藤林 将MASARU FUJIBAYASHI

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
fujibahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1-3-1 広島大学理学部C棟C421 理学部C棟C421
TEL:082-424-7419

基本情報

主な職歴

  • 2020年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 研究員
  • 2019年04月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科 , 研究員
  • 2016年09月24日, 2017年03月31日, 山口芸術短期大学, 芸術表現学科 , 非常勤講師

学歴

  • 山口大学 , 大学院創成科学研究科, 2016年04月01日, 2019年03月31日

学位

  • 博士(理学) (山口大学)

研究分野

  • 化学 / 複合化学 / 機能物性化学

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  2. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 化学実験I
  3. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 化学実験II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Gas-Dependent Reversible Structural and Magnetic Transformation between Two Ladder Compounds., Crystals, 10巻, pp. 841-849
  2. Structural Phase Transitions of a Molecular Metal Oxide, Angew. Chem. Int. Ed., 59巻, pp. 22446-22450
  3. Investigation the Formation of "Molybdenum Blues" with Gel Electrophoresis and Mass Spectrometry, J. Am. Chem. Soc., 137巻, pp. 6524-6530
  4. Exploring the solvent mediated assembly and redox activity of a POM-organic hybrid [Na(SO3)2(PhPO3)4MoV4MoVI14O49]5-, New J. Chem., 40巻, pp. 8488-8492
  5. Chemo-chromism in an orthogonal dabco-based Co(II) network assembled by methanol-coordination and hydrogen bond formation, Dalton Trans., 47巻, pp. 7656-7662
  6. Spin Crossover between the High-spin and Low-spin States and Dielectric Switching in the Ionic Crystals of a Fe(II) [2*2] Molecular Grid, Bull. Chem. Soc. Jpn,, 93巻, pp. 1583-1587
  7. Synthesis, Structure, and Electrochemical Properties of [Na(SO3)2(RPO3)4MoV4MoVI14O49]5- (R = Propyl or t-Butyl), Bull. Chem. Soc. Jpn,, 92巻, pp. 918-922
  8. Synthesis of Preyssler-Type Phosphotungstate with Sodium Cation in the Central Cavity through Migration of the Ion., Bull. Chem. Soc. Jpn,, 93巻, pp. 461-466

受賞

  1. 2021年06月10日, 第10回 新化学技術研究奨励賞, 公益財団法人 新化学技術推進協会, 単分子メモリの実現を見据えた薄膜内での分子配向制御法の開発
  2. 応用物理学会 中国四国支部 学術講演会 発表奨励賞
  3. CSJ Student Presentation Award 2019
  4. 化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会 優秀講演賞(口頭部門)
  5. 日本化学会低次元系光機能材料研究会サマーセミナー 優秀ポスター賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 平成30年度 山口大学「理学ステップアップ研究」, 分子性金属酸化物の骨格変位による誘電機構の実現, 2018年
  2. 平成30年度 物質・デバイス領域共同研究拠点 次世代若手研究課題, 混合原子価ポリオキソメタレートへ有機ホスホン酸導入法の開発および誘電材料の開拓, 2018年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究), 次世代単分子メモリデバイスの開発, 2020年
  4. イオンの関与する科学および工学研究に従事する若手研究者(38歳未満)に対する助成【一般財団法人 イオン工学振興財団】, 分子内イオン移動機構を利用した単分子誘電物性の新規機能開拓, 2020年
  5. 2021年度 第一回 スタートアップ助成【公益財団法人 徳山科学技術振興財団】, イオン包接型分子を用いた単分子機能の開拓, 2021年
  6. 令和3年度(第43回)研究助成【公益財団法人 日本板硝子材料工学助成会】, 分子性金属酸化物を実装したFET型メモリの基礎特性評価, 2021年