中島 卓司TAKUJI NAKASHIMA

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院工学研究科 輸送・環境システム講座 助教
メールアドレス
nakashimahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2006年09月30日, 北海道大学, 大学院工学研究科, 博士研究員
  • 2005年10月01日, 2006年03月31日, 北海道大学, 大学院工学研究科, 学術研究員

学位

  • 博士(工学) (東京大学)
  • 修士(工学) (東京大学)

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学
  • 工学 / 機械工学 / 流体工学

研究キーワード

  • 流体力学
  • 乱流工学
  • 数値流体力学
  • 車両空気力学
  • 船舶流体力学
  • 自動車工学
  • 船舶海洋工学
  • 輸送・環境システム工学

所属学会

  • 日本船舶海洋工学会, 2006年01月
  • 日本自動車技術会, 2007年09月
  • 日本機械学会, 2004年11月
  • Society of Automotive Engineers (SAE)
  • アメリカ航空宇宙学会 (AIAA)
  • 日本ガスタービン学会

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, 1ターム, 情報基礎演習
  2. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 輸送機器環境工学プロジェクトIII
  3. 2018年, 学部専門, 1ターム, 輸送機器環境工学実験
  4. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 輸送・環境システム講究IV
  5. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システム講究II
  6. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システムセミナーII
  7. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システム講究IA
  8. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システム講究IB
  9. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システムセミナーIA
  10. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システムセミナーIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, 車体後端形状が風向の時間変化に伴う過渡空力特性に与える影響, 自動車技術会論文集, 49巻, 2号, pp.447-pp.452, 20180327
  2. 車両空力CFDの性能評価のための簡易車両モデルの風洞試験, 自動車技術会論文集, 47巻, 6号, pp.1439-pp.1445, 20161101
  3. A study on the performance of cascade hard sails and sail-equipped vessels, OCEAN ENGINEERING, 98巻, pp.23-pp.31, APR 1 2015
  4. ★, 定常円旋回時の自動車に作用する空気力について, 日本機械学会論文集, 80巻, 818号, pp.FE0009, 20141025
  5. 自動車の高速操舵走行時の安定性に寄与する車体周りの非定常流れ特性, 日本機械学会論文集, 80巻, 809号, pp.FE0009, 20140101
  6. 自動車横風突風遭遇時の非定常空力応答と車体形状の影響について, 日本機械学会論文集(B編), 79巻, 806号, pp.2077-pp.2092, 20131001
  7. 車両運動時に発生する非定常空気力と流れ場に関する研究, 自動車技術会論文集, 44巻, 6号, pp.1471-pp.1476, 20131101
  8. Aerodynamic stability of road vehicles in dynamic pitching motion, JOURNAL OF WIND ENGINEERING AND INDUSTRIAL AERODYNAMICS, 122巻, pp.146-pp.156, NOV 2013
  9. ★, Coupled analysis of unsteady aerodynamics and vehicle motion of a road vehicle in windy conditions, COMPUTERS & FLUIDS, 80巻, pp.1-pp.9, JUL 10 2013
  10. Unsteady Vehicle Aerodynamics during a Dynamic Steering Action: 2nd Report, Numerical Analysis, SAE International Journal of Passenger Cars - Mechanical Systems, 5巻, 1号, pp.340-pp.357, 20120501
  11. Numerical quantification of aerodynamic damping on pitching of vehicle-inspired bluff body, JOURNAL OF FLUIDS AND STRUCTURES, 30巻, pp.188-pp.204, APR 2012
  12. A numerical analysis of transient flow past road vehicles subjected to pitching oscillation, JOURNAL OF WIND ENGINEERING AND INDUSTRIAL AERODYNAMICS, 99巻, 5号, pp.511-pp.522, MAY 2011
  13. Large eddy simulation on the unsteady aerodynamic response of a road vehicle in transient crosswinds, INTERNATIONAL JOURNAL OF HEAT AND FLUID FLOW, 31巻, 6号, pp.1075-pp.1086, DEC 2010
  14. Computational visualization of unsteady flow around vehicles using high performance computing, COMPUTERS & FLUIDS, 38巻, 5号, pp.981-pp.990, MAY 2009
  15. 波状前縁付き矩形翼周りの流れ解析, 日本船舶海洋工学会論文集, 12巻, pp.33-pp.41, 20101201
  16. Effect of Temporal Variations of Internal Ballistics on Fuel Regression Rate in the CAMUI Hybrid Rocket, Journal of Space Engineering, 3巻, 1号, pp.52-pp.65, 20101101
  17. ★, Flow Structures above the Trunk Deck of Sedan-type Vehicles and their Influence on High-speed Vehicle Stability 2nd Report: Numerical Investigation on Simplified Vehicle Models using Large-Eddy Simulation, SAE International Journal of Passenger Cars - Mechanical Systems, 2巻, 1号, pp.157-pp.167, 20091001
  18. Development of an Unsteady Aerodynamic Simulator Using Large-Eddy Simulation Based on High-Performance Computing Technique, SAE International Journal of Passenger Cars - Mechanical Systems, 2巻, 1号, pp.168-pp.178, 20091001
  19. Fuel Regression Rate Behavior of CAMUI Hybrid Rocket, TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, SPACE TECHNOLOGY JAPAN, 2巻, 1号, pp.168-pp.178, 20090901
  20. 波状前縁を用いた3次元翼の失速抑制に関する実験的研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 9巻, pp.55-pp.62, 20090601
  21. Large Eddy Simulation of Unsteady Flow Around a Formula Car on Earth Simulator, SAE 2007 Transactions: Journal of Passenger Cars - Mechanical Systems, 116巻, pp.40-pp.49, 20080801
  22. ★, 段差隅切り形状による船舶居住区風抵抗低減効果の数値解析, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 6巻, pp.131-pp.134, 20080401
  23. 縦列多段衝突噴流(CAMUI)方式を用いたハイブリッドロケットの燃料後退特性, 日本航空宇宙学会論文集, 55巻, 646号, pp.516-pp.526, 20071201
  24. 車体まわりの流れの大規模LES-格子依存性の評価-, 自動車技術会論文集, 38巻, 6号, pp.297-pp.303, 20071101
  25. HIGH PERFORMANCE LES ON EARTH SIMULATOR: A CHALLENGE FOR VEHICLE AERODYNAMICS, FISITA Transactions 2006, pp.F2006M111T, 20070901
  26. ★, Numerical Prediction of Turbulent Combustion Flows in Staged Combustor Using LES and Extended G-Equation, 日本ガスタービン学会誌, 34巻, 3号, pp.226-pp.234, 20060501
  27. Investigation of Increase in Aerodynamic Drag Caused by a Passing Vehicle, SAE Technical Paper, 2018-01-0719巻, pp.1-pp.11, 20180403
  28. Visualization of Flow Structures around the Front Wheel of a Sedan-type Automobile, Proceedings of the 11th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing, PSFVIP11-066巻, pp.1-pp.7, 20171201
  29. Aerodynamics Simulation of a Sedan-type Road Vehicle in Cornering Motion with Roll Angl, Proceedings of 34th AIAA Applied Aerodynamics Conference, pp.AIAA 2016-3726, 20160701

