安田 恭大KYOTA YASUDA

Last Updated :2020/02/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科理学・分子生物物理学(数理分子)助教
メールアドレス
kyotay12hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
細胞内の分子分配、それによって成り立つ細胞極性制御がどのように生命現象に寄与するかを主な対象として研究しています。

基本情報

主な職歴

  • 2018年12月01日, 理化学研究所生命機能科学研究センター先端バイオイメージングチーム, 客員研究員
  • 2018年06月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助教
  • 2017年10月01日, 2018年05月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 助教
  • 2013年04月, 2017年09月, 米国立衛生研究所国立がん研究センター, Visiting fellow
  • 2011年, 2012年, 日本学術振興会, 特別研究員

学歴

  • 北海道大学, 大学院生命科学院, 生命システム科学コース博士課程後期, 日本, 2010年04月, 2013年03月
  • 北海道大学, 大学院生命科学院, 生命システム科学コース博士課程前期, 日本, 2008年04月, 2010年03月
  • 北海道大学, 理学部, 生物科学科, 日本, 2004年04月, 2008年03月

学位

  • 修士(生命科学)(北海道大学)
  • 博士(生命科学)(北海道大学)

研究キーワード

  • RNA局在, がん, 微小管修飾 , 神経変性 , ストレス顆粒, TDP-43, FUS, 細胞極性, Intaractome, Live imaging, 神経細胞, タンパク質-RNA凝集 , 液-液相分離, 局所的翻訳

所属学会

  • 日本分子生物学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Linking substrate and nucleus via actin cytoskeleton in pluripotency maintenance of mouse embryonic stem cells, Stem Cell Research, 41巻, 2019, 10, 24
  2. Translational regulation of protrusion-localized RNAs involves silencing and clustering after transport, eLife, 20190710
  3. ★, FUS inclusions disrupt RNA localization by sequestering kinesin-1 and inhibiting microtubule detyrosination., The Journal of cell biology, 216巻, 4号, pp. 1015-1034
  4. Dysregulated axonal RNA translation in amyotrophic lateral sclerosis., Wiley interdisciplinary reviews. RNA, 7巻, 5号, pp. 589-603
  5. ★, The RNA-binding protein Fus directs translation of localized mRNAs in APC-RNP granules., The Journal of cell biology, 203巻, 5号, pp. 737-746, 20131209
  6. A cis-acting element in the coding region of cyclin B1 mRNA couples subcellular localization to translational timing., Developmental biology, 382巻, 2号, pp. 517-529, 20131015
  7. Cyclin B1 mRNA translation is temporally controlled through formation and disassembly of RNA granules., The Journal of cell biology, 202巻, 7号, pp. 1041-1055, 20130930
  8. Transgenic zebrafish reveals novel mechanisms of translational control of cyclin B1 mRNA in oocytes., Developmental biology, 348巻, 1号, pp. 76-86, 20101201
  9. Visualization of spatially and temporally controlled translation by transgenesis, GENES & GENETIC SYSTEMS, 85巻, 6号, pp. 416

