陸田 秀実Hidemi Mutsuda

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院工学研究科輸送・環境システム講座准教授
ホームページ
メールアドレス
mutsudahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番1号 工学部A2棟224号室
TEL:082-424-7778 FAX:082-422-7194
自己紹介
1.海洋エネルギー利用技術に関する研究(波浪発電,潮流発電,洋上風力発電など) 2.弾性圧電素材を用いた環境発電(エネルギーハーベスティング) 3. 輸送機器に関わる流体構造連成シミュレーション技法の開発 4. 船舶耐航性能評価のためのCFDツールの開発 5. 非線形水面波の数値シミュレーション 6. 大気・海洋環境シミュレーション技術の開発とその適用,環境評価 7. 津波と構造物の相互作用に関する研究 8. 鉄鋼スラグの海域有効利用とその環境予測シミュレーション技術の開発

基本情報

主な職歴

  • 2010年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究院エネルギー・環境部門(輸送・環境システム専攻), 准教授
  • 2007年02月01日, 2007年05月31日, スタンフォード大学, コンピュータサイエンス学部, 客員教員
  • 2006年06月01日, 2007年02月01日, ノルウェー科学技術大学(NTNU), 船舶・海洋構造物研究センター, 客員研究員
  • 2000年02月01日, 2002年03月31日, JAMSTEC 海洋研究開発機構, 地球環境フロンティア研究システム・モデル統合化領域(地球シミュレータ・プロジェクト), 研究員(兼務)
  • 2007年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科社会環境システム専攻(環境流体工学講座), 准教授
  • 2002年10月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科社会環境システム専攻(環境流体工学講座), 助教授
  • 2001年04月01日, 2002年10月01日, 広島大学, 大学院工学研究科社会環境システム専攻(環境流体工学講座), 助手
  • 2000年04月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 工学部第四類エンジニアリングシステム教室(流体・推進工学講座), 助手
  • 1998年04月01日, 2000年03月31日, 岐阜大学, 大学院工学研究科環境エネルギーシステム専攻, 助手
  • 1995年04月01日, 1998年03月31日, 岐阜大学, 工学部土木工学科, 助手

学歴

  • 岐阜大学, 工学研究科, 土木工学, 日本, 1993年04月, 1995年03月
  • 岐阜大学, 工学部, 土木工学, 日本, 1989年04月, 1993年03月

学位

  • 博士(工学)(岐阜大学)
  • 修士(工学)(岐阜大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系)
  • 【博士課程前期】 工学研究科 : 輸送・環境システム専攻
  • 【博士課程後期】 工学研究科 : 輸送・環境システム専攻

担当主専攻プログラム

  • 輸送機器環境工学プログラム

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学
  • 工学 / 総合工学 / エネルギー学
  • 工学 / 機械工学 / 流体工学
  • 工学 / 土木工学 / 水工学
  • 環境学 / 環境保全学 / 環境技術・環境負荷低減

研究キーワード

  • 海洋エネルギー利用技術に関する研究(波浪発電,潮流発電,洋上風力発電など)
  • 弾性圧電素材を用いた環境発電(エネルギーハーベスティング)
  • 輸送機器に関わる流体構造連成シミュレーション技法の開発
  • 船舶耐航性能評価のためのCFDツールの開発
  • 自由表面問題に対する数値計算法の開発
  • 大気・海洋環境シミュレーション技術の開発とその適用,環境評価
  • 津波と構造物の相互作用に関する研究
  • 津波シェルターに作用する流体力とその運動に関する研究
  • 沿岸環境に配慮した新たな波浪制御・海岸侵食対策工法の提案
  • 鉄鋼スラグの海域有効利用とその環境予測シミュレーション技術の開発

