森山 美知子michiko moriyama

Last Updated :2017/08/01

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(保) 看護開発科学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
morimichhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1985年, 1989年, 日本赤十字社医療センター, 呼吸器科病棟, 看護師
  • 1983年, 1985年, 京都第一赤十字病院, 集中治療棟(ICU), 看護師
  • 2004年, 2012年, 広島大学, 大学院保健学研究科保健学専攻看護開発科学講座, 教授
  • 2002年, 2004年, 広島大学, 医学部保健学科看護学専攻臨床看護学講座, 教授
  • 1997年, 2002年, 厚生労働省, 専門官
  • 1996年, 1997年, 山口県立大学, 看護学部, 講師
  • 1992年, 1996年, 山口女子大学, 家政学部/看護学部設置準備室, 助手
  • 1990年06月01日, 1991年01月31日, 中央カリフォルニア市民病院, 内科/外科病棟

学歴

  • カリフォルニア州立大学フレスノ校, 看護学部大学院, アメリカ合衆国, 1990年, 1992年
  • 京都第一赤十字看護専門学校, 日本, 1980年04月, 1983年03月
  • 山口大学, 医学系研究科(研究生), 公衆衛生学教室, 日本, 2000年

学位

  • 博士(医学) (山口大学)
  • 看護学修士 (カリフォルニア州立大学フレズノ校)

研究分野

  • 医歯薬学 / 看護学 / 臨床看護学
  • 医歯薬学 / 看護学 / 地域看護学

研究キーワード

  • 地域ケア|慢性疾患ケア|家族|疾病管理|COPD|心不全
  • アセスメントアルゴリズム|保険者|セルフマネジメント|退院調整|保険者|看護管理
  • 精神腫瘍学|保健指導|疾病管理|疾病管理|脳卒中|退院調整
  • 医療人類学的手法|慢性疾患|専門の看護師|ワークライフバランス|大腿骨頸部骨折|スピリチュアリティ
  • セルフマネジメント|病院|標準化|実態調査|疾病管理
  • 実態調査|教育プログラム|糖尿病性腎症|苦悩|医療保険者
  • 機能|マグネットホスピタル|プログラム|慢性疾病管理|循環器系疾患
  • ベンチマーキング|文化|疾病管理|2型糖尿病|脳卒中
  • セルフマネジメント|ファミリーヘルスナース|脳血管障害|がん|ケアマネジメント
  • 慢性疾患|疾病管理|心筋梗塞|慢性疾患管理|調査

