亀井 直輔NAOSUKE KAMEI

Last Updated :2019/07/02

所属・職名
病院(医) 脳・神経・精神診療科 准教授
メールアドレス
nahkameihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 臨床研究棟5階
TEL:082-257-5233 FAX:082-257-5234

基本情報

主な職歴

  • 1997年05月16日, 1997年09月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1997年10月01日, 1999年03月31日, 厚生連吉田総合病院, 整形外科, 医師
  • 1999年04月01日, 2001年03月31日, 松山赤十字病院, 整形外科, 医師
  • 2001年04月01日, 2003年03月31日, 広島鉄道病院, 整形外科, 医師
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 病院 整形外科, 医員
  • 2007年04月01日, 2009年03月31日, 理化学研究所, 発生・再生科学総合研究センター, 客員研究員
  • 2009年04月01日, 2013年09月19日, 広島大学, 病院 再生医療部, 助教
  • 2012年05月01日, 2013年09月19日, 広島大学, 病院 再生医療部, 診療講師
  • 2013年09月20日, 2015年03月31日, 広島大学, 病院 未来医療センター, 助教 (診療講師)
  • 2015年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 病院 未来医療センター, 講師
  • 2015年12月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 病院 未来医療センター, 診療准教授
  • 2019年04月01日, 病院, 整形外科, 准教授

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1991年04月, 1997年03月
  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 展開医科学専攻病態制御医科学講座整形外科学, 日本, 2002年04月, 2006年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 整形外科学

研究キーワード

  • 細胞移植
  • 血管再生
  • 脊髄再生
  • 軟骨再生

所属学会

  • Orthopaedic Research Society
  • 日本整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本炎症・再生医学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 中国・四国整形外科学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学II
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2019年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム

教育に関する受賞

  • 2014年03月23日, 教員表彰, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院・医歯薬保健学研究科

