中原 隆志TAKASI NAKAHARA

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
病院(医) 講師
メールアドレス
nakaharahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
NASHを中心とした肝疾患の研究を行っています

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月01日, 広島県三次市市立三次中央病院, 初期研修医
  • 2007年04月01日, 厚生連JA広島総合病院 消化器内科, 医師
  • 2010年04月01日, 2011年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2016年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学, 病院, 助教
  • 2017年12月01日, 2018年03月31日, 広島大学, 病院, 診療講師
  • 2018年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 病院, 講師

学歴

  • 徳島大学, 医学部, 医学科, 1999年04月, 2005年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Efficacy of rosuvastatin for the treatment of non-alcoholic steatohepatitis with dyslipidemia: An open-label, pilot study., Hepatology Research, 42巻, pp. 1065-1072, 2012
  2. Type 2 diabetes mellitus is associated with the fibrosis severity in patients with nonalcoholic fatty liver disease in a large retrospective cohort of Japanese patients., Journal of Gastroenterology, 49巻, 11号, pp. 1477-1488, 201411
  3. Development of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection who achieved sustained virological response following interferon therapy: A large-scale, long-term cohort study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 31巻, 5号, pp. 1009-1015, 201605
  4. Improvement of renal dysfunction in a patient with hepatitis C virus-related liver cirrhosis by daclatasvir and asunaprevir combination therapy: A case report, HEPATOLOGY RESEARCH, 46巻, 9号, pp. 944-948, 201608
  5. Antiviral effects of anti-HBs immunoglobulin and vaccine on HBs antigen seroclearance for chronic hepatitis B infection, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 51巻, 11号, pp. 1073-1080, 201611
  6. Effects of ITPA polymorphism on decrease of hemoglobin during simeprevir, peg-interferon, and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C, HEPATOLOGY RESEARCH, 46巻, 12号, pp. 1256-1263, 201611
  7. Efficacy and Safety of Daclatasvir Plus Asunaprevir Therapy for Chronic Hepatitis C Patients With Renal Dysfunction, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 89巻, 4号, pp. 665-671, 201704
  8. The relationship between HBcrAg and HBV reinfection in HBV related post-liver transplantation patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 3号, pp. 366-375, 201703
  9. ITPA polymorphism effects on decrease of hemoglobin during sofosbuvir and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 6号, pp. 746-753, 201706
  10. Impact of Hepatitis C Virus Eradication on the Clinical Outcome of Patients with Hepatitis C Virus-Related Advanced Hepatocellular Carcinoma Treated with Sorafenib, ONCOLOGY, 92巻, 6号, pp. 335-346, 2017
  11. ★, Involvement of Porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver disease., Journal of Gastroenterology, 2017
  12. The association between serum cytokine and chemokine levels and antiviral response by entecavir treatment in chronic hepatitis B patients., Antivir Ther., 20170921
  13. Differences in characteristics of glucose intolerance between patients with NAFLD and chronic hepatitis C as determined by CGMS., Scientific Reports, 20170831
  14. Efficacy and safety of ledipasvir/sofosbuvir with ribavirin in chronic hepatitis C patients who failed daclatasvir/asunaprevir therapy: pilot study., Journal of Gastroenterology, 20170816
  15. The risks of hepatocellular carcinoma development after HCV eradication are similar between patients treated with peg-interferon plus ribavirin and direct-acting antiviral therapy., PLoS One., 20170810
  16. Emergence of drug resistance-associated variants and changes in serum lipid profiles in sofosbuvir plus ledipasvir-treated chronic hepatitis C patients., Journal of Medical Virology, pp. 1963-1972, 201711
  17. Late-onset ornithine transcarbamylase deficiency associated with hyperammonemia., Clinical Journal of Gastroenterology, 20170810
  18. Erratum to: Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy., Journal of Gastroenterology, 20170529
  19. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma., Hepatology Research, 20170520
  20. Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein level increases in patients with acute liver injury., Journal of Gastroenterology, 20170505
  21. Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy., Journal of Gastroenterology, 20170504
  22. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of portal vein thrombosis following danaparoid sodium in patients with liver cirrhosis., Hepatology Research, 20170324