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 3ターム, 科学技術英語演習
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 輸送機器環境工学プロジェクトIII
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 数値流体力学
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 人工物環境システム
  5. 2019年, 学部専門, 1ターム, 輸送機器環境工学実験
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 海外共同研究I
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 海外共同研究II
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 海外インターンシップ
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 輸送・環境システム講究III
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 輸送・環境システム講究V
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 環境シミュレーション特論
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, Simulation of Environmental Mechanics
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システム講究IA
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システム講究IB
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システム講究IIA
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システム講究IIB
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システムセミナーIA
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システムセミナーIB
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システムセミナーIIA
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システムセミナーIIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Observing Internal Solitary Waves in the Lombok Strait by Coastal Acoustic Tomography, Geophysical Research Letters, 46巻, pp. 1-15, 20190830
  2. Harvesting Ocean Energy with a Small-Scale Tidal-Current Turbine and Fish Aggregating Device in the Indonesian Archipelagos, Sustainable Energy Technologies and Assessments, 35巻, pp. 160-171, 20190709
  3. Short-Term Variation of the Surface Flow Pattern South of Lombok Strait Observed from the Himawari-8 Sea Surface Temperature, remote sensing, 20190624
  4. Numerical Simulation of Multidirectional Waves with Full-Spectrum Using DualSPHysics, Proc. of the 38th International Conference on Ocean, Offshore & Arctic Engineering, CD-R巻, 20190609
  5. Predicting the motions of a fishing boat caused by improving the stern part using a hybrid particle-grid scheme, International Journal of Technology, 10巻, 2号, pp. 236-246, 20190425
  6. Coupled FPEDs using springs for broadband energy harvesting, International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 59巻, 2号, pp. 557-565, 20190321
  7. Application of a flexible device coating with piezoelectric paint for harvesting wave energy, OCEAN ENGINEERING, 172巻, 15号, pp. 170-182, 20190115
  8. Development and Experimental Validation of a Multidirectional Circular Wave Basin using Smoothed Particle Hydrodynamics, Coastal Engineering Journal, 61巻, 1号, pp. 109-120, 20190109
  9. Occurrence of stern slamming pressure and its characteristics in following irregular waves, OCEAN ENGINEERING, 170巻, 1号, pp. 222-236, 20181215
  10. Physical mechanisms and characteristics of a stern slamming using Particle Based Method, Proc. of 6th World Maritime Technology Conference, CD-R巻, pp. 1-11, 20181204
  11. Realtime offshore coastal acoustic tomography enabled with mirror transpond functionality, IEEE Journal of Oceanic Engineering, 1巻, 1号, pp. 1-11, 20181127
  12. Multidirectional Wave Making with Full-Spectrum Using DualSPHysics, Proceeding of Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 1巻, 1号, pp. 37-41, 20181109
  13. Mapping Tidal Current Fields around Ferry Route Area in the Bali Strait by Coastal Acoustic Tomography, Proceeding of Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 1巻, 1号, pp. 75-78, 20181109
  14. Application of a Multidirectional Circular Wave Basin Using DualSPHysics, Proc. of the 4th DualSPHysics Users Workshop, 1巻, 1号, pp. 1-5, 20181022
  15. Fluid Structure Interactions Between Waves and Coastal Structures Using SWE-SPH, Proceedings of the 26th International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), 1巻, 1号, pp. 539-545, 20180610
  16. Numerical Investigation into the Restoration of Ocean Environments Using Steelmaking Slag, Marine Pollution Bulletin, 131巻, A号, pp. 428-440, 20180425
  17. Fluid structure interactions between floating debris and tsunami shelter with elastic mooring caused by run-up tsunami, Coastal Engineering, 137巻, 1号, pp. 120-132, 20180421
  18. 定置網漁船(19GT型)の船型開発について, 海洋水産エンジニアリング, 138巻, 1号, pp. 77-84, 20180310
  19. バネで接続された圧電エネルギーハーベスターに関する研究, 日本AEM学会誌, 26巻, 1号, pp. 166-171, 20180301
  20. 沖合サンマ棒受網漁船(19GT型)の開発について, 海洋水産エンジニアリング, 137巻, 1号, pp. 114-122, 20180101
  21. Development of numerical tank for multi-directional wave basins using GPUSPH, Proceeding of Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 20171116
  22. Harvesting flow-induced vibration using a highly flexible piezoelectric energy device, APPLIED OCEAN RESEARCH, 68巻, pp. 39-52, 20171001
  23. A painting type of flexible piezoelectric device for ocean energy harvesting, APPLIED OCEAN RESEARCH, 68巻, pp. 182-193, 20171001
  24. Characteristics of a fish aggregating device with ocean energy harvester, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 23巻, 3号, pp. 435-452, 20170930
  25. Profiling measurement of internal tides in Bali Strait by reciprocal sound transmission, ACOUSTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY, 38巻, 5号, pp. 246-253, 20170901
  26. Characteristics of a fish aggregating device with ocean energy harvester, Journal of Marine Science and Technology, 23巻, pp. 435-452, 20170901
  27. Fertilizer application to enhance the growth of raft-cultured oysters, The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium, Fisheries Science for Future Generations, pp. 1-2, 20170901
  28. 定置網漁船の船型開発について, ていち, 132巻, pp. 57-66, 20170801
  29. Flow generation in a circular wave/current basin, Proceedings of Offshore Energy and Storage 2017, 20170701
  30. Characteristic of tsunami force acting on shelter with mooring, APPLIED OCEAN RESEARCH, 64巻, pp. 70-85, 20170301
  31. Ocean Energy Platform using a Floating Fishing Bank,, Proc. of Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, pp. 69-73, 20161208
  32. Simply-supported multi-layered beams for energy harvesting, JOURNAL OF INTELLIGENT MATERIAL SYSTEMS AND STRUCTURES, 28巻, 6号, pp. 740-759, 20160801
  33. Simply-supported multi-layered beams for energy harvesting, Journal of Intelligent Material Systems and Structures, 28巻, 6号, pp. 740-759, 20160801
  34. Numerical Estimation for Tidal-current Energy Resources in Indonesia,, Proceedings of the 25rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), pp. 519-527, 20160626
  35. Interactions between Run-Up Tsunami and Structures Using Particle Based Method,, Proceedings of the 25rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), pp. 228-235, 20160626
  36. Numerical Simulation of a Strongly Interaction between Tsunami wave and Obstacles Using Particle Based Method,, Proceedings of 3rd International Conference on Violent Flows (VF-2016), CD-R巻, CD-R号, 20160309
  37. Model refinements and experimental testing of highly flexible piezoelectric energy harvesters,, Journal of Sound and Vibration, 368巻, pp. 87-102, 2016
  38. Study of power generation using FPED assuming engine vibration,, International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 52巻, pp. 1377-1383, 2016
  39. Wave Energy Converter Using a Compressed Type of Flexible Piezoelectric Device, Proceedings of the 25rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), pp. 1059-1065, 20150623
  40. Numerical Simulation of Tsunami Force Acting on a Floating/Submerged Tsunami Shelter,, Proc. of VI Coupled Problems in Science and Engineering (Coupled Problem 2015),, pp. 1171-1184, 20150518
  41. 柔軟発電体を用いた波力発電の特性評価方法に関する研究, 日本AEM学会誌, 23巻, 1号, pp. 111-117, 20150301
  42. An Experimental study of wave power generation using a flexible piezoelectric device, Journal of Ocean and Wind Energy, 2巻, pp. 28-36, 20150201
  43. 浮沈式大型津波シェルターに作用する流体力低減とその運動特性, 日本船舶海洋工学会論文集, 20巻, pp. 49-57, 20141201
  44. 圧縮型柔軟発電デバイスを用いた波エネルギー発電技術の開発, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 70巻, 2号, pp. I_1316-I_1320, 201411
  45. Numerical Study on Propulsion and Seakeeping Performance of a Fishing Boat Improving in Bow and Stern, Proc. of 2nd International Symposium on Naval Architecture and Maritime, 2巻, pp. 263-272, 201410
  46. 柔軟圧電素材を用いた海洋エネルギーのハーベスティング技術, 日本AEM学会誌, 22巻, 3号, pp. 354-360, 20140901
  47. Chlorophyll and suspended sediment mapping to the Caribbean Sea from rivers in the capital city of the Dominican Republic using ALOS AVNIR-2 data, ENVIRONMENTAL MONITORING AND ASSESSMENT, 186巻, 7号, pp. 4181-4193, 201407
  48. An Experimental study of wave power generation using flexible piezoelectric device, Proceedings of the 24rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), pp. 537-544, 201406
  49. Characteristics of fluid force and impact pressure on a large-sized tsunami shelter, Proceedings of the 24rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), pp. 38-45, 201406
  50. Study on flexible piezoelectric device for compressive loads, INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED ELECTROMAGNETICS AND MECHANICS, 45巻, 1-4号, pp. 163-170, 201405
  51. Forced Vibration Experiments on Flexible Piezoelectric Devices Operating in Air and Water Environments, International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 45巻, 1-4号, pp. 573-580, 201405
  52. 柔軟発電デバイスによる発電技術とその自然エネルギー利用への応用, 繊維機械学会誌,せんい, 67巻, 4号, pp. 249-256, 20140401
  53. 引張・圧縮型柔軟発電デバイスを用いた波浪エネルギー利用方法に関する研究, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 69巻, 2号, pp. I_1311-I_1315, 201311
  54. 垂下式弾性浮体ユニット型海洋エネルギー発電方式の発電特性, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 69巻, 2号, pp. I_1316-I_1320, 201311
  55. 津波作用下における浮沈式大型津波シェルターの運動と流体力に関する研究, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 69巻, 2号, pp. I_1011-I_1015, 201311
