永田 靖YASUSHI NAGATA

Last Updated :2022/06/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 教授
ホームページ
メールアドレス
nagathiroshima-u.ac.jp
自己紹介
私は2007年9月に創設されました広島大学病院 放射線治療部の初代部長として2008年1月に京都大学より着任いたしました。また2009年4月よりは医歯薬学総合研究科放射線腫瘍学講座の初代教授に着任致しました。2015年10月よりは広島がん高精度放射線治療センターのセンター長も兼務しています。

基本情報

主な職歴

  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 教授
  • 2015年10月01日, 広島がん高精度放射線治療センター, センター長

学位

  • 医学博士 (京都大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 医学物理士プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 放射線科学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 臨床腫瘍学総論
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(放射線腫瘍学)
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(放射線腫瘍学)
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射線診断物理学
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射線治療物理学
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 核医学物理学
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射線腫瘍学
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射線治療物理学演習
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射線計測学演習
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 画像診断物理学演習
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 核医学物理学演習
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 科学英語
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医療統計学
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 保健物理学
  19. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 臨床腫瘍学
  20. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, がん診療各論
  21. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線腫瘍学特別演習
  22. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 放射線腫瘍学特別演習
  23. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線腫瘍学特別研究
  24. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 放射線腫瘍学特別研究
  25. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 放射線腫瘍学特別研究
  26. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), がん放射線療法演習
  27. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), がん放射線療法演習
  28. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), がん放射線療法演習
  29. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 集学的がん治療の実際
  30. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 集学的がん治療の実際

