落合 博HIROSHI OCHIAI

Last Updated :2022/05/19

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
ochiaihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山3-10-23 広島大学イノベーションプラザ1A01
TEL:082-424-4008 FAX:082-424-4008
自己紹介
遺伝子発現は主に転写によって制御されますが、その制御機構は複雑で、遺伝子毎に大きく異なります。現在、マウスES細胞を利用して転写、特に転写バーストと呼ばれる現象の制御機構解明を目指して研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2021年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 准教授
  • 2019年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 講師
  • 2015年10月01日, 2019年03月31日, 科学技術振興機構, 広島大学院理学研究科数理分子生命理学専攻, さきがけ研究者(専任)
  • 2013年04月01日, 2015年09月30日, 広島大学, 大学院理学研究科, 特任講師
  • 2012年06月01日, 2013年03月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助教
  • 2011年04月01日, 2012年05月31日, 日本学術振興会, 広島大学原爆放射線医科学研究所, 特別研究員PD
  • 2009年04月01日, 2011年03月31日, 日本学術振興会, 広島大学, 特別研究員DC2

学歴

  • 広島大学, 理学研究科, 数理分子生命理学専攻, 日本, 2008年04月, 2011年03月
  • 広島大学, 理学研究科, 数理分子生命理学専攻, 日本, 2007年04月, 2008年03月
  • 広島大学, 理学部, 生物科学科, 日本, 2003年04月, 2007年03月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 生物科学科 : 生物学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 数理生命科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 数理生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学
  • 総合生物 / ゲノム科学 / システムゲノム科学
  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 総合生物 / ゲノム科学 / ゲノム医科学

研究キーワード

  • 1細胞解析
  • 多能性幹細胞
  • ES細胞
  • CRISPR
  • ライブイメージング
  • 遺伝子発現ゆらぎ
  • ゲノム編集
  • zinc-finger nuclease
  • TALEN
  • 遺伝子挿入
  • 遺伝病
  • 一塩基置換
  • 遺伝子ターゲティング
  • SNP

所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本エピジェネティクス研究会
  • 日本ゲノム編集学会
  • 日本生物物理学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  2. 2022年, 学部専門, 1ターム, システム生物学
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 分子遺伝学演習
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験II
  8. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  10. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生物学実験A
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命理学概論
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 分子遺伝学
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端生命技術概論
  16. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーE
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命医科学特別演習A
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命医科学特別演習A
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学特別演習B
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命医科学特別演習B
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命医科学特別研究
  22. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  23. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  24. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  25. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, ゲノム編集先端研究特論A