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, In Vitro and Quality of Magnetically Labeled Human Mesenchymal Stem Cells Preparation for Cartilage Repair, Tissue Engineering Part C Methods, 25巻, 6号, pp. 324-333, 201906
  2. Role of Mesenchymal Stem Cells Densities When Injected as Suspension in Joints with Osteochondral Defects, CARTILAGE, 10巻, 1号, pp. 61-69, 201901
  3. Electrophysiological assessment and classification of motor pathway function in patients with spinal dural arteriovenous fistula, Journal of Clinical Neurophysiology, 36巻, 1号, pp. 45-51, 201901
  4. ★, The Safety and Efficacy of Magnetic Targeting using Autologous Mesenchymal Stem Cells for Cartilage Repair, Knee Surgery Sports Traumatology Arthroscopy, 26巻, 12号, pp. 3626-3635, 201812
  5. Magnetic cell delivery for the regeneration of musculoskeletal and neural tissues, REGENERATIVE THERAPY, 9巻, pp. 116-119, 201812
  6. Magnetic Resonance Imaging Evaluation of Cartilage Repair and Iron Particle-Kinetics after Magnetic Delivery of Stem Cells, TISSUE ENGINEERING PART C-METHODS, 24巻, 12号, pp. 679-687, 201812
  7. The endoplasmic reticulum stress transducer old astrocyte specifically induced substance positively regulates glial scar formation in spinal cord injury, NEUROREPORT, 29巻, 17号, pp. 1443-1448, 20181205
  8. Endoscopic repair of the urinary bladder with magnetically labeled mesenchymal stem cells: Preliminary report, REGENERATION THERAPY, 10巻, pp. 46-53, 201812
  9. Novel Hybrid Hydroxyapatite Spacers Ensure Sufficient Bone Bonding in Cervical Laminoplasty, ASIAN SPINE JOURNAL, 12巻, 6号, pp. 1078-1084, 201812
  10. Local administration of WP9QY (W9) peptide promotes bone formation in a rat femur delayed-union model, JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM, 36巻, 4号, pp. 383-391, 201807
  11. Study protocol for the G-SPIRIT trial: a randomised, placebo-controlled, double-blinded phase III trial of granulocyte colony-stimulating factor-mediated neuroprotection for acute spinal cord injury, BMJ OPEN, 8巻, 5号, 201805
  12. Endoplasmic reticulum stress transducer old astrocyte specifically induced substance contributes to astrogliosis after spinal cord injury, NEURAL REGENERATION RESEARCH, 13巻, 3号, pp. 536-540, 201803
  13. ★, Monitoring immune response after allogeneic transplantation of mesenchymal stem cells for osteochondral repair, JOURNAL OF TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE, 12巻, 1号, pp. e275-e286, 201801
  14. Pathology and Treatment of Traumatic Cervical Spine Syndrome: Whiplash Injury, ADVANCES IN ORTHOPEDICS, 20180228
  15. Evidence that impaired motor conduction in the bilateral ulnar and tibial nerves underlies cervical spondylotic amyotrophy in patients with unilateral deltoid muscle atrophy, SPINE SURGERY AND RELATED RESEARCH, 2巻, 1号, 2018
  16. 関節軟骨の再生, 腎と透析, 85巻, 1号, pp. 19-22, 2018
  17. Magnetic Targeted Delivery of Induced Pluripotent Stem Cells Promotes Articular Cartilage Repair, STEM CELLS INTERNATIONAL, 2017
  18. Discrimination of a nerve fiber that is the origin of a cauda equina tumor using acetylcholinesterase staining, NEUROPATHOLOGY, 37巻, 5号, pp. 415-419, 201710
  19. Therapeutic Potential of Multilineage-Differentiating Stress Enduring Cells for Osteochondral Repair in the Rat Model, STEM CELLS INTERNATIONAL, 201710
  20. ★, Quality Evaluation of Human Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells for Cartilage Repair, STEM CELLS INTERNATIONAL, 201708
  21. Angiogenic conditioning of peripheral blood mononuclear cells promotes fracture healing, BONE & JOINT RESEARCH, 6巻, 8号, pp. 489-498, 201708
  22. Chondrocyte Cell-Sheet Transplantation for Treating Monoiodoacetate-Induced Arthritis in Rats, TISSUE ENGINEERING PART C-METHODS, 23巻, 6号, pp. 346-356, 201706
  23. The relationship between central motor conduction time and spinal cord compression in patients with cervical spondylotic myelopathy, SPINAL CORD, 55巻, 4号, pp. 419-426, 201704
  24. ★, The Use of Endothelial Progenitor Cells for the Regeneration of Musculoskeletal and Neural Tissues, STEM CELLS INTERNATIONAL, 201703
  25. 軟骨再生の現状, 臨床と研究, 94巻, 10号, pp. 1259-1262, OCT 2017
  26. 磁気ターゲティングによる骨・軟骨再生, 整形・災害外科, 60巻, 4号, pp. 443-448, APR 2017
