吉子 裕二Yuji Yoshiko

Last Updated :2022/06/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
メールアドレス
yyujihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 研究棟A308
TEL:082-257-5620 FAX:082-257-5621

基本情報

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)
  • 農学修士 (新潟大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科 : 歯学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 歯学プログラム
  • 口腔工学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 形態系基礎歯科学

研究キーワード

  • 石灰化
  • 骨芽細胞
  • マイクロRNA
  • 骨形成

所属学会

  • アメリカ骨代謝学会
  • ヨーロッパ硬組織学会
  • 日本解剖学会
  • 日本骨代謝学会
  • 歯科基礎医学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 全身の健康と口腔科学I[1歯][旧パッケージ]
  2. 2022年, 学部専門, 4ターム, 生命科学
  3. 2022年, 学部専門, 2ターム, 発生学
  4. 2022年, 学部専門, 1ターム, 組織学・口腔組織学
  5. 2022年, 学部専門, 1ターム, 組織学実習I
  6. 2022年, 学部専門, 2ターム, 組織学実習II
  7. 2022年, 学部専門, 1ターム, 歯学研究特論I
  8. 2022年, 学部専門, 2ターム, 歯学研究特論II
  9. 2022年, 学部専門, 4ターム, 特別科目
  10. 2022年, 学部専門, 4ターム, 基礎ゲノム医学
  11. 2022年, 学部専門, 4ターム, リサーチスタートアップ
  12. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(硬組織代謝生物学)
  13. 2022年, 学部専門, 4ターム, 災害医療・歯科法医学
  14. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習(硬組織代謝生物学)
  15. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 特別科目
  16. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(硬組織代謝生物学)
  17. 2022年, 学部専門, 1ターム, 組織学・口腔組織学
  18. 2022年, 学部専門, 4ターム, リサーチスタートアップ
  19. 2022年, 学部専門, 4ターム, 災害医療・歯科法医学
  20. 2022年, 学部専門, 1ターム, 組織学・口腔組織学
  21. 2022年, 学部専門, 4ターム, リサーチスタートアップ
  22. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔工学概論
  23. 2022年, 学部専門, 4ターム, 災害医療・歯科法医学
  24. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  27. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  28. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  29. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  30. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  31. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  32. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の構造
  33. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 組織学実習
  34. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 硬組織代謝生物学特別演習
  35. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 硬組織代謝生物学特別演習
  36. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 硬組織代謝生物学特別研究
  37. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 硬組織代謝生物学特別研究

