Cycloserine Synthetase Found in the Biosynthetic Pathway, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 57巻, 6号, pp. 2603-2612, 20130525
  8. ★, Crystallographic Study To Determine the Substrate Specificity of an L-Serine-Acetylating Enzyme Found in the D-Cycloserine Biosynthetic Pathway, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 195巻, 8号, pp. 1741-1749, 20130208
  9. An alternative allosteric regulation mechanism of an acidophilic L-lactate dehydrogenase from Enterococcus mundtii 15-1A, FEBS OPEN BIO, 4巻, pp. 834-847, 20140706
  10. ★, Carotenoid-Producing Lactobacillus plantarum Is Resistant to gamma-Ray Irratidation., KURRI progress report 2012, pp. 255-255, 2013
  11. ★, The structural and mutational analyses of O-ureido-l-serine synthase necessary for d-cycloserine biosynthesis, FEBS JOURNAL, 282巻, 20号, pp. 3929-3944, 20150721
  12. ★, Structural Basis of the Inhibition of STAT1 Activity by Sendai Virus C Protein, JOURNAL OF VIROLOGY, 89巻, 22号, pp. 11487-11499, 20151122
  13. Inactivation of influenza virus by a supplemental fermented plant product (‘Manda Koso’), Hiroshima Journal of Medical Sciences, 66巻, pp. 97-101, 20170907
  14. ★, Structural analysis of the STAT1:STAT2 heterodimer revealed the mechanism of Sendai virus C protein-mediated blockade of type 1 interferon signaling, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 292巻, 48号, pp. 19752-19766, 20171201
  15. ★, Structural insights into STAT1 dependent inhibition of STAT2 phosphorylation by Sendai virus C protein., IUMS2017, XVII International Congress of Virology, pp. 36, 2017
  16. Eligibility of Feline Calicivirus for a Surrogate of Human Norovirus in Comparison with Murine Norovirus, Poliovirus and Coxsackievirus, BIOCONTROL SCIENCE, 23巻, 3号, pp. 145-149, 201809
  17. ★, センダイウイルスがインターフェロンに対抗する仕組み, 日本ウイルス学会北海道支部会報, 50巻, pp. 7-12, 201901
  18. Effects of traditional Kampo drugs and their constituent crude drugs on influenza virus replication in vitro: suppression of viral protein synthesis by Glycyrrhizae radix, Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, 20191203
  19. ★, Crystal structure of an Nω-hydroxy-L-arginine hydrolase found in the D-cycloserine biosynthetic pathway., Acta Crystallographica Section D STRUCTURAL BIOLOGY, 76巻, 6号, pp. 506-514, 20200601
  20. Catalytic specificity of the Lactobacillus plantarum cystathionine gamma-lyase presumed by the crystallographic analysis., Scientific Reports, 10巻, 1号, pp. 14886, 20200910
  21. ★, Significance of the association of the C protein with Alix for the budding of Sendai virus on the basis of the crystal structure, IUMS2020, XVIII International Congress of Virology, pp. VIR-DW10-3, 2020
  22. Ethanol susceptibility of SARS-CoV-2 and other enveloped viruses., Biocontrol Science, 20210412