  27. Mesenchymal Stem Cell-Derived Exosomes Promote Fracture Healing in a Mouse Model, STEM CELLS TRANSLATIONAL MEDICINE, 5巻, 12号, pp. 1620-1630, 201612
  28. Cell Magnetic Targeting System for Repair of Severe Chronic Osteochondral Defect in a Rabbit Model, CELL TRANSPLANTATION, 25巻, 6号, pp. 1073-1083, 201606
  29. 血管新生と脊髄再生, 整形外科, 67巻, 8号, pp. 830-835, JUL 2016
  30. Electrophysiological assessments of the motor pathway in diabetic patients with compressive cervical myelopathy, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 23巻, 6号, pp. 707-714, 201512
  31. In Vivo Kinetics of Mesenchymal Stem Cells Transplanted into the Knee Joint in a Rat Model Using a Novel Magnetic Method of Localization, CTS-CLINICAL AND TRANSLATIONAL SCIENCE, 8巻, 5号, pp. 467-474, 201510
  32. Promotion of skeletal muscle repair in a rat skeletal muscle injury model by local injection of human adipose tissue-derived regenerative cells, JOURNAL OF TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE, 9巻, 10号, pp. 1150-1160, 201510
  33. Clinical results of microsurgical bilateral decompression via unilateral approach for lumbar canal stenosis with multiple-level involvement, EUROPEAN JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY & TRAUMATOLOGY, 25巻, Suppl 1号, pp. S191-S198, 201507
  34. Mesenchymal-stem-cell-derived exosomes accelerate skeletal muscle regeneration, FEBS LETTERS, 589巻, 11号, pp. 1257-1265, 20150508
  35. The effect of administration of double stranded MicroRNA-210 on acceleration of Achilles tendon healing in a rat model, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 20巻, 3号, pp. 538-546, 201505
  36. Repair Mechanism of Osteochondral Defect Promoted by Bioengineered Chondrocyte Sheet, TISSUE ENGINEERING PART A, 21巻, 5-6号, pp. 1131-1141, 20150301
  37. 軟骨細胞による再生医療, 臨床整形外科, 50巻, 12号, pp. 1154-1155, DEC 2015
  38. 軟骨細胞移植による関節軟骨再生, 腎と骨代謝, 28巻, 4号, pp. 323-329, OCT 2015
  39. 自家骨髄間葉系幹細胞を用いた関節軟骨再生, メディカル朝日, 44巻, 8号, pp. 28-29, AUG 2015
  40. 自己骨髄間葉系幹細胞の関節内注入による関節軟骨修復, 日本臨床, 73巻, 5号, pp. 509-513, JUN 2015
  41. Intra-articular injection of synthetic microRNA-210 accelerates avascular meniscal healing in rat medial meniscal injured model, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 16巻, 6号, 201411
  42. Resection of spinous processes can cause spinal cord injury in patient with ossification of the posterior longitudinal ligament in the thoracic spine, SPINAL CORD, 52巻, pp. S19-S21, 201411
  43. Electrophysiological evidence of functional improvement in the corticospinal tract after laminoplasty in the patients with cervical compressive myelopathy, JOURNAL OF NEUROSURGERY SPINE, 21巻, 2号, pp. 210-216, 201408
  44. Direct effect of radiation on the peripheral nerve in a rat model, JOURNAL OF PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY, 48巻, 4号, pp. 276-280, 201408
  45. Circulating microRNAs as biomarkers for evaluating the severity of acute spinal cord injury, SPINAL CORD, 52巻, 8号, pp. 596-600, 201408
  46. Administration of MicroRNA-210 Promotes Spinal Cord Regeneration in Mice, SPINE, 39巻, 14号, pp. 1099-1107, 20140615
  47. Enhancement of muscle repair using human mesenchymal stem cells with a magnetic targeting system in a subchronic muscle injury model, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 19巻, 3号, pp. 478-488, 201405
  48. 三次元培養法による軟骨再生, 最新医学, 69巻, pp. 1446-1453, 20140701
  49. 骨格筋損傷に対する新たな治療開発, 日本整形外科学会雑誌, 88巻, 4号, pp. 230-235, 20140401
  50. Medium-term Clinical Results of Microsurgical Lumbar Flavectomy That Preserves Facet Joints in Cases of Lumbar Degenerative Spondylolisthesis Comparison of Bilateral Laminotomy With Bilateral Decompression by a Unilateral Approach, JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES, 26巻, 7号, pp. 351-358, 201310
  51. Magnetic Targeting of Human Peripheral Blood CD133(+) Cells for Skeletal Muscle Regeneration, TISSUE ENGINEERING PART C-METHODS, 19巻, 8号, pp. 631-641, 201308
  52. Treatment of cartilage defects by subchondral drilling combined with covering with atelocollagen membrane induces osteogenesis in a rat model, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 18巻, 4号, pp. 627-635, 201307
  53. Surgical treatment of high-grade dysplastic spondylolisthesis using intraoperative electrophysiological monitoring: report of two cases and review of the literature, EUROPEAN JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY & TRAUMATOLOGY, 23巻, Suppl 1号, pp. S121-127, 20130701