  56. 鉄鋼スラグからの溶出物によるCO2海洋固定化能に関する研究, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 69巻, 2号, pp. I_1276-I_1280, 201311
  57. Reduction of Tsunami Force Acting on Large-sized Tsunami Shelter,, The Coasts & Ports 2013 Conference,, 201309
  58. 津波衝撃軽減ドーム ~数値流体力学的アプローチによる建築物の耐波性能評価~, 日本建築構造技術者協会JSCA機関紙, pp. 42-43, 20130701
  59. Development of Floating Tsunami Shelter with Mooring, Proceedings of the 23rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), pp. 60-67, 201307
  60. Ocean Power Generator Using Flexible Piezoelectric Device, Proceedings of the ASME 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, 20130609
  61. A Hybrid Particle-Grid Scheme for Computing Hydroelastic Behaviors Caused by Slamming, 5th International Conference on Computational Methods in Marine Engineering, MARINE2013, 201305
  62. Study on Flexible Piezoelectric Device for Compressible load, Proc. 16th International Symposium on Applied Electromagnetic and Mechanics, pp. 313-314, 2013
  63. Forced Vibration Experiments on Flexible Piezoelectric Devices Operating in Air and Water Environments, Proc. 16th International Symposium on Applied Electromagnetic and Mechanics, pp. 353-354, 2013
  64. セミラグランジュ的移流計算法,~CIP法などセミラグランジュ計算の基礎,今後の展開, 水工学に関する夏期研修会講義集, B巻, pp. B-3-1-B-3-26, 20120827
  65. Elastic Floating Unit with Piezoelectric Device for Harvesting Ocean Wave Energy, Proceedings of the ASME 31rd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, 7巻, pp. 233-240, 20120701
  66. An experimental study of power generation and storage using a flexible piezoelectric device, INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED ELECTROMAGNETICS AND MECHANICS, 39巻, 1-4号, pp. 603-608, 2012
  67. An experimental study of power generation and storage using a flexible piezoelectric device, International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 39巻, 1-4号, pp. 603-608, 2012
  68. Wind Energy Harvesting Using Flexible Piezoelectric Device, Proc. of International Conference on Power and Energy Engineering, pp. CD-R, 2012
  69. An Experimental Study of a Submerged Power Generator that Uses Fexible Power Generation Devices, Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetic and Mechanisc, 20巻, 2号, pp. 541-546, 2012
  70. 弾性圧電デバイスを用いた風力エネルギー利用に関する研究, 日本機械学会論文集, 78巻, 789号, pp. 1068-1072, 2012
  71. Reciprocal sound transmission measurement of the 5day temperature variation in the Kurushima Strait, Acounstical Science and Technology, 33巻, 1号, pp. 59-63, 2012
  72. Tidal current measurement in the Kurushima Strait by the reciprocal sound transmission method, Acoustical Science and Technology, 33巻, 1号, pp. 45-61, 2012
  73. Historic reconstruction of the environmental condition of the coastal waters of Santo Domingo using remote sensing technologies and public infromation, Proc. of VIII International Interdisciplinary Scientific Research Congress, 2012
  74. Estimation of water quality in the coastal area near Santo Domingo by remote sensing, Proc. of VIII International Interdisciplinary Scientific Research Congress, 2012
  75. Chlorophyll-a and Suspended Solids Mapping to the Caribbean Sea from Rivers in the Capital City of Dominican Republic using ALOS/AVNIR-2, Proc. of The 33rd Asian Conference on Remote Sensing, 2012
  76. Simulation of Chlorophyll-a Estimation by World View-2 in the Urban Rivers of the Dominican Republic using Field Spectral Data, Proc. of Asian Conference on Remote Sensing, 2012
  77. Historic reconstruction of the environmental condition of the coastal waters of Santo Domingo using remote sensing technologies and public infromation, VIII International Interdisciplinary Scientific Research Congress, CD-R巻, 2012
  78. 江田島湾のカキ筏配置の季節変動と海水交換率への影響, 土木学会論文集,B3(海洋開発), 67巻, pp. I_364-I_369, 20111208
  79. Evaluation of organic matter load in different methods of oyster culture, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 77巻, 6号, pp. 1043-1050, 201111
  80. Numerical Study on Propulsion and Seakeeping Performance of a Ship Using an Eulerian Scheme with Lagrangian Particles, 20110601
  81. An Eulerian Scheme with Lagrangian Particle for Evaluation of Seakeeping Performance of Ship in Nonlinear Wave, 20110601
  82. An Eulerian Scheme with Lagrangian Particles for Evaluation of Seakeeping Performance of Ship in Nonlinear Wave, INTERNATIONAL JOURNAL OF OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING, 21巻, 2号, pp. 103-110, 201106
  83. 柔軟弾性素材による海洋エネルギー発電方式の開発(特集:環境・資源・エネルギーへの化学技術の貢献), 化学工業, 60巻, 1号, pp. 26-31, 20110101
  84. Field survey and satellite validation of water quality parameters of rivers in the surroundings of Santo Domingo Metropolitan area, Proc. of 9th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS 9), pp. CD-R, 2011
  85. Mapping water quality using satellite remote sensing technique in eutrophic Ozama-Isabela and Haina rivers of Dominican Republic, Proc .of VII International Interdisciplinary Scientific Research Congress, 2011
  86. Monitoring of Water Quality of Ozama, Isabela and Haina rivers, Dominican Republic, Proc. of VII International Interdisciplinary Scientific Research Congress, 2011
  87. Pollution Loading to the Caribbean Sea from rivers in the capital city of The Dominican Republic, Proc. of International Sessions in Conference on Coastal Engineering, 2巻, pp. 41-45, 2011
  88. Initial study for the estimation of PM2.5 distribution in Hiroshima using GOSAT CAI data, Proc. of 7th International Workshop on Greenhouse Gas Measurements for Space, 2011
  89. 垂下式弾性浮体ユニット型海洋エネルギー発電方式の開発, 日本船舶海洋工学論文集, 14巻, pp. 151-158, 2011
  90. カキ養殖の実施形態別有機物負荷特性の評価, 日本水産学会誌, 77巻, 6号, pp. 1043-1050, 2011
  91. An Experimental Study of a Submerged Power Generator that Uses Fexible Power Generation Devices, Proc. of The 20th MAGDA Conference in Pacific Asia, pp. 524-529, 2011
  92. 漁船の省エネを考える(下), 海洋水産エンジニアリング, 100巻, pp. 112-120, 2011
  93. 漁船の省エネを考える(上), 海洋水産エンジニアリング, 99巻, pp. 40-50, 2011
  94. 江田島湾のカキ筏配置の季節変動と海水交換率への影響, 土木学会論文集,B3(海洋開発), 67巻, 2号, pp. I_364-I_369, 2011
  95. Numerical Simulation on Hydroelastic Response of Structures under Impact Loads from Water Using Eulerian scheme with Lagrangian Particles, Proceedings of the 4th International Conference on Computational Methods in Marine Engineering, pp. CD-R, 2011
  96. An Experimental Study of Power Generation and Storage Using a Flexible Piezoelectric Device, Proc. of 15th International Symposium on Applied Electromagnetics and Mechanics, pp. 279-280, 2011
  97. Numerical Study on Nonlinear Hydroelastic and Hydrodynamic Effects on Floating Body Using Eulerian Scheme with Lagragian Particles, Proceedings of the 21st International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), pp. 610-617, 2011
  98. Study on Wave Power Generator Using Flexible Piezoelectric Device, Proceedings of the ASME 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, pp. CD-R, 2011
  99. Numerical Study on Propulsion and Seakeeping Performance of a Ship Using an Eulerian Scheme with Lagrangian Particles, Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 13巻, pp. 19-26, 2011
  100. 柔軟性弾性素材による海洋エネルギー発電技術(コンバーティングで複合化を), コンバーテック, 38巻, 9号, pp. 74-76, 20100901
  101. 学生を育てるしくみ(PBL実践のための教育システムの構築), 日本船舶海洋工学会誌, 32巻, 9号, pp. 2-8, 20100901
  102. 柔軟性弾性素材による海洋エネルギー発電技術,~フィルム,ゴムなど変形運動をエネルギーに変換する~, MATERIAL STAGE, 10巻, 5号, pp. 8-10, 20100801
  103. A Technology of Electrical Energy Generated from Ocean Power Using Flexible Piezoelectric Device, Proceedings of the ASME 29th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, ISBN:978-0-7918-3873-0巻, 20100606
  104. Hydrodynamic Performance of Wing with Wavy Leading Edge, Proc. of Advanced Maritime Engineering Conference(AMEC2010) and 4th Pan Asia Association of Maritime Engineering Societies (PAAMES) Forum, 3巻, 1.2号, pp. 54-59, 2010
  105. 波状前縁付き矩形翼周りの流れ解析, 日本船舶海洋工学論文集, 12巻, pp. 34-41, 2010
  106. A Study on Stall Delay by Various Wavy Leading Edges, Journal of Aero Aqua Bio-mechanisms, 1巻, 1号, pp. 18-23, 2010
  107. 弾性圧電デバイスを用いた海洋エネルギー利用技術に関する研究, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 66巻, 1号, pp. 1276-1280, 2010
  108. 沿岸都市部から発生した人為起源栄養塩の海面沈着量の推定, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 66巻, 1号, pp. 1166-1170, 2010
  109. 弾性圧電デバイスを用いた波浪発電に関する研究, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 66巻, 1号, pp. 1281-1285, 2010
  110. Study on flexible power generation device using piezoelectric film, Proc. of 16th International Conference on Electrical Engineeing, ISBN:978-89-86510-10-2 98560巻, 2010
  111. Numerical Simulation of Interaction Between Wave and Floating Body using Eulerian Scheme with Lagrangian Particles, Proc. of IV European Conference on Computational Mechanics, ~ Solids, Structures and Coupled Problems in Engineering ~, ECCM2010, CD-R巻, 2010
  112. An Eulerian Scheme with Lagrangian particle for evaluation of seakeeping performance of a ship in nonlinear wave, Proceedings of the 20th International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), ISBN:978-1-880653-77-7巻, pp. 611-618, 2010
  113. Lagrange粒子付Euler型スキームによる波浪中耐航性評価のためのCFDツールの開発, 日本船舶海洋工学論文集, 11巻, pp. 7-16, 2010
  114. 粒子法による流力弾塑性解析法の開発と衝撃圧問題への適用, 65巻, 1号, pp. 36-40, 20091101
  115. Lagrange粒子付Euler型スキームによる流体構造連成解析法の適用性, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 65巻, 1号, pp. 51-55, 20091101
  116. 弾性圧電デバイスを用いた波エネルギー利用技術の開発, 土木学会論文集,B2(海岸工学), 65巻, 1号, pp. 1296-1300, 20091101
  117. SPH法による流力弾性解析法と水面衝撃圧問題への適用, 土木学会論文集,B編, 65巻, 2号, pp. 70-80, 20091101
  118. 波状前縁を用いた3次元翼の失速抑制に関する実験的研究, 日本船舶海洋工学論文集, 9巻, pp. 55-62, 20090601
  119. Numerical Simulation of Dynamic Response of Structure Caused By Wave Impact Pressure Using an Eulerian Scheme with Lagrangian Particles, Proceedings of the ASME 28th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, pp. 661-670, 20090531
