津田 雅貴MASATAKA TSUDA

Last Updated :2021/01/05

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
tsudamhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目3番1号理学部B棟602 理学部B棟B602
TEL:082-424-7458
自己紹介
放射線が作る特殊なDNA損傷に焦点をあて研究を行なっています。

基本情報

学位

  • 博士(医学) (京都大学)
  • 修士(バイオサイエンス) (長浜バイオ大学)

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 生物学 / 基礎生物学 / 遺伝・染色体動態

研究キーワード

  • DNA修復
  • DNA損傷
  • 放射線

所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本放射線影響学会
  • 日本環境変異原学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  2. 2020年, 学部専門, 1ターム, 生物科学セミナー
  3. 2020年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  4. 2020年, 学部専門, 3ターム, 生化学A
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 遺伝子化学演習
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  8. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  9. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 数理生命科学特別研究
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命理学特別演習A
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命理学特別演習A
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命理学特別演習B
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命理学特別演習B
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 遺伝子化学B
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命理学特論C
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命理学特論D
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端生命技術概論
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, ゲノム編集の基礎と実践

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 塩基除去修復, 産科と婦人科, 87巻, 10号, pp. 1127-1132, 2020.10.1.
  2. ★, Tyrosyl-DNA phosphodiesterase 2 (TDP2) repairs topoisomerase 1 DNA-protein crosslinks and 3 '-blocking lesions in the absence of tyrosyl-DNA phosphodiesterase 1 (TDP1), DNA REPAIR, 91-92巻, 2020
  3. Direct observation of damage clustering in irradiated DNA with atomic force microscopy, Nucleic Acids Res.
  4. Estrogen induces mammary ductal dysplasia via upregulation of Myc expression in a DNA-repair-deficient condition., iScience.
  5. Repair of trapped topoisomerase II covalent cleavage complexes: Novel proteasome-independent mechanisms, NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS, 39巻, 1-3号, pp. 170-184, 20200220
  6. UBC13-Mediated Ubiquitin Signaling Promotes Removal of Blocking Adducts from DNA Double-Strand Breaks, ISCIENCE, 23巻, 4号, 20200424
  7. Participation of TDP1 in the repair of formaldehyde-induced DNA-protein cross-links in chicken DT40 cells, PLOS ONE, 15巻, 6号, 20200626
  8. DNAにトラップされたトポイソメラーゼの除去機構, 月刊細胞, 52巻, 9号, pp. 53-56
  9. 低酸素特異的に放射線が誘発するゲノム損傷の修復機構に関する研究, 放影響ニュース, 4巻, 103号, pp. 18-19
  10. PDIP38/PolDIP2 controls the DNA damage tolerance pathways by increasing the relative usage of translesion DNA synthesis over template switching, PLOS ONE, 14巻, 3号, 20190306
  11. Processing of a single ribonucleotide embedded into DNA by human nucleotide excision repair and DNA polymerase eta, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 20190926
  12. Type II DNA Topoisomerase cause spontaneous double-strand breaks in genomic DNA., Genes (Basel).
  13. SUMOylation of PCNA by PIAS1 and PIAS4 promotes template switch in the chicken and human B cell lines., Proc Natl Acad Sci U S A., 115巻, 50号, pp. 12793-12798
  14. ★, BRCA1 ensures genome integrity by eliminating estrogen-induced pathological topoisomerase II-DNA complexes, Proc Natl Acad Sci U S A., 115巻, 45号, pp. E10642-E10651, 20181106
  15. ALC1/CHD1L, chromatin-remodeling enzyme, is required for efficient base excision repair., PLoS One., 12巻, 11号, pp. e0188320, 2017
  16. Complementation of aprataxin deficiency by base excision repair enzymes in mitochondrial extracts., Nucleic Acids Res., 45巻, 17号, pp. 10079-10088, 2017
  17. Selective cytotoxicity of the anti-diabetic drug, metformin, in glucose-deprived chicken DT40 cells., PLoS One., 12巻, 9号, pp. e0185141, 2017
  18. ★, The Dominant Role of Proofreading Exonuclease Activity of Replicative Polymerase e in Cellular Tolerance to Cytarabine (Ara-C)., Oncotarget., 8巻, 20号, pp. 33457-33474, 2017
  19. Mre11 is essential for the removal of lethal topoisomerase 2 covalent cleavage complexes., Mol Cell, 64巻, 3号, pp. 580-592, 2016
  20. Repriming by PrimPol is critical for DNA replication restart downstream of lesions and chain-terminating nucleosides., Cell Cycle., 15巻, 15号, pp. 1997-2008, 2016
  21. DNAの突然変異が引き起こされる仕組み, 医学のあゆみ, 256巻, 13号, pp. 12951296
  22. In vivo evidence for translesion synthesis by the replicative DNA polymerase delta., Nucleic Acids Res., 44巻, 15号, pp. 7242-7250, 2016
  23. The POLD3 subunit of DNA polymerase d can promote translesion synthesis independently of DNA polymerase z, Nucleic Acids Res., 43巻, 3号, pp. 1671-1683, 2015
  24. SUMO-targeted ubiquitin ligase RNF4 plays a critical role in preventing chromosome loss., Genes Cells., 19巻, 10号, pp. 743-754, 2014
  25. ★, Novel pathway of centrosome amplification that does not require DNA lesions., Cancer Sci., 103巻, 2号, pp. 191-196, 2012
  26. Involvement of SLX4 in interstrand cross-link repair is regulated by the Fanconi anemia pathway., Proc Natl Acad Sci U S A., 108巻, 16号, pp. 6492-6496, 2011
  27. Restoration of ligatable “clean” double-strand break ends is the rate-limiting step in the rejoining of ionizing-radiation-induced DNA breakage., DNA Repair, in press巻
  28. Genetic Evidence for the Involvement of Mismatch Repair Proteins, PMS2 and MLH3, in a Late Step of Homologous Recombination, J Biol Chem ., in press巻
  29. In Vivo Level of Poly(ADP-ribose), Challenges, 9巻, 1号, 10 April 2018