所属学会

  • 国際家族看護学会, 2011年
  • 日本がん看護学会, 2006年
  • 日本プライマリ・ケア連合学会, 2010年
  • 日本ヘルスサポート学会, 2006年
  • 日本公衆衛生学会, 2007年, 2009年
  • 日本医療・病院管理学会
  • 日本家族看護学会, 1994年
  • 日本循環器心身医学会
  • 日本循環器看護学会, 2007年
  • 日本慢性看護学会, 2006年
  • 日本疾病管理研究会, 2006年
  • 日本看護科学学会, 2004年
  • 日本糖尿病教育・看護学会
  • 日本腎不全看護学会, 2011年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 4ターム, 人の健康と社会[P4C,PN6]
  2. 2017年, 学部専門, 集中, 総合実習
  3. 2017年, 学部専門, 4ターム, 家族看護学
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 成人看護学概論
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 成人看護方法演習・慢性期
  6. 2017年, 学部専門, 通年, 卒業研究
  7. 2017年, 学部専門, 集中, 成人看護学実習(慢性期)
  8. 2017年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 看護理論
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 成人看護方法学特論
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 成人看護方法学特論
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 成人看護方法学特別演習
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 成人看護方法学特別演習
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 成人看護方法学特別演習
  15. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 成人看護方法開発学特講
  16. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 成人看護方法開発学特講
  17. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 成人看護方法学特別研究
  18. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), フィジカルアセスメント
  19. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 慢性疾患ケア看護学特論1
  20. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 慢性疾患ケア看護学特論2
  21. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 慢性疾患ケア看護学特論3
  22. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 慢性疾患ケア看護学特論4
  23. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 慢性疾患ケア看護学特論5
  24. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 慢性疾患ケア看護学演習1
  25. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 慢性疾患ケア看護学演習2
  26. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 慢性疾患ケア看護学実習1
  27. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 慢性疾患ケア看護学実習2
  28. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 慢性疾患ケア看護学実習3
  29. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 慢性疾患ケア看護学実習4
  30. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 慢性疾患ケア看護学実習5
  31. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 慢性疾患ケア看護学課題研究
  32. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Epidemiology and Disease Prevention
  33. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Health Communication and Health Promotion
  34. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Research Methodology in Health Science
  35. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Global Health Challenges Solutions I
  36. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 成人看護方法開発学特講演習
  37. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 成人看護方法開発学特講演習
  38. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 成人看護方法開発学特講演習
  39. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 看護開発科学特別研究
  40. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), Environment and Health
  41. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), Research Methodology and Health System Management
  42. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), Advanced Research Methodology in Health Science
  43. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), Global Health Challenges and Solutions II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Effectiveness of an educational self-management program for outpatients with chronic heart failure, JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE, 8巻, 2号, pp.140-pp.152, 2011
  2. Follow-up study for a disease management program for chronic heart failure 24 months after program commencement, JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE, 9巻, 2号, pp.136-pp.148, 2012
  3. Effects of a Self-Management Skills-Acquisition Program on Pre-Dialysis Patients with Diabetic Nephropathy, NEPHROLOGY NURSING JOURNAL, 40巻, 2号, pp.141-pp.148, MAR-APR 2013
  4. Factors and Structural Model Related to End-of-Life Nursing Care in General Ward in Japan, AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 30巻, 2号, pp.146-pp.152, MAR 2013
  5. Therapeutic Drama Activity for the Demented Elderly Second International Nursing Research Conference,Kobe, Japan,1995, Second International Nursing Research Conference=Kobe= Japan=1995, 19950401
  6. Impact of Different Living Styles on the Health Status of the Elderly Japanese and Jpanese-Americans, 看護学研究論集(山口県看護研究会)=101-116, pp.101-pp.116, 19950401
  7. A Comparative Analysis of General System Theory and the Neuman Systems Model., 看護学研究論集(山口県看護研究会)=101-116, pp.117-126,, 19950401
  8. 施設入園高齢者のストレスーコーピング:施設入園高齢者をめぐる心理社会的要因と身体的健康との関連, 日本保健医療行動学会年報, 4巻, pp.191-pp.209, 19890401
  9. 高齢者の「幸福感(well-being)」と「生きがい」意識を規定する心理・社会的要因の研究, 老年社会科学, 11巻, pp.134-pp.150, 19890401
  10. 医療施設の台風による停電の影響について, 日本公衆衛生雑誌, 40巻, 2号, pp.115-pp.122, 19930401
  11. 訪問看護の質とその影響因子の分析:在宅看護システムモデルを用いて, 病院管理, 31巻, 1号, pp.13-22,, 19940401
  12. 女性の社会進出を阻害しない保健福祉計画(その1):コミュニティ・ケアチーム(CCT)・の導入, 病院管理, 31巻, 1号, pp.23-pp.32, 19940401
  13. 山口県における医療関係者の老人保健施設に対する意識調査, 山口医学, 43巻, 1号, pp.9-pp.13, 19940401
  14. 高齢者の社会的入院を発生させる要因の検討(その1), 病院管理, 31巻, 3号, pp.5-pp.13, 19940401
  15. 女性の社会進出を阻害しない保健福祉計画(その2), 病院管理, 31巻, 3号, pp.69-pp.77, 19940401
  16. 高齢者の社会的入院を発生させる要因の検討(その2), 病院管理, 32巻, 1号, pp.27-pp.36, 19950401
  17. スペシャリストの現状と日本の課題:米国における歴史的展開を踏まえて, INR(インターナショナル・ナーシング・リビュー), 18巻, 2号, pp.8-pp.13, 19950401
  18. 入院期間の短縮化及び患者・家族のQOR向上に関する専門的援助の研究:退院患者の分析から, 病院管理, 33巻, 1号, pp.27-pp.37, 19960401
  19. 急性期疾患治療病院に退院調整専門看護婦を設置する効果の研究(その2), 病院管理, 33巻, 2号, pp.23-pp.32, 19960401
  20. 施設に入所している痴呆高齢者に対する演劇療法, 看護研究, 29巻, 4号, pp.17-pp.27, 19960401
  21. 高齢者をサポートする家族機能に関する介護援助的研究, 高齢者問題研究, 12巻, pp.149-pp.159, 19960401
  22. 家族システム看護への取り組み:臨床とタイアップした教育, 家族看護学研究, 3巻, 1号, pp.18-pp.29, 19970401
  23. 保健医療情報の利用促進に関する研究:国保安定化を目的とした国保データの検討, 病院管理, 34巻, 2号, pp.41-pp.51, 19970401
  24. 高齢者介護の家族援助技法に関する研究, 北方圏生活福祉研究所年報, 2巻, pp.15-pp.21, 19970401
  25. 糖尿病患者の家族関係に生じるノンコンプライアンスの要因と治療的変化を起こした看護介入, 家族看護学研究, 5巻, 1号, pp.17-pp.25, 19990401
  26. 褥瘡教育の普及に伴う課題:実態調査からの分析, 日本褥瘡学会誌, 2巻, 1号, pp.17-pp.22, 20000420
  27. 厚生労働省の考えるこれからの看護技術教育., インターナショナル・ナーシングレビ ュー, 25巻, 2号, pp.57-pp.61, 20020401
  28. Nursing night workload for unexpected events for each diagnosis, IEA(International Ergonomics Association)2003 CONGRESS, 20030801
  29. 終末期ケアに関するグループ・ディスカッションを用いた啓発活動の効果, 生命倫理, 15巻, 1号, pp.75-pp.83, 20050901
  30. 2型糖尿病患者の家族における食事療法の協力体制形成過程, 日本糖尿病教育・看護学会誌, 11巻, 2号, pp.157-pp.165, 20070915
  31. 脳血管障害発症後3ヶ月間における壮年期の患者と配偶者のケアニーズ, 家族看護, 5巻, 2号, pp.37-pp.41, 20070824
  32. 糖尿病患者教育の標準化/適正化に向けた療養指導体制の実態調査, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 2号, pp.118-pp.125, 20070928
  33. 一般住民の生活習慣改善プログラムへの支払意思額に関する調査, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 2号, pp.126-pp.134, 20070928
  34. 大腿骨近位部骨折のリハビリテーション看護ー日米英のベンチマーキングからー, MEDICAL REHABILTATION, 84号, pp.61-pp.71, 20071015
  35. 外来で科学療法を受ける進行・再発消化器がん患者の配偶者が知覚している困難と肯定感, 日本がん看護学会誌, 21巻, 2号, pp.62-pp.67, 20071201
  36. 家族看護学の視点から, 日本クリティカルケア看護学会誌, 3巻, 2号, pp.8-pp.12, 20071220
  37. :家族看護学の新たな発展の方向性の模索と政策への反映, 保健の科学, 50巻, 1号, pp.13-pp.18, 20080101
  38. シンポジウム「カルガリー家族看護モデルからみた家族看護実践知」, 家族看護学研究, 9巻, pp.128-pp.130, 20040401
  39. 高齢者のアドバンス・ディレクティブへの賛同と関連要因, 病院管理, 41巻, 2号, pp.27-pp.35, 20040401
  40. 「医療ケアの標準化と現在の看護基礎教育の問題点」, 文光堂・Quality Nursing, 10巻, 8号, pp.4-pp.5, 20040401
  41. 医療の標準化と診療ガイドラインの活用-大腿骨頚部骨折急性期医療ケアの日米英比較より-, 文光堂・Quality Nursing, 10巻, 8号, pp.6-pp.20, 20040401
  42. 「英国の医療の質改善の動きとクリニカル・ナース・スペシャリストの発展」, 文光堂・Quality Nursing, 10巻, 8号, pp.33-pp.35, 20040401
  43. 終末期ケアに関する啓発活動への高齢者の関心と規定要因, 生命倫理, 14巻, 1号, pp.65-pp.74, 20040401
  44. 脳卒中専門看護師の機能と役割, 呉大学看護学部 看護学統合研究, 6巻, pp.40-pp.49, 20040401
  45. 広島県のホスピス推進プロセスとChange Agentとしての看護師の役割, 日本がん看護学会誌, 19巻, 2号, pp.87-pp.94, 20051201
  46. 疾病管理の観点に立った患者特性に応じた2型糖尿病のアセスメント・アルゴリズムの開発, 糖尿病, 48巻, 12号, pp.863-pp.868, 20051201
  47. 医療機関における患者教育の実態及び疾病管理サービスの利用意向に関する調査, 病院管理, 43巻, 1号, pp.47-pp.58, 20060101
  48. 「大腿骨頚部骨折急性期治療の標準化に向けた研究ー日米のベンチマーキングを通してー」, 日本整形外科看護研究会誌, 1巻, pp.56-pp.61, 20060401
  49. 日本版健康関連ハーディネス尺度(The Japanese Health-Related Hardiness Scale)の作成, 日本看護科学学会誌, 26巻, 3号, pp.13-pp.21, 20060901
  50. 再生医療に対する看護職の意識調査, 生命倫理, 16巻, 1号, pp.138-pp.146, 20060901
  51. オストメイトのストーマ受容度とセルフケア状況およびストーマ受容影響要因との関連性, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 1号, pp.1-pp.11, 20061201
  52. 家族看護:新たな発展の方向性と政策への反映, 家族看護学研究, 12巻, 3号, pp.162-pp.168, 20070201
  53. 脱病院看護:Change Agentとしてケア提供システムを変革する, 病院管理, 39巻, 4号, pp.62-pp.63, 20020401
  54. 2型糖尿病の自己管理に関連した文献的考察ー患者特性分類のためのアセスメントツール開発に向けて, 広島大学保健学ジャーナル, 3巻, pp.1-pp.12, 20031101
  55. 家族看護 糖尿病をもって生きる人々とその家族への支援, 日本糖尿病教育・看護学会誌, 9巻, pp.54-pp.61, 20050401
  56. Unexpected Situations Affecting Night Nursing Workload, IEA CONGRESS, 20030501
  57. 2型糖尿病患者の家族における食事療法の協力体制形成過程, 日本糖尿病教育・看護学会誌, 11巻, 2号, pp.157-pp.165, 20070901
  58. 糖尿病患者教育の標準化/適正化に向けた療養指導体制の実態調査, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 2号, pp.118-pp.125, 20070901
  59. 一般住民の生活習慣改善プログラムへの支払意思額に関する調査, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 2号, pp.126-pp.134, 20070901
  60. 大腿骨近位部骨折のリハビリテーション看護ー日米英のベンチマーキングからー, MEDICAL REHABILTATION, 84巻, pp.61-pp.71, 20071001
  61. 家族看護学の視点から, 日本クリティカルケア看護学会誌, 3巻, 2号, pp.8-pp.12, 20071220
  62. 外来で化学療法を受ける進行・再発消化器がん患者の配偶者が知覚している困難と肯定感, 日本がん看護学会誌, 21巻, 2号, pp.62-pp.67, 20071228
  63. 医療人類学と透析患者の生活ー文献からのー考察, 群馬県透析懇話会, 20080203
  64. 関節リウマチ患者のセルフケア行動の実態調査, 日本整形外科看護研究会誌, 3巻, pp.64-pp.71, 20080401
  65. セルフマネジメント能力の獲得を主眼とした包括的心臓リハビリテーションプログラムの有効性の検討, 日本看護科学会誌, 28巻, 4号, pp.17-pp.26, 20081220
  66. Family Nursing Practice and Education, Journal of FAMILY NURSING, 14巻, 4号, pp.442-pp.455, 20081101
  67. 慢性心不全患者の疾病の自己管理の実態と心不全の臨床指標との関連, 広島大学保健学ジャーナル, 7巻, 2号, pp.66-pp.76, 20081231
  68. Nursing Work Index-Rの因子分析からみえる看護師が望む看護労働環境, 日本看護管理学会誌, 12巻, 2号, pp.22-pp.31, 20090225
  69. 外来で化学療法を受けるがん患者が知覚している苦痛, 日本がん看護学会誌, 23巻, 1号, pp.53-pp.60, 20090525
  70. がん診療連携拠点病院におけるがん患者・家族のサポート体制に関する実態調査, 緩和医療学, 11巻, 2号, pp.45-pp.52, 20090401
  71. Efficacy of a self-management education program for people with type 2 diabetes:Results of a 12 month trial, JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE, 6巻, 1号, pp.51-pp.63, 20090808
  72. MacNew Heart Disease Health-Related Quality of Life Questionnaire の日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討, 日本看護科学会誌, 30巻, 1号, pp.91-pp.99, 20100301
  73. 看護基礎教育における看護学教育の実態に関する調査報告, 家族看護学研究, 14巻, 3号, pp.66-pp.74, 20090201
  74. Effect of Continuous Home-Visit Rehabilitation on Functioning of Discharged Frail Elderly, J.Phys.Ther.Sci, pp.21(4):343-348, 20090701
  75. 在宅で親や配偶者の看取りを行う介護者の情緒体験と予期悲嘆, 日本看護科学会誌, 30巻, 4号, pp.6-pp.16, 20101201
  76. 脳血管障害発症後3か月における患者と家族の心理的ケアニーズ, 家族看護学研究, 16巻, 2号, pp.71-pp.80, 20101201
  77. 総合的な支援活動-広島の場合, ホームレスと社会, 2巻, pp.90-pp.95, 20100401
  78. 家族看護(学)のあり方と今後の学会活動の課題に関する見解のまとめ, 家族看護学研究, 16巻, 1号, pp.33-pp.36, 20100801
  79. 病棟に勤務する看護師において性差とジェンダー・タイプのどちらかがストレッサーとバーンアウトの知覚に影響するか, 広島大学保健学ジャーナル, 9巻, 1号, pp.7-pp.14, 20110101
  80. 慢性期虚血性心疾患患者の自己管理行動評価尺度の作成, 日本循環器看護学会誌, 16巻, 2号, pp.19-pp.27, 20110201
  81. 一般病棟における終末期がん患者と家族に対する看取りケア実践の関連要員ーがん看護専門看護師の教育的立場からみた要因の分析, 広島国際大学看護学ジャーナル, 18巻, 1号, pp.61-pp.69, 20100301
  82. 経管栄養法導入における家族の代理決定概念モデルの構築, 家族看護学研究, 16巻, 3号, pp.147-pp.156, 20110301
  83. 看護基礎教育における家族看護学教育の実態に関する調査報告, 家族看護学研究, 14巻, 3号, pp.66-pp.74, 20090201
  84. 要介護高齢者に対する退院支援プロセスへのリハビリテーション職種の関与状況ー急性期病床、回復期リハビリテーション病床、療養病床間の比較ー, 理学療法科学, 26巻, 3号, pp.387-pp.392, 20110601
  85. Follow-up study for a disease management program for chronic heart failure 24 months after program commencement, Japan Journal of Nursing Science, 20111001
  86. 終末期看護場面におけるシミュレーション学習法を用いた実習前の学生レディネス向上と臨床判断の育成に関する効果の検討の試み , 日本看護学教育学会誌, 21巻, 2号, pp.45-pp.56, 20111101
  87. Effectiveness of an educational self-management program for outpatients with chronic heart failure, Journal of Nursing Science,8, pp.140-pp.152, 20110801
  88. 心筋梗塞患者の再発予防に向けた地域連携と患者教育の実態, 日本医療マネジメント学会雑誌, 12巻, 3号, pp.156-pp.160, 20111201
  89. 行動変容が困難な糖尿病腎症患者へのセルフマネジメント支援, 慢性疾患看護学会誌, 5巻, 2号, pp.48-pp.52, 20111201
  90. 肝腫瘍切除患者における手術創部位別の術後回復過程と患者QOLの相違, 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 1号, pp.35-pp.42, 20111201
  91. Macro and Micro Triangulations for Supporting Healthy Family Growth, Japanese Journal of Research in Family Nursing, 17巻, 2号, pp.86-pp.90, 20120101
  92. 看護師による教育的介入によって糖尿病患者の正しい家庭血圧測定行動は形成されるか, 日本循環器看護学会誌, 7巻, 2号, pp.1-pp.17, 20120201
  93. Examination of a cognitive model of stress, burnout, and intention to resign for Japanese nurses., Japan Journal of Nursing Science, 8巻, 1号, pp.76-pp.86, 20110601
  94. 肝腫瘍切除患者における手術創部位別の術後回復過程と患者QOLの相違, 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 1号, pp.35-pp.42, 20111201
  95. 看護教員の職業選択動機別によるソーシャルサポート, ストレス, バーンアウトとの関連について., 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 2号, pp.55-pp.61, 20120801
  96. 腹膜透析治療を開始した患者の家族の透析治療への協力体制形成過程., 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 2号, pp.62-pp.71, 20120801
  97. 脳卒中の再発予防に関する医療施設の患者教育の実態調査., 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 2号, pp.81-pp.86, 20120801
  98. Multifactorial analysis of factors affecting recurrence of stroke in Japan., Asia Pacific Journal of Public Health, 27巻, 2号, pp.NP333-pp.NP340, MAR 2015
  99. 看護師養成所における看護教員のストレスとソーシャルサポート及びバーンアウトの関係性., 日本看護学教育学会誌, 22巻, 1号, pp.25-pp.34, 20120701
  100. 保存期糖尿病腎症患者に対する教育プログラムの効果(6か月間の介入評価), 日本腎不全看護学会誌, 14巻, 2号, pp.92-pp.100, 20121101
  101. 在宅で終末期を迎える人を介護する家族の予期悲嘆尺度の開発, 日本看護科学会誌, 32巻, 4号, pp.41-pp.51, 20121201
  102. 家族看護―スペシャリスト教育とジェネラリスト教育, 家族療法研究, 29巻, 3号, pp.51-pp.55, 20121201
  103. 軽症脳梗塞患者の再発予防における自己管理の実態と臨床指標との関連, 広島大学保健学ジャーナル, 11巻, 1号, pp.1-pp.9, 20121201
  104. 看護師を対象としたATQ-R(Automatic Thoughts Questionnaire-Revised)短縮版作成と信頼性・妥当性の検討, 広島大学保健学ジャーナル, 11巻, 1号, pp.20-pp.28, 20121201
  105. 在宅酸素療法を行う慢性呼吸不全患者の教育に関わる看護師への教育介入の効果, 広島大学保健学ジャーナル, 11巻, 1号, pp.29-pp.37, 20121201
  106. 認知症を有する高齢心不全患者の急性憎悪期において看護師が対応困難と認識した支援の実態, 日本循環器看護学会誌, 8巻, 2号, pp.26-pp.34, 20130201
  107. 認知症を有する高齢慢性心不全患者の再入院の要因と在宅療養に向けた疾病管理の実態, 日本循環器看護学会誌, 8巻, 2号, pp.35-pp.46, 20130201
  108. Difference in prognoses after first-ever ischemic stroke among subtypes, Nagoya Medical Journal, 53巻, 1号, pp.1-pp.10, 20131201
  109. 合併症をもつ慢性心不全患者に対する患者教育とケアコーディネーション, 日本循環器看護学会誌, 8巻, 1号, pp.50-pp.52, 20120801
  110. 看護サービス提供体制のリコンストラクション, 家族看護学研究, 18巻, 2号, pp.150, 20130301
  111. Difference in prognoses after first-ever ischemic stroke among subtypes, Nagoya Medical Journal, 53巻, 1号, pp.1-pp.10, 20130301
  112. ★, Effects of a 6-month nurse-led self-management program on comprehensive pulmonary rehabilitation for patients with COPD receiving home oxygen therapy., Rehabilitation Nursing, 40巻, 1号, pp.40-pp.51, JAN-FEB 2015
  113. MacNew Heart Disease Health-Related Quality of Life Questionnaire日本語版の信頼性・妥当性の再検討 –心筋梗塞患者による再検討-., 日本循環器看護学会誌, 9巻, 1号, pp.100-pp.108, 20130901
  114. 飲酒によって示される飲酒者の人生の価値と節酒への抵抗理由, 日本精神保健看護学会誌, 22巻, 2号, pp.31-pp.39, 20131101
  115. 米国における脳卒中専門看護師の機能と役割, 日本看護学会論文集 看護総合, 35巻, pp.258-pp.260, 20040901
  116. 飲酒によって示される飲酒者の人生の価値と節酒への抵抗理由, 日本精神保健看護学会誌, 22巻, 2号, pp.31-pp.39, 20131101
  117. 高齢者に必要な医療・介護とは?-国民健康保険のデータ分析からの提言ー, ECO・FORUM, 29巻, 2,3号, pp.11-pp.18, 20140201
  118. Do Practice Nurses in the Caribbean have the Knowledge of the Principles and Concepts of Diabetes Self-Management Education?, J Nurs Care, 3巻, 192号, 20140901
  119. Assessment of a portfolio as an effective tool to promote self-management among patients with ischemic heart diseases., Health, 6巻, 5号, pp.364-pp.373, 20140301
  120. 外来における心不全疾病管理看護師としての役割-地域での多職種連携の構築に向けて- , 日本循環器看護学会誌, 10巻, 1号, pp.47-pp.49, 20140820
  121. Family Nursing Practice and Education What Is Happening in Japan?, JOURNAL OF FAMILY NURSING, 14巻, 4号, pp.442-pp.455, NOV 2008
  122. Efficacy of a self-management education program for people with type 2 diabetes: Results of a 12 month trial, JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE, 6巻, 1号, pp.51-pp.63, 2009
  123. Effect of Continuous Home-Visit Rehabilitation on Functioning of Discharged Frail Elderly, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 21巻, 4号, pp.343-pp.348, NOV 2009
  124. Examination of a cognitive model of stress, burnout, and intention to resign for Japanese nurses, JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE, 8巻, 1号, pp.76-pp.86, 2011
  125. Efficacy of the End-of-Life Nursing Care Continuing Education Program for Nurses in General Wards in Japan, AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 31巻, 5号, pp.513-pp.520, AUG 2014
  126. Baseline Feature of a Randomized Trial Assessing the Effects of Disease Management Programs for the Prevention of Recurrent Ischemic Stroke, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 3号, pp.610-pp.617, MAR 2015
  127. わが国のプライマリ・ケア機能を担う診療所における看護師の担うべき役割と必要な能力., 日本プライマリ・ケア連合学会誌, 38巻, 2号, pp.102-pp.110
  128. 第10回国際家族看護学会 最終事業報告書 , 第10回国際家族看護学会 最終事業報告書 , 2014
  129. Efficacy of a disease management program focused on acquisition of self-management skills in pre-dialysis patients with diabetic nephropathy: 24 months follow-up, JOURNAL OF NEPHROLOGY, 28巻, 3号, pp.329-pp.338, JUN 2015
  130. The Relation to Effective Communication on Cancer among Patients and the Families on Psychological Adaptation between ., Japanese Chemotherapy-Treated Outpatients and their Family Members. Palliative Medicine and Nursing. Volume1 Issue 2 108 Open Access 2015
  131. 山元町仮設住宅・被災者住宅におけるIT危機を用いた保健活動., 日本プライマリ・ケア連合学会誌(特集号), 38巻, pp.180-pp.183, 201503
  132. 回復期の脳卒中患者に関わる看護師への脳卒中後うつに関する教育の効果., 日本ニューロサイエンス看護学会誌, 2巻, 2号, pp.49-pp.60
  133. ★, 脳卒中・脳卒中患者の特徴とそれを踏まえた上での新たな再発予防体制の構築の必要性-脳卒中介入研究を担当した看護師によるフォーカス・グループ・インタビューの結果から-., 日本ニューロサイエンス看護学会誌, 2巻, 2号, pp.77-pp.84
  134. データヘルス計画:ポピュレーション・ヘルス・マネジメントの展開, 日本遠隔医療学会雑誌, 11巻, 1号, pp.25-pp.29, 2015/5/31
  135. 腹膜透析患者の透析手技とカテーテル管理の実態, 日本慢性看護学会誌, 9巻, 1号, pp.15-pp.19, 2015/5/25
  136. 日本版疾病管理の始動, 日本ヘルスサポート学会年報2015, 1巻, pp.11-pp.16, 2015,8,7
  137. 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中再発予防患者教育に関する全国調査-入院中の脳卒中再発予防教育プログラムの有無による検討, .日本ニューロサイエンス看護学会誌, 3巻, 1号, pp.13-pp.21, 2015,8,30
  138. わが国のプライマリ・ケア機能を担う診療所における看護師の担うべき役割と必要な能力, 日本プライマリ・ケア連合学会誌, 38巻, 2号, pp.102-pp.110, 2015
  139. Development and Evaluation of Disease Management Program and Service Framework for Patients with Chronic Diseases., Health, 7巻, 6号, pp.729-pp.740, 2015
  140. The Effect of Educational Intervention regarding Advance Care Planning for Advance Directives., Health, 7巻, 8号, pp.934-pp.945, 2015
  141. Efficacy and Usability of an E-learning Program for Fostering Qualified Disease Management Nurses., Health, 7巻, 8号, pp.955-pp.964
  142. 保存期慢性腎不全患者の家族における食事療法の協力体制形成過程., 広島大学保健学ジャーナル, 13巻, 1/2号, pp.13-pp.21, 2016,3,31
  143. The Effect of the Group Cognitive Behavior Therapy in a Nurse’s Burnout and Intention to Resign, Health, 7巻, pp.1243-pp.1254, 2015
  144. Mobile healthcare system for health checkups and telemedicine in post-disaster situations., Stud Health Technol Inform, pp.79-pp.83, 2015
  145. Health checkup and telemedicine system in post-disaster situations., Japanese Journal of Telemedicine and Telecare, 11巻, 2号, pp.135-pp.138, 2015
  146. Effects of a Revised Moderate Drinking Program for Enhancing Behavior Modification in the Workplace for Heavy Drinkers: A Randomized Controlled Trial in Japan., Health, 7巻, 12号, 2015
  147. 2025年度に向けた7つの目標 社会保障改革しか道はない, NIRA報告書, 2015
  148. 認知症を有する人を介護する家族介護者のパートナーシップを築く力の向上を目指した教育プログラムの効果の検討, 日本看護科学会誌, 36巻, pp.1-pp.8, 2016
  149. 糖尿病患者を透析にしない工夫:データヘルス計画と呉市モデル, .医工学治療, 28巻, 2号, pp.123-pp.128, 2016
  150. Development and Testing of the Partnership Scale for Primary Family Caregivers Caring for Patients With Dementia., Journal of Family Nursing, pp.1-pp.29, 20160712