  120. A Study on Stall Delay by Various Wavy Leading Edges, Proceedings of 4th International Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms, CD-R巻, 2009
  121. Numerical Study on Interaction between Violent Wave and Structure using SPH, Proc. of Particle-Based Methods, -Fundamentals and Applications, PARTICLES 2009, ECCOMAS(European Community in Computational Methods in Applied Science), ISBN:978-84-96736-82-5巻, pp. CD-R, 2009
  122. Lagrange粒子付Euler型スキームを用いた衝撃圧による構造物の動的応答解析, 日本船舶海洋工学論文集, 8巻, pp. 195-203, 20081201
  123. システムデサインのためのFluid Engineer力の涵養, 土木技術, 63巻, 12号, 20081201
  124. 自然的攪乱後の干潟地盤の自律的再生過程とその数値予測モデルの開発, 海岸工学論文集, 55巻, pp. 526-530, 20081101
  125. 江田島湾における流動・物質収支モデルの構築と広島牡蠣養殖の影響, 海岸工学論文集, 55巻, pp. 1201-1205, 20081101
  126. Numerical analysis of wind drag reduction with corner cut and step shaped accommodation tower of ships, Proceedings of the 3rd Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies / Advanced Maritime Engineering Conference 2008, pp. 75-82, 20081020
  127. Numerical Analysis of Wind Drag Reduction with Corner Cut and Step Shaped Accommodation Tower of Ships, Proceedings of PAAMES and AMEC2008, pp. 75-82, 20081001
  128. 環境とエネルギー問題から産学それぞれの取り組み(特集),環境流体工学研究室, バルブ技法, 61巻, 1号, pp. 74-78, 20080901
  129. SPH法によるViolent Sloshing解析, 応用力学論文集, 11巻, pp. 89-96, 20080825
  130. An Eulerian Scheme With Lagrangian Particles For Solving Impact Pressure Caused By Wave Breaking, Proceedings of the Eighteenth (2008) International Offshore and Polar Engineering Conference, pp. 162-169, 20080706
  131. ノルウェー科学技術大学とスタンフォード大学に滞在して, 混相流, 22巻, 2号, pp. 179-182, 20080615
  132. 段差隅切り形状による船舶居住区風抵抗低減効果の数値解析, 日本船舶海洋工学会論文集, 6巻, pp. 131-134, 20080401
  133. Lagrange粒子付Euler型スキームを用いた衝撃圧による構造物の動的応答解析, 日本船舶海洋工学論文集, 8巻, pp. 195-203, 2008
  134. Highly accurate Free Surface Capturing Technique for Wave Breaking, Proceedings of International 31th Conference on Coastal Engineering, pp. 38-50, 2008
  135. Numerical Analysis of Wind Drag Reduction with Corner Cut and Step Shaped Accommodation Tower of Ships, Proceedings of PAAMES and AMEC2008, pp. 75-82, 2008
  136. 衝撃砕波圧作用下における固体流体連成解析法と構造物の動的応答特性, 海岸工学論文集, 55巻, pp. 31-35, 2008
  137. An Eulerian Scheme with Lagrangian particles for Solving Impact Pressure Caused by Wave Breaking, Proceedings of International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), ISBN 978-1-880653-70-8巻, pp. 162-169, 2008
  138. Particle CIP法による砕波解析, 海岸工学論文集, 54巻, pp. 21-25, 20071101
  139. Particle CIP法による水面衝撃問題の数値解析, 応用力学論文集, 10巻, pp. 121-130, 20070801
  140. A Coupled Eulerian-Lagrangian Method for Free Surface Problems, Proc. of International Conference on Violent Flows (VF-2007), pp. 227-234, 2007
  141. 水域環境評価への気液混相流モデルの貢献, 混相流学会誌, 20巻, 4号, pp. 318-327, 20061205
  142. Particle CIP 法による高精度な移動境界面の捕獲, 土木学会論文集,B編, 62巻, 4号, pp. 376-387, 20061101
  143. N分散相二流体モデルに基づく干潟土壌の粒径別挙動及び地下水面の数値解析, 海岸工学論文集, 53巻, pp. 1016-1020, 20061101
  144. 潮汐と波浪外力による干潟域の流動・地形変化の数値解析, 水工学論文集, pp. 1459-1464, 20061101
  145. 砕波による衝撃圧の直接推定と構造物の動的解析, 土木学会論文集,B編, 62巻, 3号, pp. 224-237, 20060701
  146. Modeling of Intertidal Flow and Geomorphology Using N+2-Field Model, Proceedings of the 7th International Conference on HydroScience and Engineering (ICHE 2006), ISBN: 0977447405巻, 2006
  147. 画像解析を用いた干潟の浮遊シルト群の挙動特性の解明, 海岸工学論文集, 52巻, pp. 426-430, 20051101
  148. 沿岸音響トモグラフィーによるデータ同化を利用した広島湾の流況解析, 海岸工学論文集, 52巻, pp. 326-330, 20051101
  149. 重合ソロバン格子法による自由表面境界層の数値解析, 海岸工学論文集, 52巻, pp. 16-20, 20051101
  150. N分散相二流体モデルに基づく干潟の流動・地形変化の数値解析, 海岸工学論文集, 53巻, pp. 431-435, 20051101
  151. 重合ソロバン格子法による固体と自由表面の相互作用に関する数値解析, 応用力学論文集, 8巻, pp. 251-258, 20050822
  152. Numerical Study on Breaking Phenomena of Ships' Waves in Narrow and Shallow Waterways, Journal of Marine Science and Technology, pp. 11-21, 20050301
  153. Data Assimilation of Coastal Circulation Model with Coastal Acoustic Tomography in Hiroshima-Bay, Proceedings of 13th International Marine Science Symposium on the Physical, Biological, Chemical and Geological Processes in the Pacific Ocean and Asian Marginal Seas, CD-R巻, 2005
  154. Numerical Simulation for Large Deformation Fluid-Structure Interaction Using CIP-EDEM method, Proceedings of 5th Int. Sympo. on Ocean Wave Measurement and Analysis, CD-R巻, 2005
  155. CIP-EDEM法による自由液面と弾性体運動連成解析, 海岸工学論文集, 51巻, pp. 41-45, 20041101
  156. 広島湾の水質・生態系モデルとカキ養殖の影響, 海岸工学論文集, 51巻, pp. 1111-1115, 20041101
  157. CIP-EDEM法による固体・流体相互作用の数値解析, 応用力学論文集, 7巻, pp. 1117-1124, 20040801
  158. 広島湾の流況と物質輸送に関する数値解析, 海岸工学論文集, 50巻, pp. 381-385, 20031101
  159. 自然干潟における環境因子の空間分布特性?広島県賀茂川河口干潟について, 海岸工学論文集, 50巻, pp. 1061-1065, 20031101
  160. 局地気象モデルを用いた瀬戸内圏の風況解析と吹送流の応答特性, 海岸工学論文集, 50巻, pp. 436-440, 20031101
  161. 二相流体における流力弾性連成解析, 海岸工学論文集, 50巻, pp. 31-35, 20031101
  162. 土壌フォスファターゼ活性値とATPバイオマス値に基づく干潟土壌環境類型化式の応用, 土木学会論文集, 741巻, VII-28号, pp. 23-28, 20030801
  163. Characteristics of Coastal Circulation in the Semi-Enclosed Seto Inland Sea Using Regional Atmosphere-Ocean Model, Proceedings of the 8th International Conference on Estuarine and Coastal Modeling, ASCE, pp. 325-341, 2003
  164. Characteristics of Coastal Circulation in the Semi-Enclosed Seto Inland Sea Using Regional Atmosphere-Ocean Model, Proceedings of the 9th Symposium on Nonlinear and Free-Surface Flows, pp. 111-118, 2003
  165. 沿岸海洋モデルによる来島海峡の潮位分布と潮流の3次元構造の解明, 海岸工学論文集, 49巻, pp. 376-380, 20021101
  166. 現地観測に基づく広島湾の干潟の底生生物量と活性量の時空間分布, 海岸工学論文集, 49巻, pp. 1131-1135, 20021101
  167. 瀬戸内海における栄養塩構成比の季節変動と赤潮発生の関係, 海岸工学論文集, 49巻, pp. 1081-1085, 20021101
  168. 知識総括型PBL "Paper Bycycle Project"の試み, 工学教育, 50巻, 6号, pp. 57-63, 20021101
  169. Numerical study of the effect of waterway shape on ship wave characteristics, Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 192巻, pp. 81-87, 20020710
  170. Numerical simulation of wind-waves interaction in the turbulent boundary layer, Proceedings of the 28th International Conference on Coastal Engineering, 28巻, pp. 625-637, 20020707
  171. Numerical Simulation of Wind-Waves Interactions in the Turbulent Boundary Layer, Proceedings of 28th Int. Conf. on Coastal Eng., pp. 625-637, 2002
  172. Numerical study of the effect of waterway shape on ship wave characteristics, Proceedings of 8th Symposium on Nonlinear and Free-Surface Flows, pp. 29-32, 2002
  173. 砕波帯の海浜浸透水挙動と砕波形式の関係, 海岸工学論文集, 48巻, pp. 1206-1210, 20011101
  174. CIP and CA based large deformation analysis of collapse of a soil column, Proc. of APCOM ’01, 1巻, pp. in press, 20011101
  175. 乱流境界層中の砕波を伴う風波乱流場の3次元数値解析, 海岸工学論文集, 48巻, pp. 61-65, 20011101
  176. 広島湾奥部の赤潮発生に及ぼす陸域起源の降雨量の影響, 海岸工学論文集, 48巻, pp. 1071-1075, 20011101
  177. 没水平板を利用した波エネルギー吸収型メガフロートに関する研究, 20010701
  178. 創成型設計製作プロジェクトPaper Bicycle Projectの実施, 平成13年度工学・工業教育研究講演論文集, pp. 299-302, 20010401
  179. Dnamic-LES乱流モデルを用いた砕波後の連行気泡と乱流特性に関する数値解析, 海岸工学論文集, 47巻, pp. 171-175, 20001101
  180. Numerical simulation of turbulent air-water mixing layer within surf-zone, Proceedings of 27th International Conference on Coastal Engineering, 27巻, pp. 755-768, 20000716
  181. 砕波後の気液混相流体場の力学的運動機構に関する数値解析, 海岸工学論文集, 46巻, pp. 161-165, 19991101
  182. Relationships of plunging jet size to kinematics of breaking waves with entrained air bubble, Proc. of 4th Air-Sea Interface Sympo, 4巻, 19990301
  183. Relationships of plunging jet size to kinematics of breaking waves with spray and entrained air bubble, Coastal Eng. Journal, 41巻, 3-4号, pp. 269-280, 19990215
  184. 突入ジェットと気泡混入を伴う砕波後の内部特性の関係, 海岸工学論文集, 45巻, pp. 116-120, 19981101
  185. C-CUP法による気液界面の直接数値計算, 海岸工学論文集, 45巻, pp. 55-59, 19981101
  186. トラップ式ダブルリーフの不規則波に対する消波・セットアップ抑制効果について, 海岸工学論文集, 45巻, pp. 706-710, 19981101
  187. Numerical Simulation of Two-Phase Complicated Flows with bubbles and acrosol., Proc. 4th Int. Conf. on Virtual Systems and Maltimedia, pp. 116-121, 19980401
  188. 砕波によるジェットの振る舞いと衝撃砕波圧の関係, 海岸工学論文集, 44巻, pp. 776-780, 19971101
  189. トラップ式ダブルリーフの消波機能およびセットアップの抑制効果について, 海岸工学論文集, 44巻, pp. 761-765, 19971101
  190. クノイド波の砕波後の変形・消波過程とジェットの関係, 海岸工学論文集, 44巻, pp. 61-65, 19971101
  191. リーフ上のクノイド波の砕波特性, 海岸工学論文集, 44巻, pp. 56-60, 19971101
  192. Kinematics of overturning solitary waves and their relations to breaker types, Coastal Engineering, 29巻, 4号, pp. 317-346, 19970101
  193. トラップ式ダブルリーフの消波機能(1), 海岸工学論文集, 43巻, pp. 786-790, 19961101
  194. リーフ上の孤立波の砕波形式に及ぼす2次波峯と波峯間干渉の影響, 海岸工学論文集, 43巻, pp. 76-80, 19961101
  195. Cause and Characteristics Impact Pressure Exerted by Spilling and Plunging Breakers on a Vertical Wall,, Proceedings of 25th International Conference on Coastal Engineering, 25巻, pp. 2442-2455, 19960902
  196. A new type breaker forming a giant jet and its decaying properties, Proceedings of the 25th International Conference on Coastal Engineering, 25巻, pp. 300-313, 19960902
  197. リーフ上の孤立波の砕波形式と波峯間干渉の影響, 京都大学数理解析研究所講究録(波の非線形現象の数理とその応用), 949巻, 1号, pp. 244-253, 19960501
  198. Breaker-type effect on impact pressure exerted on a vertical wall, Coastal Engineering Journal, 39巻, 1号, pp. 39-57, 1996011
  199. CG animation of tsunamis, storm surges and breaking waves, Proceedings of 2nd Int. Conf. on Virtual System and Multimedia, pp. 295-300, 1996
  200. 複合型砕波の発見とその発生条件, 海岸工学論文集, 42巻, pp. 51-55, 19951101
  201. 複合型砕波の運動諸量特性について, 海岸工学論文集, 42巻, pp. 56-60, 19951101
  202. 複合型砕波の砕波後の波形変化と波高減衰特性, 海岸工学論文集, 42巻, pp. 61-56, 19951101
  203. Modelling of surfzone waves in field and their momentum diffusion coefficients, Proceedings of 10th ASCE Specialty Conf. on Eng. Mechanics, CD-R巻, pp. 1251-1254, 1995
  204. ジェット放出過程の孤立波の水粒子速度と砕波形式の関係, 海岸工学論文集, 41巻, pp. 166-170, 19941101
  205. ステップ上の直立壁に作用する衝撃砕波圧と砕波形式の関係, 海岸工学論文集, 40巻, pp. 756-760, 19931101
  206. Internal velocity field at incipient breaking of a solitary wave over a submerged dike, Boundary Elements XV Vol 1 Fluid Flow and Computational Aspect, WIT Transactions on Modelling and Simulation, pp. 179-192, 19930101