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Preliminary Report of Late Recurrences, at 5 Years or More, after Stereotactic Body Radiation Therapy for Non-small Cell Lung Cancer, JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY, 7巻, 2号, pp. 453-456, 201202
  2. Functional Image-Guided Radiotherapy Planning in Respiratory-Gated Intensity-Modulated Radiotherapy for Lung Cancer Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 82巻, 4号, pp. E663-E670, 20120315
  3. Dose-Volume Metrics Associated With Radiation Pneumonitis After Stereotactic Body Radiation Therapy for Lung Cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 83巻, 4号, pp. E545-E549, 20120715
  4. Long-term outcomes of intraluminal brachytherapy in combination with external beam radiotherapy for superficial esophageal cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 17巻, 3号, pp. 263-271, 201206
  5. Treatment Outcome of Medium-Dose-Rate Intracavitary Brachytherapy for Carcinoma of the Uterine Cervix: Comparison With Low-Dose-Rate Intracavitary Brachytherapy, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 84巻, 1号, pp. 137-145, 20120901
  6. Detailed dosimetric evaluation of intensity-modulated radiation therapy plans created for stage C prostate cancer based on a planning protocol, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 17巻, 5号, pp. 505-511, 201210
  7. Coronary Artery Calcium Scoring on Different 64-detector Scanners Using a Low-tube Voltage (80 kVp), ACADEMIC RADIOLOGY, 19巻, 11号, pp. 1402-1407, 201211
  8. Time-dependent cell disintegration kinetics in lung tumors after irradiation., Physics in medicine and biology, 53巻, 9号, pp. 2413-1423, 20080401
  9. 肺癌 -照射野決定のための画像診断のポイントと効果判定・経過観察の注意点-, 画像診断, 28巻, 6号, pp. 522-528, 20080501
  10. 婦人科がん化学療法up to date【子宮頸癌2】 同時科学放射線療法のレジメントとその有効性, 臨床婦人科産科, 62巻, 5号, pp. 677-687, 20080501
  11. 肺癌 -基礎・臨床研究のアップデート- 臨床研究 Ⅳ.治療 放射線療法 早期肺癌に対する定位放射線照射, 日本臨牀, 66巻, 増刊6号, pp. 468-474, 20080601
  12. Japanese structure survey of radiaiton oncology in 2005 based on institutional stratification of patterns of care study., International journal of radiaiton oncology biology physics, 72巻, 1号, pp. 144-152, 20080901
  13. 非侵襲的呼吸同期照射に向けた腹壁運動と肺腫瘍運動との相関解析, 日本放射線腫瘍学会誌, 20巻, 3号, pp. 119-125, 20080901
  14. 中咽頭 (頭頸部の診断と治療 update 【放射線治療】2.各論), 臨床放射線, 53巻, 11号, pp. 1621-1625, 20081101
  15. National structure of radiation oncology in Japan with special reference to desighnated cancer care hospitals, International journal of clinical oncology, 14巻, 3号, pp. 244-247, 20090601
  16. 切らずにがんをなおす -放射線治療科から内科へのメッセージ-, 広島市内科医会報, 65巻, pp. 24-27, 20090701
  17. Effect of audio coaching on correlation of abdominal displacement with lung tumor motion., Int J Radiat Oncol Biol Phys, 75巻, 2号, pp. 558-563, 20091001
  18. Intra-arterial infusion chemotherapy using cisplatin with radiotherapy for Stage III squamous cell carcinoma of the cervix., Int J Radiat Oncol Biol Phys, 75巻, 2号, pp. 369-377, 20091001
  19. Radiation therapy for esophageal cancer in Japan: results of the Patterns of Care Study 1999-2001., Int J Radiat Oncol Biol Phys., 75巻, 2号, pp. 357-363, 20091001
  20. Survey of stereotactic body radiation therapy in Japan by the Japan 3-D Conformal External Beam Radiotherapy Group, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 75巻, 2号, pp. 343-347, 20091001
  21. Results of a preliminary study using hypofractionated involved field radiation therapy and concurrent carboplatin/paclitaxel in the treatment of locally advanced Non-Small-Cell lung cancer, Int J Clin Oncol,, 14巻, 5号, pp. 408-415, 20091001
  22. 乳癌緩和治療の目指すもの 緩和的放射線療法の役割について, 臨床放射線, 54巻, 11号, pp. 1575-1583, 20091001
  23. Clinical Outcomes of Stereotactic Body Radiotherapy for Small Lung Lesions Clinically Diagnosed as Primary Lung Cancer on Radiologic Examination, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 75巻, 3号, pp. 683-687, 20091101
  24. Stereotactic Body Radiation Therapy for Early Non-Small Cell Lung Cancer., Front Radiat Ther Oncol, 42巻, pp. 94-114, 20100101
  25. 進行子宮頸癌に対する動注化学放射線療法, IVR, 15巻, 3号, pp. 50-59, 20100101
  26. 進行子宮頸癌に対する動注化学放射線療法, IVR, 24巻, 3号, pp. 226-234, 20100301
  27. 胆嚢摘出術の術前、術後における異所性肝管、副胆嚢管の評価 -Drip infusion cholangiography-computed tomographyが有用であった3症例, 広島医学, 63巻, 3号, pp. 185-189, 20100301
  28. 看護師のための疾患別がん放射線治療 基礎知識と副作用への対処(連載第4回肺癌), 外来看護, 15巻, 6号, pp. 98-105, 20100601
  29. 看護師のための疾患別がん放射線治療 基礎知識と副作用への対処(連載第2回食道癌), 外来看護, 15巻, 4号, pp. 88-94, 20100401
  30. 看護師のための疾患別がん放射線治療 基礎知識と服作用への対処 乳癌, 外来看護, 15巻, 3号, pp. 50-59, 20100201
  31. 放射線治療の現状と展望, 広島医学, 63巻, 5号, pp. 374-376, 20100501
  32. 画像誘導放射線治療の最新状況, Rad Fan, 8巻, 7号, pp. 59-62, 20100701
  33. Ⅰ最新の放射線治療科, Q6, 定位放射線治療(体幹部), がん治療レクチャー, 2巻, 1号, pp. 30-35, 20110301
  34. Prognostic Factors in Stereotactic Body Radiotherapy for Non-Small-Cell Lung Cancer., International Journal of Radiation Oncology= Biology= Physics, 79巻, 4号, pp. 1104-1111, 20110301
  35. Radiation pneumonitis in patients with lung and mediastinal tumours: a retrospective study of risk factors focused on pulmonary emphysema., The British Journal of Radiology, 85巻, 1010号, pp. 135-141, 20110201
  36. Characterization of FDG-PET images after stereotactic body radiation therapy for lung cancer, Radiotherapy & Oncology, 97巻, 2号, pp. 200-204, 20110401
  37. COPDを有する肺癌における肺機能画像を用いたIMRTの試み, 癌の臨床, 57巻, 3号, pp. 109-115, 20110601
  38. Detailed dosimetric evaluation of intensity-modulated radiation therapy plans created for stage C prostate cancer based on a planning protocol., International journal of clinical oncology, 20110901
  39. Stereotactic body radiotherapy (SBRT) for operable stage I non–small-cell lung cancer: Can SBRT be comparable to surgery?, International Journal of Radiation Oncology= Biology= Physics, 81巻, 5号, pp. 1352-1358, 20111201
  40. Six-year experience of permanent prostate brachytherapy for clinically localized prostate cancer., 広島大学医学雑誌, 60巻, 4号, pp. 51-56, 20111201
  41. がんに対する高精度放射線治療(定位照射、IMRT)の現状と将来, 血液内科, 64巻, 1号, pp. 101-105, 20120101
  42. In reply to Drs. Atalar, Caglar, and Ozyar, International Journal of Radiation Oncology= Biology= Physics, 82巻, 2号, pp. 521, 20120201
  43. 4次元照射と呼吸同期照射, 肺癌, 52巻, 2号, pp. 174-181, 20120401
  44. 放射線治療医からみた治療方針に基づく婦人科癌の画像診断の役割, 臨床画像, 28巻, 8号, pp. 938-949, 20120801
  45. 乳癌(第2版) -基礎と臨床に最新研究動向- IX. 乳癌に治療戦略 治療に伴う有害反応対策 乳房温存療法後の皮膚乾燥(頻度とその対策), 日本臨床, 70巻, 増刊7号, pp. 668-667, 20120901
  46. 【特集】産婦人科の薬剤使用プラクティス:病態別処方-婦人科編 Ⅳ.腫瘍 2.子宮頸癌(2)放射線治療とCCRT, 産婦人科の実際, 61巻, 11号, pp. 1777-1788, 20121001
  47. Geometrical differences in target volumes between slow CT and 4D CT imaging in stereotactic body radiotherapy for lung tumors in the upper and middle lobe, MEDICAL PHYSICS, 35巻, 9号, pp. 4142-4148, 200809
  48. National structure of radiation oncology in Japan with special reference to designated cancer care hospitals, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 14巻, 3号, pp. 237-244, 200906
  49. SURVEY OF STEREOTACTIC BODY RADIATION THERAPY IN JAPAN BY THE JAPAN 3-D CONFORMAL EXTERNAL BEAM RADIOTHERAPY GROUP, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 75巻, 2号, pp. 343-347, 20091001
  50. RADIATION THERAPY FOR ESOPHAGEAL CANCER IN JAPAN: RESULTS OF THE PATTERNS OF CARE STUDY 1999-2001, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 75巻, 2号, pp. 357-363, 20091001
  51. EFFECT OF AUDIO COACHING ON CORRELATION OF ABDOMINAL DISPLACEMENT WITH LUNG TUMOR MOTION, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 75巻, 2号, pp. 558-563, 20091001
  52. CLINICAL OUTCOMES OF STEREOTACTIC BODY RADIOTHERAPY FOR SMALL LUNG LESIONS CLINICALLY DIAGNOSED AS PRIMARY LUNG CANCER ON RADIOLOGIC EXAMINATION, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 75巻, 3号, pp. 683-687, 20091101
  53. Results of a preliminary study using hypofractionated involved-field radiation therapy and concurrent carboplatin/paclitaxel in the treatment of locally advanced non-small-cell lung cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 14巻, 5号, pp. 408-415, 200910
  54. Impact of multileaf collimator width on intraprostatic dose painting plans for dominant intraprostatic lesion of prostate cancer, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 11巻, 4号, pp. 144-154, 2010
  55. Characterization of FDG-PET images after stereotactic body radiation therapy for lung cancer, RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 97巻, 2号, pp. 200-204, 201011
  56. STEREOTACTIC RADIOTHERAPY OF PRIMARY LUNG CANCER AND OTHER TARGETS: RESULTS OF CONSULTANT MEETING OF THE INTERNATIONAL ATOMIC ENERGY AGENCY, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 79巻, 3号, pp. 660-669, 20110301
  57. PROGNOSTIC FACTORS IN STEREOTACTIC BODY RADIOTHERAPY FOR NON-SMALL-CELL LUNG CANCER, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 79巻, 4号, pp. 1104-1111, 20110315
  58. Clinical outcome of esophageal varices after hepatic arterial infusion chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma with major portal vein tumor thrombus, HEPATOLOGY RESEARCH, 41巻, 11号, pp. 1046-1056, 201111
  59. STEREOTACTIC BODY RADIOTHERAPY (SBRT) FOR OPERABLE STAGE I NON SMALL-CELL LUNG CANCER: CAN SBRT BE COMPARABLE TO SURGERY?, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 81巻, 5号, pp. 1352-1358, 20111201
  60. Radiation pneumonitis in patients with lung and mediastinal tumours: a retrospective study of risk factors focused on pulmonary emphysema, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 85巻, 1010号, pp. 135-141, 201202
  61. Hepatic arterial infusion chemotherapy using 5-fluorouracil and systemic interferon-a for advanced hepatocellular carcinoma in combination with or without three-dimensional conformal radiotherapy to venous tumor thrombosis in hepatic vein or inferior vena cava, HEPATOLOGY RESEARCH, 42巻, 5号, pp. 442-453, 201205
  62. Dynamic computed tomography appearance of tumor response after stereotactic body radiation therapy for hepatocellular carcinoma: How should we evaluate treatment effects?, HEPATOLOGY RESEARCH, 43巻, 7号, pp. 717-727, 201307
  63. Stereotactic body radiation therapy combined with transcatheter arterial chemoembolization for small hepatocellular carcinoma, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 28巻, 3号, pp. 530-536, 201303
  64. Stereotactic Body Radiotherapy for Early Stage Lung Cancer, CANCER RESEARCH AND TREATMENT, 45巻, 3号, pp. 155-161, 201309
  65. Effectiveness of Cervical Cancer Screening Based on a Mathematical Screening Model using data from the Hiroshima Prefecture Cancer Registry, ASIAN PACIFIC JOURNAL OF CANCER PREVENTION, 14巻, 8号, pp. 4897-4902, 2013
  66. Pilot Study of Stereotactic Body Radiation Therapy Combined with Transcatheter Arterial Chemoembolization for Small Hepatocellular Carcinoma, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 61巻, 129号, pp. 31-36, 2014
  67. Reorganization of Damaged Chromatin by the Exchange of Histone Variant H2A.Z-2, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 89巻, 4号, pp. 736-744, 20140715
  68. Safety and effectiveness of stereotactic body radiotherapy for a clinically diagnosed primary stage I lung cancer without pathological confirmation, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 19巻, 5号, pp. 814-821, 201410
  69. Time-Adjusted Internal Target Volume: A Novel Approach Focusing on Heterogeneity of Tumor Motion Based on 4-Dimensional Computed Tomography Imaging for Radiation Therapy Planning of Lung Cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 89巻, 5号, pp. 1129-1137, 20140801
  70. Case reports of portal vein thrombosis and bile duct stenosis after stereotactic body radiation therapy for hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 10号, pp. E273-E278, 201410
  71. Comparison of long-term survival outcomes between stereotactic body radiotherapy and sublobar resection for stage I non-small-cell lung cancer in patients at high risk for lobectomy: A propensity score matching analysis, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 50巻, 17号, pp. 2932-2938, 201411
  72. Video-Assisted Thoracoscopic Lobectomy Versus Stereotactic Radiotherapy for Stage I Lung Cancer, ANNALS OF THORACIC SURGERY, 99巻, 4号, pp. 1122-1129, 20150327
  73. Clinical experience of volumetric modulated arc therapy for malignant pleural mesothelioma after extrapleural pneumonectomy, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 56巻, 2号, pp. 315-324, 201503
  74. Stereotactic body radiotherapy for patients with small hepatocellular carcinoma ineligible for resection or ablation therapies, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 4号, pp. 378-386, 201504
  75. Role of 3-D conformal radiotherapy for major portal vein tumor thrombosis combined with hepatic arterial infusion chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 6号, pp. 607-617, 201506
  76. The Time Course of Dynamic Computed Tomographic Appearance of Radiation Injury to the Cirrhotic Liver Following Stereotactic Body Radiation Therapy for Hepatocellular Carcinoma, PLOS ONE, 10巻, 6号, pp. e0125231, 20150611
  77. Results of sequential chemoradiotherapy for intracranial germinoma, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 33巻, 6号, pp. 336-343, 201506
  78. Results of Neoadjuvant Chemoradiotherapy With Docetaxel and 5-Fluorouracil Followed by Esophagectomy to Treat Locally Advanced Esophageal Cancer, ANNALS OF THORACIC SURGERY, 99巻, 6号, pp. 1887-1893, 201506
  79. 体幹部定位照射, 癌と化学療法, 41巻, 13号, pp. 2543-2545, 201412
  80. 最新放射線治療関連装置の現状と展望, 新医療, pp. 32-34, 201412
  81. Radiation-induced pyogenic vertebral osteomyelitis after re-irradiation for para-aortic lymph node metastases in a patient with cervical cancer, International Cancer Conference Journal, 3巻, 4号, pp. 207-210, 201410
  82. 照射技術の進歩による特異的な照射後変化 1.定位放射線治療の技術解説, 画像診断, 34巻, 4号, pp. 972-982, 201409
  83. Time-adjusted internal target volume: a novel approach focusing on heterogeneity of tumor motion based on 4-dimensional computed tomography imaging for radiation therapy planning of lung cancer., Int J Radiat Oncol Biol Phys, 89巻, 5号, pp. 1129-1137, 201408
  84. Reorganization of damaged chromatin by the exchange of histone variant H2A.Z-2., Int J Radiat Oncol Biol Phys., 89巻, 4号, pp. 736-744, 201407
  85. 早期肺がんに対する体幹部定位放射線照射の進歩と展望, 腫瘍内科, 13巻, 1号, pp. 59-65, 201401
  86. Long-term results of definitive concurrent chemoradiotherapy for patients with esophageal submucosal cancer (T1bN0M0), INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 20巻, 5号, pp. 897-904, 201510
  87. The development of stereotactic body radiotherapy in the past decade: a global perspective, FUTURE ONCOLOGY, 11巻, 19号, pp. 2721-2733, 2015
  88. Clinical utility of gadoxetate disodium-enhanced hepatic MRI for stereotactic body radiotherapy of hepatocellular carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 33巻, 10号, pp. 627-635, 201510
  89. Combined Ventilation and Perfusion Imaging Correlates With the Dosimetric Parameters of Radiation Pneumonitis in Radiation Therapy Planning for Lung Cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 93巻, 4号, pp. 778-787, 20151115
  90. Prospective Trial of Stereotactic Body Radiation Therapy for Both Operable and Inoperable T1N0M0 Non-Small Cell Lung Cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0403, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 93巻, 5号, pp. 989-996, 20151201
  91. Cerebral blood flow in transient hypothyroidism after thyroidectomy: Arterial spin labeling magnetic resonance study, NEUROENDOCRINOLOGY LETTERS, 36巻, 6号, pp. 545-551, 2015
  92. Evaluation of adverse events in atomic bomb survivors receiving curative-intent radiation therapy from 2005 to 2010, RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 118巻, 1号, pp. 60-64, 201601
  93. Availability of applying diaphragm matching with the breath-holding technique in stereotactic body radiation therapy for liver tumors, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 32巻, 4号, pp. 557-561, 201604
  94. Long-term results after 12-year follow-up of patients treated with whole-breast and boost irradiation after breast-conserving surgery, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 34巻, 9号, pp. 595-604, 201609
  95. Simple quality assurance method of dynamic tumor tracking with the gimbaled linac system using a light field, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 17巻, 5号, pp. 177-183, 2016
  96. Lipiodol impact on dose distribution in liver SBRT after TACE, Medeical Physics, 42巻, 2号, pp. 3212-3212, 201506
  97. Treatment outcomes of patients with FIGO Stage I/II uterine cervical cancer treated with definitive radiotherapy: a multi-institutional retrospective research study., J Radiat Res, 56巻, 5号, pp. 841-848, 201509
  98. 限局性前立腺癌に対する強度変調放射線治療(intensity modulated radiation therapy)の短期治療成績, 広島医学, 68巻, 6号, pp. 318-322, 2015
  99. Role of definitive chemoradiotherapy using docetaxel and 5-fluorouracil in patients with unresectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma: a phase II study., Diseases of the Esophagus, 2015
  100. Clinical outcomes of radiotherapy for esophageal cancer between 2004 and 2008: the second survey of the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG)., Int J Clin Oncol, 21巻, 1号, pp. 88-94, 201602
  101. Stereotactic body radiotherapy versus lobectomy for operable clinical stage IA lung adenocarcinoma: comparison of survival outcomes in two clinical trials with propensity score analysis (JCOG1313-A), JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 46巻, 8号, pp. 748-753, 201608
  102. Gafchromic EBT-XD film: Dosimetry characterization in high-dose, volumetric-modulated arc therapy, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 17巻, 6号, pp. 312-322, 2016
  103. Role of definitive chemoradiotherapy using docetaxel and 5-fluorouracil in patients with unresectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma: a phase II study, DISEASES OF THE ESOPHAGUS, 29巻, 8号, pp. 1115-1120, 2016
  104. Method of evaluating respiratory induced organ motion by vector volume histogram, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 32巻, 12号, pp. 1570-1574, 201612
  105. Absorbed dose and image quality of Varian TrueBeam CBCT compared with OBI CBCT, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 32巻, 12号, pp. 1628-1633, 201612
  106. Quality assurance of a gimbaled head swing verification using feature point tracking, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 18巻, 1号, pp. 49-52, 201701
  107. Marginal prescription equivalent to the isocenter prescription in lung stereotactic body radiotherapy: preliminary study for Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG1408), JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 58巻, 1号, pp. 149-154, 201701
  108. Dosimetric impact of Lipiodol in stereotactic body radiation therapy on liver after trans-arterial chemoembolization, MEDICAL PHYSICS, 44巻, 1号, pp. 342-348, 201701
  109. A randomized Phase III trial of comparing two dose-fractionations stereotactic body radiotherapy (SBRT) for medically inoperable Stage IA non-small cell lung cancer or small lung lesions clinically diagnosed as primary lung cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1408 (J-SBRT trial), JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 47巻, 3号, pp. 277-281, 201703
  110. Dose Escalation Improves Outcome in Stereotactic Body Radiotherapy for Pulmonary Oligometastases from Colorectal Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 37巻, 5号, pp. 2709-2713, 201705
  111. Functional image-guided stereotactic body radiation therapy planning for patients with hepatocellular carcinoma, MEDICAL DOSIMETRY, 42巻, 2号, pp. 97-103, 2017
  112. Accidental overexposure related to new radiation therapy technologies, JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY, 6巻, 2号, pp. 117-132, 201706
  113. Evaluation of beam modeling for small fields using a flattening filter-free beam, RADIOLOGICAL PHYSICS AND TECHNOLOGY, 10巻, 1号, pp. 33-40, 201703
  114. Quality assurance for dynamic tumor tracking using the Vero4DRT system, International Journal of Cancer Therapy and Oncology, 4巻, 1号, pp. 49-52, 2016
  115. Impact of reduction of flux overlap region on kilovoltage cone-beam computed tomography image quality and patients’ exposure dose., Rep Pract Oncol Radiother, 21巻, 5号, pp. 460-465, 201608
  116. Availability of applying diaphragm matching with the breath-holding technique in stereotactic body radiation therapy for liver tumors., Phys Med., 32巻, 4号, pp. 557-561, 201604
  117. Dataset for Beam Commissioning of the Vero4DRT System,, International Journal of Medical Physics, Clinical Engineering and Radiation Oncology, pp. 70-77, 201605
  118. Hepatectomy after down-staging of hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombus using chemoradiotherapy: A retrospective cohort study., Int J Surg, 44巻, pp. 223-228, 201708
  119. Efficacy of robust optimization plan with partial-arc VMAT for photon volumetric-modulated arc therapy: A phantom study., J Appl Clin Med Phys, Epub ahead of print巻, 2017
  120. Evaluation of cone-beam computed tomography image quality assurance for Vero4DRT system., Rep Pract Oncol Radiother, 22巻, 3号, pp. 258-263, 2017
  121. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma., Hepatol Res, Epub ahead of print巻, 2017
  122. Phase I study of stereotactic body radiation therapy for centrally located stage IA non-small cell lung cancer (JROSG10-1)., Int J Clin Oncol., Epub ahead of print巻, 2017
  123. Effect of tumor amplitude and frequency on 4D modeling of Vero4DRT system., Reports of practical oncology and radiotherapy, 22巻, 4号, pp. 290-304, 2017
