三木 健太朗KENTARO MIKI

Last Updated :2021/01/05

所属・職名
病院放射線部 助教
メールアドレス
kentaro-mikihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 筑波大学大学院, 数理物質科学研究科, 物理学専攻 博士後期課程, 日本, 2006年04月01日, 2009年03月31日
  • 筑波大学大学院, 数理物質科学研究科, 物理学専攻 博士前期課程, 日本, 2004年04月01日, 2006年03月31日
  • 筑波大学, 第一学群自然学類, 物理学, 日本, 2000年04月01日, 2004年03月31日

研究分野

  • 医歯薬学 / 境界医学 / 医学物理学・放射線技術学

研究キーワード

  • 原子核実験物理学、医学物理学、CT、検出器、エレクトロニクス、シミュレーション

所属学会

  • 日本物理学会, 2005年12月
  • 日本医学物理学会, 2014年03月
  • 日本放射線腫瘍学会, 2014年06月

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Evaluation of optimization workflow using custom-made planning through predicted dose distribution for head and neck tumor treatment, Physica Medica, 80巻, pp. 167-174
  2. ★, Development of geometrically ideal dose distribution as a reference for treatment planning in VMAT using filtered back-projection method, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 57巻, pp. 115-122, 201901
  3. Tolerance levels of mass density for CT number calibration in photon radiation therapy, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 20巻, 6号, pp. 45-52, 201906
  4. Investigation of the applicability of the ESR nail dosimetry for assessment of accidental exposure in medical facilities, RADIATION MEASUREMENTS, 124巻, pp. 91-97, 201905
  5. ★, Evaluation of optimization workflow using design of experiment (DoE) for various field configurations in volumetric-modulated arc therapy, Physica Medica, 54巻, pp. 34-41, 201810
  6. Automatic contrast medium extraction system using electron density data with dual-energy CT, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 91巻, 1090号, 2018
  7. Commissioning of a respiratory gating system involving a pressure sensor in carbon‐ion scanning radiotherapy, J Appl Clin Med Phys, pp. 1-6, 2018
  8. Tolerance levels of CT number to electron density table for photon beam in radiotherapy treatment planning system, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 19巻, 1号, pp. 271-275, 201801
  9. Split-VMAT technique to control the expiratory breath-hold time in liver stereotactic body radiation therapy, Physica Medica: European Journal of Medical Physics, 40巻, pp. 17-23, 20170713
  10. ★, Effect of patient positioning on carbon-ion therapy planned dose distribution to pancreatic tumors and organs at risk, Physica Medica: European Journal of Medical Physics, 33巻, pp. 38-46, 20161218
  11. ★, Gated carbon-ion scanning treatment for pancreatic tumour with field specific target volume and organs at risk, Physica Medica: European Journal of Medical Physics, 32巻, pp. 1521-1528, 20161122
  12. ★, Single-energy metal artefact reduction with CT for carbonion radiation therapy treatment planning, The British Journal of Radiology, 89巻, 20150988号, 20160302
  13. ★, Observation of Direct-Photon Collective Flow in Au þ Au Collisions at sNN = 200 GeV, PHYSICAL REVIEW LETTERS, 109巻, 122302号, 2012
  14. ★, High-pT direct photon spectra and azimuthal anisotropy measurements in 200 GeV Au+Au collisions at RHIC-PHENIX, JOURNAL OF PHYSICS G, 35巻, 10号, pp. 104122, 2008
  15. ★, Azimuthal anisotropy measurement of direct photon in root(NN)-N-S=200 GeV Au+Au collisions at RHIC-PHENIX, Kentaro Miki (for the PHENIX Collaboration), 16巻, 7-8号, pp. 2160-2165, 200708

