入舩 正浩Masahiro Irifune

Last Updated :2021/09/21

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
メールアドレス
mirifunhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2-3 研究棟A棟5階歯科麻酔学研究室教授室/Room Number: A518
TEL:082-257-5785 FAX:082-257-5779
自己紹介
歯科麻酔では、侵襲の大きな外科手術を受ける患者だけでなく、意識下では手術や歯科治療を行うことのできない非協力的な小児や知的障害者も対象として全身麻酔を行っている。全身麻酔は以前に比べ安全になったといわれているが、やはり副作用や合併症がある。麻酔作用機序を解明することで、副作用や合併症のない麻酔薬の開発につなげたい。

基本情報

主な職歴

  • 1985年10月01日, 1995年07月31日, 鹿児島大学, 助手
  • 1995年08月01日, 1999年09月30日, 広島大学病院, 歯学部附属病院, 講師
  • 1999年10月01日, 2008年10月31日, 広島大学病院, 歯学部附属病院, 助教授
  • 2008年11月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 歯科麻酔学研究室, 教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授

学歴

  • 鹿児島大学, 歯学部, 日本, 1979年04月, 1985年03月

学位

  • 博士(医学) (鹿児島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科 : 歯学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 口腔保健学プログラム
  • 歯学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 外科系歯学

研究キーワード

  • 全身麻酔作用機序
  • 全身麻酔要素/催眠作用・筋弛緩・鎮痛・不動化
  • 下行性疼痛抑制系
  • ドパミン神経
  • グルタミン酸神経
  • 興奮性アミノ酸(NMDA)受容体/静脈麻酔薬
  • GABA神経
  • サブスタンスP
  • 亜酸化窒素/末梢血流量