  54. Long-term clinical results of microsurgical transdural discectomy with laminoplasty: follow-up results over 10 years, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 18巻, 6号, pp. 653-660, 201306
  55. ★, Ex-vivo expanded human blood-derived CD133(+) cells promote repair of injured spinal cord, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 328巻, 1-2号, pp. 41-50, 20130515
  56. In vivo bioluminescence imaging of magnetically targeted bone marrow-derived mesenchymal stem cells in skeletal muscle injury model, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC RESEARCH, 31巻, 5号, pp. 754-759, 201305
  57. Use of prone position magnetic resonance imaging for detecting the terminal filum in patients with occult tethered cord syndrome Clinical article, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 18巻, 1号, pp. 76-84, 201301
  58. 【再生医療】 軟骨の再生医療(総説), 日本医師会雑誌, 142巻, 4号, pp. 772-776, 20130701
  59. 【再生医療の現況と最前線】 再生医療の現状と展望 細胞を用いた再生医療 CD133陽性細胞を用いた脊髄再生治療法の開発(総説), 整形・災害外科, 56巻, 5号, pp. 619-624, 20130401
  60. 【整形外科領域と再生医療】 骨格筋・腱・靱帯再生 骨格筋損傷に対する新規治療開発(総説), Pharma Medica, 31巻, 4号, pp. 51-55, 20130401
  61. ★, Contribution of bone marrow-derived endothelial progenitor cells to neovascularization and astrogliosis following spinal cord injury, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 90巻, 12号, pp. 2281-2292, 201212
  62. The Effect of Intra-articular Injection of MicroRNA-210 on Ligament Healing in a Rat Model, AMERICAN JOURNAL OF SPORTS MEDICINE, 40巻, 11号, pp. 2470-2478, 201211
  63. The therapeutic potential of ex vivo expanded CD133(+) cells derived from human peripheral blood for peripheral nerve injuries, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 117巻, 4号, pp. 787-794, 201210
  64. Heme oxygenase-1 modulates degeneration of the intervertebral disc after puncture in Bach 1 deficient mice, EUROPEAN SPINE JOURNAL, 21巻, 9号, pp. 1748-1757, 201209
  65. Human platelet-rich plasma promotes axon growth in brain-spinal cord coculture, NEUROREPORT, 23巻, 12号, pp. 712-716, 20120822
  66. In vivo bioluminescence imaging of transplanted bone marrow mesenchymal stromal cells using a magnetic delivery system in a rat fracture model, JOURNAL OF BONE AND JOINT SURGERY-BRITISH VOLUME, 94B巻, 7号, pp. 998-1006, 201207
  67. Magnetic Field-Based Delivery of Human CD133(+) Cells Promotes Functional Recovery After Rat Spinal Cord Injury, SPINE, 37巻, 13号, pp. E768-E777, 20120601
  68. ★, Endothelial Progenitor Cells Promote Astrogliosis following Spinal Cord Injury through Jagged1-Dependent Notch Signaling, JOURNAL OF NEUROTRAUMA, 29巻, 9号, pp. 1758-1769, 201206
  69. Investigation of Segmental Motor Paralysis After Cervical Laminoplasty Using Intraoperative Spinal Cord Monitoring With Transcranial Electric Motor-evoked Potentials, JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES, 25巻, 2号, pp. 92-98, 201204
  70. 【臨床への橋渡し研究の現況 脊髄】 Vascular nicheを利用した脊髄再生アプローチ(総説), 日本整形外科学会雑誌, 86巻, 7号, pp. 499-503, 20120701
  71. Vocabulary: Vascular niche(総説), 63巻, 5号, pp. 458, 20120501
  72. MicroRNA-223 expression in neutrophils in the early phase of secondary damage after spinal cord injury, NEUROSCIENCE LETTERS, 492巻, 2号, pp. 114-118, 20110401
  73. CD34(+) Cells Represent Highly Functional Endothelial Progenitor Cells in Murine Bone Marrow, PLOS ONE, 6巻, 5号, 20110531
  74. 【脊髄損傷-その研究成果と臨床の現状】 脊髄損傷における血管内皮前駆細胞の役割と治療応用(総説), Bone Joint Nerve, 1巻, 3号, pp. 447-453, 20111001
  75. 化学掲示板-傷めた筋肉をみるみる再生する手法を開発(総説), 化学, 66巻, 5号, pp. 74, 20110501
  76. Assessment of Central Motor Conduction Time in the Diagnosis of Compressive Thoracic Myelopathy, SPINE, 35巻, 26号, pp. E1593-E1598, 20101215
  77. CD133(+) cells from human umbilical cord blood reduce cortical damage and promote axonal growth in neonatal rat organ co-cultures exposed to hypoxia, INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL NEUROSCIENCE, 28巻, 7号, pp. 581-587, 201011
  78. The effects of combining chondroitinase ABC and NEP1-40 on the corticospinal axon growth in organotypic co-cultures, NEUROSCIENCE LETTERS, 476巻, 1号, pp. 14-17, 20100526
