山本屋 武TAKESHI YAMAMOTOYA

Last Updated :2022/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
メールアドレス
ymmtyhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2015年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院, 医化学研究室, 助教
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教

学歴

  • 東京大学, 大学院医学系研究科, 博士課程内科学専攻, 日本, 2010年04月, 2014年03月
  • 東京大学, 医学部, 医学科, 日本, 2004年04月, 2008年03月
  • 東京大学, 教養学部, 日本, 2002年04月, 2004年03月

学位

  • 博士(医学) (東京大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 代謝学

研究キーワード

  • 糖尿病
  • 糖・脂質代謝

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本分子生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 組織細胞機能学
  2. 2022年, 学部専門, 4ターム, 臨床生化学
  3. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 医化学特別研究
  4. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 医化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Prolyl isomerase Pin1 binds to and stabilizes acetyl CoA carboxylase 1 protein, thereby supporting cancer cell proliferation, Oncotarget, 10巻, 17号, pp. 1637-1648, 20190226
  2. The xanthine oxidase inhibitor febuxostat suppresses development of nonalcoholic steatohepatitis in a rodent model, AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 309巻, 1号, pp. G42-G51, 20150701
  3. Pin1 Inhibitor Juglone Exerts Anti-Oncogenic Effects on LNCaP and DU145 Cells despite the Patterns of Gene Regulation by Pin1 Differing between These Cell Lines., PLoS One, 10巻, 6号, pp. e0127467, 20150603
  4. LUBAC Formation Is Impaired in the Livers of Mice with MCD-Dependent Nonalcoholic Steatohepatitis., Mediators of Inflammation, 2015巻, 2015号, pp. 125380, 20150610
  5. Par14 protein associates with insulin receptor substrate 1 (IRS-1), thereby enhancing insulin-induced IRS-1 phosphorylation and metabolic actions., Journal of Biological Chemistry, 288巻, 28号, pp. 20692-20701, 20130712
  6. Treatment with the SGLT2 inhibitor luseogliflozin improves nonalcoholic steatohepatitis in a rodent model with diabetes mellitus, DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME, 7巻, 20151119
  7. Role of uric acid metabolism-related inflammation in the pathogenesis of metabolic syndrome components such as atherosclerosis and non-alcoholic steatohepatitis., Mediators of Inflammation, 2016
  8. Physiological and Pathogenic Roles of Prolyl Isomerase Pin1 in Metabolic Regulations via Multiple Signal Transduction Pathway Modulations, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 17巻, 9号, 201609
  9. Reduced SHARPIN and LUBAC Formation May Contribute to CCl₄- or Acetaminophen-Induced Liver Cirrhosis in Mice., INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 18巻, 2号, pp. 326, 20170404
  10. The prolyl isomerase Pin1 increases beta-cell proliferation and enhances insulin secretion, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 292巻, 28号, pp. 11886-11895, 20170714
  11. The SGLT2 Inhibitor Luseogliflozin Rapidly Normalizes Aortic mRNA Levels of Inflammation-Related but Not Lipid-Metabolism-Related Genes and Suppresses Atherosclerosis in Diabetic ApoE KO Mice, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 18巻, 8号, 201708