著書等出版物

  1. 2019年07月09日, スマートテキスタイルの開発と応用, 第18章 柔軟発電素材による海洋エネルギー・ハーベスティング技術, シーエムシー出版, 2019年, 7, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 177-186
  2. 2019年03月01日, 水理公式集(2018年度版), 水理公式集(2018年度版), 流体力と流体振動, 20190301, 2019年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 陸田ほか, 978-4-8106-0835-9, 929, 162-164
  3. 2014年03月, コンバーティングのすべて, 加工技術研究会, 2014年, 3, 単行本(一般書), 共著
  4. 2013年08月, 技術シーズを活用した研究開発テーマの発掘, 技術情報協会, 2013年, 8, 単行本(一般書), 共著
  5. 2013年06月, Computational Wave Dynamics, (Advanced Series on Ocean Engineering), World Scientific Publishing Company, 2013年, 6, 単行本(学術書), 共著
  6. 2012年11月, Fluid Structure Interaction with Nonlinear Free Surface Flow, ~Marine Engineering Applications using Eulerian Scheme with Lagrangian Particles~, LAMBERT Academic Publishing, 2012年, 11, 単行本(学術書), 共著
  7. 2012年07月, 数値波動水槽 -砕波波浪計算の深化と耐波設計の革新を目指して-, 土木学会, 2012年, 7, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 災害調査のための長距離飛行可能な UAVの開発, 渡辺 豊, 高橋孝治, 陸田秀実*,岡本脩平, 土木学会,第19回建設ロボットシンポジウム, 2019年10月09日, 通常, 日本語, 発表資料
  2. Numerical Recreation of Multi-directional Waves with Full-spectrum Using Particle Based Method, Yamasaki, T., H. Mutsuda, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, 2019年07月25日, 通常, 英語, 発表資料
  3. A New Type of Wave Energy Harvester Using Fish Aggregating Device with Flexible Piezoelectric Device, Kubota, H., H. Mutsuda, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, 2019年07月25日, 通常, 英語, 発表資料
  4. A Flexible Sensor and Energy Harvester for Bellows Pipes Using a Painted Piezoelectric Material, Xinru, D., H. Mutsuda, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, 2019年07月25日, 通常, 英語, 発表資料
  5. Numerical Simulation of Multidirectional Waves with Full-Spectrum Using DualSPHysics, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Sam Draycott, David Ingram, Yasuaki Doi, 38th International Conference on Ocean, Offshore & Arctic Engineering, 2019年06月09日, 通常, 英語, 発表資料
  6. 接触・摩擦発電に関する実験的検討, 田中義和,陸田秀実,三宅 潤,小澤 拓, 日本機械学会,第31回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2019年05月22日, 通常, 日本語, 発表資料
  7. Physical mechanisms and characteristics of a stern slamming using Particle Based Method, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Kento Kawawaki and Yasuaki Doi, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Kento Kawawaki and Yasuaki Doi, 6th World Maritime Technology Conferece, 2018年12月04日, 通常, 英語, 上海市船舶与海洋工程学会, Shanghai, China, 発表資料
  8. Numerical Simulation of Multidirectional Waves in FloWave, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Yasuaki Doi, Naokazu Taniguchi, Samuel Draycott and David Ingram, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Yasuaki Doi, Naokazu Taniguchi, Samuel Draycott and David Ingram, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2018年11月26日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 千葉県柏市, 発表資料
  9. Characteristics of Stern Slamming Pressure in Following Irregular Waves, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Kento Kawawaki, Yasuaki Doi, Hironori Yasukawa, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Kento Kawawaki, Yasuaki Doi, Hironori Yasukawa, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2018年11月26日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 千葉県柏市, プレプリント
  10. Mapping tidal current fields around ferry route area in the Bali strait by Coastal Acoustic Tomography, Aruni Dinan Hanifa, H. Mutsuda*, Fadli Syamsudin, Minmo Chen, Yasuaki Doi, Arata Kaneko, Aruni Dinan Hanifa, H. Mutsuda*, Fadli Syamsudin, Minmo Chen, Yasuaki Doi, Arata Kaneko, Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 2018年11月09日, 通常, 英語, 日本船舶海洋工学会, 広島, 発表資料
  11. Multidirectional wave making with full-spectrum using DualSPHysics, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Sam Draycott, David Ingram, Yasuaki Doi, Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 2018年11月09日, 通常, 英語, 発表資料
  12. 粒子法による非線形海洋波の相互作用シミュレーション, 陸田秀実, 陸田秀実, 自動車技術会 CFD技術部門委員会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 自動車技術会, 広島, 発表資料
  13. Application of a Multidirectional Circular Wave Basin Using DualSPHysics, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Yasuaki Doi, Naokazu Taniguchi, Samuel Draycott, David Ingram, Kanehira, T., H. Mutsuda*, Yasuaki Doi, Naokazu Taniguchi, Samuel Draycott, David Ingram, Proc. of the 4th DualSPHysics Users Workshop, 2018年10月22日, 招待, 英語, DualSPHysics User Group, Lisbon,Spain, 発表資料
  14. Computational Fluid Dynamics in Naval Engineering and Ocean Engineering, Hidemi Mutsuda, Hidemi Mutsuda, Special Lecture in Hasanuddin University, Indonesia, 2018年09月26日, 招待, 英語, Hasanuddin University,, Special Lecture in Hasanuddin University, Indonesia, 発表資料
  15. Fluid Structure Interactions Between Waves and Coastal Structures Using SWE-SPH, Taiga Kanehira, Andi Ardianti, Hidemi Mutsuda, Yasuaki Doi, Taiga Kanehira, Andi Ardianti, Hidemi Mutsuda, Yasuaki Doi, the 26th International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), 2018年06月10日, 通常, 英語
  16. Development of Numerical Tank for Multidirectional Wave Basins Using GPUSPH, Taiga Kanehira, Hidemi Mutsuda, Sam Draycott, David Ingram, Yasuaki Doi, Taiga Kanehira, Hidemi Mutsuda, Sam Draycott, David Ingram, Yasuaki Doi, Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 2017年11月01日, 通常, 英語, 発表資料
  17. SWE-SPH法による海洋波と沿岸構造物の相互作用に関する研究, 金平 大河, Andi Ardianti, 陸田 秀実, 土井 康明, 金平 大河, Andi Ardianti, 陸田 秀実, 土井 康明, H29年度 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2017年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  18. 漁船に関する研究 ―小型サンマ棒受網漁船の船型開発―, 川島敏彦, 西本 仁, 土井康明, 陸田秀実, 松田英揮, 川島敏彦, 西本 仁, 土井康明, 陸田秀実, 松田英揮, H29年度 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2017年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  19. 漁船に関する研究 ー定置網漁船の船型開発ー, 川島敏彦, 西本 仁, 土井康明, 陸田秀実, 松田英揮, 川島敏彦, 西本 仁, 土井康明, 陸田秀実, 松田英揮, H29年度 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2017年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  20. Fertilizer application to enhance the growth of raft-cultured oysters, Tamiji Yamamoto1, Shigma Ishida, Shinya Nakahara, Kiyonori Hiraoka, Yuhei Omichi, and Hidemi Mutsuda, Tamiji Yamamoto1, Shigma Ishida, Shinya Nakahara, Kiyonori Hiraoka, Yuhei Omichi, and Hidemi Mutsuda, The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium, Fisheries Science for Future Generations, 2017年09月01日, 通常, 英語, 発表資料
  21. Characteristics of Fluid Forces on a Floating/Submerged Tsunami Shelter with Elastic Mooring, Fukushima, K., H. Mutsuda, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, 2017年08月01日, 通常, 英語, 発表資料
  22. ​Flow generation and testing in a circular experimental basin,, Guangming Li,David Ingram, Arata Kaneko, Noriaki Gohda,Donald Noble, Hidemi Mutsuda, Nick Polydorides, Guangming Li,David Ingram, Arata Kaneko, Noriaki Gohda,Donald Noble, Hidemi Mutsuda, Nick Polydorides, Offshore Energy and Storage 2017, 2017年07月01日, 通常, 英語, 発表資料
  23. Ocean Energy Platform using a Floating Fishing Bank, Shade Rahmawati, Hidemi Mutsuda, Yasuaki Doi, Shade Rahmawati, Hidemi Mutsuda, Yasuaki Doi, Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 2016年12月10日, 通常, 英語, 発表資料
  24. Marine energy plants suitable for Indonesian Archipelago Seas, Hidemi MUTSUDA, CAT Training Course 2016, 2016年09月22日, 招待, 英語, 発表資料
  25. 遡上津波と構造物の相互作用に関する研究, 河脇健人,Andi Ardianti,陸田秀実,土井康明, 混相流シンポジウム2016, 2016年08月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  26. Numerical Estimation for Tidal-current Energy Resources in Indonesia, Shade Rahmawati, Mutsuda,H., E. Yoshitomi and Y. Doi, Shade Rahmawati, Mutsuda,H., E. Yoshitomi and Y. Doi, Proceedings of the 25rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), 2016年06月27日, 通常, 英語
  27. Interactions between Run-Up Tsunami and Structures Using Particle Based Method, Andi Ardianti, Mutsuda,H., K. Kawawaki and Y. Doi, Andi Ardianti, Mutsuda,H., K. Kawawaki and Y. Doi, Proceedings of the 25rd International Society of Offshore and Polar Engineers(ISOPE), 2016年06月27日, 通常, 英語
  28. スーパー弾性係留索を有する浮沈式津波シェルターに関する研究, 河脇健人,Andi Ardianti,陸田秀実,土井康明,福原卓三, 日本船舶海洋工学会春季講演会, 2016年05月25日, 通常, 日本語, 福岡, 発表資料
  29. 浮漁礁型海洋エネルギー発電プラットフォームの設計・製作に関する研究, 横田俊介,秦俊介,陸田秀実,田中義和,Shade Rahmawati,土井康明,森山恭雄,海野勇士,妹尾貴文, 日本船舶海洋工学会春季講演会, 2016年05月25日, 通常, 日本語, 発表資料
  30. 柔軟発電素材を用いた弾性振動翼による流れエネルギー利用技術に関する研究, 志村 仁,陸田秀実,土井康明,田中義和, 第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2016年05月18日, 通常, 日本語, 日本AEM学会, 慶応大学, 発表資料
  31. 柔軟発電素材による浮漁礁型海洋エネルギー利用技術に関する研究, 横田俊介,秦 俊介,陸田秀実,土井康明,田中義和, 第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2016年05月18日, 通常, 日本語, 日本AEM学会, 慶応大学, 発表資料
  32. 塗布型圧電素材を用いた柔軟発電体の試作, 第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2016年05月18日, 通常, 日本語, 日本AEM学会, 発表資料
