船橋 篤彦ATSUHIKO FUNABASHI

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院教育学研究科特別支援教育学講座講師

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2014年09月30日, 愛知教育大学, 教育学部, 講師
  • 2011年04月01日, 2014年09月30日, 愛知教育大学, 教育学部, 准教授

学歴

  • 九州大学, 大学院人間環境学府博士課程後期, 日本, 2002年04月, 2005年03月
  • 九州大学, 大学院人間環境学府修士課程, 日本, 2000年04月, 2002年03月

学位

  • 修士(人間環境学)(九州大学)
  • 博士(教育学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 教育学部 : 第一類(学校教育系)
  • 【博士課程前期】 教育学研究科 : 学習開発学専攻
  • 【博士課程後期】 教育学研究科 : 教育学習科学専攻

担当主専攻プログラム

  • 特別支援教育教員養成プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 特別支援教育

研究キーワード

  • 肢体不自由教育

所属学会

  • 日本特殊教育学会
  • 日本重症心身障害学会
  • 日本心理学会
  • 日本行動分析学会
  • 日本認知・行動療法学会
  • 日本リハビリテイション心理学会
  • 日本乳幼児教育学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 特別支援学校教育実習
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 特別支援教育研究法I
  3. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 特別支援教育
  5. 2019年, 学部専門, 2ターム, 小学校教育実習入門
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 肢体不自由心理学
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 病弱心理学
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 肢体不自由教育基礎論
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 肢体不自由指導法I
  10. 2019年, 学部専門, 1ターム, 病弱教育基礎論
  11. 2019年, 学部専門, 集中, 特別支援学校教育実習入門
  12. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 特別支援教育研究法II
  13. 2019年, 学部専門, 4ターム, 病弱指導法I
  14. 2019年, 学部専門, 1ターム, 病弱指導法II
  15. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  16. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 特別支援教育教育課程総論
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別支援教育学講究
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別支援教育学講究
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教職教授学講究
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 学習開発学特講
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 特別支援教育実践研究I
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別支援教育課題研究
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 特別支援教育実践研究II
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 重複障害指導法特論
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 肢体不自由指導法特論
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 肢体不自由心理学特論
  27. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別支援教育特別研究
  28. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別支援教育課題研究
  29. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別支援教育特別研究
  30. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 病弱教育特論
  31. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究基礎演習I
  32. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 特別研究
  33. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 病弱心理・生理・病理概論
  34. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 病弱指導法概論
  35. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 教育実習
  36. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究基礎演習II
  37. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 肢体不自由心理・生理・病理概論
  38. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 重複障害教育方法論
  39. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別支援教育研究I
  40. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 特別支援教育特別研究
  41. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 肢体不自由教育方法論
  42. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別支援教育研究II
  43. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 病弱教育方法論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, 「こころ」を育む技法としての臨床動作法を再考する--新しい理論的枠組みの検討に向けて, リハビリテイション心理学研究, 30巻, pp. 55-64, 2002
  2. ★, 移動運動と社会的対人行動の初期発達-養育行動の変容との関連性-, 九州大学心理学研究, 4巻, pp. 117-127, 2003