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Ribosomal protein L5 facilitates rDNA-bundled condensate and nucleolar assembly, Life Science Alliance, 5巻, 7号, pp. e202101045, 20220323
  2. iPSC reprogramming-mediated aneuploidy correction in autosomal trisomy syndromes, PLoS One, 17巻, 3号, pp. e0264965, 20220310
  3. ★, Single-gene imaging links genome topology, promoter–enhancer communication and transcription control, Nature Structural & Molecular Biology, 27巻, pp. 1032-1040, 20200921
  4. ★, Genome-wide kinetic properties of transcriptional bursting in mouse embryonic stem cells, Science Advances, 6巻, 25号, pp. eaaz6699, 20200617
  5. Insufficiency of ciliary cholesterol in hereditary Zellweger syndrome, The EMBO Journal, 39巻, pp. e103499, 20200505
  6. PHi-C: deciphering Hi-C data into polymer dynamics, NAR Genomics and Bioinformatics, 2巻, 2号, pp. lqaa020, 20200331
  7. ★, Role of dynamic nuclear deformation on genomic architecture reorganization, PLoS Computational Biology, 15巻, 9号, pp. e1007289, 20190911
  8. ★, Single-Molecule Nanoscopy Elucidates RNA Polymerase II Transcription at Single Genes in Live Cells, Cell, 178巻, 2号, pp. 491-506, 20190530
  9. ★, Simultaneous live imaging of the transcription and nuclear position of specific genes, Nucleic Acids Research, 43巻, 19号, pp. e127, 20150619
  10. The Microtubule-Depolymerizing Activity of a Mitotic Kinesin Protein KIF2A Drives Primary Cilia Disassembly Coupled with Cell Proliferation, CELL REPORTS, 10巻, 5号, pp. 664-673, 20150210
  11. ★, Stochastic promoter activation affects Nanog expression variability in mouse embryonic stem cells, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, pp. 7125, 20141120
  12. 細胞増殖に連動した分裂期キネシン分子KIF2Aによる繊毛退縮機構, 広島医学, 67巻, 4号, pp. 320-323, 20140401
  13. ★, TALEN-mediated single-base-pair editing identification of an intergenic mutation upstream of BUB1B as causative of PCS ( MVA) syndrome, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 111巻, 4号, pp. 1461-1466, 20140128
  14. Repeating pattern of non-RVD variations in DNA-binding modules enhances TALEN activity., Scientific Reports, 3巻, pp. 3379, 20131101
  15. High efficiency TALENs enable F0 functional analysis by targeted gene disruption in Xenopus laevis embryos, BIOLOGY OPEN, 2巻, 5号, pp. 448-452, 20130515
  16. ゲノム安定性を司る紡錘体チェックポイント因子BUBR1の間期中心体機能, 長崎医学会雑誌, 87巻, 0号, pp. 235-238, 20120901
  17. Equarin is involved as an FGF signaling modulator in chick lens differentiation, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 368巻, 1号, pp. 109-117, 20120801
  18. ★, Zinc-finger nuclease-mediated targeted insertion of reporter genes for quantitative imaging of gene expression in sea urchin embryos, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109巻, 27号, pp. 10915-10920, 20120703
