高瀬 稔Minoru Takase

Last Updated :2021/05/31

所属・職名
両生類研究センター 准教授
メールアドレス
minoruhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 理学博士 (広島大学)
  • 理学修士 (広島大学)

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 形態・構造

研究キーワード

  • 生殖細胞
  • 生殖腺
  • 性転換
  • 性分化
  • 性決定様式
  • 両生類
  • 性ホルモン
  • 内分泌攪乱物質
  • バイオミメティクス
  • 健康

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 3ターム, 両生類から見た生命システム
  2. 2021年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  3. 2021年, 学部専門, 2ターム, 基礎生物科学B
  4. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  5. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  6. 2021年, 学部専門, 1ターム, 内分泌学・免疫学
  7. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 両生類生物学演習
  8. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験II
  9. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  10. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物科学研究セミナー
  11. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生物科学研究セミナー
  12. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習A
  13. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習B
  14. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  15. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  16. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  17. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  18. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎生物学特別研究
  19. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 統合生殖科学特論
  20. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習C
  21. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習D
  22. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習E
  23. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習F

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Molecular cloning and characterization of ligand- and species-specificity of amphibian estrogen receptors, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 168巻, 2号, pp. 220-230, 20100901
  2. Expression of cytochrome P450 side-chain cleavage enzyme mRNA and production of pregnenolone in the brain of the red-bellied newt Cynops pyrrhogaster, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 170巻, 3号, pp. 468-474, 20110201
  3. Generation of albino Xenopus tropicalis using zinc-finger nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 54巻, 9号, pp. 777-784, 201212
  4. Review:Neurosteroid biosynthesis in vertebrate brains., Comparative Biochemistry and Physiology Part C, 124巻, pp. 121-129, 19990401
  5. Review:Novel brain function : biosynthesis and actions of neurosteroids in neurons, Neurosci. Res., 36巻, pp. 261-273, 20000401
  6. Pregnenolone, pregnenolone sulfate, and cytochrome P450 side-chain cleavage enzyme in the amphibian brain and their seasonal changes, Endocrinology, 140巻, pp. 1936-1944, 19990401
