福村 圭介KEISUKE FUKUMURA

Last Updated :2021/11/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
kfukuhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
内分泌系により支配される摂食・代謝メカニズムを明らかにすることを目指しています。

基本情報

学位

  • 修士(生命科学) (東京大学)
  • 博士(生命科学) (東京大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科 : 総合科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 動物生理・行動

研究キーワード

  • 摂食行動
  • 神経ペプチド

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 2ターム, 自然科学基礎実験法・同実験A
  2. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  3. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  4. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  5. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  6. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  7. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  8. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  9. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  10. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  11. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  12. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  13. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  14. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  15. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  16. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  17. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  18. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  19. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  20. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  21. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  22. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  23. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  24. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  25. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  26. 2021年, 学部専門, 2ターム, 生命科学概論
  27. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物学基礎実験
  28. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物学基礎実験法

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Behavioral tracing demonstrates dietary nutrient discrimination in two-spotted crickets Gryllus bimaculatus, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 81巻, 10号, pp. 1990-1993, 2017
  2. Effects of adipokinetic hormone and its related peptide on maintaining hemolymph carbohydrate and lipid levels in the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 82巻, 2号, pp. 274-284, 2018
  3. Adipokinetic hormone signaling determines dietary fatty acid preference through maintenance of hemolymph fatty acid composition in the cricket Gryllus bimaculatus, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 2018
  4. Glucose, some amino acids and a plant secondary metabolite, chlorogenic acid induce the secretion of a regulatory hormone, tachykinin-related peptide, from the silkworm midgut, PEPTIDES, 106巻, pp. 21-27, 2018
  5. Specific distribution of expression and enzymatic activity of cholesterol biosynthetic enzyme DHCR24 orthologs in the phytophagous insect, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 84巻, 1号, pp. 126-133, 2020
  6. Effects of Chronic Intracerebroventricular Infusion of RFamide-Related Peptide-3 on Energy Metabolism in Male Mice, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 21巻, 22号, 202011
  7. Effects of Irregular Feeding on the Daily Fluctuations in mRNA Expression of the Neurosecretory Protein GL and Neurosecretory Protein GM Genes in the Mouse Hypothalamus, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 22巻, 4号, 202102
  8. 昆虫を用いた脂質動員ホルモンによる栄養分選好的な摂食行動調節, 比較内分泌学, 44巻, 164号, pp. 73-74, 2018
  9. フタホシコオロギ, 比較内分泌学, 46巻, 171号, pp. 108-110, 2020
  10. Effects of Overexpression of Neurosecretory Protein GL-Precursor Gene on Glucose Homeostasis and Insulin Sensitivity in Mice, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 22巻, 9号, 202105
  11. Effects of neurosecretory protein GL on food intake and fat accumulation under different dietary nutrient compositions in rats, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 85巻, 6号, pp. 1514-1520, 20210525

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. フタホシコオロギGryllus bimaculatusの脂肪酸不飽和化酵素Δ9-および Δ12-desaturaseの発現変動解析, 福村圭介、小沼貴裕、永田晋治, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年, 通常, 日本語
  2. フタホシコオロギGryllus bimaculatusにおける脂質代謝系に依存した栄養選好性行動の分子機構, 福村圭介、永田晋治, 昆虫ワークショップ2016 (第10回), 2016年, 通常, 日本語
  3. フタホシコオロギGryllus bimaculatusにおける異なる脂肪酸間での経時的な選好性行動解析, 福村圭介、永田晋治, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年, 通常, 日本語
  4. フタホシコオロギGryllus bimaculatusにおけるAKHシグナリングが栄養分選好性行動へ与える影響, 福村圭介、永田晋治, 平成30年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会, 2018年, 通常, 日本語
  5. フタホシコオロギGryllus bimaculatusの脂質分解酵素が体液中の脂肪酸組成へ与える影響, 福村圭介、永田晋治, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019年, 通常, 日本語
  6. フタホシコオロギGryllus bimaculatusを用いた内分泌ネットワークによる脂肪組織での代謝制御および摂食行動へ与える影響の解析, 福村圭介、永田晋治, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年, 通常, 日本語
  7. AKH signaling complements required fatty acids in the two-spotted crickets, Gryllus bimaculatus, Keisuke Fukumura, Takahiro Konuma, Shinji Nagata, Joint seminar between Institute of Insect Sciences, Zhejiang University and Graduate School of Frontier Sciences, Tokyo University, 2017年, 通常, 英語
  8. Metabolic modulation of the fat body by endocrine systems in the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, Keisuke Fukumura, Hitomi Seike, Yi Jun Zhou, Kenichi Kubo, Shinji Nagata, The 29th Conference of European Comparative Endocrinologists, 2018年, 通常, 英語
  9. 視床下部分泌性小タンパク質NPGLは脂肪組織での炎症反応を抑制し脂肪蓄積を誘導する, 福村圭介、成松勇樹、岩越栄子、古満芽久美、坊農秀雅、浮穴和義, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年, 通常, 英語

受賞

  1. 2019年, Award for Excellence to Authors Publishing in Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry in 2018
  2. 2018年, Company of Biologists travel grants

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 脂質選好性行動を調節する分子メカニズムの解明, 2020年, 2021年
  2. 科学研究費補助金 特別研究員奨励費, フタホシコオロギにおける脂質代謝に調節される栄養分選好性行動の分子機構の解明, 2018年, 2019年