岩根 敦子ATSUKO IWANE

Last Updated :2021/02/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 特任教授
メールアドレス
ai3141hiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2019年07月, 広島大学大学院統合生命科学研究科, 特任教授
  • 2018年04月, 理化学研究所 生命機能科学研究センター 広島大学共同研究拠点 細胞場構造研究ユニット, ユニットリーダー
  • 2018年11月, 2019年03月, 広島大学 大学院理学研究科, 特任教授
  • 2013年04月, 大阪大学大学院生命機能研究科, 招へい教授
  • 2017年10月, 2018年10月, 広島大学 大学院理学研究科, 客員教授
  • 2013年04月, 2017年03月, 理化学研究所 生命システム研究センター, ユニットリーダー
  • 2007年11月, 2013年05月, 大阪大学 大学院生命機能研究科、医学部(兼任), 准教授
  • 2007年, 2007年10月, 大阪大学 大学院医学系研究科 准教授, 准教授
  • 2002年, 2006年, 大阪大学 大学院生命機能研究科, 助手

学歴

  • 東京薬科大学, 薬学研究科, 1982年, 1984年
  • 東京薬科大学, 薬学部, 1978年, 1982年

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命理学概論
  2. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端生命技術概論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Prediction of Sequential Organelles Localization under Imbalance using A Balanced Deep U-Net, Scientific Reports, 10巻, 2626(2020)号, 20200214
  2. Cyanidioschyzon merolae aurora kinase phosphorylates evolutionarily conserved sites on its target to regulate mitochondrial division., Commun.Biol., 2巻, pp. 477, 2019, 12, 20
  3. Roles of basal keratinocytes in actinotrichia formation., Mechanisms of development, 153号, pp. 54-63, 201810
  4. The Role of Structural Dynamics of Actin in Class-Specific Myosin Motility, PLoS ONE, 10巻, 5号
  5. Local heat activation of single myosins based on optical trapping of gold nanoparticles, NANO LETTERS, 15巻, 4号, pp. 2456-2461
  6. Spontaneous structural changes in actin regulate G-F transformation, PLoS ONE, 7巻, 11号, pp. e45864
  7. Switching of myosin-V motion between the lever-arm swing and Brownian search-and-catch. Nature Communication, Nature Communication, 3巻, 956号
  8. Simultaneous Observation of the Lever Arm and Head Explains Myosin VI Dual Function, Small, 8号, pp. 3035-3040
  9. G146V mutation at the hinge region of actin reveals a myosin class-specific requirement of actin conformations for motility, Journal Biological Chemistry, 287巻, 29号, pp. 24339-24345
  10. Fluorescence microscopy for simultaneous observation of 3D orientation and movement and its application to quantum rod-tagged myosin V, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 109巻, 14号, pp. 5294-5298
  11. Direct visualization of secondary structures of F-actin by electron cryomicroscopy, Nature, 467巻, 7316号, pp. 724-728
  12. Switch between large hand-over-hand and small inchworm-like steps in myosin VI, Cell, 142巻, 6号, pp. 879-888
  13. Mechanical Characterization of One-Headed Myosin-V Using Optical Tweezers, Pros One, 5号, pp. 1-11, 2010
  14. Single molecular observation of self-regulated kinesin motility, Biochemistry, 49巻, 22号, pp. 4654-4661
  15. mNUDC is required for plus-end-directed transport of cytoplasmic dynein and dynactins by kinesin-1, The EMBO Journal, 29巻, 3号, pp. 517-531
  16. Single-Molecule FRET imaging for Enzymatic Reactions at High Ligand Concentrations, Small, 6巻, pp. 346-350

著書等出版物

  1. Cyanidioschzon merolae: A new Model Eukaryote for Cell and Organelle Biology, Springer Singapore, 2017年, 共著, Ichinose TM and Iwane AH, ISBN:978-981-10-6101-1
  2. シグナル伝達研究, 第三章 シグナル伝達研究における新たなアプローチ-情報伝達分子の正細胞イメージング, 羊土社, 2005年-6月
  3. Studying Molecular Motors on the Single Molecule Level., Zander, Enderlein, Keller eds.: Single-Molecule Detection in Solution (WILE Y-VCH Verlag Berlin), 2002年, 2002
  4. エネルギー変換装置ATPaseの作動原理-分子機械の作動原理, 2002年, 共著, 岩根敦子、小森靖則、岩城光宏、柳田敏雄
  5. 実験医学別冊 ポストゲノム時代の実験講座3, GFPとバイオイメージング-第四章 "GFPの検出およびイメージング技術", 羊土社, 2000年