所属学会

  • 日本歯科麻酔学会, 1985年
  • 日本薬理学会, 1987年
  • 日本障害者歯科学会, 2013年06月

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  2. 2021年, 学部専門, 3ターム, 歯科麻酔学
  3. 2021年, 学部専門, 4ターム, 歯科麻酔学基礎演習
  4. 2021年, 学部専門, 2ターム, 歯科麻酔学
  5. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(歯科麻酔学)
  6. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習(歯科麻酔学)
  7. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療安全学
  8. 2021年, 学部専門, 年度, 臨床実習(歯科麻酔学)
  9. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(歯科麻酔学)
  10. 2021年, 学部専門, 3ターム, 歯科麻酔学
  11. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療安全学
  12. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療安全学
  13. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 歯科麻酔学特別演習
  14. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 歯科麻酔学特別演習
  15. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 歯科麻酔学特別研究
  16. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 歯科麻酔学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Ketamine-induced hyperlocomotion associated with alteration of presynaptic components of dopamine neurons in the nucleus accumbens of mice., Pharmacol-Biochem-Behav., 40巻, 2号, pp. 399-407, 19911001
  2. ★, Ketamine-induced anesthesia involves the N-methyl-D-aspartate receptor-channel complex in mice., Brain-Res., 596巻, 1-2号, pp. 1-9, 19921101
  3. ★, Hyperlocomotion during Recovery from Isoflurane Anesthesia Is Associated with Increased Dopamine Turnover in the Nucleus Accumbens and Striatum in Mice, Anesthesology, 86巻, pp. 464-475, 19970201
  4. ★, Propofol anaesthesia in mice is potentiated by muscimol and reversed by bicuculline., Br-J-Anaesth., 83巻, 4号, pp. 665-667, 19991001
  5. ★, Propofol-induced anesthesia in mice is mediated by gamma-aminobutyric acid-A and excitatory amino acid receptors., Anesth-Analg, 97巻, 2号, pp. 424-429, 20030801
  6. ★, Increased r-aminobutyric acid levels in mouse brain induce loss of righting reflex, but not immobility, in response to noxious stimulation, Anesthesia Analgesia, 104巻, pp. 1422-1429, 20071001
  7. ★, Riluzole, a glutamate release inhibitor, induces loss of righting reflex, antinociception, and immobility in response to noxious stimulation in mice, ANESTHESIA AND ANALGESIA, 104巻, 6号, pp. 1415-1421, 200706
  8. ★, Selective blockade of N-methyl-D-aspartate channels in combination with dopamine receptor antagonism induces loss of the righting reflex in mice, but not immobility, PSYCHOPHARMACOLOGY, 232巻, 1号, pp. 39-46, 201501
  9. ★, The indirect gamma-aminobutyric acid (GABA) receptor agonist gabaculine-induced loss of the righting reflex may inhibit the descending analgesic pathway, PHARMACOLOGY BIOCHEMISTRY AND BEHAVIOR, 198巻, 202011
  10. ケタミンによるドーパミン神経への作用, 精神神経薬理シンポジウム, 17巻, pp. 75-82, 19911225
  11. ★, 全身麻酔作用におけるGABA神経およびグルタミン酸神経の役割, 日本歯科麻酔学会雑誌, 33巻, 3号, pp. 357-363, 20050701
  12. Phospholipase C-related catalytically inactive protein: A novel signaling molecule for modulating fat metabolism and energy expenditure, JOURNAL OF ORAL BIOSCIENCES, 61巻, 2号, pp. 65-72, 201906
  13. ★, Effects of talipexole on motor behavior in normal and MPTP-treated common marmosets., Eur-J-Pharmacol., 238巻, 2-3号, pp. 235-240, 19930701
  14. ★, MPTP treatment of common marmosets impairs proteasomal enzyme activity and decreases expression of structural and regulatory elements of the 26S proteasome, Eur-J-Neurosci, 23巻, pp. 1766-1774, 200604
  15. 透析患者麻酔管理の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 14巻, 3号, pp. 433-439, 19860715
  16. 抗癌剤Peplomycinによる重症肺障害の呼吸管理, 日本歯科麻酔学会雑誌, 16巻, 1号, pp. 52-58, 19880115
  17. 小児の無気肺の理学療法による治験例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 16巻, 2号, pp. 322-327, 19880415
  18. 肥大型閉鎖性心筋症を有する患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 16巻, 3号, pp. 574-580, 19880715
  19. Alagille症候群(先天性肝内胆管閉塞)を合併した小児の全身麻酔の1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 16巻, 4号, pp. 679-684, 19881015
  20. Effects of halothane anesthesia on intracellular energy charge of rats’ skeletal muscle., Anesth-Prog., 36巻, 4-5号, pp. 171-172, 19890701
  21. ペースメーカーを装着した高齢者の全身麻酔の1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 17巻, 4号, pp. 675-681, 19891015
  22. 鹿児島大学歯学部附属病院における心身障害者の全身麻酔下集中歯科治療症例 最近5年間の臨床統計的観察, 日本歯科麻酔学会雑誌, 18巻, 1号, pp. 89-96, 19900115
  23. Ketamine-induced hyperlocomotion associated with the increased dopamine turnover in the nucleus accumbens in mice., Eur-J-Pharmacol., 183巻, Suppl.号, pp. 1391, 19900701
  24. 重症心奇形を合併した無脾症候群患者の全身麻酔下集中歯科治療の1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 20巻, 2号, pp. 323-329, 19920415
  25. 鹿児島大学歯学部付属病院小児歯科外来に受診した障害者(児)の衛生統計学的研究-その1 患者の静的,動的状況について-, 障害者歯科, 13巻, 1号, pp. 3-10, 199207
  26. 福山型先天性筋ジストロフィー症患者の全身麻酔下集中歯科治療の1症例, 障害者歯科, 13巻, 1号, pp. 37-40, 199207
  27. 13トリソミー症候群の小児の全身麻酔の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 20巻, 4号, pp. 746-752, 19921015
  28. Kabuki make-up症候群を有する口蓋裂患者の麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 21巻, 1号, pp. 101-105, 19930115
  29. 血液希釈法を併用した貯血式自己血輸血の循環動態および酸素供給量に及ぼす影響, 日本歯科麻酔学会雑誌, 21巻, 2号, pp. 368-373, 19930401
  30. Effects of reactive oxygen species and related compounds on purified (Na+,K+)-ATPase activity from porcine cerebral cortex., Can-J-Physiol-Pharmacol., 72巻, Suppl.号, pp. P600, 19940701
  31. Effects of bifemelane on parkinsonism induced by 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP) in the common marmoset., Neurosci-Lett., 178巻, 1号, pp. 95-98, 19940801
  32. テスト肺を用いた笑気・酸素混合ガス中における気管内チューブのカフ内圧変動に関する実験的研究 カフ材質,初期カフ容量および特殊な大容量パイロットバルーンのカフ内圧に及ぼす影響, 日本歯科麻酔学会雑誌, 22巻, 4号, pp. 649-655, 19941001
  33. Antiparkinsonian activity of talipexole in MPTP-treated monkeys: in combination with L-dopa and as chronic treatment., Eur-J-Pharmacol., 264巻, 2号, pp. 117-123, 19941001
  34. Effect of hydrogen peroxide on guinea-pig ileal longitudinal smooth muscle contractility., Pathophysiology., 1巻, Suppl.号, pp. 473, 19941101
  35. Effects of GBR 12909 on locomotor activity and dopamine turnover in mice: comparison with apomorphine., Eur-J-Pharmacol., 272巻, 1号, pp. 79-85, 19950101
  36. 甲状腺機能低下と精神発達遅滞を合併した糖原病Ⅰ型患者に対する全身麻酔経験, 障害者歯科, 16巻, 1号, pp. 38-42, 19950115
  37. Involvement of N-methyl-D-aspartate (NMDA) receptors in noncompetitive NMDA receptor antagonist-induced hyperlocomotion in mice., Pharmacol-Biochem-Behav., 51巻, 2-3号, pp. 291-296, 19950601
  38. Comparative study of hydrogen peroxide and hydroperoxide compounds on contractility in guinea-pig ileal smooth muscle., J-Neurochem., 65巻, Suppl.号, pp. S166, 19950701
  39. Effect of nitric oxide-generating compounds on purified (Na+,K+)-ATPase activity from porcine cerebral cortex., J-Neurochem., 65巻, Suppl.号, pp. S54, 19950701
  40. Inhibition of purified (Na+,K+)-ATPase activity from porcine cerebral cortex by NO generating drugs., Brain-Res., 704巻, 1号, pp. 117-120, 19951201
  41. 全身麻酔後に主気管支の完全断裂が判明した交通外傷の1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 24巻, 5号, pp. 809-814, 19961015
  42. Inhibitory effect of several nitric oxide-generating compounds on purified (Na+,K+)-ATPase activity from porcine cerebral cortex., J-Neurochem., 68巻, 3号, pp. 1312-1318, 19970301
  43. Effects of ketamine on dopamine metabolism during anesthesia in discrete brain regions in mice: comparison with the effects during the recovery and subanesthetic phases., Brain-Res., 763巻, 2号, pp. 281-284, 19970701
  44. エアガイドイントロデューサ付き経鼻気管内チューブの使用経験, 歯科と麻酔, 11号, pp. 1-3, 19970901
  45. Inhibition by diazepam of ketamine-induced hyperlocomotion and dopamine turnover in mice., Can-J-Anaesth., 45巻, 5号, pp. 471-478, 19980501
  46. パーキンソン病の経皮吸収治療薬ーモデル動物および症例における検討ー, 日本神経精神薬理学雑誌, 18巻, 3号, pp. 81-87, 19980701
  47. 術前に呼吸停止をきたした頸髄損傷患者の全身管理経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 26巻, 3号, pp. 442-443, 19980701
  48. 鹿児島大学歯学部附属病院小児歯科外来に受診した障害者(児)の衛生統計学的研究(その2) 全身麻酔下集中歯科治療症例, 小児歯科学雑誌, 37巻, 1号, pp. 128-136, 19990301
  49. チオペンタール投与後上気道閉塞および開口困難となった小下顎症の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 27巻, 5号, pp. 624-625, 19991015
  50. 上顎嚢胞の術後精査で冠動脈肺動脈瘻が判明した1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 28巻, 1号, pp. 105-106, 20000101
  51. 再生不良性貧血患者の上顎嚢胞摘出術に対する全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 28巻, 2号, pp. 265-266, 20000401
  52. Evidence for GABA(A) receptor agonistic properties of ketamine: convulsive and anesthetic behavioral models in mice., Anesth-Analg., 91巻, 1号, pp. 230-236, 20000701
  53. 気管内チューブの鼻腔通過が困難であった2症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 28巻, 5号, pp. 604-605, 20001001
  54. 広島大学歯学部附属病院における11年間の全身麻酔症例の検討(平成元年~平成11年), 広島大学歯学雑誌, 32巻, 2号, pp. 83-88, 20001201
  55. 広島大学歯学部附属病院において5年間に歯科麻酔科が全身管理を行った局所麻酔下手術および歯科治療症例の検討, 広島大学歯学雑誌, 32巻, 2号, pp. 102-107, 20001201
  56. 全身麻酔中の保温処置による平均皮膚温の変動について, 日本歯科麻酔学会雑誌, 29巻, 2号, pp. 179-186, 20010415
  57. 歯科治療時の全身偶発症に対する歯科麻酔科による救急活動, 広島大学歯学雑誌, 33巻, 1号, pp. 84-87, 20010601
  58. 末梢血流量および皮膚温に及ぼす低濃度笑気の影響 ―アンケート結果との比較―, 広島大学歯学雑誌, 33巻, 1号, pp. 88-92, 20010601
  59. 過度の精神緊張により全身麻酔導入前および術後に多発性心室性期外収縮を呈した1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 29巻, 3号, pp. 402-403, 20010701
  60. Effects of volatile and intravenous anesthetics on the uptake of GABA, glutamate and dopamine by their transporters heterologously expressed in COS cells and in rat brain synaptosomes., Toxicol-Lett., 123巻, 1号, pp. 69-76, 20010801
  61. 脳内出血で発症したモヤモヤ病患者に対する歯科治療時の鎮静法による全身管理経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 29巻, 5号, pp. 629-630, 20011001
  62. 術後に肺炎を発症した気管支拡張症患者の1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 29巻, 5号, pp. 635-636, 20011001
  63. 重症喘息患者の歯科治療にセボフルランによる鎮静が有効であった1症例, 臨床麻酔, 25巻, 12号, pp. 1923-1924, 20011201
  64. Clinical recovery time from conscious sedation for dental outpatients., Anesth-Prog., 49巻, 4号, pp. 124-127, 20020401
  65. Effects of GABAergic agents on anesthesia induced by halothane, isoflurane, and thiamylal in mice., Pharmacol-Biochem-Behav., 72巻, 1-2号, pp. 111-116, 20020501
  66. 歯科治療時に一過性脳虚血発作を起こした2症例, 日本有病者歯科医療学会雑誌, 11巻, 2号, pp. 97-101, 20020801
  67. 広島県歯科医師会救急医療研修会におけるシミュレーション実習の導入とその効果, 広島歯科医学雑誌, 30巻, 1号, pp. 70-74, 20021201
  68. Effect of donepezil on group II mGlu receptor agonist- or antagonist-induced amnesia on passive avoidance in mice., Neural-Plast, 10巻, 4号, pp. 319-325, 20030401
  69. Effects of ovariectomy and calcium deficiency on learning and memory of eight-arm radial maze in middle-aged female rats., Behav-Brain-Res, 142巻, 1-2号, pp. 207-216, 20030601
  70. 拡張型心筋症に慢性呼吸不全を合併した患者の抜歯経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 31巻, 3号, pp. 297-298, 20030715
  71. Effects of steroid hormones on (Na+, K+)-ATPase activity inhibition-induced amnesia on the step-through passive avoidance task in gonadectomized mice, PHARMACOLOGICAL RESEARCH, 49巻, 2号, pp. 151-159, 200402
  72. Inhibitory effects of group II mGluR-related drugs on memory performance in mice, PHYSIOLOGY & BEHAVIOR, 80巻, 5号, pp. 747-758, 200402
  73. Effects of estradiol and progesterone on radial maze performance in middle-aged female rats fed a low-calcium diet, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 150巻, 1-2号, pp. 33-42, 20040402
  74. メビウス症候群にラッセルシルバー症候群を合併した上顎後退術症例に対する全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 32巻, 2号, pp. 278-279, 20040415
  75. Effect of pretraining administration of NC-1900, a vasopressin fragment analog, on memory performance in non- or CO2-amnesic mice, PHARMACOLOGY BIOCHEMISTRY AND BEHAVIOR, 78巻, 2号, pp. 309-317, 200406
  76. 広島大学病院に新たに開設した「あんしん歯科治療室」について, 広島大学歯学雑誌, 36巻, 1号, pp. 139-143, 20040601
  77. Facilitative effect of a novel AVP fragment analog, NC-1900, on memory retention and recall in mice., Peptides, 25巻, 7号, pp. 1139-1146, 20040701
  78. Ameliorative and Exacerbating Effects of [pGlu(4),Cyt(6)]AVP((4-9)) on Impairment of Step-Through Passive Avoidance Task Performance by Group II Metabotropic Glutamate Receptor-Related Drugs in Mice., J-Pharmacol-Sci., 97巻, 3号, pp. 437-442, 20050301
  79. Glutamate antagonists attenuate the action of NC-1900, a vasopressin fragment analog, on passive avoidance task performance in mice, PEPTIDES, 26巻, 5号, pp. 893-897, 200505
  80. 唾液中Chromogranin A測定の術前における不安評価への応用, 臨床麻酔, 29巻, 5号, pp. 825-830, 20050501
  81. 広島大学病院に新設した「あんしん歯科治療室」の現況について, 日本歯科麻酔学会雑誌, 33巻, 2号, pp. 295-296, 20050415
  82. Inhibition of serotonin transporters by cocaine and meprylcaine through 5-TH2C receptor stimulation facilitates their seizure activities, BRAIN RESEARCH, 1057巻, 1-2号, pp. 153-160, 20050928
  83. 空気動圧センサによる呼吸監視の試み, 広島大学歯学雑誌, 37巻, 2号, pp. 142-144, 20061201
  84. 広島大学病院「あんしん歯科治療室」における全身管理下歯科治療の現状, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 1号, pp. 52-57, 20060601
  85. 筋筋膜痛症候群による非歯原性歯痛の治療と診断, 広島歯科医学雑誌, 35巻, 1号, pp. 47-53, 20070301
  86. Effect of NC-1900, an active fragment analog of arginine vasopressin, and inhibitors of arachidonic acid metabolism on performance of a passive avoidance task in mice, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 560巻, 1号, pp. 36-41, 20070329
  87. An alternative approach to the monitoring of respiration by dynamic air-pressure sensor, Anesth-Prog, 54巻, 1号, pp. 2-6, 200704
  88. Inhibitory effect of cyclooxygenase inhibitors on the step-through passive avoidance performance in mice treated with NC-1900, an arginine-vasopressin fragment analog, METHODS AND FINDINGS IN EXPERIMENTAL AND CLINICAL PHARMACOLOGY, 29巻, 5号, pp. 315-320, 200706
  89. Effect of acetaminophen, a cyclooxygenase inhibitor, on Morris water maze task performance in mice, JOURNAL OF PSYCHOPHARMACOLOGY, 21巻, 7号, pp. 757-767, 200709
  90. MK-801 enhances gabaculine-induced loss of the righting reflex in mice, but not immobility, CANADIAN JOURNAL OF ANAESTHESIA-JOURNAL CANADIEN D ANESTHESIE, 54巻, 12号, pp. 998-1005, 200712
  91. ワルファリン内服患者の抜歯後において止血困難をきたした一症例, 広島歯科医学雑誌, 36巻, 2号, pp. 54-58, 20080301
  92. 歯科診療時、三叉迷走神経反射が原因で起きたとは考えにくい失神をきたした1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 36巻, 2号, pp. 188-189, 20080415
  93. 麻酔導入により急性心不全となり肥大型心筋症が判明したダウン症の1症例, 臨床麻酔, 32巻, 10号, pp. 1647-1650, 20081001
  94. 当初歯冠周囲炎が疑われた特発性血小板減少性紫斑病の1例, 広島歯科医学雑誌, 37巻, 1号, pp. 61-66, 20090301
  95. 塵肺と慢性閉塞性肺疾患を有する口腔癌患者に対しスーフルを使用した全身麻酔の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 39巻, 3号, pp. 306-307, 20110715
  96. 悪性リンパ腫によるリンパ節腫大により気管狭窄をきたした口腔外科全身麻酔の1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 39巻, 3号, pp. 320-321, 20110715
  97. 経頭蓋刺激運動誘発電位モニタリング下手術の全身麻酔時に使用するマウスピースの作製 医科歯科連携の重要性, 日本歯科麻酔学会雑誌, 40巻, 3号, pp. 309-311, 20120715
  98. 進行性骨化性線維異形成症患児に対する歯科治療の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 40巻, 3号, pp. 324-325, 20120715
  99. 医療連携患者における口腔管理の実際 -連携口腔ケアサポートチーム活動報告-, 広島大学歯学雑誌, 45巻, 1号, pp. 1-6, 20130601
  100. 広島大学病院あんしん歯科治療室においてミダゾラムとプロポフォールの併用で行った静脈内鎮静法の臨床統計学的検討, 広島大学歯学雑誌, 45巻, 2号, pp. 100-104, 20131201
  101. Phospholipase C-Related Catalytically Inactive Protein (PRIP) Regulates Lipolysis in Adipose Tissue by Modulating the Phosphorylation of Hormone-Sensitive Lipase, PLOS ONE, 9巻, 6号, 20140619
  102. An appropriate compression pace is important for securing the quality of hands-only CPR --a manikin study, Hiroshima J Med Sci, 63巻, 1-3号, pp. 7-11, 2014
  103. 情動に伴ってallodyniaが生じたと考えられた視床痛患者に対する口腔顔面領域の疼痛管理経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 42巻, 2号, pp. 204-207, 20140415
  104. ミトコンドリア脳筋症が疑われる患者に対し行った上下顎骨移動術の周術期全身管理経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 42巻, 3号, pp. 285-286, 20140715
  105. 全身麻酔下で歯科治療を行った多剤アレルギーを有する患者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 42巻, 5号, pp. 625-629, 20141015
  106. 下顎骨区域切除術および腓骨皮弁による再建術を行ったプロテインS欠乏症患者の周術期管理, 日本歯科麻酔学会雑誌, 42巻, 5号, pp. 642-643, 20141015
  107. 当院歯科麻酔科において障害者(児)に対し行った全身麻酔法および静脈内鎮静法の実態に関する臨床統計学的検討, 障害者歯科, 35巻, 4号, pp. 657-661, 20141031
  108. 局所麻酔薬の添加物によるアレルギーが疑われた患者の抜歯に歯科用3%メピバカインが有効であった1症例, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 1号, pp. 41-44, 20150601
  109. 上下顎骨移動術後に掌蹠膿疱症の症状増悪および甲状腺機能亢進症を発症したと考えられた1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 43巻, 5号, pp. 667-669, 20151015
  110. 当院で行った上下顎骨移動術での自己血輸血および術中管理に関する臨床統計学的検討, 日本歯科麻酔学会雑誌, 44巻, 1号, pp. 9-13, 20160115
  111. Phospholipase C-related Catalytically Inactive Protein Is a New Modulator of Thermogenesis Promoted by -Adrenergic Receptors in Brown Adipocytes, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 291巻, 8号, pp. 4185-4196, 20160219
  112. 感染性脳動脈瘤破裂後も未破裂脳動脈瘤が残存する患者に対し全身麻酔下で歯科治療を行った1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 44巻, 1号, pp. 23-25, 20160115
  113. 肥満を伴うRubinstein-Taybi症候群患者の全身麻酔下歯科治療における周術期管理経験, 障害者歯科, 37巻, 1号, pp. 42-47, 20160228
  114. 精神遅滞および注意欠陥・多動性障害を伴った先天性筋強直性ジストロフィー患者に対する周術期全身管理, 障害者歯科, 37巻, 1号, pp. 48-53, 20160228
  115. 多剤服用しているうつ病患者の歯科治療に対し全身麻酔を行った1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 44巻, 2号, pp. 210-212, 20160415
  116. 全身麻酔による間質性肺炎の急性増悪を避けるため、静脈内鎮静法下で口腔外科手術を行った1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 44巻, 2号, pp. 213-215, 20160415
  117. 心的外傷後ストレス障害を有するプロポフォール禁忌の患者の歯科治療に対しミダゾラムとデクスメデトミジン塩酸塩を併用した静脈内鎮静法が有効であった1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 44巻, 2号, pp. 216-218, 20160415
  118. 骨髄異形成症候群を合併した舌悪性腫瘍患者の周術期管理経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 44巻, 3号, pp. 324-326, 20160715
  119. 全身麻酔下歯科治療後、自傷行為とてんかん発作が増悪した自閉症スペクトラム障害患者の1例, 障害者歯科, 37巻, 4号, pp. 419-425, 20161031
  120. 当院における知的障害者に対する全身麻酔前スクリーニング検査の実施状況と今後について, 障害者歯科, 37巻, 4号, pp. 445-450, 20161031
  121. Phospholipase C-related catalytically inactive protein-knockout mice exhibit uncoupling protein 1 upregulation in adipose tissues following chronic cold exposure, JOURNAL OF ORAL BIOSCIENCES, 59巻, 2号, pp. 108-112, 201705
  122. A Case With Deteriorating Palmoplantar Pustulosis and Hyperthyroidism After Simultaneous Bimaxillary Orthognathic Surgery, Anesth Prog, 64巻, 3号, pp. 173-174, 20171001
  123. 本院障害者歯科における患者満足度調査の経年的変化とその分析(第三報), 広島大学歯学雑誌, 49巻, 1号, pp. 8-15, 20170601
  124. General anesthetic actions on GABA(A) receptors in vivo are reduced in phospholipase C-related catalytically inactive protein knockout mice, JOURNAL OF ANESTHESIA, 31巻, 4号, pp. 531-538, 201708
  125. 多職種との情報共有としての口腔環境アセスメント開発の試み(第1報) 広島大学病院における化学療法患者の口腔環境の評価をとおして, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 134-140, 20171201
  126. 肥満を伴った知的障害者に対し静脈内鎮静法と固定器具によるコントロール下で核磁気共鳴画像法(MRI)検査を行った1症例, 障害者歯科, 38巻, 1号, pp. 47-52, 20170228
  127. 片肺患者に対する下顎プレート除去術を静脈内鎮静法下に行った1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 45巻, 5号, pp. 657-659, 20171015
  128. 継続的な歯科治療と口腔衛生指導を行うことが可能であった統合失調症の1例, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 158-163, 20171201
  129. Propofol induced diverse and subtype-specific translocation of PKC families, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 137巻, 1号, pp. 20-29, 201805
  130. Management of an Internal Carotid Artery Injury Caused by a Displaced Titanium Plate With a Combination of Interventional Vascular Radiology and Surgery, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 76巻, 6号, pp. 1869-1872, 201806
  131. Effective Postoperative Analgesia Using Intravenous Flurbiprofen and Acetaminophen, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 76巻, 9号, pp. 1869-1872, 201809
  132. 頸部郭清術追加切除再開時に発作性心房細動をきたした1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 46巻, 2号, pp. 74-76, 20180401
  133. 入院下全身麻酔管理で抜歯術を行ったWilliams症候群患者の1例, 障害者歯科, 39巻, 2号, pp. 137-142, 20180601
  134. 身体症状症と身体型妄想性障害を伴う患者の口腔内の疼痛と妄想症状改善に歯科衛生士が行う口腔ケア介入が有効であった1例, 日本歯科心身医学会雑誌, 33巻, 1号, pp. 15-20, 20180625
  135. 慢性移植片対宿主病を合併した舌癌患者に対する長時間手術の周術期麻酔管理経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 46巻, 3号, pp. 130-132, 20180701
  136. SKF-10047, a prototype Sigma-1 receptor agonist, augmented the membrane trafficking and uptake activity of the serotonin transporter and its C-terminus-deleted mutant via a Sigma-1 receptor-independent mechanism, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 139巻, 1号, pp. 29-36, 201901
  137. 地域連携によりマウスガードの長期継続使用が可能となり自傷行為による咬傷が軽減したLesch-Nyhan症候群の1例, 障害者歯科, 40巻, 1号, pp. 7-13, 20190228
  138. 難治性てんかんのために迷走神経刺激装置が植え込まれた患者の抜歯における周術期全身麻酔管理の1例, 障害者歯科, 40巻, 1号, pp. 20-26, 20190228
  139. 舌腫瘍と胸腔鏡下肺悪性腫瘍の同時切除術を全身麻酔下に行った1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 48巻, 1号, pp. 19-21, 20200115
  140. 本院における知的能力障害者に対する全身麻酔下での第三大臼歯抜去術後の摂食困難な状況に影響を及ぼす因子についての臨床統計学的検討, 障害者歯科, 41巻, 1号, pp. 35-41, 20200228
  141. 麻酔導入時の気管支痙攣により換気困難をきたした1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 48巻, 2号, pp. 81-83, 20200415
  142. 広島大学病院障害者歯科における静脈内鎮静法の現状と臨床統計学的分析, 広島大学歯学雑誌,52巻1号,1-6,2020, 52巻, 1号, pp. 1-6, 20200601
  143. Component of nicotine-induced intracellular calcium elevation mediated through alpha 3-and alpha 5-containing nicotinic acetylcholine receptors are regulated by cyclic AMP in SH-SY 5Y cells, PLOS ONE, 15巻, 11号, 20201130
  144. Usefulness of Tranexamic Acid Administration During Sagittal Split Ramus Osteotomy, JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY, 32巻, 1号, pp. 273-276, 2021
  145. Syntaxin 3 interacts with serotonin transporter and regulates its function, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 145巻, 4号, pp. 297-307, 202104
  146. Pretreatment with High Mobility Group Box-1 Monoclonal Antibody Prevents the Onset of Trigeminal Neuropathy in Mice with a Distal Infraorbital Nerve Chronic Constriction Injury, MOLECULES, 26巻, 7号, 202104
  147. Expression of PRIP, a phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate binding protein, attenuates PI3K/AKT signaling and suppresses tumor growth in a xenograft mouse model, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 552巻, pp. 106-113, 20210507
  148. Efficacy of chest compressions performed on patients in dental chairs versus on the floor., Anesth-Prog, 68巻, 2号, pp. 85-89, 20210601