  124. 定位放射線治療の特徴と適応, INNERVISION, 31巻, pp. 8-9, 201611
  125. 特集:肺癌治療の進歩 -最新の基礎と臨床研究状況-, 日本臨床, 75巻, 7号, pp. 1079-1084, 201707
  126. In Regard to Nagata et al., Int J Radiat Oncol Biol Phys., 96巻, 4号, pp. 1320-1320, 201607
  127. TrueBeamを用いたVMAT/SBRTの治療経験 -臨床的側面-, 臨床放射線, 61巻, 9号, pp. 1141-1149, 2016
  128. Impact of reduction of flux overlap region on kilovoltage cone-beam computed tomography image quality and patients' exposure dose., Rep Pract Oncol Radiother, 21巻, 5号, pp. 460-465, 2016
  129. Hepatectomy after down-staging of hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombus using chemoradiotherapy: A retrospective cohort study, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY, 44巻, pp. 223-228, 201708
  130. Evaluation of cone-beam computed tomography image quality assurance for Vero4DRT system, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 22巻, 3号, pp. 258-263, 2017
  131. Effect of tumor amplitude and frequency on 4D modeling of Vero4DRT system, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 22巻, 4号, pp. 290-294, 2017
  132. Split-VMAT technique to control the expiratory breath-hold time in liver stereotactic body radiation therapy, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 40巻, pp. 17-23, 201708
  133. Phase I study of stereotactic body radiation therapy for centrally located stage IA non-small cell lung cancer (JROSG10-1), INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 22巻, 5号, pp. 849-856, 201710
  134. Clinical outcomes of concurrent chemoradiotherapy with volumetric modulated arc therapy in patients with locally advanced nasopharyngeal carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 35巻, 11号, pp. 673-680, 201711
  135. Efficacy of robust optimization plan with partial-arc VMAT for photon volumetric-modulated arc therapy: A phantom study, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 18巻, 5号, pp. 97-103, 201709
  136. Impact of deformable image registration accuracy on thoracic images with different regularization weight parameter settings, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 42巻, pp. 108-111, 201710
  137. Proposed patient motion monitoring system using feature point tracking with a web camera, AUSTRALASIAN PHYSICAL & ENGINEERING SCIENCES IN MEDICINE, 40巻, 4号, pp. 939-942, 201712
  138. Accuracy of the raw-data-based effective atomic numbers and monochromatic CT numbers for contrast medium with a dual-energy CT technique, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 91巻, 1082号, 2018
  139. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 2号, pp. 193-204, 201802
  140. A Chemical Modulator of p53 Transactivation that Acts as a Radioprotective Agonist, MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 17巻, 2号, pp. 432-442, 201802
  141. Energy spectrum and dose enhancement due to the depth of the Lipiodol position using flattened and unflattened beams, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 23巻, 1号, pp. 50-56, 2018
  142. Effect of secondary electron generation on dose enhancement in Lipiodol with and without a flattening filter, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 19巻, 2号, pp. 211-217, 201803
  143. Interfractional diaphragm changes during breath-holding in stereotactic body radiotherapy for liver cancer, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 23巻, 2号, pp. 84-90, 2018
  144. Tolerance levels of CT number to electron density table for photon beam in radiotherapy treatment planning system, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 19巻, 1号, pp. 271-275, 201801
  145. Relative biological effectiveness study of Lipiodol based on microdosimetric-kinetic model, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 46巻, pp. 89-95, 201802
  146. Comparison of Outcome of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radiotherapy and Sorafenib for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients with Major Portal Vein Tumor Thrombosis, ONCOLOGY, 94巻, 4号, pp. 215-222, 2018
  147. Evaluation of Prognostic Factors for Esophageal Squamous Cell Carcinoma Treated with Neoadjuvant Chemoradiotherapy Followed by Surgery, WORLD JOURNAL OF SURGERY, 42巻, 5号, pp. 1496-1505, 201805
  148. Stereotactic body radiotherapy (SBRT) for Stage I lung cancer, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 48巻, 5号, pp. 405-409, 201805
  149. Results of a multi-institutional, randomized, non-inferiority, phase III trial of accelerated fractionation versus standard fractionation in radiation therapy for T1-2N0M0 glottic cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0701), ANNALS OF ONCOLOGY, 29巻, 4号, pp. 992-997, 201804
  150. 4D modeling in a gimbaled linear accelerator by using gold anchor markers, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 23巻, 3号, pp. 183-188, 2018
  151. Impact of reduction of flux overlap region on kilovoltage cone-beam computed tomography image quality and patients' exposure dose, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 21巻, 5号, pp. 460-465, 2016
  152. Image quality and absorbed dose comparison of single- and dual-source cone-beam computed tomography, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 19巻, 3号, pp. 360-366, 201805
  153. A novel verification method using a plastic scintillator imagining system for assessment of gantry sag in radiotherapy, MEDICAL PHYSICS, 45巻, 6号, pp. 2411-2424, 201806
  154. Quantifying esophageal motion during free-breathing and breath-hold using fiducial markers in patients with early-stage esophageal cancer, PLOS ONE, 13巻, 6号, 20180611
  155. Preoperative prediction of a pathologic complete response of esophageal squamous cell carcinoma to neoadjuvant chemoradiotherapy, SURGERY, 164巻, 1号, pp. 40-48, 201807
  156. Long-term outcome of stereotactic body radiotherapy for patients with small hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 9号, pp. 701-707, 201808
  157. Stereotactic body radiotherapy to treat small lung lesions clinically diagnosed as primary lung cancer by radiological examination: A prospective observational study, LUNG CANCER, 122巻, pp. 107-112, 201808
  158. Hepatectomy versus stereotactic body radiotherapy for primary early hepatocellular carcinoma: A propensity-matched analysis in a single institution, SURGERY, 164巻, 2号, pp. 219-226, 201808
  159. Automatic contrast medium extraction system using electron density data with dual-energy CT, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 91巻, 1090号, 2018
  160. Comparison of Stereotactic Body Radiation Therapy Combined With or Without Transcatheter Arterial Chemoembolization for Patients With Small Hepatocellular Carcinoma Ineligible for Resection or Ablation Therapies, TECHNOLOGY IN CANCER RESEARCH & TREATMENT, 17巻, 20180701
  161. Evaluation of optimization workflow using design of experiment (DoE) for various field configurations in volumetric-modulated arc therapy, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 54巻, pp. 34-41, 201810
  162. Clinical features of prostate-specific antigen bounce after I-125 brachytherapy for prostate cancer, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 59巻, 5号, pp. 649-655, 201809
  163. Long-term results of neoadjuvant chemoradiotherapy using cisplatin and 5-fluorouracil followed by esophagectomy for resectable, locally advanced esophageal squamous cell carcinoma, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 59巻, 5号, pp. 616-624, 201809
  164. Gantry angle classification with a fluence map in intensity-modulated radiotherapy for prostate cases using machine learning, POLISH JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS AND ENGINEERING, 24巻, 4号, pp. 165-169, 201812
  165. Development of geometrically ideal dose distribution as a reference for treatment planning in VMAT using filtered back-projection method, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 57巻, pp. 115-122, 201901
  166. Predictive gamma passing rate by dose uncertainty potential accumulation model, MEDICAL PHYSICS, 46巻, 2号, pp. 999-1005, 201902
  167. Volumetric modulated arc therapy with robust optimization for larynx cancer, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 58巻, pp. 54-58, 201902
  168. A novel risk analysis of clinical reference dosimetry based on failure modes and effects analysis, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 58巻, pp. 59-65, 201902
  169. Early Recurrence and Cancer Death After Trimodal Therapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANTICANCER RESEARCH, 39巻, 3号, pp. 1433-1440, 201903
  170. Effect of image quality on correlation modeling error using a fiducial marker in a gimbaled linear accelerator, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 24巻, 2号, pp. 233-238, 2019
  171. Automatic calibration of an arbitrarily-set near-infrared camera for patient surface respiratory monitoring, MEDICAL PHYSICS, 46巻, 3号, pp. 1163-1174, 201903
  172. How to Improve the Conspicuity of Breast Tumors on Computed High b-value Diffusion-weighted Imaging, MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES, 18巻, 2号, pp. 119-125, 2019
  173. A primary analysis of a multicenter, prospective, single-arm, confirmatory trial of hypofractionated whole breast irradiation after breast-conserving surgery in Japan: JCOG0906, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 49巻, 1号, pp. 57-62, 201901
  174. Concurrent chemoradiotherapy for locally advanced squamous cell carcinoma of the cervix in a uterus didelphys with vaginal septum, JOURNAL OF CONTEMPORARY BRACHYTHERAPY, 11巻, 2号, pp. 180-188, 2019
  175. Clinical Significance of F-18-Fluorodeoxyglucose-Positron Emission Tomography-Positive Lymph Nodes to Outcomes of Trimodal Therapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 26巻, 6号, pp. 1869-1878, 201906
  176. Investigation of the applicability of the ESR nail dosimetry for assessment of accidental exposure in medical facilities, RADIATION MEASUREMENTS, 124巻, pp. 91-97, 201905
  177. Tolerance levels of mass density for CT number calibration in photon radiation therapy, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 20巻, 6号, pp. 45-52, 201906
  178. Photon and electron backscatter dose and energy spectrum analysis around Lipiodol using flattened and unflattened beams, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 20巻, 6号, pp. 178-183, 201906
  179. Automatic gas detection in prostate cancer patients during image-guided radiation therapy using a deep convolutional neural network, Physica Medica, 64巻, pp. 24-28, 2019
  180. 放射線科医の魅力とリクルート 放射線治療医編, 臨床画像, 34巻, 7号, pp. 889-891, 201807
  181. 肝腫瘍の体幹部定位放射線治療における強度変調回転照射および三次元原体照射間の比較, 広島医学, 71巻, 5号, pp. 461-464, 201805
  182. T1-3NOMO前立腺癌に対する強度変調放射線治療の中期治療成績, 広島医学, 71巻, 10号, pp. 663-668, 201810
  183. 広島がん高精度放射線治療センターの活動について, 医学物理, 38巻, 3号, pp. 138-140, 201812
  184. 18F-FDG PET/CT 検査におけるearly delayed scanning を利用した肝臓の限局性病変と生理的集積の鑑別, 日本放射線技術学会雑誌, 74巻, 6号, pp. 556-562, 201806
  185. ディジタルカメラを用いた呼吸波形の変化による動体追尾照射精度の検証, 日本放射線技術学会雑誌, 74巻, 3号, pp. 262-269, 201803
  186. 早期肺癌に対する放射線治療, Medical Practice, 36巻, 2号, pp. 275-279, 201902
  187. Comparison of clinical outcome between computed tomography-based image-guided brachytherapy and two-dimensional-based brachytherapy for cervical cancer, GYNECOLOGIC ONCOLOGY REPORTS, 29巻, pp. 79-82, 201908
  188. Improving automatic contrast agent extraction system using monochromatic CT number, AUSTRALASIAN PHYSICAL & ENGINEERING SCIENCES IN MEDICINE, 42巻, 3号, pp. 819-826, 201909
  189. Automatic gas detection in prostate cancer patients during image-guided radiation therapy using a deep convolutional neural network, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 64巻, pp. 24-28, 201908
  190. Evaluation of raw-data-based and calculated electron density for contrast media with a dual-energy CT technique, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 24巻, 5号, pp. 499-506, 2019
  191. Stereotactic Body Radiotherapy for Oligometastatic Disease in Non-small Cell Lung Cancer, FRONTIERS IN ONCOLOGY, 9巻, 20191112
  192. Scintillator screen for measuring dose distribution in scanned carbon-ion therapy, RADIATION MEASUREMENTS, 129巻, 201910
  193. MRI appearance change during stereotactic radiotherapy for large brain metastases and importance of treatment plan modification during treatment period, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 37巻, 12号, pp. 850-859, 201912
  194. Biological dose-enhancement analysis with Monte Carlo simulation for Lipiodol for photon beams, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 24巻, 6号, pp. 681-687, 2019
  195. Scores of Child-Pugh Classification Impact Overall Survival After Stereotactic Body Radiation Therapy for Primary and Metastatic Liver Tumors, JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL HEPATOLOGY, 10巻, 2号, pp. 101-105, 2020
  196. An overview of stereotactic body radiation therapy for hepatocellular carcinoma, EXPERT REVIEW OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 14巻, 4号, pp. 271-279, 20200402
  197. Predictive gamma passing rate for three-dimensional dose verification with finite detector elements via improved dose uncertainty potential accumulation model, MEDICAL PHYSICS, 47巻, 3号, pp. 1349-1356, 202003
  198. Assessment of biological dosimetric margin for stereotactic body radiation therapy, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 21巻, 4号, pp. 31-41, 202004
  199. Scintillator screen for measuring low-dose halo in scanning carbon-ion therapy, RADIATION MEASUREMENTS, 133巻, 202004
  200. Development of a CT number calibration audit phantom in photon radiation therapy: A pilot study, MEDICAL PHYSICS, 47巻, 4号, pp. 1509-1522, 202004
  201. Effect of bevacizumab against cystic components of brain tumors, CANCER MEDICINE, 8巻, 15号, pp. 6519-6527, 201911
  202. Isolated cardiac metastases of hepatocellular carcinoma after resection: a case report, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 3号, pp. 421-427, 202006
  203. Analysis of cardiac toxicity after definitive chemoradiotherapy for esophageal cancer using a biological dose-volume histogram, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 2号, pp. 298-306, 202003
  204. Effectiveness of salvage radiotherapy for superficial esophageal Cancer after non-curative endoscopic resection, RADIATION ONCOLOGY, 15巻, 1号, 20200601
  205. Characterization of robust optimization for VMAT plan for liver cancer, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 25巻, 3号, pp. 376-381, 2020
  206. Evaluation of metal artefact techniques with same contrast scale for different commercially available dual-energy computed tomography scanners, PHYSICAL AND ENGINEERING SCIENCES IN MEDICINE, 43巻, 2号, pp. 539-546, 202006
  207. Dose compensation based on biological effectiveness due to interruption time for photon radiation therapy, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 93巻, 1111号, 2020
  208. A Single Institution's Experience of Definitive Radiotherapy Using Volumetric-modulated Arc Therapy for Hypopharyngeal Cancers, ANTICANCER RESEARCH, 40巻, 7号, pp. 4183-4190, 202007
  209. Synthesized effective atomic numbers for commercially available dual-energy CT, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 25巻, 4号, pp. 692-697, 2020
  210. Evaluation of interbreath-hold lung tumor position reproducibility with vector volume histogram using the breath-hold technique, MEDICAL DOSIMETRY, 45巻, 3号, pp. 252-255, 2020
  211. Fingernail dosimetry using electron spin resonance for radiation disaster response, Journal of Physics, 1248巻, pp. '012072, 201906
  212. Imaging Cherenkov emission for quality assurance of high-dose-rate brachytherapy, SCIENTIFIC REPORTS, 10巻, 1号, 20200227
  213. Predictions of Pathological Features and Recurrence Based on FDG-PET Findings of Esophageal Squamous Cell Carcinoma after Trimodal Therapy, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 27巻, 11号, pp. 4422-4430, 202010
  214. A case of advanced HCC treated with lenvatinib after hepatic arterial infusion chemotherapy combined with radiation therapy treatment for portal vein tumor thrombosis in the main trunk, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 5号, pp. 839-843, 202010
  215. Risk factors for severe gastrointestinal toxicity in patients receiving palliative radiotherapy for metastatic bone tumors: association with the use of molecular-targeted agents, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 4号, pp. 629-634, 202007
  216. Effectiveness of robust optimization in volumetric modulated arc therapy using 6 and 10 MV flattening filter-free beam therapy planning for lung stereotactic body radiation therapy with a breath-hold technique, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 4号, pp. 575-585, 202007
  217. Nationwide survey of radiation therapy in Japan for lung cancer complicated with interstitial lung disease, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 4号, pp. 563-574, 202007
  218. Long-term outcomes of induction chemotherapy followed by chemoradiotherapy using volumetric-modulated arc therapy as an organ preservation approach in patients with stage IVA-B oropharyngeal or hypopharyngeal cancers, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 4号, pp. 554-562, 202007
  219. A Multi-Institutional Retrospective Study of Repeated Stereotactic Body Radiation Therapy for Intrahepatic Recurrent Hepatocellular Carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 108巻, 5号, pp. 1265-1275, 20201201
  220. What motivated medical students and residents to become radiation oncologists in Japan?-Questionnaire report by the radiotherapy promotion committee of JASTRO, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 5号, pp. 727-732, 202009
  221. Hybrid volumetric-modulated arc therapy for postoperative breast cancer including regional lymph nodes: the advantage of dosimetric data and safety of toxicities, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 5号, pp. 747-754, 202009
  222. Image synthesis with deep convolutional generative adversarial networks for material decomposition in dual-energy CT from a kilovoltage CT, COMPUTERS IN BIOLOGY AND MEDICINE, 128巻, 202101
  223. Evaluation of optimization workflow using custom-made planning through predicted dose distribution for head and neck tumor treatment, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 80巻, pp. 167-174, 202012
  224. Long-term results of definitive chemoradiotherapy for unresectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 1号, pp. 142-148, 202101
  225. Predicting the Local Response of Metastatic Brain Tumor to Gamma Knife Radiosurgery by Radiomics With a Machine Learning Method, FRONTIERS IN ONCOLOGY, 10巻, 20210111
  226. Distribution of Lymph Node Metastasis in Esophageal Squamous Cell Carcinoma After Trimodal Therapy, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 28巻, 3号, pp. 1798-1807, 202103
  227. Formulation of objective indices to quantify machine failure risk analysis for interruptions in radiotherapy, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 22巻, 1号, pp. 165-173, 202101
  228. Verification system for intensity-modulated radiation therapy with scintillator, PHYSICAL AND ENGINEERING SCIENCES IN MEDICINE, 44巻, 1号, pp. 9-21, 202103
  229. T2-FLAIR Mismatch Sign and Response to Radiotherapy in Diffuse Intrinsic Pontine Glioma, PEDIATRIC NEUROSURGERY, 56巻, 1号, pp. 1-9, 202103
  230. Evaluating Individual Radiosensitivity for the Prediction of Acute Toxicities of Chemoradiotherapy in Esophageal Cancer Patients, RADIATION RESEARCH, 195巻, 3号, pp. 244-252, 202103
  231. Image synthesis of monoenergetic CT image in dual-energy CT using kilovoltage CT with deep convolutional generative adversarial networks, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 22巻, 4号, pp. 184-192, 202104
  232. Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radiation Therapy for Advanced Hepatocellular Carcinoma with Tumor Thrombosis of the Main Trunk or Bilobar of the Portal Vein, LIVER CANCER, 10巻, 2号, pp. 151-160, 202104
  233. T1-weighted and T2-weighted MRI image synthesis with convolutional generative adversarial networks, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 26巻, 1号, pp. 35-42, 202101
  234. Efficacy and tolerability of preoperative chemoradiotherapy with S-1 alone for locally advanced rectal cancer, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 2号, pp. 300-308, 202103
  235. Uncertainty in the positioning of patients receiving treatment for brain metastases and wearing surgical mask underneath thermoplastic mask during COVID-19 crisis, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 22巻, 6号, pp. 274-280, 202106
  236. Predicting the Local Response of Esophageal Squamous Cell Carcinoma to Neoadjuvant Chemoradiotherapy by Radiomics with a Machine Learning Method Using F-18-FDG PET Images, DIAGNOSTICS, 11巻, 6号, 202106
  237. A prediction model for degree of differentiation for resectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma based on CT images using radiomics and machine-learning, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 94巻, 1124号, 2021
  238. Prediction of radiation pneumonitis after definitive radiotherapy for locally advanced non-small cell lung cancer using multi-region radiomics analysis, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210810
  239. 転移性脳腫瘍に対する非侵襲固定による定位放射線治療, 広島医学, 73巻, pp. 125-131, 20200301
  240. 陽子線治療がSTURGE-Weberしょうこうぐんに伴うびまん性滲出性網膜剥離に有効であった1例, 日本眼科学会雑誌, 124巻, 5号, pp. 432-440, 20200501