著書等出版物

  1. 2005年, カルガリー家族アセスメントモデル , エイド出版, 2005年, 単行本(学術書), 共著, 五十嵐由希子
  2. 2004年03月, 糖尿病の疾病管理におけるアセスメントアルゴリズムと介入プログラムの開発:日米比較研究 , 財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団 第11回(平成14年度)国際共同研究, 2004年, 03, 調査報告書, 共著, 中野真寿美 , 129
  3. 1998年, 高齢者医療福祉の新しい方法論:疾病診断から総合評価へ、4部「高齢者総合評価の看護における有用性」 , 医学書院, 1998年, 単行本(学術書), 共著, 岡本祐三 並河正晃 藤本直規
  4. 1999年, ベティ・ニューマン看護論. 分担:第1章(p.2?82),医学書院、1999 , 翻訳, 医学書院, 1999年, 共訳, 野口多恵子 河野庸二 塚原正人 森山美知子 , 81
  5. 1997年, エキスパートナースMOOK27:患者アセスメントマニュアル.診断とケアプラン , 照林社(小学館), 1997年, 単行本(学術書), 共編著, 藤村龍子 森山美知子 原田 博子
  6. 1996年11月, システム論による看護の実践「家族システム看護の実践」 , 日本総合研究所, 1996年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 4890142347, 102
  7. 1996年, 緩和ケア・癒しの看護[上巻]「終末期の患者をもつ家族のサポートに焦点を当てた看護の実際」(P.283?289)、「崩壊した家族への癒しの看護:キーパースンが中心となって点と点を線に結びつけた看護の実際」(P.290?295)日本総合研究所、1996 , 日本総合研究所, 1996年, 単行本(学術書), 共著, 森山美知子 戸井間充子 石井周子 嶋岡洋子 福田貴代美 木下みゆき
  8. 1996年, 日常ケアにすぐ役立つ実践看護英語1‐150、 , 医学書院, 1996年, 単行本(一般書), 共著, charles morales
  9. 1995年, 家族看護モデル:アセスメントと援助の手引き , 医学書院, 1995年, 単行本(学術書), 単著
  10. 1994年, 看護診断のための看護アセスメント. 第1,2,3,4,19章、付録分担、p.1-234,医学書院、1994 , 翻訳, 医学書院, 1994年, 監修, 234
  11. 2004年03月, 厚生労働科学研究研究費補助金 政策科学推進研究事業 大腿骨頚部骨折の医療ケア標準化における費用対効果 , 平成15年度 研究成果報告書, 2004年, 03, 調査報告書, 共編著, 川渕孝一 , 138
  12. 2003年05月, リハビリテーション看護研究7 家族看護モデルの臨床応用 ーリハビリテーション看護の視点から , 医歯薬出版株式会社・リハビリテーション看護と家族支援, 2003年, 05, 単行本(学術書), 単著, 16
  13. 2003年, 家族看護モデル:アセスメントと援助の手引き , リハビリテーション看護研究7=医歯薬出版, 2003年, 単行本(学術書), 単著
  14. 2003年, 継続ケアのためのパスとディスチャージプラニング. , 中央法規, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 阿部俊子 森山 美知子
  15. 2003年, 『看護研究』アーカイブス第3巻・・・テーマ別看護研究の実際 対処(coping)に関する研究 , 医学書院, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 中西 睦子 黒田裕子 前田夏実
  16. 2000年, 新時代に求められる老人看護.第2章の3:家族 , 日本総合研究所, 2000年, 教科書, 共編著, 柿川房子 金井和子
  17. 1998年, マーサ、ロジャーズの思想:ユニタリ・ヒューマンビーイングズの探求. 分担:第1部:マーサ、ロジャーズのあゆみ(p.1?50) 医学書院,1998 , 翻訳, 医学書院, 1998年, 共訳, 手島恵 坂口千鶴 田中京子 沼口史衣 濱口恵子 森山美知子 , 50
  18. 2003年02月, ナーシング・ケースマネージメント:退院計画とクリティカルパス. , 医学書院, 2003年, 02, 単行本(学術書), 共著, 森山 美知子 , 4260343092, 179
  19. 2005年10月, カルガリー家族アセスメントモデル/介入モデル , 建帛社, 2005年, 10, 教科書, 共著, 五十嵐由希子 森山 美知子 , 4767934133, 266
  20. 2005年01月, 患者・家族の病の苦悩と癒しに関する研究ーキリスト教文化圏と仏教文化圏のアプローチの比較からー , 平成17年度ファイザーヘルスリサーチ振興財団外国人研究者短期招聘助成報告書, 2005年, 01, 調査報告書, 共著, 村上 瑞穂 森山 美知子
  21. 2003年05月, 家族看護モデルの臨床応用ーリハビリテーション看護の視点から- , 医歯薬出版(株), 2003年, 05, 単行本(学術書), 共編著, 森山 美知子 , 4263233875, 111
  22. 2003年02月, 対処(coping)に関する研究:文献概観. , 医学書院, 2003年, 02, 単行本(学術書), 共編著, 中西 睦子 黒田 裕子 前田 夏実 森山 美知子 , 4260332562, 353
  23. 2001年05月, ファミリーナーシングプラクティス:家族看護の理論と実践.全314頁中、4章以外全部担当、 , 医学書院, 2001年, 05, 単行本(学術書), 編著, 鞠子英雄 , 314
  24. 2007年11月, 新しい慢性疾患ケアモデルーディジーズマネジメントとナーシングケースマネジメントー. , 中央法規出版, 2007年, 11, 単行本(学術書), 単著, 森山 美知子 , 9784805829356, 208
  25. 2007年09月, 認知症患者の家族へのアプローチーケアする人をケアする専門職の役割と手法ー , 医歯薬出版(株), 2007年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 森山 美知子 , 133
  26. 2007年01月, 滋賀県における退院調整及び地域連携に関する実態調査 , 平成18年度滋賀県退院調整調査アドバイス事業報告書, 2007年, 01, 調査報告書, 共著, 森山 美知子 高倉 倫子
  27. 2008年10月, 看護技術  , メヂカルフレンド社, 2008年, 10, 単行本(学術書), 編著, 岡田彩子 森山 美知子 , 176
  28. 2008年10月, 家族看護学の視点からの看取り , 学研, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共著, 森山 美知子 山内 里恵 , 9784056051759, 21
  29. 2008年10月, 海外の動向 オーストラリア・ビクトリア州の取り組み , 日本看護協会出版会, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共著, 中島美津子 森山 美知子 , 9784818013636, 7
  30. 2008年03月, 看護職員離職防止モデル事業 , 平成19年度看護職員離職防止対策事業報告書, 2008年, 03, 調査報告書, 共編著
  31. 2008年03月, 医療組織の質改善に関する総合的研究~マグネットホスピタルの分析~ , 同志社大学医療政策・経営研究センター2007年度事業報告書, 2008年, 03, 調査報告書, 共編著, 1
  32. 2008年03月, がん患者や家族が必要とする社会的サポートやグループカウンセリングの有用性に関する研究 , 厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業平成19年度総合研究報告書, 2008年, 03, 調査報告書, 共編著
  33. 2008年03月, 糖尿病疾病管理のアセスメントアルゴリズムとリスク特性に応じた介入プログラムの開発 , 平成15年度~平成18年度科学研究費補助金 基盤研究(B)研究成果報告書, 2008年, 03, 調査報告書, 単著, 215
  34. 2007年09月, 認知症患者の家族へのアプローチーケアする人をケアする専門職の役割と手法ー , 医歯薬出版株式会社, 2007年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 21
  35. 2007年11月, 慢性疾患ケアモデル , 中央法規出版株式会社, 2007年, 11, 単行本(学術書), 単著, 9784805829356, 208
  36. 2009年03月, ディジーズマネジメントの実際 生活習慣病対策の新展開, 日本医学出版, 2009年, 03, 単行本(学術書), 監修, 9784902266368, 115
  37. 2009年04月, 地域連携クリティカルパスと疾病ケアマネジメント, 中央法規出版, 2009年, 04, 単行本(学術書), 編著, 9784805831496, 217
  38. 2007年09月, 認知症患者の家族へのアプローチーケアする人をケアする専門職の役割と手法ー , 医師薬出版(株), 2007年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 森山 美知子 , 133
  39. 2007年11月, 新しい慢性疾患モデル , 中央法規出版, 2007年, 11, 単行本(学術書), 単著, 森山 美知子 , 9784805829356, 208
  40. 2012年08月, エビデンスに基づく呼吸器看護ケア関連図, 中央法規出版㈱, 2012年, 08, 単行本(学術書), 監修, 9784805836880, 267
  41. 2012年07月, これからの看護研究ー基礎と応用ー第3版 第9章介入研究, ヌーヴェルヒロカワ, 2012年, 07, 共編著, 9784861740350, 482
  42. 2014年01月10日, エビデンスに基づく脳神経看護ケア関連図, 中央法規出版㈱, 2014年, 01, 単行本(学術書), 編著, 9784805839089, 353
  43. 2013年12月, 実践へのフィードバックで活かす ケア技術のエビデンスⅢ 「慢性疾患管理のエビデンス」, へるす出版, 2013年, 12, 単行本(学術書), 共編著
  44. 2013年12月, 実践へのフィードバックで活かす ケア技術のエビデンスⅢ「家族看護のエビデンス」, へるす出版, 2013年, 12, 単行本(学術書), 共編著
  45. 2009年11月, まんがで読み解く呼吸器症例・・・100, 研究ノート, メディカルレビュー社, 2009年, 11, 編著, 9784779203732, 283
  46. 2010年03月, 保健指導を中心とした脳卒中及び心筋梗塞の再発予防システムとエビデンス構築に関する研究 平成21年度総括・分担研究報告書, 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業, 2010年, 03, 調査報告書, 共著
  47. 2009年03月, 退院調整体制アドバイス事業平成18年度~20年度, 社団法人滋賀県病院協会, 2009年, 03, 調査報告書, 監修
  48. 2012年12月, 年賀寄付金(東日本大震災の被災者救助・予防(復興)助成)報告書(平成24年12月)「宮城県の東日本大震災被災者の集団健康管理(ポピュレーションヘルスマネージメント)事業(東松島市/石巻市の一部、気仙沼市本吉町、亘理郡山元町)」 , 2012年, 12, 調査報告書, 共編著
  49. 2503年, 損保ジャパン記念財団叢書 No.82 「ディジーズ・マネジメント政策課題研究会」報告書ディジーズ・マネジメントに関する政策の国際比較., 平成24年、損保ジャパン記念財団, 03, 調査報告書, 共編著
  50. 2009年03月, 退院調整体制アドバイス事業平成18年度~平成20年度, 社団法人滋賀県病院協会, 2009年, 03, 調査報告書, 単著
  51. 2014年01月10日, 脳神経系のアセスメント. エビデンスに基づく脳神経看護ケア関連図., 中央法規出版, 2014年, 01, 単行本(学術書), 単著, 13-16
  52. 2014年01月10日, 意識障害. 著書エビデンスに基づく脳神経看護ケア関連図.第Ⅰ部症状別看護ケア関連図, 中央法規出版, 2014年, 01, 単行本(学術書), 共著, 18-23
  53. 2011年11月, ディジーズマネジメントが医療を変える, 同人社, 2011年, 11, 単行本(学術書), 監修, 1-71
  54. 2013年06月, カルガリー家族アセスメント・介入モデル(日本家族研究・家族療法学会編.家族療法テキストブック), 金剛出版, 2013年, 06, 単行本(学術書), 共編著, 9784772413176, 136-139
  55. 2005年09月, 癒しのための家族看護モデル:病いと苦悩、スピリチュアリティ, 翻訳, 医学書院, 2005年, 09, 監修, 9784260000949, 158
  56. 2008年10月, Nursing Mook 49. 家族看護学の視点からの看取り.救急クリティカルケアにおける看取り, 学研, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共著, 9784056051759, 144
  57. 2013年01月, 広島県安芸高田市医療費分析報告書, 2013年, 01, 調査報告書, 単著
  58. 2503年, 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「保健指導の導入による脳卒中・心筋梗塞の再発予防効果に関する研究:平成24年度 総括・分担研究報告書」 (研究代表者:森山美知子), 03, 調査報告書, 共著
  59. 2013年03月, 東日本大震災・福島原発災害と広島大学「被災者の健康を支えて」, 広島大学報告書, 2013年, 03, 調査報告書, 共編著, 61
  60. 2014年01月10日, コラム 遷延性意識障害の看護. 著書エビデンスに基づく脳神経看護ケア関連図., 中央法規出版, 2014年, 01, 単行本(学術書), 共著, 百田武司、松井英俊, 24-27
  61. 2014年01月10日, コラム うつのスクリーニング. 著書エビデンスに基づく脳神経看護ケア関連図., 中央法規出版, 2014年, 01, 単行本(学術書), 共著, 福岡泰子, 322-324
  62. 2010年08月, 成人看護学 慢性期看護 「慢性期看護の今後の展望」, 南江堂, 2010年, 08, 単行本(学術書), 単著, 9784524250790, 485-494
  63. 2014年04月15日, 今一度、見直しませんか?人生と医療・介護. 村上紀美子編.患者の目線,, 医学書院, 2014年, 04, 共編著
  64. 2015年02月, 慢性疾患管理のエビデンス. (深井喜代子編集. 実践へのフィードバックで活かすケア技術のエビデンスⅢ.), へるす出版, 2015年, 2, 単行本(学術書), 共編著, 153-171
  65. 2015年02月, 家族看護のエビデンス. (深井喜代子編集. 実践へのフィードバックで活かすケア技術のエビデンスⅢ.), へるす出版, 2015年, 2, 単行本(学術書), 共編著, 247-260
  66. 新しい患者教育. 心臓リハビリテーション実践マニュアル, 2015年, 7, 共著, 宇野真理子, 森山美知子
  67. 慢性心不全と医療コスト. (木原康樹、森山美知子、広島大学病院心不全センター、広島県心臓いきいき推進会議編著. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.)., メディカ出版, 2016年, 3
  68. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チームの作りかたと地域連携の道のり., メディカ出版, 2016年, 3, 木原康樹、森山美知子、広島大学病院心不全センター、広島県心臓いきいき推進会議編著, 240
  69. 2016年07月01日, Ⅰ.プライマリ・ケアの基本、1.プライマリ・ケアとは何か, プライマリ・ケア看護学 基礎編, 南山堂, 2016年, 7, 単行本(学術書), 編著, 松下明,森山美知子, 13-978-4525500313, 494
  70. 2016年07月01日, 日本プライマリ・ケア連合学会編:プライマリ・ケア看護学, Ⅰ. プライマリ・ケアの基本, 7.家族志向のアプローチ., 南山堂, 2016年, 7, 単著
  71. 2015年03月31日, 呉市共同研究報告書(平成25年度~26年度)「呉市糖尿病性腎症等重症化予防事業:CKD重症化予防プログラムの効果の検討--セルフマネジメント行動の獲得を主眼としたCKD (Chronic Kidney DIsease) 疾病管理プログラムの効果の検討」平成25年度登録者 最終報告書(平成25年度~26年度)「呉市糖尿病性腎症等重症化予防事業:CKD重症化予防プログラムの効果の検討--セルフマネジメント行動の獲得を主眼としたCKD (Chronic Kidney DIsease) 疾病管理プログラムの効果の検討」平成25年度登録者 最終報告書, 呉市共同研究報告書(平成25年度~26年度)「呉市糖尿病性腎症等重症化予防事業:CKD重症化予防プログラムの効果の検討--セルフマネジメント行動の獲得を主眼としたCKD (Chronic Kidney DIsease) 疾病管理プログラムの効果の検討」平成25年度登録者 最終報告書, 呉市共同研究報告書, 2015年03月31日, 調査報告書, 単著
  72. 呉市共同研究報告書(平成26年度)「呉市地域総合チーム医療:脳卒中再発予防プログラムの効果検証」平成26年度中間報告書, 呉市共同研究報告書(平成26年度)「呉市地域総合チーム医療:脳卒中再発予防プログラムの効果検証」平成26年度中間報告書, 呉市共同研究報告書(平成26年度), 2015年03月31日, 調査報告書, 単著
  73. 2015年03月31日, NIRAオピニオンペーパー「社会保障改革しか道はない(第2弾)-財政健全化に向けた具体策はここにある-」 コラム 医療費の削減を具体的にどう実現するか?(コラム 森山美知子), NIRAオピニオンペーパー「社会保障改革しか道はない(第2弾)-財政健全化に向けた具体策はここにある-」 コラム 医療費の削減を具体的にどう実現するか?(コラム 森山美知子), NIRAオピニオンペーパー, 2015年03月31日, 調査報告書, 共著
  74. 2015年03月31日, 「心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト」実行委員会:脳卒中予防への提言-心原性脳塞栓症の制圧を目指して(第二版). 2015年3月., 「心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト」実行委員会:脳卒中予防への提言-心原性脳塞栓症の制圧を目指して(第二版)., 「心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト」実行委員会, 2015年03月31日, 調査報告書, 共著
  75. 2015年03月31日, 平成26年度 科学研究費補助金(基盤研究A)「高齢者医療・介護統合モデルの構築と政策への適用-日米欧8カ国の国際共同研究-」(研究代表者:河口洋行)国際シンポジウム報告書, 平成26年度 科学研究費補助金(基盤研究A)「高齢者医療・介護統合モデルの構築と政策への適用-日米欧8カ国の国際共同研究-」(研究代表者:河口洋行)国際シンポジウム報告書, 2015年03月31日, 調査報告書, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 看護研究, 森山 美知子, 厚生省中国四国地区実習指導者講習会, 1994年07月, 招待
  2. 看護研究, 森山 美知子, 国立岩国病院 看護部, 1994年07月, 招待
  3. 看護理論, 森山 美知子, 山口県実習指導者養成講習会, 1994年07月, 招待
  4. 看護理論, 森山 美知子, 厚生省中国四国地区実習指導者講習会, 1996年07月, 招待
  5. 看護婦が行う医療の質の向上とコストコントロール, 森山 美知子, 山口県病院協会主催セミナー中堅看護婦研修会, 1997年01月, 招待
  6. 家族看護学, 森山 美知子, 鳥取県看護協会, 1997年03月, 招待
  7. 家族看護学, 森山 美知子, ホスピス研究会(大阪:淀川キリスト教病院), 1997年03月, 招待
  8. 退院計画(ケースマネジメント)と家族支援, 森山 美知子, 第1回広島県脳卒中看護教育セミナー, 2005年11月, 招待
  9. 治療プロセスの標準化とクリニカルパス, 森山 美知子, 第1回広島県脳卒中看護教育セミナー, 2005年11月, 招待
  10. 地域連携クリティカルパスと疾病管理の実践例, 森山 美知子, 日本疾病管理研究会, 2007年04月, 招待
  11. 地域医療連携, 森山 美知子, 第45回日本病院管理学会学術総会, 2007年10月, 招待
  12. 脳卒中クリティカルケアナースの機能と役割, 森山 美知子, 第23回広島脳血管障害研究会, 2007年07月, 招待
  13. 糖尿病患者のセルフマネジメントを支援するプログラムの構築と展開, 森山 美知子, 第3回広島県糖尿病療養指導・看護研究会, 2007年07月, 招待
  14. 家族と育ちあう家族看護~家族看護実践の拡大にむけて~, 森山 美知子, 日本家族看護学会第14回学術集会, 2007年09月, 招待
  15. 慢性疾患患者のセルフケアマネジメントと家族支援, 森山 美知子, 第12回千葉県腎不全看護研究会, 2007年09月, 招待
  16. 不安や恐怖・苦悩:乗り越えるために家族でできること, 森山 美知子, 第64回日本循環器心身医学会, 2007年10月, 招待
  17. 危機的患者家族のアセスメントと看護, 森山 美知子, 第3回クリティカルケア看護学会学術集会, 2007年06月, 招待
  18. 広島県糖尿病地域連携の現状, 森山 美知子, 第6回広島県糖尿病療養指導・看護研究会, 2007年12月, 招待
  19. 急性期におけるアウトカムマネジメントと上級看護実践, 森山 美知子, 第12回AACNS(Asian Australasian Congress of Neurosurgical Surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies,13th Interim Meeting), 2007年11月, 招待
