高萩 俊輔 SHUNSUKE TAKAHAGI

Last Updated :2021/05/10

所属・職名
病院(医) 講師
メールアドレス
shunstkhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県広島市南区霞1-2-3 中央研究棟134
TEL:082-257-5238
自己紹介
皮膚アレルギーを中心に診療・研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2016年03月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程創生医科学専攻, 日本, 2006年04月, 2010年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 皮膚科学

研究キーワード

  • 皮膚アレルギー
  • 蕁麻疹
  • 皮膚付属器の再生

所属学会

  • 日本皮膚科学会
  • 日本アレルギー学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2021年, 学部専門, 2ターム, 皮膚科学
  4. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 病態生理学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A human monoclonal IgE antibody that binds to MGL_1304, a major allergen in human sweat, without activation of mast cells and basophils, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 468巻, 1-2号, pp. 99-104, DEC 4 2015
  2. Increased thrombin generation potential in patients with chronic spontaneous urticaria, Allergol Int., 64巻, 1号, pp. 96-98
  3. Aspirin augments IgE-mediated histamine release from human peripheral basophils via Syk kinase activation, Allergol Int., 62巻, 4号, pp. 503-511, 2013
  4. Disseminated subcutaneous phaeohyphomycosis caused by Exophiala oligosperma in a patient with Wegener's granulomatosis, Acta Derm Venereol., 93巻, 3号, pp. 356-357, 2013
  5. Six cases of antihistamine-resistant dermographic urticaria treated with oral ciclosporin, Allergol Int., 60巻, 4号, pp. 547-550
  6. Fucoidan suppresses IgE production in peripheral blood mononuclear cells from patients with atopic dermatitis., Arch Dermatol Res., 303巻, 6号, pp. 425-431, 2011
  7. Increase of coagulation potential in chronic spontaneous urticaria, Allergy, 66巻, 3号, pp. 428-433, 2011
  8. Refractory chronic urticaria treated effectively with the protease inhibitors, nafamostat mesilate and camostat mesilate, Acta Derm Venereol., 90巻, 4号, pp. 425-426, 2010
  9. Pressure challenge test and histopathological inspections for 17 Japanese cases with clinically diagnosed delayed pressure urticaria, Arch Dermatol Res., 302巻, 8号, pp. 613-617, 2010
  10. Coagulation/fibrinolysis and inflammation markers are associated with disease activity in patients with chronic urticaria, Allergy, 65巻, 5号, pp. 649-656, 2010
  11. Metastatic extramammary Paget's disease treated with paclitaxel and trastuzumab combination chemotherapy, J Dermatol., 36巻, 8号, pp. 457-461, 2009
  12. Sweat antigen induces histamine release from basophils of patients with cholinergic urticaria associated with atopic diathesis, Br J Dermatol., 160巻, 2号, pp. 426-428, 2009
  13. Increasing the dose of cetirizine may lead to better control of chronic idiopathic urticaria: an open study of 21 patients, Br J Dermatol., 157巻, 4号, pp. 803-804, 2007
  14. アレルギー用語解説シリーズ IL-17, アレルギー, 64巻, 7号, pp. 971-972
  15. Evaluation of skin perfusion pressure to assess refractory foot ulcers, JOURNAL OF WOUND CARE, 26巻, 5号, pp. 267-270, MAY 2017
  16. Contact urticaria syndrome with IgE antibody against a cefotiam-unique structure, evoked by nonapparent exposure to cefotiam, CLINICAL AND EXPERIMENTAL DERMATOLOGY, 42巻, 5号, pp. 527-531, JUL 2017
  17. Impedance-Based Living Cell Analysis for Clinical Diagnosis of Type I Allergy, SENSORS, 17巻, 11号, NOV 2017
  18. Staphylococcus aureus from atopic dermatitis skin alters cytokine production triggered by monocyte-derived Langerhans cell., J Dermatol Sci., Dec 2017

著書等出版物

  1. 2013年, 皮膚科アセット 16 蕁麻疹・血管性浮腫パーフェクトマスター, 34 慢性蕁麻疹の原因・検査, 中山書店, 2013年
  2. 2013年, 皮膚科アセット 16 蕁麻疹・血管性浮腫パーフェクトマスター, 11 蕁麻疹と凝固系の関わり, 中山書店, 2013年

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 疱疹状天疱瘡の1例, 第136回日本皮膚科学会広島地方会, 2015年03月01日, 通常, 日本語
  2. イベルメクチン内服で治療した毛包虫症の1例, 第134回広島地方会, 2014年, 通常, 日本語
  3. Development of induced pluripotent stem cell-based therapy for pseudoxanthoma elasticum, 2012 SID Annual Meeting, 2012年, 通常, 日本語
  4. 蕁麻疹と凝固系の深いつながり, 第40回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2010年, 通常, 日本語
  5. Trastuzumab・Paclitaxel併用療法を施行した進行期乳房外Paget病の3例, 第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2015年10月18日, 通常, 日本語
  6. Omalizumabが奏効した難治性慢性蕁麻疹の1例, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2015年11月22日, 通常, 日本語
  7. Omalizumabが奏効した難治性慢性蕁麻疹の1例, 第136回日本皮膚科学会広島地方会, 2015年09月06日, 通常, 日本語
  8. 伝染性軟属腫を合併したALK 陰性未分化大細胞型リンパ種に対するさい帯血移植, 第38回日本造血細胞移植学会総会, 2016年03月05日, 通常, 日本語
  9. 3例の転移性悪性黒色腫に対してのvemurafenibの使用経験, 2016年, 通常, 日本語
  10. デコルマン損傷の1例, 2016年, 通常, 日本語
  11. 単純ヘルペスウイルスによる急性肝炎を合併したカポジ水痘様発疹症の1例, 2016年, 通常, 日本語
  12. セフォチアムによる職業性接触蕁麻疹症候群の1例, 第48回日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会, 2017年06月30日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2012年, Honorable Mention in the Johnson-Beerman Competition, The Section on Dermatology of The College of Physicians of Philadelphia
  2. 2011年, Second prize in the Johnson-Beerman Competition, The Section on Dermatology of The College of Physicians of Philadelphia
  3. 2008年, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会ポスター賞, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
  4. 2008年, 日本皮膚科学会総会ポスター賞, 日本皮膚科学会
  5. 2007年, 日本皮膚科学会総会ポスター賞, 日本皮膚科学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 凝固異常による肥満細胞活性化機序と慢性蕁麻疹の病態解析, 2010年, 2011年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 皮膚における毛包および汗腺組織への分化を運命づけるメカニズムの探索, 2017年, 2019年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第40回日本小児皮膚科学会学術大会, 2016年07月, 2016年07月