教育に関する受賞

  • 第23回SCRP日本代表選抜大会優勝(ファカルティアドバイザー)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The EP4-ERK-dependent pathway stimulates osteo-adipogenic progenitor proliferation resulting in increased adipogenesis in fetal rat calvaria cell cultures, Prostaglandins & Other Lipid Mediators, 97巻, 3-4号, pp. 97-102, 201203
  2. Scanning electron microscope of horny teeth in the annuran tadpole Rhacophoridae, Rhacophorus arboreus and Rhacophorus schlegelii, Journal of Electron Miroscopy, 44巻, pp. 151-157, 19950401
  3. Restoration of disturbed tooth eruption in osteopetrotic (op/op) mice by injection of macrophage colony-stimulating factor., Experimental Animals, 46巻, 2号, pp. 95-101, 19970401
  4. Dexamethasone regulates the actions of endogenous insulin-like growth factor-II during myogenic differentiation., Life Sciences, 63巻, 2号, pp. 77-85, 19980401
  5. Evidence of mammalian stanniocalcin expression in osteogenic cells, Mol Biol Cell, 8巻, pp. Suppl., 19970401
  6. Differentiation of C2C12 myoblasts by a mechanism involving an autocrine/paracrine insulin-like growth factor II, Cell Struct. Funct., 22巻, pp. 765, 19970401
  7. Potential role of IGF-II in "spontaneous" differentiation of C2C12 cells in serum-enriched culture, International Symposium on Molecular Mechanisms of Myofibril Assembly, pp. 58, 19960401
  8. Loss of Pi handling via Pit1, the type of IIINaPi cotransporter, interfere with the proliferation-osteogenic differentiation-mineralization sequence in fetal rat calvaria cell popultions, Journal of Bone and Mineral Research, pp. S206, 20010401
  9. Postnatal changes in the intensity of immunohistochemical reaction with antibody against the estrogen receptor in mouse masseter muscles., Biomed. Res., 9巻, 2号, pp. 87-91, 19980401
  10. Evidence for stanniocalcin gene expression in mammalian bone., Endocrinology, 140巻, pp. 1869-1874, 19990401
  11. In situ hybridization analysis of stanniocalcin mRNA expressing cells in the mouse kidney., Molecular and Cellular Endocrinology, 141巻, pp. 37-40, 19980401
  12. Autonomous control of expression of genes for insulin-like growth factors during the proliferation and differentiation of C2C12 mouse myoblasts in serum-free culture., Life Sciences, 59巻, pp. 1961-1968, 19960401
  13. Effects of a synthetic N-terminal fragment of stanniocalcin on the metabolism of mammalian bone in vitro., Biochimica et Biophysica Acta, 1331巻, pp. 143-149, 19960401
  14. Medullary bone of hens producing soft-shelled eggs., Proceeding World’s Poultry Congress, pp. 724-725, 19880401
  15. 筋細胞の決定・分化の制御因子, 広島大学歯学会雑誌, pp. 134-136, 19970401
  16. Differentiation in C2C12 myoblasts depends on the expression of IGFs rather than a depletion of serum, American Journal of Physiology. Cell Physiology, 283巻, 4号, 20020401
  17. Stanniocalcin 1 (STC1) protein and mRNA are developmentally regulated during embryonic mouse osteogenesis: the potential of stc1 as an autocrine/paracrine factor for osteoblast development and bone formation., Journal of Hisochemistry and Cytochemistry, 50巻, pp. 483-492, 20020401
  18. Stanniocalcin 1 stimulates osteoblast differentiation in rat calvaria cell cultures., Endocrinology, 144巻, pp. 4134-4143, 20030401
  19. Effects of denervation on the expression of lactate dehydrogenase isozymes in the masseter muscles of developing mice, Biomedical Research, 15巻, pp. 287-290, 19940401
  20. Effects of 17β-oestradiol and 5α-dihydrotestosterone on the expression of the muscle and heart types of lactate dehydrogenase isozymes in the masseter muscle of developing mice, Archives of Oral Biology, 40巻, pp. 463-466, 19950401
  21. Effects of 17β-oestradiol, 5α-dihydrotestosterone or an androgen antagonist on the trigeminal motor nucleus in developing mice, Biomed. Res., 11巻, 1号, pp. 1-6, 20000401
  22. Estrogen regulates the production of VEGF for osteoclast formation and activity in op/op mice., Journal of Bone and Mineral Research, 19巻, 2号, pp. 200-206, 20040201
  23. Calvarial osteoblasts transdifferentiate into adipocytes when treted with a combination of PPARgamma and alpha activators., Journal of Bone and Mineral research, 19巻, pp. S148, 20041001
