SARKAR DYUTI PRAKASHDYUTI PRAKASH SARKAR

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
メールアドレス
sarkardp16hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
私の主な研究分野は、構造地質学とテクトニクスです。現在、ヒマラヤの浅い地殻断層に関連する変形微細構造に研究しています。特に、浅い地殻断層の変形メカニズム、また地震核形成過程の解明です。

基本情報

主な職歴

  • 2021年04月, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 助教
  • 2020年10月, 2021年03月, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 研究員

学歴

  • 広島大学, 大学院理学研究科, 地球惑星システム学専攻博士課程, 日本, 2016年10月, 2020年09月
  • Presidency University, Department of Geology, インド, 2014年07月, 2016年06月
  • Presidency University, Department of Geology, インド, 2011年07月, 2014年06月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (Presidency University)

研究分野

  • 数物系科学 / 地球惑星科学 / 地質学

研究キーワード

  • 変形微細組織

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 地球惑星科学英語II
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 地球惑星科学英語I
  3. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 地球惑星物質学セミナーII
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 地球史
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 地球惑星融合演習
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 地球惑星ミッドターム演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Fault zone architecture and lithology-dependent deformation mechanisms of the Himalayan frontal fold-thrust belt: Insights from the Nahan Thrust, India., Geological Society of America Bulletin, 2022
  2. Serpentinite enigma of the Rakhabdev lineament in western India: Origin, deformation characterization and tectonic implications, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 115巻, 2号, pp. 216-226, 2020
  3. Coalescing microstructure and fabric transitions with AMS data in deformed limestone: Implications on deformation kinematics, Journal of Structural Geology, 114巻, pp. 294-309, 2018
  4. Carbonate clumped isotope thermometry of fault rocks and its possibilities: tectonic implications from calcites within Himalayan Frontal Fold-Thrust Belt, Progress in Earth and Planetary Science, 8巻, 42号, 2021

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 脆性-塑性遷移領域における断層形成メカニズム, Ando, J., Kotama, H., Das, K., Sarkar, D.P., Ghosh, G., and Tomioka, N., 一般社団法人日本鉱物科学会2022年年会, 2022年, 通常, 日本語
  2. Kinematics of the Mahanadi Shear Zone (MSZ) – part of a Y-shaped Freeway junction developed in the northern Eastern Ghats Belt, India, Karmakar S., Ghosh G., Sarkar D.P., and Bose S., 一般社団法人日本鉱物科学会2022年年会, 2022年, 通常, 英語
  3. Deformation mechanisms in the brittle-ductile transition zone of crustal-scale faults: Evidence from the Main Boundary Thrust of Himalayas, Sarkar D.P., Ando, J., Das, K., and Ghosh, G., 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年, 通常, 英語
  4. Formation process of Tonoshiki breccia and evidence of acute tectonic activity during the closure of the Maizuru back-arc basin at P-T boundary, Ngombi Mavoungou L., Das K., Hayasaka Y.,Sarkar D.P., and Ando J., 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年, 通常, 英語
  5. Role of lithology in deformation mechanisms of shallow-crustal active faults: Evidence from the Nahan thrust of Himalayas, Sarkar D.P., Ando, J., Das, K., Ghosh, G., and Dasgupta, P., 日本地球惑星科学連合2021年大会, 2021年, 通常, 英語
  6. Deformation mechanisms in shallow-crustal active fault zones: Implications from Main Frontal Thrust of Himalayas, Sarkar, D.P., Ando, J., Das, K., Ghosh, G., and Dasgupta, P., GeoUtrecht 2020, 2020年, 通常, 英語
  7. Fault heterogeneity within a single thrust zone: Case study from the Frontal Thrust of Himalayas., Sarkar, D.P., Ando, J., Das, K., Ghosh, G., and Dasgupta, P., Japan Geoscience Union and American Geophysical Union (JpGU-AGU) Joint Meeting, 2020年, 通常, 英語
  8. Meso-scale structures, lithological and geochronological variations across MBT in Gambarpul area, Himachal Himalayas, Sarkar, D.P., Ando, J., Das, K., and Ghosh, G, 日本地質学会第126年学術大会, 2019年, 通常, 英語
  9. Temperature reconstructions of rocks deformed at shallow crustal depths: implications of calcite thermometry from MBT and NT rocks of Himachal Himalayas, Sarkar, D.P., Ando, J., Kano, A., Kato, H., Ghosh, G., and Das, K., 一般社団法人日本鉱物科学会2019年年会, 2019年, 通常, 英語, 福岡、日本
  10. Deformation mechanisms in the mineral assemblages of serpentinite from Rakhabdev lineament, Rajasthan, India, Sarkar, D.P., Ando, J., Das, K., Chattopadhyay, A., and Ghosh, G., 5th Conference and workshop on Rock Deformation and Structures (RDS-V), 2018年, 通常, 英語, Delhi, India

受賞

  1. 2021年, 12th JMPS Best Paper Award for Student Scientists, 日本鉱物科学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. (科研費)科学研究費助成事業 (若手研究), 2022年, 2025年