青木 志郎SHIRO AOKI

Last Updated :2021/07/27

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
shirouhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
脳卒中の治療、予防に従事しております。

基本情報

主な職歴

  • 2003年05月16日, 2003年09月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 2003年10月01日, 2003年12月31日, 広島大学, 医学部・歯学部附属病院, 医員(研修医)
  • 2004年01月01日, 2004年03月31日, 翠清会梶川病院, 医師
  • 2004年04月01日, 2005年03月31日, 広島大学, 病院, 医員(研修医)
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 脳神経センター大田記念病院, 医師
  • 2007年04月01日, 2012年06月30日, 広島大学, 病院高度救命救急センター, 医科診療医
  • 2012年07月01日, 2013年06月30日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 特任助教
  • 2013年07月01日, 広島大学, 病院, 助教

学歴

  • 広島大学大学院, 脳神経内科, 日本, 2007年04月, 2011年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1997年04月, 2003年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 神経内科学

研究キーワード

  • 脳血管障害 / 脳循環代謝 / 脳神経内科

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本神経学会
  • 日本脳卒中学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  4. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. アテローム血栓症のリスク評価, Vascular Lab., 4巻, pp. 610-613, 2007
  2. 経口腔頸部血管超音波検査 (Transoral Carotid Ultrasonography)の有用性, 広島医学, 61巻, pp. 563-566, 2008
  3. 病型別に見た初発神経症状の頻度, 脳卒中データバンク2009, 2009
  4. 非根治成人ファロー四徴症に合併した奇異性脳塞栓症の1例, 脳卒中, 31巻, 2号, pp. 122-126, 20090325
  5. 肺動静脈瘻および卵円孔開存の2経路併存した奇異性脳塞栓症の1例, 広島医学, 62巻, pp. 496-500, 2010
  6. 発熱、クモ膜下出血が先行した感染性心内膜炎の1例 アトピー性皮膚炎を誘因として, 広島医学, 63巻, pp. 674-679, 2010
  7. Positional Relationship between Recurrent Intracerebral Hemorrhage/Lacunar Infarction and Previously Detected Microbleeds, AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY, 31巻, 8号, pp. 1498-1503, 201009
  8. 脳梗塞発症予防へのトータルリスクマネージメント, 28巻, pp. 633-637, 2011
  9. 80歳以上の患者に対する高血圧治療 (HYVET)/ 超高齢高血圧患者の臨床試験での認知機能評価 (HYVET-COG)における認知症発症と血圧低下の関係, 血栓と循環, 19巻, pp. 487-489, 2011
  10. 延髄吻側腹外側野と高血圧, 神経内科, 75巻, pp. 124-128, 2011
  11. 悪性腫瘍を合併した高齢脳梗塞症例の特徴, 日本老年医学会雑誌, 48巻, pp. 57-62, 2011
  12. Blood pressure variability and prognosis in acute ischemic stroke with vascular compression on the rostral ventrolateral medulla (RVLM), HYPERTENSION RESEARCH, 34巻, 5号, pp. 617-622, 201105
  13. Association of Serum Anti-Periodontal Pathogen Antibody with Ischemic Stroke, CEREBROVASCULAR DISEASES, 34巻, 5-6号, pp. 385-392, 2012
  14. Cancer-associated ischemic stroke is associated with elevated d-dimer and fibrin degradation product levels in acute ischemic stroke with advanced cancer, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 12巻, 3号, pp. 468-474, 201207
  15. Alpha2-macroglobulin as a promising biomarker for cerebral small vessel disease in acute ischemic stroke patients, JOURNAL OF NEUROLOGY, 260巻, 10号, pp. 2642-2649, 201310
  16. The Association between Hyperintense Vessel Sign and Final Ischemic Lesion Differ in Its Location, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 23巻, 6号, pp. 1337-1343, 201407