  12. Gastrointestinal symptom prevalence depends on disease duration and gastrointestinal region in type 2 diabetes mellitus, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 23巻, 36号, pp. 6694-6704, 20170928
  13. ★, Trk-fused gene (TFG) regulates pancreatic beta cell mass and insulin secretory activity, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20171012
  14. Gut Microbiota as a Therapeutic Target for Metabolic Disorders, CURRENT MEDICINAL CHEMISTRY, 25巻, 9号, pp. 984-1001, 2018
  15. Roles of Gut-Derived Secretory Factors in the Pathogenesis of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease and Their Possible Clinical Applications, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 19巻, 10号, 201810
  16. The Xanthine Oxidase Inhibitor Febuxostat Suppresses the Progression of IgA Nephropathy, Possibly via Its Anti-Inflammatory and Anti-Fibrotic Effects in the gddY Mouse Model, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 19巻, 12号, 201812
  17. Prolyl Isomerase Pin1 Suppresses Thermogenic Programs in Adipocytes by Promoting Degradation of Transcriptional Co-activator PRDM16, CELL REPORTS, 26巻, 12号, pp. 3221-+, 20190319
  18. Protective Effect of Sex Hormone-Binding Globulin against Metabolic Syndrome: In Vitro Evidence Showing Anti-Inflammatory and Lipolytic Effects on Adipocyt es and Macrophages, MEDIATORS OF INFLAMMATION, 2018
  19. Possible involvement of normalized Pin1 expression level and AMPK activation in the molecular mechanisms underlying renal protective effects of SGLT2 inhibitors in mice, DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME, 11巻, 20190722
  20. Xanthine Oxidase Inhibitor Febuxostat Exerts an Anti-Inflammatory Action and Protects against Diabetic Nephropathy Development in KK-Ay Obese Diabetic Mice, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 20巻, 19号, 201910
  21. Pin1 Plays Essential Roles in NASH Development by Modulating Multiple Target Proteins, CELLS, 8巻, 12号, 201912
  22. Prolyl isomerase Pin1 in metabolic reprogramming of cancer cells, CANCER LETTERS, 470巻, pp. 106-114, 2020
  23. Development of Pin1 Inhibitors and their Potential as Therapeutic Agents, CURRENT MEDICINAL CHEMISTRY, 27巻, 20号, pp. 3314-3329, 2020
  24. Prolyl isomerase Pin1 interacts with adipose triglyceride lipase and negatively controls both its expression and lipolysis, METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL, 115巻, 202102
  25. Carnosic Acid and Carnosol Activate AMPK, Suppress Expressions of Gluconeogenic and Lipogenic Genes, and Inhibit Proliferation of HepG2 Cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 22巻, 8号, 202104
  26. Pathological Role of Pin1 in the Development of DSS-Induced Colitis, CELLS, 10巻, 5号, 202105
  27. Impact of Plasma Xanthine Oxidoreductase Activity on the Mechanisms of Distal Symmetric Polyneuropathy Development in Patients with Type 2 Diabetes, BIOMEDICINES, 9巻, 8号, 202108
  28. ★, Prolyl isomerase Pin1 plays an essential role in SARS-CoV-2 proliferation, indicating its possibility as a novel therapeutic target, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210917
  29. ★, Involvement of neuronal and muscular Trk-fused gene (TFG) defects in the development of neurodegenerative diseases, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220204

