阿部 誠MAKOTO ABE

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
ホームページ

基本情報

主な職歴

  • 1983年04月01日, 1985年03月31日, 大島商船高等専門学校, 一般科目, 助手
  • 1985年04月01日, 1994年03月31日, 大島商船高等専門学校, 一般科目, 講師
  • 1994年04月01日, 2001年09月30日, 大島商船高等専門学校, 一般科目, 助教授
  • 2001年10月01日, 2003年09月30日, 熊本大学, 医療技術短期大学部, 助教授
  • 2003年10月01日, 2007年03月31日, 熊本大学, 医学部, 助教授
  • 2007年04月01日, 2009年12月31日, 熊本大学, 医学部, 准教授
  • 2010年01月01日, 2011年02月28日, 熊本大学, 大学院生命科学研究部, 准教授
  • 2011年03月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 教授

学位

  • 博士(数理学) (九州大学)
  • 理学修士 (九州大学)
  • 理学士 (九州大学)

担当主専攻プログラム

  • 総合科学プログラム

研究分野

  • 数物系科学 / 数学 / 解析学基礎
  • 数物系科学 / 数学 / 幾何学
  • 複合領域 / 科学教育・教育工学 / 科学教育

研究キーワード

  • 複素空間
  • シュタイン空間
  • 有理型凸性

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 2ターム, 線形代数学I[1工三,1工特]
  2. 2021年, 教養教育, 2ターム, 線形代数学I[1工四]
  3. 2021年, 教養教育, 4ターム, 線形代数学II[1工三]
  4. 2021年, 教養教育, 4ターム, 線形代数学II[1工四]
  5. 2021年, 学部専門, 4ターム, 複素解析
  6. 2021年, 学部専門, 3ターム, 数理科学演習I
  7. 2021年, 学部専門, 4ターム, 数理科学演習II
  8. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合数理セミナー
  9. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合数理セミナー
  10. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 数学概論
  11. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 総合数理セミナー
  12. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 総合数理セミナー
  13. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 総合数理基礎講義A
  14. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合数理基礎講義B
  15. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 総合数理基礎講義C