  17. Safety Evaluation of Substituting Clopidogrel for Ticlopidine in Japanese Patients with Ischemic Stroke-Hiroshima Ticlopidine, Clopidogrel Safe Exchange Trial, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 23巻, 6号, pp. 1485-1490, 201407
  18. 一過性脳虚血発作, Diabetes Frontier, 26巻, pp. 281-285, 2015
  19. 超急性期脳梗塞治療の変遷, 日本医時新報, 4743巻, pp. 55-55, 2015
  20. 多職種参加型嚥下チームによるアプローチの試み, 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌, 36巻, pp. 62-66, 2015
  21. Changes over Time in Intracranial Air in Patients with Cerebral Air Embolism: Radiological Study in Two Cases, CASE REPORTS IN NEUROLOGICAL MEDICINE, 2015
  22. CD34+/CD144+Circulating Endothelial Cells as an Indicator of Carotid Atherosclerosis, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 3号, pp. 583-590, 201503
  23. Endothelial dysfunction is associated with the severity of cerebral small vessel disease, HYPERTENSION RESEARCH, 38巻, 4号, pp. 291-297, 201504
  24. Effects of Meteorological Conditions on the Risk of Ischemic Stroke Events in Patients Treated with Alteplase-HEWS-tPA, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 7号, pp. 1500-1505, 201507
  25. Telomere G-tail Length is a Promising Biomarker Related to White Matter Lesions and Endothelial Dysfunction in Patients With Cardiovascular Risk: A Cross-sectional Study, EBIOMEDICINE, 2巻, 8号, pp. 960-967, 201508
  26. The Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke (J-STARS): A Multicenter, Randomized, Open-label, Parallel-group Study, EBIOMEDICINE, 2巻, 9号, pp. 1071-1078, 201509
  27. A Case of Recurrent Ischemic Stroke Involving Subacute, Progressive Intracranial Cerebral Arterial Sclerosis Prior to Diagnosis with JAK2-mutated Polycythemia Vera, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 12号, pp. E4-E6, 201512
  28. Multicenter Study of Intravenous Recombinant Tissue Plasminogen Activator Infusion around Hiroshima, Japan: The Hiroshima Acute Stroke Retrospective and Prospective Registry Study, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 12号, pp. 2747-2753, 201512
  29. Greater Severity of Neurological Defects in Women Admitted With Atrial Fibrillation-Related Stroke, CIRCULATION JOURNAL, 80巻, 1号, pp. 250-+, 201512
  30. Carotid Intima-Media Thickness for Atherosclerosis, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 23巻, 1号, pp. 18-31, 2016
  31. The Multidisciplinary Swallowing Team Approach Decreases Pneumonia Onset in Acute Stroke Patients, PLOS ONE, 11巻, 5号, 20160503
  32. Temporal Trends in Stroke Severity and Prior Antithrombotic Use Among Acute Ischemic Stroke Patients in Japan, CIRCULATION JOURNAL, 80巻, 9号, pp. 2033-2036, 201609
  33. Warfarin-Resistant Deep Vein Thrombosis during the Treatment of Acute Ischemic Stroke in Lung Adenocarcinoma, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 25巻, 9号, pp. E141-E145, 201609
