川合 智子TOMOKO KAWAI

Last Updated :2021/03/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
tss4hiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
〒739-8528 広島県東広島市鏡山1-4-4 生物圏科学研究科B棟411
TEL:082-424-7899 FAX:082-424-3741

基本情報

主な職歴

  • 2011年09月, 2012年10月, 第5期イノベーション創出若手研究人材養成事業, 研究員
  • 2013年04月, 2015年03月, 日本学術振興会, 特別研究員
  • 2015年04月, 2019年03月, 広島大学大学院生物圏科学研究科, 博士研究員
  • 2019年04月, 広島大学, 食品生命科学プログラム, 分子農学生命科学プログラム, 助教

学歴

  • 近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科, 2005年04月, 2009年03月
  • 広島大学 大学院生物圏科学研究科 博士課程前期, 生物資源科学専攻, 2009年04月, 2011年03月
  • 広島大学 大学院生物圏科学研究科 博士課程後期, 生物資源科学専攻, 2011年04月, 2015年03月

学位

  • 修士(農学) (広島大学)
  • 博士(農学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 分子農学生命科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 統合動物科学
  • 生物学 / 基礎生物学 / 動物生理・行動
  • 総合生物 / ゲノム科学 / ゲノム生物学
  • 農学 / 動物生命科学 / 動物生産科学

研究キーワード

  • 次世代生殖系
  • コミュニケーション
  • ゲノム制御
  • 生命現象
  • 生殖内分泌
  • 動物生理学

所属学会

  • 日本生殖内分泌学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本繁殖生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Peptidoglycan switches off the TLR2-mediated sperm recognition and triggers sperm localization in the bovine endometrium, Frontiers in Immunology, 2021
  2. Adverse effect of superoxide-induced mitochondrial damage in granulosa cells on follicular development in mouse ovaries, Free Radical Biology and Medicine, 2020
  3. Impact of lipopolysaccharide administration on luteinizing hormone/choriogonadotropin receptor (Lhcgr) expression in mouse ovaries, Journal of Reproductive Immunology, 142巻, pp. 103193, 2020
  4. Itaconate regulates the glycolysis/pentose phosphate pathway transition to maintain boar sperm linear motility by regulating redox homeostasis, Free Radical Biology and Medicine, 2020
  5. Pretreatment of ovaries with collagenase before vitrification keeps the ovarian reserve by maintaining cell-cell adhesion integrity in ovarian follicles, Scientific reports, 10巻, 6841号, 2020
  6. The proliferation of granulosa cells during ovarian follicular development ~the regulatory mechanisms and the physiological roles to acquire the responsible ability to ovulation stimuli~, Journal of Mammalian Ova Research, 37巻, 1号, 2020
  7. 卵の成熟と受精機構, がん生殖医療, 2020
  8. 卵胞直径の拡大で可能となる顆粒膜細胞のレチノイン酸合成がLH受容体発現を誘導, 日本生殖内分泌学会誌, 25巻, 2020
  9. TLR2/4 signaling pathway mediates sperm-induced inflammation in bovine endometrial epithelial cells in vitro, PLoS One, 14巻, 4号, 2019
  10. Gene Expression and Protein Synthesis in Mitochondria Enhance the Duration of High-Speed Linear Motility in Boar Sperm, Front Physiol, 12巻, 10号, pp. 252, 2019
  11. Mitochondrial protein turnover is critical for granulosa cell proliferation and differentiation in antral follicles, Journal of the Endocrine Society, 3巻, pp. 324-339, 2019
  12. Negative effects of ROS generated during linear sperm motility on gene expression and ATP generation in boar sperm mitochondria, Free Radic Biol Med, 15巻, 141号, pp. 159-171, 2019
  13. The Cell Type-Specific Expression of Lhcgr in Mouse Ovarian Cells: Evidence for a DNA-Demethylation-Dependent Mechanism, Endocrinology, 159巻, pp. 2062-2074, 2018
  14. Inductions of granulosa cell luteinization and cumulus expansion are dependent on the fibronectin-integrin pathway during ovulation process in mice, PLoS One, 13巻, 2018
  15. Creatine enhances the duration of sperm capacitation: a novel factor for improving in vitro fertilization with small numbers of sperm, Hum Reprod, 33巻, pp. 1117-1129, 2018
  16. The acceleration of reproductive aging in Nrg1flox/flox;Cyp19- Cre female mice, Aging cell, 16巻, pp. 1288-1299, 2017
  17. De Novo-Synthesized Retinoic Acid in Ovarian Antral Follicles Enhances FSH-Mediated Ovarian Follicular Cell Differentiation and Female Fertility, Endocrinology, 157巻, pp. 2160-2172, 2016
  18. 卵胞発育の生理: 卵胞発育と卵成熟, 臨床婦人科産科, 70巻, 12号, pp. 1110-1116, 2016
  19. Neuregulin 1 Regulates Proliferation of Leydig Cells to Support Spermatogenesis and Sexual Behavior in Adult Mice, Endocrinology, 157巻, pp. 4899-4913, 2016
  20. Targeted disruption of Nrg1 in granulosa cells alters the temporal progression of oocyte maturation, Mol Endocrinol, 28巻, pp. 706-721, 2014
  21. Endogenous acetaldehyde toxicity during antral follicular development in the mouse ovary, Reprod Toxicol, 33巻, pp. 322-330, 2012
  22. Adiponectin and its receptors modulate granulosa cell and cumulus cell functions, fertility, and early embryo development in the mouse and human, Fertil Steril, 98巻, pp. 471-479, 2012
  23. LH-induced neuregulin 1 (NRG1) type III transcripts control granulosa cell differentiation and oocyte maturation, Mol Endocrinol, 25巻, pp. 104-116, 2011