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Ramified coverings over a complete Kähler space, Archiv der Mathematik, 83巻, 2号, pp. 154-158, 200408
  2. On Oka's extra-zero problem and examples, Mathematische Zeitschrift, 275巻, 1-2号, pp. 79-89, 2013
  3. On the Nebenhülle, Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University. Series A, Mathematics, 36巻, 2号, pp. 181-184, 198209
  4. Note on the theorem of Cartan-Behnke-Stein, Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University. Series A, Mathematics, 37巻, 1号, pp. 57-62, 198303
  5. Domains over a K-complete manifold, Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University. Series A, Mathematics, 38巻, 1号, pp. 133-140, 198403
  6. Normality domains for families of holomorphic maps into a complex Lie group, Mathematics Reports Toyama University, 1985
  7. Tube domains over C^n, Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University. Series A, Mathematics, 39巻, 2号, pp. 253-259, 198508
  8. Conditions for the Steinness of a complex manifold, 大島商船高等専門学校紀要, 19巻, pp. 73-79, 1986
  9. Domains in a two dimensional Stein space with quotient singularities, 大島商船高等専門学校紀要, 21巻, pp. 103-110, 1988
  10. On the Nebenhülle of an open set in a Stein manifold, 大島商船高等専門学校紀要, 24巻, pp. 125-129, 1991
  11. On the limit of an increasing sequence of 1-convex open sets, Proceedings of the First Korean-Japanese Colloquium on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis, Pusan, Korea, July 10-17, 1993 (J. Kajiwara, H. Kazama, and K.H. Shon, eds.), Miura Bindery, Fukuoka, pp. 71-75, 1993
  12. Characterization of pseudoconvexity through the disk property for open sets with C^1 smooth boundaries, 大島商船高等専門学校紀要, 26巻, pp. 53-56, 1993
  13. A generalization of Yasuoka's theorem on the complete Kähler exhaustion, Proceedings of the Second Korean-Japanese Colloquium on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis, Fukuoka, Japan, July 27-29, 1994 (J. Kajiwara, H. Kazama, and K.H. Shon, eds.), Kyushu University Co-operation, Fukuoka, pp. 1-5, 1994
  14. On the open set exhausted by complete Kähler open sets in a Stein space with isolated singularities, Proceedings of the Second Korean-Japanese Colloquium on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis, Fukuoka, Japan, July 27-29, 1994, (J. Kajiwara, H. Kazama, and K.H. Shon, eds.), Kyushu University Co-operation, Fukuoka, pp. 7-13, 1994
  15. A result related to the meromorphic convexity, Proceedings of the Third International Colloquium on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis, Seoul, Korea, July 31- August 2, 1995 (J. Kajiwara, H. Kazama, S.Y. Lee, and K.H. Shon, eds.), Kyushu University Co-operation, Fukuoka, pp. 227-233, 1995
  16. On the complex space which admits a 1-convex open covering, Proceedings of the 5th International Colloquium on Differential Equations, Plovdiv, Bulgaria, August 18-23, 1994, Vol. 1 (D. Bainov and A. Dishliev, eds.), Science Culture Technology Publishing, Singapore, pp. 6-15, 199512
  17. A remark on the 1-convex open covering, 大島商船高等専門学校紀要, 28巻, pp. 69-71, 1995
  18. On the line bundle convexity of a totally pseudoconvex open set, Complex Variables Theory and Applications, 26巻, 4号, pp. 283-290, 1995
  19. On the complete Kählerity of complex spaces, 九州共立大学工学部研究報告, 20巻, pp. 17-23, 199603
  20. On the union of 1-convex open sets, Hiroshima Mathematical Journal, 28巻, 1号, pp. 139-147, 199803
  21. Holomorphic affine bundles on the complement of an analytic set, Mathematische Zeitschrift, 229巻, 3号, pp. 539-546, 1998
  22. Some results on the Steinness of the total space of a holomorphic affine C^r-bundle, Kyushu Journal of Mathematics, 53巻, 2号, pp. 395-406, 199909
  23. Equicontinuity domains and disk property, Complex Variables Theory and Applications, 39巻, 1号, pp. 19-25, 1999
  24. On the meromorphic convexity of normality domains in a Stein manifolds, Manuscripta Mathematica, 103巻, 4号, pp. 447-453, 2000
  25. Holomorphic affine C-bundles on the punctured complex affine plane, Proceedings of the Third International Workshop on Real and Complex Analysis, Seoul, Korea, June 8-9, 2000 (Y. Mizuta, H. Kazama, M. Furushima, and S.Y. Lee, eds.), The Institute of Mathematical Sciences, Ewha Womans University, Seoul, pp. 71-74, 2000
  26. Analytic compactifications of C^2/G, Kyushu Journal of Mathematics, 54巻, 1号, pp. 87-101, 200003
  27. 2変数関数の極値の判定に関する定理の証明について, 日本数学教育学会高専・大学部会論文誌, 8巻, 1号, pp. 51-54, 200106
  28. 定数係数非同次2階線形微分方程式の解法, 日本数学教育学会高専・大学部会論文誌, 9巻, 1号, pp. 103-108, 200208