  3. 乳児の移動運動発達により変容する養育性とはどのようなものか, 発達臨床心理研究, 5巻, pp. 117-125, 2003
  4. ★, 乳児の移動運動獲得は生後9か月の奇跡を説明できるか-縦断的母子観察事例からの考察-, 九州大学心理学研究, 5巻, pp. 117-125, 2004
  5. 他者から受容される体験が生み出す「自己」の変容-自分に自信が持てない学習障害児への発達援助事例から-, 発達臨床心理研究, 9巻, pp. 25-36, 20040300
  6. ★, 多動傾向を示す知的障害児への発達支援-動作法による家庭・学校・療育機関の連携-, リハビリテイション心理学研究, 32巻, pp. 15-27, 20041100
  7. 脳性まひ者における動作の再獲得過程, 発達臨床心理研究, 10巻, pp. 37-47, 20050300
  8. あかちゃんは隠された対象物を見ている?-注視頻度を指標とした対象物探索課題の検討-, 九州大学心理学研究, 6巻, pp. 29-35, 20050300
  9. 行動コンサルテーションによる教育現場の支援-協働関係の形成過程を中心に-, 障害者教育・福祉学研究, 3巻, pp. 1-6, 20070200
  10. 重度重複障害児に対する動作学習支援の新たな射程(教育科学編), 愛知教育大学研究報告. 教育科学, 56巻, pp. 27-32, 20070301
  11. 学校外の専門家と連携した行動コンサルテーション適用による効果の検討--教科の授業場面において不適応行動のある子どもの行動支援の事例, 治療教育学研究, 28巻, pp. 63-70, 200802
  12. ★, 特別支援教育における健康支援をめぐって-病弱者・重度重複障害者への支援の展開に向けた試論-, 治療教育学研究, 28巻, pp. 63-70, 20080200
  13. 福山型筋ジストロフィーのある子どもに対する動作学習支援とその評価-連携を支える学習記録の効用と課題-, 障害者教育福祉学研究, 4巻, pp. 27-34, 2009
  14. 通常学級に在籍する高次脳機能障害のある児童への学習支援-複数の学習場面における指導を通して-, 障害者教育・福祉学研究, 5巻, pp. 11-19, 20090200
  15. 身体障害のある人の教員採用における現状と展望, 障害者教育・福祉学研究, 5巻, pp. 67-75, 20090200
  16. ウイリアムス症候群の子どもへのピアノ指導に関する研究-「ぼくにもできる」という自信の獲得に向けて-, 障害者教育・福祉学研究, 5巻, pp. 21-28, 20090200
  17. 自閉症児に対するコミュニケーション行動の発達支援-物事を理解すること・人とかかわることをねらいとした事例から-, 愛知教育大学研究報告, 59巻, pp. 39-47, 20100300
  18. 集団音楽活動による知的障害児の「環境に適応する力」の育成-「自己表現」や「他者との調和」を育てる支援の検討, 障害者教育・福祉学研究, 8巻, pp. 1-11, 20120200
  19. サーキットトレーニングにおける知的障害児の運動指導ー身体を動かすことの楽しさを育てる支援の検討ー, 障害者教育・福祉学研究, 8巻, pp. 25-34, 20120200
  20. 生活教育の場としての特別支援学校寄宿舎の現状と展望ー教員・寄宿舎指導員への面接調査から-, 愛知教育大学研究報告, 61巻, pp. 27-33, 20120300
  21. ハンズオン・マスによる知的障害児への算数指導, 障害者教育・福祉学研究, 9巻, pp. 25-30, 20130200
  22. 肢体不自由児の対人関係性を育む支援の検討ー身体・コミュニケーション・注意の共有の観点から-, 障害者教育・福祉学研究, 9巻, pp. 7-14, 20130200
  23. 知的障害者の調理スキル獲得に関する事例研究-調理の自己達成率向上と支援者のかかわりを中心に-, 愛知教育大学教育臨床総合センター紀要, 3巻, pp. 39-45, 20130200
  24. 広汎性発達障害児における算数文章題の指導に関する一考察ー逆思考問題の指導を中心とした事例-, 愛知教育大学研究報告, 62巻, pp. 29-37, 20130300
  25. 療育の場に同伴する障がい児のきょうだいに関する研究, 愛知教育大学研究報告, 63巻, pp. 45-53, 20140300
  26. 成人したきょうだいの語りを通した「障害」の検討ーきょうだい支援の在り方に向けて-, 障害者教育・福祉学研究, 10巻, pp. 41-46, 20140300
  27. 特別支援学校教員養成課程における実践的指導力の育成(1)ー学生の学びのニーズ分析からー, 障害者教育・福祉学研究, 10巻, pp. 33-40, 20140300
  28. 民間企業における障害者雇用の実態調査ー特別支援学校におけるキャリア教育の展開に向けてー, 愛知教育大学教育臨床総合センター紀要, 4巻, pp. 63-70, 20140700
  29. 在宅訪問ボランティア活動を通した特別支援学校教員養成の専門的スキル指導, 平成25年度愛知教育大学教育研究重点経費研究成果報告書
  30. 教員養成段階における病弱教育の専門性蓄積の検討, 広島大学大学院教育学研究科紀要, 64巻, pp. 77-83, 20151218
  31. 肢体不自由教育の専門性向上に関する現状と課題(1)-自立活動の専門性向上に向けた予備的検討-, 特別支援教育実践センタ-研究紀要, 14巻, pp. 115-121, 20160300
  32. 教育学部における生涯シミュレーションを中心とした授業の有効性の検討, 特別支援教育実践センタ-研究紀要, 14巻, pp. 87-95, 20160320
  33. 障がいのある人達の「からだ」から「こころ」を支える, 広島大学大学院心理臨床教育センター紀要, 14巻, pp. 17-20, 2016
  34. ★, 脳性まひ者における自己産出的移動運動の獲得と心理的変容の関連, リハビリテイション心理学研究, 43巻, 1号, pp. 1-16, 2017
  35. 肢体不自由を有する児童生徒を担当する教師の自立活動の指導における実態調査ー健康の保持における指導について-, 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要, 15巻, 113号, pp. 79-87, 2017
  36. ★, 乳児におけるロコモーション発達の機能的役割, 乳幼児教育学研究, 26号, pp. 37-46, 2017
  37. In-home learning support for preschooler suffering from Osteogenesis Imperfecta, Bulletin of The Graduate School of Education, Hiroshima University Part 1(Learning and Curriculum development), 66巻, pp. 87-93, 2017
  38. 高等学校における特別支援教育の在り方とその課題について-通級による指導の実施体制整備に関する調査-, 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要, 17号, pp. 39-51, 201903
  39. 重度・重複障害のある児童生徒への指導目標の設定と評価に関する実態調査, 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要, 17号, pp. 53-63, 201903
  40. ★, 姿勢・移動運動と環境との相互作用の生涯発達に関する研究-「動作」による定型発達者と肢体不自由者の統合的理解-, 学位論文