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Possible molecular entity for misdirected local translation caused by ALS-related inclusion formation identified with novel photo-activatable ligand., Kyota Yasuda, Hyun-woo Rhee , Tomonobu Watanabe , Stavroula Mili , Shin-ichi Tate, 日本分子生物学会, 2019年12月03日, 招待, 英語, MBSJ, Fukuoka/Japan
  2. RNA局在がもたらす翻訳”抑制”による細胞形態制御機構, 安田恭大, 2019年06月18日, 招待, 日本語, 北海道大学 小谷友也, 札幌
  3. 細胞質内での液-液相分離現象を制御する時期・部位特異的因子の探索, 安田恭大, Hyun-wooRhee、渡邊朋信、楯真一, 日本生物物理学会 第 11 回中国四国支部大会, 2019年05月11日, 通常, 英語
  4. 細胞局所におけるRNAの振る舞いと液-液相分離現象, 安田 恭大, インド-日本合同セミナー, 2019年03月06日, 招待, 英語
  5. Local protein synthesis is physiologically and pathologically regulated by liquid-liquid phase separation., 安田恭大, The 1st Seoul National University ? Hiroshima University collaborative symposium, 2019年01月14日, 招待, 英語, ソウル,韓国
  6. ALS関連タンパク質凝集体による局所的タンパク質供給の破綻, 安田恭大, 神経難病治療学セミナー, 大阪大学, 2019年01月07日, 招待, 日本語, 吹田市, 大阪府
  7. DNA品質管理を担う核-小胞体連携ゾーンの解析, 安田恭大, 浅田梨絵、金子雅幸、今泉和則, 新学術領域研究「オルガネラ・ゾーン」第1回プログレスレポート, 2017年12月25日, 通常, 日本語, 東京都
  8. Pathologic inclusions of the FUS RNA-binding protein disrupt peripheral RNA localization and its local translation.(RNA結合タンパク質FUSはRNA細胞内局在とその局所的翻訳を阻害する), 安田恭大, Stavroula Mili, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月09日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  9. Pathologic inclusions of the FUS RNA-binding protein disrupt peripheral RNA localization and its local translation(RNA結合タンパク質FUSはRNA細胞内局在とその局所的翻訳を阻害する), 安田恭大, Stavroula Mili, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月08日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  10. Fus inclusions disrupt RNA localization by sequestering Kinesin-1 and inhibiting microtubule detyrosination, 安田恭大, Stavroula Mili, RNA biology symposium, 2017年04月24日, 通常, 英語, 米国立衛生研究所, メリーランド州, 米国
  11. ALSに関連したタンパク質凝集体形成は微小管翻訳修飾阻害を通してRNA動態に影響する, 安田恭大, Staroula Mili, 2017年04月20日, 招待, 日本語, 浜松医科大学, 浜松, 静岡県
  12. FUS INCLUSIONS DISRUPT RNA LOCALIZATION BY SEQUESTERING KINESIN-1 AND INHIBITING MICROTUBULE DETYROSINATION, 安田恭大, Clatterbuck-Soper S., Jackrel M.E., Shorter J., Mili S., RNA biology symposium, 2016年11月01日, 通常, 英語, メリーランド州, 米国
  13. Cytoplasmic inclusions of FUS and TDP-43 initiate distinct mechanisms to disrupt microtubule modification and RNA localization., 安田恭大, Clatterbuck-Soper F.S, Jackrel M, Shorter J and Mili S, Gordon Research Conference (Post-Transcriptional Gene Regulation), 2016年07月16日, 通常, 英語, Gordon Research Conference, バーモント州, 米国
  14. Common effects of ALS-associated mutations on RNA localization: A role for cytoplasmic RNA inclusions., 安田恭大, Stavroula Mili, EMBO Conference on RNA localization and local translation, 2015年07月28日, 通常, 英語, EMBO, ギリシャ
  15. RNA localization and neurodegenerative disease, 安田恭大, メリーランド大学特別講義, 2015年04月15日, 招待, 英語, メリーランド大学, メリーランド州, 米国
  16. Common effects of ALS-associated mutations on RNA localization: a role for cytoplasmic RNA inclusions, 安田恭大, Stavroula Mili, RNA biology Symposium, 2015年03月11日, 通常, 英語, 米国立衛生研究所, メリーランド州, 米国
  17. ALS-mutants converge on loss of Detyrosinated microtubules and RNA mislocalization., 安田恭大, Sarah Clatterbuck-Soper, Meredith E. Jackrel, James Shorter, Stavroula Mili, NCI-UMD partnership symposium, 2015年01月22日, 通常, 英語, 米国立衛生研究所, メリーランド大学, メリーランド州, 米国
  18. Spatial and translational regulation of APC-RNPs by ALS-associated mutants of the Fus RNA-binding protein., 安田恭大, STavroula Mili, NIH-Japan-JSPS Symposium, 2014年10月24日, 通常, 英語, 米国立衛生研究所, 日本学術振興会, メリーランド州, 米国
  19. Spatial and translational regulation of APC-RNPs by ALS-associated mutants of the Fus RNA-binding protein., 安田恭大, Stavroula Mili, Gordon Research Conference (Cell biology of the Neuron), 2014年06月22日, 通常, 英語, Gordon Research Conference, ニューハンプシャー州, 米国
  20. Identification of a novel cis-acting element responsible for the translational regulation of zebrafish cyclin B1 mRNA during oocyte maturation., 安田恭大, 小谷友也, 山下正兼, 第83回日本動物学会年会, 2012年09月13日, 通常, 日本語, 日本動物学会, 大阪府
  21. Transgenic zebrafish reveals a novel cis-acting element responsible for spatio-temporally regulated translational activation of cyclin B1 mRNA in oocytes., 安田恭大, 小谷友也、山下正兼, 第45回日本発生生物学会年会、第64回日本細胞生物学会年会合同会議, 2012年05月28日, 通常, 日本語, 日本発生生物学会, 日本細胞生物学会, 兵庫県
  22. Mechanisms regulating the localization and translational timing of cyclin B1 mRNA during oocyte maturation, as revealed by transgenic zebrafish., 安田恭大, 小谷友也, 太田龍馬, 山下正兼, 第43回日本発生生物学会年会, 2010年06月22日, 通常, 日本語, 日本発生生物学会, 京都府
  23. Translational control of cyclin B1 mRNA during oocyte maturation: Analysis using a transgenic zebrafishTranslational control of cyclin B1 mRNA during oocyte maturation: Analysis using a transgenic zebrafish, 安田恭大, 小谷友也, 山下正兼, 第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月09日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神奈川県

受賞

  1. ポスターアワード, NIH-Japan-JSPS Symposium
  2. 最優秀発表者賞, 北海道大学, 北海道大学修士論文学位審査会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 若手研究, 神経変性疾患に見られる細胞質内タンパク質凝集によるRNA動態制御異常の解析, 2019年, 2021年
  2. 加藤記念研究助成 メディカルサイエンス分野, ストレス顆粒の純粋単離オミックス解析を用いたがん細胞化学治療抵抗性獲得機構の解明, 2019年04月, 2021年03月
  3. 上原記念生命科学財団研究奨励金, ALS関連タンパク質凝集体によるRNA動態制御異常の解明, 2019年03月, 2020年04月
  4. サタケ基金, 神経変性疾患におけるタンパク質凝集がRNA動態に与える影響とそのメカニズム解明, 2018年10月, 2019年03月
  5. 若手人材支援事業スタートアップ支援経費, 2017年10月, 2018年03月
  6. KAITOKU-NIH fellowship, Regulation of localized APC-RNP by ALS-associated mutants of the FUS RNA-binding protein, 2014年04月, 2016年03月
  7. 特別研究員(DC2), 新規実験系を用いた卵成熟過程でのサイクリンB1 mRNA翻訳制御機構の解明, 2011年04月, 2013年03月
  8. 北海道大学先端生命科学研究院研究者養成支援, ゼブラフィッシュ卵成熟過程におけるサイクリンB1翻訳機構の解明, 2010年04月, 2013年03月
  9. 基盤研究(B), メンブレンレスオルガネラの細胞内構造ダイナミクス解析技術の開発, 2019年, 2023年