  24. Isolation by cDNA finger printing and characterization of novel genes with differential expression patterns during osteoblast development., J. Bone Miner. Res., 14巻, pp. S347, 19990401
  25. Effects of estrogen on isolated osteogenic cells from hen medullary bone., J. Bone Miner. Res., 15巻, pp. S495, 20000401
  26. Activation of PPARa and r, but not PPARg alone, converts osteoprogenitor cells to mature adipocytes in primary rat calvaria cell cultures., J. Bone Miner. Res., 15巻, pp. S553, 20000401
  27. Stanniocalcin is a novel autocrine/paracrine factor necessary for bone formation., J. Bone Miner. Res., 15巻, 20000401
  28. 1,25(OH)2D3 synergizes with the PPARg-selective logand, BRL-49653, to increae adipogenesis in rat calvaria cell cultures., J. Bone Miner. Res., 16巻, pp. S206, 20010401
  29. CGI-135 is part of a new chromatin remodeling protein complex and it regulates the osteoprogenitor proliferation-differentiation transition., J. Bone Miner. Res., 17巻, pp. S195, 20020401
  30. A functional feedback loop comprising stanniocalcin 1, the type III NaPi transporter (Pit1) and Pi transport regulates bone matrix mineralization in vitro and in vivo., J. Bone Miner. Res., 17巻, pp. S180, 20020401
  31. 脂肪細胞と骨芽細胞のクロストーク, 広島大学歯学雑誌, 34巻, pp. 166-169, 20020401
  32. Activation of prostaglandin E receptor EP2during the osteoprogenitor proliferation-differentiation transition is the major pathway mediating the anabolic effects of PGE2 on osteoblastdevelopment in rat calvaria cell cultures, BONE, 32巻, pp. S139, 20030401
  33. ★, Mineralized tissue cells are principal source of FGF23, Bone, 40巻, pp. 1565-1573, 20070401
  34. Stanniocalcin 1 acts as a paracrine regulator of growth plate chondrogenesis., Journal of Biological Chemistry, 281巻, pp. 5120-5127, 20060601
  35. ★, Osteoblast autonomous Pi regulation via Pit1 plays a role in bone metabolism., Molecular and Cellular Biology, 27巻, 12号, pp. 4465-4474, 20070627
  36. Gene expression profiling of FGF23-overexpression, mineralization-defective rat calvaria osteoblasts uncovers both known and novel mineralization mechanisms., Bone, 40巻, 6号, pp. 12, 20070610
  37. 1,25(OH)2D3 inhibits bone nodule mineralization trhough the FGF23-mediating ERK pathway in rat calvaria osteoblast cultures., Journal of Bone Mineral Research, 22巻, 22号, pp. S21, 20070912
  38. Dynamic regulation of mesenchymal lineage transcription factors during osteoblast development in rat calvaria cell cultures., IOF and ANZBMS Combined Meeting, pp. 149, 20071020
  39. The prostaglandin receptors, EP2 and EP4, play different roles in osteoblast-adipocyte fate choices in the rat calvaria cell model., Journal of Bone and Mineral Research, 21巻, pp. S254, 20061010
  40. FGF23 acts as a negative autocrine/paracrine regulator of osteoblast development and matrix mineralization in fetal rat calvaria cell cultures., Journal of Bone and Mineral Research, 21巻, pp. S369, 20061010
  41. Interaction of the PGE2 and JNK/p38 MAPK signaling pathways in osteoblast-adipocyte fate choices of bipotential progenitor cells in rat calvaria cell cultures., Journal of Bone and Mineral Research, 20巻, pp. S128, 20051001
  42. Adenovirus-mediated overexpression of FGF23 supresses osteoblast development and matrix mineralization in fetal rat calvaria cell cultures., Journal of Bone and Mineral Research, 20巻, pp. S137, 20051001
  43. Stanniocalcin 1 as a pleiotropic factor in mammals., Peptides, 25巻, 10号, pp. 1663-1669, 20041001
  44. FGF23 expression during osteoblast development and matrix mineralization in vitro and vivo suggest that FGF23 may be a local regulator of bone formation., Journal of Bone and Mineral Research, 19巻, pp. S252, 20041001
  45. FGF23とリン酸代謝の新展開, 広島大学歯学雑誌, 37巻, pp. 154-156, 20050601
  46. The pleiotropic actions of stanniocalcin 1 (STC1) through its possible effects on cellular calcium/phosphate homeostasis., Zoological Science, 21巻, pp. 1228-1231, 20040901
  47. 低リン血症にみる歯の形成の分子基盤, 広島歯科医学雑誌, 36巻, 1号, pp. 1-12, 20090320