  20. コメディカルシンポジウム2(座長)「透析患者と家族看護」, 森山 美知子, 第52回(社)日本透析医学会学術集会・総会, 2007年06月, 招待
  21. Family Nursing Practice & Education:What Happening in the World?, 森山 美知子, The 8th International Family Nursing Conference, 2007年06月, 招待
  22. 医療組織の質改善に関する総合的研究, 森山 美知子, 医療政策・経営研究センター第6回研究ユニットワークショップ, 2007年05月, 招待
  23. 医療における家族ケア:カルガリー家族アセスメント・介入モデルを学ぶ, 森山 美知子, 日本家族研究・家族療法学会第25回東京大会, 2008年06月, 招待
  24. 新しい慢性疾患ケアモデル:ディジーズマネジメントとケースマネジメント, 森山 美知子, 第10回日本医療マネジメント学会学術総会, 2008年06月, 招待
  25. 循環器領域のアウトカムの向上に向けて:ディジーズマネジメント/ライフコースアプローチの導入, 森山 美知子, 第14回日本心臓リハビリテーション学会, 2008年07月, 招待
  26. 森山 美知子, 日本家族看護学会シンポジスト(北里大学), 1998年10月, 招待
  27. 森山 美知子, 川崎医療福祉大学, 1998年09月, 招待
  28. 森山 美知子, 北里大学看護学部大学院家族看護学講座, 1998年, 招待
  29. 家族看護, 森山 美知子, 日本病院管理学会地方部会(山口)基調講演シンポジスト, 2000年06月, 招待
  30. 看護行政論, 森山 美知子, 東京医科歯科大学医学部保健学科, 2001年, 招待
  31. 「患者と家族をめぐる看護」, 森山 美知子, 沖縄県看護協会, 2004年10月, 招待, 日本語
  32. 喜びあえる退院調整?患者様の思いを尊重した退院を目指して?, 森山 美知子, 広島市立安佐市民病院 研修会, 2003年07月, 招待, 日本語
  33. 家族看護, 森山 美知子, 川崎医療福祉大学, 2003年09月, 招待, 日本語
  34. 家族看護学, 森山 美知子, 滋賀医科大学, 2003年12月, 招待, 日本語
  35. クリティカル・パスについて, 森山 美知子, 自治労光市役所, 2003年08月, 招待, 日本語
  36. 家族看護学の理論と実際, 森山 美知子, 山陽看護専門学校, 2003年09月, 招待, 日本語
  37. 家族をどのように支援し、家族の問題解決にどのように関わるか?家族看護モデルの活用から?, 森山 美知子, 広島県訪問看護ステーション協議会, 2003年11月, 招待, 日本語
  38. 家族看護の理論と実践, 森山 美知子, 明石市立市民病院, 2003年11月, 招待, 日本語
  39. 患者と家族をめぐる看護, 森山 美知子, 沖縄県看護協会, 2003年11月, 招待, 日本語
  40. 介護保険が歩んできた道、歩んでいく道, 森山 美知子, 日本赤十字社京都府支部, 2003年12月, 招待, 日本語
  41. 脊髄損傷患者の早期リハビリテーションとシーティング, 森山 美知子, 第2回日本整形外科看護研究会学術集会, 2002年06月, 招待
  42. 訪問看護ステーションにかかわる諸制度, 森山 美知子, 全国訪問看護事業協会:訪問看護管理者研修, 2002年06月, 招待
  43. 運営理念・組織, 森山 美知子, 訪問看護ステーション管理者研修会, 2002年07月, 招待
  44. 看護教育におけるフィジカルアセスメント, 森山 美知子, 平成14年度管内中国地区国立病院療養所教官研修会, 2002年08月, 招待
  45. 痴呆介護の理念と方法, 森山 美知子, 平成14年度痴呆介護実務者研修会(基礎過程)講演(大分県), 2002年08月, 招待
  46. 保健医療福祉政策の動向と看護管理, 森山 美知子, 平成14年度日本看護協会認定看護管理者制度「セカンドレベル」, 2002年09月, 招待
  47. 家族看護, 森山 美知子, 兵庫県看護教育センター 平成14年度家族看護研修会, 2002年10月, 招待
  48. 看護の専門性ー専門看護師ー, 森山 美知子, 第21回西日本アレルギー看護研究会:特別講演, 2002年08月, 招待
  49. Change Agentとしてケア提供システムを変革する, 森山 美知子, 日本病院管理学会第209回例会 テーマ「脱病院看護」, 2002年09月, 招待
  50. 家族看護, 森山 美知子, 聖マリア学院短期大学, 2002年09月, 招待
  51. 最新の痴呆ケア, 森山 美知子, 株)ケアリンク 広島開設準備室 講演(市民講座「最新の痴呆ケア」, 2002年10月, 招待
  52. 家族看護モデルーアセスメントと援助の手引き, 森山 美知子, 国際リハビリテーション看護研究会, 2002年11月, 招待
  53. 高齢者とQOL, 森山 美知子, 鳥取大学医学部 「ともに支えあうQOL」研究会, 2002年11月, 招待
  54. 悲しみを越えてー死別の悲嘆にむきあう, 森山 美知子, 日本死の臨床研究会 九州支部研究集会, 2002年02月, 招待
  55. 看護の動向と看護教育, 森山 美知子,  香川県看護教員養成講習会, 2002年08月, 招待
  56. ファミリーナーシング, 森山 美知子, 社会福祉法人びわこ学園, 2002年06月, 招待
  57. 「家族アセスメント」について, 森山 美知子, 大阪大学医学部附属病院, 2002年10月, 招待
  58. Influence of School Types on the Sense of Accomplishment of Clinical Nurses., 森山 美知子, "JANS 5th International Nursing Research Conference. Fukushima, Japan., 2004年08月, 招待
  59. Development of the Japanese version of the Health-Related Hardiness Scale., 森山 美知子, "日本看護科学学会第5回国際看護学術集会 JANS 5th International Nursing Research Conference.", 2004年08月, 招待
  60. "Discrepancy of Recognition of Notification of Diagnosis of Cancer between Couple.", 森山 美知子, JANS 5th International Nursing Research Conference. Fukushima.日本看護科学学会第5回国際看護学術集会, 2004年08月, 招待
  61. Educational Needs of Basic Nursing Education for Promoting the Standardization of Medical and Nursing Care., 森山 美知子, JANS 5th International Nursing Research Conference. Fukushima.日本看護科学学会第5回国際看護学術集会, 2004年08月, 招待
  62. Place of terminal care and related factors among the elderly., 森山 美知子, "JANS 5th International Nursing Research Conference. Fukushima, Japan., 2004年08月, 招待
  63. Factors related to suppoeting advance directives among the elderly in Japan, 森山 美知子, 15th International Nursing Research Congress, 2004年07月, 招待
  64. 英国における専門看護実践ークリニカルナーススペシャリスト の役割ー」Barbara Selvon,S.R.N.,BmedSci(Hons), 森山 美知子, 第4回日本整形外科看護研究会学術集会, 2004年06月, 招待
  65. "その人らしさを支えるために ー看護の継続をめざして今私たちに求められるものー", 森山 美知子, 滋賀県看護大会及び滋賀県看護研修センター開所式に伴う看護フォーラム, 2004年05月, 招待
  66. 家族看護実践における文化的能力, 森山 美知子, 日本家族看護学会第12回学術集会, 2005年09月, 招待
  67. 診療ガイドラインの現状と今後, 森山 美知子, 第5回日本整形外科看護研究会学術集会シンポジウム, 2005年06月, 招待
  68. 終末期にあるがん患者と家族へのライフレヴュー支援に関する研究, 森山 美知子, 第10回日本緩和医療学会総会・第18回日本サイコオンコロジー学会総会合同大会, 2005年07月, 招待
  69. 家族看護の理論と実際(理論編), 森山 美知子, 広島県看護協会 研修会, 2005年08月, 招待
  70. キャリア開発をめざした教育, 森山 美知子, 平成17年度岡山県看護協会教育計画, 2005年08月, 招待
  71. "”Characteristics of Family Intervention in Clinical Settings and Preventive Family Intervention in Japan”", 森山 美知子, "7th International Family Nursing Conference 1-4June,2005,, 2005年06月, 招待
  72. "”Identifying the processes of accepting child/adult with serious disabilities by his/her family and the relating factors”", 森山 美知子, "7th International Family Nursing Conference 1-4June,2005,, 2005年06月, 招待
  73. "”Preventive Family Intervention for the families who are going to take Caregiving Role”", 森山 美知子, "7th International Family Nursing Conference 1-4June,2005,, 2005年06月, 招待
  74. "Discovering the Influences on Terminally ill Cancer Patients and Their Families Conducting Life Review Interviews", 森山 美知子, "7th International Family Nursing Conference 1-4June,2005,, 2005年06月, 招待
  75. 成人がん患者と家族への外来看護, 森山 美知子, 第12回日本家族看護学会学術集会, 2005年09月, 招待
  76. 脳血管障害発症後の混乱期における患者と家族のケアニーズー血管内手術を受けた患者と妻 1事例の分析ー, 森山 美知子, 第12回日本家族看護学会学術集会, 2005年09月, 招待
  77. 日本版健康関連ハーディネス尺度の作成, 森山 美知子, 第2回広島保健学学会学術集会, 2005年10月, 招待
  78. 手術後、化学療法でボディイメージの変容をきたした外来通院中の乳がん患者のQOL改善への看護介入の検討, 森山 美知子, 第2回広島保健学学会学術集会, 2005年10月, 招待
  79. 再生医療に対する看護職の意識調査, 森山 美知子, 日本生命倫理学会第17回年次大会, 2005年11月, 招待
  80. 医療人的資源研究会(COEプロジェクト)定例研究会, 森山 美知子, 同志社大学, 2005年10月, 招待
  81. 家族アセスメントとその援助, 森山 美知子, 鳥取県看護協会研修会, 2005年11月, 招待
  82. 患者と家族をめぐる看護, 森山 美知子, 沖縄県看護協会, 2005年12月, 招待
  83. 家族看護の実践と指導法, 森山 美知子, (社)徳島県看護協会 看護研修会, 2004年01月, 招待
  84. 大腿骨頸部骨折のアウトカムマネジメント, 森山 美知子, 第4回日本整形外科看護研究会学術集会、整形外科看護フォーラム, 2004年06月, 招待
  85. 介護保険の現状と今後, 森山 美知子, 山梨県のケアワーカー及び訪問看護師研修会, 2004年01月, 招待
  86. 地域保健行政における政策立案研修PHASEⅢ, 森山 美知子, 社団法人日本看護協会 神戸研修センター, 2004年02月, 招待
  87. 急性期病院における退院計画と継続看護, 森山 美知子, 京都赤十字病院, 2004年03月, 招待
  88. 家族システム看護, 森山 美知子, 青森県立保健大学, 2004年03月, 招待
  89. ケアする人のケア, 森山 美知子, 財団法人たんぽぽの家, 2004年03月, 招待
  90. システム構築  座長, 森山 美知子, 第8回日本看護管理学会年次大会プログラムメインテーマ 「しくみを変える知識を築く」ー「副」というポストの働きに焦点をおいてー, 2004年08月, 招待
  91. 家族看護:糖尿病をもって生きる人々とその家族への支援, 森山 美知子, 第9回日本糖尿病教育看護学会 JADENメインテー:家族とともにあゆむ糖尿病療養支援, 2004年09月, 招待
  92. 「Theory Guided Evidence Based Family Health Care Nursing」Shirley M.H.Hanson(Oregon Health & Science University名誉教授), 森山 美知子, 日本家族看護学会第11回学術集会招聘講演座長, 2004年09月, 招待
  93. 退院計画実践に伴うアドバイス, 森山 美知子, 市立長浜病院 退院調整看護研修会, 2004年10月, 招待
  94. わが国の医療機関における糖尿病及び心疾患の患者教育プログラムの実態調査, 森山 美知子, 第43回日本病院管理学会学術総会, 2005年10月, 招待
  95. 医療事故報告システムの確立, 森山 美知子, 第43回日本病院管理学会学術総会, 2005年10月, 招待
  96. 一般住民の生活習慣病改善プログラムに対する支払意思に関する調査, 森山 美知子, 第43回日本病院管理学会学術総会, 2005年10月, 招待
  97. 大腿骨頚部骨折急性期治療の標準化に向けた研究, 森山 美知子, 第5回日本整形外科看護研究会学術集会, 2005年06月, 招待
  98. コメディカルシンポジウム1, 森山 美知子, 第6回日本心血管カテーテル治療学会学術集会, 2006年11月, 招待
  99. 家族看護, 森山 美知子, 鳥取大学, 2006年05月, 招待
  100. 生活習慣病予防における看護者の役割, 森山 美知子, 兵庫県看護協会通常総会, 2006年06月, 招待
  101. メタボリックシンドローム健診保健指導事業と地域・職域の実践事例, 森山 美知子, 日本ヘルスサポート学会設立シンポジウム, 2006年07月, 招待
  102. 健康から医療 切れ目のない連携マネジメントとは, 森山 美知子, 日本疾病管理研究会第2回総会・シンポジウム, 2006年07月, 招待
  103. 家族看護:新たな発展の方向性と政策への反映, 森山 美知子, 日本家族看護学会第13回学術集会, 2006年09月, 招待
  104. 英国スコットランドにおけるWHOヨーロッパファミリーヘルスナーシング・プロジェクト, 森山 美知子, 日本家族看護学会第13回学術集会, 2006年09月, 招待
  105. 医療連携と退院調整, 森山 美知子, 平成18年度社会保険病院等副院長セミナー, 2006年10月, 招待
  106. 医療の質, 森山 美知子, 第44回日本病院管理学会学術総会, 2006年10月, 招待
  107. 家族アセスメントとその援助, 森山 美知子, 鳥取県看護協会研修会, 2006年11月, 招待
  108. 認知症患者の家族へのアプローチ?ケアする人をケアする専門職の役割と手法?, 森山 美知子, 第21回琵琶湖長寿科学シンポジウム, 2006年11月, 招待
  109. スムーズな地域連携を実現するために, 森山 美知子, 日本整形外科看護研究会第4回中国・四国地区研修会, 2006年12月, 招待
  110. 家族看護について, 森山 美知子, 日本腎不全看護学会 トピック研修, 2007年02月, 招待
  111. 糖尿病患者の療養および療養指導における現状と考え方, 森山 美知子, 第40回糖尿病学の進歩, 2006年02月, 招待
  112. "訪問看護ケア研修会(フィジカルアセスメント) ①看護にとってのフィジカルアセスメントとは ②フィジカルアセスメントの実際", 森山 美知子, 社団法人全国訪問看護事業協会 訪問看護ケア研修会, 2004年11月, 招待
  113. 家族看護, 森山 美知子, (社)鳥取県看護協会第17回研修会, 2004年12月, 招待
  114. 大腿骨頚部骨折の治療プロセスの日米英比較, 森山 美知子, 第30回日本骨折治療学会, 2004年07月, 招待
  115. 家族看護学の理論と実際(理論編), 森山 美知子, 社団法人広島県看護協会 研修会, 2004年07月, 招待
  116. 家族看護がもたらすもの, 森山 美知子, 社団法人福井県看護協会研修会, 2004年08月, 招待
  117. 糖尿病の疾病管理におけるアセスメントアルゴリズムと介入プログラムの開発:日米比較, 森山 美知子, 第11回ヘルスリサーチフォーラム・研究発表, 2004年11月, 招待
  118. 家族療法, 森山 美知子, 家庭医療学研究会(名古屋市), 1997年03月, 招待
  119. 家族看護, 森山 美知子, 山口県防府支部第10回看護研究発表会講師(防府市), 1997年03月, 招待
  120. 全国地域作業療法研究, 森山 美知子, 全国地域作業療法研究大会第2回学術集会 講師(山口市), 1997年02月, 招待
  121. 退院計画, 森山 美知子, 平成9年度第28会日本看護学成人看護Ⅱ分科会, 1997年07月, 招待
  122. 家族看護学, 森山 美知子, 神戸在宅ケア研究所, 1996年07月, 招待
  123. 家族看護学, 森山 美知子, 岡山県看護婦養成機関連合会:倉敷中央看護専門学校, 1996年08月, 招待
  124. 家族看護学, 森山 美知子, 高槻赤十字病院研修会, 1996年10月, 招待
  125. 家族看護学, 森山 美知子, 舞鶴福知山綾部看護研修会, 1996年12月, 招待
  126. 看護理論, 森山 美知子, 岩国地区看護研修会, 1996年12月, 招待
  127. 家族看護, 森山 美知子, 石川県看護協会平成8年度研修会, 1996年08月, 招待
  128. 家族看護学, 森山 美知子, 日本精神科看護技術協会山口県支部研修会, 1996年10月, 招待
  129. 家族看護学, 森山 美知子, 兵庫県看護協会, 1996年11月, 招待
  130. 退院計画・調整, 森山 美知子, 宮城県看護協会, 1996年11月, 招待
  131. 家族看護学への取り組み, 森山 美知子, 日本家族看護学会第3回学術集会シンポジスト(家族看護学への取り組み, 1996年09月, 招待
  132. 退院計画, 森山 美知子, 介護力強化病院連絡協議会:第4回介護力強化病院全国研究会 シンポジストシンポジスト, 1996年10月, 招待
  133. 家族看護, 森山 美知子, 日本システム看護学会第2回大会ワークショップ(名古屋), 1996年11月, 招待
  134. 「自己概念」「ストレス・コーピング」「役割関係」, 森山 美知子, 山口県立中央病院, 1996年02月, 招待
  135. 家族看護, 森山 美知子, 平成7年度柳井地区看護研究発表会, 1996年02月, 招待
  136. 看護診断, 森山 美知子, 出水郡医師会立阿久根市民病院, 1996年02月, 招待
  137. 家族看護, 森山 美知子, 金沢大学医学部保健学科特別講演, 1996年08月, 招待
  138. 看護理論, 森山 美知子, 山口県看護協会看護研修会, 1996年07月, 招待
  139. 家族看護, 森山 美知子, 山口県内看護研究発表会講師, 1993年03月, 招待
  140. 看護理論, 森山 美知子, 山口県看護教員養成講習会, 1993年06月, 招待
  141. 看護研究, 森山 美知子, 厚生省中国四国地区実習指導者講習会, 1993年07月, 招待
  142. フィジカルアセスメント, 森山 美知子, 鳥取県訪問看護従事者研究会, 1997年07月, 招待
  143. 家族看護学, 森山 美知子, 兵庫県看護協会講師(神戸市), 1997年08月, 招待
  144. 家族看護学, 森山 美知子, 山口県立衛生看護学院(防府市), 1997年06月, 招待
  145. 看護理論, 森山 美知子, 済生会下関総合病院(下関市), 1997年06月, 招待
  146. クリティカルパス, 森山 美知子, 済生会山口総合病院(山口市), 1997年07月, 招待
  147. 看護理論, 森山 美知子, 国立岩国病院(看護理論), 1997年07月, 招待
  148. 看護理論とシステム理論, 森山 美知子, 山口県看護協会指導者養成講習会, 1997年07月, 招待
  149. 継続看護, 森山 美知子, 神奈川県立看護教育大学校専門看護学科老人看護過程講師, 1997年07月, 招待
  150. 家族看護学, 森山 美知子, 周東総合病院(柳井市), 1997年08月, 招待
  151. 家族看護学, 森山 美知子, 舞鶴福知山市看護研修会, 1997年08月, 招待
  152. 家族看護学, 森山 美知子, 神戸中央市民病院, 1997年08月, 招待
  153. 家族看護学, 森山 美知子, 滋賀医科大学, 1997年08月, 招待
  154. 家族看護学, 森山 美知子, 大阪府立看護大学, 1997年09月, 招待
  155. 家族看護学, 森山 美知子, 川崎医療福祉大学, 1997年10月, 招待
  156. 家族看護学, 森山 美知子, 札幌太田病院, 1996年07月, 招待
  157. 山口県世界エイズデ-、シンポジスト, 森山 美知子, 山口県世界エイズデ-, 1993年11月, 招待
  158. "看護研究、看護理論、記録システム改善訪問 看護等担当", 森山 美知子, 済生会山口総合病院看護部, 1992年08月, 招待