著書等出版物

  1. 1995年05月20日, 臨床歯科麻酔学 , 自律神経 (autonomic nerve), 永末書店, 1995年, 05, 教科書, 共編著, 日本語, 入舩 正浩 , 4-8160-1003-3
  2. 1997年06月, 第4版 歯科薬理学 , 全身麻酔薬 (general anesthetic), 医歯薬出版株式会社, 1997年, 06, 教科書, 共著, 日本語, 河原道夫、入舩正浩, 4-263-45370-0, 541, 117-128
  3. 1999年04月01日, 新訂版 臨床歯科麻酔学, 自律神経系 (autonomic nervous system), 永末書店, 1999年, 199904, 教科書, 共著, 日本語, 入舩正浩, 4-8160-1075-0
  4. 2001年02月, 第4版 歯科薬理学, 麻酔前投薬 Premedication, 医歯薬出版株式会社, 2001年, 02, 教科書, 共編著, 日本語, 河原 道夫、入舩 正浩, 4-263-45370-0, 541, 127-128
  5. 2005年03月20日, 第5版 歯科薬理学, 呼吸促進薬, 医歯薬出版, 2005年, 200503, 教科書, 共著, 日本語, 河原道夫、入舩正浩
  6. 2005年03月20日, 第5版 歯科薬理学, 筋弛緩薬, 医歯薬出版, 2005年03月20日, 200503, 教科書, 共編著, 日本語, 河原 道夫、入舩 正浩, 4-263-45582-7, 466, 359-362
  7. 2005年04月04日, 第3版 臨床歯科麻酔学, 神経生理(自律神経), 永末書店, 2005年, 200504, 教科書, 共著, 日本語, 入舩正浩, 4-8160-1146-3
  8. 2005年04月04日, 第3版 臨床歯科麻酔学, 酸塩基平衡, 永末書店, 2005年, 04, 教科書, 共編著, 日本語, 入舩正浩, 4-8160-1146-3, 399, 39-42
  9. 2011年03月25日, 第7版 歯科麻酔学, 全身麻酔薬の作用機序, 全身麻酔作用, 医歯薬出版, 2011年, 03, 教科書, 共編著, 日本語, 入舩正浩, 978-4-263-45642-2, 621, 254-257
  10. 2011年09月19日, 第4版 臨床歯科麻酔学, 生体のストレス反応, 永末書店, 2011年, 09, 教科書, 共編著, 日本語, 入舩正浩, 978-4-8160-1232-7, 419, 42-46
  11. 2014年10月, 歯科におけるくすりの使い方2015-2018, 気管支喘息, デンタルダイヤモンド社, 2014年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 978-4-88510-312-4 C3047
  12. 2014年10月, 歯科におけるくすりの使い方2015-2018, 脳血管障害, デンタルダイヤモンド社, 2014年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 978-4-88510-312-4 C3047
  13. 2018年10月01日, 歯科におけるくすりの使い方2019-2022, 高血圧症, デンタルダイヤモンド社, 2018年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 入舩 正浩, 978-4-88510-416-9, 431, 282-283
  14. 2018年10月01日, 歯科におけるくすりの使い方2019-2022, 虚血性心疾患, デンタルダイヤモンド社, 2018年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 入舩 正浩, 978-4-88510-416-9, 431, 284-285
  15. 2019年01月19日, 第5版 臨床歯科麻酔学, 局所麻酔薬, 永末書店, 2019年, 2019, 教科書, 共著, 日本語, 入舩正浩, 978-4-8160-1356-0, 254, 85-93
  16. 2019年01月19日, 第5版 臨床歯科麻酔学, 血管収縮薬, 永末書店, 2019年, 1, 教科書, 共著, 日本語, 入舩正浩, 978-4-8160-1356-0, 599, 93-95
  17. 2019年01月19日, 第5版 臨床歯科麻酔学, 痛みの定義, 永末書店, 2019年, 2019, 教科書, 共著, Japanese, 入舩正浩, 978-4-8160-1356-0, 254, 221
  18. 2019年01月19日, 第5版 臨床歯科麻酔学, 痛みの神経学的基礎, 永末書店, 2019年, 2019, 教科書, 共著, Japanese, 入舩正浩, 978-4-8160-1356-0, 254, 221-223
  19. 2019年02月20日, 第8版 歯科麻酔学, Ⅰ 全身麻酔の概念と方法, 医歯薬出版, 2019年, 2019, 教科書, 共著, 日本語, 吉田充広,入舩正浩, 978-4-263-45829-7, 599, 197-200