  23. Effect of tenofovir disoproxil fumarate on drug-resistant HBV clones., Journal of Infection, 72巻, 1号, pp. 91-102, 2016
  24. The risks of hepatocellular carcinoma development after HCV eradication are similar between patients treated with peg-interferon plus ribavirin and direct-acting antiviral therapy, PLOS ONE, 12巻, 8号, 20170810
  25. Differences in characteristics of glucose intolerance between patients with NAFLD and chronic hepatitis C as determined by CGMS, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20170831
  26. Emergence of drug resistance-associated variants and changes in serum lipid profiles in sofosbuvir plus ledipasvir-treated chronic hepatitis C patients, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 89巻, 11号, pp. 1963-1972, 201711
  27. Late-onset ornithine transcarbamylase deficiency associated with hyperammonemia, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 10巻, 4号, pp. 383-387, 201708
  28. Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein level increases in patients with acute liver injury, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 12号, pp. 1252-1257, 201712
  29. Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 1号, pp. 107-118, 201801
  30. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of portal vein thrombosis following danaparoid sodium in patients with liver cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 1号, pp. 51-58, 201801
  31. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 2号, pp. 193-204, 201802
  32. ★, Involvement of Porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 2号, pp. 269-280, 201802
  33. Risk factors for exacerbation of gastroesophageal varices and portosystemic encephalopathy during treatment with nucleos(t)ide analogs for hepatitis B virus-related cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 4号, pp. 264-274, 201803
  34. Efficacy and safety of ledipasvir/sofosbuvir with ribavirin in chronic hepatitis C patients who failed daclatasvir/asunaprevir therapy: pilot study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 4号, pp. 548-556, 201804
  35. Comparison of Outcome of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radiotherapy and Sorafenib for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients with Major Portal Vein Tumor Thrombosis, ONCOLOGY, 94巻, 4号, pp. 215-222, 2018
  36. Evaluation of glycemic variability in chronic liver disease patients with type 2 diabetes mellitus using continuous glucose monitoring, PLOS ONE, 13巻, 4号, 20180403
  37. Hepatic arterial infusion chemotherapy followed by sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HICS 55): an open label, non-comparative, phase II trial, BMC CANCER, 18巻, 20180604
  38. 造影超音波検査にて評価しえた肝血管肉腫の1例, 超音波医学, 45巻, 2号, pp. 215-221, 2018
  39. Clinical outcomes of sorafenib treatment failure for advanced hepatocellular carcinoma and candidates for regorafenib treatment in real-world practice, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 10号, pp. 814-820, 201809
  40. Comparison of clinical outcome of hepatic arterial infusion chemotherapy and sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma according to macrovascular invasion and transcatheter arterial chemoembolization refractory status, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 33巻, 10号, pp. 1780-1786, 201810
  41. Advanced liver fibrosis effects on the response to sofosbuvir-based antiviral therapies for chronic hepatitis C, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 90巻, 12号, pp. 1834-1840, 201812
  42. The novel cutoff points for the FIB4 index categorized by age increase the diagnostic accuracy in NAFLD: a multi-center study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 11号, pp. 1216-1224, 201811
  43. Early experience of seven hepatocellular carcinoma cases treated with regorafenib, CLINICAL CASE REPORTS, 6巻, 11号, pp. 2217-2223, 201811
  44. CTL-associated and NK cell-associated immune responses induce different HBV DNA reduction patterns in chronic hepatitis B patients, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 25巻, 12号, pp. 1555-1564, 201812
  45. Endoplasmic reticulum-mediated induction of interleukin-8 occurs by hepatitis B virus infection and contributes to suppression of interferon responsiveness in human hepatocytes, VIROLOGY, 525巻, pp. 48-61, 201812
  46. Comparison of hepatic arterial infusion chemotherapy between 5-fluorouracil-based continuous infusion chemotherapy and low-dose cisplatin monotherapy for advanced hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 13号, pp. 1118-1130, 201812