  29. Steinness of the total space of a non-trivial algebraic affine C-bundle on the punctured complex affine plane, Mathematische Nachrichten, 238巻, 1号, pp. 16-22, 200205
  30. Meromorphic convexity of normality domains, Complex Analysis and Related Topics: Proceedings of the Japan-Korea Joint Workshop in Mathematics 2001, Yamaguchi, Japan, 22-24 July 2001 (Masumoto, M., ed.), Department of Mathematical Sciences, Yamaguchi University, Yamaguchi, pp. 1-6, 2002
  31. Remarks on universal functions of O(C^∗), Hiroshima Mathematical Journal, 33巻, 1号, pp. 27-30, 2003
  32. Montel domains and equicontinuity domains, Mathematics Journal of Toyama University, 26巻, pp. 25-34, 2003
  33. On non-normal del Pezzo surfaces, Mathematische Nachrichten, 260巻, 1号, pp. 3-13, 200311
  34. Holomorphic line bundles on a domain of a two-dimensional Stein manifold, Annales Polonici Mathematici, 83巻, 3号, pp. 269-272, 2004
  35. Analytic compactifications of C^2/Z_n, Abhandlungen aus dem Mathematischen Seminar der Universität Hamburg, 74巻, pp. 223-235, 2004
  36. Domains which satisfy the strong disk property in a Stein manifold, The Proceedings of the 13th Conference on Real and Complex Analysis in Hiroshima (2010), Higashi-Hiroshima, Japan, December 20-22, 2010 (Y. Mizuta, ed.), Hiroshima University, Higashi-Hiroshima, pp. 1-4, 201103
  37. Meromorphic approximation theorem with respect to a semigroup of holomorphic line bundles in a Stein space, Toyama Mathematical Journal, 32巻, pp. 41-57, 2009
  38. Meromorphic approximation theorem in a Stein space, Annali di Matematica Pura ed Applicata, Ser. 4, 184巻, 2号, pp. 263-274, 200506
  39. A note on the meromorphic O(X)-convexity, Kumamoto Journal of Mathematics, 18巻, pp. 17-23, 2005
  40. Analytic compactifcations of C^2/Z_n, Proceedings of Hayama Symposium on Several Complex Variables 2004, Hayama, Japan, December 18-21, 2004 (Y. Nishimura, J. Noguchi, S. Takayama, and T. Ueda, eds.), University of Tokyo, Tokyo, pp. 177-181, 2005
  41. Polynomial convexity and strong disk property, Journal of Mathematical Analysis and Applications, 321巻, 1号, pp. 32-36, 200609
  42. Open sets satisfying the strong meromorphic approximation property, Toyama Mathematical Journal, 29巻, pp. 7-23, 2006
  43. Holomorphic line bundles on a domain of a Stein manifold, Proceedings of the Ninth Conference on Real and Complex Analysis in Hiroshima 2005, Higashi-Hiroshima, Japan, December 15-17, 2005 (E.G. Kwon, Y. Mizuta, and T. Sugawa, eds.), Hiroshima University, Higashi-Hiroshima, pp. 1-8, 2006
  44. 数学論文用クラスファイル kumajm.cls について, 熊本大学医学部保健学科紀要, 3巻, pp. 123-136, 200703
  45. Holomorphic line bundles and divisors on a domain of a Stein manifold, Annali della Scuola Normale Superiore di Pisa, Classe di Scienze, Ser. 5, 6巻, 2号, pp. 323-330, 2007
  46. 成績評価における評点の算出のためのひとつの方法, 日本数学教育学会高専・大学部会論文誌, 15巻, 1号, pp. 89-96, 200808
  47. Meromorphic approximation in a Stein space, Function Spaces in Complex and Clifford Analysis, National University Publishers Hanoi, Hanoi, pp. 100-105, 2008
  48. Open sets which satisfy the Oka-Grauert principle in a Stein space, Annali di Matematica Pura ed Applicata, Ser. 4, 190巻, 4号, pp. 703-723, 201112
  49. 2次関数と試験の成績?, 平成24年度広島大学公開講座:数学の基礎と展望(川下美潮編),広島大学理学部数学教室,東広島,2012, pp. 49–70, 201208
  50. Holomorphic line bundles and Cartier divisors on domains in a Stein orbifold with discrete singularities, Toyama Mathematical Journal, 36巻, pp. 15-26, 2014
  51. GRカンスウ.BAS, GAKKEN MOOK: '90 年版新作自作教育ソフト年鑑 (山本米雄 監修・指導,星野雅良 編),学習研究社, pp. 168-168, 199009
  52. 滑らかな境界を持つ擬凸領域について, 198203
  53. A study on the line bundle convexity of pseudoconvex domains, 199505
  54. Strong disk property for domains in open Riemann surfaces, Filomat, 30巻, 7号, pp. 1711-1716, 2016
  55. Planar open Riemann surfaces and holomorphic approximation, 愛知工業大学研究報告, 54号, pp. 14-17, 201903
  56. A topological characterization of the strong disk property on open Riemann surfaces, Kodai Mathematical Journal, 42巻, 3号, pp. 587-592, 201910
  57. ネイピアの数, 広島大学公開講座 2019:数理の世界 配布資料集,広島大学,2019 年 7 月 27 日, pp. 3-7, 201907
  58. A characterization of subpluriharmonicity for a function of several complex variables, 広島大学大学院総合科学研究科紀要 II:環境科学研究, 14巻, pp. 1-5, 201912
  59. Intermediate pseudoconvexity for unramified Riemann domains over C^n, Toyama Mathematical Journal, 40巻, pp. 17-35, 2019
  60. A generalization of a theorem of Kühnel on globally defined analytic sets, Complex Variables and Elliptic Equations, 20200721