  34. 脳卒中既往高血圧患者におけるシルニジピンを用いた降圧療法による安全性と血圧管理について ―CA—ATTEND 研究における家庭血圧について―, 薬理と治療, 44巻, 11号, pp. 1567-1580, 201611
  35. Blood pressure control with cilnidipine treatment in Japanese post-stroke hypertensive patients: The CA-ATTEND study, CLINICAL AND EXPERIMENTAL HYPERTENSION, 39巻, 3号, pp. 225-234, 2017
  36. Various meteorological conditions exhibit both immediate and delayed influences on the risk of stroke events: The HEWS-stroke study, PLOS ONE, 12巻, 5号, 20170602
  37. 脳幹に特異な造影効果をみとめ、当初脳幹部腫瘍が疑われた1例, 広島医学, 71巻, 5号, pp. 455-460, 2018
  38. Pravastatin Reduces the Risk of Atherothrombotic Stroke when Administered within Six Months of an Initial Stroke Event, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 3号, pp. 262-268, 2018
  39. Blood Pressure Variability in Acute Ischemic Stroke: Influence of Infarct Location in the Insular Cortex, EUROPEAN NEUROLOGY, 79巻, 1-2号, pp. 90-99, 2018
  40. Alpha-2-macroglobulin as a Promising Biological Marker of Endothelial Function, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 4号, pp. 350-358, 2018
  41. Factors Associated with Intima-Media Complex Thickness of the Common Carotid Artery in Japanese Noncardioembolic Stroke Patients with Hyperlipidemia: The J-STARS Echo Study, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 4号, pp. 359-373, 2018
  42. Effects of Cilnidipine, an L/N-Type Calcium Channel Blocker, on Carotid Atherosclerosis in Japanese Post-Stroke Hypertensive Patients: Results from the CA-ATTEND Study, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 6号, pp. 490-504, 2018
  43. Controlling nutritional status score for predicting 3-mo functional outcome in acute ischemic stroke, NUTRITION, 55-56巻, pp. 1-6, 2018
  44. Long-Term Effect of Pravastatin on Carotid Intima-Media Complex Thickness The J-STARS Echo Study (Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke), STROKE, 49巻, 1号, pp. 107-+, 201801
  45. Desirable Low-Density Lipoprotein Cholesterol Levels for Preventing Stroke Recurrence A Post Hoc Analysis of the J-STARS Study (Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke), STROKE, 49巻, 4号, pp. 865-+, 201804
  46. Antithrombotic Therapy Strategy for Cancer-Associated Ischemic Stroke: A Case Series of 26 Patients, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 27巻, 9号, pp. E206-E211, 201809
  47. Screening for Fabry Disease in Japanese Patients with Young-Onset Stroke by Measuring alpha-Galactosidase A and Globotriaosylsphingosine, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 27巻, 12号, pp. 3563-3569, 201812
  48. Steroid-responsive Nivolumab-induced Involuntary Movement with Anti-thyroid Antibodies, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 24号, pp. 3577-3581, 2019