  47. The association between serum cytokine and chemokine levels and antiviral response by entecavir treatment in chronic hepatitis B patients, ANTIVIRAL THERAPY, 23巻, 3号, pp. 239-248, 2018
  48. The impact of interferon-free direct-acting antivirals on clinical outcome after curative treatment for hepatitis C virus-associated hepatocellular carcinoma: Comparison with interferon-based therapy, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 91巻, 4号, pp. 650-658, 201904
  49. Real-world efficacy of glecaprevir plus pibrentasvir for chronic hepatitis C patient with previous direct-acting antiviral therapy failures, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 3号, pp. 291-296, 201903
  50. Levocarnitine Use Is Associated With Improvement in Sarcopenia in Patients With Liver Cirrhosis, HEPATOLOGY COMMUNICATIONS, 3巻, 3号, pp. 348-355, 201903
  51. Reduction of hepatitis B surface antigen in sequential versus add-on pegylated interferon to nucleoside/nucleotide analogue therapy in HBe-antigen-negative chronic hepatitis B patients: a pilot study, ANTIVIRAL THERAPY, 23巻, 8号, pp. 639-646, 2018
  52. Rapid and persistent decline in soluble CD163 with successful direct-acting antiviral therapy and associations with chronic hepatitis C histology, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 8号, pp. 986-993, 2018
  53. Comparison of intracellular responses between HBV genotype A and C infection in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 7号, pp. 650-659, 201907
  54. Efficacy of glecaprevir and pibrentasvir treatment for genotype 1b hepatitis C virus drug resistance-associated variants in humanized mice, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 100巻, 7号, pp. 1123-1131, 201907
  55. Percutaneous transvenous shunt occlusion for portosystemic encephalopathy due to lenvatinib administration to a patient with hepatocellular carcinoma and portosystemic shunt, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 12巻, 4号, pp. 341-346, 201908
  56. Correlation between Early Tumor Marker Response and Imaging Response in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma Treated with Lenvatinib, ONCOLOGY, 97巻, 2号, pp. 75-81, 2019
  57. Early changes in ammonia levels and liver function in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated by lenvatinib therapy, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 20190820
  58. HOMA-IR: An independent predictor of advanced liver fibrosis in nondiabetic non-alcoholic fatty liver disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 34巻, 8号, pp. 1390-1395, 201908
  59. Reduction of hepatitis B surface antigen in sequential versus add-on pegylated interferon to nucleoside/nucleotide analogue therapy in HBe-antigen-negative chronic hepatitis B patients: a pilot study., Antivir Ther., 2019
  60. Differences in characteristics of glucose intolerance between patients with NAFLD and chronic hepatitis C as determined by CGMS., 2019
  61. Ribavirin induces hepatitis C virus genome mutations in chronic hepatitis patients who failed to respond to prior daclatasvir plus asunaprevir therapy., 2019
  62. Management of refractory ascites attenuates muscle mass reduction and improves survival in patients with decompensated cirrhosis., 2019
  63. Successful retreatment with 12 weeks of glecaprevir and pibrentasvir for a genotype 2a HCV-infected hemodialysis patient who failed to respond to 8 weeks of prior glecaprevir and pibrentasvir therapy., 2019
  64. ミトコンドリア代謝を標的としたNAFLD治療 - ミトコンドリア代謝異常とカルニチン -, 2018
  65. カルニチンが慢性肝疾患患者のサルコペニアに及ぼす影響, 2018
  66. Pruritus in patients with chronic liver disease and serum autotaxin levels in patients with primary biliary cholangitis, BMC GASTROENTEROLOGY, 19巻, 1号, 20191024
  67. Management of refractory ascites attenuates muscle mass reduction and improves survival in patients with decompensated cirrhosis, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 55巻, 2号, pp. 217-226, 202002
  68. Preoperative PET-CT is useful for predicting recurrent extrahepatic metastasis of hepatocellular carcinoma after resection, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 124巻, 202003
  69. Three Children Treated with Direct-acting Antivirals for Chronic Hepatitis C Virus Genotype 1b Infection, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 7号, pp. 941-944, 2020
  70. Skeletal Muscle Loss during Tyrosine Kinase Inhibitor Treatment for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients, LIVER CANCER, 9巻, 2号, pp. 148-155, 202004