著書等出版物

  1. 2020年12月01日, 肝内胆管癌診療ガイドライン2021年版, 金原出版, 2020年, 12, 単行本(学術書), その他, 永田 靖、他
  2. 2020年05月01日, 肝癌診療マニュアル(第4版), 放射線療法, 医学書院, 2020年, 05, 単行本(学術書), 共著, 奥村 敏之, 櫻井 英幸, 永田 靖, 7
  3. 2020年03月, 手術数でわかるいい病院2020, 切らずに治すがん放射線治療 肺がん, 朝日新聞出版, 2020年, 03, 単行本(一般書), 共著, 永田 靖, 1
  4. 2020年03月01日, 手術数でわかるいい病院2020, 切らずに治すがん放射線治療, 朝日新聞出版, 2020年, 単行本(一般書), 共著, 茂松 直之, 西村 恭昌, 永田 靖, 3
  5. 2019年12月05日, 放射線医科学の事典: 放射線および紫外線・電磁波・超音波, 放射線による治療 放射線治療:総論 三次元定位照射, 朝倉書店, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共著, 永田 靖, 978-4254301175, 296, 3
  6. 2019年11月28日, 迷ったときの医者選び 広島 がん診療編, 「巻頭リポート/広島の名医/最新治療のトップランナー 「最新の放射線治療でがん患者を救う -専門チームと最高水準の聞きを備える拠点施設」「がん各種 -放射線診断・治療 「放射線診療・治療」」, 南々社, 2019年, 11, 単行本(一般書), 永田 靖, 978-4864891059, 255, 6
  7. 2017年07月, がん・放射線療法2017 改訂第7版, 第7章各領域の治療 胸部腫瘍 7-28「Ⅰ期肺癌に対する体幹部定位放射線照射」, 学研メディカル秀潤社, 2017年, 07, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 永田 靖, 978-4780909432, 1336
  8. 2016年12月, EBMの手法による 肺癌診療ガイドライン 悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む 2016年版, 金原出版, 2016年, 12, 単行本(学術書), その他, Japanese, 永田 靖, 木村智樹、他, 978-4307203654, 320
  9. 2016年07月, EBMの手法による 肺癌診療ガイドライン 悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む 2016年版, 金原出版, 2016年, 7, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 永田 靖, 木村智樹、他, 978-4307203654, 320
  10. 2016年11月23日, 放射線治療計画ガイドライン2016年版, 金原出版, 2016年, 11, 単行本(学術書), その他, Japanese, 永田 靖、他, 978-4307071048, 416
  11. 2016年11月10日, 放射線医科学 -生体と放射線・電磁波・超音波- 第1版, 三次元定位照射(脳および体幹部定位照射)治療, 医療科学社, 2016年, 11, 単行本(学術書), 単著, Japanese, 永田 靖, 978-4860034818, 192, 3
  12. 2015年, 新臨床腫瘍学 改訂第4版, 第Ⅱ章 放射線腫瘍学の基礎「9.放射線治療」, 南光堂, 2015年, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 永田 靖, 7
  13. 2015年08月, Stereotactic Body Radiation Therapy, 2015年, 8, 単行本(学術書), 編著, English, 254
  14. 2015年07月22日, 新臨床腫瘍学 改訂第4版, 第Ⅱ章 放射線腫瘍学の基礎「9.放射線治療」, 南光堂, 2015年, 7, 単行本(学術書), 単著, Japanese, 永田 靖, 978-4524261871, 738, 7
  15. 2014年11月21日, EBMの手法による肺癌診療ガイドライン2014年版, 本ガイドラインの目的は,肺癌に関してEBMの手法に基づいた効果的・効率的な診断・治療法を体系化し,効果的な保健医療を確立し,ひいては豊かで活力ある長寿社会を創造するための一翼を担うことである。本ガイドラインはUICC-TNM分類の改訂(第7版,2010年)に併せて大改訂を行い,その後は毎年小改訂を行うこととしWEB上で公開している。本ガイドライン利用者のニーズに応え2014年版は書籍としても出版することとなった。, EBMの手法による肺癌診療ガイドライン2014年版, 金原出版, 2014年, 11, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 永田 靖, 石倉 聡, 唐澤克之, 原田英幸, ほか, 978-4307203340, 201
  16. 2012年03月, 名医が語る最新・最良の治療 肺がん, 株式会社法研, 2012年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 76-89
  17. 2012年12月, 臨床放射線腫瘍学 -最新知見に基づいた放射線治療の実践- 照射法・治療手技 -定位放射線治療-, 南江堂, 2012年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 9784524263226 , 142-146
  18. 2012年12月, 新臨床腫瘍学 -がん薬物療法専門医のために-(改訂第3版) 放射線腫瘍学, 南江堂, 2012年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 9784524269679 , 193-199
  19. 2011年02月, これだけは知っておきたい!放射線療法Q&A-基本知識と最前線- 「Ⅰ最新の放射線治療 Q6定位放射線治療(大幹部)」, 総合医学社, 2011年, 02, 単行本(学術書), 共編著, 9784883786329, 30-35
  20. 2011年11月, 白血病診療ポケットブック, 中外医学社, 2011年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 112-119
  21. 2009年10月, がん化学療法・分子標的治療update, 中外医学社, 2009年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 9784498022447, 736
  22. 2008年04月, 2008放射線治療計画ガイドライン「胸部 Ⅲ.肺癌に対する定位放射線治療」, 日本放射線科専門医会・医会、日本放射線腫瘍学会、日本医学放射線学会編集, 2008年, 04, 単行本(一般書), 共編著, 136-142

