木田 佳子YOSHIKO KIDA

Last Updated :2022/01/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
自己紹介
主に救命センター・集中治療室で重症患者さんの治療に当たっています.

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

研究キーワード

  • 呼吸不全,ECMO
  • 小児

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  4. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, KL-6, a Human MUC1 Mucin, as a prognostic marker for diffuse alveolar hemorrhage syndrome., Orphanet Journal of Rare Diseases, 7巻, 99号, 2012
  2. Influence of clinical experience of the Macintosh laryngoscope on performance with the Pentax-AWS Airway Scope(A (R)), a rigid video-laryngoscope, by paramedics in Japan, JOURNAL OF ANESTHESIA, 29巻, 5号, pp. 672-677, 2015
  3. Exploring potential co-factors affecting coagulation and inflammation activity during extracorporeal membrane oxygenation, Crit Care Med, 2016
  4. Potential covariates that affect post-extubation breathing effort in children, Intensive Care Med, 2016
  5. Pediatric cardiorespiratory failure successfully managed with venoarterial-venous extracorporeal membrane oxygenation, BMC Pulm Med, 16巻, 2016
  6. 集中治療医による在宅往診により人工呼吸器離脱後管理を行った青年期急性呼吸不全の1例., 日本集中治療医学会雑誌, 2016
  7. A pilot study: a combined therapy using polymyxin-B hemoperfusion and extracorporeal membrane oxygenation for acute exacerbation of interstitial pneumonia., Sarcoidosis Vasculitis and diffuse lung disease, 31巻, 2014
  8. 自作伝送システムを用いたビデオ喉頭鏡エアウェイススコープ®による気管挿管映像の遠隔地への伝送と課題., 日本臨床救急医学会誌, 14巻, pp. 415-420, 2011
  9. Practical use of airway pressure release ventilation for severe ARDS- a preliminary report in comparison with a conventional ventilatory support., Hiroshima J. Med. Sci, 58巻, pp. 83-88, 2009
  10. Tracheal Intubation of a Difficult Airway Using Airway Scope, Airtraq and Macintosh Laryngoscope: A Comparative Manikin Study of Inexperienced Personnel. Anesthesia & Analgesia, Anesthesia & Analgesia, 110巻, pp. 1049-1055, 2010
  11. 自作伝送システムを用いたビデオ喉頭鏡エアウェイスコープによる気管挿管映像の遠隔地への伝送と課題, 日本臨床救急医学会雑誌, 14巻, 3号, pp. 415-420
  12. Optimal cut-off value for LIPS and potential confounders for identifying the risk of developing ARDS., Intensive Care Med, 2017
  13. Rapid-onset plasma leakage of extracorporeal oxygenation membranes possibly due to hyperbilirubinemia, Journal of Artificial Organs, 201806
  14. ベバシズマブを含む化学療法中の直腸癌患者に発症したA群β溶連菌による壊死性筋膜炎の一例., 日本救急医学会雑誌, 2017
  15. 潜在的脾機能低下が疑われたCapnocytophaga感染症の1例., 日本救急医学会雑誌, 2018
  16. Mechanical Ventilation Management during Extracorporeal Membrane Oxygenation for Acute Respiratory Distress Syndrome An International Multicenter Prospective Cohort, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 200巻, 8号, pp. 1002-1012, 20191015
  17. High serum potassium level is associated with successful electrical cardioversion for new-onset atrial fibrillation in the intensive care unit: A retrospective observational study, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 47巻, 1号, pp. 52-59, 201901
  18. Retrospective immunohistological study of autopsied lungs in patients with acute exacerbation of interstitial pneumonia managed with extracorporeal membrane oxygenation, Journal of thoracic disease, 2019
  19. Unique patterns of lower respiratory tract microbiota are associated with inflammation and hospital mortality in acute respiratory distress syndrome, RESPIRATORY RESEARCH, 20巻, 1号, 20191106
  20. Retrospective immunohistological study of autopsied lungs in patients with acute exacerbation of interstitial pneumonia managed with extracorporeal membrane oxygenation, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 11巻, 11号, pp. 4436-4443, 201911
  21. Paediatric acute respiratory distress syndrome incidence and epidemiology (PARDIE): an international, observational study, LANCET RESPIRATORY MEDICINE, 7巻, 2号, pp. 115-128, 201902
  22. Prognosis of pathogen-proven acute respiratory distress syndrome diagnosed from a protocol that includes bronchoalveolar lavage: a retrospective observational study, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 8巻, 1号, 20200723
  23. Antimicrobial de-escalation in the critically ill patient and assessment of clinical cure: the DIANA study, Intensive Care Medicine, 46巻, 7号, pp. 1404-1417, 202006
  24. 鈍的気管損傷に対して2本の気管チューブを用いた分離肺換気を行った1例, 44巻, 8号, pp. 534-537, 2020
  25. Frequency Domain Analysis of Heart Rate Variability in the Early Phase of Hemorrhage: Its Relation to Development of Shock, CIRCULATION, 120巻, 18号, pp. S1491-S1491, 2009
  26. COMPARISON OF INTUBATION SUCCESS OF AIRWAY SCOPE, AIRTRAQ VERSUS DIRECT LARYNGOSCOPY IN THE DIFFICULT AIRWAY USING HIGH-FIDELITY SIMULATION, CRITICAL CARE MEDICINE, 37巻, 12号, pp. A267-A267, 2009