  71. Isolated cardiac metastases of hepatocellular carcinoma after resection: a case report, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 3号, pp. 421-427, 202006
  72. Circulating cytokines and angiogenic factors based signature associated with the relative dose intensity during treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma receiving lenvatinib, THERAPEUTIC ADVANCES IN MEDICAL ONCOLOGY, 12巻, 202005
  73. Discordant pathological diagnosis of non-alcoholic fatty liver disease: A prospective multicenter study, JGH OPEN, 4巻, 3号, pp. 497-502, 202006
  74. Incidence of microsatellite instability-high hepatocellular carcinoma among Japanese patients and response to pembrolizumab, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 7号, pp. 885-888, 202007
  75. Common Drug Pipelines for the Treatment of Diabetic Nephropathy and Hepatopathy: Can We Kill Two Birds with One Stone?, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 21巻, 14号, 202007
  76. Tumor Fibroblast Growth Factor Receptor 4 Level Predicts the Efficacy of Lenvatinib in Patients With Advanced Hepatocellular Carcinoma, CLINICAL AND TRANSLATIONAL GASTROENTEROLOGY, 11巻, 202005
  77. Risk factors for histological progression of non-alcoholic steatohepatitis analyzed from repeated biopsy cases, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 35巻, 8号, pp. 1412-1419, 202008
  78. Metabolomic/lipidomic-based analysis of plasma to diagnose hepatocellular ballooning in patients with non-alcoholic fatty liver disease: A multicenter study, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 8号, pp. 955-965, 202008
  79. Complete response to pembrolizumab in advanced hepatocellular carcinoma with microsatellite instability, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 5号, pp. 867-872, 202010
  80. A case of advanced HCC treated with lenvatinib after hepatic arterial infusion chemotherapy combined with radiation therapy treatment for portal vein tumor thrombosis in the main trunk, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 5号, pp. 839-843, 202010
  81. Liver fibrosis assessments using FibroScan, virtual-touch tissue quantification, the FIB-4 index, and mac-2 binding protein glycosylation isomer levels compared with pathological findings of liver resection specimens in patients with hepatitis C infection, BMC GASTROENTEROLOGY, 20巻, 1号, 20200925
  82. Modeling-Based Response-Guided Glecaprevir-Pibrentasvir Therapy for Chronic Hepatitis C to Identify Patients for Ultrashort Treatment Duration, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 222巻, 7号, pp. 1165-1169, 20201001
  83. Impact of viral eradication by direct-acting antivirals on the risk of hepatocellular carcinoma development, prognosis, and portal hypertension in hepatitis C virus-related compensated cirrhosis patients, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 11号, pp. 1222-1233, 202011
  84. Real-world efficacy of sofosbuvir plus velpatasvir therapy for patients with hepatitis C virus-related decompensated cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 11号, pp. 1234-1243, 202011
  85. Abatacept treatment for patients with severe acute hepatitis caused by hepatitis B virus infection-Pilot study, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 28巻, 2号, pp. 400-409, 202102
  86. Signal Activation of Hepatitis B Virus-Related Hepatocarcinogenesis by Up-regulation of SUV39h1, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 222巻, 12号, pp. 2061-2070, 20201215
  87. Eradication of hepatitis C virus with direct-acting antivirals improves glycemic control in diabetes: A multicenter study, JGH OPEN, 5巻, 2号, pp. 228-234, 202102
  88. A case with life-threatening secondary sclerosing cholangitis caused by nivolumab, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 14巻, 1号, pp. 283-287, 202102
  89. Efficacy of Lusutrombopag for Thrombocytopenia in Patients with Chronic Liver Disease Scheduled to Undergo Invasive Procedures, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 6号, pp. 829-837, 2021
  90. Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radiation Therapy for Advanced Hepatocellular Carcinoma with Tumor Thrombosis of the Main Trunk or Bilobar of the Portal Vein, LIVER CANCER, 10巻, 2号, pp. 151-160, 202104
  91. A case of acute liver failure with echovirus infection diagnosed by a multi-virus real-time PCR system, IDCASES, 23巻, 2021
  92. Type IV Collagen 7S Is the Most Accurate Test For Identifying Advanced Fibrosis in NAFLD With Type 2 Diabetes, HEPATOLOGY COMMUNICATIONS, 5巻, 4号, pp. 559-572, 202104