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2019年度IMRT国内実態調査アンケート報告 -医師編と物理士・技師編, 永田 靖, 小澤 修一, 日本放射線腫瘍学会第34回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2021年03月20日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  2. 下咽頭癌に対する強度変調回転照射法を用いた放射線治療の成績, 久保 克麿,, 村上 祐司, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2021年03月20日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  3. Machine failure risk analysis for interruptions in radiotherapy., 河原 大輔, 中野 永, 齋藤 明登, 越智 悠介, 小澤 修一, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2021年03月20日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  4. ここまで来た放射線治療, 永田 靖, 被爆75年・HICARE設立30年・福島事故10年国際シンポジウム -これからの30年も世界のために-, 2021年02月11日, 招待, 日本語, HICARE, 広島市
  5. 高精度放射線治療の現状と展望, 永田 靖, 日本放射線看護学会第9回学術集会, 2020年09月26日, 通常, 日本語, 日本放射線看護学会, WEB
  6. 食道癌化学放射線療法の有害事象とDNA 損傷の関連, 今野 伸樹, 西淵 いくの、川端 絵美、衣笠 泰葉、坂井 千恵美、石田 万里、永田 靖、田代 聡, 第45 回中国地区放射線影響研究会, 2020年08月07日, 通常, 日本語, 中国地区放射線影響研究会, WEB
  7. Automatic selection of an absolute-dose verification point for volumetric-modulated arc therapy via dose uncertainty potential accumulation model., 2020年07月12日, 通常, 英語
  8. Aperture area in IMRT studied via accumulated dose uncertainty potential, 2020年07月12日, 通常, 英語
  9. A study of the effects of vascular damage on tumor volume after hypo-fraction radiotherapy by using a cellular automata model., 2020年07月12日, 通常, 英語
  10. Predictive gamma passing rate of 3D array detector-based VMAT QA via deep learning combining dose distribution and accumulated dose uncertainty potential distribution., 2020年07月12日, 通常, 英語
  11. RadiomicsとAIによる切除可能局所進行食道癌術前化学放射線療法後の病理所見予測モデルの検討, 村上 祐司, 河原 大輔, 亀岡 翼, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  12. Large brain metastasesに対する定位放射線治療中のMRIの画像変化と治療計画修正の重要性, 久保 克麿, 権丈 雅浩, 土井 歓子, 中尾 稔, 三浦 英治, 小澤 修一, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  13. Predicting BRAF mutation before Gamma Knife radiosurgery by a radiomics analysis, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  14. 体幹部放射線治療の国内実態調査―2018年, 永田 靖, 小澤 修一, 村上 祐司, 木村 智樹, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  15. 局所進行非小細胞肺癌に対するIMRTの現状, 木村 智樹, 今野 伸樹, 亀岡 翼, 越智 雅則, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 河原 大輔, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 村上 祐司, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  16. 局所進行非小細胞肺癌に対する強度変調回転照射の使用による肺線量及び放射線肺臓炎への影響, 今野 伸樹, 木村 智樹, 亀岡 翼, 越智 雅則, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 村上 祐司, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  17. Vector Volume Histogram(VVH)法を使用した呼吸息止め照射における肺腫瘍息止め再現性の評価, 三浦 英治, 小澤 修一, 中尾 稔, 土井 歓子, 久保 克麿, 権丈 雅浩, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, WEB
  18. A new work-flow of appropriate planning for VMAT using patient specific template with geometrical ideal dose distribution., 第119回日本医学物理学会学術大会, 2020年05月15日, 通常, 日本語, 日本医学物理学会, WEB
  19. Development of an original CT number calibration phantom for postal audit., 第119回日本医学物理学会学術大会, 2020年05月15日, 通常, 日本語, 日本医学物理学会, WEB
  20. 画像誘導放射線治療用kV-CBCTの臓器線量評価における成人日本人ボクセルファントムの適用, 日置 一成, 荒木 不次男, 大野 剛, 中島 健雄, 永田 靖, 日本放射線技術学会第76回総会学術大会, 2020年05月15日, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会, WEB
  21. Deep Learningを用いた3次元半導体検出器における前立腺VMATガンマ解析値予測, 松浦 貴明, 河原 大輔, 齋藤 明登, 三浦 英治, 山田 聖, 小澤 修一, 永田 靖, 日本放射線技術学会第76回総会学術大会, 2020年05月15日, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会, WEB
  22. 仮想単色X線エネルギー画像を用いた改良型造影剤領域抽出システムの開発, 河原 大輔, 横町 和志, 藤岡 知加子, 檜垣 徹, 齋藤 明登, 小澤 修一, 永田 靖, 日本放射線技術学会第76回総会学術大会, 2020年05月15日, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会, WEB
  23. Novel index to predict non-hematologic acute toxicities caused by chemoradiotherapy in esophageal cancer patients., 第79回日本医学放射線学会総会, 2020年05月15日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会, WEB
  24. 切除不能肝内胆管癌に対する根治的放射線治療, 櫻井 英幸, 井垣 浩, 竹中 亮介, 渋井 圭, 永田 靖, 第56回日本肝癌研究会, 2020年12月22日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会
  25. 体幹部定位放射線治療(SBRT)の役割, 木村 智樹, 永田 靖, 第56回日本肝癌研究会, 2020年12月22日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 大阪市
  26. 切除可能局所進行食道癌に対する予防領域照射を用いた根治的化学放射線療法の長期成績, 西淵 いくの, 村上 祐司、亀岡 翼、越智 雅則、今野 伸樹、竹内 有樹、高橋 一平、木村 智樹、永田 靖, 第74回日本食道学会学術集会, 2020年12月10日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 徳島市・WEB
  27. Survey of stereotactic body radiation therapy in Japan, 2020年10月24日, 通常, 英語
  28. A machine learning model with radiomics based on PET images to predict pathological response by neoadjuvant chemoradiotherapy for esophageal cancer, 2020年10月24日, 通常, 英語
  29. Temporal change and risk factor of esophageal stenosis after salvage radiotherapy for superficial esophageal cancer with non-curative endoscopic submucosal dissection, 2020年10月24日, 通常, 英語
  30. Association between acute toxicities of chemoradiotherapy and chromosomal aberrations in peripheral blood lymphocytes in esophageal cancer patients, 2020年10月24日, 通常, 英語
  31. Interfraction tumor change during stereotactic radiotherapy for large brain metastases and importance of treatment plan modification during treatment period, 2020年10月24日, 通常, 英語
  32. 県内4病院における子宮頸癌に対する放射線治療の症例集積結果, 川畑 秀雄, 和田崎 晃一, 中川 富夫, 兼安 祐子, 松浦 寛司, 高橋 一平, 永田 靖, 西淵 いくの, 今野 伸樹, 第23回広島放射線治療研究会, 2020年10月17日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  33. 子宮頸癌ウィルヒョウリンパ節転移に対する放射線治療成績, 植田 太朗, 西淵 いくの, 和田崎 晃一, 中川 富夫, 松浦 寛司, 兼安 祐子, 石原 聡一郎, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 川畑 秀雄, 竹内 有樹, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 第23回広島放射線治療研究会, 2020年10月17日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  34. Predicting the degree of differentiation for esophageal cancer with radiomics analysis, 河原 大輔, 村上 祐司, 齋藤 明登, 三木 健太朗, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  35. 頭頸部症例での金冠による粘膜障害低減のためのコルトフラックスの厚み検討, 常峰 将吾, 小澤 修一, 河原 大輔, 大西 康彦, 大西 孝志, 丸田 力, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  36. 強度変調放射線治療における3次元線量分布のガンマパス率予測手法の開発, 芝 栄志, 齋藤 明登, 古海 誠, 河原 大輔, 三木 健太朗, 小澤 修一, 村上 祐司, 大栗 隆行, 矢原 勝哉, 恒田 雅人, 西尾 禎治, 興梠 征典, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  37. VMAT肺定位放射線治療におけるロバスト最適化計画法の可能性, 三浦 英治, 小澤 修一, 土井 歓子, 中尾 稔, 久保 克麿, 足立 佳範, 権丈 雅浩, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  38. 放射線治療部門における文書管理体制のシステム構築, 津田 信太朗, 三木 健太朗, 和田 拓也, 坪内 健人, 内藤 浩司, 日置 一成, 増田 弘和, 奥村 拓朗, 越智 悠介, 中島 健雄, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  39. 子宮頸癌ウィルヒョウリンパ節転移に対する放射線治療成績, 植田 太朗, 西淵 いくの, 和田崎 晃一, 中川 富夫, 松浦 寛司, 兼安 祐子, 石原 聡一郎, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 川畑 秀雄, 竹内 有樹, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, WEB
  40. 骨転移患者の安全安楽な移乗介助を目指した取り組みとその効果の検討, 坪内 健人, 増田 弘和, 野村 恵, 児玉 智香, 道上 可奈, 三木 健太朗, 平田 和彦, 中島 健雄, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  41. 高齢者の局所膀胱がんに対する放射線治療を含む膀胱温存療法の治療成績, 土井 歓子, 足立 佳範, 権丈 雅浩, 中尾 稔, 三浦 英治, 小澤 修一, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  42. 食道癌術前化学放射線療法(CRT)後の術後再発に対する根治的CRTの有用性に関する検討, 樺山 翔平, 竹内 有樹, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 久保 克麿, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 河原 大輔, 齋藤 明登, 三木 健太朗, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  43. 高齢者に対する食道癌根治的放射線療法の治療方針とG8スコアの関連, 西淵 いくの, 村上 祐司, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  44. 食道癌術後再発に対する根治的放射線療法の治療成績の検討, 竹内 有樹, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 河原 大輔, 齋藤 明登, 三木 健太朗, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  45. 髄芽腫に対する放射線治療成績の検討, 石原 聡一郎, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 竹内 有樹, 河原 大輔, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  46. 高齢者の高悪性度神経膠腫に対する術後寡分割照射の検討, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 竹内 有樹, 河原 大輔, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, WEB
  47. アフターコロナの放射線治療:食道癌, 西淵 いくの, 村上 祐司, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  48. 放射線腫瘍医の需給について, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  49. Association of non-hematologic acute toxicities of chemoradiotherapy in esophageal cancer patients with DNA damage., 第79回日本癌学会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 広島市・WEB
  50. 2020年02月12日, 通常, 英語, 広島市
  51. 肺癌に対する放射線治療の現状と展望, 永田 靖, 第38回熊本肺がん研究会, 2020年02月01日, 通常, 日本語, 熊本肺がん研究会, 熊本市
  52. 口腔癌に対する根治的(化学)放射線療法の検討, 越智 雅則,, 竹内 有樹, 村上 祐司, 亀岡 翼, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 永田 靖, 第133回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2019年12月14日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 松山市
  53. 転移性骨腫瘍に対する予後予測に関する検討, 亀岡 翼, 高橋 一平, 河原 大輔, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 第133回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2019年12月14日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 松山市
  54. 小型肺癌に対する定位放射線治療のエビデンス, 木村 智樹, 永田 靖, 第60回日本肺癌学会学術大会, 2019年12月06日, 通常, 日本語, 日本肺癌学会, 大阪市
  55. 局所進行非小細胞肺癌に対する強度変調回転照射の使用による肺線量及び放射線肺臓炎への影響, 今野 伸樹,, 木村 智樹, 亀岡 翼, 越智 雅則, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 村上 祐司, 永田 靖, 第60回日本肺癌学会学術大会, 2019年12月06日, 通常, 日本語, 日本肺癌学会, 大阪市
  56. 2019年12月06日, 通常, 英語
  57. がん放射線治療推進委員会企画講演 「明日の放射線治療推進のために」, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  58. 内視鏡非治癒切除後食道癌に対する放射線療法後の食道狭窄についての検討, 西淵 いくの, 村上 祐司, 亀岡 翼, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  59. 咽頭がんVMATにおけるロバスト最適化計画法, 三浦 英治, 土井 歓子, 小澤 修一, 中尾 稔 ,権丈 雅浩, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  60. 中高悪性度非ホジキンリンパ腫に対する寡分割照射の有効性の検討, 高橋 一平, 亀岡 翼, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  61. 早期~局所進行舌癌に対する低線量率組織内照射の長期治療成績の検討, 竹内 有樹, 亀岡 翼, 越智 雅則, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 河原 大輔, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  62. 放射線腫瘍医の需要予測, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  63. 食道癌化学放射線療法の有害事象予測指標としての末梢血リンパ球DNA損傷の検討, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 亀岡 翼, 越智 雅則, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 村上 祐司, 時 林, 田代 聡, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  64. 切除不能局所進行食道癌に対する根治的化学放射線療法の検討, 越智 雅則, 西淵 いくの, 村上 祐司, 亀岡 翼, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  65. 転移性骨腫瘍に対する予後予測に関する検討, 亀岡 翼, 高橋 一平, 河原 大輔, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  66. 転移性脳腫瘍に対するVMATによる定位放射線治療成績, 権丈 雅浩,, 久保 克麿, 土井 歓子, 三浦 英治, 中尾 稔, 小澤 修一, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  67. 線量不確定性積算モデルによる2次元線量分布のガンマパス率予測, 芝 栄志, 齋藤 明登, 古海 誠, 村上 祐司, 大栗 隆行, 恒田 雅人, 矢原 勝哉, 西尾 禎治, 興梠 征典, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 名古屋市
  68. Nagata Y, 2019年11月13日, 通常, 英語
  69. 2019年11月13日, 通常, 英語
  70. 2019年11月13日, 通常, 英語
  71. 転移性骨腫瘍に対する予後予測に関する検討, 亀岡 翼, 高橋 一平, 河原 大輔, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 第22回広島放射線治療研究会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  72. 広島市内4基幹病院における放射線治療計画装置の不均質補正調査報告, 中尾 稔, 小澤 修一, 三浦 英治, 山田 聖, 羽原 幸作, 早田 将博, 草場 颯, 三木 健太朗, 河原 大輔, 中島 健雄, 越智 悠介, 津田 信太朗, 清堂 峰明, 森本 芳美, 川久保 淳, 野崎 浩茂, 久保 康行, 豊田 義政, 永田 靖, 第22回広島放射線治療研究会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  73. 仮想単色X線エネルギー画像を用いた改良型造影剤領域抽出システムの開発, 河原 大輔, 田中 創大, 恒田 雅人, 横町 和志, 藤岡 知加子, 檜垣 徹, 三木 健太朗, 斎藤 明登, 小澤 修一, 永田 靖, 第22回広島放射線治療研究会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  74. Large brain metastasesに対する定位放射線治療中のMRIの画像変化と治療計画修正の重要性, 久保 克麿, 権丈 雅浩, 土井 歓子, 中尾 稔, 三浦 英治, 小澤 修一, 永田 靖, 第22回広島放射線治療研究会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  75. 切除可能局所進行食道癌に対する予防領域照射を用いた根治的化学放射線療法の長期成績, 西淵 いくの, 村上 祐司, 亀岡 翼, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 永田 靖., 第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年10月24日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 福岡市
  76. 広島県内の第三者品質管理活動におけるIGRT評価方法の基礎的検討, 羽原 幸作, 三浦 英治, 草場 颯, 清堂 峰明, 津田信太朗, 野崎 浩茂,小澤 修一, 永田 靖, 第47回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2019年10月17日, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会, 大阪市
  77. Large brain metastasesに対する定位放射線治療中のMRI画像変化と治療計画修正の重要性, 久保 克麿, 権丈 雅浩, 土井 歓子, 中尾 稔, 三浦 英治, 小澤 修一, 永田 靖, 第48回京都放射線腫瘍研究会, 2019年10月12日, 通常, 日本語, 京都放射線腫瘍研究会, 京都市
  78. 強度変調回転放射線治療における線量率変更に伴うダイナミックパラメータと投与線量への影響, 奥村 拓朗,, 三浦 英治, 草場 颯, 岡杖 俊也, 榎崎 翼, 早田 将博, 松浦 貴明, 山田 聖, 永田 靖, 第15回中四国放射線医療技術フォーラム, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 中四国放射線医療技術フォーラム, 高知市
  79. Deep Learningを用いた3次元半導体検出器におけるガンマ解析値予測, 松浦 貴明, 河原 大輔, 齋藤 明登, 三浦 英治, 奥村 拓朗, 山田 聖, 小澤 修一, 永田 靖, 第15回中四国放射線医療技術フォーラム, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 中四国放射線医療技術フォーラム, 高知市
  80. 乳房接線照射における治療ビーム角度およびその直交角度からの画像照合の有用性の検討, 草場 颯,, 奥村 拓朗, 三浦 英治, 松浦 貴明, 岡杖 俊也, 榎崎 翼, 早田 将博, 山田 聖, 永田 靖, 第15回中四国放射線医療技術フォーラム, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 中四国放射線医療技術フォーラム, 高知市
  81. 舌がんへの外部放射線治療における舌の位置再現性, 和田 拓也, 日置 一成, 中島 健雄, 越智 悠介, 内藤 浩司, 坪内 健人, 増田 和弘, 津田 信太朗, 永田 靖, 第15回中四国放射線医療技術フォーラム, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 中四国放射線医療技術フォーラム, 高知市
  82. CBCTにおける畳み込みニューラルネットワークによる画像ノイズ除去に関する検討, 岡杖 俊也, 三浦 英治, 奥村 拓朗, 山田 聖, 永田 靖, 第15回中四国放射線医療技術フォーラム, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 中四国放射線医療技術フォーラム, 高知市
  83. Maximum Heart Distanceを指標とした左乳房深吸気息止め照射の適否予測, 早田 将博, 三浦 英治, 土井 歓子, 奥村 拓朗, 松浦 貴明, 山田 聖, 永田 靖, 第15回中四国放射線医療技術フォーラム, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 中四国放射線医療技術フォーラム, 高知市
  84. 2019年09月15日, 通常, 英語
  85. 2019年09月15日, 通常, 英語
  86. 2019年09月15日, 通常, 英語
  87. 2019年09月15日, 通常, 英語
  88. 2019年09月15日, 通常, 英語
  89. 第118回日本医学物理学会, 2019年09月12日, 通常, 英語, 日本医学物理学会, 福井市
  90. 第118回日本医学物理学会, 2019年09月12日, 通常, 英語, 日本医学物理学会, 福井市
  91. 第118回日本医学物理学会, 2019年09月12日, 通常, 英語, 日本医学物理学会, 福井市
  92. 2019年09月07日, 通常, 英語
  93. 2019年07月14日, 通常, 英語
  94. 2019年07月14日, 通常, 英語
  95. 2019年07月14日, 通常, 英語
  96. 生物学的等価線量を用いた食道癌根治的化学放射線療法後の晩期心肺毒性の検討, 竹内 有樹, 村上 祐司、足立 佳範、今野 伸樹、高橋 一平、西淵 いくの、木村 智樹、三木 健太郎、齋藤 明登、永田 靖, 第73回日本食道学会学術集会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 福岡市
  97. 線量不確定性積算モデルによるガンマパス率予測, 芝 栄志, 齋藤 明登, 古海 誠, 村上 祐司, 大栗 隆行, 恒田 雅人, 矢原 勝哉, 西尾 禎治, 興梠 征典, 永田 靖, 第21回広島放射線治療研究会, 2019年05月25日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  98. 前立腺癌の放射線治療において線量分割の違いが線量分布の堅牢性に与える影響の検討, 坪内 健人, 河原 大輔, 中島 健雄, 永田 靖, 第21回広島放射線治療研究会, 2019年05月25日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  99. 前立腺癌に対するIMRTの中期成績, 村上 祐司, 中島 健雄, 亀岡 翼, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵いくの, 河原 大輔, 三木健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖, 第21回広島放射線治療研究会, 2019年05月25日, 通常, 日本語
  100. 2019年05月11日, 通常, 英語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  101. 2019年04月26日, 通常, 英語
  102. 2019年04月26日, 通常, 英語
  103. 日本放射線技術学会第75回総会学術大会, 2019年04月11日, 通常, 英語, 日本放射線技術学会, 横浜市
  104. A margin for fractionation effects in stereotactic radiation therapy., 日本放射線技術学会第75回総会学術大会, 2019年04月11日, 通常, 英語, 日本放射線技術学会, 横浜市
  105. 直腸癌に対するTS-1併用術前化学放射線療法の検討, 今野 伸樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 竹内 有樹, 高橋 一平, 三木健太朗,齋藤 明登, 西淵いくの, 木村 智樹, 永田 靖, 第47回京都放射線腫瘍研究会, 2019年03月09日, 通常, 日本語, 京都放射線腫瘍研究会, 京都市
  106. 強度変調放射線治療の国内実態調査-2017年, 永田 靖,小澤修一,村上祐司,木村智樹,西淵いくの,権丈雅浩,土井歓子, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  107. 中下咽頭癌・胸部食道癌の同時重複癌に対する同時放射線治療の検討, 高橋 一平,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,三木健太朗,齋藤 明登,西淵いくの,木村 智樹,村上 祐司,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  108. 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療の治療成績, 大西 圭一,土井 歓子,権丈 雅浩,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  109. 限局性および局所進行性前立腺癌に対する強度変調放射線治療の中期治療成績, 村上 祐司,中島 健雄,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,高橋 一平,西淵いくの,三木健太朗,齋 藤明登,木村 智樹,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  110. フィルタ逆投影法とディープラーニングを応用した予測線量分布生成法の開発と評価、および効果的な線量分布最適化への応用, 三木健太朗,齋藤 明登,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,高橋 一平,西淵 いくの,木村 智樹,村上 祐司,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  111. 自由呼吸下での体幹部定位放射線治療におけるPTV辺縁不均一体積処方のマージン低減の可能性, 増田 弘和,河原 大輔,中島 健雄,相田 雅道,越智 悠介,津田 信太朗,日置 一成,坪内 健人,大野 吉美,隅田 博臣,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  112. 高精度放射線治療の現状と展望, 永田 靖, 第1回西宮放射線治療研究会, 2019年02月27日, 通常, 日本語, 西宮放射線治療研究会, 西宮市
  113. SBRT in JAPAN, Nagata Y, HICARE/IAEA International Training Course on Advanced Radiation Therapy (IAEA-RCA Regional Training Course), 2019年02月18日, 通常, 英語, HICARE/IAEA, Hiroshima, Japan
  114. 内視鏡非治癒切除食道癌に対する化学放射線療法後に硬膜外膿瘍を生じた1例, 足立 佳範, 西淵 いくの, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖., 第131回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 高松市
  115. 転移性肺腫瘍に対する定位放射線治療成績の検討, 今野伸樹、木村智樹、足立佳範、竹内有樹、高橋一平、西淵いくの、村上祐司、永田 靖, 第131回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 高松市
  116. A Simplified Three-Isocenter VMAT for Craniospinal Irradiation, Takahashi I, Adachi Y, Imano N, Takeuchi Y, Nishibuchi I, Miki K, Saito, A , Kimura T, Murakami Y, Nagata Y, European Society for Radiotherapy and Oncology meets Asia 2018 (ESTRO), 2018年12月07日, 通常, 英語
  117. がんに対する最新情報と高精度放射線治療の現状, 永田 靖, 第35回広島県薬事衛生大会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, 広島市
  118. 本邦における間質性肺炎合併肺癌に対する放射線治療の実態調査, 萩原靖倫, 中山優子, 加藤晃史, 工藤滋弘, 早川和重, 北本佳住, 高橋重雄, 楠本昌彦, 永田 靖, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, 日本肺癌学会, 東京都
  119. 【放射線治療の最前線②】~肺がん・緩和照射~, 永田 靖, がん医療推進に係る県民公開セミナー 集学的がん治療講演会, 2018年11月25日, 通常, 日本語, 福山市
  120. 放射線治療センターにおける感染制御部共同の感染症対策改善の取り組み, 増田 弘和, 野村 恵, 森 美菜子, 吉松 由香里, 坪内 健人, 三木 健太朗, 高橋 一平. 神田 里惠子, 大野 吉美, 永田 靖, 第13回医療の質・安全学会, 2018年11月24日, 通常, 日本語, 医療の質・安全学会, 名古屋市
  121. 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療の治療成績, 大西圭一,土井歓子,権丈雅浩,永田 靖, 第71回広島医学総会, 2018年11月11日, 通常, 日本語, 広島市
  122. 乳房切除術後照射に対するHybrid IMRTの有用性, 松下 矩正, 河原 大輔, 中島 健雄, 齋藤 明登, 隅田 博臣, 永田 靖, 第14回中四国放射線医療技術フォーラム, 2018年11月03日, 通常, 日本語, 広島市
  123. FFFを用いた体幹部定位VMATにおける呼吸性移動による線量変化の基礎的検討, 増田 弘和, 河原 大輔, 中島 健雄, 相田 雅道, 越智 悠介, 奥村 拓朗, 日置 一成, 大野 吉美, 隅田 博臣, 永田 靖, 第14回中四国放射線医療技術フォーラム, 2018年11月03日, 通常, 日本語, 広島市
  124. A simplified three-isocenter VMAT for craniospinal irradiation., Takahashi I, Imano N, Takeuchi Y, Nishibuchi I, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  125. A phase II trial of stereotactic body radiation therapy for operable T1N0M0 Non-Small cell lung cancer; Japan clinical oncology group (JCOG0403); Long term follow-up results., Nagata Y, Hiraoka M, Shibata T, Onishi H, Kokubo M, Karasawa K, Shioyama Y, Onimaru R, Kunieda E, Ishikura S., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  126. Comparison of stereotactic body radiation therapy combined with or without transcatheter arterial chemoembolization for patients with small hepatocellular carcinoma ineligible for resection or ablation therapies., Kimura T, Doi Y, Aikata H, Imano N, Takeuchi Y, Takahashi I, Nishibuchi I, Katsuta T, Kenjo K, Murakami Y, Awai K, Chayama K, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  127. The efficacy and tolerability of S-1 in the treatment of preoperative chemoradiotherapy for locally advanced rectal cancer., Imano N, Nishibuchi I, Takeuchi Y, Takahashi I, Miki K, Saito A, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  128. Salvage radiation therapy with elective nodal irradiation for superficial esophageal cancer after incomplete endoscopic resection., Nishibuchi I, Murakami Y, Imano N, Takeuchi Y, Takahashi I, Kimura T, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語