  49. 脳梗塞発症および予後予測因子としての歯周病菌抗体価の意義, Medical Science Digest, 45巻, 3号, pp. 136-139, 20190325
  50. Baseline Carotid Intima-Media Thickness and Stroke Recurrence During Secondary Prevention With Pravastatin, STROKE, 50巻, 6号, pp. 1586-1589, 201906
  51. Warm Front Passage on the Previous Day Increased Ischemic Stroke Events, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 28巻, 7号, pp. 1873-1878, 201907
  52. 摂食嚥下障害ケア(医師), Monthly Book Medical Rehabilitation, 238巻, pp. 9-13, 20190715
  53. 分娩時に脳出血を発症し、頭部MRIとTC-CFIによるフォローを行ったRCVSの1例, 脳卒中, 41巻, 5号, pp. 380-384, 20190925
  54. 院内発症脳卒中症例の臨床的特徴と課題, 広島医学, 72巻, 10号, pp. 433-439, 20191028
  55. Effect of Standard vs Intensive Blood Pressure Control on the Risk of Recurrent Stroke A Randomized Clinical Trial and Meta-analysis, JAMA NEUROLOGY, 76巻, 11号, pp. 1309-1318, 201911
  56. Different Influences of Statin Treat en in Preventing At-Risk Stroke Subtypes A Post Hoc Analysis of J-STARS, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 27巻, 5号, pp. 449-460, 2020
  57. Effect of Statin on Stroke Recurrence Prevention at Different Infarction Locations: A Post Hoc Analysis of The J-STARS Study, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 27巻, 6号, pp. 524-533, 2020
  58. 抗 leucine-rich glioma-inactivated 1 protein(LGI1)抗体陽性辺縁系脳炎の 1 例:発作時脳波活動と脳血流動態の病態指標としての可能性, 臨床神経学, 2020
  59. Increased blood pressure variability during the subacute phase of ischemic stroke is associated with poor functional outcomes at 3 months, SCIENTIFIC REPORTS, 10巻, 1号, 20200121
  60. Effect of tooth loss and nutritional status on outcomes after ischemic stroke, NUTRITION, 71巻, 202003
  61. Increased blood pressure variability during the subacute phase in patients with ischemic stroke presenting with a low ankle-brachial index, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 20巻, 5号, pp. 448-454, 202005
  62. Serum immunoglobulin G antibody titer to Fusobacterium nucleatum is associated with unfavorable outcome after stroke, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 200巻, 3号, pp. 302-309, 202006
  63. Conus Medullaris Infarction Involving the Paraspinal Muscles and Nerve Roots, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 29巻, 8号, 202008
  64. Serum IgG titers to periodontal pathogens predict 3-month outcome in ischemic stroke patients, PLOS ONE, 15巻, 8号, 20200806
  65. Prognostic role of the controlling nutritional status score in acute ischemic stroke among stroke subtypes, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 416巻, 20200915
  66. Association between periodontal disease due to Campylobacter rectus and cerebral microbleeds in acute stroke patients, PLOS ONE, 15巻, 10号, 20201008
  67. Serum IgG titers against periodontal pathogens are associated with cerebral hemorrhage growth and 3-month outcome, PLOS ONE, 15巻, 10号, 20201028
