安永 祐司YUJI YASUNAGA

Last Updated :2021/05/31

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
yasu1107hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
実社会においては非常に多くの紛争が存在しています。その紛争は多種多様でもあり、ごく一般的に見られる典型的なものから、誰も想像したことのないような複雑なものまであります。それらの紛争を法的に処理・解決するための手続においては、紛争当事者の様々な言い分の中から法的に有意と考えられるものが整理・提出され、議論が尽くされる必要があります。これを支える仕組みについて、研究・教育を行っております。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月, 2019年03月, 京都大学大学院法学研究科, 特定助教
  • 2019年04月, 2020年03月, 京都大学大学院法学研究科, 講師

学歴

  • 京都大学, 大学院法学研究科, 博士後期課程民刑事法専攻, 2014年04月, 2017年03月
  • 司法試験合格, 2013年
  • 京都大学, 大学院法学研究科, 法曹養成専攻, 2012年04月, 2014年03月
  • 京都大学, 法学部, 2008年04月, 2012年03月

学位

  • 法務博士(専門職) (京都大学)
  • 博士(法学) (京都大学)

教育担当

  • 【専門職学位課程】 人間社会科学研究科 : 実務法学専攻 : 実務法学プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 法学 / 民事法学

所属学会

  • 日本民事訴訟法学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 法学論文指導2
  2. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 民事訴訟法
  3. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 民事手続法1
  4. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 民事手続法2
  5. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 民事執行保全法
  6. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 重点演習民事法1

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 諸外国等における仲裁法制についての調査報告書(シンガポール), 別冊NBL No.172 仲裁法制の見直しを中心とした研究会報告書, pp. 259-267, 2020
  2. 諸外国等における仲裁法制についての調査報告書(ドイツ), 別冊NBL No.172 仲裁法制の見直しを中心とした研究会報告書, pp. 229-235, 2020
  3. La Prueba Pericial Civil en Japón, La prueba pericial a examen, pp. 187-226, 2020
  4. (外国)仲裁判断にかかる執行宣言手続において債務者からの相殺の抗弁の当否を審理・判断することを認めた事例(下), JCAジャーナル, 67巻, 3号, pp. 43-46, 2020
  5. (外国)仲裁判断にかかる執行宣言手続において債務者からの相殺の抗弁の当否を審理・判断することを認めた事例(上), JCAジャーナル, 67巻, 2号, pp. 22-27, 2020
  6. 行政規制・訴訟と民事差止訴訟との役割分担に関する覚書(二・完), 自治研究, 96巻, 2号, pp. 104-126, 2020
  7. 行政規制・訴訟と民事差止訴訟との役割分担に関する覚書(一), 自治研究, 96巻, 1号, pp. 107-124, 2020
  8. 請求異議事由に関する執行機関の審理・判断権限(2・完), 民商法雑誌, 155巻, 5号, pp. 1-32, 2019
  9. 請求異議事由に関する執行機関の審理・判断権限(1), 民商法雑誌, 155巻, 4号, pp. 45-62, 2019
  10. The Role of the Japanese Court in Civil Litigations Seeking to Protect the Public Interest, Privatizing Dispute Resolution: Trends and Limits, pp. 155-186, 2019
  11. 抽象的不作為請求・判決と強制執行に関する考察(五)・完, 法学論叢, 185巻, 6号, pp. 53-83, 2019
  12. 抽象的不作為請求・判決と強制執行に関する考察(四), 法学論叢, 185巻, 3号, pp. 53-75, 2019
  13. 抽象的不作為請求・判決と強制執行に関する考察(三), 法学論叢, 184巻, 6号, pp. 54-86, 2019
  14. 抽象的不作為請求・判決と強制執行に関する考察(二), 法学論叢, 184巻, 3号, pp. 24-53, 2018
  15. 抽象的不作為請求・判決と強制執行に関する考察(一), 法学論叢, 183巻, 5号, pp. 35-67, 2018