  19. Efficient targeted mutagenesis of the chordate Ciona intestinalis genome with zinc-finger nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 54巻, 5号, pp. 535-545, 20120528
  20. CRISPR ライブラリーを利用した機能解析, 月刊「細胞」, 676巻, 201902
  21. Dynamic changes in the interchromosomal interaction of early histone gene loci during early development of sea urchin, Journal of Cell Science, 130巻, 24号, pp. 4097-4107, 201711
  22. 高次クロマチン構造のライブイメージング, 生体の科学, 68巻, 3号, pp. 247-250, 201706
  23. Ligation-mediated PCR with a back-to-back adapter reduces amplification bias resulting from variations in GC content, Analytical Biochemistry, 531巻, 15号, pp. 37-44, 201705
  24. Analysis of individual differences in radiosensitivity using genome editing, ANNALS OF THE ICRP, 201603
  25. Single-Base Pair Genome Editing in Human Cells by Using Site-Specific Endonucleases, International Journal of Molecular Sciences, 16巻, 9号, pp. 21128-21137, 201509
  26. 新規一塩基置換導入法による高発がん性遺伝病の原因変異の同定, 医学のあゆみ, 252巻, 2号, pp. 153-158, 201501
  27. 一般演題8 放射線感受性 SNPの定量的評価系構築のための ヒト培養細胞における一塩基編集法の確立, 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi, 89巻, 0号, pp. 252-256, 201409
  28. ★, Efficient TALEN construction and evaluation methods for human cell and animal applications, GENES TO CELLS, 18巻, 4号, pp. 315-326, 201304
  29. ゲノム編集技術を用いた遺伝子発現の定量的イメージング, 細胞工学, 32巻, 5号, pp. 538-542, 201304
  30. TALE nuclease (TALEN)を用いた培養細胞におけるゲノム編集, 実験医学, 31巻, 1号, pp. 95-100, 201301
  31. Non-transgenic genome modifications in a hemimetabolous insect using zinc-finger and TAL effector nucleases, NATURE COMMUNICATIONS, 3巻, pp. 1017, 201208
  32. Targeted disruption of exogenous EGFP gene in medaka using zinc-finger nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 54巻, 5号, pp. 546-556, 201206
  33. HpSumf1 is involved in the activation of sulfatases responsible for regulation of skeletogenesis during sea urchin development, DEVELOPMENT GENES AND EVOLUTION, 221巻, 3号, pp. 157-166, 201108
  34. Targeted mutagenesis in the sea urchin embryo using zinc-finger nucleases, GENES TO CELLS, 15巻, 8号, pp. 875-885, 201008
  35. Dicer is required for the normal development of sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, ZOOLOGICAL SCIENCE, 27巻, 6号, pp. 477-486, 201006
  36. Role of the nanos homolog during sea urchin development, Developmental Dynamics, 238巻, 10号, pp. 2511-2521, 200910
  37. Suppressor of Hairless (Su(H)) is required for foregut development in the sea urchin embryo., ZOOLOGICAL SCIENCE, 26巻, 10号, pp. 686-690, 200910
  38. The Ars insulator facilitates I-SceI meganuclease-mediated transgenesis in the sea urchin embryo, DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 237巻, 9号, pp. 2475-2482, 200809
  39. Analysis of cis-regulatory elements controlling spatio-temporal expression of T-brain gene in sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 125巻, 1-2号, pp. 2-17, 200802