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ヒト円形精子細胞を用いたART成績向上のためのセルトリ細胞との共培養の研究に関する検討, 田中温、竹本洋一、田中威づみ、柳原康穂、山口貴史、永吉基、渡邉誠二、川合智子、島田昌之、板倉敦夫, 第65回日本生殖医学会, 2020年12月, 通常, 日本語, 東京
  2. 生殖細胞におけるミトコンドリアと細胞質,核の情報交換, 島田昌之、Zhu Z、川合智子, 第38回 日本受精着床学会, 2020年10月, 招待, 日本語, 福岡
  3. Lipopolysaccharides infusion into the uterus causes inflammation in the mammary gland., Fika Yuliza Purba, Tomoko Kawai, Masayuki Shimada, Takahiro Nii, Yukinori Yoshimura, Naoki Isobe, The 127th Annual Meeting of Japanese Society of Animal Science, 2020年03月, 通常, 英語, Kyoto
  4. 排卵前卵胞の顆粒膜細胞における大規模なゲノム構造の変化は、顆粒膜細胞の分化に重要である, 川合智子、Hoque SAM、Richards JS、島田 昌之, 第24回日本生殖内分泌学会学術集会, 2020年01月, 通常, 日本語, 東京
  5. 生命現象から垣間見る社会システム, 川合智子, 理化学研究所-広島大学 科技ハブ構想 連携ワークショップ, 2019年09月, 招待, 日本語, 神戸
  6. 卵巣構造に着目した新たなガラス化凍結保存法の開発, 川合智子,田中温,島田昌之 , 第37回 日本受精着床学会, 2019年08月, 通常, 日本語, 東京
  7. Dramatic epigenetic changes in the genome impact gene expression and the differentiation of ovarian granulosa cells, Tomoko Kawai, Hoque SAM, Richards JS, Masayuki Shimada, 52 th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2019年07月, 通常, 英語, San Jose, USA
  8. The pretreatment with collagenase before vitrification improves the ovarian reserve due to the maintenance of the cell-cell attachments with oocyte and granulosa cells, Tomoko Kawai, Masayuki shimada, the 35th ESHRE Annual Meeting, 2019年06月, 通常, 英語, Vienna, Austria
  9. Mitochondrial protein turnover is critical for granulosa cells proliferation and differentiation during the follicular development process, Hoque SAM, Tomoko Kawai, Zhendong Zhu, Masayuki Shimada, The 23th Japan Society of Reproductive Endocrinology, 2018年12月, 通常, 英語, Fukuoka
  10. The cell type-specific expression of Lhcgr in mouse ovarian cells during follicular development process: evidence for a DNA-demethylation dependent mechanism, Tomoko Kawai, Hoque SAM, Richards JS, Masayuki Shimada, 51 th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2018年07月, 通常, 英語, New Orleans, USA
  11. Sensing sperm by bovine uterine epithelial cells via TLR2 and TLR4 signaling pathway in vitro, Akio Miyamoto, Mohamed A Ezz, Ahmed E Elweza, Mohamed A Marey, Tomoko Kawai, Maike Heppelmann, Christiane Pfarrer, Kazuhiko Imakawa, Samy M Zaabel, Masayuki Shimada, 51 th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2018年07月, 通常, 英語, New Orleans, USA
  12. 卵分泌因子による卵胞内体細胞のエピジェネティック分化制御機構, 川合智子, Hoque SAM, 島田昌之, 第59回 日本卵子学会, 2018年05月, 通常, 日本語, 埼玉