  93. Comparison of the Clinical Outcome of Ramucirumab for Unresectable Hepatocellular Carcinoma with That of Prior Tyrosine Kinase Inhibitor Therapy, ONCOLOGY, 99巻, 5号, pp. 327-335, 202104
  94. yRibavirin induces hepatitis C virus genome mutations in chronic hepatitis patients who failed to respond to prior daclatasvir plus asunaprevir therapy, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 92巻, 2号, pp. 210-218, 202002
  95. Novel drug resistance-associated substitutions against pibrentasvir emerged in genotype 1b hepatitis C virus-infected human hepatocyte transplanted mice, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 559巻, pp. 78-83, 20210625
  96. In vitro analysis of hepatic stellate cell activation influenced by transmembrane 6 superfamily 2 polymorphism, MOLECULAR MEDICINE REPORTS, 23巻, 1号, 202101
  97. Surveillance of Hepatocellular Carcinoma in Nonalcoholic Fatty Liver Disease, DIAGNOSTICS, 10巻, 8号, 202008
  98. Extracellular water to total body water ratio obtained by bioelectrical impedance analysis determines the dose intensity of lenvatinib for the treatment of patients with advanced hepatocellular carcinoma, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 36巻, 6号, pp. 1685-1693, 202106
  99. Identification and monitoring of mutations in circulating cell-free tumor DNA in hepatocellular carcinoma treated with lenvatinib, JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH, 40巻, 1号, 20210626
  100. Therapeutic effects of sleeve gastrectomy for non-alcoholic steatohepatitis estimated by paired liver biopsy in morbidly obese Japanese patients, MEDICINE, 100巻, 26号, 20210702
  101. Complete Response for Advanced Hepatocellular Carcinoma by Conversion Surgery Therapy Following a Good Response of Regorafenib Despite Rapid Progressive Disease with Sorafenib, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 13号, pp. 2047-2053, 2021
  102. Efficacy and Safety of Lenvatinib-Transcatheter Arterial Chemoembolization Sequential Therapy for Patients with Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma, ONCOLOGY, 99巻, 8号, pp. 507-517, 202107
  103. Clinical Outcomes of 2nd-and 3rd-Line Regorafenib for Advanced Hepatocellular Carcinoma, ONCOLOGY, 99巻, 8号, pp. 491-498, 202107
  104. Increasing incidence of non-HBV- and non-HCV-related hepatocellular carcinoma: single-institution 20-year study, BMC GASTROENTEROLOGY, 21巻, 1号, 20210731
  105. Serum PreS1 and HBsAg ratio reflects liver fibrosis and predicts the development of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis B patients, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 28巻, 9号, pp. 1304-1311, 202109

著書等出版物

  1. MMJ『世界の医学誌から』, 開発進むNASH治療薬, 単行本(学術書), 単著
  2. 2018年, NAFLD/NASH診療のイノベーション, 「歯周病/腸内細菌~NASHは細菌性肝炎?, 2018年, 単行本(学術書), 共著
  3. 糖苑, 『知っておきたい! 糖尿病と肝臓の関係』  ~NASHとは?~, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 多発肝類上皮血管内皮腫に対して腹部造影超音波をし得た1例, 日本超音波医学会第55回中国地方会学術集会, 2019年09月07日, 通常, 日本語, プレプリント
  2. B型肝炎各種遺伝子型におけるin vitoroでの感染性についての検討, 第26回肝細胞研究会, 2019年05月23日, 通常, 日本語, プレプリント
  3. B型肝炎モデルマウスを用いたCTL関連抗原4免疫グロブリン(CTLA4Ig)の有効性及びB型急性肝炎重症例に対するアバタセプト治療の検討(Pilot Study), 第15回広島肝臓プロジェクトセンター研究シンポジウム, 2019年07月06日, 通常, 日本語, プレプリント
  4. 先天性プロテインC欠乏症に続発したバッド・キアリ症候群の1例, 第8回中国門脈圧亢進症研究会, 2019年06月14日, 通常, 日本語, プレプリント
  5. 門脈大循環シャント合併進行肝癌に対してレンバチニブ投与後シャント型肝性脳症を発症し、シャント塞栓術により脳症再燃なく投与継続可能となった一例, 第19回日本肝がん分子標的薬治療研究会, 2019年01月26日, 通常, 日本語, プレプリント
  6. 多剤の分子標的薬が使用可能となった進行肝細胞癌薬物治療の成績, 第121回広島消化器病研究会, 2019年04月13日, 通常, 日本語, プレプリント
  7. 先天性プロテインC欠乏症に続発したバッド・キアリ症候群の1例, 第120回中国地方会(日本内科学会), 2019年06月01日, 通常, 日本語, プレプリント
  8. 門脈圧亢進症を伴う非アルコール性脂肪性肝炎の臨床的特徴の解析, 第26回日本門脈圧亢進症学会総会, 2019年09月13日, 通常, 日本語, プレプリント
  9. 血小板減少を有する慢性肝障害患者に対するルストロンボパグ投与の検討, 第26回日本門脈圧亢進症学会総会, 2019年09月13日, 通常, 日本語, プレプリント
  10. 肝性脳症治療における複数治療薬併用の有用性, 第26回日本門脈圧亢進症学会総会, 2019年09月13日, 通常, 日本語, プレプリント
  11. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブ開始後のNH3値推移と肝性脳症に関する検討, 第55回日本肝臓学会総会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, プレプリント
  12. 造影超音波と18F-FDG PET-CTによる肝細胞癌の術後再発リスク因子の評価, 第55回日本肝臓学会総会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, プレプリント
  13. 治療介入を要する門脈圧亢進症を伴った非アルコール性脂肪性肝炎の臨床的特徴, 第55回日本肝臓学会総会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, プレプリント
  14. BCLC stage BかつUp-to-7 criteria outの初発肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓術の検討, 第55回日本肝癌研究会, 2019年07月04日, 通常, 日本語, プレプリント
  15. ソラフェニブ不応進行肝細胞癌に対するTKI sequential therapyの成績, 第55回日本肝癌研究会, 2019年07月04日, 通常, 日本語, プレプリント
