清水 直登NAOTO SHIMIZU

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
naotoshiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2021年04月01日, 広島大学大学院統合生命科学研究科, 育成助教

学位

  • 修士(医科学) (筑波大学)
  • 博士(医学) (京都大学)

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学
  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 生物学 / 基礎生物学 / 遺伝・染色体動態
  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学

研究キーワード

  • TK6細胞
  • DNA損傷
  • DNA修復
  • 放射線・抗がん剤
  • がん

所属学会

  • 日本環境変異原ゲノム学会
  • 日本放射線影響学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  2. 2022年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命理学特論C
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命理学特論D
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  9. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  10. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーE

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. XRCC1 counteracts PARP poisons, Olaparib and Talazoparib, and a clinical alkylating agent, Temozolomide, by promoting the removal of trapped PARP1 from broken DNA, Genes to Cells, 20220223
  2. トポイソメラーゼ阻害剤が引き起こすDNA損傷の修復機構, 月刊細胞, 20211004
  3. Repair pathways for radiation DNA damage under normoxic and hypoxic conditions: Assessment with a panel of repair-deficient human TK6 cells, Journal of Radiation Research, 62巻, 6号, pp. 999-1004, 20210925
  4. ★, The MRE11 nuclease promotes homologous recombination not only in DNA double-strand break resection but also in post-resection in human TK6 cells, Genome Instability & Disease, 1巻, pp. 184-196, 20200630
  5. Topoisomerase I-driven repair of UV-induced damage in NER-deficient cells, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS), 117巻, 25号, pp. 14412-14420, 20200608
  6. ALC1/CHD1L, a chromatin-remodeling enzyme, is required for efficient base excision repair, PLOS ONE, 12巻, 11号, pp. e0188320, 20171117
  7. ★, Distinct DNA damage spectra induced by ionizing radiation in normoxic and hypoxic cells, Radiation Research, 184巻, 4号, pp. 442-448, 20151002

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. DNA二本鎖切断修復において、MRE11は相同組換え中間体の解消を促進する, 第70回HiHA (Hiroshima Research Center for Healthy Aging) Webinar, 2021年11月17日, 招待, 日本語
  2. Repair pathways for radiation DNA damage under normoxic and hypoxic conditions: Assessment with a panel of repair-deficient human TK6 cells, 日本放射線影響学会第 64 回大会, 2021年09月22日, 通常, 日本語
  3. 塩基除去修復はミトコンドリアにおいて紫外線損傷を除去する, 第24回DNA複製・組換え・修復ワークショップ, 2017年11月28日, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究, MRE11の新機能に着目したMRNの動的構造解析, 2022年, 2024年
  2. 公益財団法人放射線影響協会 研究奨励助成金, 放射線が誘発するDNA二本鎖切断の修復中間体解消機構の解明, 2022年, 2025年