受賞

  1. 2015年, ICRR2015 Excellent Poster Award, ICRR, PDIP38 is required for efficient translesion DNA synthesis by DNA polymerase eta and zeta
  2. 2011年, 京都大学教育研究振興財団平成23年度助成事業(在外研究中期助成), 京都大学教育研究振興財団, 日仏共同研究によるDNA修復因子、PDIP38の機能解析
  3. 2020年, 広島大学大学院統合生命科学研究科, 統合生命科学研究科奨励賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 研究助成, エストロジェンによる DNA 鎖切断の修復機構の可視化解析, 2020年, 2022年
  2. 助成金, 重粒子線治療の効果向上を目指した腫瘍移植モデルに基づくゲノム損傷修復機構の解明, 2021年, 2023年
  3. 調査研究助成, 乳がん予防薬の開発を目指したMRNの動的構造解析, 2021年, 2022年
  4. 学術・研究助成, DNA損傷の可視化を介した新規ゲノム修復機構の解明, 2020年, 2022年
  5. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 革新的ガン治療に向けた遺伝子シナジー解明のための国際共同研究ネットワーク
  6. 日本学術振興会 科学研究費助成事業, ヒトゲノム編集細胞を使った、化学物質の薬理作用・有害性を解析するシステムの構築
  7. 奨励賞, チロシルDNAホスホジエステラーゼが標的とするDNA損傷の可視化による新規DNA修復機構の解明, 2020年
  8. コスメトロジー研究助成, 新規変異評価システムを用いた長波長の紫外線(UVA)による突然変異誘発機構の解明, 2020年, 2022年
  9. 若手研究, チロシル‐DNAホスホジエステラーゼが関与する新規なDNA二本鎖切断修復経路, 2020年, 2021年
  10. 新規変異評価システムとヒトゲノム編集細胞を用いた喫煙による変異誘発機構の解明, 2020年, 2022年
  11. 日本学術振興会, Mre11、 BRCA1と非相同末端結合が共同する新規DNA修復経路の解析, 2018年, 2019年
  12. 公益財団法人放射線影響協会 研究奨励助成金, 2019年