  7. Comparison of catalase in diploid and haploid Rana rugosa using heat and chemical inactivation techniques, Comparative Biochemistry and Physiology, B118巻, 3号, pp. 499-503, 19970401
  8. Inhibitory effect of Sertoli cell-cultured media on LH binding to mouse Leydig cells in culture, Endocrine Journal, 35巻, pp. 285-293, 19880401
  9. Prolactin augments luteinizing hormone binding to rat Leydig cells in serum-free culture, Journal of Bioscience, 21巻, pp. 511-517, 19960401
  10. Inhibitor and temperature effect on catalase in the liver of adult diploid and haploid Rana rugosa, Comparative Biochemistry and Physiology, B119巻, pp. 235-239, 19970401
  11. Inhibitory role of prolactin in the downregulation of testicular follicle-stimulating hormone receptors in mice, Journal of Experimental Zoology, 278巻, pp. 234-242, 19970401
  12. Molecular cloning and expression of the SF-1/Ad4BP gene in the frog, Rana rugosa, Gene, 222巻, pp. 169-176, 19980401
  13. Two isoforms of FTZ-F1 messenger RNA: molecular cloning and their expression in the frog testis., Gene, 466巻, pp. 249-254, 20000401
  14. FTZ-F1alpha is expressed in the developing gonad of frogs, Biochimica et Biophysica Acta, 1494巻, pp. 195-200, 20000401
  15. Expression of FTZ-F1alpha in frog testicular cells, Journal of Experimental Zoology, 290巻, pp. 182-189, 20010401
  16. Changes in gonads of male and female offspring of mice receiving a continuous intravenous infusion of human chorionic gonadotropin during gestation, Experimental and Clinical Endocrinology, 86巻, pp. 273-283, 19850401
  17. Persistent anovulation in the ovary of mice treated with human chorionic gonadotropin starting at different early postnatal ages, IRCS Medical Scinece, 14巻, pp. 187-188, 19860401
  18. Development of vaginal adenosis-like lesions and uterine epithelial stratification in mice exposed perinatally to diethylstilbestrol, Proceeding of the Society for Experimental Biology and Medicine, 181巻, pp. 59-65, 19860401
  19. Estrogen perticipation in induction of cervicovaginal adenosis-like lesions in immature mice exposed prenatally to diethylstilbestrol, Acta Anatomica, 127巻, pp. 110-114, 19860401
  20. Regression of mammary and adrenocortical tumors transplanted into iodotyrosine-pretreated mice, Proceedings of the Japan Academy Ser. B, 62巻, pp. 252-256, 19860401
  21. Effects of PRL and FSH on LH binding and number of Leydig cells in hypophysectomized mice, Endocrine Journal, 37巻, pp. 193-203, 19900401
  22. Cloning and sequencing of the cDNA encoding tyrosinase of the Japanese pond frog, Rana nigromaculata, Gene, 121巻, pp. 359-363, 19920401
  23. Localization and purification of serum albumin in the testis of Xenopus laevis, Zoological Science, 11巻, pp. 285-290, 19940401