著書等出版物

  1. 2014年07月11日, からだの動きを学習しよう-肢体不自由児への今日から使える自立活動の手立て-, 三恵社, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 森崎博志;小柳津和博;船橋篤彦
  2. 2014年, よくわかる情動発達, ミネルヴァ書房, 2014年, 教科書, 共著, 978-4-623-06344-4, 221, 8
  3. APA心理学大辞典, 培風館, 2013年, 事典・辞書, 共訳
  4. Kidsこころの救急箱, 静岡新聞社, 2013年, 単行本(一般書), その他, 香野毅
  5. こころのケア-臨床心理学的アプローチ-, 学術図書出版社, 2010年, 教科書, 共著
  6. 2016年年1月0月日, 特別支援教育総論-インクルーシブ時代の理論と実践-, 北大路書房, 2016年, 教科書, その他
  7. 2016年11月, ふぇにっくす, 肢体不自由児・者への動作発達の見立て, 肢体不自由,動作発達, 九州大学附属総合臨床心理センター, 2016年, 11月, その他, 単著, 日本語, 50
  8. 2017年09月01日, 教育と医学, 臨床動作法による思春期危機を迎えた子どもへの支援, 慶応義塾大学出版会, 2017年, 0901, その他, その他, 日本語, 船橋篤彦, 100, 8