著書等出版物

  1. 2021年05月28日, 生物物理 / 61 巻 (2021) 3 号, 哺乳類細胞における転写バーストの網羅解析:遺伝子発現量の細胞間多様性の理解に向けて, 日本生物物理学会, 2021年, 05, その他, 単著, 日本語, 落合 博, 171-173
  2. 2021年04月20日, 実験医学2021年5月号(Vol.39 No.8)特集「CRISPR最新ツールボックス」, CRISPR-Cas9システムによる特定遺伝子座ライブイメージング, 羊土社, 2021年04月20日, 20210420, その他, 共著, 日本語, 大石裕晃、落合 博, 9784758125437, 1219-1224
  3. 2021年03月03日, 医学のあゆみ 276巻10号 1細胞解析――技術と応用 (菅野 純夫 (企画)), ライブイメージングによる1 細胞動態解析, 医歯薬出版, 2021年03月03日, 20210303, その他, 共著, 日本語, 大石裕晃、落合 博, 9784006027610, 933-939
  4. 2020年12月18日, 実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ エピゲノムをもっと見るためのクロマチン解析実践プロトコール (大川恭行,宮成悠介/編), 1細胞内のRNA分子の局在可視化と絶対定量ーsmFISHとsmiFISH〔プロトコール〕; 特定遺伝子の核内局在および転写活性の動態を同時に見る, 羊土社, 2020年12月18日, 20201218, 単行本(学術書), その他, 落合 博, 978-4-7581-2248-1, 195-204; 229-232
  5. 2019年12月19日, 実験医学別冊 完全版 ゲノム編集実験スタンダード CRISPR-Cas9の設計・作製と各生物種でのプロトコールを徹底解説 (山本 卓,佐久間哲史/編), 新旧ゲノム編集ツール(ZFN・TALEN・CRISPR)の長所と短所; 特定内在遺伝子の転写-核内;特定内在遺伝子の転写 - 核内局在の同時イメージング, 羊土社, 2019年12月19日, 20191219, 単行本(学術書), 共著, 落合 博, 978-4-7581-2244-3, 17-25; 128-138, 新旧ゲノム編集ツール(ZFN・TALEN・CRISPR)の長所と短所; 特定内在遺伝子の転写-核内;特定内在遺伝子の転写 - 核内局在の同時イメージング
  6. 2019年08月13日, Imaging Gene Expression, Shav-Tal Y. (eds), Real-Time Observation of Localization and Expression (ROLEX) System for Live Imaging of the Transcriptional Activity and Nuclear Position of a Specific Endogenous Gene, Humana, 2019年08月13日, 20190813, 単行本(学術書), 共著, Hiroshi Ochiai, 978-1-4939-9674-2, 35-45
  7. 2018年06月, 医療応用をめざすゲノム編集 最新動向から技術・倫理的課題まで 真下 知士/金田 安史 編, 化学同人, 単著, Japanese, 落合 博, 274, 65-75, 生細胞内の特定ゲノム領域のライブイメージング技術
  8. 2017年06月, Genome Editing in Animals, Springer New York, 単行本(学術書), English, Hiroshi Ochiai, Takashi Yamamoto, 978-1-4939-7128-2, 1-24, Construction and Evaluation of Zinc Finger Nucleases
  9. 2016年10月, All Aboutゲノム編集 “革命的技術”はいかにして私たちの研究・医療・産業を変えるのか? 真下知士,山本 卓/編, 羊土社, Japanese, 落合 博, 978-4-7581-0359-6, 234, ゲノム編集技術の細胞核内ライブイメージングへの応用
  10. 2015年11月, 実験医学別冊「論文だけではわからない ゲノム編集成功の秘訣Q&A―TALEN,CRISPR/Cas9の極意」(山本 卓 編), 羊土社, 落合 博, 哺乳類培養細胞でのゲノム編集 (p. 79-95)
  11. 2014年12月, Targeted Genome Editing Using Site-specific Nucleases: ZFNs, TALENs, and the CRISPR/Cas9 System, Genome Editing Using Zinc-Finger Nucleases (ZFNs) and Transcription Activator-Like Effector Nucleases (TALENs), Springer, 2014年, 12, 単行本(学術書), English, Hiroshi Ochiai, Takashi Yamamoto, 978-4-431-55227-7, 205, 3-24, Genome editing using zinc-finger nucleases (ZFNs) and transcription activator-like effector nucleases (TALENs)
  12. 2014年03月, 実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 今すぐ始めるゲノム編集, 羊土社, 単行本(学術書), English, 落合 博, 978-4-7581-0190-5, 207, 62-72, 人工ヌクレアーゼを利用した哺乳類培養細胞におけるゲノム編集