著書等出版物

  1. 2020年09月10日, わかって動ける!人工呼吸管理 ポケットブック, 羊土社, 2020年, 9, 単行本(学術書), 共著
  2. 2019年, ER・ICU 100のピットフォール, 中外医学社, 2019年, 単行本(学術書), 共著
  3. 2017年, 開胸管理中あるいはECMO中の予防的抗菌薬投与は必要か?, 救急・集中治療, 木田 佳子;志馬 伸朗
  4. 2013年01月, 放射線災害, 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine, 木田 佳子;廣橋 伸之;谷川 攻一
  5. 2014年, 室内火災の現場より救出され,一酸化炭素中毒を合併したシアン中毒傷病者の1例, 日本救急医学会雑誌, 岩崎 泰昌;奈女良 昭;宇根 一暢;太田 浩平;木田 佳子;廣橋 伸之;谷川 攻一
  6. 2016年, 救急・集中治療 28(7-8), 【感染症治療-その常識は正しいか?-】VAPに対してルーチンにMRSAカバーを行う?, 総合医学社, 2016年, 単行本(一般書), 共著
  7. 2017年10月, ER・ICU 100のスタンダード, 中外医学社, 2017年, 単行本(一般書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2020年 日本救急医学会 女性医師会員アンケート調査結果, 木田佳子, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 通常, 日本語
  2. KL-6, a Human MUC1 Mucin, as a prognostic marker for diffuse alveolar hemorrhage syndrome., Kida Y, Ohshimo S, Ota K, Tamura T, Otani T, Une K, Sadamori T, Iwasaki Y, Bonella F, Hattori N, Hirohashi N, Guzman J, Costabel U, Kohno N, Tanigawa K, SCCM's 40th Critical Care Congress, 2011年, 通常, 英語, Sandiego, USA
  3. Issues in the initial medical responses after Fukushima Daiichi Nuclear Power plant accident., Kida Y, Tanigawa K, Hirohashi N, Iwasaki Y, Tsumura R, Otani T, Une K, Sadamori T, Ohshimo S, Yamaga S, The 7th Asian Conference on Emergency Medicine, 2013年, 通常, 英語, Tokyo, Japan
  4. 乗用車運転中に発症した突発性脊髄急性硬膜外血腫の一例., 木田佳子、廣橋伸之、津村龍、貞森拓磨、大谷直嗣、武田卓、岩崎泰昌、谷川攻一、山口智、武田正明、栗栖薫, 第25回日本救急医学会中国四国地方会, 2009年, 通常, 日本語
  5. 関節リウマチ(RA)の治療にメトトレキサート(MTX)を使用し、汎血球減少を来した2例., 木田佳子、山賀聡之、太田浩平、田村朋子、大谷直嗣、貞森拓磨、武田卓、岩崎泰昌、廣橋伸之、谷川攻一, 第37回日本集中治療医学会総会・学術総会., 2010年, 通常, 日本語, 広島,日本
  6. びまん性肺胞出血症候群の予後因子の検討., 木田佳子、太田浩平、田村朋子、黒坂升一、貞森拓磨、大谷直嗣、大下慎一郎、武田卓、岩崎泰昌、廣橋伸之、谷川攻一, 第38回日本救急医学会総会・学術総会., 2010年, 通常, 日本語, 東京,日本
  7. 救命救急センター・集中治療部に入室したびまん性間質影を呈する症例の診断と予後 ニューモチスシス肺炎との関連から., 木田佳子、大下慎一郎、太田浩平、田村朋子、板井純治、鈴木慶、宇根一暢、岩崎泰昌、廣橋伸之、谷川攻一, 第39回日本救急医学会総会・学術総会, 2011年, 通常, 日本語, 東京,日本
  8. びまん性肺胞出血における早期HFOV導入の有用性に関する検討., 木田佳子、大下慎一郎、太田浩平、林容子、飯干亮太、岩崎泰昌、廣橋伸之、谷川攻一, 第33回日本呼吸療法医学会学術総会, 2011年, 通常, 日本語, 神奈川,日本
  9. 当院における肺気腫を呈する患者に対する体外式膜型人工肺(ECMO)の導入の検討, 木田佳子、大下慎一郎、稲川嵩紘、鳥越勇佑、板井純治、太田浩平、田村朋子、宇根一暢、大谷直嗣、津村龍、岩崎泰昌、廣橋伸之、谷川攻一, 第35回日本呼吸療法医学会学術総会, 2013年, 通常, 日本語, 東京,日本
  10. 間質性肺炎急性増悪に対するECMOの有効性., 木田佳子、大下慎一郎、太田浩平、山賀聡之、鈴木慶、岩崎泰昌、廣橋伸之、谷川攻一, 第42回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年, 通常, 日本語, 福岡,日本
  11. 熱傷ショック期にたこつぼ型心筋症を合併した高齢者重症熱傷の1例., 木田佳子、岩崎泰昌、谷川攻一, 第23回日本熱傷学会地方会, 2015年, 通常, 日本語, 広島,日本