著書等出版物

  1. 2019年03月30日, 基礎線形代数学, 第2版, 学術図書出版社, 2019年, 0330, 教科書, 共著, 阿部 誠・本田竜広・澁谷一博, 9784780600179, 978-4780606690
  2. 2018年03月30日, 基礎線形代数学, 学術図書出版社, 2018年, 0330, 教科書, 共著, 阿部 誠・本田竜広・澁谷一博, 9784780606393
  3. 2016年12月09日, 専門基礎 微分積分学, 培風館, 2016年, 1209, 教科書, 共著, 阿部誠・岩本宙造・島唯史・向谷弘明, 9784563012076, 231
  4. 2006年04月20日, 微分積分学, ふくろう出版, 2006年, 0420, 教科書, 単著, 阿部誠, 4861862671, 189
  5. 1999年04月28日, 基礎数学入門:微分積分/線形代数, 培風館, 1999年, 0428, 教科書, 共著, 阿部誠・古島幹雄・水田義弘, 4563002690, 206
  6. 1999年01月, 情報教育センター広報, vol. 1, 大島商船高等専門学校, 1999年, 01, その他, 共編著, 日本語, 情報教育センター 編(櫛田直規・山崎直樹・神田全啓・小池寿俊・佐々井祐二・岡村健史朗・阿部誠・市村美佐子・石光俊介・岩崎寛希・新谷浩一 著), 82, 31-33