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 超解像イメージングから解き明かす転写動態と転写制御因子クラスターの関係性, 落合 博, 日本顕微鏡学会 第78回学術講演会, 2022年05月11日, 招待, 日本語, 公益社団法人 日本顕微鏡学会, 郡山
  2. STREAMING-tag system: A novel technology to analyze the spatiotemporal relationship between transcriptional regulators and transcriptional dynamics at the single gene level, Hiroshi Ochiai, The 30th Hot Spring Harbor International Symposium -Chromatin Potential in Development and Differentiation -, 2022年01月18日, 招待, 英語, Yasuyuki Ohkawa, Hiroshi Kimura, Noriko Saitoh, Online
  3. Genome-wide kinetic properties of transcriptional bursting revealed by single cell analysis, Hiroshi Ochiai, The 2nd ASHBi SignAC Workshop, Integrating Single-cell Analysis and Mathematics, 2021年12月10日, 招待, 英語, Yasuaki Hiraoka, Toshiaki Yachimura,Takuya Yamamoto, Taro Tsujimura, Mitinori Saitou (ASHBi, Kyoto University), オンライン
  4. 遺伝子発現量の細胞間多様性を誘引する転写バースト制御機構の解明, 落合 博, 東大黒田研究室セミナー, 2021年11月18日, 招待, 日本語, オンライン
  5. Relationship between higher-order genome structural dynamics and transcriptional dynamics, Hiroshi Ochiai, 富岳プロジェクトセミナー, 2021年09月14日, 招待, 英語, オンライン
  6. Single-gene imaging reveals the relationship between the transcriptional activity of single genes and the formation of transcriptional regulatory factor clusters, Hiroaki Ohishi, Seiru Shimada, Satoshi Uchino, Li Jieru, Yuko Sato, Alexandros Pertsinidis, Takashi Yamamoto, Hiroshi Kimura, Hiroshi Ochiai., Cold Spring Harbor Laboratory Meeting, Mechanisms of Eukaryotic Transcription, 2021年08月31日, 通常, 英語, Michael Levine, Jane Mellor, Eva Nogales, Online
  7. CRISPR-Cas9 による原始内胚葉分化レポーターマウス胚性幹細胞の樹立, 大和田 一志, 落合 博, 山本 卓, 日本ゲノム編集学会第6回大会, 2021年06月17日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, オンライン
  8. 哺乳類細胞における転写バースト制御機構の解明, 落合 博, 新規モデル生物開発センター公開セミナー:ゲノム編集テクニカルセミナーIII, 2021年02月03日, 招待, 日本語, 新規モデル生物開発センター 鈴木賢一, オンライン
  9. 分子の動きを「見る」ためのゲノム編集技術, 落合 博, 第4回 広島大学先端科学セミナー「“ゲノム編集”で未来社会を拓く」, 2020年12月10日, 招待, 日本語
  10. クロマチン潜在能による転写バースト制御, Hiroshi Ochiai, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日, 招待, 英語, オンライン
  11. Transcriptional bursting induces gene expression heterogeneity in mES cells, Hiroshi Ochiai, Chromosome Dynamics 2019, 2019年12月08日, 招待, 英語, Basel
  12. Transcriptional bursting induces gene expression heterogeneity in mouse embryonic stem cells, Hiroshi Ochiai, Single Molecule & Chromatin Symposium, 2019年11月28日, 招待, 英語, Melbourne
  13. CRISPR ライブラリスクリーニングによる転写バースト関連遺伝子の探索, 落合 博、山本 卓, 山本 卓, 日本ゲノム編集学会 第4回大会, 2019年06月05日, 通常, 英語, 日本ゲノム編集学会, 東京
  14. 転写バーストに由来する遺伝子発現量多様性, 落合 博、林哲太郎、梅田茉奈、芳村美佳、原田哲仁、新井哲也、中野堅太、清水有紀子、山本 卓、岡村匡史、大川恭行、二階堂愛, 第36回 染色体ワークショップ・第17回 核ダイナミクス研究会, 2019年01月24日, 通常, 日本語
  15. ゲノム構造再編成における動的核変形の役割, 落合 博、李 聖林、小坂田 文隆、竹田 淳一, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月30日, 通常, 日本語
  16. 細胞多様性決定要因の網羅解析技術の開発, 落合 博, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28日, 通常, 日本語
  17. マウス胚性幹細胞における遺伝子発現量多様性の制御機構の包括的解析, 落合 博, 第91回日本生化学会大会, 2018年09月26日, 通常, 日本語
  18. ゲノム編集技術の応用から探るゲノム高次構造, 落合 博, 第18回日本抗加齢医学会総会, 2018年05月25日, 通常, 日本語, 大阪国際会議場
  19. マウス胚性幹細胞における内因性遺伝子発現ノイズの制御機構の包括的解析, 落合 博, 梅田 茉奈、林 哲太郎、芳村 美佳、原田 哲仁、大川 恭行、山本 卓、二階堂 愛, 第12回日本エピジェネティクス研究会年会, 2018年05月24日, 通常, 日本語, かでる2・7(北海道⽴道⺠活動センター)
  20. 高次ゲノム構造の核内動態と転写活性との関係, 落合 博, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017年12月07日, 通常, 日本語, 神戸