  24. Differences in genetic backgrounds affecting gonadal differentiation between two local populations of the Japanese wrinkled frog Rana rugosa, Anatomy and Embryology, 198巻, pp. 141-148, 19980401
  25. Expression of steroidogenic factor-1 in frog embryo and developing gonad, General and Comparative Endocrinology, 123巻, pp. 13-22, 20010401
  26. Molecular cloning of two isoforms of Xenopus (Silurana) tropicalis estrogen receptor mRNA and their expression during development, Biochimica et Biophysica Acta, 1769巻, 3号, pp. 172-181, 20070301
  27. Effects of prolactin and bromocriptine on the regulation of testicular luteinizing hormone receptros in mice, Journal of Experimental Zoology, 256巻, pp. 200-209, 19900401
  28. Xenopus tropicalis: An Ideal Experimental Animal in Amphibia, Experimental Animals, 59巻, 4号, pp. 395, 20100701
  29. Two Sox9 messenger RNA isoforms: isolation of cDNAs and their expression during gonadal development in the frog Rana rugosa, FEBS LETTERS, 466巻, 2-3号, pp. 249-254, 20000128
  30. Expression of Dax-1 during gonadal development of the frog, GENE, 280巻, 1-2号, pp. 67-74, 20011212
  31. The Dmrt1 expression in sex-reversed gonads of amphibians, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 127巻, 3号, pp. 232-241, 200207
  32. Expression of FTZ-F1 alpha in transgenic Xenopus embryos and oocytes, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 44巻, 6号, pp. 509-516, 200212
  33. Expression and localization of cytochrome P450(11 beta,aldo) mRNA in the frog brain, BRAIN RESEARCH, 950巻, 1-2号, pp. 288-296, 20020920
  34. Expression of Dmrt1 protein in developing and in sex-reversed gonads of amphibians, CYTOGENETIC AND GENOME RESEARCH, 101巻, 3-4号, pp. 295-301, 2003
  35. Expression of P450 aromatase protein in developing and in sex-reversed gonads of the XX/XY type of the frog Rana rugosa, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 137巻, 3号, pp. 227-236, 200407
  36. Effect of atrazine on metamorphosis and sexual differentiation in Xenopus laevis, AQUATIC TOXICOLOGY, 87巻, 4号, pp. 215-226, 20080530
  37. Application of metamorphosis assay to a native Japanese amphibian species, Rana rugosa, for assessing effects of thyroid system affecting chemicals, ECOTOXICOLOGY AND ENVIRONMENTAL SAFETY, 72巻, 5号, pp. 1400-1405, 200907
  38. Accumulation and Pharmacokinetics of Estrogenic Chemicals in the Pre- and Post-hatch Embryos of the Frog Rana rugosa, IN VIVO, 26巻, 6号, pp. 913-920, 2012
  39. Establishment of transactivation assay systems using fish, amphibian, reptilian and human thyroid hormone receptors, JOURNAL OF APPLIED TOXICOLOGY, 33巻, 9号, pp. 991-1000, 201309
  40. Assessment of radiocesium contamination in frogs 18 months after the Fukushima Daiichi nuclear disaster, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, 20150410