  159. クリニカル・ナース・スペシャリスト, 森山 美知子, 大阪府病院協会看護研修会, 1995年05月, 招待
  160. "看護にシステム論を導入するこ とで何ができるか", 森山 美知子, 日本システム看護学会第1回大会シンポジスト 名古屋国際会議場, 1995年10月, 招待
  161. 看護理論, 森山 美知子, 山口県看護協会看護理論研修会, 1995年04月, 招待
  162. 看護診断, 森山 美知子, 広島赤十字病院、広島赤十字看護専門学校講習会, 1995年04月, 招待
  163. 看護理論・看護診断, 森山 美知子, 小野田労災病院 看護部, 1995年05月, 招待
  164. フィジカル・アセスメント, 森山 美知子, 山口県立中央病院看護部講師, 1995年05月, 招待
  165. 看護研究, 森山 美知子, 厚生省中国四国地区実習指導者講習会, 1995年07月, 招待
  166. 家族看護, 森山 美知子, 山口県看護協会研修会, 1995年09月, 招待
  167. 看護におけるフィジカルアセスメント, 森山 美知子, 大分医科大学医学部附属病院看護研修会, 1995年12月, 招待
  168. 家族看護, 森山 美知子, 山口県立中央病院看護部, 1994年02月, 招待
  169. 看護理論・看護過程, 森山 美知子, 美祢市立病院看護部, 1994年04月, 招待
  170. 看護理論, 森山 美知子, 山口県看護教員養成講習会, 1994年06月, 招待
  171. 特別講演「自己管理支援」, 森山 美知子, 第19回宮城腎不全看護研究会, 2013年06月, 招待
  172. シンポジウム「看護師の立場から」, 森山 美知子, 広島大学大学院放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム , 2013年11月, 招待
  173. 呉地域における透析予防の取り組み~糖尿病腎症等重症化予防事業~, 森山 美知子, MSD㈱CKD&Diabetes Forum ‐腎障害と血糖コントロールを考える‐「, 2013年11月, 招待
  174. 医療保険財政安定化を見すえた疾病管理の取り組み, 森山 美知子, NPO日本医学ジャーナリスト協会例会, 2013年04月, 招待
  175. Population-based Health Management:一次予防から三次予防、そしてコミュニティ・オーガニゼーションへ, 森山 美知子, 日本ヘルスサポート学会第7回学術集会・総会, 2012年12月, 招待
  176. 家族看護:スペシャリスト教育とジェネラリスト教育, 森山 美知子, 日本家族研究・家族療法学会 第29回山口大会, 2012年06月, 招待
  177. 糖尿病重症化予防:療養指導の基礎知識と患者教育の実際, 森山 美知子, 第3回広島県糖尿病・腎不全療養指導看護研究会, 2012年04月, 招待
  178. 「特定健診・保健指導研修会」「重症化予防対策と効果的な保健指導技術」, 森山 美知子, 平成24年度大阪府保険者協議会, 2012年10月, 招待
  179. 重症の小児救急患者の家族看護, 森山 美知子, 小児救急看護認定看護研究会, 2013年02月, 招待
  180. 家族看護, 森山 美知子, 日本精神科看護技術協会, 2011年08月, 招待
  181. 特定健診・保健指導事業の計画策定と評価, 森山 美知子, 平成20年度特定健診・保健指導に関する人材育成研修会, 2008年09月, 招待
  182. 特定健診・保健指導事業の計画策定と評価, 森山 美知子, 平成20年度特定健診・保健指導に関する人材育成研修会, 2008年09月, 招待
  183. 家族発達の援助, 森山 美知子, 第7回日本整形外科看護研究会学術集会, 2007年06月, 招待
  184. 諸外国及び我が国における先進事例について, 森山 美知子, 大阪健康サービス産業創造協議会, 2007年05月, 招待
  185. 支え合う, 森山 美知子, いのちをみつめる研修会, 2007年09月, 招待
  186. 家族看護学~実践的な家族看護を学ぼう~, 森山 美知子, 平成19年度長崎県看護協会研修会, 2007年11月, 招待
  187. 今、なぜ家族看護が求められるのか, 森山 美知子, 鳥取県看護協会, 2007年11月, 招待
  188. 腹膜透析における家族看護, 森山 美知子, 第23回関西CAPDナースセミナー, 2008年02月, 招待
  189. 退院調整, 森山 美知子, 平成19年度退院調整体制アドバイス事業フォローアップ研修会, 2008年03月, 招待
  190. 糖尿病腎症の疾病管理における今後の期待と展望, 森山 美知子, 日本疾病管理研究会例会, 2012年01月, 招待
  191. 平成23年度特定健診・特定保健指導に関する人材育成研修会【技術編B】, 森山 美知子, 広島県保険者協議会, 2011年12月, 招待
  192. 家族看護の理論と実際(実践編), 森山 美知子, 広島県看護協会, 2006年08月, 招待
  193. 地域連携パスを成功させるためのポイントと新たなサービス提供戦略, 森山 美知子, 第16回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2010年07月, 招待
  194. 糖尿病患者と家族の支援:セルフマネジメント学習支援の実際, 森山 美知子, 日本糖尿病学会中四国支部第4回中四国糖尿病研修セミナー, 2010年12月, 招待
  195. セルフマネジメントスキルを高める家族支援, 森山 美知子, 第9回日本フットケア学会年次学術集会ランチョンセミナー, 2011年02月, 招待
  196. 医療人材の教育課題と展望:高度実践看護師養成の視点から, 森山 美知子, 第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年10月, 招待
  197. 日本の慢性疾患重症化予防の新しい医療サービス提供の流れを作り出す~研究から事業化までの道のり, 森山 美知子, 第24回日本疾病管理研究会例会, 2011年01月, 招待
  198. 心筋梗塞後患者のエンパワマネジメント:セルフマネジメント教育と心理的サポートを強化した包括的心臓リハビリテーションの導入, 森山 美知子, 第15回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2009年07月, 招待
  199. Empowering People with Chronic Illness and their Families, 森山 美知子, The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education, 2009年07月, 招待
  200. 看護はどう見える どう見せる, 森山 美知子, 第13回日本看護管理学会年次大会 市民公開徹底討論, 2009年08月, 招待
  201. 明日の家族看護のありかたについて語り合う, 森山 美知子, 日本家族看護学会第16回学術集会 ランチセッション自由討論会, 2009年09月, 招待
  202. 透析を受けている患者の家族への支援, 森山 美知子, 第13回広島透析看護研究会, 2009年05月, 招待
  203. 日本における介護・看護職の腰痛予防対策の現状と今後の展望, 森山 美知子, 日豪国際フォーラム2010, 2010年01月, 招待
  204. 包括的心臓リハビリテーションとセルフマネジメント患者教育, 森山 美知子, 第21回北九州心臓リハビリテーションセミナー, 2010年03月, 招待
  205. 患者さんの声を聞こう~患者の権利と支援について, 森山 美知子, 広島県看護協会 平成21年度研修会, 2009年09月, 招待
  206. 患者のアドヒアランスを高める家族支援, 森山 美知子, 第7回日本循環器看護学会学術集会教育セミナーⅡ, 2010年11月, 招待
  207. 看護とフィジカルアセスメント, 森山 美知子, 社団法人日本看護協会神戸研修センター研修会, 2010年07月, 招待
  208. 米国ディジーズマネジメントの最新動向, 森山 美知子, 日本ヘルスサポート学会第4回研究会, 2008年10月, 招待
  209. 家族看護:スペシャリスト教育とジェネラリスト教育, 森山 美知子, 日本家族研究・家族療法学会 第29回山口大会, 2012年06月, 招待
  210. 家族看護学におけるイノベーション 実践におかるイノベーション:看護サービス提供体制のリコンストラクション, 森山 美知子, 日本家族看護学会第19回学術集会 理事会特別企画シンポジウム, 2012年09月, 招待
  211. 医療保険における疾病ケアマネジメント, 森山 美知子, 日本疾病管理研究会, 2009年03月, 招待
  212. 岡山県訪問看護連絡協議会管理者研修会, 森山 美知子, 岡山県訪問看護連絡協議会管理者研修会, 2006年01月, 招待
  213. みんなで支えるあなたの心臓:地域医療とチーム医療, 森山 美知子, 第100回日本循環器学会 中国・四国合同地方会 市民公開講座, 2012年06月, 招待
  214. 看護師による慢性疾患管理:ソーシャル・アントレプレニュアーシップ, 森山 美知子, 第17回日本糖尿病教育・看護学会 学術集会, 2012年09月, 招待
  215. 呉地域における透析予防の取り組み~糖尿病腎症等重症化予防事業~, 森山 美知子, 第9回呉生活習慣病地域連携パス研究会, 2014年02月, 招待
  216. わたし、私たちができること、知恵を出し合って、みんなで行動しましょう, 森山 美知子, 安芸高田市健康倍増事業・健康づくりシンポジウム 自助・共助・公助で延ばそう健康寿命!, 2014年02月, 招待
  217. データヘルス計画とPopulation Health Management :一次予防から三次予防、そして、コミュニティ・オーガニゼーションへ, 森山 美知子, 日本遠隔医療学会, 2014年02月, 招待
  218. 診療報酬が決定するまでの仕組み, 森山 美知子, 日本専門看護師協議会 政策提言委員会, 2014年02月, 招待
  219. 慢性疾患患者における家族アセスメントと問題解決力サポート, 森山 美知子, 中外製薬㈱, 2014年02月, 招待
  220. 地域における多職種協働のあり方を考えるープライマリ・ケアにおける専門職育成とはー, 森山 美知子, 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会シンポジウム , 2013年05月, 招待
  221. 患者のアドヒアランスを高める家族支援, 森山 美知子, 第7回日本循環器看護学会学術集会 教育セミナー, 2010年11月, 招待
  222. 脳卒中の疾病管理, 森山 美知子, 第28回日本医学会総会, 2011年04月, 招待
  223. Macro and Micro Triangulations for Supporting Healthy Family Growth, 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年06月, 招待
  224. 患者支援(訪問看護)の立場から, 森山 美知子, 日本糖尿病学会第49回九州地方会 , 2011年10月, 招待
  225. 多疾患を有する循環器疾患患者の看護支援, 森山 美知子, 日本循環器看護学会学術集会シンポジウム, 2011年11月, 招待
  226. 多面的な介入, 森山 美知子, 第68回日本循環器心身医学会総会, 2011年11月, 招待
  227. 経営者からの事例発表・日本の状況報告と研究者・経営者等の討論 , 森山 美知子, 日本ヘルスサポート学会第6回学術集会・総会, 2011年12月, 招待
  228. 特別講演「糖尿病性腎症のセルフマネジメント支援」 , 森山 美知子, 第19回広島県北部腎不全研究会, 2013年08月, 招待
  229. A qualitative exploration of concerns and cognitive experiences of patients in early stages of diabetic nephropathy and their family members. , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  230. Psychological and educational intervention program for patients in early stages diabetic neuropathy and their family members , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  231. Examination of a congnitive model of stress,burnout and intention to resign in nurses , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  232. Factors and process is of bringing motivation and maintaing changed behavior of people with Type2diabetes , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  233. Research into the psychological state and behavior of the partners of breast canser patients and nursing support , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  234. Related factors affecting end-of-life nursing care for patients with end-stage cancer and their families , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  235. Deveropment of a Japanese version of the MacNew Heart Disease Health-Related Quality of Life Questionnaire , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  236. Relationship between Cancer patients-family communication and the psychological adjustment , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  237. Effect of geriatric syndrome on functional decline in support-requiring elderly in Japan-One-year longitudinal study- , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  238. Effects of Simulation learning in nursing education in a palliative care setting , 森山 美知子, The 1stInternational Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science. , 2009年, 通常
  239. 外来化学療法を受けるがん患者と家族のコミュニケーションと心理的適応との関連 , 森山 美知子, 第22回日本サイコオンコロジー学会総会 , 2009年, 通常
  240. Chronic Disease Management Incorporated into the Public Long-term Care Insurance System , 森山 美知子, The1st Asian Congress of Medecal and Care Facilities , 2010年, 通常
  241. 予測できる死、予測できない死におけるグリーフケアの文献検討 , 森山 美知子, 第33回日本死の臨床研究会年次大会, 2009年, 通常
  242. 甲状腺癌により甲状腺摘出術を受けた患者が抱く思いやニーズ , 森山 美知子, 第24回 日本がん看護学会学術集会 , 2010年, 通常
  243. 発達障がい児をもつ養育期家族の家族機能測定尺度作成の試み , 森山 美知子, 第29回日本看護科学学会学術集会 , 2009年, 通常
  244. 在宅ターミナルケアにおける介護者の予期悲嘆について , 森山 美知子, 第29回日本看護科学学会学術集会 , 2009年, 通常
  245. 看護労働環境に関する研究-Nursing Work Index-Rと属性の多重比較法による検討- , 森山 美知子, 第10回医療マネジメント学会学術総会 , 2008年, 通常
  246. 慢性心不全疾病管理プログラム実施後6ヵ月における効果について , 森山 美知子, 日本ヘルスサポート学会第3回学術集会・総会 , 2008年, 通常
  247. 外来における2型糖尿病疾病管理プログラムの有効性の検討-1年間トライアルの結果 , 森山 美知子, 第13回日本糖尿病教育・看護学会 , 2008年, 通常
  248. がん診療連携拠点病院におけるがん患者・家族のサポート体制に関する実態調査 , 森山 美知子, 第21回日本サイコオンコロジー学会総会 , 2008年, 通常
  249. セルフマネジメント能力の強化を目的とした2型糖尿病疾病管理プログラムの有効性の検討 , 森山 美知子, 第5回広島保健学学会学術集会・国際シンポジウム , 2008年, 通常
  250. 保険者機能の拡大に向けた取り組み:2型糖尿病疾病管理プログラムの地域への導入 , 森山 美知子, 第67回日本公衆衛生学会総会 , 2008年, 通常
  251. 新規認定高齢者の発注リスク要因 , 森山 美知子, 第67回日本公衆衛生学会総会 , 2008年, 通常
  252. 多様な働き方?意外と認識されていない実態ー可視化された実情と誤解ー , 森山 美知子, 第46回日本医療・病院管理学会学術総会 , 2008年, 通常
  253. 虚血性心疾患患者の自己管理行動を測定する質問紙の作成 , 森山 美知子, 第28回日本看護科学学会学術集会 , 2008年, 通常
  254. 虚血性心疾患患者の自己管理行動と心理社会的要因との関連 , 森山 美知子, 第28回日本看護科学学会学術集会 , 2008年, 通常
  255. 外来看護師によるインターフェロン療法中にみられる抑うつ症状のアセスメント , 森山 美知子, 第28回日本看護科学学会学術集会 , 2008年, 通常
  256. 成人看護学領域におけるシュミレーション学習の評価の試みー終末期看護場面を用いてー, 森山 美知子, 第1回日本医療教授システム学会総会, 2009年, 通常
  257. 広島大学成人看護学演習におけるシュミレーション学習の取り組み, 森山 美知子, 第1回日本医療教授システム学会総会, 2009年, 通常
  258. 慢性心不全疾病管理プログラム実施後12カ月における効果について, 森山 美知子, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2008年, 通常
  259. 慢性心不全患者のライフコースアプローチ , 森山 美知子, 第14回心臓リハビリテーション学会学術集会 , 2008年, 通常
  260. 慢性心不全疾病管理プログラム実施後9カ月における効果について , 森山 美知子, 第5回日本循環器看護学会学術集会 , 2008年, 通常
  261. クリティカルケア場面における家族看護 , 森山 美知子, 第3回日本クリティカルケア看護学会学術集会 , 2007年, 通常
  262. 米国・豪州のDisease Managementの動向とわが国の慢性疾患ケアモデル構築の必要性 , 森山 美知子, 第1回日本慢性看護学会学術集会 , 2007年, 通常
  263. 発症後3か月における脳血管障害患者と家族が看護者に求めるケアニーズ , 森山 美知子, 日本家族看護学会第14回学術集会 , 2007年, 通常
  264. 慢性心不全の疾病の自己管理の実態と悪化要因との関連 , 森山 美知子, 第45回日本病院管理学会学術総会 , 2007年, 通常
  265. 外来入院中の成人2型糖尿病患者の疾病管理プログラムの開発とその効果に関する研究 , 森山 美知子, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会 , 2006年, 通常
  266. ライフレヴューによる終末期がん患者を支える家族の凝集性の変化 , 森山 美知子, 日本家族看護学会第13回学術集会 , 2006年, 通常
  267. 青年期の家族員が認知症の家族員を受け入れるまでの心理的プロセスを分析してー青年期の家族員が介護に加担する決定要因― , 森山 美知子, 日本家族看護学会第13回学術集会 , 2006年, 通常
  268. 虚血性心疾患の疾病管理プログラムの効果の検討 , 森山 美知子, 第44回日本病院管理学会学術集会 , 2006年, 通常
  269. 疾病別地域連携:虚血性心疾患の疾病管理プログラムの導入とその効果 , 森山 美知子, 第6回日本心血管カテーテル治療学会学術集会 , 2006年, 通常
  270. Preventive Family Intervention for the families who are going to take Caregiving Role, 森山 美知子, 7th International Family Nursing Conference, 2005年, 通常
  271. DISCOVERING THE INFLUENCES ON TERMINALLY ILL CANCER PATIENTS AND THEIR FAMILIES CONDUCTING LIFE REVIEW INTERVIEWS, 森山 美知子, The 7th International Family Nursing Conference, 2005年, 通常
  272. 大腿骨頚部骨折急性期治療の標準化に向けた研究, 森山 美知子, 第5回日本整形外科看護研究会学術集会, 2005年, 通常
  273. 脳血管障害発症後の混乱期における患者と家族ケアニーズ―血管内手術を受けた患者と妻 1事例の分析―, 森山 美知子, 日本家族看護学会第12回学術集会, 2005年, 通常