  13. プロモーター領域にCpG配列を有する脂質代謝関連遺伝子のマウス周産期における発現変化, 眞鍋秀, 川合智子, 島田昌之, 矢中規之, 小櫃剛人, 杉野利久, 第124回 日本畜産学会, 2018年03月, 通常, 日本語, 東京
  14. 卵によるレチノイン酸合成機構の差異が卵胞内体細胞特異的なLH受容体発現を制御する, 川合智子, 藤田航平, Hoque SAM, 島田昌之, 第13回 日本生殖発生医学会, 2018年03月, 通常, 日本語, 東京
  15. 顆粒膜細胞/卵丘細胞特異的Calpain2 (CAPN2) 欠損マウスにおける卵成熟異常メカニズムの解析, 奥田哲司, 川合智子, 梅原崇, 島田昌之, 第90回日本生殖内分泌学会, 2017年12月, 通常, 日本語, 沖縄
  16. 二次卵胞からの卵胞発育期における顆粒膜細胞DNAプロモーター領域の大規模な脱メチル化誘導, 川合智子, 藤田航平, 島田昌之, 第62回 日本生殖医学会, 2017年11月, 通常, 日本語, 山口
  17. Pin1 functions during early cleavage division in mouse embryo, Yumi Hoshino, Takuma Miyamoto, Tomoko Kawai, Takafumi Uchida, Masayuki Shimada, 4 th World Congress of Reproductive Biology, 2017年09月, 通常, 英語, Okinawa, Japan
  18. CYP26b1-induced degradation of retinoic acid is essential for the differentiation of trophoblast cells, Tomoko Kawai, Masayuki Shimada, 50 th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2017年07月, 通常, 英語, Washington, USA
  19. The role of fibronectin accumulated within cumulus-oocyte complex in mouse oocyte maturation, Hiroya Kitasaka, Tomoko Kawai, Takashi Umehara, Noritaka Fukunaga, Yoshimasa Asada, Masayuki Shimada, European Society of Human Reproduction and Embryology, 2017年07月, 通常, 英語, Geneva, Switzerland
  20. 母性レチノールと胚性ゲノム活性化依存的レチノイン酸分解による初期胚発生制御, 川合智子, 島田昌之, 星野由美, 第58回 日本卵子学会, 2017年06月, 通常, 日本語, 沖縄
  21. 排卵過程で産生されるfibronectinの卵成熟に果たす役割, 北坂浩也, 川合智子, 梅原崇, 野老美紀子, 福永憲隆, 浅田義正, 島田昌之, 第58回 日本卵子学会, 2017年06月, 通常, 日本語, 沖縄
  22. プロリン異性化酵素Pin1は受精卵の卵割に機能する, 星野由美, 宮本拓真, 川合智子, 内田隆史, 島田昌之, 第39回 日本分子生物学会年会, 2016年12月, 通常, 日本語, 第39回 日本分子生物学会年会, 神奈川
  23. マウス顆粒層細胞の排卵応答能を獲得させるLhcgrプロモーター領域のDNA脱メチル化誘導機構, 川合智子, 星野由美, 島田昌之, 第109回 日本繁殖生物学会, 2016年09月, 通常, 日本語, 神奈川
  24. プロリン異性化酵素Pin1による着床前初期胚発生に果たす役割, 星野由美, 川合智子, 内田隆史, 島田昌之, 第34回 日本受精着床学会, 2016年09月, 通常, 日本語, 長野
  25. Cell type-specific demethylation of LH Receptor (Lhcgr) promoter regions facilitates FSH mediated induction of Lhcgr in murine granulosa cells of preovulatory follicles, Tomoko Kawai, Richards JS, Masayuki Shimada, 49 th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2016年07月, 通常, 英語, San Diego, USA
  26. 卵子の形成・成熟、受精後の初期胚発生過程におけるプロリン異性化酵素Pin1の発現と機能., 星野由美, 川合智子, 内田隆史, 島田昌之, 第57回 日本卵子学会, 2016年05月, 通常, 日本語, 新潟
  27. 卵胞発育期におけるLH 受容体発現のレチノイン酸を介したエピジェネティック制御機構, 川合智子, 島田昌之, 第32回 日本受精着床学会, 2014年07月, 通常, 日本語, 東京
  28. Retinoic acid regulates methylation of the promoter and expression of Lhcgr granulosa cells during follicular development., Tomoko Kawai, Noriyuki Yanaka, Yasuhisa Yamashita, Richards JS, Masayuki Shimada, 47 th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2014年07月, 通常, 英語, Michigan, USA
