鈴木 慶KEI SUZUKI

Last Updated :2022/01/05

所属・職名
病院高度救命救急センター 助教
メールアドレス
suzukikhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2010年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2014年04月01日, 広島大学, 病院高度救命救急センター, 助教
  • 2012年04月01日, 2014年03月31日, 県立広島病院, 救命救急センター, 副部長

学歴

  • 高知医科大学, 医学部, 医学科, 日本, 2001年04月, 2007年03月
  • 広島大学大学院, 医歯薬保健学研究科 博士課程, 医歯薬学専攻, 日本, 2012年04月, 2019年05月

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Pediatric cardiorespiratory failure successfully managed with venoarterial-venous extracorporeal membrane oxygenation: a case report, BMC PULMONARY MEDICINE, 16巻, 20160812
  2. Are probiotics actually useful in decreasing VAP rate?, Intensive Care Medicine, 42巻, 10号, pp. 1642-1642, 20160912
  3. Sera from Septic Patients Contain the Inhibiting Activity of the Extracellular ATP-Dependent Inflammasome Pathway, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 245巻, 3号, pp. 193-204, 201807
  4. Rapid-onset plasma leakage of extracorporeal oxygenation membranes possibly due to hyperbilirubinemia, JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS, 21巻, 4号, pp. 475-478, 201812
  5. ★, Comparison of three video laryngoscopes and direct laryngoscopy for emergency endotracheal intubation: a retrospective cohort study, BMJ OPEN, 9巻, 3号, 201906
  6. 広島圏域における院外心停止に対する 目撃者による一次救命処置の実施状況について, 日本臨床救急医学会雑誌, 22巻, 4号, pp. 602-607, 20190831
  7. Comparison of video and conventional laryngoscopes for simulated difficult emergency tracheal intubations in the presence of liquids in the airway, PLOS ONE, 14巻, 7号, pp. e0220006, 20190719
  8. 集中治療医による訪問診療により人工呼吸器離脱後管理を行った青年期急性呼吸不全の1例, 日本集中治療医学会雑誌, 24巻, pp. 53-54, 2016
  9. Confounding factors for the effect of misdiagnosis of site of infection on in- hospital mortality, Critical Care, 23巻, 294号, 20190903
  10. Comparison of Airway Simulators for the AirwayScope® Video-Laryngoscope, Emergency Medicine Investigations, 2巻, pp. 1-5, 20180309
  11. Esophageal pressure and potential confounders for evaluating patient-ventilator asynchrony, Journal of Critical Care, 60巻, pp. 344, 2020

著書等出版物

  1. 2017年04月01日, 呼吸器ケア2017年4月号, Theme 3 肺炎の予防(1)誤嚥の評価と予防策は?, 肺炎 誤嚥 嚥下, メディカ出版, 2017年, 4, 単行本(一般書), 共著, 日本, 鈴木慶 志馬伸朗, 4-8404-6019-1
  2. 2018年09月23日, レジデントノート増刊 Vol.20 No.11 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!〜薬の実践的な選び方や調整・投与方法がわかり、現場で迷わず処方できる, 第7章 その他 3.経腸栄養剤, 経腸栄養 栄養管理, 羊土社, 2018年09月23日, 共著, 鈴木 慶,志馬 伸朗, 4758116156

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 嘔吐モデルに対する救急救命士による気管挿管における硬性吸引管の比較, 鈴木慶,楠真二,志馬伸朗, 第48回日本救急医学会総会・学術集会, 2020年11月20日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 岐阜
  2. Comparison of video-laryngoscope and conventional Macintosh laryngoscope for simulated emergency tracheal intubation by pre-hospital emergency care providers with copious vomiting or bleeding in oral cavity, Kei Suzuki, Shinji Kusunoki, Takuma Sadamori, Yuko Tanabe, Junji Itai, Nobuaki Shime, Euroanaesthesia 2017, 2017年06月04日, 通常, 英語
  3. Comparison of PENTAX-AWS™ and McGRATH® MAC for emergency tracheal intubation by pre-hospital emergency care providers in copious vomiting scenario – randomized crossover manikin trial, Kei Suzuki, Shinji Kusunoki, Takuma Sadamori, Yuko Tanabe, Junji Itai, Nobuaki Shime, EUSEM2018, 2018年09月09日, 通常, 英語
  4. Comparison of outcomes between early and late tracheostomy for critically ill patients, Suzuki K, Kusunoki S ; Yamanoue T ; Tanigawa K, ISICEM 2013 – International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2013年03月19日, 通常, 英語
  5. The prognostic Impact of Imported and Newly-isolated Methiicillin-Resistant Staphylococcus Aureus in Intensive Care Unit, Kei Suzuki, Ohshimo S, Ota K, Tamura T, Kida Y, Itai J,Inagawa T, Torikoshi Y, Otani T, Sadamori T, Tsumura R, Iwasaki Y, Hirohashi N, Tanigawa K, ISICEM 2012 – International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2012年03月20日, 通常, 英語
  6. 重症呼吸不全に対するECMO治療の最適化を目指したヘリの活用, 鈴木 慶, 大谷直嗣  大下慎一郎  太田浩平  島谷竜俊  京道人  鳥越勇佑  木田佳子  山賀聡之  田邉優子 高橋秀暢  宮本聡史  津村龍  廣橋伸之  志馬伸朗, 第23回日本航空医療学会総会, 2016年10月29日, 通常, 日本語, 日本航空医療学会, 埼玉
  7. 吐血モデルに対する救急救命士による 気管挿管におけるAirway ScopeとMacintosh型喉頭鏡の比較, 鈴木慶, 楠真二 貞森拓磨 田邊優子 板井純治 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  8. 嘔吐モデルに対する救急救命士による気管挿管におけるAirway ScopeとMacintosh型喉頭鏡の比較検討, 鈴木 慶, 貞森 拓磨 田邉 優子 楠 真二 板井 純治, 第43回日本救急医学会総会・学術集会, 2015年10月22日, 通常, 日本語, 日本救急医学会
  9. 嘔吐モデルに対する救急救命士による気管挿管におけるAirway ScopeとMcGRATH MACの比較, 鈴木慶,楠真二,貞森拓磨,田邉優子,板井純治,志馬伸朗, 第45回日本救急医学会総会・学術集会, 2017年10月26日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 大阪
  10. 顔面外傷に対する気道確保戦略, 第28回広島救急初療研究会学術講演会, 2016年03月16日, 通常, 日本語
  11. 敗血症診断におけるPresepsinの有用性の検討, 鈴木 慶, 大下慎一郎 京 道人 小山和宏 田邉優子 稲川嵩紘  太田浩平 岩崎泰昌 廣橋伸之  谷川攻一, 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 東京
  12. 集中治療室から在宅医療へ:人工呼吸器離脱に難渋した呼吸不全患者に対して集中治療医による在宅往診が奏功した1例, 鈴木 慶, 木田 佳子 藤岡 泰博 古谷 和久 川本 純 大谷 直嗣 志馬 伸朗, 第33回日本集中治療医学会 中国四国地方会, 2016年02月20日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会中国四国支部, 広島
  13. 集中治療室から在宅医療へ:人工呼吸器離脱に難渋した呼吸不全患者に対して集中治療医による在宅往診が奏功した1例, 鈴木 慶, 木田 佳子 藤岡 泰博 古谷 和久 川本 純 大谷 直嗣 志馬 伸朗, 第33回日本集中治療医学会中四国地方会, 2016年02月20日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会中四国地方会, 広島