  23. Lectins engineered to favor a glycan-binding conformation have enhanced antiviral activity, Journal of Biological Chemistry, 296巻, pp. 10698-10710, 20210423
  24. ★, Structural Insight into the Interaction of Sendai Virus C Protein with Alix To Stimulate Viral Budding., Journal of Virology, 95巻, 19号, pp. e00815-22, 20210909
  25. The basicity of an active-site water molecule discriminates between tyrosinase and catechol oxidase activity, INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES, 183巻, pp. 1861-1870, 20210731

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ブレオマイシンN-アセチルトランスフェラーゼの構造生物学的研究, 小田康祐, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 平成19年度日本放線菌学会大会, 2007年05月31日, 通常, 日本語, 広島
  2. ブレオマイシンN-アセチルトランスフェラーゼの基質結合様式, 小田康祐, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 平成19年度日本生物工学会大会, 2007年09月25日, 通常, 日本語, 広島
  3. 構造生物学的知見に基づいたブレオマイシンN-アセチルトランスフェラーゼの反応機構の解明, 小田康祐, 的場康幸, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 平成20年度日本蛋白質科学会, 2008年06月10日, 通常, 日本語, 東京
  4. Streptomyces verticillus の自己耐性因子ブレオマイシンN-アセチル化酵素の反応機構と基質阻害機構の解明, 小田康祐, 的場康幸, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 平成20年度日本放線菌学会大会, 2008年07月10日, 通常, 日本語, 山梨
  5. D-サイクロセリン生合成に関与するセリン O-アセチルトランスフェラーゼの構造解析, 小田康祐, 的場康幸, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 平成21年度日本生物工学会大会, 2009年09月23日, 通常, 日本語, 名古屋
  6. D-サイクロセリン生合成に関与する酵素セリン O-アセチルトランスフェラーゼの構造生物学的研究, 小田康祐, 的場康幸, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 平成21年度日本薬学会第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  7. カロテノイド生産性植物乳酸菌の放射線及び過酸化水素に対する耐性, 小田康祐, 窪野佑輔, 齋藤 剛, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2012年度大会, 2012年07月12日, 通常, 日本語, 茨城
  8. D-サイクロセリン生合成に関わるL-セリン-O-アセチルトランスフェラーゼの基質特異性に関する構造生物学的研究, 小田康祐, 的場康幸, 熊谷孝則, 野田正文, 杉山政則, 2012年度日本放線菌学会大会, 2012年09月06日, 通常, 日本語, 東京
  9. センダイウイルスCタンパク質と転写因子STAT1の相互作用の構造学的解析, 小田康祐, 川端凉子, 入江崇, 福士雅也, 坂口剛正, 第28回中国四国ウイルス研究会, 2013年06月22日, 通常, 日本語, 広島
  10. 自然免疫の抑制に関わるセンダイウイルスCタンパク質と宿主転写因子STAT1の構造生物学的解析, 小田康祐, 的場康幸, 川端涼子, 入江崇, 福士雅也, 坂口剛正, 第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月10日, 通常, 日本語, 兵庫
  11. センダイウイルスCタンパク質と宿主転写因子STAT1の複合体構造, 小田康祐, 的場康幸, 江田優子, 川端涼子, 入江崇, 福士雅也, 坂口剛正, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月03日, 通常, 日本語, 兵庫
  12. インターフェロン応答を阻害するセンダイウイルスCタンパク質の構造生物学的解析, 小田康祐, 3rd Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2014年01月13日, 通常, 日本語, 沖縄
  13. ウイルス様粒子の出芽促進に関わるセンダイウイルスCタンパク質の構造生物学的解析, 小田康祐, 大竹里奈, 的場康幸, 入江崇, 福士雅也, 坂口剛正, 第29回中国四国ウイルス研究会, 2014年06月28日, 通常, 日本語, 山口
  14. センダイウイルスC蛋白質とESCRT関連因子Alixの結合様式の解析, 小田康祐, 大竹里奈, 的場康幸, 入江崇, 福士雅也, 坂口剛正, 第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月10日, 通常, 日本語, 横浜
  15. センダイウイルスC蛋白質とESCRT関連因子Alixの結合面の解析, 小田康祐, 4th Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2015年01月19日, 通常, 日本語, 沖縄
  16. センダイウイルスCタンパク質によるSTAT2リン酸化阻害機構の解明, 小田康祐, 小田隆, 的場康幸, 入江崇, 佐藤衛, 坂口剛正, 第30回中国四国ウイルス研究会, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 岡山