著書等出版物

  1. 2017年09月08日, 自動車の空力技術, 4. 2. 3 非定常空力特性と車両運動特性, 公益社団法人自動車技術会, 2017年, 09, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 流体技術部門委員会, 78-83

受賞

  1. 2013年08月, 自動車技術会 2012年度 技術部門貢献賞, 自動車技術会技術会議議長
  2. 2011年11月25日, First World NAOE Forum ポスターコンテスト, 世界船舶海洋工学フォーラム実行委員会, A Basic Study on Aerodynamic Interaction of Rigid Wing-Sails for a Next Generation Wind Driven Vessel
  3. 2009年09月01日, 第37回可視化情報シンポジウムベストプレゼンテーション賞, 社団法人可視化情報学会, 「Large-Eddy Simulationを用いたセダンタイプ乗用車のトランクデッキ上の流れ構造の可視化」
  4. 2007年11月, 平成19年度 日本機械学会動力エネルギーシステム部門 優秀講演表彰, 日本機械学会動力エネルギーシステム部門長, ガスタービン燃焼器内部分予混合燃焼場の数値予測
  5. 2016年04月26日, 平成27年度 船舶海洋科学技術啓発広報活動奨励賞, 公益社団法人日本船舶海洋工学会西部支部

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 他の進行物体から受ける空力的外乱に強い3次元ブラフボディ周り流れ構造の実現, 2017年, 2019年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 突発事象に伴って3次元ブラフボディに作用する過渡的空気力に関する研究, 2014年, 2016年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ゼロエミッション風力推進船に向けた多帆装船の空力性能向上に関する研究, 2010年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 過渡的流体力特性を考慮した高性能翼機構に関する研究, 2008年, 2009年