  48. The PPAR gamma-selective ligand BRL-49653 differentially regulates the fate choices of rat calvaria versus rat bone marrow stromal cell populations, BMC Developmental Biology, 14巻, 8号, pp. 71, 20080701
  49. EP2 and EP4 receptors differentially mediate MAPK pathways underlying anabolic actions of prostaglandin E2 on bone formation in rat calvaria cell cultures, Bone, 44巻, pp. 1177-1185, 20090221
  50. ★, Overexpression of fibroblast growth factor 23 suppresses osteoblast differentiation and matrix mineralization in vitro., Journal of Bone and Mineral Research, 20080601
  51. New insights into the role of fibroblast growth factor 23., Clinical Review of Bone Mineral Metabolism, 6巻, pp. 17-23, 20080501
  52. 正常ヒト唾液腺におけるアンジオポイエチン2とその受容体Tie2の機能解析, Journal of Oral Biosciences, 46巻, 5号, pp. 431, 20040501
  53. Incisor Enamel Formation is Impaired in Transgenic Rats Overexpressing the Type III NaPi Transporter Slc20a1., Calcified Tissue International, 89巻, 3号, pp. 192-202, 20110901
  54. ★, 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3 acts predominately in mature osteoblasts under conditions of high extracellular phosphate to increase fibroblast growth factor 23 production in vitro., Journal of Endocrinology, 206巻, 3号, pp. 279-286, 20100801
  55. ★, A subset of osteoblasts expressing high endogenous levels of PPARgamma switches fate to adipocytes in the rat calvaria cell culture model., PLoS One, 5巻, 7号, pp. e11782, 20100701
  56. Ameloblastin regulates osteogenic differentiation by inhibiting Src kinase via cross talk between integrin beta1 and CD63., Molecular and Cellular Biology, 31巻, 4号, pp. 783-792, 20110201
  57. Delphinidin, One of the Major Anthocyanidins, Prevents Bone Loss through the Inhibition of Excessive Osteoclastogenesis in Osteoporosis Model Mice, PLoS One, 9巻, 5号, 20140513
  58. Functional Diversity of Fibroblast Growth Factors in Bone Formation, International Journal of Endocrinology, 20150319
  59. The Bioactive Acidic Serine- and Aspartate-Rich Motif Peptide, Current Protein & Peptide Science, 16巻, 3号, pp. 196-202, 20150701
  60. 骨・血管相関とmicroRNA, 臨床化学, 43巻, 2号, pp. 106-111, 2014
  61. The dynamics of DNA methylation and hydroxymethylation during amelogenesis, Histochemistry and Cell Biology, 144巻, 5号, pp. 471-478, 20151101
  62. Bone-derived miRNA as a mediator of cell-cell communication., Proceedings of 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 20151024
  63. The Roles of Long Non-Protein-Coding RNAs in Osteo-Adipogenic Lineage Commitment, International Journal of Molecular Sciences, 18巻, 6号, 20170601
  64. Comparative proteome analysis of wild-type and klotho-knockout mouse kidneys using a combination of MALDI-IMS and LC-MS/MS, Proteomics Clinical Applications, 11巻, 7-8号, 20170701
  65. Imaging and mapping of mouse bone using MALDI-imaging mass spectrometry., Bone Reports, 20160929
  66. Nano-architecture of osteocyte lacunae, Journal of Molecular and Genetic Medicine, 20161210
  67. ★, Soluble Klotho causes hypomineralization in Klotho-deficient mice, Journal of Endocrinology, 237巻, 3号, pp. 285-300, 20180601
  68. ★, The matrix vesicle cargo miR-125b accumulates in the bone matrix, inhibiting bone resorption in mice, COMMUNICATIONS BIOLOGY, 3巻, 1号, 20200116
  69. ERR alpha Expression in Bone Metastases Leads to an Exacerbated Antitumor Immune Response, CANCER RESEARCH, 80巻, 13号, pp. 2914-2926, 20200701
  70. Emerging roles of microRNAs as extracellular vesicle cargo secreted from osteoblasts, JOURNAL OF ORAL BIOSCIENCES, 62巻, 3号, pp. 228-234, 20200901
  71. Active sites of human MEPE-ASARM regulating bone matrix mineralization, MOLECULAR AND CELLULAR ENDOCRINOLOGY, 517巻, 20201101
  72. Overexpression of miR-125b in Osteoblasts Improves Age-Related Changes in Bone Mass and Quality through Suppression of Osteoclast Formation, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 22巻, 13号, 202107
  73. Occlusal Trauma and Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaw in Mice, Calcif Tissue Int, 20210927
  74. Single-Cell RNA-Sequencing Reveals the Breadth of Osteoblast Heterogeneity, JBMR Plus, 20210517