  17. ウイルス増殖に関与するセンダイウイルスCタンパク質の分子基盤解明, 小田康祐, 大竹里奈, 的場康幸, 入江崇, 坂口剛正, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月26日, 通常, 日本語, 鹿児島
  18. Structural Basis of the Inhibition of Tyrosine Phosphorylation in STAT2 by Sendai Virus C Protein., 小田康祐, 小田隆, 的場康幸, 入江崇, 佐藤衛, 坂口剛正, 第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年11月22日, 通常, 日本語, 北海道
  19. センダイウイルスC蛋白質によるSTAT2リン酸化阻害機構の構造基盤解明, 小田康祐, 5th Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2016年01月25日, 通常, 日本語, 沖縄
  20. Development of an anti-Sendai virus drug targeting on the accessary protein, 小田康祐, 岡部隆義, 的場康幸, 入江崇, 坂口剛正, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語, 富山
  21. Structural mechanism for unresponsiveness to interferon-alpha/beta in Sendai virus-infected cells, Kosuke Oda, Takashi Oda, Yasuyuki Matoba, Takashi Irie, Mamoru Sato, Takemasa Sakaguchi, 第64回日本ウイルス学会学術集会, 2016年10月23日, 通常, 英語, 北海道
  22. 多機能性アクセサリー蛋白質を標的とした抗センダイウイルス阻害剤の高精度ハイスループットスクリーニング, 小田康祐, 岡部隆義, 的場康幸, 入江崇, 坂口剛正, 第7回スクリーニング学研究会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 東京
  23. センダイウイルスCタンパク質によるSTAT1:STAT2ヘテロ二量体の阻害機構の解明, 小田康祐, 小田隆, 的場康幸, 入江崇, 佐藤衛, 坂口剛正, 第32回中国四国ウイルス研究会, 2017年06月10日, 通常, 日本語, 岡山
  24. Structural mechanism for unresponsiveness of Sendai virus C protein to interferon-α/β in a STAT1-dependent manner., 小田康祐, 小田隆, 的場康幸, 入江崇, 佐藤衛, 坂口剛正, 第17回日本蛋白質科学会年会, 2017年06月20日, 通常, 日本語, 茨城
  25. STRUCTURAL INSIGHTS INTO STAT1-DEPENDENT INHIBITION OF STAT2 PHOSPHORYLATION BY SENDAI, Kosuke Oda, Takashi Oda, Yasuyuki Matoba, Takashi Irie, Mamoru Sato, Takemasa Sakaguchi, IUMS 2017, 2017年07月17日, 通常, 英語, Singapore
  26. センダイウイルスCタンパク質によるIFN-α/β応答阻害機構の構造基盤解明, 小田康祐, 小田隆, 的場康幸, 佐藤衛, 入江崇, 坂口剛正, 第29回微生物シンポジウム, 2017年08月29日, 通常, 日本語, 広島
  27. センダイウイルスC蛋白質によるIFN-alpha/betaシグナル伝達阻害機構, 小田康祐, 小田隆, 的場康幸, 佐藤衛, 入江崇, 坂口剛正, 第11回バイオ関連化学シンポジウム, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 東京
  28. Development of high-throughput screening to find an anti-human parainfluenza virus drug targeting C protein., Kosuke Oda, Takayoshi Okabe, Yasuyuki Matoba, Takashi Irie, Takemasa Sakaguchi, 第65回日本ウイルス学会学術集会, 2017年10月24日, 通常, 英語, 大阪
  29. IFN受容体を介したセンダイウイルスCタンパク質によるIFNシグナル伝達阻害機構の解明, 小田康祐, 7th Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2018年01月17日, 通常, 日本語, 沖縄
  30. Relationship between the inducibility of the IFN-β production in Sendai virus Cantell strain and the antagonistic action toward the IFN-α/β signal transduction by the C protein., Kosuke Oda, 第11回次世代アジュバント研究会, 2018年01月23日, 通常, 日本語, 大阪
  31. Molecular mechanism of paramyxovirus pathogenesis mediated by the accessory C protein, Kosuke Oda, Yasuyuki Matoba, Takashi Irie, Takemasa Sakaguchi., 第18回日本蛋白質科学会年会, 2018年06月26日, 通常, 日本語, 新潟
  32. センダイウイルスCタンパク質によるESCRT機構を利用したウイルス粒子出芽促進機構の解析, 小田康祐, 吉元玲子, 的場康幸, 川端涼子, 入江崇, 坂口剛正., 第30回微生物シンポジウム, 2018年08月27日, 通常, 日本語, 東京