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 劣多重調和関数の 2 次関数による特徴付け, 阿部 誠;杉山 俊, 日本数学会 2021 年度秋季総合分科会函数論分科会, 2021年09月, 通常, 日本語, 日本数学会, 千葉大学,千葉市
  2. C^n 上の不分岐 Riemann 領域に対する中間的擬凸性, 阿部 誠, 複素解析幾何セミナー, 2021年07月19日, 招待, 日本語, 東京大学, 東京都
  3. 大域的に定義された解析的集合に関する Kühnel の定理の一般化, 阿部 誠;島 唯史;杉山 俊, 日本数学会 2021 年度年会函数論分科会, 2021年03月, 通常, 日本語, 日本数学会, 慶應義塾大学,横浜市
  4. C^n 上の不分岐 Riemann 領域に対する中間的擬凸性, 阿部 誠;島 唯史;杉山 俊, 日本数学会 2020 年度秋季総合分科会函数論分科会, 2020年09月, 通常, 日本語, 日本数学会, 熊本大学,熊本市
  5. A Generalization of a Theorem of Kühnel on globally defined analytic sets, 阿部 誠, 平成 31 年度複素解析ワークショップ, 2020年03月22日, 招待, 日本語, 広島工業大学,広島市
  6. 正則近似・有理型近似・強い円板的性質, 阿部 誠, 第 62 回函数論シンポジウム, 2019年11月, 招待, 日本語, 日本数学会函数論分科会, 大同大学,名古屋市
  7. A characterization of subpluriharmonicity for a function of several complex variables, 阿部 誠, 平成 30 年度複素解析ワークショップ, 2019年03月22日, 日本語, 広島工業大学,広島市
  8. 単葉型開 Riemann 面と正則近似性質, 阿部 誠, ポテンシャル論セミナー, 2018年05月18日, 招待, 日本語, 名城大学,名古屋市, 発表資料
  9. 単葉型開 Riemann 面の強い円板的性質を用いた特徴付け, 阿部 誠, 平成 29 年度複素解析ワークショップ, 2018年03月25日, 日本語, 広島工業大学,広島市
  10. C^n 上の不分岐 Riemann 領域に対する中間的擬凸性について, 杉山 俊;阿部 誠;島 唯史, 平成 29 年度日本数学会中国・四国支部例会, 2018年01月21日, 通常, 日本語, 日本数学会中国・四国支部, 山口大学,山口市
  11. A characterizaton of a planar open Riemann surface by a holomorphic approximation property, 阿部 誠, 広島ポテンシャル論セミナー, 2017年12月01日, 日本語, 広島大学,東広島市
  12. A characterization of q-pseudoconvexity for unramified domains over C^n, M. Abe, The 25th International Conference on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis and Applications, 2017年06月, 英語, University of Hong-Kong, Hong-Kong, China, 発表資料
  13. 開 Riemann 面内の領域に対する強い円板的性質, 阿部 誠;中村 豪, 日本数学会 2017 年度春季例会函数論分科会, 2017年03月, 通常, 日本語, 首都大学東京,八王子市, プレプリント
  14. 開 Riemann 面内の領域に対する強い円板的性質, 阿部 誠, 平成 28 年度複素解析ワークショップ, 2017年03月, 日本語, 広島工業大学,広島市
  15. ある種のコホモロジー的条件をみたす複素空間のシュタイン性について, 阿部 誠, 平成 27 年度複素解析ワークショップ, 2016年03月, 招待, 日本語, 広島工業大学, 広島市
  16. Holomorphic line bundles and Cartier divisors on domains in a Stein orbifold with discrete singularities, Abe, M., The 23rd International Conference on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis and Applications, 2015年08月, 招待, 英語, 九州産業大学,福岡市
  17. Holomorphic line bundles and Cartier divisors on domains in a Stein orbifold with discrete singularities, 阿部誠, 平成 26 年度複素解析ワークショップ, 2015年03月, 日本語, 広島工業大学,広島市
  18. Stein 空間内のある種のコホモロジー的条件をみたす領域について, 阿部誠, 2014 年度多変数関数論冬セミナー, 2014年12月, 招待, 日本語, 金沢大学:金沢市サテライトプラザ,金沢市
  19. A cohomological characterization for Stein open sets in a 2-dimensional Stein orbifold, Abe, M., The 22nd International Conference on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis and Applications, 2014年08月, 招待, 英語, Dongguk University, Gyeongju, 大韓民国
  20. 複素空間の有理型凸性と Stein 性, 阿部誠, 日本数学会 2014 年度年会, 2014年03月, 招待, 日本語, 日本数学会, 学習院大学,東京都豊島区