  274. 一般市民の生活習慣病改善プログラムに対する支払意思に関する調査, 森山 美知子, 第43回日本病院管理学会学術総会, 2005年, 通常
  275. わが国の医療機関における糖尿病及び心疾患の患者教育プログラムの実態調査, 森山 美知子, 第43回日本病院管理学会学術総会, 2005年, 通常
  276. 日本版健康関連ハーディネス尺度の作成, 森山 美知子, 第2回広島保健学学会学術集会, 2005年, 通常
  277. 手術後、化学療法でボディイメージの変容をきたした外来通院中の乳がん患者のQOL改善への看護介入の検討, 森山 美知子, 第2回広島保健学学会学術集会, 2005年, 通常
  278. 再生医療に対する看護職の意識調査, 森山 美知子, 日本生命倫理学会第17回年次大会, 2005年, 通常
  279. 広島県のホスピス推進プロセスとChange Agentとしての看護師の役割, 森山 美知子, 日本がん看護学会学術集会, 2006年, 通常
  280. Place of terminal care and related factors among the elderly., 森山 美知子, JANS 5th International Nursing Research Conference, 2004年, 通常
  281. Effect of Educational Intervention on Improve Clinical Outcomes in Japanese Outpatients with Chronic Heart Failure , 森山 美知子, Psychogenic Cardiovascular Disease Conference,Prato , 2008年, 通常
  282. 離職防止への取り組み~メンタルサポートの敷居を下げ、ロールモデルを認識する取組み , 森山 美知子, 第12回日本看護管理学会 , 2008年, 通常
  283. Nursing Work Index-Rの信頼妥当性の検討 , 森山 美知子, 第34回日本看護研究学会 , 2008年, 通常
  284. リスク特性に応じた慢性疾患セルフマネジメントプログラム開発とその効果の検討 , 森山 美知子, 第1回日本慢性看護学会学術集会 , 2007年, 通常
  285. 退院調整体制の整備に向けた研究 , 森山 美知子, 第11回日本看護管理学会年次大会 , 2007年, 通常
  286. 働き甲斐のある看護組織の追究―ヴィクトリア州看護管理事情からの考察― , 森山 美知子, 第45回日本病院管理学会学術総会 , 2007年, 通常
  287. 医療人類学と透析患者の生活-文献からの-考察34 , 森山 美知子, 群馬県透析懇話会 , 2008年, 通常
  288. オストメイトのストーマ受容度とセルフケア状況およびストーマ受容影響要因との関連性 , 森山 美知子, 第3回広島保健学学会学術集会 , 2006年, 通常
  289. 外来で科学療法を受けるがん患者をもつ家族が抱えている問題 , 森山 美知子, 日本家族看護学会第13回学術集会 , 2006年, 通常
  290. 2型糖尿病患者家族における食事療法の受け入れ過程 , 森山 美知子, 日本家族看護学会第13回学術集会 , 2006年, 通常
  291. 家族の患児に対する診断名の告知に関する研究 , 森山 美知子, 日本家族看護学会第13回学術集会 , 2006年, 通常
  292. 再燃を繰り返す大うつ病性障害患者の疾病管理に関する基礎的研究 , 森山 美知子, 第26回日本看護科学学会学術集会 , 2006年, 通常
  293. Characteristics of Family Intervention in Clinical Settings and Preventive Family Intervention in Japan, 森山 美知子, 7th International Family Nursing Conference, 2005年, 通常
  294. Identifying the processes of accepting child/adult with serious disabilities by his/her family and the relating factors, 森山 美知子, 7th International Family Nursing Conference, 2005年, 通常
  295. Benchmarking the treatment processes for femur neck fracture for comparison between Japan,US and UK,Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing, 森山 美知子, 17th International Nursing Reserch Congress Focusing on zvidence-Based Practice, 2005年, 通常
  296. 成人がん患者と家族への外来看護, 森山 美知子, 日本家族看護学会第12回学術集会, 2005年, 通常
  297. Educational Needs of Basic Nursing Education for Promoting the Standardization of Medical and Nursing Care, 森山 美知子, JANS 5th international Nursing Research Conference, 2004年, 通常
  298. Development of the Japanese version of the Health-Related Hardiness Scale., 森山 美知子, JANS 5th International Nursing Research Conference, 2004年, 通常
  299. Factors related to suppoeting advance directives among the elderly in Japan, 森山 美知子, 15th international Nursing Research Congress, 2004年, 通常
  300. Influence of School Types on the Sense of Accomplishment of Clinical Nurses., 森山 美知子, JANS 5th International Nursing Research Conference, 2004年, 通常
  301. Discrepancy of Recognition of Notification of Diagnosis of Cancer between Couple., 森山 美知子, JANS 5th International Nursing Research Conference, 2004年, 通常
  302. 大腿骨頚部骨折の治療プロセスの日米英比較, 森山 美知子, 第30回日本骨折治療学会, 2004年, 通常
  303. 保健指導の導入による脳卒中・心筋梗塞の再発予防効果に関する研究, 森山 美知子, 厚生労働科学研究 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究 平成25年度 研究成果発表会(研究者向け), 2014年, 通常
  304. 仮設住宅に居住する慢性疾患を抱えた独居高齢者を対象としたIT・クラウドを使用した健康管理システム導入によって得られた知見, 森山 美知子, 第19回日本集団災害医学会総会・学術集会, 2014年, 通常
  305. 認知症を有する高齢心不全患者の急性増悪期において看護師が実施しているケアの工夫(大津美香,森山美知子,真茅みゆき,高山成子,渡辺陽子), 森山 美知子, 第13回認知症ケア学会大会(浜松市), 2012年, 通常
  306. A nurse-led clinical trial for improvement of QOL on post Stroke patients by education in community-settings.(Michiko Moriyama, Takeshi Hyakuta, Yasuko Fukuoka, Koji Harada, Asako Matsuura, Toyonori Omori ), 森山 美知子, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012年, 通常
  307. Consideration of the effects of education on patients with ischemic heart disease using a portfolio to promote self-management.(Haruka Otsu, Michiko Moriyama, Rika Yuasa ), 森山 美知子, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012年, 通常
  308. Development of the Family caregiver partnership evaluation scale who cares dementia patient at home.(Ayumi Kiriake, Yukiko Inadome, Michiko Moriyama ), 森山 美知子, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012年, 通常
  309. Development of the shorter version of Japanese version ATQ-R(Automatic Thoughts Questionnare-Revised)for nurses:examination of reliability and validity.(Takashi Ohue, Michiko Moriyama, Takashi Nakaya ), 森山 美知子, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012/6/30~7/1, Kobe , 2012年, 通常
  310. A Cognitive and Behavioral Intervention for Burnout in Japanese Nurses of the 3 Years Nursing Clinical Experience. (Takashi Ohue, Michiko Moriyama &Takashi Nakaya ), 森山 美知子, Honor Society of Nursing, Sigma Theta Tau International 23rd International Nursing Research Congress. Brisbane, Australia., 2012年, 通常
  311. 看護師を対象としたATQ-R(Automatic Thoughts Questionnaire - Revised ) 短縮版作成と信頼性・妥当性の検討.(大植崇, 森山美知子, 中谷隆) , 森山 美知子, 第38回日本行動療法学会(京都), 2012年, 通常
  312. 看護教員になった動機別によるソーシャルサポート、ストレス、バーンアウトとの関係性(原田浩二,森山美知子,小林敏生) , 森山 美知子, 第9回広島保健学学会学術集会・第13回広島保健福祉学会学術大会,広島市, 2012年, 通常
  313. The contents of the stress of nursing teachers in nursing diploma schools.(Harada K., Moriyama M), 森山 美知子, The 16th East Asian Forum of Nursing Scholars,Bangkok,Thailand , 2013年, 通常
  314. Drinkers’ existential value and their resistance to moderation in drinking,(Harada K., Moriyama M.), 森山 美知子, The 16th East Asian Forum of Nursing Scholars,Bangkok,Thailand , 2013年, 通常
  315. 緩和ケア病棟でがん患者を看取った家族が抱えていたスピリチュアルペイン.(清水巴瑠香, 二井谷真由美, 山下香里, 森山美知子), 森山 美知子, 第32回日本看護科学学会学術集会  東京 , 2012年, 通常
  316. 医師が感じている緩和ケア移行における困難 看護師に求められる役割.(仁井本怜子, 二井谷真由美, 山下香里, 森山美知子), 森山 美知子, 第32回日本看護科学学会学術集会  東京 , 2012年, 通常
  317. Distress of Families having an Outpatient receiving Cancer Chemotherapy. (Nahoko Saita, Michiko Moriyama), 森山 美知子, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012年, 通常
  318. Efficacy of a Self-Management Patient Education Program for Preventing Recurrence of Stroke in Community-settings.(Yasuko Fukuoka, Michiko Moriyama, Takeshi Hyakuta, Koji Harada, Asako Matsuura, Toyonori Omori ), 森山 美知子, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery , 2012年, 通常
  319. Health guidance with the purpose of recommending consultation to those who were diagnosed with hepatic dysfunction during health check-ups.( Yae Takeshita, Michiko Moriyama ), 森山 美知子, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012年, 通常
  320. Factors influencing burnout and the relationships of nursing teachers’ career choice motivations with social support, stress and burnout(Koji Harada・Michiko Moriyama・Toshio Kobayashi), 森山 美知子, The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nurisng and Midwifery, 2012年, 通常
  321. 看護師の不合理な信念尺度の作成と信頼性・妥当性の検討.(大植崇, 森山美知子, 中谷 隆), 森山 美知子, 第32回日本看護科学学会学術集会, 東京 , 2012年, 通常
  322. 軽症脳梗塞患者に対する再発予防を目的とした自己管理教育の効果(RCT), 2013年3月22日, 東京, 森山 美知子, STROKE2013, 2013年, 通常
  323. The cognitive process which influences a Japanese nurse's burnout. Czech Republic, Praha., 森山 美知子, Sigma Theta Tau International 24rd International Nursing Research Congress., 2013年, 通常
  324. 看護師のバーンアウトと離職の意思に対する集団認知行動療法の効果, 森山 美知子, 日本行動療法学会第39回大会, 2013年, 通常
  325. The effect of the group cognitive behavior therapy in a nurse's burnout and intention to resign -Examination which focuses on nurse's irrational beliefs belief and automatic thoughts -., 森山 美知子, 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference, 2013/8/23-25, Tokyo, Japan., 2013年, 通常
  326. Knowledge and awareness of midwives about family nursing., 森山 美知子, The 11th international Family Nursing Conference, June 20, Minneapolis, USA., 2013年, 通常
  327. Midwives’ Awareness and Practice of Family Nursing,, 森山 美知子, the 9th International Nursing Conference, Oct. 16, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  328. The role of advanced practice nurse in development and implementation of disease management system for population of CHF patients in Hiroshima prefecture in Japan,, 森山 美知子, 3rd World Academy of Nursing Science, Oct 18, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  329. Telemonitoring in Patients with Chronic Heart Failure : The Interim Report of an Ongoing Prospective Multicenter Randomized Trial in Japan (Pilot Study)., 森山 美知子, 3rd World Academy of Nursing Science, Oct 18, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  330. Effects of Physiological Indicators and Self-management Goal Attainment on the Cerebral Infarction Recurrence Prevention Program: Results of the Intervention and 6 Month- Follow-up., 森山 美知子, The 9th International Nursing Conference, Oct. 16, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  331. Effects of Psychological Indicators on the Cerebral Infarction Recurrence Prevention Program: Results of the Intervention and 6 Month- Follow-up., 森山 美知子, The 9th International Nursing Conference, Oct. 16, Seoul, Korea, 2013年, 通常
  332. Investigation of Risk Factors Control and Self-management Practice of Patients with Mild Cerebral Infarction in Japan: Suggestion to Nursing Practice., 森山 美知子, 3rd World Academy of Nursing Science, Oct 18, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  333. Development of a Screening System for Elderly Who Are at High Risk of Severe Chronic Disease at Community-base in Japan, 森山 美知子, 3rd World academy of Nursing Science,Oct18,Seoul,Korea, 2013年, 通常
  334. Evaluation of the Effects of Reduction of Alcohol Consumption Intake on Sobriety Program for Drinkers of Who Exceeded Alcohol Consumption Limit in Japan, 森山 美知子, 3rd World Academy of Nursing Science, Oct 16-18, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  335. 家族看護―スペシャリスト教育とジェネラリスト教育, 森山 美知子, 第29回日本家族研究・家族療法学会, 2012年, 通常
  336. A Study of the Effects of Improvement of Psychosocial Indicators on a Sobriety Program Including Stress-management in Japan, 森山 美知子, 3rd World Academy of Nursing Science, Oct 16-18, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  337. Survey on Patient and Their Family Education for Prevention of Recurrence of Myocardial Infarction, 森山 美知子, 3rd World Academy of Nursing Science, Oct 16-18, Seoul, Korea., 2013年, 通常
  338. 看護師のバーンアウトと離職の意思に対する集団認知行動療法の効果―看護師の不合理な信念に焦点を当てて―, 森山 美知子, 第33回日本看護科学学会学術集会,大阪. 2013/12, 2013年, 通常