  41. Changes in testicular gonadotropin receptors and plasma gonadotropin and testosterone concentrations after sexual maturation in mice., J. Sci. Hiroshima Univ., Ser. B, Div. 1., 33巻, pp. 113-125, 1989
  42. Development of biomarkers of endocrine disrupting activity in emerging amphibian model, Silurana (Xenopus) tropicalis., Environ. Sci., 14巻, pp. 285-296, 2007
  43. Investigating the potential for impacts of environmental endocrine disrupters on wild populations of amphibians in UK and Japan: status of historical databases and review of methods., Environ. Sci., 14巻, pp. 297-317, 2007
  44. 広島大学両生類研究センター 発生研究部門 高瀬研究室, 比較内分泌学, 43巻, 161号, pp. 101-102, 201705

著書等出版物

  1. 1998年03月20日, 両生類における性決定, 蛋白質 核酸 酵素, 1998年, 3, 三浦郁夫、高瀬 稔、中村正久
  2. 1999年, Morphological difference between yellow and red xanthophores in Japanese newts , Pigment Cell Research= XV International pigment cell conference, 1999年, 調査報告書, k.matsui 三浦 郁夫 高瀬 稔 m.nakamura

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. A model for analyzing toxic action mechanism of endocrine disruptor, 高瀬 稔, International Worksho, 2001年12月, 招待, 日本語
  2. ネッタイツメガエルの性決定様式:戻し交配および卵核二倍発生法による解析, 高瀬 稔, 日本動物学会 第86回大会, 2015年09月17日, 通常, 日本語
  3. ネッタイツメガエルの性決定様式:戻し交配による解析および温度処理による性比への影響, 高瀬 稔, 日本動物学会中国四国地区生物系三学会合同大会愛媛大会, 2015年05月16日, 通常, 日本語
  4. A study on the sex-determination system in the frog Silurana tropicalis, 高瀬 稔, 8th International Symposium on Amphibian and Reptilian Endocrinology and Neurobiology, 2014年11月07日, 通常, 英語
  5. Sex reversibility in amphibians and its applications: sex-hormone-inducible sex reversal in Rana rugosa, sex determination in Silurana tropicalis, and model amphibians as environmental indicators, 高瀬 稔, International Symposium Frontiers in Amphibian Biology: Endangered Species Conservation and Genome Editing, 2014年03月27日, 通常, 英語, Institute for Amphibian Biology, Graduate School of Science, Hiroshima University
  6. 甲状腺ホルモンにより誘導されるネッタイツメガエル甲状腺ホルモン受容体遺伝子発現に対する化学物質抑制作用の肝臓と尾における違い, 高瀬 稔, 田澤一朗、矢尾板芳郞、井口泰泉, 内分泌撹乱化学物質学会第16回研究発表会, 2013年12月12日, 通常, 日本語, 内分泌撹乱化学物質学会第16回研究発表会
  7. ZFN-fingerを用いたアルビノ Xenopus tropicalis の作製, 中島圭介, 中島妙子、高瀬 稔、矢尾板芳郞, 第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月11日, 通常, 日本語
  8. 性分化後のツチガエルおよびトノサマガエルの生殖腺に対するノニルフェノールおよびビスフェノールAの影響, 高瀬 稔, 井口泰泉, 内分泌撹乱化学物質学会第15回研究発表会, 2012年12月18日, 通常, 日本語
  9. ツチガエル性転換過程におけるLMO2およびLMO4の遺伝子発現, 高瀬 稔, 井口泰泉, 第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月13日, 通常, 英語
  10. ツチガエルの生殖腺発達に対するノニルフェノールおよびビスフェノールAの影響, 高瀬 稔, 内分泌撹乱化学物質学会第14回研究発表会, 2011年12月01日, 通常, 日本語
  11. ツチガエルの2集団間雑種へのアンドロゲン投与による性転換の誘導, 高瀬 稔, 日本動物学会 第82回大会, 2011年09月21日, 通常, 日本語
  12. 変態後のネッタイツメガエル精巣に対するエストロゲンおよび内分泌かく乱化学物質の影響, 高瀬 稔, 内分泌撹乱化学物質学会第13回研究発表会, 2010年12月16日, 通常, 日本語
  13. Expression of claudin 5 in the testis of the frog during development, 高瀬 稔, 第33回日本分子生物学会年会, 通常, 日本語