  21. Meromorphic convexity and Steinness for complex spaces, 阿部誠, 平成 25 年度複素解析ワークショップ, 2014年03月, 通常, 日本語, 広島工業大学,広島市
  22. Strong disk property for domains in a Stein space of dimension 1, 阿部誠, 平成 25 年度複素解析セミナー, 2013年05月, 通常, 日本語, 広島工業大学,広島市
  23. An extension of the theorem of Kajiwara-Nishihara to higher dimensional spaces, 阿部 誠, 平成 24 年度複素解析ワークショップ, 2013年03月, 日本語, 広島工業大学,広島市
  24. Holomorphic line bundles and Cartier divisors on domains of a Stein orbifold, 阿部 誠, 広島複素解析セミナー, 2011年12月, 通常, 日本語, 広島大学,東広島市
  25. Stein 空間内の岡・Grauert の原理をみたす領域, 阿部誠, 第 54 回函数論シンポジウム, 2011年10月, 招待, 日本語, 日本数学会函数論分科会, 千葉大学,千葉市
  26. 強い円板的性質をみたす領域について , 阿部 誠, 玉原多変数複素解析研究集会, 2011年09月, 招待, 日本語, 東京大学玉原国際セミナーハウス,沼田市
  27. シュタイン空間内の岡・グラウエルトの原理をみたす領域, 阿部誠, 東大複素解析幾何セミナー, 2011年06月, 通常, 日本語, 東京大学,東京都目黒区
  28. Julia の予想と有理型凸性, 阿部 誠, 第 175 回数理情報科学セミナー, 2011年06月, 通常, 日本語, 広島大学,東広島市
  29. Open sets which satisfy the Oka-Grauert principle in a Stein orbifold, Abe, M., 18th International Conference on Finite or Inc;finite Dimensional Complex Analysis and Applications, Univ. of Macau, Macau, China, 2010年08月, 招待, 英語
  30. Stein 空間内の岡・Grauert の原理をみたす領域, 阿部 誠, 日本数学会 2010 年度秋季総合分科会函数論分科会,名古屋大学,名古屋市, 2010年, 通常, 日本語
  31. Stein 空間内の Oka-Grauert の原理をみたす領域, 阿部 誠, Hiroshima Potential Seminar, 2010年, 通常, 日本語
  32. Domains which satisfy the strong disk property in a Stein manifold, Abe, M., The 13th Conference on Real and Complex Analysis in Hiroshima,広島大学,東広島市, 2010年, 通常, 英語
  33. Holomorphic line bundles and Cartier divisors on domains of a Stein orbifold, Abe, M., Seminario di Matematica, Scuola Normale Superiore di Pisa, Pisa, Italy, 2008年, 通常, 英語
  34. Stein 多様体の領域上の正則直線束と因子, 阿部 誠, 平成 19 年度多変数関数論冬セミナー (富山大学,富山市), 2007年12月, 招待, 日本語
  35. Stein 多様体の領域上の正則直線束と因子, 阿部 誠, 日本数学会 2007 年度年会函数論分科会,埼玉大学,さいたま市, 2007年, 通常, 日本語
  36. Stein 空間における有理型近似定理, 阿部 誠, 日本数学会 2007 年度秋季総合分科会函数論分科会,東北大学,仙台市, 2007年, 通常, 日本語
  37. Strong disk property and the Bremermann problem on polynomial convexity, Abe, M., Finland-Japan Joint Seminar on Analysis, Univ. of Helsinki, Helsinki, Finland, 2007年, 通常, 英語
  38. 強い有理型近似性質をもつ領域について, 阿部 誠, 日本数学会 2007 年度秋季総合分科会函数論分科会,東北大学,仙台市, 2007年, 通常, 日本語
  39. Meromorphic approximation in a Stein space, Abe, M., The 14th International Conference on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis and Applications, Hue University, Hue, Vietnam, 2006年08月, 招待, 英語
  40. 多項式凸性と強い円板的性質, 阿部 誠, 日本数学会 2006 年度秋季総合分科会函数論分科会,大阪市立大学,大阪市, 2006年, 通常, 日本語
  41. 有理型近似性質をもつ領域について, 阿部 誠, 第 44 回多変数関数論サマーセミナー,湯沢グランドホテル,新潟県南魚沼郡湯沢町, 2005年07月, 招待, 日本語
  42. 有理型近似性質を満たす領域, 阿部 誠, 多変数函数論ミニシンポジウム,熊本大学,熊本市, 2005年02月, 招待, 日本語
  43. Holomorphic line bundles on a domain of a Stein manifold, Abe, M., The Ninth Conference on Real and Complex Analysis,広島大学,東広島市, 2005年, 通常, 英語