  79. Quantitative assessment of myelopathy patients using motor evoked potentials produced by transcranial magnetic stimulation, EUROPEAN SPINE JOURNAL, 19巻, 5号, pp. 685-690, 201005
  80. Responses of microRNAs 124a and 223 following spinal cord injury in mice, SPINAL CORD, 48巻, 3号, pp. 192-196, 201003
  81. ★, Lnk Deletion Reinforces the Function of Bone Marrow Progenitors in Promoting Neovascularization and Astrogliosis Following Spinal Cord Injury, STEM CELLS, 28巻, 2号, pp. 365-375, 201002
  82. 【脊髄再生基礎科学の現状と近未来の展望】 血管内皮前駆細胞移植による脊髄再生(総説), 脊椎脊髄ジャーナル, 23巻, 9号, pp. 851-858, 201009
  83. Concurrent vasculogenesis and neurogenesis from adult neural stem cells, CIRCULATION RESEARCH, 105巻, 9号, pp. 860-868, 200910
  84. Clinical results of cervical myelopathy in patients over 80 years old: evaluation of spinal function with motor evoked potentials., JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 11巻, 4号, pp. 421-426, 200906
  85. Acceleration of skeletal muscle regeneration in a rat skeletal muscle injury model by local injection of human peripheral blood-derived CD133-positive cells, STEM CELLS, 27巻, 4号, pp. 949-960, 200904
  86. Regeneration of peripheral nerve after transplantation of CD133(+) cells derived from human peripheral blood, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 110巻, 4号, pp. 758-767, 200904
  87. Chondroitinase ABC promotes corticospinal axon growth in organotypic cocultures, SPINAL CORD, 47巻, 2号, pp. 161-165, 200902
  88. Administration of human peripheral blood-derived CD133+ cells accelerates functional recovery in a rat spinal cord injury model, SPINE, 34巻, 3号, pp. 249-254, 200902
  89. 最先端の幹細胞研究 臓器再生のための血管再生治療, SURGERY FRONTIER, 16巻, 3号, pp. 25-29, 200909
  90. Expansive laminoplasty for cervical myelopathy with interconnected porous calcium hydroxyapatite ceramic spacers: Comparison with autogenous bone spacers., JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES, 21巻, 8号, pp. 547-552, 200812
  91. Modulation of the secondary injury process after spinal cord injury in Bach1-deficient mice by heme oxygenase-1, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 9巻, 6号, pp. 611-620, 200812
  92. CD133+ cells from human peripheral blood promote corticospinal axon regeneration, NEUROREPORT, 19巻, 8号, pp. 799-803, 200805
  93. Magnetically labeled neural progenitor cells, which are localized by magnetic force, promote axon growth in organotypic cocultures, SPINE, 32巻, 21号, pp. 2300-2305, 200710
  94. Bone marrow stromal cells promoting corticospinal axon growth through the release of humoral factors in organotypic cocultures in neonatal rats, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 6巻, 5号, pp. 412-419, 200705
  95. ★, BDNF, NT-3, and NGF released from transplanted neural progenitor cells promote corticospinal axon growth in organotypic cocultures, SPINE, 32巻, 12号, pp. 1272-1278, 200705
  96. Significant correlation between corticospinal tract conduction block and prolongation of central motor conduction time in compressive cervical myelopathy, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCINECES, 256巻, 1-2号, pp. 71-74, 200705
  97. 神経幹細胞移植による脊髄再生機序(総説), 整形外科, 58巻, 1号, pp. 48, 20070101
  98. Postoperative segmental C5 palsy after cervical laminoplasty may occur without intraoperative nerve injury: a prospective study with transcranial electric motor-evoked potentials, SPINE, 31巻, 26号, pp. 3013-3017, 200612
  99. Surgical outcome of posterior decompression for cervical spondylosis with unilateral upper extremity amyotrophy, SPINE, 31巻, 20号, pp. E728-732, 200609
  100. Magnetic targeting of bone marrow stromal cells into spinal cord: through cerebrospinal fluid, NEUROREPORT, 17巻, 12号, pp. 1269-1272, 200608
  101. Corticospinal tract conduction block results in the prolongation of central motor conduction time in compressive cervical myelopathy, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 117巻, 3号, pp. 623-627, 200603
  102. Characterization of labeled neural progenitor cells for magnetic targeting, NEUROREPORT, 16巻, 15号, pp. 1641-1645, 200510
  103. Neural progenitor cells promote corticospinal axon growth in organotypic co-cultures, NEUROREPORT, 15巻, 17号, pp. 2579-2583, 200412
  104. Intradural extramedullary mass formation in spinal cord sarcoidosis: case report and literature review, SPINE, 28巻, 20号, pp. E420-423, 200310