著書等出版物

  1. 2018年07月, 歯界展望, バイオデンティストと多様性, 医歯薬出版株式会社, 2018年, 07, その他, 共著
  2. 2017年11月05日, リンの事典, 骨と歯, 朝倉書店, 2017年, 事典・辞書, 共著
  3. 2004年07月, The BONE , メディカルレビュー社, 2004年, 07, 単行本(学術書), 共著, 動物の進化とスタニオカルシン stanniocalcins , 6

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Overexpressing miR-125b in Osteoblasts Confers a Significant Survival Benefit in Mice with Bone Metastasis, ASBMR2020, 2020年09月11日, 通常, 英語
  2. 骨微小環境における骨基質miR-125bの役割, 第62回歯科基礎医学会学術大会, 2020年09月11日, 招待, 日本語
  3. 基質小胞を介して骨基質に蓄積されたmiR-125bは2つの経路を介して溶骨性骨転移を抑制する, 第38回日本骨代謝学会学術集会, 2020年10月09日, 通常, 日本語
  4. 高解像度マイクロコンピュータ断層撮影を用いたKlotho変異マウス骨小腔の微小構造解析, 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2021年03月28日, 通常, 日本語
  5. 骨基質miR-125bによる骨代謝制御, 日本解剖学会, 2020年03月27日, 招待, 日本語
  6. 骨由来miR-125bによる骨転移制御, 解剖学会中四国地方会, 2019年10月26日, 通常, 日本語
  7. miR-125b accumulated in bone matrix suppresses osteolytic bone metastasis, 歯科基礎医学会, 2019年10月12日, 通常, 英語
  8. 骨芽細胞におけるmiR-125bの過剰発現は骨の成長を阻害することなく骨吸収を抑制し、骨量・骨質の加齢変化を改善する, 日本骨代謝学会, 2019年10月12日, 通常, 日本語
  9. Bone matrix miR-125b suppresses the progression of osteolytic bone metastasis by targeting not only osteoclasts but also cancer cells., ASBMR2019, 2019年09月20日, 通常, 英語
  10. Bone matrix miR-125b inhibits bone resorption without affecting skeletal development and improves age-related changes in bone mass and quality, ASBMR2019, 2019年09月20日, 通常, 英語
  11. miR-125b accumulated in bone matrix inhibits osteolytic bone metastasis, 歯学会総会, 2019年06月15日, 通常, 英語
  12. Synthetic peptide of the SIBLING protein MEPE inhibits ectopic mineralization but not bone formation., WCO-IOF-ESCEO, 2019年04月04日, 通常, 英語
  13. MicroRNA-125b embedded in bone matrix exerts protective effects on ovariectomy- and neurectomy-induced bone loss by suppressing osteoclast formation, WCO-IOF-ESCEO, 2019年04月04日, 通常, 英語
  14. シングルセル解析から見た骨芽細胞の多様性と脂肪細胞分化転換能, 中野将志, 吉岡広陽, 南崎朋子, 香西克之, 吉子裕二, 第124回日本解剖学会総会全国学術集会, 2019年03月29日, 通常, 日本語
  15. 内在性石灰化抑制因子ASARMとその臨床応用の可能性, 利重匡亮,南崎朋子,Faisal Ahmed,櫻井薫,香西勝之,吉子裕二, 日本解剖学会第73回中国・四国支部学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 徳島
  16. Phytic acid, a phosphate store in plants, inhibits osteogenic differentiation in ectopic calcifications but not in bone, Faisal Ahmed, Tomoko Minamizaki, Masaaki Toshishige, Yuji Yoshiko, The American Society for Bone and Mineral Research 2018 Annual Meeting, 2018年09月30日, 通常, 英語, Montreal
  17. 骨芽細胞由来MiR-125bは骨代謝回転を骨形成優位とし、健常な骨を維持させる, 伊藤翔太、南崎朋子、谷本幸太郎、吉子裕二, 第102回広島大学歯学会例会, 2018年09月30日, 通常, 日本語
  18. 異所性石灰化抑制剤, 吉子裕二, 第2回DSANJ Bio Conference ’18, 2018年09月27日, 招待, 日本語
  19. 骨芽細胞由来miR-125bは骨代謝回転を骨形成優位とし、健常な骨を維持させる, 伊藤翔太,南崎朋子,吉子裕二, 第60回歯科基礎医学会学術大会, 2018年09月05日, 通常, 日本語
  20. 基質小胞の新展開:マイクロRNAキャリアとしての役割, 第10回日本RNAi研究会・第5回日本細胞外小胞学会, 2018年08月31日, 通常, 英語, 広島
  21. Phytic acid can be a novel inhibitor of ectopic calcification, Faisal Ahmed, Tomoko Minamizaki, Yuji Yoshiko, 第36回日本骨代謝学会学術集会, 2018年07月26日, 通常, 英語, 長崎
  22. 基質小胞とマイクロRNA, 第17回松本ボーンフォーラム, 2018年05月11日, 招待, 日本語
  23. Imaging Mass Spectrometry: A Current Proteomics Approach for Molecular Anatomy, 7th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2018年03月30日, 招待, 英語
  24. Phytic acid has the potential to inhibit ectopic calcification, 7th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2018年03月29日, 通常, 英語
  25. 骨芽細胞特異的miR-125bの過剰発現は破骨細胞の減少を伴う骨量増加を示す, 日本解剖学会第72回中国・四国支部学術集会, 2017年10月29日, 通常, 日本語
