板垣 圭KEI ITAGAKI

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
itagakikhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
気分障害を中心に診断や治療効果の客観的な評価法の開発に取り組んでいます。

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 精神神経科学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 脳神経医学III
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2022年, 学部専門, 1ターム, 精神科学
  4. 2022年, 学部専門, 1ターム, 精神科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Altered Serum Levels of Matrix Metalloproteinase-2, -9 in Response to Electroconvulsive Therapy for Mood Disorders, Int J Neuropsychopharmacol, 19巻, 9号, 2016
  2. 終末期医療について, 広島医学, 66巻, 2号, pp. 119-125, 2013
  3. (第4章) 治療 身体療法 高齢者に対するECTの意義と問題点, 精神科治療学, 32巻, pp. 115-119, 2017
  4. ★, Factors Associated With Relapse After a Response to Electroconvulsive Therapy in Unipolar Versus Bipolar Depression, Journal of Affective Disorders, 208巻, pp. 113-119, 2017
  5. Decreased serum levels of thrombospondin-1 in female depressed patients, Neuropsychopharmacol Rep, 40巻, 1号, pp. 39-45, 2019
  6. 私のカルテから リドカインの使用により不発が増加し, 電気けいれん療法に苦慮した妄想性うつ病の1例, 精神医学, 53巻, 3号, pp. 297-299, 2011
  7. 入院下での認知行動療法的アプローチにより症状軽減が得られた気分変調性障害の1例, 精神科治療学, 26巻, 4号, pp. 499-504, 2011
  8. 高用量のSSRIを要した双極性うつ病の1例, 広島医学, 64巻, 5号, pp. 253-255, 2011
  9. 幻覚妄想状態で発症したてんかん性精神病の1例, 広島医学, 69巻, 1号, pp. 26-29, 2016
  10. 電気けいれん療法反応後の維持薬物療法に気分安定薬の併用が有効であった統合失調症の3例, 精神医学, 54巻, 1号, pp. 21-27, 2012
  11. 重篤な精神症状を有するパーキンソン病患者に対する電気けいれん療法 自験5例の検討, 広島医学, 69巻, 5号, pp. 415-419, 2016
  12. TRH療法により高圧酸素療法が可能となり改善を得た間歇型一酸化炭素中毒の1例, 精神医学, 55巻, 2号, pp. 145-149, 2013
  13. 双極性うつ病の入院治療に関する臨床的検討, 精神医学, 55巻, 6号, pp. 531-535, 2013
  14. T4/T3甲状腺ホルモン補充療法が有効と考えられた双極性うつ病の1例, 精神医学, 55巻, 7号, pp. 667-671, 2013
  15. 腹腔鏡下胃切開排石術を施行した異食症(毛髪胃石)の1例, 広島医学, 67巻, 1号, pp. 40-42, 2014
  16. 遷延性うつ状態および繰り返す意識障害を呈したACTH単独欠損症の1例, 精神医学, 56巻, 8号, pp. 709-713, 2014
  17. Clozapineにより修正型電気けいれん療法から離脱可能であった治療抵抗性統合失調症の1例, 精神医学, 57巻, 4号, pp. 301-304, 2015
  18. 電気けいれん療法(ECT)反応性が診断の一助となった妄想性うつ病の1例, 広島医学, 68巻, 5号, pp. 291-295, 2015
  19. 特異な経過を呈し、診断に苦慮した原発性副甲状腺機能亢進症の1例, 精神科治療学, 30巻, 2号, pp. 283-287, 2015
  20. 幻覚妄想状態で発症したてんかん性精神病の1例, 広島医学, 69巻, 1号, pp. 26-29, 2016
  21. 血液透析導入後に気分障害を発症し電気けいれん療法(ECT)を施行した1例, 精神医学, 58巻, 3号, pp. 219-223, 2016
  22. 研究と報告 聴覚性シャルル・ボネ症候群が疑われ,抗てんかん薬が有効であった2例, 精神医学, 58巻, 10号, pp. 837-845, 2016
  23. 難治性統合失調症に対するクロザピンの治療 呉医療センターにおける11例の検討, 広島医学, 69巻, 11号, pp. 741-744, 2016
  24. ★, Reduced Serum and Cerebrospinal Fluid Levels of Autotaxin in Major Depressive Disorder, International Journal of Neuropsychopharmacology, 22巻, 4号, pp. 261-269, 2019
  25. The expression of glial cell line-derived neurotrophic factor mRNA by antidepressants involves matrix metalloproteinase-9 activation in rat astroglial cells, Biochem Biophys Res Commun, 28;479巻, 4号, pp. 907-912, 2016
  26. Identification of Lysophosphatidic Acid Receptor 1 in Astroglial Cells as a Target for Glial Cell Line-derived Neurotrophic Factor Expression Induced by Antidepressants, J Biol Chem, 30;291巻, 53号, pp. 27364-27370, 2019
  27. Possible Association between Serum Matrix Metalloproteinase-9 (MMP-9) Levels and Relapse in Depressed Patients following Electroconvulsive Therapy (ECT), Int J Neuropsychopharmacol, 1;21巻, 3号, pp. 236-241, 2018
  28. Shared preventive factors associated with relapse after a response to electroconvulsive therapy in four major psychiatric disorders, Psychiatry Clin Neurosci, 73巻, 8号, pp. 494-500, 2019
  29. カルバマゼピンが著効した右大腿切断後の幻肢痛の1例, 精神医学, 59巻, 7号, pp. 671-675, 2017
  30. 内腸骨動脈瘤および慢性腎不全を合併した気分障害患者に対して電気けいれん療法(ECT)が奏功した1例, 精神医学, 59巻, 12号, pp. 1147-1151, 2017
  31. 深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症を併発した緊張病患者に電気けいれん療法を施行し寛解した1例, 精神医学, 60巻, 2号, pp. 205-208, 2018
  32. クロザピン治療中にけいれん発作が出現した統合失調症の1例, 精神医学, 61巻, 1号, pp. 103-107, 2019
  33. 精神症状を伴うパーキンソン病に対してAripiprazoleが有効であった1例, 精神医学, 54巻, 3号, pp. 303-306, 2012
  34. 神経調節性失神を伴うパニック障害に認知行動療法が有効であった1例, 精神科治療学, 28巻, 9号, pp. 1217-1222, 2013
  35. 再燃した統合失調症にパルス波修正型電気けいれん療法が有効であった1例, 広島医学, 64巻, 6号, pp. 283-286, 2011