  68. Effects of vascular compression on the rostral ventrolateral medulla for blood pressure variability in stroke patients, JOURNAL OF HYPERTENSION, 38巻, 12号, pp. 2443-2450, 202012
  69. cnm-Positive Streptococcus mutans and diffusion-weighted imaging hyperintensities in acute intracerebral hemorrhage, EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY, 28巻, 5号, pp. 1581-1589, 202105
  70. Socio-economic impact on epilepsy outside of the nation-wide COVID-19 pandemic area, EPILEPSY & BEHAVIOR, 117巻, 202104
  71. Giant Cell Arteritis with Internal Carotid Artery Occlusion in the Absence of Typical Clinical Features, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 8号, pp. 1293-1297, 202104
  72. Rapid ping-pong eye deviation following a recovery from carbon dioxide narcosis, BMJ CASE REPORTS, 14巻, 3号, 202103

著書等出版物

  1. 2009年, 高血圧診療ハンドブック, 脳血管障害の治療, 羊土社, 2009年, 単行本(学術書), 共著, 青木志郎、大槻俊輔、松本昌泰
  2. 2012年, 脳梗塞の予防と再発防止 改定3版, 脳梗塞の危険因子と予防, 医薬ジャーナル社, 2012年, 単行本(学術書), 共著
  3. 2013年, TIA (一過性脳虚血発作)急性期医療の実際, TIAの病態, 診断と治療社, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 青木志郎、細見直永、松本昌泰
  4. 2014年07月20日, 最新臨床脳卒中学(上), 脳卒中慢性期の内科治療, 日本臨牀社, 2014年, 7, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 735, 703-708
  5. 2014年10月20日, 最新臨床脳卒中学(下), 一過性脳虚血発作の治療, 日本臨牀社, 2014年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 711, 279-282
  6. 2014年12月01日, カレントテラピー, 一過性脳虚血発作の危険因子と初期管理, ライフメディコム, 2014年, 12, 単行本(学術書), 共著
  7. 2015年, 神経疾患最新の治療 2015-2017, 一過性脳虚血発作 (TIA), 南江堂, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  8. 2017年04月07日, 内科学 (第11版), 高血圧性脳症, 朝倉書店, 2017年, 04, 教科書, 共著
  9. 2019年10月05日, かんテキ 脳神経, メディカ出版, 2019年, 10, 教科書, 共編著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Idiopathic lumbosacral plexopathyの一例, 青木志郎、宮地隆文、川瀬佳代子、森川健、亀井英一、丸山博文、三森康世、松本昌泰, 第56回広島医学会総会, 2003年11月, 通常, 日本語, 広島
  2. 出血性梗塞となったラクナ梗塞2例についての検討, 青木志郎、井上勲、松浦大輔、末田芳雅、河野智之、北恵詩穂里、森本展年、高松和弘, 第21回広島脳血管障害研究会, 2005年07月, 通常, 日本語
  3. 脳梗塞を合併したANCA関連血管炎の1例, 第79回日本神経学会中国・四国地方会, 2005年11月, 通常, 日本語
  4. 視床梗塞にて同側のHorner症候群と対側のAtaxic hemiparesisをきたした1例, 青木志郎、井上勲、松浦大輔、末田芳雅、河野智之、北恵詩穂里、森本展年、高松和弘, 第79回日本神経学会中国・四国地方会, 2005年11月, 通常, 日本語
  5. 脳卒中急性期・慢性期における血圧管理の現状, 青木志郎、井上勲、福嶋朋子、松浦大輔、末田芳雅、河野智之、北恵詩穂里、森本展年、高松和弘、大田浩右, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年03月, 通常, 日本語
  6. 血後のReversible Posterior leukoencephalopathy syndrome/脳血管収縮症例の検討, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年03月19日, 通常, 日本語
  7. 延髄外側梗塞による嚥下障害一急性期を中心とした臨床像の検討一, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年03月20日, 通常, 日本語
  8. A Comparable Study of Favorable and Unfavorable Warfarin Controlled Groups for Cerebral Infarction, Aoki S, Takamatsu K, Goto K, Fukushima T, Ohta K, 第3回日韓脳卒中会議, 2006年11月15日, 通常, 英語
  9. 多発性骨髄腫に対する化学療法後に両側小脳歯状核病変をきたした1例, 第81回日本神経学会中国・四国地方会, 2006年12月, 通常, 日本語
  10. 低ナトリウム血症を伴った髄膜炎の3例, 第81回日本神経学会中国・四国地方会, 2006年12月, 通常, 日本語