  33. Numerical Simulation of a Strongly Interaction between Tsunami wave and Obstacles Using Particle Based Method, Andi Ardianti, Hidemi Mutsuda, Kento Kawawaki, Shunsuke Fujii and Yasuaki Doi, Andi Ardianti, Hidemi Mutsuda, Kento Kawawaki, Shunsuke Fujii and Yasuaki Doi, Proceedings of 3rd International Conference on Violent Flows (VF-2016), 2016年03月09日, 通常, 英語
  34. 身の周りの小さなエネルギーを利用して電気を生み出す社会, 陸田秀実, 大阪産業大学開学50周年記念事業(招待講演), 2015年11月17日, 招待, 日本語, 発表資料
  35. Interactions between Run-up Tsunami and Structures Using Particle Based Method, Andi Ardianti, Hidemi Mutsuda, Yasuaki Doi , H26年度 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2015年11月16日, 通常, 英語, 東京, 発表資料
  36. Numerical Estimation for Tidal-Current Energy Resources in Indonesia , Shade Rahmawati, Hidemi Mutsuda, Yasuaki Doi , H26年度 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2015年11月16日, 通常, 英語, 東京, 発表資料
  37. Characteristics of tidal current in Indonesia, tidal-current energy resources ant its utilization in Lombok, Hidemi MUTSUDA, Tomography Lombok Strait Meeting 2015, A vast challenge to monitor Indonesian Throughflow (ITF), 2015年11月04日, 通常, 英語, 発表資料
  38. 柔軟発電デバイスによる風力エネルギー発電技術に関する研究, 森崎健一,大竹基喜,陸田秀実,田中義和, 第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2015年05月14日, 通常, 長崎, 発表資料
  39. 柔軟発電デバイスによる水力エネルギー発電技術に関する研究, 奥本悠季,横田俊介,陸田秀実,田中義和, 第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2015年05月14日, 通常, 日本語, 長崎, 発表資料
  40. 海洋エネルギー環境資源プロジェクト研究センターの取り組みについて,研究シーズ「柔軟発電デバイスによる発電技術とその自然エネルギー利用への応用」, 陸田秀実, 公益財団法人ちゅうごく産業創造センター(招待講演), 2014年11月26日, 招待, 日本語, 発表資料
  41. ドーム型津波シェルターの開発, 陸田秀実, (一社)日本建築構造技術者協会 中国支部 法人化25周年記念行事, 2014年11月06日, 通常, 日本語, 発表資料
  42. 柔軟弾性素材を用いた発電技術とその適用例, 陸田秀実, 関西コンバーティク研究会(招待講演), 2014年11月01日, 招待, 日本語, 発表資料
  43. 船首および船尾改良による漁船の抵抗低減効果に関する数値シミュレーション, 郷 卓紘,陸田秀実,土井康明, H26年度 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2014年11月, 通常, 日本語, 発表資料
  44. Introduction of Flexible Piezoelectric Device and Its Application to Mechanical Energy Harvesting, Hidemi Mutsuda, Special Lecture in University of Strathclyde, 2014年09月01日, 通常, 英語, 発表資料
  45. 海事産業における体験型モノづくり教育, 陸田秀実,土井康明,北村 充, 第62回工学教育研究講演会講演論文集, 2014年06月, 通常, 日本語, 発表資料
  46. 大型津波シェルターに作用する津波力の数値シミュレーション, 藤井俊輔,鎌田正也,陸田秀実,土井康明, 第19回計算工学講演会, 2014年06月, 通常, 日本語, 発表資料
  47. 柔軟発電素材を用いた環境発電~波,流れ,風,振動等から電気を生み出す技術~, 陸田秀実, 呉産業技術振興機構,広島県立総合技術研究所(招待講演), 2014年05月19日, 招待, 日本語, 発表資料
  48. 柔軟発電素材を用いた環境発電, 陸田秀実, 日本繊維機械学会,eテキスタイル研究会, 2014年05月01日, 招待, 日本語, 発表資料
  49. CFD解析を用いた養殖水槽内の水流特性, 高橋勇樹・安間洋樹・木村暢夫・田丸修・大村智宏・三好潤・永岡 史治崇・陸田秀実, H26年度 日本水産工学会春季シンポジウム, 2014年05月, 通常, 日本語, 発表資料
  50. 海洋エネルギー利用に向けた柔軟発電デバイスの開発とその発電特性, 東翔太,渡邉隆太,陸田秀実,田中義和,土井康明, H25年度 日本船舶海洋工学会春季講演会, 2013年05月, 通常, 日本語, 発表資料
  51. 津波シェルターに作用する津波力低減効果に関する研究, 鎌田正也,藤井俊輔,陸田秀実,土井康明, H25年度 日本船舶海洋工学会春季講演会, 2013年05月, 通常, 日本語, 発表資料
  52. 船尾改良による漁船の抵抗低減効果に関する研究, 石田 晃大,陸田秀実,土井康明, H25年度 日本船舶海洋工学会春季講演会, 2013年05月, 通常, 日本語, 発表資料
  53. はり理論による柔軟発電体の理論解析に関する検討, 田中義和,尾古卓也,品川和毅,陸田秀実, 第25回「電磁力関連ダイナミクス」シンポジウム, 2013年05月, 通常, 日本語, 発表資料
  54. Elastic Floating Unit with Flexible Piezoelectric Device for Wave Energy Harvesting, Azuma S., R. Watanabe, H. Mutsuda, 2nd World NAOE Forum, 2012年10月, 通常, 英語, 発表資料
  55. 弾性圧電素材を用いた流力振動型発電技術に関する研究, 陸田秀実, 「次世代の環境・革新的新エネルギー技術」セミナー, 2011年11月18日, 招待, 日本語, 発表資料
  56. 垂下式弾性浮体ユニット型海洋エネルギー発電方式に関する研究, 渡邉隆太,陸田秀実*,平田真登,土井康明,田中義和,柳原大輔, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2011年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  57. 弾性圧電デバイスを用いた風力エネルギー利用技術の開発, 宮城潤平,陸田秀実*,土井康明,田中義和, 日本機械学会,環境工学総合シンポジウム, 2011年06月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  58. Lagrange粒子付Euler型スキームを用いた船舶の推進性能と耐航性能に関する数値解析, Suandar Baso, 陸田秀実*,土井康明, 日本流体力学会,第24回数値流体力学シンポジウム論文集, 2010年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  59. Prediction of propulsion and seakeeping performance of a ship using an Eulerian scheme with Lagrangian particles, Suandar Baso, H. Mutsuda*, Yasuaki Doi, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2010年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  60. 柔軟性弾性素材による海洋エネルギー利用技術に関する研究, 川上健太,平田真登,陸田秀実*,土井康明,田中義和,柳原大輔, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2010年11月01日, 通常, 日本語
  61. 自動車排出ガスによるPM2.5の挙動特性と大気海洋環境への負荷量 ~広島市周辺を例にして~, 陸田秀実*,野村 毅,土井康明, 日本混相流学会,年会講演会, 2010年08月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  62. 垂下式弾性浮体ユニット型海洋エネルギー発電のためのデバイス開発, 平田真登,川上健太,陸田秀実*,田中義和,柳原大輔, 日本機械学会,第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演会, 2010年05月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  63. 弾性圧電デバイスを用いた海洋エネルギー発電技術に関する研究, 川上健太,陸田秀実*,平田真登,土井康明,田中義和, 日本機械学会,環境工学総合シンポジウム講演会, 2010年05月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  64. Lagrange粒子付Euler型スキームによる波浪中浮体の流力弾性シミュレーション, 陸田秀実*,黒川剛幸,土井康明, 日本流体力学会,第23回数値流体力学シンポジウム, 2009年12月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  65. Lagrange粒子付Euler型スキームによる波浪中耐航性能CFDツールの開発, 陸田秀実*,栗原健治,黒川剛幸,Suandar Baso,土井康明,施 建剛, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2009年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  66. 弾性圧電デバイスを用いた海洋エネルギー利用技術の開発, 陸田秀実*,川上健太,平田真登,土井康明,田中義和, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2009年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  67. Lagrange粒子付Euler型スキームによる流体構造連成解析法と構造体内部の歪み量の精度検証, 陸田秀実*,黒川剛幸,川上健太,土井康明, 日本混相流学会,年会講演会, 2009年08月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  68. 弾性圧電デバイスを用いた流力振動発電技術, 川上健太,陸田秀実*,黒川剛幸, 日本機械学会,環境工学総合シンポジウム講演会, 2009年07月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  69. 弾性圧電デバイスを用いた流れエネルギー利用技術, 川上健太,陸田秀実*,田中義和,松村啓太郎, 日本機械学会,第21回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演会, 2009年05月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  70. Lagrange粒子付Euler型スキームを用いた衝撃圧による 構造物の動的応答解析, 陸田秀実, 土木学会応用力学委員会, 2009年03月01日, 招待, 日本語, 発表資料
  71. Lagrange粒子付Euler型スキームを用いた流力弾性連成解析, 陸田秀実*,新蔵慶昭,黒川剛幸,土井康明, 日本混相流学会年会講演会, 2008年08月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  72. SPH法を用いた衝撃圧による流力弾性解析, 陸田秀実*,清水 雄,土井康明, 日本混相流学会年会講演会, 2008年08月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  73. 江田島湾の海洋環境シミュレータの開発とその適用性, 黒川剛幸,陸田秀実*,土井康明,山本民治,橋本俊也, 土木学会,中国支部研究発表会講演会, 2008年06月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  74. 広島市街区における風・熱環境モデルの開発とヒートアイランド策に関する数値実験, 栗原健浩・片田裕昭,陸田秀実*,土井康明, 土木学会,中国支部研究発表会講演会, 2008年06月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  75. 弾性構造物に作用する衝撃砕波圧のダイレクトシミュレーション法の開発とその適用性, 陸田秀実*,新蔵慶昭,清水雄,土井康明, 土木学会,中国支部研究発表会講演会, 2008年06月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  76. 自然的攪乱後の人工干潟の物理環境の自律的再生過程とその予測モデルに関する研究, 高橋俊之,野村 毅,陸田秀実*,土井康明, 土木学会,中国支部研究発表会講演会, 2008年06月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  77. Particle CIP法による移動境界問題の数値解析, 陸田秀実*,伊澤亮,常山鉄平,土井康明, 日本流体力学学会年会, 2006年09月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  78. 砕波ジェット水塊による混合砂の挙動解析, 新井 洋,福田和宏,陸田秀実*,土井康明, 日本流体力学会年会, 2006年09月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  79. 格子・粒子ハイブリッド法による砕波と沿岸構造物の相互作用に関する数値解析, 陸田秀実*,土井康明, 日本流体力学会,第19回数値流体力学シンポジウム, 2005年12月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  80. SPH法による砕波と沿岸構造物の相互作用に関する数値解析, 陸田秀実*,土井康明, 日本流体力学会,第19回数値流体力学シンポジウム, 2005年12月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  81. CIP-EDEM法による固体・流体相互作用の数値解析, 陸田秀実*,土井康明, 日本船舶海洋工学会,秋季講演会, 2005年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  82. 弾性変形を利用した水平軸型ウインドタービン用ブレードの開発, 柳原大輔,岩下英嗣,陸田秀実,山本元道,伊藤政光,渡辺幸夫,谷野忠和,仲尾晋,西本安志, 日本風力エネルギー学会,第26回風力エネルギー利用シンポジウム, 2004年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  83. 広島市における酸性雨の生成機構に関する研究, 中村剛志,澤村雄介,陸田秀実*,土井康明, 土木学会,地球環境シンポジウム, 2004年08月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  84. 竹原市賀茂川河口干潟の生物分布と干潟土壌の類型化パターン, 中村健一,陸田秀実 網谷貴彰,高谷知恵子,斉藤博, 土木学会,地球環境シンポジウム, 2003年09月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  85. 砕波後の気液混相乱流場に対するCIP法の適用性, 陸田秀実*, 日本混相流学会講演会, 2002年08月01日, 通常, 日本語
  86. CIP法による衝撃砕波圧の発生機構の解明, 陸田秀実*, 土木学会,中国支部研究発表会, 2002年06月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  87. 没水平板を利用した波エネルギー吸収型メガフロートに関する研究, 高木幹男,藤久保昌彦,北村充,岩下英嗣,土井康明,柳原大輔,濱田邦裕,山本元道,陸田秀実,作野裕司,肥後靖,今井康貴,小林正典,中川寛之,神田雅光,森下純忠,安藤和彦, 日本船舶海洋工学会,第16回海洋工学シンポジウム, 2001年07月18日, 通常, 日本語, 発表資料
  88. 砕波を伴う自由表面乱流場の数値解析, 陸田秀実, 日本応用数理学会2000年講演会, 2000年10月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  89. 乱流境界層中の砕波を伴う自由表面乱流場の3次元数値解析, 陸田秀実*, 日本流体力学会,第11回計算流体シンポジウム, 2000年07月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  90. 軟弱地盤上の補強土盛土の挙動予測に関する流体力学的アプローチ, 八嶋 厚,陸田秀実,Hadush Seged,足立紀尚, 土木学会,第34回地盤工学研究発表会, 1999年07月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  91. 風作用下における砕波を伴う自由界面の数値解析, 陸田秀実*,安田孝志, 日本流体力学会,第4回環境流体シンポジウム, 1999年07月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  92. C-CUP法による砕波の直接数値計算, 陸田秀実*,安田孝志,河合ひろみ, 日本流体力学会,第12回数値流体力学シンポジウム, 1998年12月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  93. C-CUP法による気液共存系の数値計算, 陸田秀実*,安田孝志,河合ひろみ, 日本流体力学会,第9回計算流体シンポジウム, 1998年07月01日, 通常, 日本語, 発表資料

