松久 幸司KOUJI MATSUHISA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教

基本情報

主な職歴

  • 2014年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 特任助教

学歴

  • 大阪大学, 大学院薬学研究科博士後期課程, 分子薬科学, 日本, 2010年04月, 2014年03月
  • 大阪大学, 大学院薬学研究科博士前期課程, 分子薬科学, 日本, 2008年04月, 2010年03月
  • 大阪大学, 薬学部, 総合薬学科, 日本, 2004年04月, 2008年03月

学位

  • 博士(薬学) (大阪大学)
  • 修士(薬学) (大阪大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 細胞科学[1医医]
  2. 2022年, 学部専門, 通年, 組織細胞機能学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Loss of Function of Mutant IDS Due to Endoplasmic Reticulum-Associated Degradation: New Therapeutic Opportunities for Mucopolysaccharidosis Type II, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 22巻, 22号, 20211112
  2. OASIS/CREB3L1 is a factor that responds to nuclear envelope stress, CELL DEATH DISCOVERY, 7巻, 1号, 20210629
  3. Toxic effects of endoplasmic reticulum stress transducer BBF2H7-derived small peptide fragments on neuronal cells, BRAIN RESEARCH, 1749巻, 20201215
  4. Production of BBF2H7-derived small peptide fragments via endoplasmic reticulum stress-dependent regulated intramembrane proteolysis, FASEB JOURNAL, 34巻, 1号, pp. 865-880, 202001
  5. Hypertonicity-responsive ubiquitin ligase RNF183 promotes Na, K-ATPase lysosomal degradation through ubiquitination of its beta 1 subunit, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 521巻, 4号, pp. 1030-1035, 20200122
  6. Inflammatory bowel disease-associated ubiquitin ligase RNF183 promotes lysosomal degradation of DR5 and TRAIL-induced caspase activation, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 1号, pp. 20301, 20191230
  7. Renal medullary tonicity regulates RNF183 expression in the collecting ducts via NFAT5, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 514巻, 2号, pp. 436-442, 20190625
  8. Calnexin promotes the folding of mutant iduronate 2-sulfatase related to mucopolysaccharidosis type II, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 514巻, 1号, pp. 217-223, 20190618
  9. NFAT5 up-regulates expression of the kidney-specific ubiquitin ligase gene Rnf183 under hypertonic conditions in inner-medullary collecting duct cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 294巻, 1号, pp. 101-115, 20190104
  10. Shutdown of ER-associated degradation pathway rescues functions of mutant iduronate 2-sulfatase linked to mucopolysaccharidosis type II, CELL DEATH & DISEASE, 9巻, 808号, 20180724
  11. Axonal Activation of the Unfolded Protein Response Promotes Axonal Regeneration Following Peripheral Nerve Injury, NEUROSCIENCE, 375巻, pp. 34-48, 20180401
  12. Sec16A, a key protein in COPII vesicle formation, regulates the stability and localization of the novel ubiquitin ligase RNF183, PLOS ONE, 13巻, 1号, 20180104
  13. Identification of claudin-4 binder that attenuates tight junction barrier function by TR-FRET-based screening assay, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 1号, pp. 14514-14514, 20171106
  14. The androgen-induced protein AIbZIP facilitates proliferation of prostate cancer cells through downregulation of p21 expression, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20161117
  15. Multivesicular body formation enhancement and exosome release during endoplasmic reticulum stress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 480巻, 2号, pp. 166-172, 20161111
  16. Genome-wide identification and gene expression profiling of ubiquitin ligases for endoplasmic reticulum protein degradation, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20160803
  17. Luman is involved in osteoclastogenesis through the regulation of DC-STAMP expression, stability and localization, JOURNAL OF CELL SCIENCE, 128巻, 23号, pp. 4353-4365, 20151201
  18. IRE1 alpha-XBP1 is a novel branch in the transcriptional regulation of Ucp1 in brown adipocytes, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, 20151116
  19. OASIS modulates hypoxia pathway activity to regulate bone angiogenesis, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, 20151112
  20. Promotion of Cancer Cell Proliferation by Cleaved and Secreted Luminal Domains of ER Stress Transducer BBF2H7, PLOS ONE, 10巻, 5号, 20150508
  21. Lignosulfonic acid attenuates NF-kappa B activation and intestinal epithelial barrier dysfunction induced by TNF-alpha/IFN-gamma in Caco-2 cells, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 72巻, 2号, pp. 448-455, 201803
  22. Neuronal activity-dependent local activation of dendritic unfolded protein response promotes expression of brain-derived neurotrophic factor in cell soma, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 144巻, 1号, pp. 35-49, 201801
  23. ER Stress and Disease: Toward Prevention and Treatment, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 9号, pp. 1337-1343, 201709
  24. Anti-HCV effect of Lentinula edodes mycelia solid culture extracts and low-molecular-weight lignin, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 462巻, 1号, pp. 52-57, 2015
  25. Creation and biochemical analysis of a broad-specific claudin binder, BIOMATERIALS, 33巻, 12号, pp. 3464-3474, 2012
  26. Comparison of mucosal absorption-enhancing activity between a claudin-3/-4 binder and a broadly specific claudin binder, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 423巻, 2号, pp. 229-233, 2012
  27. Biochemical analysis of a novel dual claudin binder, FASEB JOURNAL, 25巻, 2011
  28. A simple screening system for claudin binders using an scFv library derived from claudin-immunized mice, FASEB JOURNAL, 25巻, 2011
  29. Preparation of a dual claudin binder using a fragment of Clostridium perfringens enterotoxin, FASEB JOURNAL, 25巻, 2011
  30. A toxicological evaluation of a claudin modulator, the C-terminal fragment of Clostridium perfringens enterotoxin, in mice, Pharmazie, 66巻, 7号, pp. 543-546, 2011
  31. A Claudin-Targeting Molecule as an Inhibitor of Tumor Metastasis, JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 334巻, 2号, pp. 576-582, 2010
  32. Tight junction modulator and drug delivery, EXPERT OPINION ON DRUG DELIVERY, 6巻, 5号, pp. 509-515, 2009