  44. A note on the meromorphic O(X)-convexity, 阿部 誠, 日本数学会九州支部例会,熊本大学,熊本市, 2005年, 通常, 日本語
  45. 巡回商特異点とそのコンパクト化, 古島幹雄; 阿部 誠; 島 唯史, 日本数学会九州支部例会,長崎大学,長崎市, 2004年, 通常, 日本語
  46. 非 Stein 空間上の正則アフィン束, 阿部 誠, 日本数学会 2001 年度秋季総合分科会,九州大学,福岡市, 2001年10月, 招待, 日本語
  47. 正則関数族の正規性領域, 阿部 誠, 第 40 回多変数関数論サマーセミナー,秋田勤労総合福祉センター:八郎潟ハイツ,秋田県南秋田郡飯田川町, 2001年08月, 招待, 日本語
  48. Meromorphic convexity of normality domains, Abe, M., Japan-Korea Joint Workshop in Mathematics 2001: Complex Analysis and Related Topics,山口大学,山口市, 2001年07月, 招待, 英語
  49. 正規性領域と同程度連続性領域, 阿部 誠, 研究集会:実・複素解析に関する最近の話題,熊本大学,熊本市, 2001年02月, 招待, 日本語
  50. Holomorphic affine C-bundles on the punctured complex affine plane, Abe, M., The Third International Workshop on Real and Complex Analysis, Ewha Womans University, Seoul, Korea, 2000年06月, 招待, 英語
  51. 非 Stein 空間上の正則アフィン束について, 阿部 誠, 研究集会: C^n をめぐる諸問題,京都大学,京都市, 1998年02月, 招待, 日本語
  52. Equicontinuity domain and Montel domain with disk property, 阿部 誠; 古島幹雄; 辻 美輝, 日本数学会九州支部例会,九州大学,福岡市, 1998年, 通常, 日本語
  53. Analogue of the Serre problem on fiber bundles, Abe, M.; Furushima, M., Winter Seminar in Complex Analysis in Several Variables,湘南国際村センター,神奈川県三浦郡葉山町, 1996年12月, 招待, 日本語
  54. A result related to the meromorphic convexity, Abe, M., The Third International Colloquium on Finite or Inc;finite Dimensional Complex Analysis, Ewha Womans University, Seoul, Korea, 1995年08月, 招待, 英語
  55. On the complex space which admits a 1-convex open covering, Abe, M., The Fifth International Colloquium on Differential Equations, Plovdiv Technical University, Plovdiv, Bulgaria, 1994年08月, 招待, 英語
  56. 擬凸領域の直線束凸性について, 阿部 誠, 第 33 回多変数関数論サマーセミナー,富山厚生年金休暇センター,富山県上新川郡大山町, 1994年07月, 招待, 日本語
  57. A generalization of Yasuoka's theorem on the complete Kähler exhaustion, Abe, M., The Second Korean-Japanese Colloquium on Finite or Infininite Dimensional Complex Analysis, Kyushu Univ., Fukuoka, 1994年07月, 招待, 英語
  58. On the limit of an increasing sequence of 1-convex open sets, Abe, M., The First Korean-Japanese Colloquium on Finite or Inc;finite Dimensional Complex Analysis, Pusan University, Pusan, Korea, 1993年07月, 招待, 英語
  59. Levi 全擬凸領域の直線束凸性について, 阿部 誠, 日本数学会中国・四国支部例会,岡山大学,岡山市, 1993年, 通常, 日本語
  60. Stein 多様体内の領域の Nebenhülle について, 阿部 誠, 日本数学会中国・四国支部例会,高知大学,高知市, 1992年, 通常, 日本語
  61. dim H^1(X, O) < +∞ なる複素空間 X の Stein 性について, 阿部 誠, 日本数学会中国・四国支部例会,愛媛大学,松山市, 1986年, 通常, 日本語
  62. C^n の上のチューブ領域, 阿部 誠, 日本数学会中国・四国支部例会,愛媛大学,松山市, 1986年, 通常, 日本語
  63. Lie 群に値を持つ正則写像の族の正規性領域, 阿部 誠, 日本数学会中国・四国支部例会 (山泉荘,山口市), 1985年, 通常, 日本語
  64. K-完備多様体上の領域について, 阿部 誠; 阿部幸隆, 日本数学会九州支部秋季例会,宮崎大学,宮崎市, 1983年10月29日, 通常, 日本語
  65. Cousin-I 空間について, 阿部 誠, 日本数学会九州支部例会, 1983年, 通常, 日本語, 九州大学,福岡市
  66. Nebenhülle について, 阿部 誠, 日本数学会九州支部秋季例会, 1982年, 通常, 日本語, 大分大学,大分市