  14. ノニルフェノールおよびビスフェノールAの非性ホルモン様作用によるトノサマガエル精巣卵形成, 高瀬 稔, 中島忠章、角田華子、佐藤友美, 内分泌撹乱化学物質学会第12回研究発表会, 2009年12月07日, 通常, 日本語
  15. Development of methods for detecting and assessing impacts of chemicals on amphibians, Minoru Takase, The 11th UK-Japan Annual Scientific Workshop on Research into Environmental Endocrine Disrupting Chemicals, 2009年11月13日, 招待, 英語
  16. EE2曝露のニシツメガエル幼生生殖腺を用いたマイクロアレイ解析, 高瀬 稔, 後藤康之、宮原真紀、三井直子、岡知宏、小林かおる、渡邉 肇、井口泰泉, 日本動物学会 第80回大会, 2009年09月17日, 通常, 日本語
  17. 両生類への性ホルモン様物質暴露による精巣卵形成についての研究, 高瀬 稔, xTEND2005基盤的研究フィージビリティースタディー研究成果報告会, 2009年, 通常, 日本語
  18. 室内飼育における野外トノサマガエル精巣卵の消長, 高瀬 稔, 佐藤友美, 内分泌撹乱化学物質学会第11回研究発表会, 2008年12月13日, 通常, 日本語
  19. イモリP450scc遺伝子の単離および脳内における遺伝子発現の解析, 高瀬 稔, 原口省吾、蓮沼 至、菊山 榮、筒井和義, 第33回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム, 2008年12月05日, 通常, 日本語
  20. Development of methods for detecting and assessing impacts of chemicals on amphibians, 高瀬 稔, The 10th Annual Scientific Workshop: UK-Japan Co-operation for Research on Endocrine Disrupters in the Aquatic Environment, 2008年10月05日, 招待, 英語
  21. 両生類の野外および室内飼育における精巣卵の消長, 高瀬 稔, ExTEND2005基盤的研究フィージビリティースタディー研究成果報告会, 2008年05月27日, 通常, 日本語
  22. エチニルエストラジオールを投与されたニシツメガエル幼生の発生過程における生殖腺および甲状腺の組織学的解析, 高瀬 稔, 藤井貴章、宮原真紀、戸笈 修、井口泰泉, 内分泌撹乱化学物質学会第10回研究発表会, 2007年12月10日, 通常, 日本語
  23. Development of partial life cycle methods for investigating effects of endocrine disrupters on reproductive function in the emerging amphibian model, Silurana tropicalis, 高瀬 稔, The 9th UK-Japan Annual Scientific Workshop on Research into Environmental Endocrine Disrupting Chemicals, 2007年10月24日, 招待, 英語
  24. 両生類を用いたエストロゲン様化学物質影響評価のためのマーカー遺伝子の探索, 高瀬 稔, 岡 智宏、三井直子、藤井貴章、宮原真紀、戸笈 修、山藤憲明、井口泰泉, 日本動物学会 第78回大会, 2007年09月20日, 通常, 日本語
  25. ツボカビによる本邦産カエルに対する影響に関する予備段階的研究, 田澤一朗, 高瀬 稔、倉林 敦、矢尾板芳郞, 日本動物学会 第78回大会, 2007年09月20日, 通常, 日本語
  26. 両生類を用いたバイオケミカルアッセイの現状:エストロゲン様化学物質について, 高瀬 稔, 生物化学的測定研究会第12回学術集会, 2007年06月09日, 招待, 日本語
  27. ニシツメガエルの尾、肝臓および脳において発現している甲状腺ホルモン応答遺伝子の単離, 高瀬 稔, 三井直子、戸笈 修、山藤憲明、井口泰泉, 内分泌撹乱化学物質学会第9 回研究発表会, 2006年11月11日, 通常, 日本語
  28. Suppression of metamorphosis and induction of feminization by bisphenol A and related compound in Silurana tropicalis, Ichiro Tazawa, Keiko Kashiwagi, Jin Satoh, Sachie Miyazaki, Shigeyuki Kitamura, Minoru Takase, Akihiko Kashiwagi, 内分泌撹乱化学物質学会第9回研究発表会, 2006年11月11日, 通常, 日本語
  29. Expression of estrogen-responsive genes during development of the frog Xenopus (Silurana) tropicalis and construction of standard database for the estrogen-exposed tadpole, 高瀬 稔, The 8th Scientific Workshop 2006: UK-J Co-operation for Research on Endocrine Disrupters in the Aquatic Environment, 2006年10月09日, 招待, 英語
  30. 両生類のグルココルチコイド受容体様分子をコードする新規遺伝子の単離と脳内における遺伝子発現解析, 高瀬 稔, 筒井和義, 日本動物学会 第77回大会, 2006年09月21日, 通常, 日本語