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Ketamine-induced hyperlocomotion associated with the increased dopamine turnover in the nucleus accumbens in mice., 入舩 正浩, The 25th anniversary international symposium on the status of ketamine in anesthesiology, 1989年06月, 招待, 英語, Ann Abor, Michigan, USA
  2. MK-801-induced hyperlocomotion associated with NMDA receptor antagonism in mice., 入舩 正浩, International symposium: Progress in neuroscience and psychiatry, 1994年10月, 招待, 英語, Hiroshima city, Japan
  3. ジストニアを呈する線条体黒質変性症疾患モデルサルの行動と神経組織化学変化, 入舩 正浩, 大脳基底核研究会, 2004年07月, 招待, 日本語, 松山市
  4. 全身麻酔作用におけるGABA神経およびグルタミン酸神経の役割, 入舩 正浩, 日本歯科麻酔学会, 2004年10月, 招待, 日本語, 東京
  5. 精神鎮静法の実際, 入舩 正浩, 第46回広島県歯科医学会・第91回広島大学歯学会, 2007年10月21日, 招待, 日本語, 広島市
  6. 麻酔科医に必要な歯科の知識, 入舩正浩, 日本麻酔科学会中国・四国支部第48回学術集会・教育講演, 2011年09月17日, 招待, 日本語, 広島市
  7. 血液希釈法の再検討(輸液剤による比較について), 入船正浩,城 茂治,水枝谷 渉,横山幸三,吉嶺真一郎, 第14回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 1986年10月14日, 通常, 日本語, 福岡市
  8. 晶質液による血液希釈法の循環動態、酸素供給量に及ぼす影響について, 入船正浩,横山幸三,城 茂治,水枝谷 渉, 第15回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 1987年10月22日, 通常, 日本語, 横浜市
  9. マウス自発運動に及ぼすケタミンの影響, 入船正浩,岩田真一,鳥入佳輝,清水隆雄,福田健夫, 第41回日本薬理学会西南部会, 1988年11月06日, 通常, 日本語, 熊本市
  10. マウスにおけるケタミンによるドーパミン代謝回転の促進と自発運動の更新, 入船正浩,岩田真一,清水隆雄、出水干二,福田健夫, 第19回日本神経精神薬理学会年会, 1989年10月25日, 通常, 日本語, 福岡市
  11. Ketamine-induced hyperlocomotion associated with the increased dopamine turnover in the nucleus accumbens in mice, Irifune M, Iwata S, Shimizu T, Izumi K, Fukuda T, The 11th International Congress of Pharmacology, 1990年07月04日, 通常, 英語, Amsterdam, The Netherlands
  12. マウス側坐核、線条体における3H-dopamineの遊離および取り込みに及ぼすketamineの影響, 入船正浩,清水隆雄,野元正弘,福田健夫, 第43回日本薬理学会西南部会, 1990年10月20日, 通常, 日本語, 米子市
  13. Ketamine-induced excitatory effects are inhibited by a dopamine receptor antagonist in mice, Irifune M, Fukuda T, Mietani W, The 6th International Dental Congress on Modern Pain Control, 1991年05月11日, 通常, 英語, Washington DC, USA
  14. ケタミンの運動亢進作用に及ぼす興奮性アミノ酸N-methyl-D-aspartateの影響, 入船正浩,水枝谷 渉, 第19回日本歯科麻酔学会総会, 1991年09月26日, 通常, 日本語, 松本市
  15. 興奮性アミノ酸のケタミン麻酔作用に及ぼす影響, 入船正浩,清水隆雄,野元正弘,福田健夫, 第21回日本神経精神薬理学会年会, 1991年11月01日, 通常, 日本語, 前橋市
  16. KetamineあるいはMK-801による運動亢進に及ぼすNMDAの影響, 入船正浩,清水隆雄,野元正弘,福田健夫, 第44回日本薬理学会西南部会, 1991年11月29日, 通常, 日本語, 佐賀市
  17. ケタミンの麻酔作用に及ぼすNMDA受容体作動薬および拮抗薬の影響, 入船正浩,清水隆雄,鳥入佳輝,野元正弘,福田健夫, 第65回日本薬理学会年会, 1992年03月24日, 通常, 日本語, 仙台市
  18. ドパミン神経に対する非競合的NMDA受容体拮抗薬の作用, 入船正浩,野元正弘, 第33回日本神経学会総会, 1992年05月21日, 通常, 日本語, 鹿児島市
  19. ケタミンの麻酔作用に及ぼすNMDA受容体作用薬と拮抗薬の影響, 入船正浩,横山幸三,椙山加綱,水枝谷 渉, 第20回日本歯科麻酔学会総会, 1992年09月23日, 通常, 日本語, 東京
  20. 非競合的NMDA受容体拮抗薬による運動亢進に及ぼすNMDAの役割, 入船正浩,清水隆雄,野元正弘,福田健夫, 第66回日本薬理学会年会, 1993年03月25日, 通常, 日本語, 横浜市
  21. MPTP処置マーモセットのパーキンソン病様症状に及ぼすtalipexole慢性投与の影響, 入船正浩,野元正弘,福田健夫, 第23回日本神経精神薬理学会年会, 1993年09月29日, 通常, 日本語, 東京
  22. 自発運動及びドパミン代謝回転に及ぼすドパミン取り込み阻害薬の影響, 入船正浩,鳥入佳輝,清水隆雄,野元正弘,福田健夫,西川殷維, 第46回日本薬理学会西南部会, 1993年11月26日, 通常, 日本語, 熊本市
  23. ケタミンのマウス運動亢進作用に及ぼすベンゾジアゼピン系薬物の影響, 入船正浩,横山幸三,椙山加綱,水枝谷 渉, 第23回日本歯科麻酔学会総会, 1995年10月08日, 通常, 日本語, 広島市
  24. 造血細胞移植期における口腔内環境評価, 西 裕美,黒田芳明,高本 愛,太田耕司,北川雅恵,菊重奈美,入舩正浩,大毛宏喜,栗原英見,一戸辰夫,小川哲次, 第36回日本造血細胞移植学会, 2014年03月07日, 通常, 日本語, 宜野湾市
  25. Mice lacking phospholipase C-related but catalytically inactive protein (PRIP) are protected from high-fat diet-induced obesity, Oue K, Irifune M, Kanematsu T, 第47回広島大学歯学会総会, 2014年06月21日, 通常, 英語, 広島市
  26. 麻酔前診察により甲状腺機能亢進症を発見し得た1症例, 小田 綾,吉田啓太,菊池友香,小川雄也,前谷有香,宇野珠世,山下美重子,好中大雅,安坂将樹,石井裕明,大植香菜,宮原岳史,宮内美和,向井明里,土井 充,清水慶隆,吉田充広,入舩正浩, 第29回中国・四国歯科麻酔研究会, 2014年07月21日, 通常, 日本語, 徳島市
  27. 静脈内鎮静下に抜歯を行ったヘモクロマトーシス心筋症患者の1例, 前谷有香,清水慶隆,石井裕明,宇野珠世,好中大雅,小川雄也,小田 綾,菊池友香,入舩正浩, 第29回中国・四国歯科麻酔研究会, 2014年07月21日, 通常, 日本語, 徳島市
  28. アミド型局所麻酔薬の皮内テスト時にアナフィラキシーを発症した1症例, 菊池友香,山下美重子,吉田啓太,小田 綾,小川雄也,前谷有香,宇野珠世,好中大雅,安坂将樹,石井裕明,大植香菜,宮原岳史,宮内美和,向井明里,土井 充,清水慶隆,吉田充広,入舩正浩, 第29回中国・四国歯科麻酔研究会, 2014年07月21日, 通常, 日本語, 徳島市
  29. 怒り顔の情動刺激は主観的な痛みを増強する, 土井 充, 吉村 晋平, 田中 圭介, 笹原 妃佐子, 入舩 正浩, 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 新潟市
  30. ヒトの認知特性が慢性痛と急性痛の主観的な痛みの強さに与える影響, 土井 充, 吉村 晋平, 田中 圭介, 笹原 妃佐子, 入舩 正浩, 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 新潟市
  31. ペントバルビタール鎮静下で侵害刺激により促進されたマウス側坐核ドパミン遊離は、正向反射消失下で抑制される, 石井 裕明, 入舩 正浩, 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 新潟市
  32. 長時間口腔外科手術を行った骨髄異形成症候群患者の周術期麻酔管理の一例, 前谷 有香, 清水 慶隆, 小田 綾, 菊池 友香, 石井 裕明, 向井 明里, 吉田 啓太, 入舩 正浩, 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 新潟市
  33. 麻酔管理の立案に苦慮した多剤アレルギーを有する患者の1例, 山下 美重子, 吉田 啓太, 宮内 美和, 菊池 友香, 好中 大雅, 向井 明里, 土井 充, 入舩 正浩, 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月12日, 通常, 日本語, 新潟市
  34. 全身麻酔下での眼科診察により糖尿病性網膜症が判明し、失明を回避し得た自閉症患者の一症例, 清水 慶隆,好中 大雅, 宮原 岳史, 西中村 亮, 土井 充, 向井 明里, 入舩 正浩, 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月12日, 通常, 日本語, 新潟市
  35. エナメル上皮腫に対し下顎骨離断術および腓骨皮弁による再建術を行ったプロテインS欠乏症患者の周術期麻酔管理, 向井 明里, 小川 雄也, 前谷 有香, 宇野 珠世, 好中 大雅, 吉田 啓太, 入舩 正浩, 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 新潟市
  36. Simulated training of hands-only CPR for dental students, Shimizu Y, Oue K, Yoshinaka T, Doi M, Yoshida M,Irifune M, The 7th Annual Meeting of the Federation of Asian Dental Anesthesiology Societies, 2014年10月11日, 通常, 英語, Niigata city, Japan
  37. Rubinstein-Taybi症候群患者の歯科治療に対する全身麻酔経験, 向井 明里, 好中 大雅, 宇野 珠世, 山下 美重子, 小田 綾, 吉田 啓太, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第31回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2014年11月15日, 通常, 日本語, 仙台市
  38. 当科での障害者に対する全身麻酔前スクリーニング検査の現況と今後の課題について, 吉田 啓太, 向井 明里, 小田 綾, 宇野 珠世, 山下 三重子, 好中 大雅, 神田 拓, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第31回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2014年11月15日, 通常, 日本語, 仙台市
  39. 脳卒中患者における口腔内細菌の影響, 西 裕美,細見直永,青木志郎,祢津智久,高本 愛,新谷智章,入舩正浩,大毛宏喜,松本昌泰,栗原英見, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月27日, 通常, 日本語, 広島市
  40. 褐色脂肪細胞のβアドレナリン受容体を介する熱産生のPRIPによる調節, 大植香菜,入舩正浩,兼松 隆, 第48回広島大学歯学会総会, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 広島市
  41. Pripノックアウトマウスにおける全身性炎症反応の分析, 前谷有香,山脇洋輔,入舩正浩,兼松 隆, 第48回広島大学歯学会総会, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 広島市
  42. 連携口腔ケアサポートチームにおける口腔カンジダ菌の分離状況, 高本 愛,西 裕美,太田耕司,小西 勝,吉岡幸男,杉山 勝,中岡美由紀,大毛宏喜,入舩正浩,栗原英見, 第12回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 下関市
  43. 注射に強い恐怖心を持つ患者に対し,ミダゾラム経口投与と笑気吸入鎮静法を併用して浸潤麻酔を行い得た1症例, 小田 綾,吉田啓太,向井明里,菊池友香,石井裕明,土井 充,清水慶隆,吉田充広,入舩正浩, 第30回中国・四国歯科麻酔研究会, 2015年06月28日, 通常, 日本語, 岡山市
  44. 歯科局所麻酔後,意識消失により救急搬送された既往のある有病高齢者に対し行った静脈内鎮静法下抜歯術の1症例, 好中大雅,吉田啓太,宮原岳史,小川雄也,宇野珠世,向井明里,土井 充,清水慶隆,吉田充広,入舩正浩, 第30回中国・四国歯科麻酔研究会, 2015年06月28日, 通常, 日本語, 岡山市
  45. 未破裂動脈瘤に対するコイル塞栓術前に全身麻酔下で下顎エナメル上皮腫摘出術を行った1症例, 向井友宏,吉田啓太,前谷 有香, 菊池友香,大植香菜,向井明里,土井 充,清水慶隆,吉田充広,入舩正浩, 第30回中国・四国歯科麻酔研究会, 2015年06月28日, 通常, 日本語, 岡山市
  46. 口腔衛生状態改善に伴い身体型妄想と身体化症状が改善した1症例, 矢野 加奈子, 土井 充, 吉野 敦雄, 神田 拓, 永安 慎太郎, 中岡 美由紀, 入舩 正浩, 第10回日本歯科衛生学会・学術大会, 2015年09月21日, 通常, 日本語, 札幌市
  47. Pharmacological effects of general anesthetics altered by the change of subunit composition of GABAA receptors, Hayashiuchi M, Yamawaki Y, Oue K, Harada K, Asano S, Irifune M, Okada M, Kanematsu T, The 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月23日, 通常, 英語, Hiroshima city, Japan
  48. The differences of electroencephalogram (EEG) pattern during sleep between human beings and mice, Yoshinaka T, Irifune M, The 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月23日, 通常, 英語, Hiroshima city,Japan