  16. 当院におけるsorafenib不応進行肝細胞癌に対する分子標的薬sequentialtherapyの経験, 第55回日本肝癌研究会, 2019年07月04日, 通常, 日本語, プレプリント
  17. 非アルコール性脂肪肝肝炎症例に対するfibroscanにおけるXLプローブの有用性の検討, 第55回日本肝癌研究会, 2019年07月04日, 通常, 日本語, プレプリント
  18. 進行肝細胞癌に対するTKI逐次療法の現状と短期成績, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, プレプリント
  19. Vp4合併進行肝細胞癌に対し放射線治療併用肝動注化学療法先行後レンバチニブ,DEB-TACEによる集学的治療を行っている1例, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, プレプリント
  20. MSI-High進行肝細胞癌に対してPembrolizumabが奏功した1例, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, プレプリント
  21. 進行肝細胞癌に対するレンチバニブ治療における腫瘍マーカー推移や奏功に関する検討, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, プレプリント
  22. Sequential療法およびAdd-on療法例におけるHBs抗原低下に寄与する因子の検討, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, プレプリント
  23. 基準未満の習慣飲酒を伴う非アルコール性脂肪肝炎の臨床的特徴, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, プレプリント
  24. 当院の肝生検症例に対するfibroscanにおけるXLプローブの有用性の検討, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, プレプリント
  25. 塞栓術後に症状の改善を認めた肝動門脈瘻の一例, 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, プレプリント
  26. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブ治療中にサルコペニアの進行を抑制することができた3例, 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, プレプリント
  27. 繰り返す治療抵抗性の直腸静脈瘤出血に対して経頚静脈的肝内門脈大短絡術が奏功した一例, 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, プレプリント
  28. 肝細胞癌患者のソラフェニブ治療における骨格筋量の推移に関する検討, 第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, プレプリント
  29. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブ治療における腫瘍マーカー推移と画像効果判定, 第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, プレプリント
  30. 慢性肝疾患患者における筋肉量変化率に関する検討, 第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, プレプリント
  31. Sorafenib - Regorafenib sequential therapyの有効性の検討, 第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, プレプリント
  32. 推定内臓脂肪重量を用いた非アルコール性脂肪性肝炎の病態評価, 第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, プレプリント
  33. 肝予備能低下に伴う耐糖能異常の過小評価とCGMSの有用性, 第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, プレプリント
  34. Efficacy of multiple therapeutic drug combination in the treatment of hepatic encephalopathy, JSH International Liver Conference, 2019年11月08日, 招待, 英語, プレプリント
  35. 非アルコール性脂肪肝炎に対するfibroscan(XLプローブ)の有用性の検討, 日本消化器関連学会週間(JDDW)2019(第27回), 2019年11月21日, 通常, 日本語, プレプリント
  36. 2型糖尿病合併NASHに対するGLP-1受容体作動薬とSGLT2阻害薬の治療効果の解析, 日本消化器関連学会週間(JDDW)2019(第27回), 2019年11月21日, 通常, 日本語, プレプリント
  37. 高齢者肝細胞癌における体幹部定位放射線治療の有用性, 日本消化器関連学会週間(JDDW)2019(第27回), 2019年11月21日, 通常, 日本語, プレプリント
  38. BCLC stage BかつUp-to-7 criteria outの初発肝細胞癌 に対し初回治療として肝動脈化学塞栓術を施行した症例の検討, 日本消化器関連学会週間(JDDW)2019(第27回), 2019年11月21日, 通常, 日本語, プレプリント
  39. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブ治療における腫瘍マーカー推移と画像効果判定の関連, PFSと寄与する因子, 日本消化器関連学会週間(JDDW)2019(第27回), 2019年11月21日, 通常, 日本語, プレプリント
  40. TUMOR AND BLOOD FGFR4 LEVELS PREDICT THE EFFICACY OF LENVATINIB IN PATIENTS WITH ADVANCED HEPATOCELLULAR CARCINOMA, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  41. THE ROLE OF OUANTITATIVE HEPATITIS B SURFACE ANTIGEN, HEPATITIS B CORE-RELATED ANTIGEN AND HEPATITIS B RNA IN PREDICTION OF HEPATITIS B RELAPSE AFTER NUCLEOS(T)IDE, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  42. THE IMPACT OF INTERFERON-FREE DIRECT-ACTING ANTIVIRALS ON CLINICAL OUTCOME AFTER CURATIVE TREATMENT FOR HEPATITIS C VIRUS-ASSOCIATED HEPATOCELLULAR CARCINOMA, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  43. STEREOTACTIC BODY RADIATION THERAPY COMBINED WITH TRANSCATHETER ARTERIAL CHEMOEMBOLIZATION FOR SMALL HEPATOCELLULAR CARCINOMA, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  44. RESISTANCE ANALYSIS FOR GLECAPREVIR AND PIBRENTASVIR ON GENOTYPE lb HEPATITIS C VIRUS INFECTION IN SUBGENOMIC REPLICON SYSTEMS AND HUMAN HEPATOCYTE, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  45. PERMISSION OFHEPATITIS BVIRUSINFECTION INJak3KORag2KO MOUSE, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  46. MODELING-BASED RESPONSE-GUIDED THERAPY UNDER GLECAPREVIR/PIBRENTASVIR MAY OPTIMIZE DURATION OF THERAPY INPATIENTS WITH COMPENSATED CIRRHOSISIS, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  47. INDEPENDENT IMPACT OF POLYMORPHISM IN IRF5 AS WELL AS STAT4 ONHBV-RELATED HEPATOCARCINOGENESIS, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  48. EXPLORATORY ANALYSIS OF BIOMARKERS ASSOCIATED WITH CLINICAL OUTCOMES OF LENVATINIB IN HEPATOCELLULAR CARCINOMA, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  49. DIFFERENTIAL EFFECTS OF HOST GENETIC FACTORS ON HCV PERSISTENCE ACCORDING TO HCV GENOTYPE, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  50. ASSOCIATION OF FNDC5, PNPLA3 AND TM6SF2 POLYMORPHISMS WITH HEPATIC STEATOSIS INNAFLD PATIENTS, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  51. A COMPREHENSIVE ANALYSIS OF A WIDE RANGE OF LIVER DISEASES BY 16S 『 RNA SEOUENCING REVEALS CHARACTERISTIC PATTERNS OF GUT MICROBIOTA IN EACH ETIOLOGY, 2019年11月08日, 通常, 英語, プレプリント