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 難病のある子どもへの自宅訪問型学習支援の検討, 船橋篤彦, 日本重症心身障害学会第41回大会発表論文集, 2015年09月19日, 通常, 日本語
  2. 教員を対象とした「動作の学習」ワークショップの展開(1)-肢体不自由教育における「困難さ」を探るー, 船橋篤彦, 日本リハビリテイション心理学会2015年大会, 2015年11月13日, 通常, 日本語
  3. 1週間キャンプがADLに与える効果についての検討-FIMによる評価-, 石倉健二, 東川博昭,船橋篤彦, 日本リハビリテイション心理学会2016年大会, 通常, 日本語
  4. 重症心身障害児の保護者が抱える支援ニーズの検討, 船橋篤彦, 日本重症心身障害学会第39回大会, 2013年, 通常, 日本語
  5. 特別支援学校におけるコンサルテーション活動, 船橋篤彦, 日本特殊教育学会第46回大会, 2008年, 通常, 日本語
  6. Smiles in 8 month-old infants and caretakers: Relevance of self produced locomotion and emotion development, Tacae FUNABASHI, XVI th International Conference of Infant Studies, 2008年, 通常, 英語
  7. 保護者、教師、療育担当者における連携のあり方を探る-福山型筋ジストロフィーのある子どもに対する動作学習支援の事例から, 船橋篤彦, 日本特殊教育学会第45回大会, 2007年, 通常, 日本語
  8. A new approach to persons with cerebral palsied in motor action training. Poster presentation, Atsuhiko FUNABASHI, Ⅸ th International Symposium of the Asian Society for Adapted Physical Education, 2006年, 通常, 英語
  9. 移動体験により何が変わるのか(2)-タテ系訓練、移動訓練、そして生活動作訓練へ-, 船橋篤彦, 日本リハビリテイション心理学会2005年度大会, 2005年, 通常, 日本語
  10. 乳児の移動獲得が母子相互作用に及ぼす影響, 船橋篤彦, 日本心理学会第69回大会, 2005年, 通常, 日本語
  11. 姿勢運動発達は乳児の生活体験を広げる?-育児日誌からみた乳児の発達的変化と養育者の変, 船橋篤彦, 日本発達心理学会第16回大会, 2005年, 通常, 日本語
  12. Are you interested in me?: the number of audience influenced on infant's reaction, Wakako SANEFUJI, XII th European Conference on Developmental Psychology, 2005年, 通常, 英語
  13. A longitudinal study of the development of joint attention and the early signs of autism., hidehiro OHGAMI, Yasuaki SAITA, Wakako SANEFUJI, Misa KUROK, XII th European Conference on Developmental Psychology, 2005年, 通常, 英語
  14. The onset of crawling heralds changes in mother-infant interaction., Atsuhiko FUNABASHI, XII th European Conference on Developmental Psychology, 2005年, 通常, 英語
  15. I Feel eye: Infants Sensitivity and Reaction to other’s gaze Fixing on them., Wakako SANEFUJI, Society for Research of Child Development Biennial meeting, 2005年, 通常, 英語
  16. 移動運動発達から“生後9ヶ月の奇跡”に至るまで, 船橋篤彦, 日本あかちゃん学会第5回大会, 2005年, 通常, 日本語
  17. “からだ”を語ることから何が見えるのか?-“からだ”に障がいのある成人へのインタビューを通して-, 船橋篤彦, 日本特殊教育学会第43回大会, 2004年, 通常, 日本語
  18. 移動体験により何が変わるのか?-脳性まひ者の移動獲得に向けた支援事例から, 船橋篤彦, 日本リハビリテイション心理学会2004年度大会, 2004年, 通常, 日本語
  19. 乳児の移動獲得に伴う母子相互作用の変化, 船橋篤彦, 日本教育心理学会第46回大会, 2004年, 通常, 日本語
  20. 移動運動とコミュニケーション能力の相互発達, 船橋篤彦, 日本特殊教育学会第42回大会, 2004年, 通常, 日本語
  21. 重度脳性麻痺者の移動体験に伴う心理的変化, 船橋篤彦, 日本特殊教育学会第42回大会, 2004年, 通常, 日本語
  22. 対象物探索課題における乳児の注視行動, 船橋篤彦, 日本あかちゃん学会第4回大会, 2004年, 通常, 日本語
  23. On the early development between locomotion and social development: In relation to change into parenting, Atsuhiko FUNABASHI, 2003年, 招待, 英語
  24. なぞり書き課題における幼児のモータースキルと課題理解の関連性, 船橋篤彦, 日本発達心理学会第13回大会, 2002年, 通常, 日本語
  25. 重度・重複障害児における「主体的な学び」の検討-教師が感じる子どもの「主体性」とはどのようなものか-, 船橋篤彦, 日本リハビリテイション心理学会, 2017年12月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2017年12月09日, 研究奨励賞, 日本リハビリテイション心理学会, 脳性まひ者における自己産出的移動運動の獲得と心理的変容の関連