  49. マウスの脳波と筋電図に及ぼすプロポフォールの影響, 好中 大雅, 入舩 正浩, 第43回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 東京
  50. 左反回神経麻痺と顔面変形、気管変位を伴った神経線維腫症1型患者の全身麻酔経験, 大植 香菜,清水 慶隆, 入舩 正浩, 第43回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 東京
  51. 身体内受容感度の鋭敏性は慢性痛の一つの要因になる, 土井 充, 吉村 晋平, 笹原 妃佐子, 石井 裕明, 入舩 正浩, 第43回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 東京
  52. 当院で行った上下顎骨移動術における自己血輸血準備及び周術期麻酔管理に関する臨床統計学的検討, 宇野 珠世, 吉田 啓太, 小田 綾, 菊池 友香, 好中 大雅, 山下 美重子, 向井 明里, 清水 慶隆, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第43回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2015年11月01日, 通常, 日本語, 東京
  53. 術後の顎プレート破断による内頸動脈損傷をIVR手術により救命し得た1症例, 清水 慶隆, 小田 綾, 佐伯 昇, 大植 香菜, 宮原 岳史, 土井 充, 向井 明里, 吉田 啓太, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第43回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2015年11月01日, 通常, 日本語, 東京
  54. 精神遅滞と注意欠陥多動性障害を伴った先天性筋強直性ジストロフィー患者に対する周術期麻酔管理, 小田 綾,吉田 啓太, 向井 友宏, 宇野 珠世, 好中 大雅, 向井 明里, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第32回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2015年11月07日, 通常, 日本語, 名古屋市
  55. 高度肥満を合併した精神遅滞患者に対する全身麻酔経験, 林内優樹,山脇洋輔,大植 香菜,原田佳枝,浅野智志,前谷 有香,入船 正浩,岡田 貢,兼松 隆, 第54回広島県歯科医学会・第99回広島大学歯学会, 2015年11月08日, 通常, 日本語, 広島市
  56. cAMPによるα3α5型ニコチン受容体機能の調整, 宇野 珠世, 田中 茂, 宮城達博,秀 和泉, 白藤俊彦,酒井規雄, 入舩 正浩, 第54回広島県歯科医学会・第99回広島大学歯学会, 2015年11月08日, 通常, 日本語, 広島市
  57. 当科で行っている上下顎骨移動術における自己血輸血準備及び低血圧麻酔管理についての臨床統計学的検討, 吉田 啓太, 宇野 珠世,向井 友宏,小田 綾, 菊池 友香,小川雄也,前谷 有香,好中 大雅, 石井裕明,大植 香菜,宮原 岳史,向井 明里,土井 充,清水 慶隆,吉田 充広, 入舩 正浩, 第54回広島県歯科医学会・第99回広島大学歯学会, 2015年11月08日, 通常, 日本語, 広島市
  58. The analgesic effect of flurbiprofen with fentanil or with acetaminophen, Yoshida M, Shimizu Y, Yoshida K, Mukai A, Doi M, Irifune M, 94th General Session & Exhibition of The IADR, 2016年06月24日, 通常, 英語, Seoul city, Republic of Korea
  59. 突発性間質性肺炎患者に対しミダゾラム、デクスメデトミジン及びフェンタニルを使用した静脈内鎮静法下に口腔外科手術を行った1例, 今村芹佳,吉田啓太,向井友宏,菊池友香,前谷有香,高橋珠世,大植香菜,宮内美和,清水慶隆,西中村 亮,入舩正浩, 第31回中国・四国歯科麻酔研究会, 2016年07月31日, 通常, 日本語, 広島市
  60. 鎮静や全身麻酔中の侵害刺激時に脳内で何が起きているか?, 入舩正浩,好中大雅,石井裕明, 第31回中国・四国歯科麻酔研究会, 2016年07月31日, 通常, 日本語, 広島市
  61. 混合性結合組織病に伴う三叉神経障害の痛みにより12歯が抜歯されていた患者に対する疼痛治療経験, 佐々木詩佳,土井 充,小田 綾, 前谷有香,小川雄也,好中大雅,石井裕明,向井明里,吉田充広,入舩正浩, 第31回中国・四国歯科麻酔研究会, 2016年07月31日, 通常, 日本語, 広島市
  62. 身体型妄想と身体化症状を有する患者に歯科衛生士が介入した1症例, 矢野 加奈子, 土井 充, 吉野 敦雄, 入舩 正浩, 第11回日本歯科衛生学会・学術大会, 2016年09月18日, 通常, 日本語, 広島市
  63. 肥満を伴った知的障害患者に対し静脈内鎮静下で核磁気共鳴画像法(MRI)検査を行った1症例, 小田 綾, 吉田 啓太, 向井 友宏, 高橋 珠世, 好中 大雅, 向井 明里, 神田 拓, 尾田 友紀, 吉田 充広, 岡田 貢, 入舩 正浩, 第33回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2016年10月02日, 通常, 日本語, 大宮市
  64. Prip遺伝子欠損マウスにおけるGABA作動性麻酔薬の作用変化, 林内 優樹, 岡田 貢, 兼松 隆, 入舩 正浩, 第33回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2016年10月02日, 通常, 日本語, 大宮市
  65. 歯科治療の周術期麻酔管理でのRett症候群患者に対する行動調整, 向井 明里, 向井 友宏, 高橋 珠世, 好中 大雅, 小田 綾, 末松 美玲, 吉田 啓太, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第33回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2016年10月02日, 通常, 日本語, 大宮市
  66. 実行注意機能の低下は舌痛症を慢性化させる, 土井 充, 吉村 晋平, 石井 裕明, 入舩 正浩, 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2016年10月30日, 通常, 日本語, 札幌市
  67. 全身麻酔下口腔外科手術を契機に発見された潜在性洞不全症候群(SSS)の1例, 宮内 美和, 佐々木 詩佳, 今村 芹佳, 向井 友宏, 吉田 啓太, 向井 明里, 清水 慶隆, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2016年10月29日, 通常, 日本語, 札幌市
  68. GABAA受容体サブユニット構成の違いによる全身麻酔薬の薬理効果の相違, 林内 優樹, 好中 大雅, 大植 香菜, 尾田 友紀, 入舩 正浩, 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2016年10月29日, 通常, 日本語, 札幌市
  69. GABAA受容体作動薬投与による全身麻酔下では、痛み刺激は脳波を覚醒へ向わせる, 好中 大雅菊池 友香, 小川 雄也, 林内 優樹, 入舩 正浩, 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2016年10月29日, 通常, 日本語, 札幌市
  70. 依存形成に関与するα3α5型ニコチン受容体機能のcAMPによる調整, 高橋 珠世,入舩 正浩, 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2016年10月30日, 通常, 日本語, 札幌市
  71. Bentall手術とMaze手術が予定された患者の抜歯術に対し行った周術期全身管理, 小田 綾, 吉田啓太, 今村 芹佳, 佐々木 詩佳, 高橋 珠世, 向井 明里, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2016年10月30日, 通常, 日本語, 札幌市
  72. 入院が自傷行為を増悪した自閉症患者の一例, 尾田 友紀, 林内 優樹,藤野 陽子, 松本 幸一郎, 吉田啓太,和木田敦子,入舩 正浩,岡田 貢, 第55回広島県歯科医学会・第100回広島大学歯学会, 2016年10月30日, 通常, 日本語, 広島市
  73. Overexpression of PRIP in MCF-7 cells, a breast cancer cell line, enhances cisplatin-induced apoptosis, Maetani Y, Asano S, Irifune M, Kanematsu T, 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月17日, 通常, 英語, 広島市
  74. 交通外傷により多臓器損傷を受けた患者に対し全身麻酔下で口腔外科手術を行った1例, 河内貴弘,吉田充広,小川雄也,向井明里,本池芹佳,佐々木詩佳,小田 綾,大植香菜,吉田啓太,土井 充,清水慶隆,入舩正浩, 第32回中国・四国歯科麻酔研究会, 2017年07月23日, 通常, 日本語, 徳島市
  75. ラット脊髄後角神経からのサブスタンスP遊離に及ぼす静脈麻酔薬の影響, 向井友宏,小川雄也,入舩正浩, 第32回中国・四国歯科麻酔研究会, 2017年07月23日, 通常, 日本語, 徳島市
  76. カラゲナン誘発性ラット慢性咬筋筋痛モデル, 吉田充広,向井明里,吉田啓太,土井 充,清水慶隆,入舩正浩, 第32回中国・四国歯科麻酔研究会, 2017年07月23日, 通常, 日本語, 徳島市
  77. 口底部巨大甲状舌管嚢胞により気管挿管に難渋した小児の麻酔経験, 大植 香菜, 佐々木 詩佳, 本池 芹佳, 河内 貴弘, 吉田 啓太, 清水 慶隆, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第45回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2017年10月15日, 通常, 日本語, 松本市
  78. 難治性てんかんのために植込み型迷走神経刺激装置が装着された重度精神遅滞患者の抜歯における周術期全身麻酔管理の1例, 向井 明里, 高橋 珠世, 好中 大雅, 小田 綾, 向井 友宏, 大植 香菜, 吉田 啓太, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第34回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 福岡市
  79. 12年間の継続的なマウスガードの使用に伴い自傷行為が減少したLesch-Nyhan症候群の1例, 尾田 友紀, 古谷 千昌, 万徳 千智, 吉田 啓太, 向井 明里, 好中 大雅, 小田 綾, 向井 友宏, 和木田 敦子, 神田 拓, 林 文子, 海原 康孝, 入舩 正浩, 香西 克之, 第34回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 福岡市
  80. 統合失調症患者に対し継続的な歯科治療と口腔衛生指導を行うことで、QOLを向上することができた1症例, 古谷 千昌, 尾田 友紀, 万徳 千智, 林内 優樹, 吉田 啓太, 向井 友宏, 和木田 敦子, 神田 拓, 海原 康孝, 入舩 正浩, 香西 克之, 第34回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 福岡市
  81. 重度慢性腎不全を伴った知的障害患者に対し全身麻酔法を回避し、静脈内鎮静法下で歯科処置を行った1症例, 向井 友宏, 吉田 啓太, 古谷 千昌, 小田 綾, 高橋 珠代, 好中 大雅, 向井 明里, 尾田 友紀, 入舩 正浩, 第34回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2017年10月29日, 通常, 日本語, 福岡市
  82. コルネリアデランゲ症候群患者に対し静脈内鎮静法下で歯科治療を行った1症例, 小田 綾, 吉田 啓太, 向井 友宏, 高橋 珠世, 向井 明里, 古谷 千昌, 尾田 友紀, 入舩 正浩, 第34回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2017年10月29日, 通常, 日本語, 福岡市
  83. Prediction of prognosis following perioperative dental injury - comparison of anesthesiologists and dentists, Saeki N, Shimizu Y, Yoshida M, Yoshida K, Moriwaki N, Kawamoto M, Irifune M, The International Anesthesia Research Society (IARS) 2018 Annual Meeting and International Science Symposium, 2018年05月01日, 通常, 英語, Chicago, Illinois, USA
  84. Dental treatment performed for Cornelia de Lange syndrome patient under intravenous sedation and physical restraint, Oda A, Mizota Y, Shimizu C, Oda Y, Irifune M, The 24th International Association for Disability & Oral Health Congress, 2018年08月31日, 通常, 英語, Dubai
  85. PRIP modulates AKT-GSK3β signaling and regulates cell cycle progression, Maetani Y, Asano S, Irifune M, Kanematsu T, 第51回広島大学歯学会総会, 2018年06月09日, 通常, 英語, 広島市
  86. 無症候性もやもや病とてんかんを有する知的障碍者に対し全身麻酔下に抜歯を行った1例, 高橋珠世,向井明里,吉田啓太,向井友宏,小田 綾,河内貴弘,大植香菜,清水慶隆,吉田充広,入舩正浩, 第33回中国・四国歯科麻酔研究会, 2018年09月02日, 通常, 日本語, 岡山市
  87. メタンフェタミンの鎮痛作用におけるノルアドレナリン神経の関与:ホルマリンテストによる検討, 小田 綾,入舩正浩, 第33回中国・四国歯科麻酔研究会, 2018年09月02日, 通常, 日本語, 岡山市
  88. 全身麻酔下で頸部郭清手術を行った妊娠患者の1例, 吉田充広,小川雄也,大植香菜,向井明里,吉田啓太,土井 充,清水慶隆,入舩 正浩, 第33回中国・四国歯科麻酔研究会, 2018年09月02日, 通常, 日本語, 岡山市
  89. メタンフェタミンの鎮痛効果におけるドパミン神経とノルアドレナリン神経の関与:ホルマリンテストおよび脳マイクロダイアリシス法による検討, 小田 綾,入舩正浩, 第57回広島県歯科医学会・第102回広島大学歯学会, 2018年09月20日, 通常, 日本語, 広島市
  90. デンタルチェアーの違いが胸骨圧迫の有効性に及ぼす影響, 清水慶隆,貞森拓磨,好中大雅, 大植 香菜,河内貴弘,向井友宏,宇野珠世,前谷有香,小田 綾,菊池友香,本池芹佳, 佐々木詩佳, 吉田啓太,土井 充,向井明里,吉田充広,入舩正浩, 第57回広島県歯科医学会・第102回広島大学歯学会, 2018年09月20日, 通常, 日本語, 広島市