  31. マクロアレイ法を用いた両生類肝臓におけるエストロゲン様物質応答遺伝子の探索, 高瀬 稔, 戸笈修、井口泰泉, 内分泌撹乱化学物質学会第8回研究発表会, 2005年09月27日, 通常, 日本語
  32. Development of methods for detecting and assessing ecological impacts of chemicals on wild amphibians, 高瀬 稔, The 7th UK-Japan Annual Scientific Workshop on Research into Environmental Endocrine Disrupting Chemicals, 2005年12月02日, 招待, 英語
  33. 両生類の脳におけるミネラルコルチコイド受容体遺伝子発現, 高瀬 稔, 浮穴和義、筒井和義, 日本動物学会 第76回大会, 2005年10月06日, 通常, 日本語
  34. Molecular cloning and expression analysis of genes encoding oestrogen receptor, thyroid hormone receptor, and aromatase of the frog Silurana tropicalis, 高瀬 稔, UK-Japan Co-operation on Research on Endocrine Disrupters in the Aquatic Environment, 2005年01月17日, 招待, 英語
  35. ニシツメガエルの脳および肝臓の発生過程におけるエストロゲン受容体遺伝子発現, 高瀬 稔, 後藤康之、柏木昭彦、井口泰泉, 内分泌撹乱化学物質学会第7回研究発表会, 2004年12月14日, 通常, 英語
  36. 両生類の脳における副腎ステロイド受容体遺伝子発現の解析, 高瀬 稔, 浮穴和義、筒井和義, 日本動物学会 第75回大会, 2004年09月10日, 通常, 日本語
  37. ニシツメガエルにおける生殖腺の発達, 佐藤 仁, 高瀬 稔、沖村祐弥、後藤康之、戸笈 修、柏木啓子、柏木昭彦, 日本動物学会 第75回大会, 2004年09月10日, 通常, 日本語
  38. 内分泌攪乱化学物質毒性メカニズムの解明:両生類性転換現象からのアプローチ, 高瀬 稔, 研究会「環境と遺伝子」, 2004年03月18日, 招待, 日本語
  39. 新しい実験動物トロピカリスのエストロゲン受容体遺伝子の単離と発現解析, 高瀬 稔, 井口泰泉, 内分泌撹乱化学物質学会第6回研究発表会, 2003年12月02日, 通常, 日本語
  40. Approaches to analyses of the toxic actions of endocrine disrupting compounds using two amphibian species, Rana rugosa and Silurana tropicalis, 高瀬 稔, Ecotoxicogenomics Symposium, 2003年10月, 通常, 英語
  41. 両生類の脳分化過程における副腎ステロイド合成酵素遺伝子発現, 高瀬 稔, 浮穴和義、筒井和義, 日本動物学会 第74回大会, 2003年09月17日, 通常, 日本語
  42. 野外両生類の幼生における生殖腺異常発生率についての研究, 高瀬 稔, (財)環境科学総合研究所助成研究報告会, 2003年05月, 通常, 日本語
  43. エストロゲンによって誘導されるツチガエル性転換機構の解析, 高瀬 稔, 井口泰泉、ニールス・イー・スカケベック、ヘンリック・レファーズ, 内分泌撹乱化学物質学会第5回研究発表会, 2002年11月25日, 通常, 日本語
  44. Identification differentially expressed genes during estrogen-induced sex-reversal in Rana rugosa tadpole, 高瀬 稔, 井口泰泉、ジョーン・ニールセン、ニールス・イー・スカケベック、ヘンリック・レファーズ, Symposium e. hormone 2002, the cutting edge of endocrine disrupter research, 通常, 英語
  45. 両生類の脳の発達過程におけるシトクロムP45011beta,aldo遺伝子発現の解析, 高瀬 稔, 浮穴和義、筒井和義, 日本動物学会 第73回大会, 2002年09月24日, 通常, 日本語
  46. 内分泌攪乱物質の毒性メカニズムを解析するためのモデル:両生類性転換メカニズムの分子生物学的解析, 高瀬 稔, 井口泰泉、ジョン・ニールセン、ニールス・イー・スカケベック、ヘンリック・レファーズ, 内分泌撹乱化学物質学会第4回研究発表会, 2001年12月14日, 通常, 日本語
  47. Identification differentially expressed genes during testosterone-induced sex-reversal in Rana rugosa tadpole, 高瀬 稔, 井口泰泉、ジョーン・ニールセン、ニールス・イー・スカケベック・ヘンリック・レファーズ, Symposium e. hormone 2001, the cutting edge of endocrine disrupter research, 2001年10月18日, 通常, 英語
  48. 両生類の脳におけるP45011,aldo遺伝子発現の分子生物学的解析, 高瀬 稔, 浮穴和義、筒井和義, 日本動物学会 第72回大会, 2001年10月06日, 通常, 日本語
  49. 両生類Dax-1遺伝子は精巣分化遺伝子?, 杉田純一, 高瀬 稔、中村正久, 日本動物学会 第72回大会, 2001年10月06日, 通常, 日本語
  50. ツチガエルへのステロイドホルモン投与による性転換過程の組織学的解析, 高瀬 稔, 日本動物学会 第71回大会, 2000年09月21日, 通常, 日本語
  51. ツチガエルの性分化におけるSF-1遺伝子の組織学的発現解析, 川野樹一朗, 高瀬 稔、中村正久, 日本動物学会 第71回大会, 2000年09月21日, 通常, 日本語