社会活動

委員会等委員歴

  1. 学校関係者評価委員, 2016年.4月, 広島県立広島西特別支援学校
  2. 学校評議員, 2016年.4月, 広島県立広島西特別支援学校
  3. 学校関係者評価委員, 2017年.4月, 広島県立広島西特別支援学校
  4. 学校評議員, 2017年.4月, 広島県立広島西特別支援学校

学術会議等の主催

  1. 日本リハビリテイション心理学会, 事務局長, 2010年

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 校内授業研究会, 校内授業研究会, 広島県立広島西特別支援学校, 校内授業研究会, 2017年/06月/21日, 2017年/06月/21日, 助言・指導, 研究指導, 教育関係者
  2. 特別支援教育実践研修会, これまで・これからの特別支援教育, 愛知県立三好特別支援学校, 2017年/08月/29日, 2017年/08月/29日, 講師, 研究指導, 教育関係者
  3. 平成29年度専門研修講座, 肢体不自由のある幼児児童生徒の理解と指導, 広島県立教育センター, 2017年/06月/27日, 2017年/06月/27日, 講師, 研究指導, 教育関係者
  4. 平成29年度第2回校内全体研修会, 主体的に学ぶ児童生徒を育む授業づくり, 広島県立西条特別支援学校, 2017年/05月/29日, 2017年/05月/29日, 講師, 講演会, 教育関係者
  5. 平成29年度校内授業研究会, 主体的に学ぶ児童生徒を育む授業づくり, 広島県立西条特別支援学校, 2017年/07月/12日, 2017年/07月/12日, 助言・指導, 研究指導, 教育関係者
  6. 平成29年度広島県免許法認定講習(特別支援学校教育), 重複・LD等の心理と指導法(H29), 広島県教育委員会, 2017年/08月/21日, 2017年/08月/21日, 講師, 資格認定講習, 教育関係者
  7. 夏季公開研修会, 主体的な学びに関する研修, 広島県立広島特別支援学校, 2017年/08月/03日, 2017年/08月/03日, 講師, 講演会, 教育関係者
  8. 校内研修会, 肢体不自由児童生徒のための動作法について, 広島市立広島特別支援学校, 2017年/08月/22日, 2017年/08月/22日, 講師, 講演会, 教育関係者
  9. 平成29年度特別支援教育相談員研修会, 肢体不自由児の理解と保護者への支援について, 広島市教育委員会, 2017年/08月/23日, 2017年/08月/23日, 講師, 講演会, 教育関係者
  10. 平成29年度公開授業研究会, 公開授業研究会, 広島県立広島西特別支援学校, 公開授業研究会, 2017年/11月/29日, 2017年/11月/29日, 講師, 講演会, 教育関係者
  11. 平成29年度公開授業研究会, 高等部研究授業に係る指導助言, 広島県立西条特別支援学校, 2017年/09月/29日, 2017年/09月/29日, 講師, 研究指導, 教育関係者