  12. V-V ECMOを使用した成人呼吸不全症例における剖検診断の検討., 木田佳子、大下慎一郎、太田浩平、山賀聡之、田邉優子、稲川嵩紘、小山和宏、儀賀普嗣、京道人、島谷竜俊、宇根一暢、大谷直嗣、岩崎泰昌、廣橋伸之、河野修興、谷川攻一, 第37回日本呼吸療法医学会学術総会, 2015年, 通常, 日本語, 京都,日本
  13. Analysis of autopsy findings in patients with acute respiratory failure supported on V-V ECMO., Kida Y, Ohshimo S, Kyo M, Shimatani T, Shime, The 35th Anuual Conference of the KSCCM, 2016年, 通常, 英語, Seoul, Korea
  14. V-V ECMOの間質性肺炎急性増悪剖検肺における検討., 木田佳子,大下慎一郎,AMATYA Vishwa Jeet,武島幸男,志馬伸朗, 第38回日本呼吸療法医学会学術総会, 2016年, 通常, 日本語, 名古屋,日本
  15. Protein expression profile in acute exacerbation of interstitial pneumonia supported by V-V ECMO., 2017年, 通常, 英語
  16. Analysis of autopsy findings in patients with acute respiratory failure supported on V-V ECMO., 2016年, 通常, 英語
  17. 急性呼吸不全における気管支肺胞洗浄の有用性の検討., 木田 佳子, 大下 慎一郎, 京 道人,島谷竜俊,大木伸吾,志馬伸朗, 第39回日本呼吸療法医学会総会, 2017年, 通常, 日本語
  18. 間質性肺炎急性増悪におけるV-V ECMO有用性の分子病理学的検討., 木田 佳子, 大下 慎一郎, 京 道人, Amatya Vishwa Jeet, 武島 幸男, 志馬 伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年, 通常, 日本語
  19. VV ECMO中の水分出納と生命予後 との関連—当院での後方視的観察研究—, 木田佳子,大下慎一郎,京道人,志馬伸朗, 第40回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年, 通常, 日本語
  20. "「あと3年で規制適用?救急医の 働き方改革―救急医療は対応できるか?」", 第46回日本救急医学会総会・学術総会, 2018年, 招待, 日本語
  21. VA ECMO施行中に短時間に頻回の血漿リークを認めた高ビリルビン血症の一例, 木田佳子、大下慎一郎,京道人,田邉優子,細川康二,志馬伸朗, 小児集中治療ワークショップ, 2018年, 通常, 日本語
  22. PICUの無い地域で小児重症患者にどう対応するか〜広島からの現状報告と提言 大学病院・ICUの立場から, 木田佳子, 小児集中治療ワークショップ, 2018年, 通常, 日本語
  23. 間質性肺炎急性増悪に対してVV ECMO導入した 2症例の 血清マーカーの経時的変化, 木田佳子,京道人,細川康二,大下慎一郎,志馬伸朗, 2019年03月01日, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 間質性肺炎急性増悪の治療標的分子同定および体外式膜型人工肺を用いた新規治療法開発, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本呼吸療法医学会, 2020年
  2. 日本救急医学会, 2021年
  3. (医)社団CMCコールメディカルクリニック広島, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  4. 国家公務員共済組合連合会呉共済病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  5. 女性医師部会委員, 2018年07月, 2021年03月, 広島県医師会
  6. 医師の働き方改革に関する特別委員会委員, 2019年01月, 2019年12月, 日本救急医学会
  7. 男女共同参画推進特別委員会委員, 2019年01月, 2019年12月, 日本救急医学会
  8. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, (医)社団CMCコールメディカルクリニック広島
  9. 男女共同参画推進特別委員会 委員長, 2020年01月, 日本救急医学会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, 日本救急医医学会雑誌, その他
  2. 2021年, Journal of intensive care, その他
  3. 2020年, Journal of intensive care, その他
  4. 2020年, Journal of intensive care, その他
  5. 2017年, Journal of intensive care, その他