  52. 両生類精巣におけるFtz-F1発現部位の周年変化, 高瀬 稔, 中村正久, 日本動物学会 第70回大会, 1999年09月27日, 通常, 日本語
  53. 両生類Sox9の単離と発現解析, 中村正久, 高瀬 稔、野口 悟, 日本動物学会 第70回大会, 1999年09月27日, 通常, 日本語
  54. ツチガエル(Rana rugosa)におけるSF-1/Ad4BP発現の組織学的解析, 川野樹一朗, 高瀬 稔、中村正久, 日本動物学会 第70回大会, 1999年09月27日, 通常, 日本語
  55. 両生類性腺におけるFTZ-F1遺伝子発現の組織学的解析, 高瀬 稔, 中島 毅、 中村正久, 日本動物学会 第69回大会, 1998年09月26日, 通常, 日本語
  56. 両生類におけるニューロステロイド合成とその季節変動, 稲井雄人, 高瀬 稔、浮穴和義、筒井和義, 日本動物学会 第69回大会, 1998年09月26日, 通常, 日本語
  57. ツチガエル(Rana rugosa)におけるSF-1/Ad4BP発現部位の同定, 中村正久, 川野樹一朗、高瀬 稔, 日本動物学会 第69回大会, 1998年09月26日, 通常, 日本語
  58. 半数性両生類の生存に及ぼす活性酸素の影響, 柏木啓子, 花田秀樹、高瀬 稔、柏木昭彦, 日本動物学会 第69回大会, 1998年09月26日, 通常, 日本語
  59. 両生類の脳におけるシトクロムP450scc様タンパク質の発現とその分布, 高瀬 稔, 浮穴和義、山崎 岳、小南思郎、筒井和義, 日本動物学会 第68回大会, 1997年10月02日, 通常, 日本語
  60. 2倍性および半数性ツチガエル成熟個体の肝カタラーゼに対する温度・阻害剤の影響, 柏木昭彦, 高瀬 稔、柏木啓子, 日本動物学会 第68回大会, 1997年10月02日, 通常, 日本語
  61. 両生類における脳内ニューロステロイドの生合成, 高瀬 稔, 浮穴和義、山崎 岳、小南思郎、筒井和義, 第22回日本比較内分泌学会大会, 1997年07月03日, 通常, 日本語
  62. 両生類の脳内ニューロステロイドの解析, 高瀬 稔, 筒井和義、山崎 岳、小南思郎, 日本動物学会 第67回大会, 1996年09月18日, 通常, 日本語
  63. 半数性両生類における発生異常とカタラーゼ活性, 柏木昭彦, 高瀬 稔、花田秀樹、柏木啓子, 日本動物学会 第67回大会, 1996年09月18日, 通常, 日本語
  64. 田園に生息する無尾両生類5種の餌摂取量、成長曲線および産卵数, 長谷川嘉則, 高瀬 稔、上田博晤, 日本動物学会 第67回大会, 1996年09月18日, 通常, 日本語
  65. ツチガエルRana rugosa への雄性ホルモン投与による性転換率の地方集団による違い, 高瀬 稔, 日本動物学会 第66回大会, 1995年09月15日, 通常, 日本語
  66. ツチガエル(Rana rugosa)における生殖腺発生過程の地方集団による違い, 高瀬 稔, 日本動物学会 第65回大会, 1994年10月05日, 通常, 日本語
  67. トノサマガエルのチロシナーゼ遺伝子の解析(I)cDNAの構造, 高瀬 稔, 三浦郁夫、山本博章、竹内拓司、西岡みどり, 日本動物学会 第62回大会, 1991年10月13日, 通常, 日本語
  68. トノサマガエルのチロシナーゼ遺伝子の解析(II)ゲノムDNAの構造, 三浦郁夫, 高瀬 稔、牧野耕三、中田篤男、品川日出夫、西岡みどり, 日本動物学会 第62回大会, 1991年10月13日, 通常, 日本語
  69. マウス精巣LH受容体に対するブロモクリプチン効果のエイジによる違い, 高瀬 稔, 筒井和義、川島誠一郎, 第14回日本比較内分泌学会大会, 1989年11月, 通常, 日本語
  70. プロラクチンのマウス精巣ゴナドトロピン受容体への影響, 高瀬 稔, 筒井和義、川島誠一郎, 日本動物学会 第60回大会, 1989年10月04日, 通常, 日本語
  71. 未成熟マウスセルトリ細胞が培養液に分泌するLH結合抑制因子の性質, 高瀬 稔, 筒井和義、川島誠一郎, 日本動物学会 第58回大会, 1987年10月07日, 通常, 日本語
  72. 培養系におけるライディヒ細胞のLH結合に対するセルトリ細胞の抑制作用, 高瀬 稔, 筒井和義、川島誠一郎, 日本動物学会 第57回大会, 1986年10月10日, 通常, 日本語
  73. 培養系におけるマウス精巣ゴナドトロピン受容体の解析, 高瀬 稔, 筒井和義、川島誠一郎, 日本動物学会中国四国地区生物系三学会合同大会徳島大会, 1986年05月17日, 通常, 日本語
  74. 出生直後のhCG投与によるマウス無排卵卵巣の誘導, 高瀬 稔, 井口泰泉、高杉 暹, 日本動物学会中国四国地区生物系三学会合同大会岡山大会, 1985年05月18日, 通常, 日本語
  75. 妊娠中にDES投与を受けたマウスより生まれた雌の生殖腺付属器官の変化, 高瀬 稔, 井口泰泉、高杉 暹, 日本動物学会 第55回大会, 1984年09月27日, 通常, 日本語
  76. エストロゲン様化学物質を曝露した両生類初期胚における曝露物質体内蓄積および生殖腺分化について, 高瀬 稔, 進藤秀彰、高尾雄二、井口泰泉, 環境ホルモン学会第19回研究発表会, 2016年12月09日, 通常, 日本語, 環境ホルモン学会, つくば市
  77. YY超雄ネッタイツメガエルを用いて作成された全雄集団の精巣分化過程および受精能の解析, 高瀬 稔, 日本動物学会第88回富山大会, 2017年09月23日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本動物学会, 富山市
  78. トノサマガエル幼生および成体への紫外線照射の皮膚メラニン沈着への影響, 高瀬 稔, 日本動物学会第89回大会, 2018年09月13日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本動物学会, 札幌
  79. ネッタイツメガエル幼生へのアンドロゲン投与による性転換の誘導および性転換個体を用いた全雌幼生集団の作製, 高瀬 稔, 環境ホルモン学会第21回研究発表会, 2018年12月15日, 通常, 日本語, 環境ホルモン学会, 東京