受賞

  1. 2019年07月30日, Outstanding Winner (First prize award) of poster competition in International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, Numerical Recreation of Multi-directional Waves with Full-spectrum Using Particle Based Method
  2. 2019年07月30日, Outstanding Winner (First prize award) of poster competition in International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, A New Type of Wave Energy Harvester Using Fish Aggregating Device with Flexible Piezoelectric Device
  3. 2019年07月30日, Meritorious Winner (Second prize award) in International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, A Flexible Sensor and Energy Harvester for Bellows Pipes Using a Painted Piezoelectric Material
  4. 2018年11月07日, Mori Award (Excellent presentation) in Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, Multidirectional Wave Making with Full-Spectrum Using DualSPHysics
  5. 2018年03月01日, Outstanding contribution in Reviewing, Applied Ocean Research (SCI Journal) 2017, Elsevier
  6. 2017年11月01日, 日本船舶海洋工学会平成29年度秋季講演会ポスターセッション(英語)優秀ポスター賞, 日本船舶海洋工学会, Fluid structure interactions between run-up tsunami waves and floating bodies
  7. 2017年11月01日, Mori Award (Excellent presentation) in Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, Development of Numerical Tank for Multidirectional Wave Basins Using GPUSPH
  8. 2017年08月01日, Meritorious Winner of The Poster Session for Young Scholar in International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, International Summer School on Naval Architecture, Ocean Engineering and Mechanics, Characteristics of Fluid Forces on a Floating/Submerged Tsunami Shelter with Elastic Mooring
  9. 2016年10月01日, Outstanding contribution in Reviewing, Applied Ocean Research (SCI Journal),2016
  10. 2014年05月14日, 船舶海洋科学技術啓発広報活動奨励賞, 日本船舶海洋工学会
  11. 2012年09月02日, Excellent Oral Presentation Award in ICPEE, Conference Chair, ICPEE 2012, Wind Energy Harvesting Using Flexible Piezoelectric Device
  12. 2012年10月01日, Best poster award in 2nd World NAOE Forum, 2nd World NAOE Forum, Elastic Floating Unit with Flexible Piezoelectric Device for Wave Energy Harvesting
  13. 2012年01月01日, 日本機械学会第21回環境工学総合シンポジウム若手優秀講演フェロー賞, 日本機械学会, 弾性圧電デバイスを用いた風力エネルギー利用技術の開発
  14. 2011年11月24日, 広島大学 学長賞, 広島大学
  15. 2011年04月, 土木学会土質工学セミナー報告賞, 土木学会, 粒子法を用いた斜面崩壊到達距離の推定の試み
  16. 2011年11月01日, 日本船舶海洋工学会秋季講演会優秀講演賞, 日本船舶海洋工学会, 垂下式弾性浮体ユニット型海洋エネルギー発電方式に関する研究
  17. 2011年11月01日, 日本船舶海洋工学会秋季講演会ポスターセッション最優秀賞, 日本船舶海洋工学会, 弾性圧電デバイスを用いた洋上風力エネルギー利用技術の開発
  18. 2009年11月27日, 日本船舶海洋工学会優秀講演賞, 日本船舶海洋工学会, Lagrange粒子付Euler型スキームによる波浪中耐航性能CFDツールの開発
  19. 日本機械学会環境部門研究奨励表彰, 日本機械学会
  20. 2008年, 土木学会中国支部優秀発表賞, 土木学会中国支部
  21. 2008年, 日本船舶海洋工学会秋季講演会ポスターセッション優秀賞, 日本船舶海洋工学会

取得

  1. 特許権, 3173616 (ドイツ,フランス,イギリス), 2019年06月26日, Wind Power Generation Device
  2. 特許権, ZL 2015 8 0040924.7 (中国), 2019年05月14日, 風力発電装置
  3. 特許権, 6502004, 2019年03月29日, 橋梁
  4. 特許権, 10,075,103号(アメリカ), 2018年09月11日, Power Generation Device for Mobile Body
  5. 特許権, ZL20148 0059428.1 (中国), 2018年06月29日, 移動体用発電装置
  6. 特許権, EP 3 068 030 B160 2014 -2- 669.7(欧州:ドイツ,フランス,イギリス), 2018年03月13日, Power Generation Device for Mobile Body
  7. 特許権, 6212780, 2017年09月29日, 風力発電装置
  8. 特許権, 6087790, 2017年02月10日, 移動体用発電装置
  9. 特許権, 5858357, 2015年12月25日, 振動発電デバイス
  10. 特許権, 5807302, 2015年09月28日, 発電装置及び発電デバイス
  11. 特許権, 3461264, 1999年01月19日, 消波構造物