  129. Vector volume histogram: New method to evaluate deformed organ motion., Miura H, Ozawa S, Doi Y, Kenjo M, Nakao M, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語
  130. A multicenter single-arm confirmatory trial on hypofractionated whole-breast irradiation after breast-conserving surgery., Kawaguchi Y, Nozaki M, Kagami Y, Shibata T, Nakamura K, Ito Y, Nishimura Y, Saito Y, Nagata Y, Matsumo Y, Akimoto T, Nishimura T, Uno T, Tsujino K, Kataoka M, Kodaira T, Shiraishi K, Inoue K, Isohashi F, Hiraoka M., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語
  131. 前立腺癌に対する密封小線源治療後のPSA bounceの臨床的特徴, Kubo K, Wadasaki K, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  132. VMATを用いた全能全脊髄照射(CSI)の基礎的検討, 高橋 一平, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 村上 祐司, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  133. 直腸癌に対するTS-1併用術前化学放射線療法の検討, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 村上 祐司, 足立 佳範, 竹内 有樹, 高橋 一平, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  134. 新規治療法導入時における多職種チーム連携による安全かつ効率的な治療法構築の試み, 三木 健太朗, 大野 吉美, 野村 恵, 村上 祐司, 木村 智樹, 木村 智樹, 西淵 いくの, 高橋 一平, 竹内 有樹, 今野 伸樹, 齋藤 明登, 中島 健雄, 藤岡 美紀, 柿本 直也, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  135. 生物学的等価線量を用いた食道癌根治的化学放射線療法後における晩期心肺毒性の検討, 竹内 有樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  136. 鎖骨上部を含めた胸壁ないし温存乳房へのHybrid VMAT照射:急性期有害事象への検討, 土井 歓子. 大西 圭一, 権丈 雅浩, 中尾 稔, 三浦 英治, 小澤 修一, 山田 聖, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  137. 中咽頭癌に対する強度変調回転照射の検討, 西淵 いくの, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  138. 局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法併用食道切除術の長期成績, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 浜井 洋一, 恵美 学, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  139. フィルタ逆投影法を応用した幾何学的理想な線量分布生成法の開発および臨床応用可能性における検討, 三木健太朗,齋藤明登,足立佳範,今野伸樹,竹内有樹,高橋一平,西淵いくの,木村智樹,村上祐司,永田 靖, 第20回広島放射線治療研究会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  140. 鎖骨上部を含めた胸壁ないし温存乳房への Hybrid VMAT 照射 :急性期有害事象の検討, 土井 歓子, 大西 圭一, 権丈 雅浩, 中尾 稔, 三浦 英治, 小澤 修一, 山田 聖, 永田 靖, 第20回広島放射線治療研究会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  141. 食道癌根治的化学放射線療法後の心肺有害事象の検討, 竹内 有樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 中島 健雄, 三木 健太朗, 斎藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖, 第20回広島放射線治療研究会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  142. 胸部食道癌 VMAT の臨床導入, 村上 祐司, 斎藤 明登, 中島 健雄, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 三木 健太朗, 木村 智樹, 永田 靖, 第20回広島放射線治療研究会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  143. Study of Interstitial lung disease and acute exacerbation in patients receiving radiation therapy for lunf cancer in Japan., Hagiwara Y, Nakayama Y, Kato T, Saito Y, Hayakawa K, Nakamura N, Kitamoto Y, Takahashi S, Tsujino K, Kubo N, Tamaki Y, Kusumoto M, Iwasawa T, Nagata Y., IASLC 19th World Conference on Lung Cancer, 2018年09月23日, 通常, 英語
  144. Particle therapy & Immuno-RT, Nagata Y, The National Radiation Oncology Meeting on Advanced Radiation Oncology technologist based on introduction of LINACs in Mongolia, 2018年09月19日, 通常, 英語
  145. The Efficacy and Tolerability of S-1 in the Treatment of Preoperative Chemoradiotherapy for Locally Advanced Rectal Cancer., Imano N, Murakami Y, Nishibuchi I, Adachi Y, Takeuchi Y, Takahashi I, Kimura T, Nagata Y., The 3rd Meeting of the Federation of Asian Organizations for Radiation Oncology(FARO), 2018年09月06日, 通常, 英語
  146. 放射線治療の最前線, 永田 靖, 広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)県民公開セミナー, 2018年08月04日, 通常, 日本語, 広島がん高精度放射線治療センター, 広島市
  147. Biological dose enhancement using lipiodol in liver SBRT after TACE., Kawahara D, Nakano H, Ozawa S, Saito A, Kimura T, Tsuneda M, Hioki K, Masuda H, Ochi Y, Nakashima T, Ohno Y, Murakami Y, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  148. Structure and aperture-based robustness estimation for volumetric modulated arc therapy., Mori M, Saito A, Kawahara D, Miki K, Murakami Y, Nakashima T, Okumura T, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  149. Predictive gamma passing rate based on dose uncertainty for head-and-neck and prostate IMRT., Shiba E, Saito A, Tsuneda M, Furumi M, Yahara K, Ohguri T, Murakami Y, Nishio T, Korogi Y, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  150. Dose calculation grid for 3D dose verification of VMAT using rotating 2D array of finite-size detectors., Saito A, Nakashima T, Okumura T, Aita M, Hioki K, Kawahara D, Masuda M, Miki K, Mori M, Naito K, Ochi Y, Tsubouchi T, Ohno Y, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  151. Development of geometrically ideal dose distribution as a reference of treatment planning in VMAT with filtered back projection method., Miki K, Hioki K, Nakashima T, Saito A, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  152. Automatic contrast medium extraction system using monochromatic CT number., Kawahara D, Ozawa S, Tanaka S, Yokomachi K, Saito A, Higaki T, Fujioka C, Tsuneda M, Mori M, Ohno Y, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  153. 肝内胆管癌に対する放射線治療の役割を考える, 櫻井英幸,永田靖,井垣 浩, 第54回日本肝癌研究会, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 久留米市(久留米シティプラザ)
  154. 肝内胆管癌に対する放射線治療の役割を考える, 櫻井 英幸,永田 靖,井垣 浩, 第54回日本肝癌研究会, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 久留米市
  155. リコール現象と思われる放射線筋炎を発症した一例, 亀岡 翼, 西淵 いくの, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖., 第130回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年06月16日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 出雲市
  156. 高齢者の高悪性度神経膠腫に対する術後寡分割照射の検討, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 足立 佳範, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖., 第130回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年06月16日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 出雲市
  157. 生物学的等価線量を用いた食道癌根治的化学放射線療法後の晩期心肺毒性の検討, 竹内 有樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 永田 靖., 第130回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年06月16日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 出雲市
  158. 過去三年の重要インシデントおよび治療装置トラブルの報告, 増田 弘和,村上 祐司,野村 恵,中島 健雄,大野 吉美,永田 靖, 第19回広島放射線治療研究会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  159. Co-optimizationを用いたハイブリッドIMRTの検討, 斎藤 明登,河原 大輔,中島 健雄,永田 靖, 第19回広島放射線治療研究会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  160. 中咽頭癌に対する強度変調回転照射の検討, 西淵いくの,村上 祐司,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,高橋 一平,三木健太朗,斎藤 明登,木村 智樹,永田 靖, 第19回広島放射線治療研究会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  161. Current status of SBRT in Japan., Nagata Y., Global Academic Programs 2018 (GAP), 2018年05月15日, 通常, 英語
  162. Accuracy of the Effective Atomic Numbers and Theoretical Monochromatic CT Numbers for Contrast Medium with Raw-data Based Dual-energy CT, Kawahara D,Ozawa S,Tanaka S,Yokomachi K,Fujioka C,Ohno Y,Nagata Y, 日本放射線技術学会第74回総会学術大会, 2018年04月12日, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会, 横浜市
  163. Clinical Value of Squamous Cell Carcinoma Antigen in Patients with Advanced Cervical Carcinoma Treated by Chemoradiotherapy, Wadasaki K,Nishibuchi I,Imano N,Nagata Y., The 77th Annual Meeting of the Japan Radiological Society, 2018年04月12日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜市
  164. Demand and Supply of Radiation Oncologists in Future., Nagata Y., The 77th Annual Meeting of the Japan Radiological Society, 2018年04月12日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜市
  165. 化学放射線療法を行った進行子宮頸癌患者における SCC 抗原の臨床的意義について, 和田崎 晃一, 久保 克麿, 西淵 いくの, 今野 伸樹, 永田 靖, 第77回日本医学放射線学会総会, 2018年04月12日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜市
  166. 放射線腫瘍医の需給, 永田 靖, 第77回日本医学放射線学会総会, 2018年04月12日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜市
  167. 肝細胞癌に対する定位放射線治療の可能性, 木村智樹, 今野伸樹, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 村上祐司, 永田 靖, 第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年02月10日, 通常, 日本語, 大阪市
  168. 中咽頭癌に対する強度変調回転照射の検討, 西淵いくの, 村上祐司, 今野伸樹, 竹内有樹, 高橋一平, 木村智樹, 永田 靖, 第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年02月10日, 通常, 日本語, 大阪市
  169. VMATを用いた鎖骨上窩と胸壁への乳癌術後照射に対する効率的なQA法, 余語克紀, 中尾 稔, 土井歓子, 佐田尚輝, 勝田 剛, 権丈雅浩, 永田 靖, 第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年02月10日, 通常, 中国語, 大阪市
  170. 2018年01月18日, 通常, 英語
  171. Simulation study of volumetric modulated arc therapy for thoracic esophageal cancer using automated-radiotherapy planning software., Murakami Y,Nagata Y,Kimura T,Nishibuchi I,Nakashima T, 2018 Gastorointestinal Cancers Symposium, 2018年01月18日, 通常, 英語
  172. 2017年12月09日, 招待, 英語
  173. 2017年12月09日, 通常, 英語
  174. 肝癌治療における放射線治療の意義, 永田 靖, 第53回日本肝癌研究会, 2017年07月06日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 東京都
  175. 高校生に対するがん教育のポイント, 永田 靖, 広島県高等学校保健会広島東地区支部平成29年度第1回研修会, 2017年06月28日, 招待, 日本語, 広島県高等学校保健会広島東地区支部, 東広島市
  176. 高精度放射線治療の現状と展望, 永田 靖, JA広島総合病院講演会, 2017年06月05日, 招待, 日本語, JA広島総合病院, 廿日市市
  177. 高精度部会アンケート調査報告 強度変調放射線治療の国内実態調査-2015年- 医師編, 永田 靖, 小澤 修一, 村上祐司, 木村智樹, 西淵いくの, 権丈雅浩, 土井歓子, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会, 仙台市
  178. 特徴点追跡法を使用したジンバル機構の治療前動作確認, 三浦英治, 小澤 修一, 榎崎 翼, 川久保淳, 細野郁華, 山田 聖, 永田 靖, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 仙台市
  179. 鎖骨上部を含む胸壁もしくは温存乳房照射に対する接線照射+強度変調回転照射(Hybrid VMAT)の取り組み, 土井歓子, 中尾 稔, 古川健吾, 三浦英治, 小澤修一, 山田 聖, 川畑秀雄, 権丈雅浩, 永田 靖, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 仙台市
  180. IVA-IVB期中下咽頭癌に対する導入化学療法+化学療法併用VMATの治療成績, 村上祐司, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 中島健雄, 上田勉, 三木健太郎, 齋藤 明登, 木村智樹, 永田 靖, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 仙台市
  181. IMRTを用いた全脳全脊髄照射(CSI)の初期経験, 高橋 一平, 柏戸 宏造, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 仙台市
  182. 放射線腫瘍学:放射線治療の実際, 永田 靖, 日本臨床腫瘍学会第29回教育セミナー, 2017年03月04日, 招待, 日本語, 日本臨床腫瘍学会, 横浜市
  183. Vero-4DRTを用いた肝臓癌に対する動体追尾照射の初期経験, 土井歓子, 三浦英治, 小澤修一, 山田 聖, 権丈雅浩, 木村智樹, 村上祐司, 永田 靖, 第58回広島肝疾患ゼミナール, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 広島肝疾患ゼミナール, 広島市
  184. 初発小型肝細胞癌に対する切除術と体幹部定位放射線治療の比較検討, 中野亮介, 大平真裕, 小林 剛, 石山宏平, 井手健太郎, 田原裕之, 黒田慎太郎, 清水誠一, 佐伯吉弘, 坂井 寛, 矢野琢也, 石田伸樹, 柳川泉一郎, 廣岡道則, 沖本 将, 田口和浩, 田中飛鳥, 秋本修志, 高橋 元, 中島一記, 山口恵美, 本明慈彦, 茶山一彰, 永田 靖, 大段秀樹, 第58回広島肝疾患ゼミナール, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 広島肝疾患ゼミナール, 広島市
  185. がん放射線治療と生活の調和を目指す看護ケアの創出, 永田 靖, 第31回日本がん看護学会学術集会,, 2017年02月05日, 招待, 日本語, 日本がん看護学会, 高知市
  186. がんについての最新情報と高精度放射線治療, 永田 靖, スミセイさわやか介護セミナー, 2017年02月04日, 招待, 日本語, 広島市
  187. 局所進行肺癌に対する最先端放射線治療-高精度X線治療・粒子線治療の現在と未来-, 永田 靖, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016年12月19日, 通常, 日本語, 日本肺癌学会, 福岡市
  188. 肺機能画像は放射線肺臓炎の線量分布パラメータに相関する, 木村智樹, 中島健雄, 齋藤明登, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 村上祐司, 西尾禎治, 永田 靖, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016年12月19日, 通常, 日本語, 日本肺癌学会, 福岡市
  189. 頭部血管肉腫に対する放射線治療の検討, 高橋 一平、竹内 有樹、西淵 いくの、木村 智樹、村上 祐司、永田 靖, 第127回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2016年12月10日, 通常, 日本語, 徳島市
  190. 食道がん根治的CRT 後の再発に対してPDT を施行した2 症例, 竹内 有樹、村上 祐司、高橋 一平、西淵 いくの、木村 智樹、斉藤 明登、永田 靖, 第127回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2016年12月10日, 通常, 日本語, 徳島市
  191. 2016年12月04日, 通常, 英語
  192. Impact of inflammation and sarcopenia on outcomes after stereotactic body radiotherapy for T1N0M0 non-small cell lung cancer., 2016年12月04日, 通常, 英語
  193. Treatment results of definitive chemo-radiation therapy in patients with cervical esophageal cancer., 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  194. 高精度放射線治療の現状と展望, 永田 靖, 第84回広島市外科医会講演会, 2016年11月08日, 招待, 日本語, 広島市外科医会, 広島市
  195. 2016年10月14日, 招待, 英語
  196. Combined ventilationand perfusion imaging correlates with the dosimetric parameters of radiatoin pneumonitis in radiation therapy planning for lung cancer., 2016年09月25日, 通常, 英語
  197. A simplified Three-Isocenter IMRT for craniospinal irradiation to minimize planning and treatment time, 2016年09月25日, 通常, 英語
  198. Verification of mechanical and dosimetric accuracy for head and neck volumetric modulated arc therapy with jaw tracking, 2016年09月25日, 通常, 英語
  199. Salvage radiotherapy for superficial esophageal cancer after incomplete endoscopic resection, 2016年09月25日, 通常, 英語
  200. Impact of expiratory tumor motion patterns on dose volume histogram in treatment phase selection of respiratory gating radiation therapy for lung cancer, 2016年09月25日, 通常, 英語
  201. 高精度放射線治療の現状と展望, 永田 靖, 大竹市医師会月例会, 2016年09月16日, 招待, 日本語, 大竹市医師会, 大竹市
  202. 広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC), 永田 靖, 済生会広島病院オープンカンファレンス, 2016年09月08日, 招待, 日本語, 済生会広島病院, 広島県安芸郡
  203. 高精度放射線治療の現状と広島がん高精度放射線治療センター, 永田 靖, 第321回吉島病院オープンカンファレンス, 2016年09月08日, 招待, 日本語, 吉島病院, 広島市
  204. Analysis of DEF and energy spectrum with PHITS on Lipiodol using the flattened and unflattened photon beams., 河原大輔,小澤修一,斎藤明登,西尾禎治,田中創大,鈴木龍彦,日置一成,奥村拓 朗,越智悠介,中島健雄,大野吉美,永田 靖, 第112回日本医学物理学会学術大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語, 日本医学物理学会, 宜野湾市
  205. 高精度放射線治療の現状と展望, 永田 靖, 中国労災病院学術講演会, 2016年08月25日, 招待, 日本語, 中国労災病院, 呉市
  206. がんに関する基礎知識と放射線治療の現状, 永田 靖, 広島県立広島皆実高等学校講演会, 2016年08月01日, 招待, 日本語, 広島県立広島皆実高等学校, 広島市
  207. Kompeito-Shot: Development of a Novel Verification System for 3D Beam Alignment Including the Sag of Gantry Head, 2016年07月31日, 通常, 英語
  208. Energy Spectral Study On Lipiodol After Trans-Arterial Chemoembolization Using the Flattened and Unflattened Photon Beams, 2016年07月31日, 通常, 英語
  209. 永田 靖, 2016年07月22日, 招待, 英語, 広島市
  210. Stereotactic body radiotherapy for patients with small hepatocellular carcinoma ineligible for ablation therapies., 2016年07月22日, 通常, 英語, 広島市
  211. Evaluation of adverse events in Atomic Bomb survivors receiving curative-intent radiation therapy from 2005 to 2010, 2016年07月22日, 通常, 英語, 広島市
  212. Clinical features of metachronous cancer in patients with esophageal cancer treated by definitive radiation therapy, 2016年07月22日, 通常, 英語, 広島市
  213. 放射線治療とHIPRACについて, 永田 靖, 広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)県民公開セミナー, 2016年07月09日, 通常, 日本語, 広島がん高精度放射線治療センター, 広島市
  214. 3cm 以下の小型肺腫瘍に対するJCOG1408 標準線量での定位放射線治療の長期成績, 木村 智樹、高橋 一平、竹内 有樹、西淵いくの、村上 祐司、永田  靖, 第55回日本呼吸器学会 中国・四国地方会, 2016年07月09日, 通常, 日本語, 日本呼吸器学会, 広島市
  215. 頸部食道癌に対する根治的化学放射線治療成績の検討, 竹内有樹,村上祐司,高橋一平,西淵いくの,木村智樹,檜原淳,浜井洋一,永田靖, 第70回日本食道学会学術集会, 2016年07月04日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 東京都
  216. 根治的放射線治療後の異時性多発癌の検討, 村上祐司,竹内有樹,高橋一平,西淵いくの,木村智樹,永田靖, 第70回日本食道学会学術集会, 2016年07月04日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 東京都
  217. 広島がん高精度放射線治療センターの概要と治療内容 -がん治療をより高度に、より優しく-, 永田 靖, LC生涯学習教養講座特別講演会, 2016年06月24日, 招待, 日本語, 広島市
  218. がんに関する基礎知識と放射線治療の現状, 永田 靖, 広島県立広島皆実高等学校講演会, 2016年06月20日, 招待, 日本語, 広島県立広島皆実高等学校, 広島市
  219. 放射線治療の現状と課題, 永田 靖, 第32回エクセル会, 2016年03月30日, 招待, 日本語, ユーロメディテック株式会社, 東京都
  220. 高精度放射線治療の現状と将来, 永田 靖, 第230回広島大学第一内科開業医部会火曜会学術講演会, 2016年03月15日, 招待, 日本語, 広島大学第一内科開業医部会, 広島市
  221. 3次元ビーム照射軸計測法”こんぺいとうショット法”用検証システムの概要, 恒田雅人, 西尾禎治, 齋藤明登, 河原大輔, 越智悠介, 日置一成, 松下慶一郎, 田中創大, 小澤修一, 永田 靖, 第41回京都放射線腫瘍研究会, 2016年02月20日, 通常, 日本語, 京都放射線腫瘍研究会, 京都市
  222. Dosimetric comparison between volumetric modulated arc therapy and conventional 3D conformal radiotherapy for middle thoracic esophageal cancer., Doi Y, Murakami Y., Kawabata H., Takeuchi Y., Nishibuchi I.,Okabe T., Kenjo M., Kimura T., Nagata Y., 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会, 2015年11月19日, 通常, 英語, 日本放射線腫瘍学会, 前橋市
  223. Gd-EOB-DTPA enhanced MRI guided stereotactic body radiation therapy planning for patients with hepatocellular carcinoma., Proceedings of the American Society for Radiation Oncology 57th annual meeting(ASTRO), 2015年10月18日, 通常, 英語
  224. がんを切らずになおす放射線治療の最前線, 永田 靖, 第678回広島経営同友会月例会, 2015年08月25日, 招待, 日本語, 広島経済同友会, 広島市
  225. TACE後のリピオドールが線量分布に及ぼす影響, 河原大輔, ,小澤修一, 日置一成, 越智悠介, 奥村拓朗, 齋藤明登, 西尾禎治, 中島健雄, 大野吉美, 永田 靖, 第66回中国・四国放射線治療懇話会, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 中国・四国放射線治療懇話会, 山口市
  226. 鎖骨上窩および傍胸骨領域を含めた乳房温存術後照射における強度変調回転照射(VMAT), 土井歓子, ,木村智樹, 河野理香, 大西圭一, 川畑秀雄, 竹内有樹, 西淵いくの, 岡部智行, 斉藤明登, 権丈雅浩, 村上祐司, 小澤修一, 西尾禎治, 永田 靖, 金 隆史, 第124回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2015年06月26日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 山口市
  227. 2015年05月25日, 通常, 英語
  228. Evaluation of Beam Modeling for Small Field using Flattening Filter Free, 2015年05月25日, 通常, 英語, 京都市
  229. 高精度放射線治療の現状と展望, 永田 靖, 東広島医療センター特別講演会, 2015年01月29日, 招待, 日本語, 東広島医療センター, 東広島市
  230. わかりやすい肝腫瘍の病理と画像診断、そして放射線治療, 永田 靖, 第28回JCRミッドウィンターセミナー, 2015年01月24日, 招待, 日本語, 日本放射線科専門医会・医会, 福岡市
  231. 肺がんの放射線治療, 永田 靖, 肺がん疾患治療啓発キャンペーン「もっと知って欲しい肺がんのこと 2014 in 広島」, 2014年06月29日, 招待, 日本語, NPO法人キャンサーネットジャパン・株式会社中国新聞社, 広島市
  232. 医療・介護改革で世界の先端をいく安全安心な社会を, 永田 靖, 第29回全国経済同友会セミナー, 2014年04月14日, 招待, 日本語, 全国経済同友会, 岡山市
  233. 体幹部定位放射線照射の現状, 永田 靖, 第73回日本医学放射線学会総会, 2014年04月10日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会, 横浜市
  234. 放射線腫瘍学:放射線治療の実際, 永田 靖, 日本臨床腫瘍学会第23回教育セミナー, 2014年03月08日, 通常, 日本語, 日本臨床腫瘍学会, 横浜市
  235. 高精度放射線治療センター(仮称)でがん医療の何がすすむのでしょうか, 永田 靖, (県民フォーラム)【がん講演会】広島県のがんにまつわる最近のトピックス, 2014年03月01日, 招待, 日本語, 広島県医師会, 広島市, シンポジウム 1 過去5年間の広島県のがん対策の総決算 ―今、ここまで来ました 2 がん患者の悩みとそれに対する私たちのアプローチ 3 ついにがん登録に関する法律ができました 4 高精度放射線治療センター(仮称)で   がん医療の何がすすむのでしょうか 5 あなたの思いを医療に反映させるために   ―アドバンス・ケア・プラニング― 6 低線量CTにより肺がんによる死亡は減ります!   新しいがん検診に向けて
  236. Stereotactic body radiotherapy for early stage lung cancer., 永田 靖, The 3rd International Medical Symposium of Dong-A University., 2014年02月07日, 招待, 英語, Dong-A University.
  237. 肺癌に対する放射線治療の現状と展望 -早期肺癌に対する体幹部定位照射を中心に-, 永田 靖, 第30回近畿がん治療合同カンファランス, 2014年01月17日, 招待, 日本語, 近畿がん治療合同カンファランス, 大阪市
  238. 体幹部定位放射線照射の国内実態調査(2010), 永田 靖, 第24回日本高精度放射線外部照射研究会, 2012年, 通常, 日本語
  239. Present status of stereotactic body radiation therapy(SBRT) in japan based on J-CERG survey., 永田 靖, Second International Conference on Real-time Tumor-tracking Radiation Therapy with 4D Molecular Imaging Technique, 2012年, 通常, 日本語
  240. 強度変調放射線治療の国内実態調査報告(2010)パート2 臨床編, 永田 靖, 第24回日本高精度放射線外部照射研究会, 2012年, 通常, 日本語
  241. 体幹部定位放射線治療の現状と未来 肺癌, 永田 靖, 第71回日本医学放射線学会総会, 2012年, 通常, 日本語
  242. VMATの初期経験と物理的検討, 永田 靖, 第70回日本医学放射線学会総会, 2011年, 通常, 日本語
  243. Role of RT in early stage disease., 永田 靖, 2nd Asian Pacific Conference Perspectives in Lung Cancer, 2008年08月, 招待, 日本語
  244. Stereotactic body radiotherapy(SBRT) for lung cancer., 永田 靖, 2008 The13th Taiwan joint cancer conference, 2008年05月, 招待, 日本語
  245. 招待, 英語, 広島市