  21. Relationship between kinetics of higher-order genomic structure and transcriptional activity, 落合 博, 第55回日本生物物理学会年会, 2017年09月21日, 通常, 英語, 熊本
  22. 多能性幹細胞における遺伝子発現量多様性の制御機構, 落合 博, 日本大学文理学部生命科学科セミナー 細胞核機能の発現と制御, 2017年06月24日, 通常, 日本語
  23. 特定内在遺伝子の転写活性および核内局在のライブイメージング, 落合 博, 産総研 中国センター シンポジウム ~生命科学の革新的展開~, 2017年02月27日, 通常, 日本語
  24. 細胞核の動的変形による核構造の再編成, 落合 博, 第34回 染色体ワークショップ 第15回 核ダイナミクス研究会, 2017年01月11日, 招待, 日本語
  25. Dynamic nuclear deformation induces nuclear architecture remodeling, Hiroshi Ochiai, Seirin S. Lee, 第39回 日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 通常, 英語, 横浜
  26. Single Base Pair Genome-Editing Technology and Its Future Applications, 落合 博, 第13回日独先端科学(JGFoS)シンポジウム, 2016年10月07日, 通常, 英語
  27. A challenging interdisciplinary approach to elucidate a mystery of remodeling process in nuclear architecture (Part II: Experiment), Hiroshi Ochiai, JSMB2016, 2016年09月09日, 通常, 英語
  28. Relationship between nuclear dynamics and gene expression noise in pluripotent stem cell, Hiroshi Ochiai, 第68回日本細胞生物学会, 2016年06月16日, 通常, 英語
  29. Active nuclear dynamics promotes heterochromatin clustering, 落合 博, The 4th International Symposium of the Mathematics on Chromatin Live Dynamics, 2015年12月09日, 招待, 英語
  30. Simultaneous live imaging of a specific gene's transcription and dynamics., Ochiai H., Sugawara T. & Yamamoto T., 日本分子生物学会・日本生化学会合同大会BMB2015, 2015年12月03日, 通常, 英語
  31. 間期細胞核ダイナミクスとヘテロクロマチン領域の集合, 落合 博, 平成27年度遺伝研研究会 「クロマチン・細胞核構造の形成とダイナミクスによるゲノム機能制御」, 2015年10月29日, 通常, 日本語
  32. Simultaneous live imaging of the transcription and nuclear position of specific genes, 落合 博, 2015 TIC (Transcription Imaging Consortium) meeting, Janelia Research Campus (VA), USA, 2015年09月10日, 通常, 英語, TIC, Janelia Research Campus (VA), USA
  33. 遺伝子の転写活性と各内局在の同時ライブイメージング, 落合 博, 第七回 光イメージング若手の会「光塾」, 広島大学, 2015年09月05日, 通常, 日本語, 広島大学
  34. Simultaneous Live Imaging of the Transcription and Nuclear Position of Specific Genes, Hiroshi Ochiai, International Symposium on Chromatin Structure, Dynamics, and Function, Awaji, Japan, 2015年08月23日, 招待, 英語, Awaji Yumebutai International Conference Center Awaji, Japan
  35. ライブイメージングを利用した多能性幹細胞の性質的多様性の理解, 落合 博, 第254回 発生研セミナー, 熊本大学, 2015年06月30日, 通常, 日本語, 熊本大学
  36. Simultaneous live-imaging of gene position and its transcriptional activity in mouse embryonic stem cells, Hiroshi Ochiai, Takeshi Sugawara, Takashi Yamamoto, 4D nucleome, Hiroshima, 2014年12月18日, 招待, 英語
  37. 内在遺伝子の核内挙動および転写活性の同時ライブイメージング, 落合 博、菅原武志、山本卓, 第32回 染色体ワークショップ・第13回 核ダイナミクス研究会, 広島, 2014年12月17日, 招待, 日本語
  38. Stochastic promoter activation affects gene expression variability in murine embryonic stem cells, Hiroshi Ochiai, Takeshi Sugawara, Tetsushi Sakuma, Takashi Yamamoto, CSHL meeting, NUCLEAR ORGANIZATION & FUNCTION, CSHL, NY, 2014年08月19日, 招待, 英語, Cold Spring Harbor Laboratory Meeting & Courses, CSHL, NY
  39. TALEN-mediated single-base-pair editing in PCS syndrome, 落合 博, 3rd International Genome Engineering & Genome Editing-2014 Meeting on 'Synthetic Biology to Zinc Finger Nucleases & CRISPRs Regulation', Waltham, MA(USA), 2014年05月05日, 通常, 英語, Waltham, MA(USA)
  40. TALEN-mediated single-base-pair editing reveals the functional significance of an intergenic single nucleotide variant, 落合 博, International Symposium on RNAi and Genome Editing Research, Tokushima University, 2014年03月14日, 通常, 英語, Tokushima, Japan