  52. 2019年02月09日, 通常, 英語, プレプリント
  53. 2019年10月04日, 通常, 英語, プレプリント
  54. 2019年10月04日, 通常, 英語, プレプリント
  55. 2019年10月02日, 通常, 英語, プレプリント
  56. サルコペニアとNASHについて, 広島県医療従事者研修会, 2019年03月30日, 招待, 日本語, 発表資料
  57. ウイルス性肝炎の治療に関する最新の知見, ひろしま肝疾患コーディネーター継続研修, 2018年11月03日, 招待, 日本語
  58. 日常診療にひそむ糖尿病合併脂肪肝患者への対応, 安芸高田市医師会学術講演会, 2018年07月24日, 招待, 日本語
  59. 慢性肝疾患における耐糖能異常の過小評価, 肝臓と糖尿病代謝研究会, 2018年07月21日, 通常, 日本語
  60. 慢性肝疾患における耐糖能異常の過小評価とCGMの有用性, 肝臓学会総会, 2018年06月15日, 通常, 日本語
  61. Serum HMGB1 concentrations is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy, The Liver Meeting 2017, 2017年10月22日, 通常, 英語, その他
  62. 糖尿病合併非アルコール性脂肪肝炎に対するSGLT2阻害薬の治療効果の解析, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  63. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療不応例の検討, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  64. 肥満を伴う慢性肝疾患症例における栄養・運動療法の有効性についての検討, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  65. 急性肝障害におけるMac-2 binding protein glycosylation isomer (M2BPGi)の増加, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  66. 核酸アナログ治療例に対するペグインターフェロン治療とHBs低下に関する検討, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  67. 慢性肝疾患患者における筋肉量と筋力の相関に関する検討, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  68. Vp3/4合併進行肝細胞癌に対する1次治療としての門脈腫瘍栓への放射線療法併用肝動 注化学療法とソラフェニブの比較検討, 第42回日本肝臓学会西部会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  69. 肝内結石を伴う尾状葉炎症性偽腫瘍の一例, 日本消化器病学会中国支部第108回例会・日本消化器内視鏡学会中国支部第119回例会, 2017年11月13日, 通常, 日本語, その他
  70. 肝硬変患者のサルコペニアに及ぼすカルニチンの効果に関する検討, 第108回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年10月18日, 通常, 日本語, その他
  71. 母子感染に対し、DAA療法によりウイルス排除が得られた小児C型慢性肝炎の一例, 第117回日本内科学会中国地方会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, その他
  72. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ不応例に対するレゴラフェニブ投与症例の検討, 第111回広島がん治療研究会, 2017年09月25日, 通常, 日本語, その他
  73. 細胆管細胞癌における造影超音波検査の検討, 細胆管細胞癌における造影超音波検査の検討, 2017年08月18日, 通常, 日本語, その他
  74. 肝臓に発生したaggressive angiomyxomaの1例, 第10回広島腹部造影超音波勉強会, 2017年05月29日, 通常, 日本語, その他
  75. 発熱、腹痛を契機に再受診したカロリ病の1例, 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月20日, 通常, 日本語, その他
  76. 肝原発平滑筋肉腫の1例, 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月20日, 通常, 日本語, その他
  77. 細胆管細胞癌における造影超音波検査の検討, 第30回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2017年03月31日, 通常, 日本語, その他
  78. 非B非C肝細胞癌の背景因子と予後に関する検討, 第58回広島肝疾患ゼミナール, 2017年02月16日, 通常, 日本語, 発表資料
  79. 非B非C型慢性肝疾患患者のアルコール摂取量で群別化した比較検討, 第104回日本消化器病学会総会, 2018年04月25日, 通常, 日本語, その他
  80. 肝硬変患者のサルコペニアに及ぼすカルニチンの効果, JDDW2017, 2017年10月16日, 通常, 日本語, その他
  81. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療不応例の検討, JDDW2017, 2017年10月16日, 通常, 日本語, その他
  82. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療不応例の検討, 第53回日本肝癌研究会, 2017年07月12日, 通常, 日本語, その他
  83. 進行肝癌に対する肝動注化学療法とソラフェニブの位置づけ -脈管侵襲、TACE不応の解析-, 第53回日本肝癌研究会, 2017年07月12日, 通常, 日本語, その他
  84. 高度進行肝細胞癌に対する腫瘍栓への放射線療法併用肝動注化学療法とソラフェニブの比較, 第53回日本肝癌研究会, 2017年07月12日, 通常, 日本語, その他
  85. 高齢者肝癌におけるSBRTの治療成績, 第53回日本肝癌研究会, 2017年07月12日, 通常, 日本語, その他
  86. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療不応例の検討, 第16回日本肝がん分子標的治療研究会, 2017年05月09日, 通常, 日本語, その他
  87. B型肝炎ウイルス(HBV)関連肝移植症例におけるHBcr抗原とHBV再感染の関連について, 第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月14日, 通常, 日本語, その他
  88. ソフォスブビル・レジパスビル併用療法の治療成績と脂質代謝への影響について, 第53回日本肝臓学会総会, 2017年06月14日, 通常, 日本語, その他
  89. Association of TLL1 Polymorphism with Development of Hepatocellular Carcinoma after Hepatitis C Virus Eradication and Fibrosis Severity, THE LIVER MEETING 2018, 2018年11月10日, 通常, 英語, その他
  90. "Comparison of clinical outcome of hepatic arterial infusion chemotherapy and sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma according to macrovascular invasion and TACE refractory", The Asian Pacific Association for the Study of the Liver, 2018年05月13日, 通常, 英語, その他
  91. "Stereotactic body radiation therapy combined with transcatheter arterial che moembolization for small hepatocellular carcinoma.", The Asian Pacific Association for the Study of the Liver, 2018年05月13日, 通常, 英語, その他
  92. "Experience of regorafenib treatment for the patients with hepatocellular car cinoma progressed after sorafenib", The Asian Pacific Association for the Study of the Liver, 2018年05月13日, 通常, 英語, その他