  33. Cタンパク質によるセンダイウイルス出芽促進機構の分子基盤解明, 小田康祐, 的場康幸, 吉元玲子, 川端涼子, 福士雅也, 入江崇, 坂口剛正., 第12回バイオ関連化学シンポジウム, 2018年09月09日, 通常, 日本語, 大阪
  34. Inhibition of the IFN-α-inducible phosphorylation of Tyk2/Jak1 by Sendai virus C protein., Kosuke Oda, Takemasa Sakaguchi, 第66回日本ウイルス学会学術集会, 2018年10月28日, 通常, 英語, 京都
  35. Virus-particle budding is facilitated by Sendai virus C protein in an ESCRT-independent manner, Kosuke Oda, Yasuyuki Matoba, Takashi Irie, Takemasa Sakaguchi, 2019 International Conference On Biology and Medical Sciences (ICBMS2019), 2019年02月28日, 招待, 英語, Asia Pacific Society for Biology and Medical Sciences, Tiruru (Okinawa)
  36. Enzymatic and Crystallographic Studies of DcsA and DcsB Responsible for Supplying Hydroxyurea from L-Arginine in the D-Cycloserine Biosynthetic Pathway, Kosuke Oda, Yasuyuki Matoba., International Symposium on Diffraction Structure Biology 2019, 2019年10月17日, 通常, 英語, 大阪
  37. Antivirus drug screening targeting for Paramyxovirus C protein, 小田康祐, 野村俊仁, 木平清人, 岡部隆義, 東浦彰史, 的場康幸, 坂口剛正, 第66回日本ウイルス学会学術集会, 2019年10月29日, 通常, 英語, 東京
  38. 抗結核抗生物質D-サイクロセリンの生合成に関与するNω-ヒドロキシアルギナーゼのX線結晶構造解析, 小田康祐, 的場康幸, 日本薬学会第140年会, 2020年03月25日, 通常, 日本語
  39. Significance of the association of the C protein with Alix for the budding of Sendai virus on the basis of the crystal structure, Oda, K., Matoba, Y., Sugiyama, Y., Sakaguchi, T., IUMS2020, XVIII International Congress of Virology, 2020年11月16日, 通常, 英語, Korea

受賞

  1. 2007年11月, 平成19年度日本生物工学会西日本支部 学生賞, 日本生物工学会, ブレオマイシンN-アセチルトランスフェラーゼの基質結合様式
  2. 2010年03月23日, 平成21年度広島大学大学院医歯薬学総合研究科長賞, 広島大学
  3. 2013年11月10日, 第61回日本ウイルス学会学術集会ポスター賞, 日本ウイルス学会, 自然免疫の抑制に関わるセンダイウイルスCタンパク質と宿主転写因子STAT1の構造生物学的解析

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 構造生物学的アプローチによるウイルスタンパク質の自然免疫阻害機構の解明, 2013年, 2014年
  2. 稲盛財団 研究助成, センダイウイルスCタンパク質がもつ自然免疫回避機構の構造生物学的解明, 2014年, 2014年
  3. 武田科学振興財団 医学系研究奨励 (感染症), ヒトパラインフルエンザウイルス感染症に対する新規治療薬の開発, 2014年, 2016年
  4. グラクソ・スミスクライン株式会社 GSKジャパン研究助成, 構造学的知見に基づくセンダイウイルスCタンパク質の機能とウイルス病原性発現機構の関係性の解明, 2014年, 2016年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), アクセサリータンパク質を標的としたパラミクソウイルス感染症の新規治療戦略, 2016年, 2017年
  6. 平成28年度創薬等支援技術基盤プラットフォーム補助金による制御拠点スクリーニング委託研究, 免疫応答のシグナル伝達を遮断するパラインフルエンザウイルスCタンパク質に対する阻害剤探索, 2016年, 2016年
  7. 平成28年度産学連携若手研究者支援プログラム, 前立腺癌治療を指向したSTAT5阻害センダイウイルス療法開発の基礎研究, 2017年, 2017年
  8. 加藤記念バイオサイエンス振興財団 第29回加藤記念国際交流助成, Structural insights into STAT1-dependent inhibition of STAT2 phosphorylation by Sendai virus C protein, 2017年, 2017年
  9. 武田科学振興財団 医学系研究奨励 (感染症), RNAウイルスにおける新規標的因子IFN受容体を介した自然免疫回避機構, 2019年, 2021年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新規標的因子が関わるパラミクソウイルスC蛋白質の機能とその分子基盤, 病原性解明, 2020年, 2022年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2019年04月, 2021年03月, 広島市立看護専門学校

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, Microbiology and Immunology, その他, 査読者, 1