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 小胞体膜貫通型転写因子OASISによる核膜ストレス応答機構解明, 上川泰直, 齋藤敦, 松久幸司, 今泉和則, 第94回日本生化学会大会, 2021年11月05日, 通常, 日本語, web開催
  2. 希少疾患原因遺伝子産物のERAD回避による機能回復と疾患治療薬の探索, 松久幸司, 齋藤敦, 今泉和則, オルガネラ疾患研究拠点第1回ミーティング, 2021年01月08日, 通常, 日本語, 広島市(web開催)
  3. 核膜ストレスと細胞老化、癌化の制御, 今泉和則, 齋藤敦, 上川泰直, 松久幸司, 金子雅幸, 2020年度 新学術領域「オルガネラゾーン」Zoom班会議, 2020年12月22日, 通常, 日本語, web開催
  4. 小胞体膜貫通型転写因子OASISによる核膜ストレス応答機構解明, 上川泰直, 齋藤敦, 松久幸司, 金子雅幸, 今泉和則, 新学術領域研究 第3回オルガネラ・ゾーン若手の会, 2020年12月21日, 通常, 日本語, web開催
  5. 核膜ストレスに応答して活性化する小胞体膜貫通型転写因子OASISの機能解明, 上川泰直, 松久幸司, 齋藤敦, 今泉和則, 第93回日本生化学会大会, 2020年09月14日, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市(web開催)
  6. 核膜ストレス応答に対する小胞体膜貫通型転写因子OASISの関与, 松久幸司, 齋藤敦, 金子雅幸, 今泉和則, 第3回オルガネラ・ゾーン研究会, 2019年11月26日, 通常, 日本語, 東京都文京区
  7. 核膜ストレス応答に対する小胞体膜貫通型転写因子OASISの関与, 松久幸司, 齋藤敦, 金子雅幸, 今泉和則, 第2回オルガネラ・ゾーン若手の会, 2019年11月25日, 通常, 日本語, 東京都文京区
  8. 膜貫通型転写因子OASISによる核膜ストレス応答の制御機構, 今泉和則, 齋藤敦, 松久幸司, 金子雅幸, 第20回ORIGIN神経科学研究会, 2019年09月28日, 通常, 日本語, 秋田市
  9. 小胞体膜貫通型転写因子OASISの核膜ストレス応答への関与, 松久幸司, 金子雅幸, 齋藤敦, 今泉和則, 第92回日本生化学会大会, 2019年09月19日, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市
  10. 小胞体膜貫通型転写因子OASISの核膜ストレス応答への関与, 松久幸司, 金子雅幸, 齋藤敦, 今泉和則, 第92回日本生化学会大会, 2019年09月19日, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市
  11. The roles of ER-resident transmembrane transcription factor OASIS in cellular senescence of astrocytes, 松久幸司, 齋藤敦, 浅田梨絵, 金子雅幸, 今泉和則, 第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会, 2019年07月26日, 通常, 英語, 新潟市
  12. アストロサイトにおける核膜ストレスに対する小胞体膜タンパク質OASISの役割, 松久幸司, 金子雅幸, 齋藤敦, 浅田梨絵, 今泉和則, 第56回広島神経医科学研究会, 2019年07月08日, 招待, 日本語, 広島市
  13. 小胞体膜貫通型転写因子OASISによる核膜ストレス応答機構の解析, 松久幸司, 金子雅幸, 齋藤敦, 今泉和則, 新学術領域「オルガネラ・ゾーン」班会議, 2019年05月27日, 通常, 日本語, 大阪府吹田市
  14. 口頭発表・第2部(座長), 松久幸司, 第2回オルガネラ・ゾーン若手の会, 2019年11月25日, 招待, 日本語, 東京都文京区
  15. アストロサイトの核膜ストレスを制御する小胞体膜タンパク質, 松久幸司, 金子雅幸, 齋藤敦, 浅田梨絵, 今泉和則, 『広島神経医科学研究会』第3回学生・若手研究者のポスター発表会, 2019年02月18日, 通常, 日本語, 広島市
  16. 小胞体局在膜貫通型転写因子OASISの核ブレブ集積機構, 松久幸司, 浅田梨絵, 金子雅幸, 今泉和則, 新学術領域「オルガネラ・ゾーン」第1回若手の会, 2019年01月25日, 通常, 日本語, 徳島市
  17. 小胞体局在膜貫通型転写因子OASISの核ブレブ集積機構, 松久幸司, 浅田梨絵, 金子雅幸, 今泉和則, 新学術領域「オルガネラ・ゾーン」第1回若手の会, 2019年01月24日, 通常, 日本語, 徳島市
  18. 小胞体膜タンパク質が関与する核膜障害応答の分子機構, 今泉和則, 松久幸司, 金子雅幸, 齋藤敦, 新学術領域「オルガネラゾーン」第2回プログレスレポート, 2018年12月17日, 通常, 日本語, 東京都