  11. 排尿困難にて発症し髄液HTLV-1抗体が陽性であった脊髄硬膜動静脈瘻の一例, 青木志郎、倉重毅志、名古谷章子、高橋幸治、高松和弘、大田信三、後藤勝弥, 第81回日本神経学会中国・四国地方会, 2006年12月, 通常, 日本語
  12. 発症2時間以内に来院した超急性期脳梗塞患者に対する当院の治療内容の現状, 青木志郎、高松和弘、福嶋朋子、高橋幸治、名古谷章子、倉重毅志、大田浩右, 第32回日本脳卒中学会総会, 2007年03月, 通常, 日本語
  13. 非根治成人ファロー四徴症に合併した奇異性脳塞栓症の一例, 青木志郎、得能令子、宍戸丈郎、野村栄一、大槻俊輔、郡山達男、松本昌泰, 第9回中国四国脳卒中研究会, 2007年09月, 通常, 日本語
  14. 血性髄液を認めIVIgが有効であったニューロパチーを伴った急性散在性脳脊髄炎(ADEM-N)の一例, 青木志郎、末田芳雅、越智一秀、大槻俊輔、郡山達男、松本昌泰, 第8回広島神経免疫セミナー, 2008年04月, 通常, 日本語
  15. 血性髄液を認めIVIgが有効であったニューロパチーを伴った急性散在性脳脊髄炎の一例, 青木志郎、末田芳雅、越智一秀、大槻俊輔、郡山達男、松本昌泰, 第84回日本神経学会中国・四国地方会, 2008年07月, 通常, 日本語
  16. Effect of Arterial Compression onto Rostral Ventrolateral Medulla on Blood Pressure Variation in Acute Infratentorial Ischemic Stroke, Aoki S, Ohtsuki T, Nomura E, Sueda Y, Kono T, Kohriyama T, Matsumoto M, 6th World Stroke Congress, 2008年09月20日, 通常, 英語
  17. 急性期脳梗塞の血圧変動と予後についての検討 -吻側延髄腹外側(RVLM)への血管圧迫の関与-, 青木志郎、大槻俊輔、細見直永、末田芳雅、石原佳代子、河野智之、山脇健盛、松本昌泰, 第51回日本神経学会総会, 2010年05月, 通常, 日本語
  18. 急性期脳梗塞における血圧変動と転帰 -吻側延髄腹外側(RVLM)への血管圧迫の影響-, 青木志郎、大槻俊輔、細見直永、末田芳雅、河野智之、大下智彦、山脇健盛、松本昌泰, 第22回日本脳循環代謝学会総会, 2010年11月, 通常, 日本語
  19. Relationship between Blood Pressure Variability and Prognosis in Acute Ischemic Stroke Patients with Vascular Compression on the Rostral Ventrolateral Medulla (RVLM), Aoki S, Ohtsuki T, Hosomi N, Sueda Y, Kono T, Yamawaki T, Matsumoto M, 20th European Stroke Conference, 2011年05月25日, 通常, 英語
  20. t-PA静注療法の現状に対する多施設共同研究 -HARP Registry Study-, 青木志郎、細見直永、大槻俊輔、山脇健盛、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第26回広島脳卒中フォーラム, 2011年06月, 通常, 日本語
  21. 歯周病菌感染症と脳梗塞の関係(第2報), 青木志郎、細見直永、納谷貴之、大北弘幸、向井麻央、大槻俊輔、山脇健盛、河野雅和、松本昌泰, 第36回日本脳卒中学会総会, 2011年07月, 通常, 日本語
  22. t-PA静注療法に対する多施設共同研究(HARP Registry Study) -年齢別の検討-, 青木志郎、細見直永、大槻俊輔、河野智之、末田芳雅、山脇健盛、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第23回日本老年医学会中国地方会, 2011年11月, 通常, 日本語
  23. t-PA静注療法に対する広島県を中心とした多施設共同研究 -HARP Registry Study-, 青木志郎、細見直永、大槻俊輔、河野智之、末田芳雅、山脇健盛、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第37回日本脳卒中学会総会, 2012年04月, 通常, 日本語
  24. 広島県を中心とした急性期脳梗塞症例に対する多施設共同研究(HARP Registry Study), 青木志郎、細見直永、大槻俊輔、河野智之、末田芳雅、山脇健盛、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第53回日本神経学会学術大会, 2012年05月, 通常, 日本語
  25. t-PA静注療法症例に対する多施設共同研究 - HARP Registry Study -, 青木志郎、細見直永、大槻俊輔、河野智之、末田芳雅、山脇健盛、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第34回日本血栓止血学会学術集会, 2012年06月, 通常, 日本語
  26. t-PA静注療法症例における血圧変動と転帰の関係(HARP Registry Study), 青木志郎、細見直永、末田芳雅、河野智之、大槻俊輔、山脇健盛、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第38回日本脳卒中学会総会, 2013年03月, 通常, 日本語
  27. 広島県における心原性脳塞栓症に対するt-PA治療の現状 -HARP Registry Study-, 青木志郎、細見直永、末田芳雅、河野智之、大槻俊輔、丸山博文、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第25回日本脳循環代謝学会総会, 2013年11月, 通常, 日本語
  28. The consideration of the patients with TIA mimics in our hospital, Aoki S, Hosomi N, Nezu T, Kubo S, Ohtsuki T, Maruyama H, Matsumoto M, International TIA/ACVS Conference, 2013年11月20日, 通常, 英語