受賞

  1. 2021年10月, Distinguished Researcher, 広島大学
  2. 2021年05月11日, 広島大学大学院統合生命科学研究科 統合生命科学研究科奨励賞, 広島大学
  3. 2016年11月, 平成28年度 広島大学長表彰
  4. 2008年06月, 広島大学エクセレントスチューデント・スカラーシップ
  5. 2007年03月, 広島大学理学部長表彰

取得

  1. 特許権, 細胞の作製方法および該作製方法で作製された細胞
  2. 特許権, DNA結合ドメインを含むポリペプチド

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 基盤研究(B), 高次ゲノム構造動態と遺伝子発現の連関解明, 2022年04月01日, 2025年03月31日
  2. 新学術領域研究(研究領域提案型)(公募研究), 姉妹染色分体間の非ゲノム情報複製と転写動態の連関性解明, 2022年04月01日, 2024年03月31日
  3. 2022年度国立遺伝学研究所共同研究「NIG-JOINT」, クロマチン・細胞核構造の動的変換とゲノム機能制御, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  4. 2022年度国立遺伝学研究所共同研究「NIG-JOINT」「共同研究(A)採択」, 転写依存的なクロマチン拘束性機構の解明, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  5. 学術変革領域研究(A) (公募研究), 不活性化X染色体の決定におけるゲノムモダリティ制御要因の解明, 2021年09月10日, 2023年03月31日
  6. 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究CREST), 1細胞エピゲノム解析技術の開発と基盤解析, 2020年04月01日, 2022年03月31日
  7. 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 増幅遺伝子のコピー数の制御機構の解明, 2019年06月28日, 2021年03月31日
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 高次ゲノム構造が織りなす複雑な遺伝子発現制御動態の解明, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  9. 新学術領域研究(研究領域提案型), 核内RNAボディによるクロマチン制御機構の解明, 2018年06月29日, 2023年03月31日
  10. 新学術領域研究(研究領域提案型), 遺伝子発現制御と高次ゲノム構造動態の関係解明, 2016年04月01日, 2018年03月31日
  11. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 遺伝子核内配置-転写同時ライブイメージングを利用した多能性幹細胞不均一性の解明, 2015年04月01日, 2018年03月31日
  12. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 新規な一塩基置換導入法の確立と疾患関連SNPの機能解析への応用, 2013年04月01日, 2015年03月31日
  13. CREST, 細胞ポテンシャル測定システムの開発, 2020年04月, 2022年03月
  14. さきがけ, 細胞多様性決定要因の網羅解析技術の開発, 2015年10月, 2019年03月
  15. 「発生医学の共同研究拠点」(熊本大学)共同研究課題, 細胞核内ライブイメージングを利用した多能性幹細胞不均一性の解明, 2015年04月, 2016年03月
  16. 平成26年度原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ, ゲノム編集法を用いた放射線感受性の個人差を規定する遺伝的素因の同定, 2014年10月, 2017年03月
  17. 海外発表促進助成金, Stochastic promoter activation affects Nanog expression variability in mouse embryonic stem cells, 2015年, 2015年
  18. 平成25年度笹川科学研究助成, 革新的一塩基置換導入法の確立とヒト遺伝病解析への応用, 2013年, 2013年
  19. H24年度第2回「産学連携若手研究者支援プログラム」, 高効率一塩基置換法の確立, 2013年, 2013年
  20. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 発光イメージングを利用したDNA修復経路の破綻による神経症状発症機構の解明, 2011年, 2013年
  21. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 多細胞生物における細胞間の遺伝子発現のゆらぎとその制御に関する研究, 2009年, 2010年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本ゲノム編集学会 選挙管理委員長, 2022年03月, 2022年04月, 日本ゲノム編集学会
  2. JB編集委員会 編集委員, 2022年01月, 2024年12月, Journal of Biochemistry
  3. 文部科学省 学術調査官(科学研究費補助金担当), 2021年08月, 2023年07月, 文部科学省 研究振興局
  4. 日本ゲノム編集学会 第3回大会準備委員, 2017年09月, 2018年06月, 日本ゲノム編集学会
  5. 日本ゲノム編集学会 第1回大会準備委員, 2016年06月, 2016年09月, 日本ゲノム編集学会
  6. 実行委員・講師, 2015年09月, 2015年09月, International Summer School on Chromatin Dynamics 2015
  7. Editorial Board Member, 2015年07月, 2021年05月, Scientific Reports