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. コレステロールの繊毛への輸送に関与する繊毛-ペロキシソーム伝達機構の3D形態観察, 板橋 岳志, 宮本 達雄,細羽 康介,岩根 敦子, 日本顕微鏡学会 第76回学術講演会, 2020年05月27日, 招待, 日本語, 日本顕微鏡学会, 大阪市
  2. THE ELUCIDATION OF THE FORMATION PROCESS OF ZEBRAFISH TAIL FIN BY 3D MODEL USING ADVANCED TRANS-SCALE EM AND BY CLEM., Junpei Kuroda, Takeshi Itabashi, Takako Ichinose, Shigeru Kondo, Atusko H. Iwane, 64th Annual Meeting of the Biophysical Society, 2020年02月16日, 通常, 英語
  3. p53によるDNA損傷刺激誘導性Fアクチン構造の制御とその意義, 伊藤功彦, 平田宏聡, 杉本渉, 島本勇太, 岩根敦子, 田中信之, 川内敬子, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月05日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡
  4. DNA損傷応答における核内アクチンフィラメント構造に対するp53の役割, 川内 敬子, 川内 敬子, 伊藤 功彦, 杉本 渉, 取井 猛流, 岩根 敦子, 島本 勇太, 平田 宏聡, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月05日, 通常, 日本語
  5. リボソームRNAの転写阻害による核小体崩壊メカニズムの解明, 杉本 渉, 豊田 駿, 建石 寿枝, 杉本 直己, 岩根 敦子, 三好 大輔, 川内 敬子, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡
  6. 尾びれ形成過程を先端電子顕微鏡解析から得られた3D構造モデルから読み解く, 板橋 岳志, 一ノ瀬 孝子, 黒田 純平, 近藤 滋, 岩根 敦子, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, 通常, 日本分子生物学会, 福岡
  7. 魚類ヒレ骨の形態形成に必須なコラーゲン結晶の成長メカニズム, 黒田純平, 板橋 岳志, 岩根 敦子, 近藤 滋, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 名古屋
  8. 三次元構造モデルから発生過程における細胞機能の理解を試みる, 黒田 純平, 板橋 岳志, 一ノ瀨 孝子, 近藤 滋, 岩根 敦子, 第57回日本生物物理学会年会, 2019年09月24日, 招待, 日本生物物理学会, 宮崎
  9. 発生過程を先端顕微鏡解析から得られた3D構造モデルから読み解く, 板橋 岳志, 一ノ瀨 孝子, 黒田 純平, 近藤 滋, 岩根 敦子, 日本顕微鏡学会 第75回学術講演会, 2019年06月17日, 通常, 日本語
  10. 細胞伸展刺激に起因する細胞核動態変化の微細構造解析, 板橋 岳志, 一ノ瀨 孝子, 島田 文子, 森 ひかり, 平原 麻利子,山本 華代 ,岩根 敦子, 日本顕微鏡学会第75回学術講演会, 2019年06月17日, 通常, 日本語
  11. 3D-structual modeling of differentiation and developmental process using advanced electron microscopy and light microscopy., Takako Ichinose, Takeshi Itabashi, Hikari Mori, Junpei Kuroda, Masaki Imayasu, Sei Saitoh, Shigeru Kondo, Atsuko H. Iwane, 63th Annual Meeting of The Biophysical Society, 2019年03月06日, 通常, 英語
  12. 先端電子顕微鏡を用いた1細胞丸ごとレベルでの細胞内小器官の3D微細構造モデル作成と生物組織への展望, 一ノ瀨 孝子, 板橋 岳志, 森 ひかり, 黒田 純平, 近藤 滋, 岩根 敦子, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会
  13. 遺伝子コード可能なHyperCEST MRI 造影剤の開発, 水島 良太, 井上 加奈子, 永井 里奈, 岩根 敦子, 渡邉 朋信, 木村 敦臣, 第56回日本生物物理学会年会, 2018年09月, 通常, 日本語
  14. 先端顕微鏡を用いて細胞分裂過程や細胞分化過程を読み解く, 岩根 敦子, 日本植物学会第82回大会, 2018年09月14日, 通常, 日本語, 日本植物学会
  15. 単細胞紅藻C. merolaeにおけるタイムラプスイメージング系の構築, 一ノ瀨 孝子, 岩根 敦子, 日本植物学会第82回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  16. 細胞分裂、分化、発生過程を細胞内小器官の3D構造モデルから読み解くための試み, 一ノ瀨 孝子, 板橋岳志, 森ひかり, 黒田純平, 近藤滋, 岩根 敦子, 第56回日本生物物理学会年会, 2018年09月, 通常, 日本語
  17. 先端電子顕微鏡計測技術の医療及び産業への応用, 岩根 敦子, 平成30年度第1回大学等シーズ活用セミナー, 2018年06月30日, 招待, 日本語, (公財)くれ産業振興センター
  18. 細胞分裂並びに分化過程を先端顕微鏡解析から得られた3D構造モデルから読み解く, 岩根 敦子, 日本顕微鏡学会第74回学術講演会, 2018年05月, 通常, 日本語
  19. 細胞分裂並びに分化過程を先端電子顕微鏡像から得られた3D構造モデルから読み解く, 岩根 敦子, 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  20. Construction of the imaging system to elucidate the process by which cytoskeletal proteins acquire function using primitive eukaryotic cell., Takako M. Ichinose, Atsuko H. Iwane, Biophysical Society 61st Annual Meeting, 2017年02月, 通常, 英語, Biophysical Society
  21. 3D visualization of the precise location of symbiotic organelle crosstalk throughout mitosis in the primitive unicellular eukaryotic cell, C. merolae., Atsuko H. Iwane, Biophysical Society 61st Annual Meeting, 2017年02月, 通常, 英語, Biophysical Society

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 細胞分裂過程とリンクした標的分子の網羅的マッピング方の開発, 2014年, 2017年
  2. 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 真核生物の基本的仕組みを解明するための新しい細胞場構造技術, 2014年, 2015年
  3. 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 超顕微鏡技術を用いた分化多能性細胞から終分化細胞へのアクチン繊維分化系統図の作成, 2011年, 2013年
  4. 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 1分子イメージングを用いた揮発性麻酔薬による幼若脳神経細胞障害作用の分子機構解明, 2008年, 2012年
  5. 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 揮発性全身麻酔薬の副作用の分子機構:モーター蛋白1分子レベルでの解明機構解明, 2005年, 2007年
  6. 科学研究費補助金(特定領域研究), ナノシステム内情報伝達の制御メカニズム, 2004年, 2006年