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), YY超雄両生類を用いたゲノム解析および雄決定遺伝子の探索, 2017年, 2020年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), カエル精巣卵形成に対する内分泌かく乱物質のエストロゲン作用とは異なる遺伝子発現, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 性ステロイドによる環境汚染と動物・植物への影響評価, 2003年, 2004年
  4. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 雄への性転換関連遺伝子に対する内分泌攪乱物質の影響, 2002年, 2003年
  5. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), 両生類性転換過程における性ホルモン感受細胞の組織学的・分子生物学的解析, 2001年, 2001年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 新規脳分子であるニューロステロイドによる本能行動のモティベーション制御, 2000年, 2002年
  7. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 無尾両生類アンドロゲン受容体cDNAの単離と構造解析, 1995年, 1995年
  8. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 両生類における性転換遺伝子の探索と単離, 1994年, 1995年
  9. ExTEND2005フィージビリティースタディー, 両生類への性ホルモン様物質暴露による精巣卵形成についての研究, 2008年, 2008年
  10. ExTEND2005フィージビリティースタディー, 両生類の野外および室内飼育における精巣卵の消長, 2007年, 2007年
  11. 日英共同研究, 両生類の生態影響評価手法の研究, 2009年, 2009年
  12. 日英共同研究, 両生類の生態影響評価手法の研究, 2008年, 2008年
  13. 日英共同研究, 両生類の生態影響評価手法の研究, 2007年, 2007年
  14. 日英共同研究, 両生類の生態影響評価手法の研究, 2006年, 2006年
  15. 日英共同研究, 両生類の生態影響評価手法の研究, 2005年, 2005年
  16. (財)環境科学総合研究所研究助成, 野外両生類の幼生における生殖腺異常発生率についての研究, 2002年, 2002年
  17. 住友財団基礎科学研究助成, 無尾両生類への雌性ホルモン投与による多様な性転換型についての分子生物学的研究, 1995年, 1995年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2020年, 環境ホルモン学会
  2. 日本動物学会中国四国支部会計委員, 2019年, 公益社団法人日本動物学会
  3. 評議員, 2019年, 環境ホルモン学会
  4. NBRP課題管理協力者, 2018年04月, ナショナルバイオリソースプロジェクト
  5. 評議員, 2018年, 環境ホルモン学会
  6. 寄付委員会委員, 2018年, 公益社団法人 日本動物学会
  7. 生物系三学会中国四国支部大会準備委員, 2018年, 2019年, 公益社団法人 日本動物学会中国四国支部
  8. 日本動物学会中国四国支部会計委員, 2018年, 公益社団法人日本動物学会
  9. NBRP課題管理協力者, 2017年04月, ナショナルバイオリソースプロジェクト
  10. 日本動物学会中国四国支部会計委員, 2017年, 公益社団法人日本動物学会
  11. 日本生物学オリンピック本選大会実行委員, 2016年09月, 2017年09月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  12. 日本動物学会中国四国支部会計委員, 2016年, 公益社団法人日本動物学会
  13. 日本動物学会中国四国支部会計委員, 2015年, 公益社団法人日本動物学会
  14. 日本動物学会中国四国支部会計委員, 2014年, 公益社団法人日本動物学会
  15. 日本比較内分泌学会・日本比較生理生化学会合同大会準備委員, 2014年, 2015年, 日本比較内分泌学会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, Journal of Applied Toxicology, その他, 査読, 1
  2. 2017年, Journal of Applied Toxicology, その他, 査読, 1
  3. 2014年, BMC Molecular Biology, その他, 査読, 1
  4. 2014年, Journal Experimental Zoology part A: Ecological Genetics and Physiology, その他, 査読, 1
  5. 2014年, Zoological Science, その他, 査読, 1
  6. 2014年, Ecotoxicology and Environmental Safety, その他, 査読, 1
  7. 2013年, Open Veterinary Journal, その他, 査読, 1
  8. 2012年, Zoological Science, その他, 査読, 2
  9. 2008年, Zoological Science, その他, 査読, 1
  10. 2007年, Zoological Science, その他, 査読, 2
  11. 2007年, Comparative Biochemistry and Physiology, その他, 査読, 1
  12. 2007年, Environmental Science, その他, 査読, 1
  13. 2006年, Zoological Science, その他, 査読, 3
  14. 2005年, Comparative Biochemistry and Physiology, その他, 査読, 1