  93. ウイルス性肝炎について, 平成27年度第4回肝臓病教室, 2017年02月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  94. 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)について, 肝疾患診療連携拠点病院第3回研修会, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 発表資料
  95. ウイルス性肝炎について, 2018年01月31日, 通常, 日本語, 発表資料
  96. ウイルス性肝炎以外の肝疾患, ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, 通常, 日本語, プレプリント
  97. 本当はこわい?脂肪肝について, 第2回 肝臓病教室, 2017年09月27日, 招待, 日本語, プレプリント
  98. NASH診療における線維化阻止の重要性について, 第3回 Hiroshima Liver Next Generation Meeting, 2017年06月23日, 招待, 日本語, その他
  99. 高度肥満患者のNAFLD/NASH治療における減量手術の効果, 広島消化器病研究会, 2018年04月07日, 通常, 日本語, 発表資料
  100. 減量手術後に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)が改善した1例, 消化器病学会中国支部会, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 発表資料
  101. NAFLDにおける線維化進展症例の拾い上げとSGLT2阻害薬の有用性について , 広島医学会総会, 2017年11月12日, 通常, 日本語, 発表資料
  102. 非侵襲的肝線維化評価を用いた線維化非進展NASH拾い上げのための新規線維化予測モデルの検討, 2017年10月13日, 通常, 日本語, 発表資料
  103. SGLT2阻害薬およびDPP4阻害薬が2型糖尿病合併NAFLDに与える影響と体組成変化の検討, JDDW2017, 2017年10月13日, 通常, 日本語, 発表資料
  104. Repeat biopsyから得られたNAFLDの組織学的増悪因子とPNPLA3の影響について:多施設研究, 通常, 日本語, 発表資料
  105. 非侵襲的肝線維化評価を用いた 早期NASH拾い上げのための 新規線維化予測モデルの検討, 第13回 肝臓学会総会, 2017年06月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  106. SGLT2阻害薬の肝機能パラメータに与える影響と体組成変化の検討, 消化器病学会総会, 2017年04月22日, 通常, 日本語, 発表資料
  107. 肝硬変に伴う2次性サルコペニアの評価と治療, 寺岡雄吏, 中原隆志, 第118回広島消化器病研究会, 2016年04月09日, 通常, 日本語
  108. 急性肝炎の後に急速に肝硬変へ進展し発癌したHBV genotype Dの一例, 中村有希, 中原隆志, 第105回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年06月11日, 通常, 日本語
  109. 小児食道胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法の治療経験, 長沖祐子, 中原隆志, 第5回中国門脈亢進症研究会, 2016年06月10日, 通常, 日本語
  110. 進行肝癌に対する肝動注化学療法とソラフェニブの位置づけ, 河岡友和, 中原隆志, 第14回日本肝がん分子標的治療研究会, 2016年06月11日, 通常, 日本語
  111. 造影超音波検査が診断に有用であった肝細胞腺腫の1例, 河岡友和, 中原隆志, 日本超音波医学会第52回中国地方会学術集会第15回中国地方講習会, 2016年09月03日, 通常, 日本語
  112. 腎機能障害を有するC型慢性肝炎におけるダクラタスビル・アスナプレビル療法の有効性と安全性の検討, 中村有希, 中原隆志, 第20回日本肝臓学会, 2016年11月03日, 通常, 日本語
  113. 肝細胞癌に対するシスプラチンによる肝動脈化学塞栓療法後に血栓性微小血管障害症を発症した一例, 大屋一輝, 中原隆志, 106回日本消化器病学会中国支部例会, 通常, 日本語
  114. 薬剤性過敏性症候群(DIHS)により急性肝不全を来した1症例, 森豪, 中原隆志, 日本内科学会中国支部主催 第115回中国地方会, 2016年11月17日, 通常, 日本語
  115. Japanese genetic study could not suggest the importance of the NTCP l ocus for HBV persistence, D.Miki, Nakahara T, 第25回アジア太平洋肝臓病学会議(APASL)年次総会, 2016年02月20日, 通常, 英語
  116. 非侵襲的肝線維化評価を用いた線維化非進展NASH拾い上げのための新規線維化予測モデルの検討, 中原隆志, 2017 酸化ストレスと肝疾患研究会, 2017年02月25日, 通常, 日本語
  117. SGLT2阻害薬の肝機能パラメーターに与える影響と体組成変化の検討, 中原隆志, 第119回広島消化器病研究会, 2017年04月08日, 通常, 日本語
  118. Involvement of type 4 porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver diseas, nakahara Takashi, AASLD, 2016年11月11日, 通常, 英語
  119. 複数回施行した肝生検例からみたNASH増悪因子の検討, 中原隆志, 第20回日本肝臓学会総会, 2016年11月04日, 通常, 日本語
  120. 複数回施行した肝生検例からみたNASH増悪因子の検討, 中原隆志, 第3回肝臓と糖尿病・代謝研究, 2016年07月16日, 通常, 日本語
  121. NASH進展における歯周病菌(Porphyromonas gingivalis)の関与について, 中原隆志, 第101回日本消化病学会総会, 2015年04月25日, 通常, 英語

受賞

  1. 2014年, 第1回 肝臓と糖尿病研究会 研究奨励賞
  2. 2014年, 第28回 日本消化器病学会奨励賞 
  3. 2015年, 第3回 肝臓と糖尿病研究会 研究奨励賞
  4. 2019年, 日本消化器病学会学術奨励賞
  5. 2019年, 肝臓と糖尿病・代謝研究会 Young Investigator Award

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 平成29年度広島大学病院臨床研究助成金, 非アルコール性脂肪肝炎の増悪因子の同定とサイトカインアッセイによる治療反応予測

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 医療従事者研修会, 2019年/03月/30日, 司会, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  2. 第1回肝臓病教室, NASH(非アルコール性脂肪肝炎)とは?~実はこわい脂肪肝~, 2016年/06月/29日, 広島大学病院 3階 大会議室, 講師, 講演会
  3. 広島肝炎市民フォーラム, 脂肪性肝疾患~あなたの脂肪肝、放って置いて大丈夫?~, 2016年/12月/11日, TKP ガーデンシティ, 講師
  4. 肝臓病教室, ウイルス性肝炎について, 2017年/02月/01日, 広島大学病院 3階 大会議室, 講師
  5. 肝疾患診療連携拠点病院第3回研修会, 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)について, 2017年/03月/25日, 広島市, 講師
  6. 肝臓病教室, 本当はこわい?脂肪肝について, 2017年/09月/27日, 広島大学病院 3階 大会議室, 講師, 講演会, その他
  7. ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス性肝炎以外の肝疾患, 広島県庁, 広島県庁  6F 講堂, 講師, 講演会, その他
  8. 呉内科会総会・学術講演会, プライマリ・ケアで押さえておきたい糖尿病合併脂肪肝患者への対処~SGLT2阻害薬の有用性について~, 呉医師会, 2018年/02月/24日, 講師, 講演会, その他
  9. 肝臓病教室, 肝癌について, 2017年/12月/06日, 企画, 講演会, その他
  10. 肝臓病教室, 肝硬変について, 2018年/01月/31日, 臨床管理棟3F 大会議室, 企画, 講演会, その他
  11. 医療従事者向け研修会, 2018年/03月/24日, 司会, 講演会, その他
  12. 特定臨床研究の経過措置に関する説明会, 臨床研究法に基づく、既存の臨床研究の移行について, 2018年/06月/24日, 病院大会議室(臨床管理棟3階), 講師, 講演会, 研究者
  13. 国立大学附属病院 臨床研究推進会議, 2018年/06月/22日, 北海道大学病院 臨床研究棟1階 大会議室, パネリスト, セミナー・ワークショップ, その他
  14. 肝疾患診療連携拠点病院連絡協議会, 広島大学病院報告, 2018年/07月/13日, パネリスト, セミナー・ワークショップ, その他
  15. 医療従事者研修会, B型肝炎訴訟について, 2019年/03月/30日, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  16. 第一回肝臓病教室, 2019年/05月/20日, 企画, 講演会, 社会人・一般
  17. 第2回肝臓病教室, 2019年/09月/30日, 企画, 講演会, 社会人・一般
  18. 第3回肝臓病教室, 2019年/12月/16日, 企画, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Hematology research, 編集員