著書等出版物

  1. 2015年03月19日, 再生医療用語ハンドブック, 冒頭概説 軟骨, メディカルトリビューン, 2015年, 03, 事典・辞書, 共著, 336
  2. 2014年03月25日, 先進医療NAVIGATORⅡ, 整形外科と再生医療 -骨・軟骨-, 日本医学出版, 2014年, 03, 単行本(学術書), 共著, 188
  3. 2014年03月18日, Neuroprotection and Regeneration of the Spinal Cord, Vascular regeneration therapies for spinal cord injury, Springer, 2014年, 03, 単行本(学術書), 共著, 9784431545026, 419
  4. 2013年12月10日, 幹細胞研究と再生医療, 骨・軟骨の再生, 南山堂, 2013年, 12, 単行本(学術書), 共著, 238
  5. 2013年08月29日, 臨床医のための最新整形外科, 脊髄損傷に対する血管内皮前駆細胞移植, 先端医療技術研究所, 2013年, 08, 単行本(学術書), 共著, 526
  6. 2012年11月30日, 再生医療叢書6 骨格系, 骨格筋の再生, 朝倉書店, 2012年, 11, 単行本(学術書), 共著, 181
  7. 2012年01月11日, 血管再生治療-現状から未来を展望する-, 脊髄損傷の血管再生療法, 診断と治療社, 2012年, 01, 単行本(学術書), 共著, 264

