丸山 隆央TAKAO MARUYAMA

Last Updated :2022/01/05

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 特任准教授
メールアドレス
tmaruhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
ランダム化比較試験等を通じた教育開発援助の効果分析を行っています。また、教育開発援助にエビデンスを有効活用するための援助機関のマネジメントについての研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2019年07月01日, 広島大学大学院 人間社会科学研究科 国際教育開発プログラム, 特任准教授
  • 2019年04月01日, 2019年06月30日, 独立行政法人国際協力機構人間開発部, 基礎教育第二チーム 主任調査役
  • 2018年08月15日, 2019年03月31日, 教育のためのグローバルパートナーシップ事務局出向, 教育専門官
  • 2016年04月01日, 2018年08月15日, 独立行政法人国際協力機構人間開発部, 基礎教育第二チーム主任調査役
  • 2014年03月01日, 2016年03月31日, 独立行政法人国際協力機構資金協力業務部, 実施監理第二チーム 主任調査役
  • 2012年07月01日, 2014年02月28日, 独立行政法人国際協力機構横浜センター, 市民参加協力担当
  • 2009年02月01日, 2012年06月30日, 独立行政法人国際協力機構セネガル事務所, 教育・職業訓練セクター担当
  • 2007年05月01日, 2009年01月31日, 独立行政法人国際協力機構アフリカ部, 中西部アフリカ担当
  • 2005年06月01日, 2007年04月30日, 独立行政法人国際協力機構人間開発部, 技術教育・職業訓練セクター担当
  • 2002年04月01日, 独立行政法人国際協力機構入構 青年海外協力隊事務局, 職員

学歴

  • 一橋大学, 大学院 経済学研究科(博士課程単位取得退学), 2018年04月01日, 2021年03月31日
  • 法政大学, 大学院 経済学研究科, 2014年04月01日, 2016年03月31日
  • 国際基督教大学, 教養学部, 国際政治学, 1998年04月01日, 2002年03月31日

研究キーワード

  • 国際教育開発,インパクト評価,教育開発のためのコミュニティの協働

所属学会

  • 国際開発学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 1ターム, 国際協力を考える
  2. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 日本の教育開発経験
  3. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 教育協力実践基礎論 I
  4. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 教育協力実践基礎論 II
  5. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 国際教育協力実践研究
  6. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 国際公務員実務演習B

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Does remedial activity with math workbook improve learning? Empirical evidence from scaled-up intervention in Niger, Discussion paper series ; No. HIAS-E-99, Hitotsubashi Institute for Advanced Study, Hitotsubashi University, 20200601
  2. ★, Developing Textbooks to Improve Student Math Learning: Empirical Evidence from El Salvador, JICA Ogata research institute working paper, No. 217号, 20210115
  3. ★, Strengthening Teacher Support for Students to Improve Math Learning: Empirical Evidence on A Structured Pedagogy Program in El Salvador, JICA Ogata Research Institute Working Paper No. 222
  4. 保護者・教員・地域住民間の協働による子どもの学習改善活動を創出・展開する学校運営手法:JICAみんなの学校の手法を事例として, JICA緒方貞子平和開発研究所フィールドレポート No.6, 20210801
  5. ★, Do remedial activities using math workbooks improve student learning? Empirical evidence from scaled-up interventions in Niger, World Development, 148巻, 20210902

著書等出版物

  1. 2020年08月, Community participation with schools in developing countries: Towards equitable and inclusive basic education for all. Chap. 7: Educational Development through Community-wide Collaboration: How to Establish a Sustainable Community-wide Initiative to Improve Education., Routledge, 2020年, August, 単行本(学術書), 共著, Kunieda, Nobuhiro, Takao Maruyama, Akiko Kageyama and Masahiro Hara.
  2. 2020年08月, Community participation with schools in developing countries: Towards equitable and inclusive basic education for all. Chap. 12: Quality Learning through Community-wide Collaboration: A Methodology to Overcome the “Learning Crisis” in Niger., Routledge, 2020年, August, English, Hara, Masahiro, Takao Maruyama, Akiko Kageyama and Nobuhiro Kunieda

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Dynamic Use of Data and Evidence to Improve and Expand Operations for Educational Development: Case Study of Indian NGO “Pratham”, Takao Maruyama, The 32nd JASID Annual Conference, 2021年11月20日, 通常, 英語, 国際開発学会, Online
  2. Community-Wide Support for Primary Students to Improve Learning: Empirical Evidence from Madagascar, Takao Maruyama, Kengo Igei, Seiichi Kurokawa, RISE Annual Conference 2021, 2021年09月22日, 通常, 英語, The Research on Improving Systems of Education (RISE) Programme, Online
  3. 保護者・教員・地域住民の協働による読み書き・算数の改善: マダガスカルにおける実証研究, 丸山隆央, 伊芸研吾、黒川誠一, 国際開発学会第22回大会, 2021年06月12日, 通常, 英語
  4. Teaching practice as a mediator to improve math learning: Empirical evidence from El Salvador, Takao Maruyama, Economic Development Workshop / Institute of Economic Research, Hitotsubashi University, 2021年01月22日, 通常, 英語, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University
  5. 地方行政と学校・住民の協働を通じた教育開発の展開―JICAみんなの学校のフォーラム・アプローチを事例として―, 丸山隆央、影山晃子、國枝信宏, 影山晃子、國枝信宏, 国際開発学会大会, 2020年12月06日, 通常, 日本語, 国際開発学会
  6. ランダム化比較試験を通じた子どもの読み書き・算数改善モデルの構築: インドNGO「Pratham」を事例として, 丸山隆央, 日本評価学会大会, 2020年11月26日, 通常, 日本語
  7. 住民集会における情報共有・討議は、学習改善に向けて教員・保護者・地域住民間の協働を、どのように創出し、持続させるのか―サブサハラアフリカ地域におけるJICAみんなの学校を事例として, 丸山隆央、影山晃子, 国際開発学会, 2020年06月27日, 通常, 日本語
  8. Developing textbooks for helping students learn mathematics: Empirical evidence from El Salvador, Takao Maruyama, Takashi Kurosaki, Education GP BBL series, World Bank, 2020年04月16日, 招待, 英語
  9. ニジェールにおける補習活動による算数学習の改善, 丸山隆央, 開発経済学会若手会議, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 開発経済学会若手会議, 早稲田大学、東京, 発表資料
  10. Does secret ballot improve the functionality of school management committee?, Maruyama, Takao and Nobuhiro Kunieda., The Japan Society for International Development., 2017年11月30日, 通常, 英語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究C), エビデンスに基づく教育開発援助の展開:インドNGO「Pratham」を事例として, 2020年04月01日