鈴木 理惠RIE SUZUKI

Last Updated :2021/05/11

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
suzukriehiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 教育学修士 (広島大学)
  • 博士(文学) (広島大学)

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 教育学

研究キーワード

  • 日本教育史

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 2ターム, 日本東洋教育史(H30以前生用)
  2. 2021年, 学部専門, 2ターム, 日本東洋教育史I
  3. 2021年, 学部専門, 2ターム, 日本東洋教育史II
  4. 2021年, 学部専門, 3ターム, 日本東洋教育史演習(H30以前生用)
  5. 2021年, 学部専門, 3ターム, 日本東洋教育史演習I
  6. 2021年, 学部専門, 3ターム, 日本東洋教育史演習II
  7. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  8. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 日本東洋教育史課題演習
  9. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 日本東洋教育史課題演習
  10. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 日本東洋教育史課題研究
  11. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 日本東洋教育史課題研究
  12. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 教育の思想と原理
  13. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 教育の思想と原理
  14. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 教職実践演習(中・高)
  15. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 教職実践演習(中・高)
  16. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 教職実践演習(中・高)
  17. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 教職実践演習(中・高)
  18. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 教職授業プラクティカムI
  19. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 教職授業プラクティカムII
  20. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 教職授業プラクティカムIII
  21. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教育学講究
  22. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教育学講究
  23. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 教育科学のための研究法と倫理
  24. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 日本東洋教育史特講 I
  25. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 日本東洋教育史特講 II
  26. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 日本東洋教育史演習 I
  27. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 日本東洋教育史演習 II
  28. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  29. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  30. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 大学授業構成論講究
  31. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教職授業プラクティカム I
  32. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教職授業プラクティカム II
  33. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教職授業プラクティカム III
  34. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  35. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 官立長崎師範学校の蔵書, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部, 60巻, 20111201
  2. 官立長崎師範学校蔵書中の「参考書」, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部, 61巻, 20121201
  3. 近世後期の旅の学び―阿弥陀寺と壇ノ浦合戦―, 教育学研究紀要(CD-ROM版), 58巻, 20130301
  4. 近世後期,神職の在京生活と交遊, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 教育人間科学関連領域, 58号, pp. 17-26, 2009
  5. 幕末期漢学塾の寄宿生活--安芸国三亦舎を例として, 日本歴史, 679号, pp. 55-71, 200412
  6. 江戸時代の民衆教化 : 『官刻孝義録』による孝行の状況分析, 長崎大学教育学部社会科学論叢, 65巻, pp. 19-34, 20040630
  7. 近世末期芸州漢学塾の寄宿生活 : 実家との連絡, 長崎大学教育学部社会科学論叢, 64巻, pp. A41-A57, 20040326
  8. 近世後期における読み書き能力の効用--手習塾分析を通して, 社会言語学, 6号, pp. 111-126, 2006
  9. 近世後期における神職の専業化志向と蔵書形成, 日本教育学会大會研究発表要項, 62巻, pp. 86-87, 20030820
  10. 近世末期芸州の漢学塾を介した書籍貸借 : 一塾生を中心に, 長崎大学教育学部社会科学論叢, 63巻, pp. A19-A35, 20030630
  11. 公事作法をめぐる藤原経房のネットワーク(下), 長崎大学教育学部社会科学論叢, 62巻, pp. A19-A34, 20030326
  12. 名家の形成と公事情報の交換, 日本歴史, 658号, pp. 1-19, 200303
  13. 公事作法をめぐる藤原経房のネットワーク(上), 長崎大学教育学部社会科学論叢, 61巻, pp. 52_a-39_a, 20020630
  14. 女性の貞節という問題--明治初期の日欧文化衝突, 長崎大学教育学部社会科学論叢, 47号, pp. p1-15, 199403
  15. 幕末・明治初期の裸体習俗と欧米人, 日本歴史, 543号, pp. p62-78, 199308
  16. 明経博士家中原・清原氏による局務請負と教育, 日本の教育史学 : 教育史学会紀要, 30巻, pp. 4-23, 19871002
  17. 教育勅語暗記の動機, 長崎大学教育学部紀要. 教育科学, 57巻, pp. 69-84, 199906
  18. 摂関家の教訓, 日本教育史学会紀要, 6巻, pp. 1-19, 201603
  19. 『遠思楼詩鈔』初編の出版経緯, 書物・出版と社会変容, 20号, pp. 41-77, 201603

著書等出版物

  1. 識字と学びの社会史 : 日本におけるリテラシーの諸相, 思文閣出, 大戸安弘, 八鍬友広編, 9784784217724
  2. 教育の歴史・理念・思想, 協同出, 鈴木理恵, 三時眞貴子編著, 9784319106714
  3. 近世後期の旅に関する教育史研究 : 西日本の旅日記を素材として, 広島大学大学院教育学研究, 研究代表者 鈴木理恵
  4. 近世近代移行期の地域文化人, 塙書, 鈴木理恵著, 9784827312485
  5. 官立長崎師範学校の蔵書に関する報告書, 広島大学大学院教育学研究, 研究分担者 鈴木理恵
  6. 近世後期から明治初期にかけての手習塾絵画資料のデータベース化と分析研究, 広島大学大学院教育学研究, 研究代表者 鈴木理恵
  7. 近世後期「地方文化人」情報伝達網の研究 : 安芸国井上家文書を素材として, 比治山大学現代文化学, 研究代表者 頼祺一

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 知の伝達メディアの歴史研究-教育史認識のメディア論的転回に向けて-, 2005年, 2007年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 近世後期「地方文化人」情報伝達網の研究-安芸国井上家文書を素材として-, 2003年, 2005年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 咸宜園系譜塾の展開に関する実証的研究―西日本を中心としてー, 2013年, 2017年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 「書物・出版と社会変容」研究の深化と一般化のために, 2011年, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 日本におけるリテラシーの歴史的形成過程と「学び」の変容に関する実証的研究, 2011年, 2015年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 近世後期の旅に関する教育史研究-西日本の旅日記を素材として, 2010年, 2012年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 「書物・出版と社会変容」研究の総合化に向けて, 2008年, 2011年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 近世後期から明治初期にかけての手習塾絵画資料のデータベース化と分析研究, 2007年, 2009年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 前近代日本における識字力の分布および展開過程に関する研究, 2006年, 2009年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 近代化前後の日本におけるリテラシーの基盤的再編成に関する研究, 2015年