恵美 学MANABU EMI

Last Updated :2022/07/01

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 助教
メールアドレス
emirinhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
広島大学病院において食道癌治療の臨床および研究を行っています

基本情報

主な職歴

  • 1999年05月01日, 東京都立駒込病院, 外科シニアレジデント
  • 2002年04月01日, 三原市医師会病院 腫瘍外科, 医師
  • 2004年11月01日, 広島大学 原爆放射線医科学研究所 腫瘍外科, 医科診療医→助教
  • 2013年01月01日, 広島市立安佐市民病院 外科, 部長
  • 2016年04月01日, 広島大学 原爆放射線医科学研究所 腫瘍外科, 助教

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 外科学I
  6. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  7. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  8. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  9. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  10. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 外科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Clinicopathologic Features of Submucosal Esophageal Squamous Cell Carcinoma., Annals of Thoracic Surgery, 104巻, 6号, pp. 1858-1864, 201712
  2. Cancer immunosuppression and autoimmune disease: beyond immunosuppressive networks for tumour immunity, IMMUNOLOGY, 119巻, 2号, pp. 254-264, 2006
  3. The role of apoptosis in cancer cell survival and therapeutic outcome, CANCER BIOLOGY & THERAPY, 5巻, 11号, pp. 1429-1442, 2006
  4. Potential functional role of plasmacytoid dendritic cells in cancer immunity, IMMUNOLOGY, 121巻, 2号, pp. 149-157, 2007
  5. Phase I trial of oxaliplatin plus S-1 chemotherapy in patients with metastatic colorectal cancer., Oncology letters, 1巻, 1号, pp. 95-98, 2010
  6. Neoadjuvant chemoradiotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil for esophageal cancer., Cancer chemotherapy and pharmacology, 69巻, 6号, pp. 1499-1505, 2012
  7. Immunobiology of the sentinel lymph node and its potential role for antitumour immunity, LANCET ONCOLOGY, 7巻, 12号, pp. 1006-1016, 2006
  8. Cancer immunoediting from immune surveillance to immune escape, IMMUNOLOGY, 121巻, 1号, pp. 1-14, 2007
  9. 皮膚筋炎に合併した食道癌の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 67巻, 7号, pp. 1546-1549, 2006
  10. イマチニブの術前投与により縮小手術が可能になった十二指腸GISTの1例, 日本臨床外科学会雑誌, 68巻, 9号, pp. 2248-2252, 2007
  11. Preclinical evaluation of antisense bcl-2 as a chemosensitizer for patients with gastric carcinoma., Cancer, 101巻, 10号, 2004
  12. Chemosensitization by STI571 targeting the platelet-derived growth factor/platelet-derived growth factor receptor-signaling pathway in the tumor progression and angiogenesis of gastric carcinoma., Cancer, 103巻, 9号, 2005
  13. Targeted therapy against Bcl-2-related proteins in breast cancer cells., Breast cancer research : BCR, 7巻, 6号, 2005
  14. 全肝および右半結腸陥入を認めるも無症状であった外傷性右横隔膜ヘルニアの1例, 日本臨床外科学会雑誌, 68巻, 3号, pp. 570-573, 2007

受賞

  1. 2012年10月16日, 最優秀演題賞, 国際食道学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 食道癌において口腔内および食道内細菌叢がどのように影響するか?, 2021年, 2023年