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 幹細胞治療による血管新生を介した運動器再生, 亀井直輔,石川正和,味八木茂,越智光夫,安達伸生, 第33回日本整形外科学会基礎学術集会, 2018年10月12日, 招待, 日本語
  2. 再生医療の実用化 -現状と展望-, 亀井直輔, 広島臨床骨関節研究会, 2018年10月05日, 招待, 日本語
  3. 軟骨再生のための骨髄間葉系幹細胞の製品化に向けた品質評価, 亀井直輔, 越智光夫,白石勝範,Elhussein Elbadry Mahmoud,安達伸生, 第16回日本再生医療学会総会, 2017年03月07日, 招待, 日本語, 日本再生医療学会
  4. The Clinical Trial of Magnetic Mesenchymal Stem Cell Targeting for Cartilage Repair, Naosuke Kamei, Mitsuo Ochi, Nobuo Adachi, Asia-Pacific Stem cell & Cartilage Repair Symposium, 2016年11月12日, 招待, 英語, Chonnam National University, Gwangju, Korea
  5. 骨髄間葉系幹細胞による関節軟骨再生の臨床研究, 亀井直輔, 越智光夫,石川正和,安達伸生, 第49回中国・四国整形外科学会, 2016年10月22日, 招待, 日本語
  6. 磁性化骨髄間葉系細胞の磁気ターゲティングによる骨・軟骨再生 自己骨髄間葉系細胞の磁気ターゲティングによる関節軟骨欠損修復, 亀井直輔,越智光夫, AMED 平成28年度 再生医療プログラム間連携のための情報交換会, 2016年05月30日, 招待, 日本語
  7. 骨髄間葉系幹細胞の磁気ターゲッティングによる関節軟骨再生, 亀井直輔, 第15回日本再生医療学会総会, 2016年03月17日, 招待, 日本語
  8. MicroRNAs for the Diagnosis and Treatment of Spinal Cord Injury, Naosuke Kamei, 第19回脊椎と神経を語る会, 2016年03月, 招待, 英語
  9. 骨髄間葉系幹細胞の磁気ターゲッティングによる関節軟骨再生, 亀井直輔, 第15回日本再生医療学会総会, 2016年03月, 招待, 日本語
  10. 細胞磁気ターゲッティングによる関節軟骨再生, 亀井直輔, 第29回日本軟骨代謝学会, 2016年02月, 招待, 日本語
  11. 細胞移植による関節軟骨再生, 亀井直輔, 第1回わかりやすい先進医療セミナー, 2015年10月20日, 招待, 日本語
  12. 組織幹細胞移植による骨格筋再生, 亀井直輔, 第88回日本整形外科学会学術総会, 2015年05月, 招待, 日本語
  13. 骨髄間葉系幹細胞を用いた軟骨再生治療, 亀井直輔, 第63回日本輸血・細胞治療学会総会, 2015年05月, 招待, 日本語
  14. 自家骨髄間葉系幹細胞を用いた関節軟骨再生, 亀井直輔, 第14回日本再生医療学会総会, 2015年03月, 招待, 日本語
  15. 手足がしびれる背骨の病気, 亀井直輔, 平成26年度 骨と関節の日講演会, 2014年10月19日, 招待, 日本語
  16. 血管再生による神経再生, 亀井 直輔, 第25回日本末梢神経学会, 2014年08月, 招待, 日本語
  17. 細胞移植による軟骨再生, 亀井 直輔, 第13回日本再生医療学会総会, 2014年03月, 招待, 日本語
  18. 組織幹細胞による損傷骨格筋の再生, 亀井 直輔, 第28回日本整形外科学会基礎学術集会, 2013年10月, 招待, 日本語
  19. 骨格筋の再生, 亀井 直輔, 第3回武庫川女子大学健康運動科学研究所シンポジウム 再生細胞医療の現状, 2013年06月, 招待, 日本語
  20. 骨格筋損傷に対する新たな治療開発, 亀井 直輔, 第86回日本整形外科学会学術総会, 2013年05月, 招待, 日本語
  21. 磁気誘導を用いた軟骨の再生, 亀井 直輔, 平成25年電気学会全国大会, 2013年03月, 招待, 日本語
  22. Spinal Cord Regeneration using Human Blood CD133+ cells, Naosuke Kamei, Seminar in Hasanuddin University, 2012年11月, 招待, 英語
  23. Spinal Cord Regeneration through the vasculogenesis, Naosuke Kamei, The 18th National Congress of Indonesian Orthopaedic Association, 2012年11月, 招待, 英語
  24. 脊髄損傷に対する新たな血管再生治療, 亀井 直輔, 第27回日本整形外科学会基礎学術集会, 2012年10月, 招待, 日本語
  25. マイクロRNAによる新たな脊髄再生アプローチ, 亀井 直輔, 第85回日本整形外科学会学術総会, 2012年05月, 招待, 日本語
  26. 脊髄損傷に対する血管再生治療, 亀井 直輔, 第46回日本脊髄障害医学会, 2011年11月, 招待, 日本語
  27. 血管新生を介した脊髄再生治療の開発, 亀井 直輔, 第26回日本整形外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 招待, 日本語
  28. Ex-vivo expanded human CD133+ cells promote repair of injured spinal cord, Naosuke Kamei, Seminar in Pusan National University, 2011年04月, 招待, 英語
  29. 新たな骨格筋再生治療の開発, 亀井 直輔, 第10回日本再生医療学会総会, 2011年03月, 招待, 日本語
  30. 運動器再生医療の現状と未来への挑戦, 亀井 直輔, 豊見城中央病院 院内講演会, 2011年02月, 招待, 日本語
  31. 脊髄再生治療研究の最先端, 亀井 直輔, 第8回呉脊椎・脊髄病研究会講演会, 2011年01月, 招待, 日本語
  32. 再生医療の現状とこれからの展望, 亀井 直輔, 第63回広島医学会総会, 2010年11月, 招待, 日本語
  33. Vascular nicheを利用した脊髄再生アプローチ, 亀井 直輔, 第25回日本整形外科学会基礎学術集会, 2010年10月, 招待, 日本語
  34. Jagged1/Notchシグナルを介した血管内皮前駆細胞による脊髄再生, 亀井 直輔, 第9回日本再生医療学会総会, 2010年03月, 招待, 日本語
  35. ヒト血管内皮前駆細胞の体外増幅と再生医療への応用, 亀井 直輔, 化学工学会 第41回秋季大会, 2009年09月, 招待, 日本語
  36. 血管内皮前駆細胞移植による脊髄再生, 亀井 直輔, 第10回運動器科学研究会, 2009年09月, 招待, 日本語
  37. 脊髄損傷に対する血管再生治療の開発, 亀井 直輔, 第6回心血管再生治療フォーラム, 2009年09月, 招待, 日本語
  38. 血管再生による脊髄再生, 亀井 直輔, 名古屋脊椎脊髄セミナー, 2009年07月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2015年08月02日, Best Presenter Award (4th Annual Meeting of JASA), 急性期脊髄損傷の予後予測マーカーとしての血清マイクロRNA
  2. 2013年, 整形災害外科学研究助成財団 財団奨励賞, 脊髄損傷における血液バイオマーカーとしてのマイクロRNAの探索
  3. 2013年04月25日, 日本脊椎脊髄病学会 第8回アジアトラベリングフェロー
  4. 2011年01月15日, New Investigator Recognition Award (2011 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society), Endothelial progenitor cells promote regeneration of injured spinal cord through Notch signaling
  5. 2006年04月, 第106回中部日本整形外科災害外科学会 学会奨励賞, 脊髄症の診断における運動誘発電位測定の有用性
  6. 2006年04月, 第35回日本脊椎脊髄病学会 最優秀ポスター賞, 神経幹細胞移植による脊髄再生機序
  7. 2005年06月, 第9回広仁会基礎医学研究賞, ヒト末梢血由来CD133陽性細胞移植による脊髄再生
  8. 2004年10月, 第19回日本整形外科学会基礎学術集会 優秀ポスター賞, 器官共存培養法を用いた神経幹細胞による中枢神経再生の評価
  9. 2005年03月, 平成16年度広島大学学生表彰
  10. 2004年11月, 広島臨床外科医学会奨学金, 器官共存培養法を用いた神経幹細胞による中枢神経再生に関する研究