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 複素空間の有理型凸性とシュタイン性, 2011年, 2014年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 幾何学的函数論の多面的研究, 2010年, 2014年
  3. 大学教育の国際化加速プログラム, 多変数関数論・複素解析幾何学の調査・研究, 2008年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), シュタイン空間における因子と有理型凸性, 2008年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), シュタイン空間における有理型凸性の研究, 2006年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 3次元複素アフィン空間の特異Fanoコンパクト化の研究, 2004年, 2005年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 複素アフィン空間C^n およびそのコンパクト化の研究, 1998年, 1999年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 複素空間における中間的擬凸性の研究, 2017年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本数学会評議員(全国区代議員), 2016年04月, 2017年03月, 日本数学会
  2. 日本数学会評議員(全国区代議員・連絡責任評議員), 2015年04月, 2016年03月, 日本数学会
  3. 函数論分科会委員会委員, 2015年03月, 2019年02月, 日本数学会
  4. 評議員(中国・四国支部連絡責任評議員), 2019年03月, 2020年02月, 日本数学会

学術会議等の主催

  1. 平成 31 年度複素解析ワークショップ, 世話人, 2020年03月, 2020年03月
  2. 第 61 回 函数論シンポジウム, 世話人, 2018年10月, 2018年10月
  3. 第 58 回 函数論シンポジウム, 日本数学会函数論分科会連絡責任評議員(委員長相当), 2015年10月, 2015年10月
  4. The 23rd International Conference on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis and Application, Vice-chairperson of Organizing Committee, 2015年08月, 2015年08月
  5. 多変数関数論冬セミナー 2011, 世話人, 2011年12月, 2011年12月
  6. The 19th International Conference on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis and Applications, Member of Local Organizing Committee, 2011年12月, 2011年12月
  7. 平成 30 年度複素解析ワークショップ, 世話人, 2019年03月, 2019年03月
  8. 令和元年度日本数学会中国・四国支部例会, 日本数学会中国・四国支部連絡責任評議員(委員長相当), 2020年01月, 2020年01月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島⼤学総合科学部 公式 Open Lab., ネイピアの数, 広島⼤学総合科学部, 2021年/08月/17日, 2021年/08月/18日, 広島⼤学,東広島市
  2. 広島大学公開講座 2019:数理の世界, ネイピアの数, 広島大学エクステンションセンター, 2019年/07月/27日, 2019年/07月/27日, 広島大学,東広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  3. 平成24年度 広島大学公開講座 数学の基礎と展望:なぜ数学は面白い, 2次関数と試験の成績?, 広島大学,東広島市, 2012年/08月/10日, 2012年/08月/10日, 講師

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  2. 2020年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  3. 2019年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  4. 2018年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  5. 2017年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  6. 2016年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  7. 2015年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  8. 2014年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  9. 2013年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  10. 2012年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員
  11. 2011年, Hiroshima Mathematical Journal, 編集員