  26. 骨芽細胞由来miR-125bを介する破骨細胞とのコミュニケーション, 日本解剖学会第72回中国・四国支部学術集会, 2017年10月29日, 通常, 日本語
  27. 骨芽細胞で発現するmiR-125bの役割, 日本解剖学会第72回中国・四国支部学術集会, 2017年10月29日, 通常, 日本語
  28. イメージング質量分析を用いたマウス骨の解析, 第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017年09月17日, 通常, 日本語
  29. 基質小胞の新展開:miRNAのキャリアとしての役割, 第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017年09月16日, 招待, 日本語
  30. Single-Cell RNA Sequencing Provides Molecular Dissection of Osteoblasts and their Adipogenic Potential, The American Society for Bone and Mineral Research 2017 Annual Meeting, 2017年09月10日, 通常, 英語
  31. MicroRNA-125b Derived from Osteoblasts Exerts its Anti-Osteolytic Effect through Targeting Preosteoclasts, The American Society for Bone and Mineral Research 2017 Annual Meeting, 2017年09月08日, 通常, 英語
  32. シングルセルRNA-seqによる骨芽細胞の多様性と脂肪細胞分化能の解析, 第35回日本骨代謝学会学術集会, 2017年07月27日, 通常, 日本語
  33. Nano-CT analysis shows dysmorphology of osteocyte lacunae in a Klotho-deficient skeletal aging mouse model, 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月17日, 通常, 英語
  34. The nature of transcriptional heterogeneity in osteoblasts and their potential of adipogenic transdifferentiation, 沖田 他, 2017年06月17日, 通常, 英語
  35. 骨芽細胞の多様性と脂肪細胞への分化転換, 沖田 紗季, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 通常, 日本語
  36. シングルセルRNA-seqによる骨芽細胞の多様性の解析, 沖田 紗季, 日本解剖学会第71回 中国・四国支部学術集会, 2016年10月22日, 通常, 日本語
  37. Histomorphometric Analysis of Klotho-Defecient Mice by Nano-CT, Faisal Ahmed, 日本解剖学会第71回 中国・四国支部学術集会, 2016年10月22日, 通常, 英語
  38. Osteoblasts Inhibit Osteoclast Formation by Targeting Prdm1 via the Mechanism Underlying Matrix Vesicle-Mediated Transfer of miR-125b, Yasumasa Irie, The American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting, 2016年09月16日, 通常, 英語
  39. miR-125b Suppresses Osteoclast Formation by Targeting Prdm1, Yasumasa Irie, 2016 ESA-SRB-ANZBMS conference, 2016年08月21日, 通常, 英語
  40. 骨芽細胞は基質小胞を介してmiR-125bを輸送し、Prdm1を標的として破骨細胞の形成を抑制する, 入江 泰正, 第34回日本骨代謝学会学術集会・第3回アジア太平洋骨代謝学会議, 2016年07月20日, 通常, 日本語
  41. miR-125bによる骨芽細胞と破骨細胞の細胞間コミュニケーション, 2016年05月26日, 招待, 日本語
  42. MicroRNA-125b in bone plays a crucial role in osteoblast-osteoclast communication, Tomoko Minamizaki, 43rd Annual European Calcified Tissue Society Congress, 2016年05月14日, 通常, 英語
  43. 基質小胞由来miRNAが介在する細胞間コミュニケーション, 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年03月28日, 招待, 日本語
  44. D-アスパラギン酸の骨芽細胞に対する影響, 第11回D-アミノ酸学会学術講演会, 2015年12月01日, 通常, 日本語
  45. Bone-derived miRNA as a mediator of cell-cell communication., 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月24日, 通常, 英語
  46. A Novel isoform of FGFR2 Modulates FGF10-FGFR Signaling in Osteochondrogenesis., 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月24日, 通常, 英語
  47. MEPE-ASARM, a substrate of the neutral endopeptidase PHEX involved in rickets/osteomalacia, acts as an inhibitor of bone formation, 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月24日, 通常, 英語
  48. MicroRNAs Involved in Bone Metabolism Are Transported into Matrix Vesicles during Bone Formation, 2015 ASBMR, 2015年10月10日, 通常, 英語
  49. Nano-CT Analysis of Osteocyte Anomalies in Klotho-deficient Mice., 2015 ASBMR, 2015年10月10日, 通常, 英語
  50. Matrix Vesicles Mediate the Cell-to-Cell Transmission of MicroRNA-125b as an Inhibitor of Osteoclastic Bone Resorption, 2015 ASBMR, 2015年10月09日, 通常, 英語
  51. Newly Identified FGFR2 Isoform Modulates FGF10-FGFR Signaling During Osteochondrogenesis, 2015 ASBMR, 2015年10月09日, 通常, 英語