  29. Metabolomics analysis of human embryo cultured media for the discovery of a marker judging good quality embryo, Tetsunori Mukaida, Tomoko Kawai, Masayuki Shimada, Katsuhiko Takahashi, 68 th Annual Meeting of American Society for Reproductive Medicin, 2012年10月, 通常, 英語, California, USA
  30. 内夾膜細胞および顆粒膜細胞におけるレチノイン酸合成経路が卵胞発育と成熟におよぼす役割, 川合智子, Richards JS, 島田昌之, 第30回 日本受精着床学会, 2012年08月, 通常, 日本語, 大阪
  31. ヒト調節卵巣刺激周期における顆粒膜細胞のAdiponectin受容体(ADIPOR1,2)の発現動態と卵成熟能との関係, 川合智子, 田畑慧, 渡辺浩彦, Richards JS, 島田昌之, 第29回 日本受精着床学会, 2011年09月, 通常, 日本語, 東京
  32. The Expression of Acetaldehyde Dehydrogenase (ALDH) Type 1 Family Members Is Required to Decrease of Endogenous Acetaldehyde Toxicity During Ovarian Follicular Development in Mouse and Human, Masayuki Shimada, Tomoko Kawai, Ikko Kawashima, Richards JS, Youko Fujita, Chiaki Ikeda, Hiroaki Negishi., 44 th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2011年07月, 通常, 英語, Portland, USA
  33. 卵胞発育期に顆粒膜細胞で発現するToll-like Receptor(TLR)2/4の生理的役割, 田畑慧, 川合智子, 山口剛史, 渡辺浩彦, 森崇英, Richards JS, 島田昌之, 第52回 日本卵子学会, 2011年05月, 通常, 日本語, 栃木
  34. 卵胞発育・排卵過程の顆粒膜細胞におけるToll-like receptor familyの発現とその機能解析, 田畑慧, 川合智子, 下中麻奈美, 島田昌之, Zhilin Liu, Richards JS, 石川弘伸, 渡邉浩彦, 森崇英, 第55回 日本生殖医学会,, 2010年11月, 通常, 日本語, 徳島
  35. 顆粒膜細胞に発現するALDH1 familyが産生されるアセトアルデヒドを分解し, 排卵前卵胞への発育を促進する, 川合智子, 川島一公, Zhilin Liu, 藤田陽子, 根岸広明, Richards JS, 島田昌之, 第51回 日本卵子学会, 2010年05月, 通常, 日本語, 新潟
  36. 卵胞発育過程に産生されるアセトアルデヒドのアポトーシス誘導作用とアセトアルデヒド脱水素酵素 (ALDH) 発現の意義, 川合智子, 川島一公, Zhilin Liu, 藤田陽子, 根岸広明, Richards JS, 島田昌之, 第5回 日本生殖再生医学会, 2010年03月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2020年, 広島大学 統合生命科学研究科奨励賞
  2. 2020年, 第24回 日本生殖内分泌学会 学術奨励賞
  3. 2019年, 第37回 日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞
  4. 2018年, 51st Society for the Study of Reproduction Annual Meeting Best international abstract award
  5. 2018年, 第59回 日本卵子学会 学術奨励賞
  6. 2014年, 第32回 日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞
  7. 2010年, 第51回 日本卵子学会 学術奨励賞
  8. 2009年, 近畿大学 学部長賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 広島大学統合生命科学研究科奨励賞, 2020年07月, 2021年03月
  2. 広島大学特定共同研究助成 マツダ(株)技術研究所, 2019年10月, 2020年03月
  3. 日本学術振興会特別研究員DC2, 2013年04月, 2015年03月

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 県立広島大学 総合学術研究科 生命システム科学専攻 セミナー, 県立広島大学, 2020年/12月/07日, 庄原市, セミナー・ワークショップ
  2. 陸・海・食のサイエンスセミナー, 広島大学, 2019年/12月/23日, 東広島, セミナー・ワークショップ
  3. 受託研究員の受入(大分県農林水産研究指導センター), 2019年/08月/26日, 2019年/09月/06日, 東広島, 助言・指導