取得

  1. 特許権, 6445237, 2018年12月07日, 脊髄損傷の予後予測を補助する方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. JST 大学発新産業創出プログラム(START)プロジェクト支援型, 変形性膝関節症を対象とした骨髄間葉系幹細胞の磁気ターゲティングによる軟骨再生治療の事業化, 2018年, 2020年
  2. AMED 再生医療実用化研究事業, 磁気ターゲティングによる関節軟骨再生の実用化に関する研究, 2018年, 2020年
  3. AMED 産学連携医療イノベーション創出プログラム セットアップスキーム 【ACT-MS】, 革新的半月板損傷治療技術の創生研究, 2018年
  4. JST START社会還元加速プログラム(SCORE), 骨髄間葉系幹細胞の磁気ターゲティング装置の開発, 2017年10月02日, 2018年03月31日
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 小胞体ストレスセンサーOASISを介した脊髄損傷後グリオーシス機構の解明と制御, 2017年, 2019年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 脳性麻痺へのCD133+細胞投与効果の発現機序と制御するマイクロRNAの解明, 2016年, 2018年
  7. AMED 再生医療実用化研究事業, 自己骨髄間葉系細胞の磁気ターゲティングによる関節軟骨欠損修復, 2014年, 2016年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト脂肪組織由来幹細胞を用いた新たな末梢神経再生促進療法の開発, 2014年, 2016年
  9. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), マイクロRNAと磁気ターゲッティングを併用した難治性骨折の治療戦略, 2014年, 2015年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 運動器損傷に対する血管新生および組織特異的マイクロRNAによる新規治療開発, 2013年, 2015年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 新規細胞間コミュニケーション因子であるエクソソームによる組織再生機構の解明, 2013年, 2015年
  12. 整形災害外科学研究助成財団 研究助成, 2013年, 2014年
  13. AMED 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療の実現化ハイウェイ, 磁性化骨髄間葉系細胞の磁気ターゲティングによる骨・軟骨再生, 2012年, 2017年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 分泌型マイクロRNAによる血管新生を基軸とした運動器損傷の新たな治療戦略, 2012年, 2014年
  15. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 脱細胞化組織と末梢血単核球およびマイクロRNAを用いた関節軟骨再生, 2012年, 2013年
  16. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 脊髄損傷に対する神経・血管特異的マイクロRNAを用いた新たな治療アプローチの開発, 2011年, 2012年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 分泌型microRNAによる運動器疾患への治療戦略, 2011年, 2013年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト脂肪組織由来幹細胞を用いた新たな骨格筋再生療法の開発, 2011年, 2013年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 磁気ターゲティングを利用した脊椎再建材料による脊髄再生, 2011年, 2013年
  20. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), microRNAを用いた変形性関節症の治療戦略, 2010年, 2011年
  21. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 神経・血管ニッチ構築による脊髄再生, 2009年, 2010年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 磁性化前駆・幹細胞と外磁場装置による血管再生を介した組織再生への戦略的研究, 2009年, 2012年
  23. 上原記念生命科学財団 平成20年度研究助成, 2008年, 2009年
  24. ひょうご科学技術協会 平成20年度研究助成, 2008年, 2009年
  25. 日本損害保険協会 2006年度研究助成, 2006年, 2007年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 医師, 2015年04月, (株)広島東洋カープ
  2. 委員, 2015年08月, 広島大学再生医療等委員会
  3. 委員, 2016年02月, 山口大学特定認定再生医療等委員会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, Case Reports in Orthopedics, その他, Reviewer
  2. 2019年, Regenerative Medicine, その他, Reviewer
  3. 2018年, Biomaterials, その他, Reviewer
  4. 2018年, European Journal of Pharmacology, その他, Reviewer
  5. 2018年, Neural Regeneration Research, その他, Reviewer
  6. 2018年, Journal of Orthopaedic Science, その他, Reviewer
  7. 2018年, Regeneration Therapy, その他, Reviewer
  8. 2018年, Journal of Translational Medicine, その他, Reviewer
  9. 2017年, Journal of Orthopaedic Science, その他, Reviewer
  10. 2016年, Journal of Neurotrauma, その他, Reviewer
  11. 2016年, Neural Plasticity, その他, Reviewer
  12. 2016年, Stem Cells international, その他, Reviewer
  13. 2014年, Tissue Engineering, その他, Reviewer
  14. 2013年, Cytotherapy, その他, Reviewer
  15. 2012年, Stem Cells Translational Medicine, その他, Reviewer
  16. 2009年, Bone, その他, Reviewer
  17. 2009年, International Journal of Developmental Neuroscience, その他, Reviewer
  18. 2009年, Anatomical Science International, その他, Reviewer
  19. 2008年, Experimental Neurology, その他, Reviewer
  20. 2008年, Journal of sport rehabilitation, その他, Reviewer
  21. 2007年, Blood, その他, Reviewer