  91. 各種神経作動薬による行動薬理作用と脳波・筋電位変化の関係解析, 菊池友香, 好中大雅, 入舩正浩, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 奈良市
  92. メタンフェタミンの鎮痛作用におけるドパミン神経の関与:ホルマリンテストによる検討, 小田 綾, 入舩正浩, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 奈良市
  93. 舌痛症患者の安静時唾液分泌量は破局的思考が強いほど減少する, 土井 充, 佐々木詩佳, 本池芹佳, 河内貴弘, 岡田美穂, 吉田充広, 入舩正浩, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2018年10月05日, 通常, 日本語, 奈良市
  94. 異物により気管チューブが閉塞され換気困難を生じた自閉スペクトラム症患者の一例, 濱 陽子, 宮内美和, 大石瑞希, 岡田紗夜, 山本真紀, 沖野恵梨, 小川雄也, 入舩正浩, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2018年10月05日, 通常, 日本語, 奈良市
  95. 未破裂脳動脈瘤および高血圧を合併した脊髄小脳変性症患者の口腔外科手術における全身麻酔経験, 高橋珠世, 吉田啓太, 河内貴弘, 本池芹佳, 佐々木詩佳, 向井友宏, 小田 綾, 菊池友香, 大植香菜, 向井明里, 清水慶隆, 入舩正浩, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2018年10月05日, 通常, 日本語, 奈良市
  96. 歯科治療後に気管挿管管理の既往がある遺伝性血管性浮腫患者に対し静脈内鎮静法下に抜歯を行った1例, 向井明里,小川雄也, 河内貴弘, 向井友宏, 佐々木詩佳, 本池芹佳, 前谷有香, 吉田啓太, 吉田充広, 入舩正浩, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2018年10月05日, 通常, 日本語, 奈良市
  97. 高度肥満および知的障害を伴う自閉スペクトラム症患者に対し意識下静脈内鎮静法下で歯科治療を行ない得た1症例, 尾田友紀, 吉田啓太, 小田 綾, 向井友宏, 好中大雅, 高橋珠世, 大植香菜, 向井明里, 入舩正浩, 岡田芳幸, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2018年10月05日, 通常, 日本語, 奈良市
  98. 知的障害者に対する全身麻酔下歯科治療後の摂食状況に関する臨床統計学的研究, 高橋珠世, 吉田 啓太, 向井友宏, 小田 綾, 好中大雅, 大植香菜, 向井明里, 吉田充広, 清水千昌, 溝田結日, 渡 真由子, 時数智子, 尾田友紀, 岡田芳幸, 第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2018年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  99. 全身麻酔を回避し、物理的行動調整下歯科治療を行ったジュベール症候群患者の1症例, 尾田友紀, 清水千昌, 吉田啓太, 小田 綾, 向井友宏, 向井明里, 大石瑞希, 岡田紗夜, 山本真紀, 濱 陽子, 宮内美和, 新谷宏規, 三戸敦史, 入舩正浩, 岡田芳幸, 第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2018年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  100. 重度知的能力障害者のセルフケア能力、介助者の環境の変化に従い口腔衛生指導を継続的に修正し改善に至った1例, 溝田結日, 清水千昌, 和木田敦子, 渡 真由子, 時数智子, 森本千智, 林 文子, 小田 綾, 向井友宏, 向井明里, 吉田啓太, 中岡美由紀, 尾田友紀, 入舩正浩, 岡田芳幸, 第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2018年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  101. 複数の基礎疾患を有する認知症患者に対しデクスメデトミジンとプロポフォールによる静脈内鎮静法下に抜歯を行った1例, 向井明里, 向井友宏, 小田 綾, 河内貴弘, 高橋珠世, 大植香菜, 吉田 啓太, 清水千晶, 尾田友紀, 岡田芳幸, 入舩正浩, 第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  102. 知的能力障害を有する第一第二鰓弓症候群患者における鼻口蓋管嚢胞の1例, 清水千昌, 尾田友紀, 森本千智, 溝田結日, 渡 真由子, 時数智子, 和木田敦子, 林 文子, 小田 綾, 向井友宏, 向井明里, 吉田啓太, 海原康孝, 入舩正浩, 岡田芳幸, 第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  103. 局所麻酔薬に全身的有害事象の既往があった自閉スペクトラム症患者に対し歯科治療を行った1症例, 向井友宏,吉田啓太, 清水千昌, 溝田結日, 渡 真由子, 小田 綾, 高橋珠世, 好中大雅, 大植 香菜, 向井明里, 時数智子, 尾田友紀, 岡田芳幸, 入舩正浩, 第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  104. Perioperative anesthesia management for an autism spectrum disorder patient who was thought to be difficult to be hospitalized., Oda A, Yoshida K, Kouch T, Mukai T, Kikuchi Y, Takahashi T, Yoshinaka T, Oue K, Mukai A, Shimizu C, Oda Y, Okada Y, Irifune M, The Asia Association for Disability and Oral Health, 2019年04月12日, 通常, 英語, Kaohsiung City, Taiwan
  105. The effect of tranexamic acid during sagittal split ramus osteotomy., Yoshida M, Ono S, Shimizu Y, Yoshida K, Mukai A, Doi M, Irifune M, 97th International Association for Dental Research General Session, 2019年06月20日, 通常, 英語, Vancouver, Canada
  106. GABA神経作動薬によるマウスの不動化は脳波解析による中枢神経抑制の強さと関係するか?-propofolとgabaculineの比較-, 入舩正浩,好中大雅,向井明里, 第34回中国・四国歯科麻酔研究会, 2019年07月28日, 通常, 日本語, 広島市
  107. 舌腫瘍と胸腔鏡下肺悪性腫瘍の同時切除術を全身麻酔下に行った1例, 今戸瑛二,清水慶隆,佐伯 昇,好中大雅,小田 綾,前谷有香,大植香菜,向井明里,吉田充広,入舩正浩, 第34回中国・四国歯科麻酔研究会, 2019年07月28日, 通常, 日本語, 広島市
  108. 全身麻酔導入中の気道確保困難により手術を中止した1症例, 好中大雅,高橋珠世,小川雄也,河内貴弘,佐々木詩佳,本池芹佳,向井友宏,菊池友香,大植 香菜,向井明里,土井 充,清水慶隆,吉田充広,入舩正浩, 第34回中国・四国歯科麻酔研究会, 2019年07月28日, 通常, 日本語, 広島市
  109. 抗精神病薬を内服する知的障害者に対する静脈内鎮静法下での至適鎮静時平均動脈圧に関する研究, 尾田 友紀, 吉田 啓太, 好中 大雅, 大植 香菜, 小田 綾, 向井 友宏, 濱 陽子, 宮内 美和, 入舩 正浩, 岡田 芳幸, 第47回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2019年10月26日, 通常, 日本語, 岡山市
  110. GABA神経作動薬によるマウスの不動化は脳波解析による中枢神経抑制の強さとは無関係である, 好中大雅, 向井明里,入舩正浩, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2019年10月26日, 通常, 日本語, 岡山市
  111. 当院障害者歯科外来における静脈内鎮静下歯科治療の現況, 尾田 友紀, 吉田 啓太, 小田 綾, 向井 友宏, 向井 明里, 今戸 瑛二, 高橋 珠世, 渡 真由子, 入舩 正浩, 岡田 芳幸, 第46回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2019年10月26日, 通常, 日本語, 岡山市
  112. デクスメデトミジン塩酸塩にミダゾラムを併用した静脈内鎮静法管理症例の臨床統計学的研究, 小田 綾, 吉田 啓太, 向井 友宏, 菊池 友香, 好中 大雅, 高橋 珠世, 大植 香菜, 向井 明里, 入舩 正浩, 2019年10月26日, 通常, 日本語, 岡山市
  113. 本院障害者歯科で行った物理的コントロール併用意識下静脈内鎮静法管理症例に対する臨床統計学的研究, 小田 綾, 尾田 友紀, 吉田 啓太, 河内 貴弘, 向井 友宏, 好中 大雅, 高橋 珠世, 大植 香菜, 向井 明里, 古谷 千昌, 岡田 芳幸, 入舩 正浩, 第36回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2019年11月24日, 通常, 日本語, 岐阜市
  114. 嚥下障害を伴う脳性麻痺患児の全身麻酔下歯科治療後食塊による窒息予防に嚥下機能評価が有効であった1例, 向井 明里, 好中 大雅, 高橋 珠世, 向井 友宏, 小田 綾, 菊池 友香, 河内 貴弘, 今戸 瑛二, 大植 香菜, 吉田 充広, 清水 千昌, 尾田 友紀, 岡田 芳幸, 入舩 正浩, 第36回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2019年11月24日, 通常, 日本語, 岐阜市
  115. 眼窩下神経慢性絞扼モデルマウスに対する神経傷害部位へのHMGB1中和抗体投与は三叉神経領域における疼痛様行動を抑制する, 河内 貴弘、中村 庸輝、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、入舩 正浩、森岡 徳光, 第93回日本薬理学会年会, 2020年03月16日, 通常, 日本語, 横浜市
  116. SNAREタンパク質Syntaxin3がセロトニントランスポーターの機能制御に与える影響, 本池 芹佳、田口 慧、卜部 智晶、原田 佳奈、秀 和泉、田中 茂、入舩 正浩、酒井 規雄, 第93回日本薬理学会年会, 2020年03月17日, 通常, 日本語, 横浜市
  117. High mobility group box-1は三叉神経ニューロパチーを誘発する, 中村 庸輝, 河内 貴弘, 中島 一恵, 劉 克約, 和氣 秀徳, 西堀 正洋, 入舩 正浩, 森岡 徳光, 日本薬学会第140年会, 2020年03月26日, 通常, 日本語, 京都市
  118. 舌痛症患者における口腔機能検査とその解析, 土井 充, 北川 雅恵, 新谷 智章, 柴 秀樹, 入舩 正浩, 第13回日本口腔検査学会, 2020年10月05日, 通常, 日本語, 東京都
  119. セロトニントランスポーターのSNAREタンパク質Syntaxin3による機能制御, 本池 芹佳,入舩正浩, 第48回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2020年10月10日, 通常, 日本語, 徳島市
  120. 鎮静管理下歯科治療時に気道から発生する呼吸音と歯科治療ノイズの音響解析, 大植 香菜, 清水 慶隆, 好中 大雅, 入舩 正浩, 第48回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2020年10月10日, 通常, 日本語, 徳島市
  121. 植込み型除細動器を植え込まれた血液透析患者に対し行われた舌腫瘍切除術時の全身管理経験, 向井 明里, 好中 大雅, 新田 和代, 本池 芹佳, 前谷 有香, 小川 雄也, 高橋 珠世, 大植 香菜, 土井 充, 清水 慶隆, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第48回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2020年10月10日, 通常, 日本語, 徳島市
  122. 術中高度徐脈により経皮ペーシングを必要とした洞不全症候群患者の周術期管理経験, 好中 大雅, 向井 明里, 今戸 瑛二, 河内 貴弘, 佐々木 詩佳, 向井 友宏, 菊池 友香, 大植 香菜, 土井 充, 清水 慶隆, 吉田 充広, 入舩 正浩, 第48回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2020年10月10日, 通常, 日本語, 徳島市
  123. 甲状腺腫瘍により気管が狭窄した患者の挿管に対しMcGRATH TM MACと気管支ファイバーの併用が有用であった1症例, 菊池 友香, 入舩 正浩, 第48回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2020年10月10日, 通常, 日本語, 徳島市
  124. 脳性麻痺患者に磁性アタッチメントを利用したオーバーデンチャーを応用した1例, 尾田 友紀, 古谷 千昌, 宮原 康太, 宮崎 裕則, 高島 慎輔, 和木田 敦子, 渡 真由子, 溝田 結日, 神田 拓, 吉田 啓太, 小田 綾, 向井 友宏, 須田 修二, 入舩 正浩, 岡田 芳幸, 第37回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2020年11月13日, 通常, 日本語, 横須賀市
  125. 脳性麻痺患者に対し側頭筋筋活動測定装置を用いた睡眠時ブラキシズムの定量解析を行った1例, 大植 香菜, 尾田 友紀, 古谷 千晶, 高橋 珠世, 好中 大雅, 向井 明里, 今戸 瑛二, 向井 友宏, 小田 綾, 菊池 友香, 河内 貴弘, 吉田 充広, 岡田 芳幸, 入舩 正浩, 第37回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 2020年11月13日, 通常, 日本語, 横須賀市
  126. ラット脊髄後角神経からのサブスタンスP遊離に及ぼす麻酔関連薬の影響:in vitroおよびin vivo実験による検討, 向井 友宏,佐々木 詩佳,今戸 瑛二, 入舩 正浩, 第59回広島県歯科医学会・第104回広島大学歯学会例会, 2020年11月15日, 通常, 日本語, 広島市
  127. 電子聴診器とAI解析診断システムを用いた嚥下機能評価の試み, 大植 香菜, 清水 慶隆, 鈴木 一真, 大下 慎一郎, 佐伯 昇, 貞森 拓磨, 堤 保夫, 志馬 伸朗, 入舩 正浩, 第31回日本臨床モニター学会, 2020年11月21日, 通常, 日本語, 東京都
  128. 三叉神経ニューロパチー発症に対する抗 high mobility group box-1 中和抗体の予防効果, 中村 庸輝,河内 貴弘,中島 一恵,劉 克約,和氣 秀徳,西堀 正洋,入舩 正浩,森岡 徳光, 第42回日本疼痛学会年会, 2020年12月14日, 通常, 日本語, 東京都

