神原 広平KOUHEI KANBARA

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
k-kambarahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(心理学) (広島大学)
  • 博士(心理学) (広島大学)

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 臨床心理学

研究キーワード

  • 抑うつ、反すう、認知行動療法、抑うつ予防

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学研究法演習
  2. 2021年, 学部専門, 1ターム, 臨床心理学概論
  3. 2021年, 学部専門, 4ターム, 教育相談
  4. 2021年, 学部専門, 4ターム, 公認心理師の職責
  5. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 心理実習I
  6. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 心理実習II
  7. 2021年, 学部専門, 4ターム, 教育相談
  8. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 心理実践実習IV(臨床心理実習I)
  9. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習C
  10. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習D
  11. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理実習II
  12. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理面接特講II
  13. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習III
  14. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 臨床心理学特講Ⅰ
  15. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理面接特講Ⅰ(心理支援に関する理論と実践)
  16. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理面接特講Ⅱ
  17. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理基礎実習Ⅱ
  18. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 臨床心理実習Ⅰ(心理実践実習Ⅳ)
  19. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理実習Ⅱ
  20. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習Ⅰ
  21. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習Ⅱ
  22. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習Ⅲ
  23. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習Ⅴ
  24. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習A
  25. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習B
  26. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習C
  27. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習D

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 認知機能がネガティブな自動思考・スキーマに与える影響, 行動療法研究, 41巻, pp. 215-223
  2. 抑うつを低減する認知的統制に対するソーシャルサポートの効果, パーソナリティ研究, 25巻, pp. 174-177
  3. 反復性思考の処理モードが回避行動に与える影響の縦断的検討, 広島大学大学院教育学研究科紀要第三部, 67巻, pp. 179-185
  4. An experimental study of the effect of rumination processing modes on approach behavior in a task involving previous failure., Current Psychology, in online first巻
  5. 反復性思考の処理モードが目標への従事に与える影響, 平成30年度広島大学学位論文
  6. 定時制高校に在籍する青年の抑うつと心理的特徴の検討, Journal of Health Psychology Research, 32巻, pp. 13-19
  7. ★, Development of a Japanese version of the Mini-Cambridge-Exeter Repetitive Thought Scale (Mini-CERTS)., Development of a Japanese version of the Mini-Cambridge-Exeter Repetitive Thought Scale (Mini-CERTS)., 9巻, pp. 1-8
  8. ★, Impact of repetitive thought and processing mode on goal striving., Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatry, 65巻, pp. 101481
  9. 看護学生における自動思考・反すうがバーンアウトに及ぼす影響, ストレス科学研究
  10. セルフモニタリングを通じた行動の損得分析による衝動性に対するセルフコントロール効果の検証, 心理教育相談事例研究, 15巻, pp. 27-34
  11. JASP による心理学者のためのベイズ統計, 広島大学心理学研究, 16巻, pp. 97-108
  12. 治療プログラムの導入による看護師のアルコール依存症者への態度の変化, 日本アルコール薬物医学会雑誌, 55巻, 4号, pp. 159-166
  13. Relations among clinical factors after behavioral activation for subthreshold depression., International Journal of Cognitive Therapy
  14. Preliminary investigation of the feasibility of a long-term but low frequency preventive intervention for depression in Japanese high schools, International Journal of Nursing Practice

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. The effect of concrete processing mode on task commitments after experiences of failure., the 9th International Congress of Psychotherapy, 2017年, 通常, 英語
  2. 反復性思考に対する認知行動療法の社会心理学的側面を考える, 日本心理学会第82回大会, 2018年, 通常, 日本語
  3. 反すうに焦点を当てたアプローチ, 日本認知・行動療法学会第45回大会, 2019年, 通常, 日本語
  4. Distortion and reduced social skills in focus: research on adolescents attending part-time high schools in Japan at-risk for depression, Association for Behavioral and Cognitive Therapies 49th Annual Convention Child and Adolescent Depression Special Interest Group (SIG), 2015年, 通常, 英語
  5. The effect of rumination processing mode on cognitive evaluations of experiences of failure, 8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies, 2016年, 通常, 英語, Melbourne, Australia
  6. Effects of rumination processing modes on the tendency to avoid situations where failure is likely, The 31st International Congress of Psychology, 2016年, 通常, 英語, Yokohama, Japan
  7. Investigating social skills training as a possible depression intervention for late adolescents in Japan., The 31st International Congress of Psychology, 2016年, 通常, 英語
  8. A Qualitative Analysis of Free Responses Evaluating Social Skills Training., The 31st International Congress of Psychology, 2016年, 通常, 英語, Yokohama, Japan
  9. Abstract processing mode is not effective for pursuing a difficult personal goal., ABCT 52nd annual convention, 2018年, 通常, 英語, Washington D.C., USA.
  10. nfluence of intervention order differences in school-based universal cognitive-behavioral depression prevention intervention for Japanese adolescents., World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 9th annual convention, 2019年, 通常, 英語, The City Cube, Berlin, Germany