  29. The multidisciplinary participatory swallowing team approach significantly decreased the rate of pneumonia in acute stroke patients, Shiro Aoki, Naohisa Hosomi, Junko Hirayama, Masahiro Nakamori, Tomohisa Nezu, Satoshi Kubo, Kazuhide Ochi, Hiromi Yamamoto, Hirohumi Maruyama, Masayasu Matsumoto, World stroke congress 2015, 2014年10月22日, 通常, 英語
  30. 多職種参加型嚥下チームの介入は急性期脳卒中患者の肺炎発症率を有意に減少させる, 青木志郎、細見直永、平山順子、祢津智久、中森正博、久保智司、越智一秀、山本裕美、丸山博文、松本昌泰, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月27日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会, 広島
  31. 入院時血中BUNはt-PA静注療法の転帰予測因子となりうる -HARP Registry Study-, 青木志郎、細見直永、末田芳雅、河野智之、中森正博、下村怜、丸山博文、松本昌泰、HARP Registry Study Group, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月28日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会
  32. 脳血管障害既往患者におけるL/N型Caチャネル拮抗薬シルニジピンの有効性・安全性および動脈硬化指標(IMT)に関する検討(CA-ATTEND), 青木 志郎、細見 直永、祢津 智久、松本 昌泰、手嶋 司、杉井 均視、永濱 忍、黒瀬 由喜, 第38回日本高血圧学会総会, 2015年10月09日, 通常, 日本語
  33. Characteristics and patterns of acute ischemic lesions in intracerebral hemorrhage, Shiro Aoki, Naohisa Hosomi, Tomohisa Nezu, Mutsuko Araki, Hayato Matsushima, Ryo Shimomura, Naoto Kinoshita, Hirofumi Maruyama, World Congress of Neurology 2017, 2017年09月17日, 通常, 英語
  34. 歯周病菌血清IgG抗体価は脳出血患者の3ヶ月転帰を予測する, 第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年03月15日, 通常, 日本語
  35. 血清IgG歯周病菌抗体価は脳梗塞患者の転帰予測因子となりうる, 青木志郎、細見直永、西裕美、中森正博、祢津智久、下村怜、荒木睦子、木下直人、丸山博文, 第43回日本脳卒中学会総会, 2018年03月15日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会, 福岡
  36. 急性期中大脳動脈解離に対してステント留置術を行い良好な転帰を得た1例, 第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年03月16日, 通常, 日本語
  37. 経頭蓋カラードプラー法が血管攣縮評価に有用であった出産時に発症した可逆性血管攣縮症候群の1例, 第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年03月16日, 通常, 日本語
  38. CONUT scoreは急性期脳梗塞患者の 3 ヶ月後の機能的予後を予測する, 第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月24日, 通常, 日本語
  39. 若年性脳卒中患者におけるFabry病スクリーニングおよび遺伝学的検査の検討, 第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月25日, 通常, 日本語
  40. 難治性てんかんを疑わせ,ステロイドが奏功した遷延性橋本脳症の 1 例, 第30回日本老年医学会中国地方会, 2018年11月17日, 通常, 日本語
  41. 高度の失調を呈しステロイドが著効したnivolumab関連橋本脳症と考えられる一例, 第105回日本神経学会中国・四国地方会, 2018年12月01日, 通常, 日本語
  42. 延髄吻側外側野への血管圧迫は脳梗塞患者の亜急性期血圧変動に影響する, 第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  43. 急性期脳梗塞患者における亜急性期の血圧変動は3ヶ月後転帰と関連する, 第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  44. 歯の欠損数と栄養状態 脳梗塞の転帰について, 第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  45. 水痘-帯状疱疹ウイルス血管症が原因と考えられたPICA閉塞による小脳梗塞の1例, 第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年03月22日, 通常, 日本語
  46. ‌急性期脳梗塞患者における亜急性期血圧変動はABI低値に独立して 3 ヶ月後転帰と関連する, 第60回日本神経学会学術大会, 2019年05月22日, 通常, 日本語
  47. 左房粘液腫により塞栓性脳梗塞を繰り返した1例, 第38回日本脳神経超音波学会, 2019年06月07日, 通常, 日本語
  48. 抗GABA受容体抗体関連脳炎におけるASLおよびMRS所見の経時的変化, 第106回日本神経学会中国・四国地方会, 2019年06月29日, 通常, 日本語