  19. ER-resident transmembrane transcription factor OASIS accumulates in the nuclear bleb in response to the disruption of the nuclear lamina, 松久幸司, 浅田梨絵, 金子雅幸, 今泉和則, ASCB | EMBO 2018 Meeting, 2018年12月11日, 通常, 英語, San Diego, USA
  20. Neuronal functions of ER stress sensor BBF2H7-derived small peptide fragments in neurotoxicity and fibrilization of amyloid β, 松久幸司, 齋藤敦, 蔡龍杰, 柳田寛太, 大河内正康, 工藤幸司, 松本雅記, 中山敬一, 今泉和則, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会, 2018年09月08日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  21. 小胞体ストレストランスデューサーOASISの核膜blebにおける特徴的な局在と機能について, 松久幸司, 浅田梨絵, 金子雅幸, 今泉和則, 第19回ORIGIN神経科学研究会2018, 2018年08月26日, 通常, 日本語, 兵庫県淡路市
  22. DNA品質管理を担う核-小胞体連携ゾーンの解析, 今泉和則, 松久幸司, 浅田梨絵, 金子雅幸, 第1回新学術領域「オルガネラ・ゾーン」全体班会議, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 神奈川県
  23. ERストレストランスデューサーBBF2H7の膜内切断で産生される小ペプチド, 松久幸司, 齋藤敦, 蔡龍杰, 柳田寛太, 大河内正康, 工藤幸司, 松本雅記, 中山敬一, 今泉和則, 第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年05月26日, 通常, 日本語, 鳥取県米子市
  24. 神経細胞で産生される小胞体ストレスセンサー由来小ペプチドの物性と動態解析, 蔡龙杰, 松久幸司、齋藤敦、今泉和則, 広島神経医科学研究会』学生・若手研究者のポスター発表会, 2018年03月13日, 通常, 英語, 広島県広島市
  25. 小胞体ストレス応答シグナルの逆行性伝播は末梢神経の軸索再生を促進する, 大竹洋輔, 齋藤敦、松久幸司、今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月08日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  26. ER stress-dependent production of small peptides derived from ER stress sensors in neuronal cells, 松久幸司, 齋藤敦、大竹洋輔、柳田寛太、大河内正康、松本雅記、中山敬一、今泉和則, 第60回神経化学会大会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  27. Signaling of the Unfolded Protein Response is Critical for Axon Regeneration after Nerve Injury, 大竹洋輔, 齋藤敦、松久幸司、今泉和則, 第60回神経化学会大会, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  28. 小胞体ストレス依存的に産生される小胞体ストレスセンサーBBF2H7由来小ペプチドの物性と動態解析, 松久幸司, 齋藤敦, 今泉和則, 第18回ORIGIN神経科学研究会2017, 2017年08月27日, 通常, 日本語, 大阪府河内長野市

受賞

  1. 2019年02月18日, 『広島神経医科学研究会』第3回学生・若手研究者のポスター発表会 広島大学脳神経科学優秀賞, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科長, アストロサイトの核膜ストレスを制御する小胞体膜タンパク質
  2. 2011年, 第58回毒素シンポジウム 優秀発表賞, 毒素シンポジウム

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), 小胞体膜貫通型転写因子OASISの核膜異常構造への集積と核膜恒常性との関連性解明, 2019年, 2020年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 小胞体ストレス依存的に産生される小ペプチドの細胞毒性解析と病態形成との関連性解明, 2016年, 2017年