  52. MicroRNA-mediated cell-cell communication in bone, a novel target for antiresorptive therapy., The 3rd Joint Scientific Meeting in Dentistry, 2015年10月02日, 招待, 英語
  53. 骨量減少・ 骨髄の脂肪化と糖尿病関連因子FGF21/βKlothoの関連について, 第 57 回歯科基礎医学会学術大会, 2015年09月12日, 通常, 日本語
  54. D-アスパラギン酸の骨芽細胞株MC3T3-E1細胞に対する影響, 第11回D-アミノ酸学会学術講演会, 2015年08月15日, 通常, 日本語
  55. The FGF23-Klotho axis and bone mineralization., 二国間共同セミナー, 2015年08月05日, 招待, 英語
  56. 骨・歯周組織と臓器(病態)連関, 大学間連携共同教育推進事業, 2015年02月, 招待, 日本語, 新潟
  57. 骨・歯周組織と臓器(病態)連関, 大学間連携共同教育推進事業, 2015年02月, 招待, 日本語, 仙台
  58. 骨芽細胞と脂肪細胞分化決定のダイナミクス, 大阪大学大学院歯学研究科セミナー, 2015年01月31日, 招待, 日本語, 大阪
  59. イメージング質量分析によるヒト老化モデル(Klotho欠損)マウスの分子組織学的解析, 日本障害者歯科学会, 2014年11月14日, 通常, 日本語
  60. 線維芽細胞増殖因子(FGF)10は頭蓋顎顔面の骨格形成を負に制御する, 第98回広島大学歯学会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  61. 骨基質タンパクMEPE-由来ASARMは血中リン濃度非依存的に骨量を減少させる, 日本解剖学会第69回中四国地方会, 2014年10月26日, 通常, 日本語
  62. Klotho欠損マウス腎臓のイメージング質量分析, 日本解剖学会第69回中四国地方会, 2014年10月25日, 通常, 日本語
  63. 線維芽細胞増殖因子(FGF)10がマウスの頭蓋顎顔面骨格系の形態形成に与える影響, 日本解剖学会第69回中四国地方会, 2014年10月25日, 通常, 日本語
  64. 胎生期中後期における線維芽細胞増殖因子(FGF)10の過剰発現はマウス頭蓋顎顔面の形成障害をもたらす, 第56回歯科基礎医学会学術大会, 2014年09月27日, 通常, 日本語
  65. 2014年09月14日, 通常, 英語
  66. D-アスパラギン酸は骨芽細胞様細胞MC3T3E-1において骨芽細胞マーカー遺伝子の発現を調節する, 第2回D-アミノ酸国際学会, 2014年09月02日, 通常, 日本語
  67. Phexの基質MEPE-ASARMは血中リン濃度非依存的に骨量を減少させる, 第32回日本骨代謝学会学術集会, 2014年07月25日, 通常, 日本語
  68. 基質小胞の新しい機能:オミックス解析からの展開, 国立長寿医療センターバイオバンクセミナー, 2014年07月10日, 招待, 日本語
  69. 血管石灰化抑制因子について, 医薬品基盤研究所 創薬支援戦略室 西日本統括部戦略会議, 2014年02月06日, 招待, 日本語
  70. 多機能因子としてのスタニオカルシン, 吉子 裕二, 第75回日本動物学会, 2004年09月, 招待, 日本語
  71. リン酸トランスポーターの骨形成における役割, 吉子 裕二, トロント大学セミナー, 2001年, 招待, 日本語
  72. 骨組織における定量PCRとin situ hybridization, 吉子 裕二, 新潟大学大学院自然科学研究科, 1998年09月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2020年10月10日, 第38回 日本骨代謝学会学術集会 優秀演題賞, 一般社団法人日本骨代謝学会理事長・大会長, 基質小胞を介して骨基質に蓄積されたmiR-125bは2つの経路を介して溶骨性骨転移を抑制する
  2. 2020年08月07日, ASBMR 2020 Travel Award, 一般社団法人日本骨代謝学会理事長, 基質小胞を介して骨基質に蓄積されたmiR-125bは2つの経路を介して溶骨性骨転移を抑制する
  3. 2019年09月20日, ASBMR 2019 Annual Meeting Plenary Poster賞, 骨芽細胞におけるmiR-125bの過剰発現は骨の成長を阻害することなく骨吸収を抑制し、骨量・骨質の加齢変化を改善する
  4. 2019年09月20日, ASBMR 2019 Annual Meeting Young Investigator Award, 骨芽細胞におけるmiR-125bの過剰発現は骨の成長を阻害することなく骨吸収を抑制し、骨量・骨質の加齢変化を改善する
  5. 2019年07月20日, ASBMR 2019 Travel Award, 日本骨代謝学会, 骨芽細胞におけるmiR-125bの過剰発現は骨の成長を阻害することなく骨吸収を抑制し、骨量・骨質の加齢変化を改善する
  6. 2019年06月15日, 優秀発表賞, 広島大学歯学会総会
  7. 2018年08月31日, 第10回日本RNAi研究会・第6回日本細胞外小胞学会優秀口頭発表賞, 日本RNAi研究会会長・日本細胞外小胞学会会長
  8. 2017年08月, 第23回SCRP日本代表選抜大会優勝(ファカルティーアドバイザー), 日本歯科医師会/デンツプライ 
  9. 2017年09月08日, ASBMR 2017 Annual Meeting Plenary Poster賞, ASBMR President
  10. 2017年04月24日, ANZBMS 2017 Travel Award, 日本骨代謝学会
  11. 2017年06月12日, ASBMR 2017 Travel Grant
  12. 2017年06月12日, ASBMR 2017 Travel Grant
  13. 2018年01月31日, Young Investigator Award
  14. 2016年05月16日, European Calcified Tissue Society East-Meets-West Research Award (最優秀賞), 欧州石灰化組織学会議2016大会長
  15. 2016年07月22日, 第34回日本骨代謝学会学術集会 優秀ポスター賞, 第34回日本骨代謝学会学術集会会長
  16. 2016年08月21日, Plenary poster賞 2016 ESA-SRB-ANZBMS conference, 2016 ESA-SRB-ANZBMS conference
  17. 2016年09月18日, Young Investigator Award 2016 ASBMR, 2016 ASBMR
  18. 2016年09月18日, Plenary poster賞 2016 ASBMR, 2016 ASBMR
  19. 2016年07月22日, ANZBMS 2016 Travel Award, 日本骨代謝学会
  20. 2015年10月09日, 2015 ASBMR Plenary Poster Award, 米国骨代謝学会会頭
  21. 2015年10月09日, 2015 ASBMR Young Investigator Travel Award, 米国骨代謝学会会頭