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体拮抗薬の興奮作用に関する研究, 1994年, 1995年
  2. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), オピオイドの各種神経化学伝達物質遊離におよぼす影響, 1994年, 1995年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 全身麻酔におけるGABA神経の役割:脳マイクロダイアリシス法による研究, 1998年, 1999年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 全身麻酔におけるGABA神経およびグルタミン酸神経の役割, 2001年, 2002年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ドパミントランスポーターの調節機構と神経疾患における役割 -特にアラキドン酸による調節-, 2001年, 2002年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 全身麻酔薬による鎮痛・不動化作用の機序解明と新しい麻酔法の探索, 2006年, 2007年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 全身麻酔要素である鎮痛・不動化作用におけるサブスタンスPの役割, 2008年, 2010年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 全身麻酔要素である鎮痛・筋弛緩・不動化における脊髄痛覚・運動ニューロンの役割解明, 2011年, 2013年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ドパミン受容体サブタイプの選択的リガンドを応用した新しい全身麻酔法の開発, 2012年, 2014年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 下行性鎮痛系の増強を応用した新しい全身麻酔法の開発:5-HT受容体リガンドの活用, 2015年, 2017年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 側坐核のドパミン神経刺激による下行性鎮痛系の増強を応用した新しい全身麻酔法の開発, 2018年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島県病院歯科連絡協議会理事, 2013年09月, 2015年06月, (社)広島県歯科医師会
  2. 広島口腔保健センター建設・運営に関わる診療,設計関連検討ワーキンググループ会議委員, 2013年09月, 2014年03月, (社)広島県歯科医師会
  3. 広島口腔保健センター建設・運営に関わる人財確保,育成検討ワーキンググループ会議委員, 2013年09月, 2014年03月, (社)広島県歯科医師会
  4. 歯学系CBT実施小委員会ブラッシュアップ専門部会委員, 2013年04月, 2014年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  5. 歯学系CBT実施小委員会委員, 2013年04月, 2015年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  6. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, IGL医療専門学校
  7. 病院歯科との連携体制構築に関する検討会議委員, 2013年07月, 2014年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  8. 歯学系CBT実施小委員会ブラッシュアップ専門部会委員, 2014年04月, 2015年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  9. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, IGL医療専門学校
  10. 周術期における口腔機能管理のための医科歯科連携推進会議委員, 2014年05月, 2015年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  11. 歯学系CBT実施小委員会委員, 2015年04月, 2017年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  12. 歯学系CBT実施小委員会ブラッシュアップ専門部会委員, 2015年04月, 2016年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  13. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, IGL医療福祉専門学校
  14. 歯科保健医療サービス提供困難者に対する歯科保健環境整備事業委員, 2015年04月, 2016年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  15. 共用試験歯学系CBTモニター委員, 2015年04月, 2017年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  16. 歯学系CBTブラッシュアップ専門部会委員, 2016年04月, 2017年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  17. 非常勤講師, 2016年04月, 2017年03月, IGL医療福祉専門学校
  18. 歯科保健医療サービス提供困難者に対する歯科保健環境整備事業委員, 2016年05月, 2017年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  19. 非常勤講師, 2017年04月, 2018年03月, 日本歯科大学新潟生命歯学部
  20. 非常勤講師, 2017年04月, 2018年03月, IGL医療福祉専門学校
  21. 歯学系CBT実施小委員会委員, 2017年04月, 2019年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  22. 非常勤講師, 2018年04月, 2019年03月, 日本歯科大学
  23. 歯学系CBTブラッシュアップ専門部会委員, 2018年04月, 2019年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  24. IGL医療福祉専門学校, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤講師
  25. 歯学系CBTブラッシュアップ専門部会委員, 2019年04月, 2020年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  26. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, IGL医療福祉専門学校
  27. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, 日本歯科大学
  28. 歯学系CBT実施小委員会委員, 2019年04月, 2021年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  29. 歯学系CBTブラッシュアップ専門部会委員, 2020年04月, 2021年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  30. 非常勤講師, 2020年04月, 2020年09月, IGL医療福祉専門学校
  31. 非常勤講師, 2020年04月, 2021年03月, 日本歯科大学新潟生命歯学部
  32. 非常勤講師, 2021年04月, 2021年09月, IGL医療福祉専門学校
  33. 非常勤講師, 2021年04月, 2022年03月, 日本歯科大学新潟生命歯学部
  34. 歯学系CBT実施小委員会委員, 2021年04月, 2022年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  35. 歯学系CBTブラッシュアップ専門部会委員, 2021年04月, 2022年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構