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Development of prediction dose distribution with deep convolutional neural network for order-made treatment planning, Kentaro Miki, Akito Saito, Daisuke Kawahara, Nobuki Imano, Yuki Takeuchi, Ippei Takahashi, Ikuno Nishibuchi, Tomoki Kimura, Yuji Murakami, and Yasushi Nagata, 第118回医学物理学会学術大会, 2019年09月12日, 通常, 日本語
  2. フィルタ逆投影法とディープラーニングを応用した予測線量分布生成法の開発と評価、および効果的な線量分布最適化への応用, 三木 健太朗, 高精度放射線外部照射部会学術大会, 通常, 日本語
  3. 新規治療法導入時における多職種チーム連携による安全かつ効率的な治療法構築の試み, 三木 健太朗, 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月13日, 通常, 日本語
  4. Development of geometrically ideal dose distribution as a reference of treatment planning in VMAT with filtered back projection method, K. Miki, K. Hioki, T. Nakashima, A. Saito, Y. Nagata, AAPM2018, 2018年07月29日, 通常, 英語
  5. 実験計画法を用いたVMATにおけるフィールド設定最適化システムの開発と臨床導入の研究, 三木 健太朗, 齋藤 明登、中島 健雄、永田 靖, 第115回 日本医学物理学会 学術大会, 2018年04月12日, 通常, 英語, パシフィコ横浜
  6. The planning configurations optimization for treatment planning of VMAT with design of experiments (DoE), 三木健太朗, 齋藤明登、中島健雄、永田靖, ASTRO 2017 Annual Meeting, 2017年09月24日, 通常, 英語, American Society for Radiation Oncology, San Diego Convention Center
  7. Treatment planning of carbon-ion scanning therapy for respiratory moving target, 三木健太朗, Joint symposium of Shanghai proton and heavy ion center (SPHIC) and National institute of radiological science (NIRS), 2015年12月, 招待, 英語, Shanghai China
  8. Study of dose distribution difference between supine and prone positions in the carbon-ion treatment for the pancreatic tumor, 三木健太朗, 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会, 2015年11月, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, ベイシア文化ホール・前橋商工会議所会館
  9. Single energy metal artifact reduction with CT for carbon-ion radiation therapy treatment planning, 三木健太朗, 第110回日本医学物理学会学術大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 日本医学物理学会, 北海道大学医学部学友会館フラテ
  10. Treatment planning of carbon-ion canning pancreatic therapy using 4DCT, 三木健太朗, Particle Therapy Co-Operative Group (PTCOG), 2015年05月, 通常, 英語, Particle Therapy Co-Operative Group (PTCOG), San Diego California, USA
  11. 呼吸性移動を伴う炭素線スキャニング治療でのターゲットボリューム作成ソフトの開発, 三木健太朗, 日本放射線腫瘍学会第27回学術大会, 2014年12月, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, パシフィコ横浜会議センター
  12. 炭素線呼吸同期スキャニング治療の早期肺癌に対する線量分布評価, 三木健太朗, 日本放射線腫瘍学会第27回学術大会, 2014年12月, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, パシフィコ横浜会議センター
  13. Feasibility study of using a carbon ion pencil beam for pinpoint range measurements in charged particle therapy, 三木健太朗, Particle Therapy Co-Operative Group 2014, 2014年, 通常, 英語, Particle Therapy Co-Operative Group, 中国、上海
  14. High pT direct photon spectra and azimuthal anisotropy measurements in 200GeV Au+Au collisions at RHIC-PHENIX, 三木健太朗, Quark Matter 2008, 2008年, 招待, 英語, Quark Matter, Jaipur, India

受賞

  1. 2020年06月14日, President's award Gold, 日本医学物理学会, 理想的線量分布による患者固有テンプレートを用いたVMATの治療計画最適化法の開発
  2. 2018年04月15日, 第115回 日本医学物理学会 学術大会 大会長賞, 日本医学物理学会, 実験計画法を用いたVMATにおけるフィールド設定最適化システムの開発と臨床導入の研究
  3. 2018年04月15日, 英語プレゼンテーション賞, 日本医学物理学会, 実験計画法を用いたVMATにおけるフィールド設定最適化システムの開発と臨床導入の研究

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業, 理想的線量分布による患者固有テンプレートを用いた高精度放射線治療計画法の研究開発, 2020年.0月, 2023年.0月
  2. 科学研究費助成事業, 高精度重粒子線治療のためのフラットパネル検出器による粒子線画像化システムの研究, 2016年.0月, 2018年.0月