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金, 摩擦/剥離帯電を用いた革新的な環境発電ナノ技術の提案・開発, 2019年, 2020年
  2. A-STEP機能検証フェーズ試験研究タイプ, 波エネルギーハーベスティングの実用化に向けたペイント型柔軟圧電デバイスの実海域発電性能に関する研究, 2019年, 2020年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究B), 浮漁礁型海洋エネルギープラットフォームとそれに適合した発電デバイスの研究開発, 2017年04月01日, 2020年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), スーパー弾性係留システムを有する浮沈式水害シェルターの提案・開発, 2016年, 2017年
  5. 中国電力技術研究財団,試験研究A, 高性能な柔軟発電デバイスを用いた海洋エネルギー利用技術, 2015年04月01日, 2017年03月31日
  6. H27年度 新産業創出研究会,(公財)ちゅうごく産業創造センター, 弾性係留索を有する浮沈式津波シェルターの技術開発, 2015年, 2015年
  7. 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP), 圧縮型柔軟発電パネルを用いた波エネルギー・ハーベスティング技術, 2014年10月, 2014年12月31日
  8. 科学技術振興機構 (A-STEP探索), 圧縮型柔軟発電パネルを用いた波エネルギー・ハーベスティング技術, 2014年, 2015年
  9. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 浮沈式大型津波シェルターの耐波性能評価と設計指針, 2013年, 2014年
  10. 研究成果展開事業(A-STEP), 柔軟発電デバイスを用いた風力エネルギー・ハーベスティング技術, 2012年11月01日, 2013年10月31日
  11. 研究成果展開事業(A-STEP), 浮沈式大型津波シェルターの技術開発, 2012年10月01日, 2013年09月30日
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 柔軟発電体を用いた新しい海洋エネルギー発電装置の開発, 2011年, 2013年
  13. ひろしま産業振興機構, 柔軟発電デバイスの開発と新しい海洋エネルギー発電方式の提案, 2011年, 2012年
  14. NEDO新エネルギー技術研究開発洋上風力発電等技術研究開発(海洋エネルギー先導研究), 垂下式弾性浮体ユニット型海洋エネルギー発電技術の基礎的研究, 2009年, 2011年
  15. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 人工筋肉によるバイオミメティックス型流力制御と波・流れエネルギー利用技術の開発, 2008年, 2009年
  16. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 干潟におけるシルト粒子群-気液混相流体場の力学挙動の解明と高精度予測モデルの開発, 2004年, 2005年
  17. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 底生微生物の代謝活性量を考慮した新たな沿岸環境生態系モデルの開発, 2002年, 2003年
  18. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 砕波による多相流体場の高精度数値計算手法の開発とその数理モデル化に関する研究, 1998年, 1999年

社会活動

委員会等委員歴

  1. Editorial Board (Coastal Engineering Journal), 2019年07月01日, 9999年99月
  2. 日本船舶海洋工学会西部支部運営委員会委員, 2019年04月, 9999年99月
  3. 日本混相流学会地区代表(中国四国地区), 2018年04月, 9999年99月
  4. NEDO研究評価委員会「海洋エネルギー技術研究開発」(事後評価)分科会「海洋エネルギー技術研究開発」, 2018年03月, 2020年03月
  5. 日本船舶海洋工学会「内航海運のための省エネ母船型型の研究開発委員会」委員, 2016年04月, 2017年03月
  6. 日本混相流学会理事,中国四国地区, 2016年04月, 2017年03月
  7. 土木学会海岸工学委員会波動モデル研究小委員会委員, 2015年04月, 9999年99月
  8. 科学研究費 審査委員会 専門員, 2015年04月, 2016年04月
  9. 日本船舶海洋工学会春季・秋季講演会常任幹事,西部支部, 2015年04月, 2017年03月
  10. 日本混相流学会評議員, 2015年04月, 2017年03月
  11. Editorial Board (Applied Ocean Research), 2014年04月, 9999年99月
  12. 日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会委員, 2014年04月, 9999年99月
  13. 土木学会土木学会論文集編集委員会委員, 2014年04月, 2016年03月
  14. 日本船舶海洋工学会推進性能研究会委員, 2013年04月, 9999年99月
  15. 土木学会出版委員会 委員兼幹事, 2013年04月, 2015年03月
  16. 18. NEDO技術委員(研究評価委員会)「風力等自然エネルギー技術開発/海洋エネルギー技術研究開発」分科会), 2013年04月, 2015年03月
  17. 広島県立図書館資料選定委員技術産業部門(公害・環境工学), 2012年04月, 2015年03月
  18. 土木学会海岸工学委員会幹事,中国四国地区, 2011年04月, 2015年03月
  19. 土木学会海岸工学委員会調査研究部門, 2011年04月, 2012年03月
  20. 土木学会応用力学委員会イノベーション推進小委員会委員, 2011年04月, 2012年03月
  21. 土木学会海洋開発委員会海洋開発論文集査読小委員会委員, 2010年04月, 9999年99月
  22. 土木学会海岸工学委員会企画構想WG委員, 2010年04月, 2011年03月
  23. 日本船舶海洋工学会春季・秋季講演会実行委員, 2009年04月, 2015年03月
  24. 日本船舶海洋工学会電子投稿WG委員, 2009年04月, 2015年03月
  25. 日本混相流学会論文審査委員, 2009年04月, 2015年03月
  26. 日本混相流学会学会誌編集委員会副委員長, 2008年04月, 2009年03月
  27. 土木学会海岸工学委員会数値波動水槽研究小委員会, 2007年04月, 2010年03月
  28. 土木学会応用力学委員会計算力学小委員会委員, 2005年04月, 9999年99月
  29. 土木学会海岸工学委員会海岸工学論文集編集小委員委員, 2004年04月, 9999年99月
  30. 日本混相流学会学会誌編集委員会委員, 2004年04月, 2010年03月
  31. 日本船舶海洋工学会海洋環境委員会, 2003年04月, 9999年99月
  32. 日本船舶海洋工学会海洋環境委員会委員, 2003年04月, 9999年99月

学術会議等の主催

  1. 夏休みジュニアサイエンス, 実行委員, 2019年08月, 2019年08月
  2. 海洋教育フォーラム, 実行委員, 2018年12月, 2018年12月
  3. Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 実行委員, 2018年11月, 2018年11月
  4. Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 実行委員, 2017年12月, 9999年99月
  5. 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 実行委員(代表幹事), 2017年11月, 2017年11月
  6. World NAOE Forum 2015, 実行委員, 2015年12月, 2015年12月
  7. 海洋教育フォーラム, 実行委員, 2015年12月, 9999年99月
  8. 夏休みジュニアサイエンス(エコロジー船の科学), 実行委員, 2015年08月, 9999年99月
  9. 第59回海岸工学講演会, 2012年11月, 2012年11月
  10. 第47回水工学に関する夏期研修会, 2011年08月, 2011年08月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. CAT Training Course 2019, Numerical re-creation of multi-directional waves in a circular basin for Ocean Renewable Energy, Hiroshima University, 2019年/09月/20日, 2019年/09月/20日, Hiroshima University, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  2. 高校模擬授業(広島市立広島中等教育学校), 2019年/07月/12日, 2019年/07月/12日, 講師, 出前授業, 高校生
  3. Computational Fluid Dynamics in Naval Engineering and Ocean Engineering, Hasanuddin University, 2018年/09月/26日, 2018年/09月/26日, 講師, 講演会, 大学生
  4. 高校模擬授業(呉三津田高校), 2017年/09月/27日, 2017年/09月/27日, 講師, 出前授業, 高校生
  5. 大阪産業大学50周年記念講演(招待講演), 2015年/11月/17日, 2015年/11月/17日, 大阪産業大学, 出演
  6. 国際共同研究集会にて招待講演, 2015年/11月/03日, 2015年/11月/03日, マタラマ大学(インドネシア), 出演
  7. 教員免許状更新講習, 2015年/08月/17日, 2015年/08月/17日, 広島大学, 講師, 講演会, 社会人・一般
  8. (特別講義)第6回海洋教育フォーラム, 2014年/12月/05日, 2014年/12月/05日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  9. (招待講演)日本船舶海洋工学会,性能・運動分野「夏の学校」, 2014年/09月/21日, 2014年/09月/21日, 講師, 講演会, 大学生
  10. (非常勤講師)鹿児島大学大学院理工学研究科, 2013年/12月/03日, 2013年/12月/03日, 講師, 出前授業, 大学院生
  11. (特別講義)第48回水工学に関する夏期研修会, 2012年/08月/27日, 2012年/08月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  12. 広島県立図書館資料選定委員, 2012年/08月, 2015年/03月
  13. (特別講義)せら羅成人大学・教養講座, 2010年/08月/28日, 2010年/08月/28日, 講師, 出前授業, 社会人・一般
  14. 高校模擬授業(尾道北高校), 2010年/06月/30日, 2010年/06月/30日
  15. (特別講義) 中国4大学(哈爾濱工程大学,天津大学,大連理工大学,中国海洋大学), 2008年/09月/21日, 2008年/09月/21日, 講師, 出前授業, 大学生
  16. 非常勤講師(放送大学), 2008年/06月/08日, 2008年/06月/08日, 講師, 出前授業, 社会人・一般
  17. 特別講義,中国3大学(浙江海洋大学,上海交通大学,中国海洋大学), 2007年/08月/01日, 2007年/08月/01日, 講師, 出前授業, 大学生