受賞

  1. 2018年05月20日, Honorary Fellowship, American College of Radiology

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 国立がん研究センター研究開発費, 放射線治療を含む標準治療確立のための他施設共同研究, 2015年, 2015年
  2. 革新的がん医療実用化研究事業, 早期非小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療線量増加ランダム化比較試験, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  3. 革新的がん医療実用化研究事業, 早期非小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療線量増加ランダム化比較試験, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  4. 革新的がん医療実用化研究事業, 早期非小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療線量増加ランダム化比較試験, 2019年04月01日, 2020年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2021年04月, 2022年03月, 京都大学大学院医学研究科
  2. 広島がん高精度放射線治療センター非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, 広島県医師会
  3. 非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, (医)恒和会松石病院
  4. 広島がん高精度放射線治療センター長, 2021年04月, 2022年03月, 広島県医師会
  5. 非常勤講師, 2021年04月, 2021年08月, 高知大学
  6. 放射線専門医, 2021年04月, 2022年03月, 中国電力(株)
  7. 非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, 小倉記念病院
  8. 非常勤医師, 2020年11月, 2021年03月, 小倉記念病院
  9. 放射線治療連携推進WGWG長, 2020年11月, 2021年03月, 広島県地域保健対策協議会
  10. 用語委員会委員, 2020年11月, 2022年12月, 特定非営利活動法人日本肺癌学会
  11. 評議員, 2020年11月, 2022年12月, 特定非営利活動法人日本肺癌学会
  12. 放射線科業務調査委員会アドホック委員会担当理事, 2020年11月, 2022年04月, (社)日本医学放射線学会
  13. 放射線科専門医制度委員会担当理事, 2020年10月, 2022年04月, (社)日本医学放射線学会
  14. 診療・ガイドライン委員会担当理事, 2020年09月, 2022年04月, (社)日本医学放射線学会
  15. JMTO領域別研究諮問委員会委員, 2020年06月, 2023年03月, 一般社団法人日本・多国間臨床試験機構
  16. 代議員, 2020年05月, 2022年05月, (社)日本医学放射線学会
  17. 非常勤講師, 2020年04月, 2021年03月, 京都大学大学院医学研究科
  18. 広島がん高精度放射線治療センター非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 広島県医師会
  19. 広島がん高精度放射線治療センター長, 2020年04月, 2021年03月, 広島県医師会
  20. 放射線専門医, 2020年04月, 2021年03月, 中国電力(株)
  21. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, (医)恒和会松石病院
  22. 幹事, 2020年04月, 2022年03月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  23. 専門委員, 2020年01月, 2021年12月, 広島地方裁判所
  24. IAEA/RCA国内対応委員会委員, 2019年08月, 2021年03月, 外務省
  25. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, 京都大学大学院医学研究科
  26. 広島がん高精度放射線治療センター非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 広島県医師会
  27. 広島がん高精度放射線治療センター長, 2019年04月, 2020年03月, 広島県医師会
  28. がん対策専門委員会委員, 2019年04月, 2021年03月, 広島県地域保健対策協議会
  29. 放射線専門医, 2019年04月, 2020年03月, 中国電力(株)
  30. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, (医)恒和会松石病院
  31. 放射線治療連携推進WGWG長, 2019年04月, 2020年03月, 広島県地域保健対策協議会
  32. 非常勤医師, 2019年01月, 2019年12月, 芦屋放射線治療クリニックのぞみ
  33. 放射線治療連携推進WG委員, 2018年09月, 2019年03月, 広島県地域保健対策協議会
  34. IAEA/RCA国内対応委員会委員, 2018年07月, 2019年03月, 外務省
  35. (社)日本画像医療システム工業会, 2018年06月, 2020年03月, IEC/SC62C(放射線治療,核医学機器及び線量計)国内委員会委員
  36. 放射線専門医, 2018年04月, 2019年03月, 中国電力(株)
  37. 広島がん高精度放射線治療センター長, 2018年04月, 2019年03月, 広島県医師会
  38. 広島がん高精度放射線治療センター非常勤医師, 2018年04月, 2019年03月, 広島県医師会
  39. 非常勤医師, 2018年04月, 2019年03月, (医)恒和会松石病院
  40. 非常勤講師, 2018年04月, 2019年03月, 京都大学大学院医学研究科
  41. 放射線被曝者医療国際協力推進協議会, 2018年04月, 2020年03月, 幹事
  42. 広島都市学園大学, 2018年04月, 2018年09月, 非常勤講師
  43. 専門委員, 2018年01月, 2019年12月, 広島地方裁判所
  44. 非常勤講師, 2017年09月, 2018年03月, 広島都市学園大学
  45. 放射線治療連携推進WGWG長, 2017年09月, 2018年03月, 広島県地域保健対策協議会
  46. IAEA/RCA国内対応委員会委員, 2017年07月, 2018年03月, 外務省
  47. 日本ファーマオンコロジー試験編集委員, 2017年06月, 2018年05月, (株)ACメディカル
  48. 広島がん高精度放射線治療センター非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 広島県医師会
  49. 非常勤講師, 2017年04月, 2018年03月, 京都大学医学部
  50. 広島がん高精度放射線治療センター長, 2017年04月, 2018年03月, 広島県医師会
  51. 放射線専門医, 2017年04月, 2018年03月, 中国電力(株)
  52. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, (医)恒和会松石病院
  53. がん対策専門委員会委員, 2017年04月, 2019年03月, 広島県地域保健対策協議会
  54. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 中電病院
  55. 広島がん高精度放射線治療センター医療ワーキング委員, 2017年03月, 2017年03月, 広島県医師会
  56. 放射線治療連携推進WGWG長, 2016年10月, 2017年03月, 広島県地域保健対策協議会
  57. コンサルタント, 2016年08月, 2016年08月, ビンメックタイムズシティ国際病院
  58. MR向けがん領域統一試験編集委員, 2016年06月, 2017年05月, (株)ACメディカル
  59. 放射線専門医, 2016年04月, 2017年03月, 中国電力(株)
  60. 非常勤講師, 2016年04月, 2017年03月, 京都大学医学部
  61. 代議員, 2016年04月, 2018年05月, (社)日本医学放射線学会
  62. 幹事, 2016年04月, 2020年03月, 日本肝癌研究会
  63. 広島がん高精度放射線治療センター非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 広島県医師会
  64. 広島がん高精度放射線治療センター長, 2016年04月, 2017年03月, 広島県医師会
  65. 幹事, 2016年04月, 2018年03月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  66. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, (医)恒和会松石病院
  67. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 中電病院
  68. 広報・渉外委員会専門委員, 2016年02月, 2018年02月, 一般社団法人日本癌治療学会
  69. 編集委員会専門委員, 2016年02月, 2018年02月, 一般社団法人日本癌治療学会
  70. 編集委員会International Journal of Clinical Oncology Deputy Editor, 2016年02月, 2018年02月, 一般社団法人日本癌治療学会
  71. 専門委員, 2016年01月, 2017年12月, 広島地方裁判所
  72. 広島がん高精度放射線治療センター長, 2015年10月, 2016年03月, 広島県医師会
  73. 広島がん高精度放射線治療センター非常勤医師, 2015年10月, 2016年03月, 広島県医師会
  74. 放射線治療連携推進WG委員, 2015年06月, 2016年03月, 広島県地域保健対策協議会
  75. がん対策専門委員会委員, 2015年05月, 2017年03月, 広島県地域保健対策協議会
  76. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 京都大学医学部
  77. 放射線専門医, 2015年04月, 2016年03月, 中国電力(株)
  78. 広島がん高精度放射線治療センター整備推進委員会委員, 2015年04月, 2015年09月, 広島県医師会
  79. 広島がん高精度放射線治療センター整備推進委員会治療機能検討ワーキング会議委員, 2015年04月, 2015年09月, 広島県医師会
  80. 広島がん高精度放射線治療センター整備推進委員会医療ワーキング会議委員, 2015年04月, 2015年09月, 広島県医師会
  81. 広島がん高精度放射線治療センター整備推進委員会臓器別検討会議委員, 2015年04月, 2015年09月, 広島県医師会
  82. 広島がん高精度放射線治療センター開設準備室長, 2015年04月, 2015年09月, 広島県医師会
  83. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (医)恒和会松石病院
  84. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 中電病院
  85. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会医療ワーキング会議委員, 2014年12月, 2015年03月, 広島県
  86. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会治療機能検討ワーキング会議委員, 2014年12月, 2015年03月, 広島県
  87. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会臓器別検討会議委員, 2014年12月, 2015年03月, 広島県
  88. 高精度放射線治療センター(仮称)職員採用試験委員, 2014年12月, 2014年12月, 広島県医師会
  89. 高精度放射線治療センター(仮称)整備運営業務公募型プロポーザル選定委員会広報部会委員, 2014年05月, 2014年09月, 広島県
  90. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 京都大学医学部
  91. 放射線専門医, 2014年04月, 2015年03月, 中国電力(株)
  92. 幹事, 2014年04月, 2016年03月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  93. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 中電病院
  94. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会委員, 2014年04月, 2015年03月, 広島県
  95. 専門委員, 2014年01月, 2017年12月, 広島地方裁判所
  96. 広報・渉外委員会専門委員, 2013年12月, 2015年12月, 一般社団法人日本癌治療学会
  97. 編集委員会International Journal of Clinical Oncology Deputy Editor, 2013年12月, 2015年12月, 一般社団法人日本癌治療学会
  98. 編集委員会専門委員, 2013年12月, 2015年12月, 一般社団法人日本癌治療学会
  99. 発起人・理事長, 2013年11月, 2018年03月, 特定非営利活動法人がんと闘う広島ネットワーク
  100. 重粒子線治療ネットワーク会議計画部会委員, 2013年10月, 2015年03月, 独立行政法人放射線医学総合研究所
  101. 総会プログラム委員, 2013年09月, 2014年04月, (社)日本医学放射線学会
  102. 評議員, 2013年08月, 2017年08月, 特定非営利活動法人日本臨床腫瘍学会
  103. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会委員, 2013年04月, 2014年03月, 広島県
  104. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会医療ワーキング委員, 2013年04月, 2014年03月, 広島県
  105. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会治療機能検討ワーキング委員, 2013年04月, 2014年03月, 広島県
  106. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, (医)恒和会松石病院
  107. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, (医)社団葵会広島平和クリニック
  108. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, 中電病院
  109. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 京都大学医学部
  110. 放射線専門医, 2013年04月, 2014年03月, 中国電力(株)
  111. 渉外・関連学会委員会委員, 2012年11月, 2014年12月, 日本放射線腫瘍学会
  112. 評議員, 2012年11月, 2014年11月, 特定非営利活動法人日本肺癌学会
  113. 放射線治療専門医制度委員会委員, 2012年11月, 2014年12月, 日本放射線腫瘍学会
  114. 用語委員会委員, 2012年11月, 2014年12月, 日本放射線腫瘍学会
  115. 理事, 2012年11月, 2014年12月, 日本放射線腫瘍学会
  116. 総会プログラム委員, 2012年10月, 2013年04月, (社)日本医学放射線学会
  117. 放射線科専門医制度委員会委員, 2012年10月, 2014年08月, (社)日本医学放射線学会
  118. 代議員, 2012年08月, 2018年08月, 日本放射線腫瘍学会
  119. 幹事, 2012年04月, 2018年03月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  120. 客員研究員, 2012年04月, 2014年03月, 財団法人先端医療振興財団
  121. 代議員, 2012年04月, 2018年04月, (社)日本医学放射線学会
  122. 編集委員会International Journal of Clinical Oncology Deputy Editor, 2012年04月, 2013年12月, 一般社団法人日本癌治療学会
  123. 広報・渉外委員会委員, 2012年01月, 2013年12月, 一般社団法人日本癌治療学会
  124. 専門委員, 2012年01月, 2013年12月, 広島地方裁判所
  125. 編集委員会委員, 2012年01月, 2013年12月, 一般社団法人日本癌治療学会
  126. プログラム委員会委員, 2011年09月, 2013年09月, 一般社団法人日本癌治療学会
  127. 代議員, 2011年08月, 2013年07月, 一般社団法人日本癌治療学会
  128. 理事, 2011年08月, 2013年07月, NPO法人日本放射線腫瘍学研究機構
  129. 支部評議員, 2011年07月, 2013年07月, 日本肺癌学会中国・四国支部会
  130. 評議員, 2011年07月, 2013年08月, 特定非営利活動法人日本臨床腫瘍学会
  131. JMTO領域別研究諮問委員会委員, 2011年06月, 2014年06月, 一般社団法人日本・多国間臨床試験機構
  132. 放射線治療連携推進WG委員, 広島県地域保健対策協議会