  339. 透析療法選択支援ツールの作成, 森山 美知子, 第16回日本腎不全看護学会学術集会,2013/11/17 横浜, 2013年, 通常
  340. Nurses’ recognition on family nursing and the present condition of practice in Jilin Province of China, 森山 美知子, 3rd World academy of Nursing Science,Oct18,Seoul,Korea, 2013年, 通常
  341. A study for the experience of the elderly primipara from puerperium to child-rearing(initial stage)period of postnatal for 1 year in a city of China, 森山 美知子, 3rd World academy of Nursing Science,Oct18,Seoul,Korea, 2013年, 通常
  342. A nursing intervention to maintain and foster family functioning in the confusion stage in CVA patients and family caregivers , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年, 通常
  343. A case of anorexia nervosa who loose stability of family function after in vitro fertilization-Nursing support for restore family function during oeri-and post-natal stage- , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年, 通常
  344. Distresses perceived by patients receiving outpatient cancer chemotherapy and their Families , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年, 通常
  345. Evaluation of a family learning support program for diabetics in transition to diabetic nephropathy , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年, 通常
  346. A report on family nursing practice for patients with pre-dialysis diabetic nephropathy and their family members , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年, 通常
  347. Survey on family education on prevention of recurrence of cerebrovascular attack and myocardial infarction , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年, 通常
  348. Identifying the factors,affecting overcoming the problems during achieve the developmental stage of family with seriously handicapped child/adult , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference, 2011年, 通常
  349. Learning about end-of-life patient's family experience,simulation learning in nursing education in a palliative care setting , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference , 2011年, 通常
  350. Effects of a family intervention on the communication of advanced cancer patients and their families , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference , 2011年, 通常
  351. Examination of the cognitive model of burnout in Japanese nurses:Consideration from the viewpoint of family nursing , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference , 2011年, 通常
  352. Influence on prevention of burnout of nursing teachers by their family's existence , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference , 2011年, 通常
  353. The usefulness of the service of a health salon in K Ward , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference , 2011年, 通常
  354. Characteristics of the attitudes of general ward nurses toward end-of-life care for terminal cancer patients and their families , 森山 美知子, 10th International Family Nursing Coference , 2011年, 通常
  355. 医療保険者の役割機能拡大による新たな慢性疾患ケア提供モデルの構築 , 森山 美知子, 第49回日本医療・病院管理学会学術総会, 2011年, 通常
  356. 看護師養成所における看護教員のストレスとソーシャルサポート及びバーンアウトとの関係 , 森山 美知子, 日本看護学教育学学会第21回学術集会, 2011年, 通常
  357. 音リズム刺激がパーキンソン病患者の歩行と心理状態に与える影響 , 森山 美知子, 広島保健学学会第8回学術集会, 2011年, 通常
  358. 循環器看護外来に求められる看護師の役割の検討 , 森山 美知子, 日本循環器看護学会学術集会, 2011年, 通常
  359. 学部教育におけるクリティカルケア・シミュレーション演習の取り組み , 森山 美知子, 日本循環器看護学会学術集会, 2011年, 通常
  360. 慢性心不全の疾病管理プログラム開始後36ヶ月における追跡調査 , 森山 美知子, 日本循環器看護学会学術集会, 2011年, 通常
  361. 合併症を持つ慢性心不全患者に対する患者教育とケアコーディネーション , 森山 美知子, 日本循環器看護学会学術集会, 2011年, 通常
  362. 保存期糖尿病腎症患者に対するセルフマネジメント能力向上を目指した学習援助型プログラムの効果の検討 , 森山 美知子, 第14回日本腎不全看護学会, 2011年, 通常
  363. 広島県心筋梗塞地域連携パスの展開:メンタルケアを強化したセルフマネジメント教育の導入 , 森山 美知子, 第68回日本循環器心身医学会総会, 2011年, 通常
  364. 一般病棟における看取りケアの実践に関連する要因と看取りケア実践モデルの構造の検討 , 森山 美知子, 第31回日本看護科学学会学術集会, 2011年, 通常
  365. 外来治療を受けるがん患者を支える家族の実態調査ー患者のPSの違いによる家族の悩みや負担、QOLの変化ー , 森山 美知子, 第31回日本看護か学学会学術集会, 2011年, 通常
  366. 在宅酸素療法実施中のCOPD患者を対象とした疾病管理プログラムの有効性の検討 , 森山 美知子, 第50回日本呼吸器学会学術講演会, 2010年, 通常
  367. 食事制限を守りにくい患者への療養支援ー家族インタビュー活用の検討ー , 森山 美知子, 第4回日本慢性看護学会学術集会, 2010年, 通常
  368. 医療人類学的手法を用いた慢性疾患疾病管理プログラムの開発と運用可能性の検討 , 森山 美知子, 第4回日本慢性看護学会学術集会, 2010年, 通常
  369. 専門看護師として家族介入のスキルをもつ , 森山 美知子, 第4回日本慢性看護学会学術集会, 2010年, 通常
  370. 心筋梗塞の二次予防に関する医療施設の保健指導の実態調査 , 森山 美知子, 第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年, 通常
  371. 脳卒中二次予防に関する医療施設の保健指導(患者教育)の実態調査 , 森山 美知子, 第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年, 通常
  372. 慢性心不全の疾病管理プログラム終了後18ヵ月における追跡調査 , 森山 美知子, 第7回日本循環器看護学会学術集会, 2010年, 通常
  373. 高度実践看護師制度の在り方について-特定看護師の提案- , 森山 美知子, 第30回日本看護科学学会, 2010年, 通常
  374. 心筋梗塞患者を対象としたMac New 日本語版の信頼性・妥当性の検討 , 森山 美知子, 第30回日本看護科学学会, 2010年, 通常
  375. 看護師のバーンアウトと離職の意思との関連性 , 森山 美知子, 第30回日本看護科学学会, 2010年, 通常
  376. Development of the irrational belief test for nurses (IBTN): examination of reliability and validity. , 森山 美知子, 21nd International Nursing Research Congress, 2010年, 通常
  377. 心筋梗塞後のエンパワメント:セルフマネジメント教育と心理的サポートを強化した包括的心臓リハビリテーションの導入 , 森山 美知子, 第15回心臓リハビリテーション学会 , 2009年, 通常
  378. 経管栄養法導入における家族の代理決定モデルの検証-予備調査 , 森山 美知子, 日本家族看護学会第16回学術集会, 2009年, 通常
  379. 糖尿病を起因とする腎症期(2期~4期)に対する糖尿病重症化予防事業, 鮎川康子、山田啓介、大和昌代, 第37回日本公衆衛生学会総会, 2014年11月06日, 通常, 日本公衆衛生学会総会, 栃木県宇都宮市
  380. 保険者・医療機関と連携した慢性疾患重症化予防プログラムの効果.2, 加澤佳奈*,鶴見恵子,沖田真奈美, 日本医療病院管理学会第52回学術総会, 2014年09月13日, 通常, 日本医療病院管理学会, 東京
  381. 慢性疾患重症化予防における疾病管理看護師の役割., 後藤瑞枝,米田由香,沖田真奈美,加澤佳奈,,頼岡徳在,山根公則, 日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会 , 2014年10月24日, 通常, 日本糖尿病学会中国四国地方会, 広島市
  382. Fukuoka Y, Takeshita Y, Takahama A, Kamouchi M,, 2014年07月24日, 通常
  383. Yae Takeshita, Sigma Theta Tau International's 25th International Nursing Research Congress, 2014年07月24日, 通常
  384. 脳梗塞再発予防の自己管理教育における家族介入の効果, 福岡泰子, 日本家族看護学会第21回学術集会, 2014年08月10日, 通常, 日本家族看護学会, 岡山
  385. 終末期の自己決定や事前指示書作成促進を目的とした研修会の効果, 竹下八重, 第21回日本家族看護学会学術集会, 2014年08月10日, 通常, 日本家族看護学会学術集会, 岡山
  386. 事前指示書を活用した高齢者の望む自宅での看取りの推進., 竹下八重, 第21回ヘルスリサーチフォーラム, 2014年11月29日, 通常, ヘルスリサーチフォーラム, 東京
  387. 脳卒中回復期病棟における脳卒中後うつへの看護に関する調査, 松本あつき, 福岡泰子, 竹下八重, 二井谷真由美, 増岡薫子, 村中くるみ, 玉井千恵, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月26日, 招待, 日本脳卒中学会総会, 広島市
  388. 回復期リハビリテーション病棟におけるエンパワーメントにむけた脳梗塞再発予防教育プログラムの構築, 木下真吾, 百田武司, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月27日, 招待, 日本脳卒中学会総会, 広島市
  389. 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中再発予防患者教育の実態に関する全国調査, 木下真吾, 百田武司, .第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月28日, 招待, 日本脳卒中学会総会, 広島市
  390. 新しいケア提供体制における疾病管理ナースの役割., 加澤佳奈, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月29日, 招待, 日本医工学治療学会, 広島市
  391. 心不全患者に対する疾病管理体制の構築と展開に向けた高度実践看護師の役割., 中麻規子,水川真理子,中山 奨,,木村浩彰,木村康樹, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月29日, 招待, 日本医工学治療学会, 広島市
  392. 離島の慢性疾患患者をかかりつけ医と共同で管理する遠隔疾病管理の構築, 前田梨絵, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月29日, 招待, 日本医工学治療学会, 広島市
  393. CKD疾病管理システム及びプログラム構築とその効果, 中山 奨, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月29日, 招待, 日本医工学治療学会, 広島市
  394. 第18回日本心不全学会学術集会, 2014年10月10日, 通常, 大阪
  395. Global health and nursing: Teaching disaster nursing at Hiroshima Peace seminarts., Gebbie K., de Valpine M., Carlson A., Moriyama M., Jimenez MH., Ari E., World Congress on Disaster and Emergency Medicine,, 2015年04月21日, 通常, Cape Town, South Africa
  396. 慢性疾患重症化予防プログラムの実施., 原眞理子, 加澤佳奈, 森山美知子, 第13回日本予防医学会学術総会, 2015年06月21日, 通常, 石川
  397. 疾病管理看護師養成講座の有効性と運用可能性の評価, 加澤佳奈, 森山美知子, 岡美智代, 高橋さつき, 第9回日本慢性看護学会学術集会, 2015年07月05日, 通常, 大阪
  398. 呉市脳梗塞再発予防の仕組みづくりと成果の中間報告‐保険者・医療機関と連携し、発症直後の患者登録・介入を目指す-, 後藤瑞枝, 杉江いづみ,角井紋子,大黒英美,原眞理子,前野尚子,辰巳弥生, 加澤佳奈, 森山美知子, 第3回日本ニューロサイエンス看護学会学術集会, 2015年07月27日, 通常, 徳島
  399. Hiroyuki Kawaguchi, Michiko Moriyama, Hideki Hashimoto, 2015 International Health Economics Association (iHEA), 2015年07月17日, 通常, Milan:Italy
  400. Discussion of the dynamics and action plans for the Japanese healthcare system and the care of elderly people aged 75 years or older., Kazawa K., Kanazawa T., Iwamoto S., Moriyama M., The 6th international conference on community health nursing research,, 2015年08月21日, 通常, Seoul, Korea,
  401. Mobile healthcare system for health checkups and telemedicine in post-disaster situations., Hu Mi., Sugimoto M., Hargrave AR., Nohara Y., Moriyama M., Ahmed A., Shimizu S., & Nakashima N., 15th World Congress on Health and Biomedical Informatics (Medinfo2015),, 2015年08月19日, 通常, San Paulo, Brazil,
  402. Health checkup and telemedicine system in post-disaster situations., Hu Mi., Sugimoto M., Hargrave AR., Nohara Y., Moriyama M., Ahmed A., Shimizu S., & Nakashima N., JTTA2015,, 2015年10月10日, 通常, Sendai, Japan,
  403. 1企業の健康保険組合レセプトデータの分析および質問紙調査による働く人の睡眠と睡眠障害に関する実態調査., 豊島礼子,森山美知子, 豊島礼子,森山美知子, 第16回広島保健福祉学会学術大会, 2015年10月10日, 通常
  404. The consultation status related to mental diseases using medical fee data of corporate health insurance and a reality survey on psychotropic drug use., Toyoshima A, Moriyama M., Toyoshima A, Moriyama M., ENDA (European Nurse Directors Association) & WANS (World Academy of Nursing Science) Congress 2015,, 2015年10月17日, 通常, Hannover, Germany,
  405. Comparison of effects between IT-based and face-to-face self-management education methods, and examination of feasibility of the IT-based method for patients with diabetic nephropathy, Osaki K., Kazawa K., Moriyama M., Osaki K., Kazawa K., Moriyama M., ENDA (European Nurse Directors Association) & WANS (World Academy of Nursing Science) Congress 2015,, 2015年10月17日, 通常, Hannover, Germany,
  406. Reviewing effective nursing interventions for patients with chronic viral hepatitis in China:Literature review. , Ying'ai Cui, Michiko Moriyama*,Yae Takeshita, Mayumi Niitani.(2015)., Ying'ai Cui, Michiko Moriyama*,Yae Takeshita, Mayumi Niitani.(2015)., ENDA (European Nurse Directors Association), 2015年10月17日, 通常, Hannover Germany
  407. Literature review for developing patient education program in prevent aggravation of chronic virus hepatitis., Ying'ai Cui, Michiko Moriyama*,Yae Takeshita, Mayumi Niitani., Ying'ai Cui, Michiko Moriyama*,Yae Takeshita, Mayumi Niitani., 18th EAST ASIAN FORUM OF NURSING SCHOLARS,, 2016年02月05日, 通常, Taipei, Taiwan
  408. 高齢者の疾病構造と死亡前医療の使われ方に関する分析, 加澤佳奈,岩本晋,森山美知子, .第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 2016年09月18日, 通常, 日本医療・病院管理学会, 東京
  409. 糖尿病腎症に対する遠隔セルフマネジメント教育と直接教育効果の比較検討及び運用可能性の検証:12ヶ月フォローアップ結果., 尾崎果苗,加澤佳奈,森山美知子, 第21回日本糖尿病教育・看護学会,2016,2016/9/18,甲府, 2016年09月18日, 通常, 日本糖尿病教育・看護学会, 甲府