取得

  1. 特許権, 5927782, 2016年05月13日, 石灰化組織における可溶化Klotho、FGF23およびFGFR複合体形成機構を利用した用途
  2. 特許権, 5950380, 2016年06月17日, リン酸化ペプチドならびに硬組織および/または異所性石灰化抑制剤
  3. 特許権, 2019年12月20日

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 難治性疾患実用化研究事業, 石灰化抑制剤の開発, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  2. 難治性疾患実用化研究事業, Alzet浸透圧ポンプ4週間皮下埋め込みの予備実験, 2018年11月28日, 2019年03月31日
  3. 難治性疾患実用化研究事業, 石灰化抑制剤の開発, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), 1細胞レベルmRNA-ncRNA解析による骨芽細胞のその後の運命決定機構の解明, 2018年, 2020年
  5. 難治性疾患実用化研究事業, 石灰化抑制剤の開発, 2017年04月27日, 2018年03月31日
  6. 創薬支援推進事業 , 異所性石灰化抑制剤の開発, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  7. 創薬支援推進事業 , 異所性石灰化抑制剤の開発, 2018年04月01日, 2018年12月31日
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 骨軟骨由来新規可溶型FGF受容体の機能解析と骨軟骨再生への応用, 2017年, 2020年
  9. AMED難治性疾患実用化研究事業, 石灰化抑制剤の開発, 2017年, 2020年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 単一細胞解析による骨芽細胞の運命制御機構の解明と新規骨形成促進剤の標的分子探索, 2017年, 2020年
  11. 創薬支援推進事業, 異所性石灰化抑制剤の開発-pASARM/PEG-pASARMの合成,定量法の確立,In vitro評価及びIn vivo評価, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  12. 創薬支援推進事業, 異所性石灰化抑制剤の開発, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 骨miRNAを標的とした癌の骨転移抑制の試み, 2016年, 2019年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), エストロゲンとその標的因子による破骨細胞のアポトーシス抑制と骨吸収制御機構の解明, 2015年, 2018年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Bone lining cellsを標的としたエピゲノム制御による骨再生への展開, 2014年, 2016年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 乳癌細胞由来Klotho下流因子による骨・歯の石灰化調節についての研究, 2013年04月01日, 2015年03月31日
  17. 研究成果最適展開支援プログラム(FSステージ), 骨・血管相関関連分子としての(p)ASARMのマウスモデルでの解析, 2011年04月01日, 2012年03月31日
  18. 研究成果最適展開支援プログラム(FSステージ), 骨・血管相関関連分子としての(p)ASARMのマウスモデルでの解析, 2012年04月01日, 2013年03月31日
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 骨・歯科疾患における多臓器連関「FGF23ー可溶化型Klothoシステム」の研究, 2011年04月01日, 2013年03月31日
  20. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 硬組織におけるPTHの新規作用に着目したミネラル代謝異常に関する 基礎的研究, 2011年, 2012年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), FGF23シグナルを分子標的とした歯・骨疾患治療のための基盤研究, 2008年, 2010年
  22. 局所リン酸代謝調節に基づく骨改造の包括的コントロール法の確立, 2006年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), FGF23等の低リン血症因子を標的とした歯牙形成異常の分子治療に関する基礎的研究, 2006年, 2007年
  24. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 血管肉腫発症におけるチロシンキナーゼ型受容体の関与についての研究, 2005年, 2006年
  25. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 遺伝性・腫瘍性骨軟化症における象牙(骨)芽細胞機能欠損の分子機構と遺伝子治療, 2004年, 2005年
  26. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 象牙質形成/骨形成異常と象牙芽細胞/骨芽細胞のリン酸代謝との関係 -とくにX連鎖性低リン酸性ビタミンD抵抗性くる病の原因遺伝子PHEXとナトリウム/リン酸共運搬体によるリン酸代謝について-, 2001年, 2002年
  27. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 咀嚼器官とその制御中枢の発達・老化および恒常性維持に関する基礎的研究, 1998年, 1999年
  28. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), エストロゲンによる骨格筋の老化予防に関する研究, 1996年, 1997年
  29. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 阻嚼筋の細胞分化・成長におけるエストロゲンおよびアンドロゲンの作用, 1995年, 1995年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, IGL医療福祉専門学校
  2. 非常勤講師, 2016年04月, 2017年03月, IGL医療福祉専門学校
  3. 広島大学歯学会理事, 2013年04月, 2022年
  4. 評議委員, 2013年04月, 2022年, 日本解剖学会中四国地方会
  5. Clinical Bone and Mineral 編集委員, 2010年04月, 2019年04月
  6. 非常勤講師, 2017年04月, 2018年03月, IGL医療福祉専門学校
  7. IGL医療福祉専門学校, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤講師
  8. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, IGL医療福祉専門学校
  9. 先端歯学国際教育研究ネットワーク委員, 2017年04月, 2022年03月
  10. 日本解剖学会代議員, 2018年04月, 2022年
  11. 非常勤講師, 2020年04月, 2021年03月, IGL医療福祉専門学校
  12. 非常勤講師, 2021年04月, 2022年03月, IGL医療福祉専門学校

学術会議等の主催

  1. Experimental Biology, シンポなど組織委員, 2010年03月
  2. 日本解剖学会第69回中四国地方会, 準備委員長, 2013年10月, 2014年10月
  3. 7th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2017年03月, 2018年03月
  4. 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2014年09月, 2016年09月
  5. 5th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2012年09月, 2013年10月
  6. 第125回日本解剖学会総会・全国学術集会, プログラム委員, 2019年01月, 2020年03月