学術会議等の主催

  1. 第21回広島放射線治療研究会, 代表世話人, 2019年05月, 2019年05月
  2. 第46回広島大学病院放射線治療講演会, 代表世話人, 2019年11月, 2019年11月
  3. 第22回広島放射線治療研究会, 代表世話人, 2019年10月, 2019年10月
  4. 広島放射線治療チーム医療研究会, 大会長, 2019年11月, 2019年11月
  5. 第47回 広島大学病院放射線治療講演会, 2020年02月, 2020年02月
  6. The 6th S. Takahashi Memorial Symposium & The 6th Japan-US Cancer Therapy International Joint Symposium, 学会長, 2012年07月
  7. 第25回日本高精度放射線外部照射研究会, 当番世話人, 2012年07月
  8. 第126回日本医学放射線学会中国・四国地方会 第51回 日本核医学会中国・四国地方会, 大会長, 2016年06月, 2016年06月
  9. 第7回中・四国放射線治療夏季セミナー, 当番世話人, 2015年08月, 2015年08月
  10. 第10回中・四国放射線治療夏季セミナー, 当番世話人, 2018年08月, 2018年08月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第46回広島大学病院放射線治療講演会, 永田 靖, 2019年/11月/08日, 2019年/11月/08日, 広島大学病院
  2. 第22回広島放射線治療研究会, 永田 靖, 2019年/11月/09日, 2019年/11月/09日, 広島市
  3. 広島放射線治療チーム医療研究会, 永田 靖, 2019年/12月/02日, 2019年/12月/02日, 広島市
  4. 第47回広島大学病院放射線治療講演会, 永田 靖, 2020年/02月/27日, 2020年/02月/27日, 広島大学病院
  5. 第23回広島放射線治療研究会, 永田 靖, 2020年/10月/17日, 2020年/10月/17日, 広島市
  6. 第5回 広島放射線治療チーム医療研究会 ~頭頸部癌の支持療法における効果的なチーム医療~, 永田 靖, 2021年/03月/06日, 2021年/03月/06日, TKP ガーデンシティ PREMIUM 広島駅前
  7. 切らずにがんをなおす -放射線治療の最前線-, 広島大学, 平成20年度医学部公開講座, 2008年/05月/17日, 2008年/05月/17日
  8. 放射線治療に関する研究発表など, 広島放射線治療懇話会, 第41回広島放射線治療懇話会, 2008年/07月/18日, 2008年/07月/18日, 調査担当
  9. 化学療法と放射線治療の同時併用での消化器領域をはじめとした悪性腫瘍に関わる治療についての検討など, 広島CARP研究会, 第8回広島CARP研究会, 2009年/02月/12日, 2009年/02月/12日, 調査担当
  10. 放射線治療の現状と将来, 広島県放射線技師会, 広島県放射線技師会創立60周年並びに法人設立30周年記念市民公開講座, 2010年/01月/24日, 2010年/01月/24日
  11. 放射線治療の最前線, 広島大学, 広島大学医学部公開講座「先端医療は今 -広島から世界へ2010」, 2010年/06月/05日, 2010年/06月/05日
  12. 放射線治療でがんをなおそう, 広島大学, がん拠点病院共催市民講演会「外来でおこなうがん治療」, 2011年/10月/29日, 2011年/10月/29日
  13. 先端技術が切り拓く高精度放射線治療の最前線, 日本癌学会, 第19回日本癌学会市民公開講座「研究が切り拓くがん診断・治療・予防の最前線」, 2012年/06月/09日, 2012年/06月/09日
  14. 放射線治療の最前線, 広島大学, 平成24年度医学部公開講座, 2012年/06月/28日, 2012年/06月/28日
  15. 肺癌を切らずになおすピンポイント照射, 岡山大学, がんプロ市民公開講座, 2013年/01月/13日, 2013年/01月/13日
  16. 高精度放射線治療の最前線, 第208回内科臨床談話会, 2011年/12月, 2011年/12月
  17. 放射線治療の現状と展望, 第22那須画像セミナー, 2012年/01月, 2012年/01月
  18. 放射線被ばくに対する正しい認識のために -福島第一原発事故に関連して-, 第29回日本集中治療医学会中国四国地方会, 2012年/01月, 2012年/01月
  19. 放射線被ばくに対する正しい認識のために, 医療安全に関する講演会, 2012年/02月, 2012年/02月
  20. 肺がんに対する体幹部定位放射線治療の現状, 第17回北摂肺がん治療フォーラム, 2012年/03月, 2012年/03月
  21. 放射線治療, 日本肺癌学会, 日本肺癌学会総会, 2008年/11月, 2008年/11月
  22. 肺癌に対する放射線治療, 山口肺癌研究会, 山口肺癌研究会, 2008年/11月, 2008年/11月
  23. 肺腫瘍に対する定位照射の現状と将来, 広島県放射線治療技術研究会, 広島県放射線治療技術研究会, 2008年/12月, 2008年/12月
  24. 高精度放射線治療, 東広島サイジェオンの会, 第7回東広島サイジェオンの会, 2008年/04月, 2008年/04月
  25. 高精度放射線治療, 広島放射線治療懇話会, 第41回広島放射線治療懇話会, 2008年/07月, 2008年/07月
  26. 高精度放射線治療の現状と展望, 第6回熊本がん治療ファーラム, 2008年/08月, 2008年/08月
  27. 肺癌に対する体幹部定位放射線照射, 第20回信州肺癌セミナー, 2009年/02月, 2009年/02月
  28. 肺癌に対する体幹部定位放射線照射の現況, 第14回九州肺癌カンファレンス, 2009年/02月, 2009年/02月
  29. 肺癌に対する放射線治療の現状と展望, 吉島病院, 第243回吉島病院オープンカンファレンス, 2009年/03月, 2009年/03月
  30. 高精度放射線治療の現状と展望, 山陰放射線腫瘍学研究会, 2009年/03月, 2009年/03月
  31. 高精度放射線治療の進歩, NPO法人がん患者ネットワークひろしま, シンポジウム「市民のためのがん治療の会」平成20年 第2回講演会 がん医療と放射線治療を考える, 2008年/04月, 2008年/04月
  32. Stereotactic body radiotherapy(SBRT) for lung cancer., 国防医学院、台湾, 2008 The13th Taiwan joint cancer conference, 2008年/05月, 2008年/05月
  33. 肺がんに対する放射線治療, 広島大学原医研腫瘍外科, 広島呼吸器外科カンファレンス, 2008年/06月, 2008年/06月
  34. Role of RT in early stage disease., Second Asian Pacific Conference Perspectives in Lung Cancer, 2008年/08月, 2008年/08月
  35. 肺腫瘍に対する定位照射の現状と展望, 第20回九州放射線治療セミナー, 2008年/08月, 2008年/08月
  36. 肺癌に対する放射線治療の現況, 徳島呼吸器疾患談話会, 2008年/09月, 2008年/09月
  37. 肺癌に対する放射線治療の現況, 広島市中区医師会, 第36回広島市中区医師会学術講演会, 2008年/09月, 2008年/09月
  38. 肺癌に対する放射線治療の現状と展望 -体幹部定位放射線照射を中心に-, がん診療に関わる病診連携研修会(呼吸器オープンカンファレンス), 2009年/02月, 2009年/02月
  39. 肺癌に対する放射線治療の現状と展望, 第6回水戸肺癌懇話会, 2009年/03月, 2009年/03月
  40. 高精度放射線治療の現状と展望, 第5回近畿Medical Oncology研究会, 2009年/04月, 2009年/04月
  41. 放射線治療の現状と展望, 第15回北九州がんセミナー, 2009年/06月, 2009年/06月
  42. 骨転移の放射線治療, ZENITH Meeting-Japan 2009, 2009年/07月, 2009年/07月
  43. 最新の放射線治療, 第34回中国地区放射線影響研究会, 2009年/07月, 2009年/07月
  44. 体幹部定位放射線照射の現状と展望, 公立学校共済組合中国中央病院, 公立学校共済組合中国中央病院講演会, 2009年/08月, 2009年/08月
  45. 最新のがん治療, 広島大学, 広島大学健康フォーラム2009-10, 2009年/08月, 2009年/08月
  46. 放射線治療の最前線, 広島大学第一内科同門会, 第195回広島大学第一内科同門会火曜会学術講演会, 2009年/09月, 2009年/09月
  47. 放射線治療の現状と展望, 広島県国民健康保険診療報酬審査委員会特別講演, 2010年/01月, 2010年/01月
  48. 体幹部高精度放射線治療の治療成績と今後の問題点, 第8回九州放射線治療システム研究会, 2010年/01月, 2010年/01月
  49. 肺癌に対する体幹部定位放射線照射(ピンポイント照射), 第24回冬季札幌がんセミナー, 2010年/02月, 2010年/02月
  50. 骨転移治療における放射線治療の現状, 愛媛肺がん骨転移フォーラム, 2010年/06月, 2010年/06月
  51. がんを切らずになおす -放射線治療のすべて-, 第8回脳神経内科セミナー, 2010年/06月, 2010年/06月
  52. 肺癌に対する高精度定位放射線照射, 熊本放射線外科 高精度放射線治療装置Novalis Tx導入記念講演会, 2010年/07月, 2010年/07月
  53. 放射線治療の現状と展望, 産業医科大学放射線科学教室, 産業医科大学放射線科学教室講演会, 2010年/08月, 2010年/08月
  54. 放射線治療の現状と展望, 第13回広島県耳鼻咽喉科研修会,, 2010年/09月, 2010年/09月
  55. 肺癌に対する体幹部定位放射線照射の現況, 第40回山梨肺癌研究会, 2010年/11月, 2010年/11月
  56. 放射線治療の現状と展望, 三次地区医師会, 三次地区医師会合同カンファレンス, 2011年/02月, 2011年/02月
  57. 肺腫瘍に対する体幹部定位放射線照射の現状と展望, 高知県放射線科医会, 第36回高知県放射線科医会学術講演会, 2011年/04月, 2011年/04月
  58. 早期肺癌に対する体幹部定位放射線照射の現状と展望, 第72回岐阜県肺癌研究会・第82回岐阜胸部疾患読影研究会, 2011年/06月, 2011年/06月
  59. 医療従事者が知っておくべき放射線(被ばく)の基礎知識について, 名古屋記念病院, 名古屋記念病院講演会, 2011年/09月, 2011年/09月
  60. 高精度放射線治療の現状と展望, 名古屋先端量子医学フォーラム2011, 2011年/11月, 2011年/11月
  61. 最先端放射線治療の現状と展望, 第28回安芸医学会, 2011年/12月, 2011年/12月
  62. 肺腫瘍に対する体幹部定位放射線照射の現状と展望, 高知県放射線科医会, 第36回高知県放射線科医会学術講演会, 2012年/04月, 2012年/04月
  63. 放射線治療の現状と展望, 呉医療センター, 平成24年度地域医療研修センター講演会, 2012年/06月, 2012年/06月
  64. 高精度放射線治療の現状と展望, 広島市佐伯区医師会, 広島市佐伯区医師会勉強会, 2012年/11月, 2012年/11月
  65. 高精度放射線治療の現状と展望, 広島市立安佐市民病院, 第17回広島北キャンサーネットがん研修会, 2013年/01月, 2013年/01月
  66. 最先端放射線治療の現状と将来, 広島大学第二外科同門会, 第50回広島大学第二外科同門研修会, 2012年/06月, 2012年/06月
  67. 高精度放射線治療の最前線, 広島大学, 第42回東京イブニングセミナー, 2012年/09月, 2012年/09月
  68. 第35回広島大学病院放射線治療講演会, 放射線腫瘍学の視点でみる「がん幹細胞」, 広島大学病院放射線治療科, 2015年/06月/25日, 2015年/06月/25日, 広島大学病院
  69. 第36回広島大学病院放射線治療講演会, 粒子線体幹部治療への医学物理からのアプローチ, 広島大学病院放射線治療科, 2015年/12月/03日, 2015年/12月/03日, 広島大学病院
  70. 第37回広島大学病院放射線治療講演会, 70 years after AB in Hiroshima, 広島大学病院放射線治療科, 2016年/01月/29日, 2016年/01月/29日, 広島大学病院

学術雑誌論文査読歴

  1. 2011年, 放射線治療計画ガイドライン2012, 編集員
  2. 2012年, 放射線治療計画ガイドライン2012, 編集員
  3. 2012年, International Journal of Clinical Oncology, 編集員
  4. 2013年, International Journal of Clinical Oncology, 編集員
  5. 2014年, International Journal of Clinical Oncology, 編集員
  6. 2011年, 日本癌治療学会誌, 編集員
  7. 2012年, 日本癌治療学会誌, 編集員
  8. 2013年, 日本癌治療学会誌, 編集員
  9. 2010年, 日本放射線腫瘍学会誌, 編集員
  10. 2011年, 日本放射線腫瘍学会誌, 編集員
  11. 2012年, 日本放射線腫瘍学会誌, 編集員
  12. 2009年, 日本癌治療学会誌, 編集員
  13. 2010年, 日本癌治療学会誌, 編集員
  14. 2011年, 日本癌治療学会誌, 編集員
  15. 2010年, 日本医学放射線学会誌, 編集員
  16. 2011年, 日本医学放射線学会誌, 編集員
  17. 2012年, 日本医学放射線学会誌, 編集員
  18. 2016年, 放射線治療計画ガイドライン2016, 編集員