著書等出版物

  1. 2016年01月, 内科臨床誌 メディチーナ Vol.53 No.1 糖尿病治療薬Update 適正治療に向けて, SGLT2阻害薬の作用機序, 医学書院, 2016年, 1, その他, 共著, 山本屋 武、中津 祐介、浅野 知一郎
  2. 2016年02月, アンチ・エイジング医学 2016 Vol.12 No.1 / 日本抗加齢医学会 [編], SGLT2阻害薬 - their potential beyond glucose-lowering, メディカルレビュー社, 2016年, 2, その他, 共著, 山本屋 武;中津 祐介;浅野 知一郎
  3. 2017年02月, Diabetes Strategy Vol.7 no.1 2017 Winter, SGLT2阻害薬 発見と開発の歴史, 先端医学社, 2017年, 2, その他, 共著, 山本屋 武、中津 祐介、浅野 知一郎

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 骨格筋TFGの肥満形成および神経筋接合部の維持における役割, 山本屋 武, 大畠 侑乃, 赤坂 保行, 神名 麻智, 中津 祐介, 迫田 秀之, 藤城 緑, 櫛山 暁史, 浅野 知一郎, 第65回日本糖尿病学会年次学術集会, 2022年05月13日, 通常, 日本語
  2. Trk-fused gene (TFG) の脂肪細胞における代謝制御機構の解明, 山本屋 武, 長谷井 竣, 中津 祐介, 大畠 侑乃, 迫田 秀之, 藤城 緑, 櫛山 暁史, 浅野 知一郎, 第64回日本糖尿病学会年次学術集会, 2021年05月21日, 通常, 日本語
  3. 脂肪細胞のTrk-fused gene (TFG) はPPARγ発現量およびミトコンドリア機能を調節し, adipose expansionに重要である, 山本屋 武、長谷井 竣、中津 祐介、迫田 秀之、藤城 緑、櫛山 暁史、浅野 知一郎, 第63回日本糖尿病学会年次学術集会, 2020年10月05日, 通常, 日本語
  4. 脂肪細胞のTrk-fused gene (TFG) による代謝制御機構の解明, 山本屋 武、長谷井 竣、中津 祐介、井上 賢紀、櫛山 暁史、浅野 知一郎, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡
  5. 肝臓におけるLUBAC (linear ubiquitin chain assembly complex) 活性低下はAkt-mTOR経路の亢進および肝での炎症を惹起する, 山本屋 武、迫田 秀之、藤城 緑、山崎 広貴、金子 直、菊池 貴子、櫛山 暁史、浅野 知一郎, 第2回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2015年05月23日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会、日本糖尿病学会, 下関
  6. Trk-fused gene (TFG) の膵β細胞における役割の解明, 山本屋 武、中津 祐介、 迫田 秀之、藤城 緑、山崎 広貴、菊池 貴子、櫛山 暁史、浅野 知一郎, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年05月20日, 通常, 日本語, 日本糖尿病学会, 京都
  7. 膵β細胞におけるTrk-fused gene (TFG) の役割, 山本屋 武、中津 祐介、松永 泰花、櫛山 暁史2、石原 寿光、浅野 知一郎, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月02日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  8. Trk-fused gene (TFG) の膵β細胞における役割の解明, 山本屋 武,中津 祐介,松永 泰花,井上 由貴,迫田 秀之, 藤城 緑,山崎 広貴,菊池 貴子,櫛山 暁史,浅野 知一郎, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月19日, 通常, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋
  9. Trk-fused gene (TFG) の糖代謝調節における役割の解明, 山本屋 武,中津 祐介,上田 晃嗣,井上 賢紀,迫田 秀之, 藤城 緑,山 暁史,石原 寿光,浅野知一郎, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月26日, 通常, 日本語, 東京
  10. 脂肪細胞のTrk-fused gene (TFG) による代謝制御機構の解明, 山本屋 武、中津 祐介、上田 晃嗣、井上 賢紀、櫛山 暁史、浅野 知一郎, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  11. Pin1 and Trk-fused gene (TFG): novel regulators for β-cell mass and function, 山本屋 武、中津 祐介、櫛山 暁史、石原 寿光、浅野 知一郎, 第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年05月24日, 招待, 英語, 日本糖尿病学会, 仙台
  12. 脂肪細胞のTrk-fused gene (TFG) による代謝制御機構の解明, 山本屋 武、長谷井 竣、中津 祐介、井上 賢紀、迫田 秀之、藤城 緑、櫛山 暁史、浅野 知一郎, 第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年05月23日, 通常, 日本語, 日本糖尿病学会, 仙台

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 糖・脂質代謝における細胞内小胞輸送関連蛋白TFGの関与とその発現制御因子の解明, 2021年, 2023年
  2. 科学研究費助成事業, TFGの膵臓・肝臓・脂肪組織における糖・脂質代謝調節機序の解明, 2015年, 2017年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), TFGの発現調節異常が肥満・代謝障害形成に及ぼす役割, 2017年, 2019年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究), 小胞輸送関連蛋白TFGの脂肪、小腸、肝細胞における機能と代謝異常症への関与, 2019年, 2020年