  49. 強皮症腎クリーゼによりPRESを発症した53歳女性例, 第106回日本神経学会中国・四国地方会, 2019年06月29日, 通常, 日本語
  50. 典型的な臨床症状を欠き短期間で左内頚動脈閉塞に至った巨細胞性動脈炎の1例, 第121回日本内科学会中国地方会, 2019年10月05日, 通常, 日本語
  51. 傍脊柱筋、神経根、椎体病変を合併した脊髄円錐梗塞の一例, 第107回日本神経学会中国・四国地方会, 2019年12月07日, 通常, 日本語
  52. 悪性腫瘍関連脳梗塞における血液マーカーと短期予後, 第45回日本脳卒中学会学術集会, 2020年08月25日, 通常, 日本語
  53. 髄液βhCGが上昇しており,当初germinomaと診断加療されていたIgG4関連下垂体炎の1例, 第123回日本内科学会中国地方会, 2020年10月30日, 通常, 日本語
  54. Utility of MR spectroscopy for progression of neurological symptoms in penetrating artery territory infarction, ESO-WSO 2020 Conference, 2020年11月07日, 通常, 英語
  55. 多発性骨髄腫に対しポマリドミドで加療中に発症した進行性多巣性白質脳症の70歳女性例, 第108回日本神経学会中国・四国地方会, 2020年12月05日, 通常, 日本語
  56. 脳梗塞の病型診断の重要性, 第46回日本脳卒中学会学術集会, 2021年03月11日, 通常, 日本語
  57. 類もやもや病を疑う血管閉塞を合併したSpondyloenchondrodysplasia with immune dysregulationの1例, 第124回日本内科学会中国地方会, 2021年06月20日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2018年03月16日, 第43回日本脳卒中学会学術集会 学会賞, 日本脳卒中学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 歯周病菌抗体価は脳梗塞の発症および転帰を予測できるか?, 2017年04月, 2019年03月
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 歯周病菌感染は脳卒中の発症および予後予測因子となりうるか?, 2021年04月, 2024年03月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 脳卒中医療体制検討特別委員会委員, 2017年05月, 2018年03月, 広島県地域保健対策協議会
  2. 脳卒中医療体制検討特別委員会委員, 2018年09月, 2019年03月, 広島県地域保健対策協議会
  3. 脳卒中医療体制検討特別委員会委員, 2020年01月, 2020年03月, 広島県地域保健対策協議会
  4. 脳血管内治療における救急医療体制(病院前救護)検討部会委員, 2019年01月, 2019年03月, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  5. 脳血管内治療における救急医療体制(病院前救護)検討部会委員, 2020年02月, 2020年03月, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  6. 脳血管内治療における救急医療体制(病院前救護)検討部会委員, 2020年08月, 2021年03月, 広島市連合地区地域保健対策協議会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第8回広島脳卒中市民シンポジウム, 広島県における脳卒中救急診療 tPA/HARP研究について, 2011年/12月, 2011年/12月, パネリスト, 講演会, 社会人・一般
  2. 第1回疾病管理ナース育成セミナー, 脳卒中の病態と治療, 2014年/10月/04日, 2014年/10月/04日, 広島大学保健学科棟, 講師, 講演会, 社会人・一般
  3. ふくやま Care AF 講演会, 広島県における心原性脳塞栓症に対する t-PA治療の現状 (HARP Registry Study), 2014年/10月/07日, 2014年/10月/07日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  4. 第12回広島脳卒中市民シンポジウム, 脳卒中急性期におけるチーム医療の効果 ー多職種連携の重要性ー, 2015年/12月/20日, 2015年/12月/20日, パネリスト, 講演会, 社会人・一般
  5. 第15回未病フォーラム広島, 脳卒中の基礎知識, 2016年/12月/03日, 2016年/12月/03日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  6. 不整脈・脳梗塞セミナー, 2016年/12月/11日, 2016年/12月/11日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  7. 第14回広島県脳卒中市民シンポジウム, 軽症脳卒中の見つけ方とその重要性について, 2017年/12月/10日, 2017年/12月/10日, パネリスト, 講演会, 社会人・一般
  8. 第6回STROKE連携カンファレンス, 脳梗塞をめぐる最新の話題ー治療から予防までー, 2018年/07月/18日, 2018年/07月/18日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  9. 広島県回復期リハビリテーションの会 令和元年度 第二回研修会, 失語症の基礎知識, 2020年/12月/04日, 2020年/12月/04日, 講師, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, International Journal of Stroke, その他, 1
  2. 2017年, Stroke, その他, 1
  3. 2018年, Stroke, その他, 2
  4. 2019年, Stroke, その他, 1
  5. 2019年, Neurology, その他, 1