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. GET TO KNOW OUR DPs & DRs, Hiroshima University, Hiroshima University Update, 2022年/04月/01日, 取材協力, インターネット, 社会人・一般
  2. 第39回染色体ワークショップ・第20回核ダイナミクス研究会, 木村 宏、落合 博, 2021年/12月/18日, 2021年/12月/23日, オンライン, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  3. みんな違ってそれでいい:細胞の個性を考える, フロムページ, 夢ナビ 講義動画, 2021年/11月/16日, 講師, 出前授業, 高校生
  4. ゲノム編集技術, 広島大学, 広島市立広島中等教育学校 出張授業, 2021年/09月/09日, オンライン, 講師, 出前授業, 高校生
  5. ワークショップ 1PW-04「1細胞解析から紐解くクロマチンポテンシャル」の開催, 落合 博、平谷 伊智朗, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年/12月/02日, 2020年/12月/04日, オンライン, 企画, セミナー・ワークショップ
  6. Scientists identify the molecules responsible for transcriptional bursting, RIKEN, RIKEN, 2020年/09月/25日, 情報提供, インターネット, 社会人・一般
  7. 細胞多様化の一因明らかに 再生医療へ応用期待, 中国新聞, 中国新聞(朝刊), 2020年/08月/14日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  8. Math shows why animals can see at night, ScienceDaily, ScienceDaily, 2019年/09月/11日, 情報提供, インターネット, 社会人・一般
  9. ワークショップ「クロマチン動態のイメージング・定量解析による核機能理解」の開催, 落合 博、上野 勝, 2017年度生命科学計学会合同年次大会, 2017年/12月/06日, 2017年/12月/09日, 企画, セミナー・ワークショップ
  10. シンポジウム「ゲノム機能制御の多階層的理解 ~クロマチンの分子構造から核内動態まで~」の開催, 日比野 佳代, 落合 博, 第55回日本生物物理学会年会, 2017年/09月/21日, 2017年/09月/21日, 神戸ポートピアホテル, 企画, 講演会
  11. シンポジウム「Understanding of nuclear function by live imaging of chromatin dynamics」の開催, 上野 勝、落合 博, 第39回 日本分子生物学会年会, 2016年/11月/30日, 2016年/11月/30日, 企画, 講演会, 学術団体
  12. 遺伝子の核内動態と細胞の個性をひもとく, 日経バイオテク, 2015年/11月/23日, 2015年/11月/23日, 寄稿, 新聞・雑誌
  13. 広島大が標的遺伝子の細胞内位置と活性を同時に可視化するROLEX技術、CRISPR/dCas9を活用, 日経バイオテクONLINE, 2015年/06月/20日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  14. Live Imaging of a Specific Gene's Transcription and Dynamics, MDT Medical Design Technology, MDT Medical Design Technology, 2015年/06月/19日, 取材協力, インターネット, 社会人・一般
  15. Simultaneous live imaging of a specific gene's transcription and dynamics, Eurekalert!, Eurekalert!, 2015年/06月/18日, 取材協力, インターネット, 社会人・一般
  16. Simultaneous live imaging of a specific gene's transcription and dynamics, Phys.org, Phys.org, 2015年/06月/18日, 取材協力, インターネット, 社会人・一般
  17. マウス胚性幹細胞における確率的なプロモーター活性化がNanog発現のばらつきに影響を与える, Nature Japan, Nature Japan, 2014年/11月/20日, 情報提供, インターネット, 社会人・一般
  18. 【山本研ゲノム編集アップデイト(3)】Wageningen大、DNAガイドを介した新規DNA切断現象を原核生物で発見, 日経バイオテク, 日経バイオテク, 2014年/03月/26日, 2014年/03月/26日, 寄稿, 新聞・雑誌
  19. Simultaneous live imaging of a specific gene's transcription, dynamics, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2014年/01月/15日, 情報提供, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  20. 広島大と理研が人工ヌクレアーゼZFNで遺伝子挿入、ウニ初期胚1細胞の遺伝子発現を可視化, 日経バイオテクONLINE, 2012年/06月/19日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般