受賞

  1. 2009年11月27日, 日本看護科学学会学術論文優秀賞, 日本看護科学学会, セルフマネジメント能力の獲得を主眼にした包括的心臓リハビリテーションプログラムの有効性の検討
  2. 2005年06月, The 7th International Family Nursing Conference Award: Innovative Contribution to Family Nursing Award, The 7th International Family Nursing Conference
  3. 2010年10月, ベストポスター賞受賞, 第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 脳卒中二次予防に関する医療施設の保健指導(患者教育)の実態調査
  4. 1992年05月, カリフォルニア州立大学フレズノ校Distinguished International Student Award受賞
  5. 1992年05月, 1992年度WPA(Western Psychological) Association)Student Scholarship, English
  6. 1991年03月, SIGMA THETA TAU(International Nursing Honor Society)会員
  7. 1991年11月, 国際ソロプチニスト岩国受賞、女性の地位向上賞受賞
  8. 1987年01月, エイボンプロダクツ株式会社奨学金受賞
  9. 2011年01月, 優秀演題賞, 第8回日本循環器看護学術集会, 慢性心不全の疾病管理プログラム開始後36ヵ月における追跡調査
  10. 2007年03月, 第4回老年研究頴原賞受賞, 山口老年総合研究所, 高齢者ケアのアウトカムマネジメントとディジーズマネジメント
  11. 2014年10月10日, YIA(ハートチーム)最優秀賞, 第18回日本心不全学会学術集会, Telemonitoring in patients with chronic heart failure : Multicenter randomized trial in Japan (Pilot Study).
  12. 2016年06月12日, 平成27年度日本プライマリ・ケア連合学会 優秀論文賞(和文誌の部), 一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会学会誌編集会議担当理事

社会活動

委員会等委員歴

  1. 学術集会企画委員, 2013年09月, 2014年10月, 日本家族看護学会
  2. 看護生涯教育・研究センター運営会議委員, 2012年04月, 2017年03月, (社)広島県看護協会
  3. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 京都大学大学院医学研究科
  4. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 九州大学
  5. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 福井大学
  6. 評議員, 2013年04月, 2016年03月, 日本家族看護学会
  7. 和文誌編集委員, 2011年09月, 2017年09月, 日本看護科学学会
  8. 非常勤講師, 2014年04月, 2014年09月, 岐阜県立看護大学
  9. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 京都大学大学院医学研究科
  10. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 福井大学
  11. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 九州大学
  12. 非常勤講師, 2014年04月, 2014年09月, 広島文化学園大学
  13. 学術集会企画委員, 2014年07月, 2016年01月, 日本看護科学学会
  14. 在宅医療推進におけるスーパーケアマネ養成研修会講師, 2014年11月, 2015年03月, 大崎上島町
  15. 取締役会長, 2010年12月, 2018年03月, (株)DPPヘルスパートナーズ
  16. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 九州大学大学院医学系学府
  17. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 高知県立大学
  18. 在宅医療の人材(訪問看護師)確保のための推進事業検討委員会委員, 2015年01月, 2017年03月, (社)広島県看護協会
  19. 魅力ある看護の人材確保総合推進事業検討委員会委員, 2015年01月, 2017年03月, (社)広島県看護協会
  20. 非常勤講師, 2015年06月, 2016年02月, 岡山県立大学
  21. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 岐阜県立看護大学
  22. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 福井大学
  23. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 広島文化学園大学
  24. 理事, 2007年04月, 2017年03月, 日本ヘルスサポート学会
  25. 学術誌編集委員, 2007年04月, 2017年03月, 日本ヘルスサポート学会
  26. 査読委員, 2007年04月, 2017年03月, 日本ヘルスサポート学会
  27. 日本疾病管理研究会, 2006年07月, 日本疾病管理研究会
  28. 評議員, 2006年01月, 2017年12月, 日本医療・病院管理学会
  29. 学術情報委員, 2012年01月, 2015年12月, 日本医療・病院管理学会
  30. 理事, 2007年10月, 2017年06月, 日本循環器心身医学会
  31. 査読委員, 2007年05月, 日本家族看護学会「家族看護学研究」
  32. 評議員, 2007年04月, 2018年03月, 日本慢性看護学会
  33. 評議員, 2012年09月, 2016年09月, 日本糖尿病教育・看護学会
  34. 査読委員, 2007年10月, 日本糖尿病教育・看護学会
  35. 専任査読者, 2014年09月, 2016年09月, 日本糖尿病教育・看護学会
  36. 査読委員, 2003年, 日本看護協会出版会「家族看護」
  37. 多職種共同のあり方プロジェクト委員, 2012年04月, 2017年03月, 日本プライマリ・ケア連合学会 
  38. プライマリ・ケア看護師養成プロジェクトチーム委員, 2014年08月, 2017年03月, 日本プライマリ・ケア連合学会
  39. 評議員, 2013年02月, 2017年02月, 日本がん看護学会
  40. 代議員, 2015年02月, 2017年02月, 日本がん看護学会
  41. 査読委員, 2014年07月, 2015年03月, 日本がん看護学会学術集会
  42. 代議員, 2015年02月, 2019年03月, 日本看護科学学会
  43. 和文誌編集委員会専任査読委員, 2013年10月, 2015年09月, 日本看護科学学会
  44. 企画委員・査読委員, 2014年07月, 2016年01月, 日本看護科学学会 学術集会
  45. 評議員, 2013年04月, 2016年03月, 日本家族看護学会
  46. 専任査読者, 2013年08月, 2018年07月, 日本家族看護学会
  47. 準備委員, 2014年07月, 2015年03月, 日本脳卒中学会総会
  48. 非常勤講師, 2014年10月, 名古屋市立大学
  49. 看護生涯教育・研究センター運営会議委員長, 2006年04月, 2016年03月, 広島県看護協会
  50. 国民健康保険糖尿病性腎症重症化予防事業運営委員, 2010年08月, 呉市
  51. 地域総合チーム医療専門部会委員, 2013年05月, 2017年03月, 呉市
  52. 世話人・事務局, 2006年06月, 2017年03月, 広島県糖尿病・腎不全療養指導看護研究会
  53. 顧問, 2008年12月, 2017年03月, 広島県呼吸ケア看護研究会
  54. 世話人, 2012年05月, 2017年03月, 広島県循環器ケア・リハビリテーション研究会
  55. 顧問, 2009年04月, 2017年03月, ミオパチー(筋疾患)の会オリーブ
  56. 副委員長, 2012年02月, 2014年03月, 広島県心臓いきいき推進会議
  57. 看護生涯教育・研究センター運営会議委員, 2016年04月, 2018年03月, (社)広島県看護協会
  58. 実行委員, 2015年07月, 厚生労働省日本健康会議
  59. 「医療・介護研究会」 研究会委員, 2015年, 財務省財務総合政策研究所
  60. 2015年, 厚生労働省保険局重症化予防(国保・後期広域)WG
  61. 広島大学広報企画戦略会議委員, 2015年04月01日, 2017年03月31日
  62. アドバイザー, 2016年03月01日, 2016年12月31日, あいおいニッセイ同和損害保険(株) 
  63. 日本ヘルスサポート学会賞選考委員会 委員, 2015年09月04日, 2015年09月04日, 日本ヘルスサポート学会賞選考委員会 
  64. 日本慢性看護学会 評議員 , 2015年04月01日, 2018年03月31日, 日本慢性看護学会 
  65. 企画委員, 2015年12月05日, 2015年12月06日, 第35回日本看護科学学会学術集会 
  66. 評議員, 2016年01月01日, 2017年12月31日, 一般社団法人 日本医療・病院管理学会 
  67. 実行委員, 2015年07月, 2017年03月, 厚生労働省 日本健康会議
  68. 委員, 2015年07月, 2017年03月, 厚生労働省 日本健康会議 重症化予防(国保・後期広域)ワーキンググループ
  69. 委員, 2015年07月, 厚生労働省 日本健康会議 民間事業者活用ワーキンググループ
  70. 第107回日本循環器学会中国地方会 コメディカル奨励賞, 2015年11月, 2015年11月, 第107回日本循環器学会中国地方会
  71. 班員, 2015年12月, 平成27年度厚生労働科学研究費補助金「糖尿病性腎症 重症化予防プログラム開発に関する研究」研究班
  72. 広島県心臓いきいき推進会議 副委員長, 2012年02月, 2017年03月, 広島県心臓いきいき推進会議
  73. 財務省財務総合政策研究所「医療・介護研究会」 研究員, 2015年07月, 2016年03月, 財務省
  74. アドバイザー, 2016年03月, 2016年12月, あいおいニッセイ同和損害保険(株)
  75. 幹事, 2006年07月, 2017年03月, 日本疾病管理研究会
  76. 査読委員, 2016年03月, 2016年07月, 第10回日本慢性看護学会学術集会
  77. 呉市 国民健康保険糖尿病性腎症重症化予防事業運営委員会, 2010年08月, 2017年03月, 呉市

学術会議等の主催

  1. 日本家族看護学会 第13回学術集会, 大会長, 2006年09月
  2. 10th International Family Nursing Coference, 大会長, 2011年06月
  3. 日本ヘルスサポート学会第7回学術集会, 大会長, 2012年12月
  4. 広島県循環器ケア・リハビリテーション研究会, 世話人, 2012年05月
  5. 広島循環器ケア・リハビリテーション研究会, 世話人, 2014年12月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. ディジーズ・マネジメント実践事例研究会, 損保ジャパン総合研究所, 2005年/07月, 2007年/12月, 情報提供, 研究指導, 企業
  2. 滋賀県退院調整体制調査アドバイス事業, 社団法人滋賀県病院協会, 2006年/04月, 2007年/03月, 助言・指導, セミナー・ワークショップ, 行政機関
  3. 滋賀県看護職員離職防止対策事業, 社団法人滋賀県病院協会, 2007年/05月, 2008年/12月, 助言・指導, セミナー・ワークショップ, 行政機関
  4. ディジーズ・マネジメント政策課題研究会, 損保ジャパン総合研究所, 2005年/06月, 2008年/12月, 情報提供, 研究指導, 企業
  5. 厚生労働省在宅医療推進モデル事業・退院計画実施研修会(滋賀県), 滋賀県、社団法人滋賀県病院協会, 2004年/05月, 2005年/12月, 助言・指導, 講演会, 行政機関
  6. 中電病院, 中電病院, 2008年/06月, 2008年/12月, 助言・指導, 講演会, 企業
  7. 第6回広島保健学学会 国際シンポジウム, 2009年/10月, 2009年/10月, 司会, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 学術団体
  8. コメディカル奨励賞, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年/06月, 2012年/06月, その他, その他, その他
  9. The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012年/06月, 2012年/07月, その他, その他, その他
  10. 日本看護系大学協議会 専門看護師教育課程認定委員会 専門分科会委員
  11. 広島市中区地域包括支援センター運営協議会 専門委員, 広島市役所, 2006年
  12. (社)日本看護協会 制度委員会委員, (社)日本看護協会, 2007年
  13. 滋賀県退院調整体制調査アドバイス事業 アドバイザー・講師, 社団法人滋賀県病院協会, 2006年, 2007年
  14. 広島県ファミリーナーシング研究会代表・講師, 2004年, 2007年
  15. エキスパート患者会の活動支援(慢性疾患患者の情報交換、コンサルテーション、相談受付、HPの維持管理), 大学院保健学研究科保健学専攻看護開発科学講座成人看護開発学, 2006年
  16. 浜脇整形外科病院看護研究指導, 浜脇整形外科病院看護部, 2006年, 2006年
  17. 糖尿病患者のセルフマネジメント教育, 医療法人杏仁会 松尾内科病院, 2009年, 2009年
  18. 尾道地区における心筋梗塞地域連携パスの取り組みに向けて, 尾道市医師会心筋梗塞地域連携パス講演会, 2010年, 2010年
  19. 京都府南丹医療圏糖尿病重症化予防事業 DMフレンズの会 , 京都府, 2012年, 2013年
  20. 安芸高田市プロジェクト会議 , 2012年, 2012年
  21. 呉市 国民健康保険糖尿病性腎症重症化予防事業運営委員会 , 呉市保険年金課, 2010年

学術雑誌論文査読歴

  1. 2014年, 日本看護科学学会 和文誌編集委員会専任査読委員, その他
  2. 2015年, 日本看護科学学会 和文誌編集委員会専任査読委員, その他
  3. 2015年, 第10回日本慢性看護学会学術集会 , その他, 査読委員