学術会議等の主催

  1. 第25回中国・四国歯科麻酔研究会, 2010年07月, 2010年07月
  2. 第28回中国・四国歯科麻酔研究会, 2013年07月, 2013年07月
  3. 第31回中国・四国歯科麻酔研究会, 2016年07月, 2016年07月
  4. 第34回中国・四国歯科麻酔研究会, 2019年07月, 2019年07月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2004年, Neuroscience Letters, その他, 査読者, 1
  2. 2006年, Journal of Pharmacological Sciences, その他, 査読者, 2
  3. 2007年, 日本歯科麻酔学会雑誌, その他, 査読委員, 4
  4. 2009年, Oral Science International, その他, 査読者, 2
  5. 2011年, Anesthesiology, その他, 査読者, 1
  6. 2011年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 2
  7. 2012年, Neurochemistry International, その他, 査読者, 2
  8. 2012年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 1
  9. 2013年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 4
  10. 2014年, British Journal of Anaesthesia, その他, 査読者, 1
  11. 2014年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 5
  12. 2015年, Oral Science International, その他, 査読者, 1
  13. 2015年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 4
  14. 2016年, Journal of Nanomaterials, その他, 査読者, 1
  15. 2016年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 4
  16. 2017年, BMC Oral Health, 1
  17. 2017年, Molecular Neurobiology, 1
  18. 2017年, Journal of Anesthesia, 4
  19. 2017年, Journal of Anesthesia Clinical Reports, 1
  20. 2018年, Current Clinical Pharmacology, その他, 査読者, 2
  21. 2018年, BMC Medical Education, その他, 査読者, 2
  22. 2018年, Computer Methods and Programs in Biomedicine, その他, 査読者, 1
  23. 2018年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 2
  24. 2019年, Journal of Anesthesia, その他, 査読者, 1
  25. 2019年, BMC Medical Education, その他, 査読者, 2
  26. 2019年, Computer Methods and Programs in Biomedicine, その他, 査読者, 1
  27. 2019年, HELIYON, その他, 査読者, 4
  28. 2019年, BMC Anesthesiology, その他, 査読者, 3
  29. 2019年, Veterinary Medicine and Science, その他, 査読者, 1
  30. 2019年, Medicinal Chemistry for Pharmacy Students (e-book), その他, 査読者, 1